タグ:洋食・食堂 ( 82 ) タグの人気記事

金沢(西念):金沢牛たん食堂 10&10 「肉三種 牛タン・イチボ・サーロインランチ」

b0089578_15304185.jpg
お肉(or魚)や野菜がバランス良くまとめた定食に惹かれる、しかもお肉が多めだとなお良い。
駅西方面に用事がある日のランチ、金沢中央卸売市場の通りにある金沢牛たん食堂 10&10

名物牛タンを中心にイチボ、サーロイン、ミスジ、ヒレなど数種類のお肉を
オーダーが入ってから目の前の鉄板で焼き上げて提供の定食スタイル。

ランチタイムのガッツリランチはg数に合わせて小・中・大(または小・大)と揃っている。
全席カウンターでお1人様でも気楽にいけるってことでなお良し。

お肉ラバー♡な定食が食べたかったので向かってみると店内の待ち席に人・・ランチタイムだしそうですよね。
名前書く欄や外にもベンチがあるし、土日は結構並ぶのかな。
b0089578_15304433.jpg
・肉三種 牛タン・イチボ・サーロインランチ(大):1600円
少食なので本当は小サイズが適量なのに、肉の量の魅力にあがらえず
ついつい大を注文してしまった食い意地張り子。
肉三種の小サイズだと1000円。
b0089578_15305510.jpg
大は右から牛タン1枚、イチボ100g、サーロイン100g
お肉の量はボリューム満点で嬉しい~♪塩かタレでいただきます。
お肉は牛タンは歯ごたえあるし、焼きたてとあって中々美味しいですよ。
そして野菜はキャベツともやし、ヤングコーン、じゃがいもとこちらも同じくらい量があってよきかなよきかな。
b0089578_15305026.jpg
ネギトロ、キャベツの塩ダレ、とろろ、ごはん、味噌汁。
とろろとネギトロを混ぜて醤油をかけてご飯にのっけて食べる。
ごはんの量は普通サイズでも自分には少し多かったので同行者に分けてあげました。

少食の自分としては小鉢がなくてもよいくらい、でもお腹が膨れるからお値段的にはお値打ちと言えるかな。
肉は食べたい奴なので次回(小)を頼んでジレンマの渦に陥るか否か。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-04-10 23:40 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(御影町):からやま(金沢御影店)「合盛り定食」「ゴロゴロ野菜カレー」

b0089578_16295810.jpg
去年は休んでしまったけど、今年はまた山菜採りツアーに参加したいよなぁ~と、
春物の衣替えを出し入れしていると、長年愛用していたパタゴニアのジャケットパーカーの裏地がボロボロ!

山で枝に引っかかっても破れないのに裏地が剥がれて中の服にカスが付きまくる・・ダメだこりゃ。
お気に入りだったけど処分して新しい山用ジャケットを探す旅に出る(ネット上)

でも着心地感などが分からないので、結局ノースフェイスの店舗で吟味して購入。
でも、でも山で破けちゃったらどうしよう(破けないのを選んだはずだが)とかで、勿体なくてどうもタウン着になりそう。

もっとどうでもいい安いのをアウトレットとかで買えないかな~
山菜採りの日までに何とかしなければ。。。

さて、私がおひとりさまで「からやま専門店」であるからやま(金沢御影店)に数回行ったことに
夫が「まだ行ってないのにズルい!」と意味もなく嫉妬。

なので町内会の夜の会合の後に行ってきました、からやま!この2週間で3回、ポイントが貯まる貯まる。
相変わらず駐車場に入るのも一苦労な人気店、名前を書いてしばらく待つ。

・合盛り定食:620円

期間限定の梅しそからあげ×2個とカリッとももからあげ×2個を合盛りさせた定食。
からやま3回目にして初の普通の定食、でも定番中のからやま定食はまだですが。

「梅しそからあげ」は鶏もも肉を特製梅だれに漬け込んでから揚げ、仕上げに国産赤紫蘇をふりかけ。
ふりかけは見た目で分かるけど梅だれに漬け込んでいるのは知らなかった。

