タグ:欧風料理 ( 364 ) タグの人気記事

大阪(梅田):ルージュエブランコウハク (Rouge et blanc Kohaku) ビストロ・おでん・ワインバー

b0089578_15273469.jpg
昼も少し過ぎた時間帯からランチと言う名の昼飲みを梅田駅の近くで決行。
ホワイティ梅田のノースモール2にあるルージュエブランコウハク (Rouge et blanc Kohaku)

フレンチおでんとワインをかかげるビストロ、赤白(コウハク)は、
ホワイティ梅田の他にルクア大阪、阪急三番街、新大阪にも店舗をかまえる人気のフレンチバル。

阪急三番街の方はフレンチ鉄板だそうで、そちらも気になりますがまずはホワイティ店。
カウンターにずらりと囲まれた店内はほぼ満席で昼間からワインを楽しんでいる人たちで賑わってます。

b0089578_15273822.jpg
ブリュット・ヴィーノ・スプマンテ:イタリアの辛口スパークリング、ビノ・ビアンコ100%
まずは乾杯の泡ものは爽やかなアップルの香りなスパークリング
b0089578_15274275.jpg
・大根・ポルチーニ茸ソース
多分、一番有名で必ず頼むと思われる大根の洋風おでん。
コンソメでゆっくり炊いた大根にポルチーニ茸ソース、濃厚なポルチーニがめっちゃ旨い。
白ワインに合うメニューとして洋風おでんメニューを幾つか食べてましたがこちらは180円。
180円~お肉になると1000円越えのメニューもあるけど、今回はリーズナブル価格なもの中心。
b0089578_15274643.jpg
・フォアグラ茶碗蒸し
上が色んな茸のあんかけになった茶碗蒸し、こちらも濃厚でフォアグラの香りがします。
シャンパンに相性抜群と書いてありました。
b0089578_15275006.jpg
・クネル(フレンチはんぺん)オマールエビソース
お魚のすり身のフレンチおでん、ふわふわの練り物にはこれまた海老の濃厚なソース。
どれも独特なソースが決め手になっているので、バケットを頼んでソースをこそぎ取って食べます。
b0089578_15275456.jpg
ワインはグラスワインが豊富でシャンパーニュ・スパークリングが5種、赤白が12種類。
その他にも本日のお勧めのものや食後酒など、選ぶのも楽しみ。
シーグラス:アメリカの白ワイン、リースリング
b0089578_15275778.jpg
・インカのめざめ(銘柄じゃがいも)アイオリソース
インカのめざめはそれだけで栗のように甘いのに、卵黄とガーリック風味のソースというインパクトのあるソースをぶつけてきた!
はっきりしたもの同士がぶつかって初めてのめざめの味!?少量だけど濃厚。
b0089578_15280244.jpg
・玉子スモークサーモンソース
コンソメを含んだ玉子にスモークサーモンソース、今度は薫製の香りで楽しませてくれる。
茶碗蒸しを覗いてここまで180円責め(笑)
b0089578_15280503.jpg
インディゴ・アイズ:アメリカの赤ワイン、ピノ・ノワール ジューシーなやつ
b0089578_15280964.jpg
・鶏軟骨の新発見!赤ワイン煮
白ワインと同時に赤ワインに合うおすすめメニューもあるわけで、
テリーヌや鴨のロースト、牛肉の赤ワイン煮込み、ステーキ、ローストビーフ、牛フィレ肉と
まばゆい肉メニューの中で選んだのは一番リーズナブルな軟骨の赤ワイン煮(480円)。
赤ワインとハーブで煮込んだ鶏軟骨がこりこりとした食感を残しつつ、コクのある赤ワイン煮でいいおつまみだわ。
b0089578_15281324.jpg
・活けダコとゲソのブルゴーニュ風
ガーリックパセリバターで焼き上げたタコとゲソはガーリックの香りプンプン。

全体的に濃い味付けですが、ワインのお供と考えて量も多くはないのでそれは分かる。
少量とは言っても積み重ねればお腹が膨れてくるので2人でも十分あれこれ頼めます。

ワインのアテになるものがどれもリーズナブルで、グラスワインも400円代からあるし安心して飲めるっ!!
気を張らなくて食べられてお安いビストロ、通しでやっているので時間を気にしなくてもいい。
ワインを気軽に楽しむためのお店ですね、昼酒を楽しむのにもってこいでした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-05-04 23:07 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

金沢(木倉町):スペイン料理 アロス

b0089578_15462784.jpg
4月も半ばになってきているのに、時折うすら寒い気温の為に家中の衣替えの進行具合がのろい。
洋服はもちろんのこと、ガスストーブ、ブーツ・・その他やることがいっぱいあるわ~~

と思いながらも休日の午後は繁華街をぶらぶら、これが欲しい!とは決まっていないが洋服や雑貨を見回るのが楽しい季節。
遅めのぶら散歩だったのでいつの間にか夕方時刻、今夜の夕飯どうしよう?と頭によぎる。

それは旦那さまの気分にお任せ、どうやらこの流れに乗じて外で食べたくなっているらしい、目がキラーン。
日曜日は定休のお店がちらほらあれど、ワイン片手にとなったら必ず思い浮かぶお店、スペイン料理 アロス

