人気ブログランキング |

タグ:欧風料理 ( 412 ) タグの人気記事

石川(加賀市):ブッチャーズクリーム(Butchers Cream)「ベーコンチーズバーガー」

b0089578_14351539.jpg
お盆期間中、会社員な私はお休みもらってますが家人は仕事で、殆どいつも通りでした。
それでも午後から少し遠出し、て三国海岸までドライブした日(カルナでアイスだけ食べて帰ってくる)。

ランチは加賀市の片山津温泉街にあるブッチャーズクリーム(Butchers Cream)
2017年秋にオープンしたハンバーガーショップ、気になりつつも中々来れてなかったお店です。

東京遠征ランチの時、1人の場合だとゆっくり味わいたいとか量的にも丁度いいので
少しづつグルメバーガー巡りに着手し始めてるので更なる起爆剤に。

爽やかな白壁とポップさが融合したダイナー、お目当てのハンバーガーのメニューがズラリと多い!
ビーフの他にベジタブルバーガー、チキンバーガー、各種トッピング、サイドメニューもあってこれは迷う。
b0089578_14352081.jpg
オニオンリング

個人的にオニオンリングが大好きでモスだとオニポテ必須な人なので単品注文。
衣がふんわりサクッとした仕上がりでソースはオーロラソースかな?
中の玉葱の甘みがいい~。
b0089578_14352695.jpg
ベーコンチーズバーガー(フライドポテト付)

おすすめマークが付いていたベーコンチーズバーガー、ドリンクセットでアイスコーヒー
バンズに挟まれたチェダーチーズと自家製ベーコン、ビーフ100%パティ、グリルドオニオン、トマト、レタス

スモークの香りがするベーコンと炭焼きのビーフパティは厚みがあって香ばしく肉の食感がジュワッ
パンもふかふかツヤツヤでうわーこれは美味しい~♪グリルされたオニオンがまたいい仕事してるっ

トマトケチャップとマスタードはお好みで・・なんだけど、私は何も付けずに食べました。
マスタードは結構苦手な部類なので避けてるのですが、そのままで十分に良い塩加減。

パンの生地に穀物が入っているなと調べたら、地元のヒラクベーカリーさん製のバンズなんですね。
食べた後にヒラクベーカリーさんのお店に向かったのですがお休みだったようで残念、次回かな・・
b0089578_14353266.jpg
アボガドチーズバーガー

夫が頼んだ分、こちらもボリュームがあって美味しそう!
ハンバーガーとアボカドの鉄板メニュー。
b0089578_14353718.jpg
タピオカ黒糖ミルク

+400円でハンバーガーとのセットに(50円お得)
飲み残しそうだったのでテイクアウト用の容器に替えてもらいました。
流行りのタピオカメニューまであるんですね、こちらはシェイクではなく牛乳です。

夜メニューはステーキやタコライス他アメリカ料理の多彩な展開にちょっとワクワク感止まらない。
自家製のレモンシロップでレモネードなどもあったりと、ハンバーガーを始め拘りが一杯詰まった感じ。

こんなに素敵なお店があったなんて、一気にファンになりました~再訪確実。
金沢からちょっと遠いので頻繁には来れないけど、いつかディナーも体験したい。

テイクアウトも出来るので電話注文で予め予約しておけば時間があまりかからないですね。


by sukatan_queen55 | 2019-08-11 23:52 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(堀川町):DeAu(デアウ)シーフード&イタリアン

b0089578_11364713.jpg
8月上旬は1年で最も暑いという認識があるけれど、年々その平均気温を更新しているような暑さ。

毎朝、出勤前に腕に日焼け止め塗ってるんですけど、それも無視した刺すような日差しに、
両腕の肘下にかけて見事に焼けて脱皮し始めました。

お肌の曲がり角どころか、もうS字カーブ世代なのに小学生の様に黒い腕。
フジロック焼けとか理由はちゃんと分かっているんですけどね・・・。

ネタが色々溜まっているんですけど、まずは金沢駅近くに1月にオープンしたシーフード&イタリアンのDeAU(デアウ)
「テーブル・ナナ」の姉妹店でお店もナナの並びにあります。

お店の入口付近に石窯があり、窯焼きピッツァやパスタ、新鮮魚介や野菜の鉄板焼きなど他多彩なメニューが特徴。
貸切もできる2階のテーブル席もありますが、私たちはライブ感満載な1階のカウンター席。
b0089578_11365250.jpg
ワインが30種類以上あって大抵こういう時はグラスワインかサングリアかな、と思っていたら、
期間限定のワインのみ比べセット(1,200円)が目に留まる。