知らなかったからか、梅らしさというのはあまり感じられなかったけど、
普通のからあげに比べて、割と後味がさっぱり気味だったので効果になっているのだと思う。

普通のから揚げはいつも通りカリッとジューシー、
極ダレ、甘辛ダレの2種類、どちらもいいけどマヨネーズをかけて食べるのが一番好きかも。

おひとりさまだと普通のごはんの量でも多いし、から揚げもボリューミーなのが4つなので完食不安。
でも、残りを食べてくれる連れがいると気も楽だわ。


b0089578_16302995.jpg
・極ダレ丼(+味噌汁):590円(+50円)

夫の初からやまがこちら、定食じゃないのね?自分も初からやまは「からあげサラダ定食」でしたが。
チキンカツの上に細切り大根と極ダレ、パワーアップしそうな見ため・・さらに大盛り。
味噌汁はついていないのでオプションでつけました。

2人で食べても1300円ちょっと・・安っ!中々美味しいし野菜も摂取できるし、これは流行るわ。
この時のカウンターは背広姿のサラリーマンお父さん方が多かったです、残業ごくろうさま!
b0089578_15344188.jpg
・ゴロゴロ野菜カレー:620円

ジムアフターからあげ!という訳で、おひとりさまなからやまでカレー活動。
シャバッとしたカレーにじゃがいも、人参、茄子が素揚げされてから揚げと一緒に入っています。
カレーはスパイシー感はあるものの辛くはないタイプ。

かつや系列だからカレーも似ているのかな?同時に2つ食べて利きカレーしてみたい。
定食に比べて量は少なめですが私にはこれで適量でした。

女性客2人組など女性が多いのも賑わっている要員かも。
かつやや吉野家などの顔を付き合わせるようなカウンター配列よりも、
真っ直ぐなカウンターだとファーストフード感もなく普通のお店っぽく女性でも入り易さがありますね。
私はかつやも吉野家も1人で入れますが・・・おっさん熟女の事は参考にしないで。

まだまだポイントカードを握りしめて、からあげ愛が止まらない!

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-04-04 23:22 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(入江):キッチンユメジ 「メンチカツイタリアン・たまご野菜のせ」

b0089578_15460200.jpg
うたた寝過ぎる毎日、仕事が終わって帰宅してご飯を食べて片付けて、
さてここからがプライベートな自由時間!となるはずが、どーっと疲れと眠気が押し寄せてソファーでうたた寝。

夜ご飯タイムが遅いのでうたた寝は1時間半ほど、睡眠が分断されてるので良くないんだけどとにかく眠い。
いかん何とかしないと・・・最近、ほんと眠気が強まってきたのは春のせいだからかな。

休日の家業手伝いの後のランチは洋食が食べたくなって、キッチンユメジ
白山市の「キッチンユキ」で長らくシェフを務めていた方が営業していた「房’sキッチン」
現在は息子さんのお店「やきにくユメジ」の店内でお昼だけ洋食メニューが食べられます。

メインは焼肉ランチだけど昼だとどうしてもキッチンユメジメニューが食べたくなる、というかそれが目的。
夜に何度か焼肉は食べに行っているのでよしとしてください。

・メンチカツイタリアン・たまご野菜のせ

ナポリタンスパゲティーにメンチカツのせ、さらにたまご野菜をのせるとスパゲティが見えなくて何か分からない!笑
見えないけれど下にナポリタン、これに粉チーズをかけながら玉子野菜を崩して食べるとコクが出まくりでうまい。