予約なしだったのでカウンターは満席で今回はテーブル席、しかし2時間後には予約が入ってる。
やはり人気店なので予約必須、でも2時間もあれば十分。

今回はお任せで軽めにとお願いしました、我まま聞いてもらってすみません。
まずはスパークリングとビールで。
b0089578_15465622.jpg
生ハムとサラミ、ホタルイカと地元の紅ズワイガニ
定番のスペイン産生ハム・ハモンセラーノとサラミとチョリソー。
そしてこの紅ズワイガニとホタルイカ、何で和えてあるんだろう?蟹の風味がとっても旨い。
b0089578_15472690.jpg
ピルピル
とろとろに乳化したピルピルのプチサイズ、ここへ来ると必ず食べるけどやっぱり飽きない。
b0089578_15475793.jpg
名前は聞き忘れたけど、きっとスペイン版ブイヤベース
魚介の旨みたっぷりでコクがありさらに浅利の出汁も詰まってる。
b0089578_15482775.jpg
生後二か月の仔牛と生後三か月の仔羊
ミルキーな仔牛とクセが殆どない仔羊がとっても柔らかくてウマー、粒マスタードで。
b0089578_15485705.jpg
スペイン産の赤ワインを軽めでお願いしました。
ラベル見忘れですが、品種がテンプラニーリョってことは聞きもらさず。
未だに初めて聞いた時「天ぷら人形」と聞き間違いしたのは良い思い出。
b0089578_15493297.jpg
氷見のボタン海老とホタルイカと白身魚のパエリア
最後はやはりパエリアを食べないと帰れない、季節物のホタルイカや地物の海老など豪華版パエリア。
奥が深いコクのある出汁は魚介の旨みが凝縮されていて、日本人に合うんですよね。
やっぱりパエリア食べるためだけでもスペイン料理屋さんに来たい、今夜もごちそうさまでした。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-04-14 23:53 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(元町):BACARO(バーカロ)イタリアン居酒屋

b0089578_15290966.jpg
出張や旅行に出かけたりと行く度にぶら下げてくる友人へのお土産。
その賞味期限が近ければ早めに配りたいのはなおのこと、じゃあここに全員集合ね、BACARO(バーカロ)

このブログではお馴染みのイタリアン居酒屋、常連とも言える我々5名でカウンターを占拠。
皆それぞれが機関銃のようにオーダーするので後からブログを書くのに回収するのが大変。

怒涛の注文歴の始まりです。

イノシシとくるみのテリーヌ、蕪と柚子のピクルス、他2種
ぎゅっと詰まったイノシシ肉ののっけから肉モード。
b0089578_15291276.jpg
自家製サバのスモーク
リピート率高いやつ、中はしっとりジューシー
b0089578_15291678.jpg
菜の花のマリネ、
がんこな量!フレンチドレッシングの様な味付けで野菜摂取
b0089578_15292001.jpg
本日の鮮魚のカルパッチョ
2人でも多いカルパッチョ、いつも大抵タイが多いです。
下にひいてある白菜がシャキシャキ、沢山あるのでサラダ頼まなくてもいいんじゃないかと思うくらい(笑)
b0089578_15292408.jpg
ゆり根のフリット
ほこほこ食感のゆり根もこんなに、シンプルに塩胡椒にて。
b0089578_15292821.jpg
ゲソの茹であげ
塩味とネギがかかったゲソにレモンをふりかける、素材の良さを活かしてシンプルにいただくスタイル。
b0089578_15293221.jpg
百万石しいたけのチーズグラタン
百万石しいたけはかなり肉厚、それを贅沢に詰め込んでチーズでグツグツ。
b0089578_15293611.jpg
モッツァレラチーズのフリット
b0089578_15294067.jpg
ブータンノワール
出た!豚の血のソーセージ、これ食べたかった。
名前は怖いけど全く生臭くなくぷつぷつとした野菜も入ってコクのあるソーセージ。
下にひいてあるのは黒米の炊いたものかな?ぜひ、お試しを。
b0089578_15294483.jpg
ホタルイカのペペロンチーノ
春の味覚のホタルイカ、酢味噌和えが苦手なので(辛子が入っていなければOK)ニンニク炒めを好んで食べる。
パスタの茹で方がいつもながらバツグン。
b0089578_15294759.jpg
イノシシハンバーグ
豚よりも濃厚な味の大きなハンバーグにはウルトラマンマスクな目玉焼き。
さらにさつま芋の素揚げまでついていて5人いてよかった(笑)
b0089578_15295154.jpg
いつのまにか注文されていてタイトル回収できず、あさりのワイン蒸し煮?
b0089578_15295483.jpg
牛ハツの炙り焼き
焼肉とは違う塊肉のまま炙って塩こしょうとレモン、さっぱりいくらでもいける。
b0089578_15295891.jpg
ゴルゴンゾーラとじゃがいものニョッキ
b0089578_15300209.jpg
しらすとネギのピザ
b0089578_15300675.jpg
えっと~これ何だっけアップルパイだったかな、林檎のスライスが迫ってくるようなド迫力。
後ろのジェラードがまた旨い。