1:シャルドネ レゼルバ(チリ)
2:バッコロ・ビアンコ/チェーロ・エ・テッラ(イタリア)
3:ベント カベルネ・ソーヴィニヨン(カルフォルニア)
4:ネロ ディ トロイア アンティカ マッセリア コッレオーネ(イタリア)
数量限定なので無くなり次第他のワインに切り替わるそうですが
b0089578_11365740.jpg
その日のお勧め魚介の鉄板焼き(肉や野菜も)、石窯で焼いたピッツァや釜焼きメニュー、
アヒージョ、パスタ、各種前菜と全体的に市場漁港直送のシーフード料理が多めで迷います。
付き出しは、カポナータ、鶏むねバジルソース、カジキマグロと出汁ジュレ
b0089578_11370151.jpg
くん製タコとジャガイモのアヒージョ
フォカッチャは別注文なのでとりあえず少し頼んだら、やはり追加することに。
燻製の香りのタコと熱々のじゃがいも、旨みを含んだオイルをいつまでも残しておく。。
b0089578_11370651.jpg
鉄板焼き:天然ホタテ・ハマグリ・ホッキ貝 3種盛り
そのままでも良いけれど、紫蘇の塩とサルサヴェルデを付けても美味しい。
b0089578_11371089.jpg
おつまみナッツ盛り
毎食前にコストコの無塩ナッツを食べるのが習慣になっている夫がナッツ盛り注文。
これが中々な量でして、山葵味の空豆は食べられないけど私もついついミックスナッツに手がのびる。
b0089578_11371611.jpg
鉄板焼き:白ソイバチメ
レモンをかけてアイオリソースで。
お勧め鮮魚は鯛、キジハタ、カマス、のど黒、カサゴ、イシナギ、ヤリイカ、サザエ、各種貝と
その日によってお勧めは変わります。迷ったら魚介の盛り合わせかな?
b0089578_11372179.jpg
鉄板焼き:US産テンダーロイン牛ヒレ
b0089578_11372559.jpg
甘海老ピッツァ
ピッツァとパスタを迷ってグランドメニューからお勧めの甘海老ピッツァ、小ぶりのサイズもあるのでそちら。
有頭海老がぐるりとピッツァを囲む華やかな見ためのピッツァ。
ふっくらした生地のピッツァのベースはトマトソースとチーズ、海老好きさんにはお勧め。
頭の殻は食べられないことはないけれど固いので、海老みそだけ絞り出してお皿の上に。
季節どころでうなぎのビスマルクやヘタ紫ナスのミートソースピッツァもそそられました。

16~24時(※金土は17~25時)なのでゆるりと夕方から1、2人で気楽にカウンター飲みとかいいですね。
食事のみコース、飲み放題付コースもあるので、2階で団体の宴会や歓送迎会、二次会など便利に使いこなせそうです。


by sukatan_queen55 | 2019-08-07 23:37 | 石川(金沢) | Comments(2)

金沢(本町):ロイ ジービブス(ROY G BIS)チーズ&ステーキ・ダイニングバル

b0089578_13514737.jpg
今年は夏っていつくるの?って思うほどの7月前半のすっきりしない天気と気温、
やっと梅雨が明けたと思ったら激しい真夏日和ですね、あっちぃ・・・暑いと肉を欲する。

金沢駅近くの東横イン金沢東口の前にテナントビルが建ち、色々新しいお店が入店しているのですが、
その中の1軒を開拓宣言してきました、ロイ ジービブス(ROY G BIS)

コンセプトにステーキ&チーズを看板に掲げ、店主さんはプロのファイヤーパフォーマーで
ダイナミックなショーも楽しめるエンターテイメント性の高いダイニングバル。

早い時間帯だったのでまだ店内は明るかったのですが、全面ガラス張りのようになっているので
ビルの6Fともあって夜景が一望できます。
b0089578_13515159.jpg
団体予約が入っていた為、突撃隊は空いていたカウンター席へ。
モヒートと付き出しはカリカリチーズをのせたバケット。

目の前の鉄板で焼かれる肉料理は牛、豚、鶏、腸詰、羊、マグロと様々。

チーズを掲げているだけあって、各種単品チーズにポテトチーズがけや、カプレーゼ、チーズフォンデュ、
ピッツァ、パスタ、リゾット、トルティージャにいたるまでチーズ料理が集結!
ベームスターシリーズ(ブラスカス、オリジナル、ゴート)が賞味できる。
b0089578_10030406.jpg
羊飼いのサラダ
色々葉っぱに山羊のチーズ(シェーブルチーズ)がドーンとふりかかって、
エキストラバージンオイルで食べるサラダ。
b0089578_13515502.jpg
アボカドゥーン
アボカドにスモークサーモン、温玉とチーズをかけてオーブンで焼き、
最後に温玉をドッキングしたボリューミーな焼きアボカド、トッピングの相性抜群。