この玉子野菜、別の店では野菜玉子だから通常やさたまと呼ばれているけど、
キッチンユキでは玉子野菜だったので、やさたまとは言わずたまご野菜のまま、ユキ系列読みか。
しかもたまご野菜のトッピングが100円という安さ。
b0089578_15461074.jpg
メインのイタリアンにキャベツが付いているのに更にサラダ、ワカメのお吸い物、ドリンク。
少食の私にはちょっと苦しいくらいのサービス。
b0089578_15461663.jpg
現在のキッチンユメジのメニュー。
あっ、ハーフ&ハーフが無くなっている、オムカレーも。
20代からキッチンユキに通っていた私はここのお父さんのカレーやスパ、玉子野菜をずっと食べていたはず。
なかなか平日のお昼は来れないけれど、大好きなカレーやたまご野菜をまた時々食べにきます。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-03-29 23:01 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

石川(七尾市和倉町):のとの蔵(トンカツと牡蠣の専門店)

b0089578_15470931.jpg
冬の北陸の味覚の1つである能登牡蠣、
毎年お店を変えながら、焼き牡蠣を始めとする牡蠣のフルコースを食べに行ってるのですが、
今年は2月の豪雪の影響で前半は無理、後半も躊躇していたらすでに3月。

行きたい気持ちがある内に行動すべし、と3月上旬の週末に行ってきました。
寒いけれども天気は良好、ドライブがてらに向かった先は、いつも行く中島方面でも穴水でもなく和倉温泉。

加賀屋さんの前に湯元の広場や広い駐車場スペースがあるのですが、そこの一角にあるのとの蔵

オーナーは地元水産会社「瀬上水産」の4代目、
11月から5月上旬までは瀬上水産から毎朝仕入れる採れたての牡蠣が味わえる。

牡蠣は無菌海水で洗ってある1年牡蠣で、火を通しても縮みにくくプリッとしているのだとか。
*ネットには5月上旬と書かれていたけど、メニューには6月頃までとなってました。

店内は綺麗な和の内装の普通の食事処という感じで、能登カキの他にも石川県産の食材を使用したメニューがあり、
魚介類や能登豚のトンカツの定食等、1品料理もあってお酒も飲める。

牡蠣づくしのセットとしては、「のとの蔵ご膳」2,400円
(牡蠣の前菜、牡蠣フライ3ケ、焼き牡蠣3ケ、牡蠣ごはん、牡蠣すまし汁、香物)
これが定食スタイルで頼みやすいかな。
私たちは牡蠣メニューの単品メニューが色々あるので、アラカルト注文にしました。

単品の牡蠣メニューは、焼きカキ、カキフライ、カキの釜飯、カキの佃煮、カキのオイル漬け、カキのマリネ、
カキのマリネサラダ、カキのホイル焼き、カキベーコン巻き、カキチゲ豆腐、カキ雑炊、カキごはん。

これは単品頼んで1杯飲みたくなるわと私はチューハイ、夫は運転手なのでノンアルビール。
b0089578_15471579.jpg
・焼き牡蠣(10個)
テーブルコンロの上に牡蠣の入った浅いステンレス鍋をのせて、8分ほど蒸し焼きにします。
今まで焼き牡蠣と言えば、炭火で焼いて網からビシッと貝殻や水蒸気が飛び散るのは定番。
こちらはそんな心配もなく綺麗にいただくことができますね。
b0089578_15471928.jpg
私の勘が確かならばオーナーさんらしき人が、もうそろそろ良い頃合いかどうか確認に来てくれた。
予め用意された軍手や牡蠣用ナイフで殻を開けていると、慣れてますね~とお言葉。
毎年、耐久レースの様に焼き牡蠣食べていたから、身体が覚えているのでしょう。
b0089578_15472578.jpg
中の牡蠣は大ぶりで縮んでおらず、身がふっくら。
自然な塩味が付いているのでそのままいただくと、うーんおいしー!
b0089578_15473208.jpg
・牡蠣のオイル漬け
旨みが凝縮されてる割にあっさりしたオイル漬け、お酒のつまみにぴったり。
b0089578_15473940.jpg
・牡蠣のホイル焼き
牡蠣とエリンギのホイル焼き、バターの香りが効いてる。
b0089578_15474553.jpg
・牡蠣フライ
衣がよくある固めのカキフライではなく、ふわっとしていて牡蠣もジューシー。
タルタルあるけど何も付けずでも美味しいと言われて食べてみる、なるほど旨い。
でも、タルタルも付けたけどね。
b0089578_15475042.jpg
・牡蠣ごはん
本当に牡蠣を楽しむなら牡蠣の釜飯がおススメ(30分かかるそう)
だけど、ここで予算が切れる(笑)なのでお茶碗に盛られたリーズナブルなお値段の牡蠣ごはん。
人参・ごぼう・ひじきが入った炊き込みご飯の上に牡蠣が2つのっています。