カウンターの後ろのテーブル席は満席で活気がいい、話し声が賑やか、それ最高のBGM。

お値段手頃なのにボリューム大でいつもお腹を満足させてくれるバーカロ。

少食になった私も5人いたお蔭で色んなお料理を食べ過ぎて満腹丸。。。。
b0089578_14253610.jpg

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-04-11 21:40 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(柿木畠):イタリア料理 VIVI(ヴィヴィ)

b0089578_11344011.jpg
3月下旬の日曜日、この日は能登までドライブに出かけていて、
あちこち寄り道して帰宅した夜は外でご飯食べようか・・の流れになるのは必然←狙っている

20時も過ぎたことだし営業時間が長いあの店だ、と向かった先は柿木畠のイタリア料理 VIVI(ヴィヴィ)

しかし、この日は団体の他にカウンターもまさかの満席で、残り2席をゲットできたものの
1人で全て作っているから超忙しそう、なのでお任せで適当に出してくださいとお願いしました。

Montesole Extra Dry(モンテソーレ エクストラ・ドライ)
イタリア・カンパーニア州のスパークリングワイン、ボトルを頼んでゆっくり待ちます。
b0089578_11344543.jpg
馬肉のタルタルをバケットに添えて、牛肉でも鮪でもない脂身の少ないあっさりしたクセのない味。
チーズやマスタードシードがアクセントになっています。
b0089578_11345079.jpg
新玉ねぎのムース、春らしい玉ねぎの甘みを生かした滑らかなムース、上には雲丹。
後日、自宅でも新玉ねぎのムース作ってみましたよ。
b0089578_11345314.jpg
ヤナギサワラのカルパッチョ、この時期他のお店でもよく見かけた柳さわら、春の魚ですね。
b0089578_11414611.jpg
画像はないですがフォカッチャやパンと共に
ピスタチオや黒胡椒の粒が入ったモルタデッラやイタリアのサラミ(でかい)をたっぷり食べました。
b0089578_11345871.jpg
ホワイトアスパラのカルボナーラ、ソースのコクとチーズと黒胡椒がたっぷりかかっていて美味しい。

この後も夜遅くから予約が入っているそうなので、軽めに食べて早々に帰宅することに。
他の手打ちパスタや肉料理が食べたいのでまた次回に来たいと思います。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-04-09 23:35 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(田上本町):Luce (ルーチェ)イタリアン でランチ

b0089578_16354807.jpg
ホワイトデーの辺りは当然の様にお菓子をもらったり、県外でスイーツは買うわ、と
今現在1キロ肥えている現況が予測できるような自宅スイーツ在庫の貯めこみっぷり。

肝心のホワイトデーは仕事やなんやと忙しかったので、数日前の休日にお返しとばかりにランチをご馳走してもらう。
パティスリー・ONOさんに寄る予定だったので、ランチもその近くのイタリアン、Luce (ルーチェ)さん。

杜の里から田上へと山環道路を走って、マクドナルドがある信号を左に入り、
田上本町北交差点を右に曲がってしばらく行くと右手にあります。

当日の朝に予約を入れてOKだったのは開店時刻の11:30、早めに来たら入口に「本日は予約で満席」の看板が。
おぉーすごい人気、予約が取れてよかったというかギリギリセーフ。
b0089578_15165405.jpg
ランチメニューは3種類。

A:サラダ、パスタ(黒板メニューより)、デザート、カフェ:1,550円
B:前菜、パスタ(黒板メニューより)、デザート、カフェ:1,980円
C:前菜、パスタ(黒板メニューより)、メイン(肉or魚)、デザート、カフェ:2,950円
食後のカフェ:エスプレッソ、コーヒー、紅茶、カプチーノ、オレンジジュース、ウーロン茶

私たちはホワイトデーということもありCランチ。
黒板メニューよりというパスタの種類が何と11種類、多いとあれもこれも食べたくなって決められない私。
白子、チーズ、ボロネーゼ・・と迷った末に基本的に好きなトマトソースに決定。

b0089578_16361844.jpg
前菜、ランチの前菜で彩り豊かだとテンションが上がる。
ゴルゴンゾーラのムース、鰤のスモーク、モルタデッラとモッツァレラチーズ、スモークサーモン、フリッタータ
ふわふわなゴルゴンゾーラのムース、お魚のスモークが特に美味しかったです。
b0089578_16365848.jpg
柔らかくてシンプルなフォカッチャはしっとり。
お代わりできるそうで夫はパスタのソースを拭うので当然の様にお代わり。
b0089578_16372816.jpg
ハマグリのトマトソーススパゲティー
フレッシュなトマトのソースにハマグリの出汁がしみた旬の時期のパスタ。
b0089578_16375969.jpg
じゃがいものニョッキ・セージバターソース
モチッとしながらやわらかい食感のニョッキとセージの香りが爽やか。
b0089578_16383155.jpg
スズキのソテー
メインをそれぞれ2人でシェアしました。
カリッと表面を仕上げたスズキ、淡泊な味わいが周りの野菜たちと合う。
バジルソースをほんのりと付けて。
b0089578_16391733.jpg
米沢産大沢牧場豚のロースト
肉質が柔らかくしつこい感じがしないヘルシー系なんだろうか、でも脂が甘くて良質なお肉。
b0089578_16395075.jpg
デザートはボネ、イタリア・ピエモンテ州トリノ名物、チョコレート風味のプリン。
杏のリキュールを使っているそうで甘さ控えめで大人のプリンと言ったところかな。
しっとりしていて、これとっても美味しい。
20年ほど前にトリノに旅していますが、名物食べてなかっただろうな~多分。
b0089578_16403381.jpg
最後にカプチーノでしばらくまったり