以下、村上ショージがお送りします「ドゥーン!」
何かを思い出してしまい注文する時にアボカ・・ドゥーン!とかやりたくなる(違
b0089578_13520387.jpg
チーズリゾット
チーズたっぷりでクリーミーなリゾット、原木チーズから作っているそうです。
b0089578_13520762.jpg
Mama's グラタン
ホワイトソースにペンネと玉ねぎ、上からチーズたっぷりのグラタン。
b0089578_13521273.jpg
サングリアフェルナンド(赤)
アルコールはビール、各種ワイン、ハイボール、モヒート、サングリア、カクテルとワインが特に充実。
ノンアルにもカクテル、レモネード、コーヒー類もあってお酒が弱い人も安心。
b0089578_13521903.jpg
ラムチョップ
赤ワインソースと共にいただく骨付きラムステーキ、手前の鉄板で焼いてくれます。
チーズが大好きなのと久しぶりに羊肉が食べれたのでご満悦。

カウンター席、テーブル席の他に個室もあり、広いフロアでパーティーや二次会などの利用が可能。
中々こんな華やかなパーフォーマーバルは金沢では珍しいかと思います。


by sukatan_queen55 | 2019-07-30 23:32 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(増泉):TRATTORIA QUA QUA(トラットリア クアクア)イタリアン

b0089578_14004300.jpg
イタリアが舞台のジョジョ5部アニメ観ているせいか、最近夕飯にイタリア飯っぽいのを作ることが多くて、
一番作ってるのがズッキーニのスカペーチェ、夏野菜のマリネが美味しい季節です。

家のみならず外でも美味しいイタリアンが食べたくなったので週末に参上したのは、
TRATTORIA QUA QUA(トラットリア クアクア)、各テーブルにさり気なく飾られている野の花が素敵。

今日のお勧めには農家さんから取り寄せた無農薬野菜などフレッシュ野菜のメニューが色々あったのですが、
私は友人と何度か訪問しているけど夫は久しぶりだったので、スタンダードメニューが食べたいとの希望。

しゅわしゅわスパークリングで乾杯。
b0089578_14004894.jpg
・生ハム、カポコッロ、サラーメ、フィノッキオーナの盛り合わせ
DOPカルペーニャ産生ハムと豚ちゃんパラダイス。
口の中で脂がとろける生ハムの絶妙な薄さ、塩味もちょうど良くてんまいな~~
家だとコストコで買ってきたスライスパックをたまに食べている程度なので。。
b0089578_14005357.jpg
・本日の魚介のリゾット リヴォルノ風
おっと色んな魚介が~海老にムール貝、蟹さん、あさり、長いのはちょっとマテ貝!?
各魚介エキスがしみ込んだお米は、能美市のたけもとさんが育てたイタリア米「カルナローリ」
芯の部分を残しつつなお米もアルデンテ、うまっ!
b0089578_14005828.jpg
・生雲丹のスパゲティ、アーリオオーリオペペロンチーノ
魚介続きでオイルベースパスタ、雲丹の甘さとペペロンチーノの辛みがよく合います
b0089578_14010351.jpg
・スルメイカと海老のフリットゥーラ
薄い衣で軽くて周りがサックサクな海老とイカのフリット。
これが本当美味しくてね~特に海老は幾つでも食べられちゃいそう♪
b0089578_14010836.jpg
・北海道根室産エゾ鹿モモ肉のタリアータ・グラナパダーノチーズとローズマリーの風味
ホルモンヌやジビエの権化と言われる私ほどそっち系が得意ではない夫ですが、
焼肉でも赤身肉が好きなので、鹿肉はクセもなくさっぱりしているので好きみたいです。
厚みがあるので噛みながら旨みを味わい~つつ、チーズの風味との相性バツグン。
b0089578_14011316.jpg
お隣のテーブルの方がソルベを注文していたので真似っこしてみました。
私は「スモモ」、ペクチンが多いのかすごくしっとりねっとりな口当たり♪
ほんのり甘酸っぱくてあまうま~い。

画像ありませんが、夫が食べていたのは「美生柑(みしょうかん)のソルベ」。
愛媛県南宇和郡御荘町(みしょうちょう)で作られる美生柑(みしょうかん)という柑橘類。
こちらはシャキッとした歯触りでグレープフルーツっぽくさっぱりと。

本当は某知り合いが絶賛したというルーコラペーストのスパゲティも気になっていたのですが・・
家でもルッコラセルバチコが雑草状態なのでペースト作ってみようかな。

帰りは車で来たので代行だったのですが、担当の運転手さんが偶然にも私が独身時代に
何度もガレタッソから家まで運転してくれた顔見知りの人だったのでびっくり!