牡蠣小屋で飛び散る殻と格闘しながら全身粉まみれになって食べるのも楽しいけれど、
汚れず綺麗に食べれるのがいいですね、近くに宿泊している旅行者の人には最適かな。
牡蠣もプリッとして大きく美味しかった、季節外もトンカツ定食など食事処として利用したいです。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-03-24 23:43 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(御影町):からやま(金沢御影店)「からあげサラダ定食」

b0089578_15535983.jpg
暦の上ではもう春なのに、ベットメイキングするのも羽根布団がこんもり(まだ寒いもん)
玄関口にはまだ冬のブーツがそのまま(もう少し暖かくなったら磨こうかと)
クリーニングに出す予定のコートとかが山盛り、と季節の変わりめはやる事も多くなる。

そして冬の間に1キロ太ってしまいました、夏の間に1キロ減っていたのが戻っただけなのに身体が重い。
そして懲りずにジムアフター・・・からあげ!夜な夜な行くのは、からやま(金沢御影店)

とんかつチェーン店「かつや」の新業態であるからあげ専門店。
かつやは1回しか行ったことないんですけどね、しかも食べたのはカツカレー。

オープン以来、いつ前を通っても車がいっぱいで、この日も雨が降っていたにも関わらず、
テイクアウト待ちの人含め、入口に待ち人ずらり。

・からあげサラダ定食
ヘルシー感を漂わせるサラダ定食、メニュー写真よりも野菜の量は控えめ。
レタス、きゅうり、トマトなどの野菜の上にカットされたからあげ。
シーザードレッシングがかかってて、そのままでもいいけれど私はマヨネーズもかけよう。

からあげがカリカリでジューシーでうまっ!チェーン店なめてました。
カットされたものでこれだけ美味しいから定食についている塊をかぶりついたら、からあげ愛がはちきれそう。
漬物もイカの塩辛も食べ放題だし、普通でもごはんも結構多め。

カウンターが長くお1人様も楽々なので、またリピートしよう。
次こそはノーマルな定食、と思いつつもやっぱりカレーに熱視線。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-03-22 23:54 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

石川(白山市):キッチンユキ 「本日のランチ」

b0089578_16533398.jpg
職場から少し距離があるので時間をかけて食べられないけど、
あの真っ黒なカレー食べたいと沸き起こってくる衝動を抑える為に攻めるお昼ごはんの日。

目的地:白山市の8号線上にある洋食屋さん、キッチンユキ

本当にもう少し近ければ平常な気持ちで迎えるものの、食べている間に時間を気にするストレスが頻繁に行けない原因。
とは言え、昔から蓄積された私のユキ愛が減ることなどないのだが。

階段を上がって2階の扉を入ると、すぐ左手に目が入る様に置かれている「本日のランチ(味噌汁付)」の見本。

普段は頭の中で既に食べるメニューが決まっているので(ほぼ、カレースパ・トッピング玉子野菜)、
ほぼ見もせずに通り過ぎるのだが、この日たまたま目に入った本日のランチは「オムハヤシ」。

あれっ?カレー、ベーキ、ミートスパは今まで食べたサイクルに入っているが、ハヤシって食べたことあったっけ?
そんな疑問からカレーから変更して本日のランチを注文することに。