大きな窓から太陽光がいっぱい降りそそぐ先は浅野川の川べり、
自然を背景におおらかで気軽な雰囲気なので、お互いのメインのシェアも気取らずにできちゃう。

女性客が殆どで男性はペア2組の2人くらいでした、カウンターがあるのでお1人さまもいるのかな。
パスタの種類が多くて季節ごとに変わるだろうし、ランチが込み合っているのも分かる。

シェフが1人で作られてるみたいなので、満員の店内は大変そうでしたが、
帰り際はシェフ自ら笑顔で見送ってくれました、ごちそうさまでした。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-04-02 22:45 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

東京(西麻布):リストランテ イル バンビナッチョ(イタリアン)

b0089578_15301483.jpg
横浜から再び舞い戻ってきて東京へ、ランチはとある縁で知り合ったシェフのお店を予約していました。

輸入食材を殆ど使用せず国内の食材に拘り、全国の産地から直送した安心・安全な食材を使用しており、
その生きた食材を確かるために、全国の生産者さんへと足を運ぶこともしばしば。
昨年の秋には石川の食材への旅も巡ってきたというシェフの想いを味わいに来ました。

場所が六本木駅と表参道駅と広尾駅の三角地帯の中心という、広尾・日赤通りはイタリアンの激戦区。
徒歩だと一番日中出歩く駅は表参道、根津美術館・ブルーノート辺りまでなら記憶に新しいので
そこから南青山の大通りに出て、首都高の通りを渡って南麻布にあるお店まで向かいました。

お店の入口はなんと扉以外は観葉植物に覆われたボタニカルな館。
通りはビルがずっと続くので目の癒しにもなるグリーン達、ちょっと隠れ家的な感じです。
b0089578_15302344.jpg
店内はアンティークなどが並ぶ中で、淡く灯された照明と窓からの自然光が注がれる落ち着いた雰囲気。
お昼のコースは3種類(税別)で
お野菜を中心に少しづつ楽しむ軽めのコース:3,000円
色々なお皿を楽しむ優しいコース:5,000円
旬を味わい尽くすコース(要予約):8,000円

私たちは真ん中の5,000円のコースを予約していました。
まず出されたのは玄米茶。
b0089578_15302742.jpg
スパークリングワイン
b0089578_15303178.jpg
バッカラマンテカート
バッカラ(干し鱈)マンテカート(こねる)だそうでミルク煮にしたものがパンケーキの上に。
パルミジャーノチーズが混ざってるパンケーキ、一緒に食べると絶妙な塩加減。
b0089578_15303408.jpg
野菜の塩茹で 自家製塩麹
赤大根、紫大根、人参、オレンジカリフラワー、蕪、小松菜、雪菜、インゲン
それぞれの野菜を自家製塩麹につけて食べて野菜をシンプルに味わう。
雪菜というのは山形県の伝統野菜だそうで茎の部分、熱湯にくぐらせると辛み成分がでてくるそうです。
b0089578_15303812.jpg
白子のムニエル
冬前に出てきた待望の白子、かりかりとろ~んといつ食べても白子は美味しい。
下にひいてあるのはケール、ドライにした小松菜の葉っぱを添えて。
b0089578_15304189.jpg
北海道真狩産のじゃが芋のフリット
衣など手法はほぼ天ぷらと同じです、だそうで衣がサクッと。
すーっと火が通った厚みのあるじゃがいも、ほこほこっとしてシンプルなお芋の香り。
b0089578_15304689.jpg
白ワインはこちらからセレクト。
b0089578_15304996.jpg
山形県産の無農薬の人参のスフレとペースト
温かい人参のスフレは少し甘くてしっとりふわふわできめ細やか、タレッチョチーズのソースと。
ペーストもスフレもとても素材の味が素直に出ている美味しさ。
b0089578_15305455.jpg
比内地鶏のお茶漬け風!?
焼いた比内地鶏と卵黄の味噌漬け、揚げたお米、オリーブなどが入っている器に
鶏の出汁を回しかけてお箸でお茶漬けっぽく食べます、和風っぽいですね。
味噌漬け玉子と鶏の組み合わせが濃厚で旨みいっぱい、山椒や生姜の香りで軽やかにさせてくれる。
b0089578_15305718.jpg
雲丹のパスタ
手打ちパスタはそば状に細長く切ったタリオリーニ。
雲丹の甘さが際立つさらっとしたクリームを絡めて食べるパスタはコシがあり、ホタテとの相性も抜群。