ひっさしぶり~!!もう何も言わずとも分かっていて家まで連れていってくれます、笑
結婚して車も替えてるし後部座席に夫ものせている状態は初めてだけど、
よくこうやって夜中に酔っ払い(私)を送ってもらったな、と
あの頃の懐かし話・・・ちょっとしんみりしながらも到着までずっと交わしていました。。。。






by sukatan_queen55 | 2019-07-23 23:01 | 石川(金沢) | Comments(0)

東京(不動前):羊飼いの食卓 ティスカリ(Tiscali)イタリアン・サルディーニャ料理 oishii

b0089578_14025865.jpg
このblogを読んでくださっている方ならもうご存知かもしれないが、私は羊肉料理に目がない羊スキー。
若き頃に中東イスラム圏旅行・エスニック料理店巡りなど、自宅で羊肉を食べない分(家族が苦手)外で欲望を発散。

最近ではdancyu(ダンチュウ)2018年6月号「羊好き。」に掲載されているお店を巡るべく、
東京に用事がある度にピックアップ。
都内在住なら難なく叶えられるんだろうけど、そこは地方住みのつらいところ。

今回はサルディニア島にコンセプトを掲げる羊料理イタリアン、羊飼いの食卓 ティスカリ(Tiscali)
北海道産の国産仔羊と新鮮野菜料理で羊料理が堪能できるお店。

ほらジョジョ5部でもボスの故郷であるサルディニア島のエピソードがあるし←そこかよ!
羊肉料理もあるしで自分にとっては一石二鳥で美味しい。

サルディニア島は人口よりも羊の数の方が多いと言われており、
牧羊が盛んで羊肉料理もよく食べられていて羊乳を用いたペコリーノも多く生産されている。
b0089578_14030217.jpg
東急目黒線・不動前駅より徒歩1分、近い!目黒駅から1駅、不動前駅で初めての降車。

「羊料理研究所」という看板も目印の1つ、ここへ来るべき人は目的がハッキリしていますね。
北海道白糠の羊飼いである酒井氏が育てた仔羊を半頭仕入れで入荷しているそうです。
b0089578_14030850.jpg
予約はしてあったものの、開店と同時だったのでまだ誰もいない。
時間が早いのもあるけど自然な光が沢山入るラフで爽やかな雰囲気。
スパークリングワインにお通しのように出された自家製パンとサラミ
b0089578_14031348.jpg
・羊専門店のラムカツ
ルッコラとラムの肩肉を混ぜて揚げたラムカツ。
付け合わせのソースはンドゥーヤという唐辛子入りの辛いサラミを混ぜたトマトソース。
サクサクと歯切れよくルッコラやラムの香りに混ざって、トマトソースはピリ辛フレッシュで旨みたっぷり。
b0089578_14031908.jpg
羊のタン、羊のモモ肉のハム
言われなかったら羊肉と分からないくらいクセがないタン、キメが細かくなった感じかなぁ
b0089578_14032414.jpg
北海道白糠産仔羊トリッパのトマト煮込み
今まで食べてきたトリッパのトマト煮込みは牛のハチノス、これは北海道産仔羊トリッパ、う~ん希少部位!
トマトと香味野菜でじっくり煮込まれた煮込み、なんだろう・・牛のものとは微妙に違うね
ふわっと柔らく、でもべったりした感じじゃなくってトマトの旨みと共にめっちゃ美味しい。
イタリアの唐辛子をアクセントに使っているそう。
b0089578_14032980.jpg
ワインリストにはサルディーニャ産のワインも揃っていましたよ~
Argiolas Perdera(アルジオラス ペルデューラ)土着品種モニカで作られた赤ワイン
後はNoah Cannonau di Sardegna、カンノーナウの葡萄を原料に作られている赤ワインなど。。