ちなみにランチの価格は680円で、トッピングを重ねるとすぐに800円越えをしてしまうユキではお得な価格。

・本日のランチ(オムハヤシ)

白ごはんの上に丸々ドーンとハヤシソースがかかっていて、重ねるように微妙に生な薄焼き玉子のトッピング。
後はキャベツ千切りとトマト、から揚げ2つにお味噌汁。

そうねデミ具合がハヤシだね!って確認しつつ、玉子と一緒に口にほおりこむ。
しかし、このこんもり具合をみても分かるようにライスの量が結構あってね・・お腹膨れるわ。
たまにはカレーじゃなくてもいいじゃないか。
b0089578_16540449.jpg
また別の攻めるキッチンユキの日、今日こそカレースパ・トッピング玉子野菜を求めて階段を上る。
そして今日はこれだよ!どうだとばかりに待ち構えている本日のランチ。

む、ベーキかぁ・・そう言えばベーキはずっとご無沙汰さん、コロッケにも心惹かれるし。
このちょっとづつのっけワンプレートも女子受けしそう、という訳でコロッと心変わり。

・本日のランチ(ベーキのワンプレート)

基本他のお店の焼き飯よりも薄味のベーキ、ベーコンの風味などが洋風のチャーハンぽい味。
みっちりポテトが詰まった揚げたてコロッケも美味しいけど、下のソースが濃厚なぽってりしたトマトソース。

ユキでトマトソースなんて珍しいかも・・改装前から同じメニューばかり食べているので新しい扉を開けたような感覚。
キャベツとトマトの間の隙間を埋めるように追加されたようなゆで卵もちょっとしたアクセント。
大食漢の人には物足りない量だろうけど、私はこのくらいのランチで丁度良いです。

あぁ、カレーを食べにきたはずなのに自らまたカレーを食べ逃してしまった。
で、ユキのポイント券0.5点を手に入れ、数えてみると現在5点(10点たまるとお食事券500円分がもらえる)

こうやって私のお財布の中身はポイントカードで埋め尽くされていく。。。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-11-06 23:48 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(入江):キッチン ユメジ 「ハーフ&ハーフ」 oishii

b0089578_14523185.jpg
3月の退院以来、病院に定期的に診察を受けに行っている私。
すっかり病院慣れしてしまい、時間つぶしのための小説をじっくり読み込んだりしているので、
待ち時間はさほど苦にはならないでいる。

とは言え、12時近くなってくるとランチを何処で食べようか、とスマホいじりが始まる。
頭の中で巡る洋食、麺類、ヘルシーのトライアングルに見事ロックオンしたのは、「洋食」。

移転してから気になっていたお店にやっと行けた「房’s キッチン」改め、キッチンユメジ
6月1日からお店の並びの「やきにくゆめじ」さん内にて移転営業することになりました。

房'sキッチンと言えば、白山市のキッチンユキで長年勤めたシェフが営む洋食店。
長年ユキのお世話になっていたので厨房にいたシェフのメニューももちろん食べていただろう私。
大好きなカレーやスパ、玉子野菜を時々食べたくなるんです。
b0089578_14530133.jpg
・ハーフ&ハーフ:メンチカツ・スープ・ドリンク付:980円
(トッピングはメンチカツ、ハンバーグ、からあげの中から選べる)
カレーライスとイタリアンスパのハーフ&ハーフ、真ん中にキャベツの境界線。

お~これこれ!・・・ん?何か足りないような・・あ、たまご野菜のトッピング言うの忘れてた。
でもベーシックままでも十分旨し、肉エキスがしみ込んだコクはあるけど辛くはない洋食屋さんカレーとイタリアンスパ。