b0089578_15310185.jpg
宮崎県産黒毛和牛ホホ肉の炭火焼
一度お肉を煮てから炭火焼にしてあるそうで、周りはカリッと中はホロホロととろける柔らかさでとっても美味しい。
下にひいてあるのは海老芋、ソースはお肉の出汁のジュー、添えてある7種類のスパイス
b0089578_15310565.jpg
ティラミスモンブラン
ティラミス生地の中に和栗と洋種のマロン2種類の栗のペースト入り。
そこへ上からエスプレッソをかけてアフォガードにしてしまうという、そんなの初めてでした。
甘い栗とマスカルポーネをコーヒーのほろ苦さで引き締めるような好みの味♪
b0089578_15311080.jpg
同行者が食べていたのは洋梨のシャーベットとジュレ

b0089578_15311308.jpg
なんと福田シェフ自らが器も手掛けているそうで、どうりで全てが統一感のある独特の趣を出していると思った。
葉っぱのような形のコーヒーカップも一輪挿しもシュガー&クリーマーも。

旬の食材が持っている素材本来の味を活かしたお料理は、無駄なものをそぎ落としたような優しいのに繊細な食感や味わい。
一番窓側のテーブルでゆっくりと時間をかけて皆と美味しい食事を楽しむことができました。
サービスの方々も色んな質問に説明してくれてありがとうございました、ごちそうさまでした♪

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-03-21 22:10 | 東京 | Trackback | Comments(0)

石川(加賀市・山中温泉):ラ・モンベッタ(La Monbetta)イタリアンでランチ oishii

b0089578_12253458.jpg
金沢の積雪も半端なかった2月初めの週末、親戚一同で山中温泉にお泊りしてきました。
こちらは積雪量は多いもののさすが温泉観光地、道路はちゃんと除雪してありあちこちに雪の山。

お泊りした翌日、各家族は旅館で解散して私たちは山中温泉の街を散策していたのですが、
あやとり橋までの坂道は雪でボコボコ、私のブーツだとツルッと滑りそうだと諦め。

山中漆器の店やお土産屋さんを点々としつつ時間を稼いでる内に、そうもうすぐランチの時刻。
開店と同時に入る予約をして向ったのはイタリアンのラ・モンベッタ(La Monbetta)

しばらく山中温泉で食事をする機会がなかったのでイタリアンが出来たことを知らなかったのですが、
2015年4月オープンと比較的新しいお店で、築80年の古民家をリノベーション。

外観は1階はモダンでシックな造りですが2階はそのままの形で残っていて、
内装は白と木を基調としたすっきりとした雰囲気で新しく改装され、窓から眺められる庭が昔の面影を残しています。

ランチは3種類
A:前菜盛り合わせ、本日のパスタ、バケット、本日のデザート、食後のお飲物:1,700円
B:前菜盛り合わせ、本日のスープ、本日のメイン料理、バケット、本日のデザート、食後のお飲物:2,200円
C:前菜盛り合わせ、本日のパスタ、本日のメイン料理、バケット、本日のデザート、食後のお飲物:2,800円

あれこれ味わいたい私たちはCランチを選択、お互い違うメニューを選んでシェアすることに。
b0089578_12253995.jpg
前菜盛り合わせ
自家製リコッタチーズにモルタデッラ、ハタハタの南蛮漬け、小鯛のマリネ、鶏レバーのブルスケッタ
途中でバケットが出てきます。
b0089578_12254304.jpg
ゴルゴンゾーラチーズとタレッジョチーズのパッケリ
大きなマカロニの形をしたパッケリはもっちり、ゴルゴンゾーラ特有の香りのする濃厚なソースが旨っ!
上には胡桃が散りばめられて。
b0089578_12254806.jpg
能登豚と地物冬野菜のラグーソース、タリアテッレ
ひたひたになったスープパスタのようなラグーソースは中々のボリューム。
人参、ほうれん草、椎茸など冬のほっこり野菜と豚肉の煮込みは、ソース自体は意外とあっさり素材の旨味を味わう感じで。
b0089578_12255634.jpg
牛ロースのタリアータ フルーツトマトのサラダ添え
メインの片方はやはりお肉が食べたい、ということでタリアータ♪バルサミコのソース。
フルーツトマトやグリルしたものなど野菜が沢山添えてあると嬉しい。
b0089578_12260045.jpg
真ダラとその白子のスープ仕立て
白子の1文字で選んだメイン、温かいタラと白子のトロッとした口当たり。
b0089578_12260577.jpg
食後のデザート、夫はティラミス
b0089578_12261072.jpg
私はアマレット風味のスフレショコラ
イメージ的にはガトーショコラの様な感じでシンプルなカカオの風味で甘さ控えめ。

オープン直後だったので1番のりだったんですが、じょじょにお客さんが来店してお昼を過ぎた辺りには満席に。
奥様らしいスタッフがテキパキとこなしていたけど忙しくて大変そうでした~ごちそうさま。
場所は総湯のそばにあるので、山中温泉街巡りの際にランチするのにとても便利ですよ。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-02-14 23:26 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(片町):フランス料理 Makino でバースデーディナー

b0089578_14052315.jpg
お正月から始まり新年会などで慌ただしかった1月、
旅行中に新年を迎えた私は、帰国してから年賀状だ初詣だ親戚へ顔出しなどやることが目白押し。