b0089578_14033921.jpg
羊肉肩ロースのステーキ
適度な脂身がついた肩ロース、柔らかいけどちょっとだけ噛みごたえがあって、
ラム臭がくるくる♪やはりこれですな~がっつり食べ応え。
ソースはパプリカやナッツをローストしてペースト状にしたロメスコソース。
香ばしさや甘みがあって肉はもちろん野菜につけても美味しい~
b0089578_14034326.jpg
羊肉とセロリのイタリアン餃子
メニュー名には分かりやすく餃子になっていましたが、サルディニアのパスタ(クルルジョネス)
中に詰め物をして折り畳むラビオリの一種だそうです。
うん、これは羊肉の香りがふわ~っと漂って後からくるセロリが爽やか。
b0089578_14035071.jpg
お店のスタッフの方が飲んでみます?と1杯頂いたサルディニア伝統的リキュール、MIRTO(ミルト)
濃厚で少し甘酸っぱい感じがして消化を助けるそうで食後酒にぴったり。
b0089578_14035655.jpg
壁にはイタリア、サルディニア島についてやティスカリを紹介した雑誌などが並べられていて、
自由に観覧することができ、私はお土産に無料配布の羊肉のレシピ本をいただきました。

前日はものすごく込み合っていたようですが、この日はやや余裕があるように見えて
スタッフの方も親切に色々を教えてくれて、最後にはシェフも挨拶に出てきて見送ってくれて、
ずっと手を振ってくれる姿に恐縮です梨本です!も~心が温かくなりましたわーー。

ここ料理教室もやっているのですね、あー行ってみたい、新幹線使っていくか?1人で・・ゴゴゴ・・・


by sukatan_queen55 | 2019-07-03 23:11 | 東京 | Comments(0)

金沢(福久):欧風料理 アバンセ( Avance)で季節のランチ oishii

b0089578_09242922.jpg
6月の週末に友人が島らっきょうを収穫するので畑に来ないか?と連絡があり喜んで承諾。
じゃあ収穫後に皆でランチしよう~ということになり、友人が予約したのは欧風料理 アバンセ( Avance)

え!?ちょっと待って、畑仕様のトラックパンツ(ジャージ)に適当なTシャツでいこうと思っていたのに、
欧風料理のお店に行くとは・・・着替える間もないらしいし、どんな格好でいけばよいのん?

迷った末にカジュアルになり過ぎないスティックパンツにボーダーカットソー、それに長靴イン。
もちろん長靴は履き替える、ほとんど汗をかかずに済んだのでよかった。

イオン金沢店の裏通りにある地元加賀・能登の新鮮な海や山の幸の旬の美味しさを伝えるカジュアルなフレンチレストラン。
早い時間帯だったので1番のりでしたがじょじょに埋まっていく席、4人だし予約してよかった。
b0089578_09243367.jpg
ランチメニューには「おまかせランチ(1,500)平日のみ」、「季節のランチ(2,160)」、
「アバンセのコース(2,808)」、「お昼の贅沢コース(3,780)」があり、選んだのは「季節のランチ」

写真はないけれど食前の飲み物に「洋梨ソーダ」頼んでます。
ワイングラスなどアルコールも飲みたいけど車で来ているしね(ノンアルビールあり)

前菜は岩だこと生ワカメのサラダ、
ふわふわサラダと生ワカメにさっぱりしたドレッシングとバジルソース。
b0089578_09243842.jpg
自家製のパン、おおっ意外と大きい。
b0089578_09244287.jpg
冷たいじゃがいものスープ、
これからの季節にぴったりなひんやりとしたヴィシソワーズ、とても滑らか♪
b0089578_09244756.jpg
特製スペイン産くり豚のロースト

栗を食べて育ったペイン・ガリシア州産の「栗豚」のローストとキッシュ、ソースはお肉の出汁からかな?
ピンク色でジューシーで柔らかくほのかな甘みがある感じで美味しい♪

b0089578_09245184.jpg
デザートはオレンジのタルトにミルクのジェラート、ドリンク付で写真なしですがコーヒーにしました。

さっきまで島らっきょうの収穫をしていたとは思えない、ゆったりとしたランチタイム。
大量の島らっきょうを持ち帰って下処理をして塩漬けや天ぷらにしなきゃな~という面倒な作業は今は忘れて。


by sukatan_queen55 | 2019-06-12 23:29 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(木倉町):コメール マル イ モンターニャ(スペインバル) oishii

b0089578_11455045.jpg
某イベントでピンチョスする予定だったので、ピンチョスやタパスの本購入したり、
スペイン産のスモークパプリカパウダーやら青とうがらしのピクルス(ギンディージャ)他取り寄せたのに、
結局やらないままイベント終了した5月下旬。

これらで家で何かしらスペイン料理するのか、どうなのかまだ不明だけども
在庫分は使わなくっちゃ、という流れでスペイン料理が食べたくなる。
週末夜のお出かけはコメール マル イ モンターニャ/comer mar y montana