ドリンクはコーラ・オレンジジュース・ジンジャー・グレープフルーツ・ウーロン・カルピス・カルピスソーダ
ホットコーヒー・アイスコーヒーとかなり選べる幅があります。
b0089578_14533165.jpg
全てのメニュー大盛り無料とはなんと太っ腹な。
「やきにくゆめじ」さんでは焼肉ランチに「焼き飯+焼肉セット」「カレー+焼肉セット」など合体メニューがあるそう。
焼肉も洋食もだなんて、なんて良いとこ2つどり!!次回はそれにしようかな。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-08-11 23:56 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(石引):キッチン すぎの実 「ハントンライス」

b0089578_12501726.jpg
今年は病院に自宅のメンテナンスにと、順調に有給を消化しまくっていますが、
先週は毎年定期的に受けている婦人科検診に行ってきました。

ここの施設はロッカーに荷物を全部預けてしまうので、
いつもの外来受診の時のように小説を読んで時間をつぶすことが出来ない。

手持無沙汰を解消するために雑誌コーナーの料理雑誌を眺めながら、そんな似たような方々がソファーの横並びに4人。
皆今夜のおかずのヒントを探し求めてるのね、ヘルスケア系の雑誌を読んでいる人はいなかったから。

検診が終わった後はどこでランチを食べるか、引き続き食べ物脳120%。
この前眺めてたメニューの揚げ物と玉子の明るい色彩のイメージが頭に残ってたので、キッチン すぎの実

平日のお昼時はほぼサラリーマンでしめられていて、出来上がりを待つ無言の空気がカウンターを支配。
久しぶりにハントンライスを注文してみました。
b0089578_12504606.jpg
・ハントンライス(サラダ・スープ付)

ハントンと言えば白身魚のフライ、ソースは他のお店とは違って特製サウザンソース。
半熟感が残った薄焼き玉子の下はケチャップ味のバターライス。
ケチャップライスの味がくどくないのでフライとソースを合わせると丁度いいくらいだけど、
全体的なイメージとしては割とあっさりとしています。

御主人はハントンライス発祥の「ジャーマンベーカリーグリル」に勤めていたそうです。
私も親に連れられて香林坊のジャーマンベーカリーグリルでハントン食べてました、めちゃ懐かしい記憶。

武蔵の名鉄丸越の上の「赤なす」でもハントン(こっちはスパだったかな)を食べていたし、
元職場ではジャーマンアキからハントンの出前を取っていたりと、もはやハントンDNAが刻まれた身体。

そんなノルタルジックな思い出なハントンですが、他には個性派のボンライスなどの名物や
ハンバーグやポークピカタなど定食メニューも魅力な、毎日通える地元の人に愛され続けている町の洋食屋さん。

また通院日ランチ時に食べに行きます~。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-07-23 23:02 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(石引):キッチン すぎの実 「カリーピラフ」

b0089578_15271991.jpg
学生時代はバス通学の路線で毎日通っていた小立野通り。
石引商店街周辺は当然のごとく立ち寄り処も多くて、今は無き施設や飲食店の記憶も懐かしい。

2月の入院から定期的に大学病院に通っているので、またこの辺りが自分の中でクローズアップされてきた。
病院から徒歩で行ける飲食店が幾つかあるので、ランチ目当ての訪問リストが頭の中で出来上がっている。

友人とジム前に食べる夕食について話し合っていたら、すっかり頭は洋食脳。
学生時代には既に存在していた洋食のキッチン すぎの実に久しぶりに夜の訪問。
b0089578_15272321.jpg
入口横に掲げられている看板にはお店の名物が3品、ズザーッとそろい踏み。

ボンライス、ハントンどちらも食べてますが、全メニュー(特に定食類)は制覇していないので、
これからこの辺は定期的に寄ることも多いので、じわじわと攻めて行きたいと思います。

カウンターに腰かけて今はスマホをいじりながら待っていますが、
棚に漫画もあるので手持無沙汰にはならない、将太の寿司とか読んでたなー。
b0089578_15272749.jpg
・カリピラフ(スープ・サラダ付)