そして1月を締めくくるビックイベントがまだ残ってました、マイバースデー!って自分の中だけだよって話ですが。
都合もあり翌日になりましたが、特別な日に行くことを決めていたのはフランス料理 Makino

行きたい思いはあれど中々機会を逃している内に、2015年の誕生祝いから何と3年経過という久しぶりすぎ。
今回も入り口横にプライベートな空間を用意してもらって、誕生日を祝う名前入りの本日のメニューカード。

1年前に病気を患ってから沢山の量を食べることが出来なくなった私の身体、
私の分は控えめな量にしてもらって画像はほぼ夫のお料理、お祝いの始まりはやはりシャンパーニュで。
b0089578_14275374.jpg
・八乙女ドック 黒ゴマもなか Noix Epice

胡桃の殻の山から宝物を探すように真ん中にのせられた黒い粒。
細かく砕いた黒胡麻がまぶした最中は信州サーモンとクリームチーズ、隣には胡桃とディル。
b0089578_14275758.jpg
な、なんだろう~?と一目見ただけじゃ分からないこちらは、八乙女ポークを閉じ込めたものをアメリカンドック風に。
ふわんとした炭の衣の中に凝縮されたお肉とサルサソース、揚げ方から全てにいたるまでミニマムな中の繊細さ。
b0089578_14280318.jpg
殻は全てが空ではなく2つの胡桃を開けてみると、塩味でキャラメリゼされた胡桃が。
b0089578_14280773.jpg
バターと岩塩、一見同じ器で平面に薄くバターが塗られたようですが、
バターの器だけ凹んでいるのです、思い込みと目の錯覚の楽しさ。
b0089578_14281283.jpg
・KAWAHAGI カリフラワー

生と炙ったカワハギに薄くスライスした生のカリフラワー、下にはキャロットラペ。
横にはピンク状のカワハギの肝のソースやカリフラワーのソース、
紅芯大根のしゅわしゅわ溶けるシャーベット状やオリーブオイルのサラサラのパウダーが添えてあって、どれを付けていいか迷うほど!
コクのある肝ソースも美味しいし、カリフラワーも奥から優しい味がする、混ぜるとより複雑なカワハギの七変化。
b0089578_14281715.jpg
モチモチの自家製パン、マキノさんにご無沙汰している間に随分と器も変わっていました。
特に有田の蒲池陶器さんに発注された器のテクスチュアがモダンで艶やかな存在感。
b0089578_14282170.jpg
・ボタンエビとニンジンとコンソメ

久しぶりのシェフのスペシャリテ、有機人参のムースとコンソメジュレも健在かつ変化していました。
薄グラスの中の人参の自然な甘みを感じるムースが滑らか、コンソメジュレと共に口の中で溶ける。
ボタン海老はフルーツトマトとエディブルフラワーの洋服を身にまとって鎮座しています。
b0089578_14282500.jpg
・中野さんの白菜で、まきまき

白山市の中野農園さんの白菜で包まれた中には穴子のエスカベッシュに雲丹、白身魚のテリーヌと魚介のご馳走の詰め合わせ!
少しカレーにも似た香辛料の香りも伝わってきました。
上には小坂蓮根のチップスとセリ、芹根のフライに下はマッシュポテト、ソースはズワイガニだったかな?失念。
なんと豪華な~1つ1つが主役級のラインナップ、食べながらほっこり笑顔に。
b0089578_14282997.jpg
・カブ?ブリ→大根?

色鮮やかで綺麗な鰤と野菜たち、庭園みたいでとっても綺麗。
源助大根に蕪、のと115、てり焼きされた鰤に鰤の卵を塩漬けしたもの、あけぼのの花、トマトとシャブリと出汁のソース
出汁が染みたお野菜にくるくる巻きのシャッキリ歯触りの大根、それぞれを少しづつ楽しみながら。
b0089578_14390642.jpg
・滋味

粒マスタードとライムがのった湯涌の熊のメンチカツ、癖はなく少し甘みも感じてサックサクです。

b0089578_14391545.jpg
熊の出汁を活かした特製のコンソメスープとライムのスープ、中にトリュフのスライス。
豊かで深い味わいのあるスープはまさに滋味。
b0089578_14392186.jpg
ラカン産ピジョン クロモジの香り

フランスの三ツ星レストランでも使用されているというフランス・ラカン産ピジョン(鳩)
そのモモ肉、むね肉、手羽先、肉をトマトリゾットと一緒に詰めたマッシュルーム、内臓を煮詰めたハート型のスナック。
肉質がキメ細やかで柔らかくてクセもなく血や内臓や出汁、トリュフでつないだソースと共にとっても美味しいし焼き加減も絶妙。
ウッディーな香りがする樹木として知られるクロモジと一緒に炊いて香りも見事な一体感に包まれて。
b0089578_14392714.jpg
シェフからのバースデースペシャルのイノシシ肩ロースのステーキ♪
豚肉よりもクセがないくらい赤身の肉の旨みとまろやかな噛みごたえ。
b0089578_14393456.jpg
・奄美 加計呂麻島の黒糖