モダンスパニッシュ「レスピラシオン」の姉妹店、木倉町に去年の8月にオープンしたスペインバル。
スペイン定番料理からカタルーニャ地方の郷土料理を提供してくれます。
b0089578_11455485.jpg
カウンター予約をしていた私たちは5席あった内の2席、他に幾つかテーブルがあり、
2階席は宴会が出来るみたいでかなり席数あるみたいですね。

最初の1杯はモナというスペインのカヴァ、スペイン産のワインが揃っていてグラスもOK。
この後はマリエッタというスペインの白ワインを飲んでいました。
b0089578_11455907.jpg
・豚耳のスモーク
待つ間にちょこっと出してもらったタパスなんですが、豚耳と豚皮かな?のスモーク。
カリッと焼かれた皮の下のぐにっとした脂がうまいなー。
そうそう魯肉飯(ルーローハン)作るのに豚皮がいるんだけどどこで手に入るのかな・・。
b0089578_11460415.jpg
・具だくさん!カタルーニャのサラダ
ゆで卵と黒オリーブ、ツナ、人参、ハム、葉っぱなど盛りだくさんのカタルーニャのサラダ。
b0089578_11460949.jpg
・ふんわり揚げた塩ダラとジャガイモのペースト
出てくるものが想像できていなかったので、あ・・こういうのだったのねというブニュエロ。
つぶしたじゃがいもと塩ダラを混ぜて揚げてあり、ふんわり熱々でタラの塩加減がいい感じ~
おつまみにピッタリですね。
b0089578_11461476.jpg
・カツオのカルパッチョ ロメスコソース
スペイン・カタルーニャ地方の伝統的なソース、ロメスコソース。
トマトソースにナッツが入っていてコクがあります。
カルパッチョにこういう味ってあまり食べたことなく成程な、と。
b0089578_11461936.jpg
・カリッカリに焼いた皮付き豚バラ肉のオーブン焼き
焼かれた皮が香ばしい豚バラ肉かたまりっ、ソースはお肉の出汁かな?
上の巨大な椎茸は夫曰く天恵菇(てんけいこじゃないかと・・椎茸の味が濃い。
マイクロ春菊とナスタチウムの飾り付き。
b0089578_11462370.jpg
・スペイン産チーズ盛り合わせ
パエジャを待つ間のチーズ、組合せの名前は忘れてしまいましたが、ドライフルーツと共に。
b0089578_11462890.jpg
・濃厚!イカ墨のパエジャ(小)
一番のお勧めとしては「山と海の幸ミックスパエジャ」なんだろうけど、今回はこちらにしてみました。
具材にはムール貝にアサリ、イカ、トマトに上からはイタリアンパセリ。
イカ墨と魚介類の出汁で炊いたお米が旨みがたっぷり~で旨い。

にんにくをきかせたアイオリソースで一層のコクと味の変化が楽しめる。
これが〆になるので2人だと小サイズで十分、一気にお腹が膨れました。
この時は限定でのどぐろのパエジャもありましたよ。

この他にも鉄板料理プランチャやアヒージョ、スペアリブの煮込みなど気軽な雰囲気で楽しめる。
営業時間が深夜1時(金・土・祝前日は2時)までというのも便利ですね!


by sukatan_queen55 | 2019-05-25 23:52 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(此花町):バール ノイ ボイ (BAR noi voi)イタリアンバール oishii

b0089578_10072987.jpg
GW中の記録、まだ続きます。

日中は予想を超える混雑ぶりの金沢駅でのショッピング、夜はその流れからバール ノイ ボイ (BAR noi voi)
駅そばの別院通りを入りパーキングを過ぎ左手を曲がった此花緑地のそばにあるイタリアンバール。