普通にチキンカレー、ポークカレーもあるけど、友人お勧めがこのカリピラフ。
一見カツカレーながら、ごはんの部分がカレー風味のバターライス。

カレーは家庭的なカレーと洋食的なカレーのミックスみたいで辛くはない。
サラッとしたカレーがバターライスと一緒に食べるとコクが増す感じで美味しい。

カレーライスはカレーとライスがうまく混ざるように配分を考えながら食べるけど、
ライスがカレー味なのでそのまま食べたっていいのよ。

ハントンとボンライスばかりが注目されていますが、伏兵メニューもなかなか。
で、やっぱり定食ですね、定食が食べられるお店は夜になるとぐっと少なくなるので貴重です。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-07-17 23:18 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(近岡町):金澤タニタ食堂「鶏肉のピーナッツバター焼き定食」

b0089578_15232001.jpg
食欲が減退する暑い夏場に旬を迎える野菜やフルーツは、どれも瑞々しくて水分補給にピッタリ。
その生そのままの美味しさを今更ながら実感している、特に朝。

朝はフルーツと人参のジュースを飲むのが定番化していたけど、
ミキサーに取り掛かっている時間がなくなってきて、そのままフルーツやトマトを食べることが多くなっている。

すると、スイカや桃のジューシィさが喉を潤していって、とっても美味しーい。
トマトも喉を通り過ぎる時の冷たさが気持ちいーい、身体が瑞々しさを求めてるのね。

お菓子や料理でいただくのももちろん美味しいけど、
野菜や果物の軽やかな自然の甘みやそのままの美味しさに感動するのは、自然の恵みがギュッと詰まっているから。
当たり前の事の様でより鮮明に感じるのは、ここ最近の自宅でのヘルシー至高な食生活の影響かな。

そんな私のヘルシー至高を後押しする、栄養バランスに配慮したあの金澤 タニタ食堂 が金沢に7月3日オープン!
あの社員食堂ブームの火付け役となった「体脂肪計タニタの社員食堂」のレシピ本、私も持っています。

場所は金沢市近岡町の直江町中交差点角、アルプ薬局を目印に駐車場を入ると奥に見える
「金澤なかでクリニック」の建物内に併設されています。

b0089578_15235281.jpg
建物を入ったところのタニタ食堂の入口に券売機があるので、食券を購入。
目の前のテーブルにはひと月分のメニューカレンダーの用紙が置いてあります。

この日は待ちのお客さんが出ていたので、順番待ちリストに名前を書いて呼ばれるのを待つ。
呼ばれたら空いている席を確保して(1人だとカウンター席を勧められました)、
セルフサービスなので食券を持ってごはんを取りに行きます。
b0089578_15242251.jpg

・鶏肉のピーナッツバター焼き&オクラ・キャベツ
・しらたきと小松菜の和え物
・ひじきのトマト煮
・ネギときのこのすまし汁
・ごはん

日替わり定食は一汁三菜のスタイルで、1定食あたりのカロリーは500kcal前後。
200g前後の野菜を使用しているだけあって、野菜がたっぷり含まれています。
和え物の野菜は大きいカットでキャベツもオクラも歯ごたえがありバリバリ、自然と咀嚼回数が増える仕組み。
塩分は3g以下を目安にしているので味付けはどれもあっさり。

ひじきのトマト煮は自分では作ったことなかったので目新しい、ひじき、大豆、コーン、プチトマトが入ってます。
ピーナッツの欠片がごろごろのソースが塗られた鶏のむね肉もそのままの状態でガブリ。
何故かすまし汁にきのこが全く入っていなかったけど、結構ボリュームがあって野菜いっぱい食べた感で満足。
b0089578_15252647.jpg
日替わり定食の他にタニタコーヒープレミアムブレンド、オリジナルスイーツも楽しむことができます。

外仕事の時はついついラーメンなど行きがちだけど、これを毎日食べてたら体質改善待ったなしだろうなぁ。
低カロリーで栄養バランスの良い定食が毎日日替わりで食べられるなんて、
健康を意識する身としては近所にあったらとても嬉しい食堂なこと間違いなし。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-07-14 23:38 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)