富山の釋永岳さんに以来したという器は高さとずっしりとした重み、中央にくぼみがあり浮かんだのは思わずバームクーヘン。
バナナとコーヒーの香りを移したアイスに黒糖をまぶしたかりんとうの様なものが?クリームも黒糖の味。

b0089578_14393848.jpg
そして誕生日スペシャルなバースデープレート♡
ジューシーで甘くて大きいあの!さくらももいちごにビーツとフランボワーズのアイス。
嬉しい~~ありがとうございます。
b0089578_14394315.jpg
余韻に包まれながらのカフェ・ブティフールへ。
b0089578_14394768.jpg
ポン菓子をくっつけて食べる生キャラメル
チェリー(グリオット)のマカロンとガトーショコラ
b0089578_14395249.jpg
最後のサプライズに花束が!!えぇ~~これにはスーパー驚き、何でも女性スタッフさんが作ってくれたそうで感激!
人生で花束なんてもらったことなんか数えることも出来ないくらい少なくて、
夫もたまにはこんな事してくれないかなと思いつつ~いやいや大事なのは物じゃないのよ、どっちやねん!という気持ちが錯綜。
いやーでもこれは本当に素直に嬉しくてありがとうございました。

お料理の方はメニューカードにちまちまメモ書きしながら、画像と一緒に書いてみましたが
正直、繊細で複雑ななあれこれが沢山有り過ぎて全然説明しきれていません~。

本当にどれも美しく食材の特性を上手に織り交ぜながら、シェフ独特の世界観を表現したお料理の数々。
工夫されているだけではなく個々に経験に積み重ねられた確かな美味しさが詰まっているのです。

3年前も進化したと言っていた覚えがあるけれど、今回も予想を遥か越えていて
ワクワクとした驚きを持って楽しみながら、大きな満足感を伴ってのバースデーディナーでした。

そしてマキノさん10周年おめでとうございます♡

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-02-08 23:05 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(十間町):Blue Moon(ブルームーン)「グリルド・オニオン・マッシュルーム・ベーコンバーガー」 oishii

b0089578_11364233.jpg
年末年始の旅行で年明けの冬のバーゲン&セールは出遅れていた私、
既にプレセールをネットでチェックはしていたけれど、改めて最初の週末にバーゲン目当てにお出かけ。

本格的冬シーズンが始まる前に着古した服をかなり処分していたので、
新しく仕入れたセーターやスカートで気分一新。

その中で大切なものをしまうように箱から出していないお洒落用のヒールブーツ、
雪道でつるりと滑るのが怖くてまだ履けていないので、圧雪ともども早く消えてくれないかな。

バーゲン前のランチに立ち寄ったのはアメリカ&メキシコ料理のBlue Moon(ブルームーン)
*マンション両隣のコインパーキングを利用すれば一部料金を負担してもらえます。

お目当てはハンバーガーでしたが、タコスやブリトー、チリビーンズ、ガンボなど
ランチメニューの選択肢が幅広い。

・グリルド・オニオン・マッシュルーム・ベーコンバーガー

メキシカンバーガー、チーズバーガー、チリチーズバーガーなど色々でここも迷うポイント。
で、具材が一番多いとされるグリルドオニオンマッシュルームベーコンバーガーを選ぶ欲張り夫婦。

サイドメニューにフレンチフライかガーデンサラダを選べるので、シェアするつもりでお互いに1つづつ。
写真じゃ分かりにくいですが、器も大きくてポテトがこんなに?と思うほど迫力の量。
b0089578_11364880.jpg
こちらはガーデンサラダの方、野菜の海に溺れたハンバーガー。
ドレッシングも選べて確かヴィネガードレッシングを選択したと思う。

ナイフとフォークも添えてあるけど、あえてバンズを重ねてつぶしながら食べることに。
こんがり香ばしい牛肉のパテにチーズと炒めた玉ねぎ、マッシュルーム、ベーコン、トマトにピクルス、
かぶりついてお口の中で全てが一体に!やはりこれだね~キッチンペーパーがあるのでそちらに包んでも。
b0089578_11365367.jpg
・ニューイングランドクラムチャウダーと食後の紅茶
大きなサイズ(ボウル)で頼んだら、シェアしますか?と尋ねられカップに分けてくれました。
あさりと玉ねぎとベーコン、クリーミーなクラムチャウダーにクラッカーを崩して入れて。

偶然知り合いファミリーにも遭遇したりと、バーゲン前のエネルギー注入させていただきました。




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-01-16 23:37 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(本町):Restaurant N-エンヌ-(フレンチ)クリスマスディナー oishii

b0089578_15224807.jpg
12月後半に差し掛かり、この時期特有のワクワクした儀式の様な特別感を高めるために
ようやく自宅のクリスマスの飾り付けをして、クリスマスパーティーのメニューを試行錯誤する時期。

今年のクリスマス本番日が連休に差し掛かるため、週末は何かとやり遂げる事が多くて忙しく、
クリスマスディナーは少し早めの週の始めに行ってきました、Restaurant N-エンヌ-