オープン時刻は16時からで18時まではハッピーアワーがあり、早めに飲みたくなってしまいます。
カウンター8席にテーブル席が幾つと2階にもスペースがあり、私たちは一番奥のテーブル席へ。
b0089578_10073467.jpg
ワインボトルリストもあるけれど気軽に飲むならグラスワインやデキャンタサイズのテーブルワインも。
スペイン産の辛口ロゼスパークリングワイン(グラス)
後から飲んでいたのは、ピエトレデルソーレ(白)のグラス。
b0089578_10073791.jpg
やげんナンコツのフリット
ガーリック風味に仕上がったコリコリとした食感の軽いおつまみ
b0089578_10074641.jpg
鴨肉の燻製と生ハム
パルマ産18か月熟成の生ハムとフランス産マグレカナールの鴨肉の燻製。
フォアグラをとるために肥育した鴨のむね肉、しっかりとスモークされている風合い
付け合わせの葡萄をビネガー漬けにしたものだったかな?これがちょっとクセになる美味しさ。
b0089578_10075365.jpg
モッツァレラのパン粉焼き
ナポリの郷土料理「モッツァレラインカロッツァ」の変化バージョン。
モッツァレラ・イン・カロッツァはパンにモッツアレラを挟んで揚げたものだけど、
これはパターをひきつめた鉄板上に揚げたモッツァレラ+バケット。
モッツァレラのコクのあるとろとろ感をバケットに付けながら味わいます。
b0089578_10075705.jpg
本日のサラダ・・だったかな?
モルタデッラが敷き詰められた下にはふわふわベビーリーフがいっぱい。
b0089578_10080156.jpg
ラムもも肉のグリル
以前は肩肉を使用していたそうですがもも肉に変えたそうです。
脂身やスジが少なく柔らかい、付け合せはホワイトアスパラに茸のトリュフのペースト。
b0089578_10080652.jpg
香草パン粉がかかったイワシのパスタ
ニンニクの香りたっぷりのオイル系パスタ、上にはサクサクのパン粉がけ。

気軽なおつまみからがっつり肉料理まで色々楽しめる多様性なイタリアン、
カウンター好きの我々は次回空いていたらぜひそちらで楽しみたいッ!夜遅くまで営業しているのも魅力的。


by sukatan_queen55 | 2019-05-11 23:08 | 石川(金沢) | Comments(2)

金沢(泉野町):Pizzeria quercia(ピッツェリア クエルチャ)でランチ oishii

b0089578_11441590.jpg
今年のGW、私は会社員なので普通に10連休なんですけど、
夫の方は仕事がありいつもに増して忙しいので、遠出が出来ず早めに終わった時にランチをする程度。

そんな早めに終わった日のランチは泉野町にあるピッツェリア、Pizzeria quercia(ピッツェリア クエルチャ)
以前、週末にふらっとランチに立ち寄ったら満席だったので、今回は電話予約してから行きましたよ。

ランチ(1,200円)サラダ+ピッツァorパスタ+デザート+ドリンク
選ぶメニューによっては追加料金が発生しますが、そこは食べたいものを食べるで決定。
b0089578_11441972.jpg
最初にきたのはサラダ、セットの1人分にしては中々量があって嬉しい
b0089578_11442315.jpg
前菜盛り合わせ(3種)
別で追加した前盛り、生ハム、フリッタータ、カポナータ。
ひんやりしたカポナータにはコクがじんわり、1つだけ注文してシェアして食べました。
b0089578_11442785.jpg
揚げ茄子とアンチョビのマルゲリータ
2人いるのでピッツァとパスタを選んでシェア、シェアだとどれを頼むかで譲る譲らないの一戦が始まる。
こちらはマルゲリータに揚げ茄子とアンチョビをトッピングしたもの。
フレッシュなトマトソースにモッツァレラチーズとバジル。

端っこがふわっと膨らんで重たくなくって、もっちりした生地が美味しいです。
壁にピッツァ正式な食べ方が貼ってあり、ナイフとフォークでくるくる巻いて食べる。
こうやると真ん中と端の部分が一緒に食べれていいのよね。
b0089578_11443540.jpg
自家製サルシッチャとブロッコリーのオイルソーススパゲティ
パスタはオイルベースとトマトベースで迷ったけれどピッツァがトマトソースなのでこちらを。
サルシッチャは腸詰する前のソーセージの状態で、噛むごとに肉肉しさがほとばしるっ
b0089578_11443939.jpg
スフレチーズケーキ
追加料金なしだと「今日のひとくちドルチェ」なのですが、やはり好きなものを指名注文。
b0089578_11444427.jpg
パンナコッタ
なめらかでふるふる、他にはティラミスやガトーショコラ、アフォガードなど。
b0089578_11444869.jpg
カフェラテ

壁の黒板に書かれていた旬の食材のメニューは夜専用ね、きっと。
メインも含めて夜も伺いたいです。休日ランチはやはり電話かけるのが無難ですね。


by sukatan_queen55 | 2019-05-03 23:45 | 石川(金沢) | Comments(2)

金沢(此花町):CASA(カーサ)イタリアン oishii

b0089578_10564754.jpg
4月中旬に去年の6月に金沢駅近く別院通りにオープンしたイタリアン、CASA(カーサ)に行ってきました。
イタリア・ローマ近郊リエティ出身のシェフ、マテオさんと奥様のシルビアさん
イタリア人ご夫婦が営む「懐石+会席」および「割烹」スタイルで楽しむイタリアン。

シェフはロンドンに移った後に料理の修業をされていて、
提供されるお料理は生まれ育ったイタリアの食文化と創造性を組み合わせたモダンイタリアン。

公式ページは「CASA ITALIAN KAISEKI KAPPOU」、
懐石・会席や割烹と聞くとどうしても和の要素が入ってるイメージがありますが、
色んなお料理を少しづつ楽しむコース料理スタイル、というのを表現したかったそうです。

お2人が世界各地を旅する中で日本での出会いや金沢という土地を気に入ってくれて、
ここで自分たちのお店を開くことを決意したそうです。
b0089578_10565238.jpg
席はオープンキッチンに対面した大理石のカウンターにテーブル席が幾つか。
月替わりのコースは2種類で今回は上のランクのコースにしました。
b0089578_10565763.jpg
自家製フォカッチャ、しっとりとして噛むごとに塩気がじんわり効いて美味しい。
b0089578_10570182.jpg
アミューズ的な最初の1口は
サーモンの皮の上にタラとポテトのブランダードみたいなものとカモミールの泡のスナック
b0089578_10570456.jpg
ビーツとサーモンのマリネ、白い器の中に咲いた一輪のバラの様。
ゆっくり時間をかけて火入れしたというビーツはあの特有のクセは殆ど感じられずほんのりとした甘み
間にブラッドオレンジドレッシングでマリネしたサーモン。
オレンジとサーモンの組み合わせはシシリーの伝統的スタイルなのだそう。
くるくるとしたピーテンドリルがまた可愛い♡
b0089578_10570980.jpg
この斜めに突き刺さったようなパリパリとしたものは、サルディニアの伝統的なパンだそう。
検索するとどうも「カーネカラザウ」というパンで羊飼いの保存食で歴史は大変古い。
でちょっとアクセントに昆布パウダー、横には春らしくクレソン。
下は鰹とパプリカとケイパーの刻んだソースが隠れていました。
b0089578_10571767.jpg
見た目がスライダーっぽい小ぶりなサンドウィッチ(パニーノ)
お肉は能登豚やトリュフ、ハニーマスタードなど小さいけれどかなり濃厚で一気にうま味がドーン!
横には林檎のサラダ

b0089578_10572229.jpg
ひよこ豆のスープの中にはほうれん草のニョッキに蛤、炙ったひよこ豆
スープとひよこ豆のソースをすくって、色んな食感を味わう中に漂うローズマリーの香り
ローマのクラシックなお料理だそうです。
b0089578_10572655.jpg
イタリア・トスカーナのバジーレ社の赤ワイン、有機栽培でCCPBの認証を受けています。
b0089578_10573150.jpg
焼かれた桜鯛にカラスミ風の卵黄やパン粉、アスパラガスなどを散らして。
発酵したアスパラガスと魚の出汁のソースで。
付け合わせはワイルドネギ。
b0089578_10573642.jpg
脂身の少ない赤身の牛肉はしっとり、ラディッキオ、葉にんにくのソースとレモンの皮
b0089578_10574117.jpg
デザートはホワイトチョコのパンナコッタにイチゴのソースとアーモンドクランブルを敷きつめて。
白イチゴとマイクロレモンバームにナデシコの飾り。

イタリアの伝統的手法を用いてシンプルさも感じられるが、それでいてモダンで味付けは繊細で美味しいなぁ、と。
変に懲りすぎてもいないしナチュラルで穏やかな美味しさ、何が違うかってのは表現しにくいけど、
イタリアで生まれ育って細胞レベルで感じ取っている情報量は日本人とは比べ物にならないほど違うからか、
細かい感覚的なものが食べていておおっ!おっ!とか思うんですよ、私の表現がよく分かりませんが。

お2人は日本語はそこまで堪能ではありませんが、お料理の説明他コミュニケーションなどは問題なさそうですし
日本人スタッフも1人いらっしゃるので不便はないかと(予約の電話も日本人の方が応対されていました)
英語が話せる方ならよりシェフとの会話も弾み楽しい時間を過ごせるかもです。

今回は夫が殆ど会話をしていて英語が不得意な私はあんまり参加できず、こういうのは勢いってのもあるのですが。
でもそんな事は関係なくホスピタリティがあって温かな笑顔で迎えてくれます。
ぜひ季節ごとに再訪したいお勧めなお店です。


by sukatan_queen55 | 2019-04-20 23:58 | 石川(金沢) | Comments(0)