前回訪問から1年と11か月(ふくよかな会)、クリスマスディナーとしては2年ぶり。
特別な日を華やかに過ごすために定期的に足を運びたくなるフレンチレストラン。
ノエルディナーは16日から始まっていました。
b0089578_15225307.jpg
クリスマスディナーに合わせてドリンクも特別なペアリングメニューがありました。

・自然派ワイン4種のペアリング
・日本人が造るワイン3種のペアリング
・ノンアルコール3種のペアリング

私は日本人醸造家の3種のペアリングを選択、こちらも自然派ワイン揃い。

・ヒトミワイナリー h3 Caribou カリブー:スパークリング
クリアな酸と完熟のデラウェアのもつ華やかな香りが特徴。
柑橘系や甘い果実感を含みつつ最後はほんのりと心地よい苦味のにごりワイン。
わ~これ好き♪女性が好みそうというか、口当たりが円やかでとっても気に入りました。
b0089578_15165547.jpg
アミューズはチーズ風味のシュー皮のグジェール、パテとオリーブのピンチョス、
鱈のすり身丸めたもの、生ハムのクロックムッシュ。
温かいクロックムッシュが香ばしく中のクリームと共にジューシーで濃厚。
b0089578_15165972.jpg
能登の寒ブリのミキュイ
寒ブリの片方だけ炙ってあり微妙に火を通したミキュイ、脂がのり切った状態でキラキラ。
繊細にカットされた4つの大根は黒大根、紅しぐれ、紅くるり、緑芯大根
薄いけれどしっかりとした歯触りがある大根たち、微妙に味も違うんですよ。
それぞれをビーツのソース、カリフラワーのソース、大根の葉っぱのソースに付けて味の変化を楽しみました。

b0089578_15170471.jpg
形はバゲットなのにミニチュアサイズの可愛いパン。
ちぎるとしっかりめのモチモチ感🎶
b0089578_15225869.jpg
・滝沢ワイナリー ミュラートゥルガウ:白ワイン
生姜などのスパイスと爽やかなハーブや青りんごなどを思わせるような香りが特徴。
赤ワインの醸造法を用いた造り方だそうで通常のミュラートゥルガウとは違ったユニークな味になっているとか。
辛口でフルーティーで苦味も感じつつするするっと入っていきます。
b0089578_15170806.jpg
香箱カニのクロケット、揚げた衣の中には内子や外子などこの時期にしか味わえないカニの旨味がぎっしり!
エスカルゴバターのふわふわの泡の下には百合根の他、ルッコラ、バイ貝、ホタテなど海の幸が隠れていました。
上には黒トリュフ、下にはトンナムルを添えて。
b0089578_15171225.jpg
甘鯛のウロコ焼き、カリカリと香ばしいウロコの鯛と甘海老の旨味が凝縮したアメリケーヌソース。
小松菜のソースと甲殻類の塩を添えて。
白いマッシュポテトのようなものは根パセリ、原材料はバターと塩と根パセリだけだとか。
それだけでこんなに甘みが出るのね〜素材をこんなに自然な丸みのある味に仕上げるとはさすが。
アメリケーヌの旨みと根パセリの甘みがとても合っています。
b0089578_15171660.jpg
北海道産蝦夷鹿のローストは沢野ごぼうのソースで。
肉質が細くてしっとりした蝦夷鹿はとても上品な赤身のお肉、うん!美味しい〜
能登115椎茸と北あかりのピュレ、どちらも存在感のある素材なのでお肉に負けていません。

そして、食べ進む内にすっかり3つ目のワインの写真を撮り忘れていた。

・ボアルカ コー:赤ワイン
日本人醸造家・新井順子さんがロワールで作るワイン、偶然この方の今年のボジョレーを自宅用に購入していました。
黒果実の香りと滑らかなテクスチャーに黒系果実が凝縮したピュアなエキスが特徴。

ちょうど向かい側で夫が自然派ワイン4種類目の赤ワイン、ラ・トゥール・フィジャックを飲んでいて、
試飲させてもらったけど私のものと風味も何もかも違っていて興味深かったな、と。
b0089578_15172092.jpg
富山産のレクチェのコンポートのキャラメリゼ
洋梨のル・レクチェ、富山でも生産されているのですね。
しっとりしたレクチェのコンポートにカリカリのキャラメリゼ、ビターショコラのソースとナッツと共に。
b0089578_15230327.jpg
食後の飲み物、ハーブ農園ペザンさんの4種のハーブティーにしました。
レモンバーベナ、ローズマリー、ステビア、カモミールの4種でエンヌさんオリジナルブレンド。
西山シェフ自らバランスよく配合を調合したそうで、レモンバーベナの爽やかな香りにほんのりとしたステビアの甘み、
それにローズマリーの香りがして後からカモミールの優しい香りが包み込むようでこれは香りに癒される。
表情豊かなハーブティーを真剣に楽しむことってあまりなかったかもしれません。

食材の良さを活かしつつ、繊細なところまでバランス感覚が優れたシェフのお料理を今回も堪能、
エレガントな雰囲気なのにリラックス出来てペアリングのワインもとても良かったです、ごちそうさまでした。




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-12-24 23:04 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)