人気ブログランキング |

タグ:居酒屋・ダイニング ( 219 ) タグの人気記事

金沢(片町):旬楽(しゅんらく)炉端焼き oishii

b0089578_15243777.jpg
去年の12月13日に片町にオープンした現代版屋台村、とおりゃんせ KANAZAWA FOOD LABO
片町の小橋菅原神社の参道に9席ほどの小さな飲食店が軒を連ねる2階建ての建物。

2年以内という短期間のテナント契約で提供することで、
新業態を始めてみたいという人たちにはうってつけの実験の場所になる。

電子マネーやカードのみの「キャッシュレス決済」と支払いも特徴的な屋台村にやっと行ってきました。
ガラス張りでスタイリッシュだけどそこは屋台村、ふらりと立ち寄るつもりで気軽にいける雰囲気。
b0089578_15244237.jpg
伺ったのは2階、輪島直送の干物を味わえる炉端焼きの店、旬楽(しゅんらく)
コの字型のカウンターに8、9人ぐらい座れるスペース。
干物の他には野菜の炉端焼き、お造りや牛肉のタタキ、珍味等1品料理もあります。
b0089578_15244603.jpg
春の旬である竹の子と牛肉のタタキを頼むと、目の前のカセットコンロで炙ってくれます。
自分のペースで炙って食べるパターンと、店主さんが頃合いをみて手を加えてくれるパターン2つ。
b0089578_15254245.jpg
炙った空豆ってシンプルだけど、青い香りが鼻をくすぐって豆自体の味が好きなのだ。
b0089578_15245140.jpg
先ほどの炙った和牛をカットしてくれた牛肉タタキ。
脂のノリ具合と柔らかさでうんまい、お勧めと言っていただけあります。
b0089578_15245583.jpg
お酒はビールやチューハイを飲みつつへしこをツマミながら干物が焼きあがるのを待つ。
輪島直送の干物はフグ、他にはカレイ、メバル、サバ、蛤など。
b0089578_15250022.jpg
焼きあがったホクホクの竹の子、熱々をいただきながらほっこり。
色んなテーマのお店が揃っているので、機会があればハシゴで巡ってみるのも楽しそうです。


by sukatan_queen55 | 2019-04-14 22:54 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(香林坊):金澤もんよう(居酒屋)で「飲み陶芸」

b0089578_14583477.jpg
3月上旬、香林坊せせらぎ通りの居酒屋「金澤もんよう」で開催された「飲み陶芸」に参加してきました。

「飲み陶芸」とはっっ!!金澤もんように陶芸家の先生が道具一式を持ち込み、
飲み食いしながら本格ろくろ体験が出来る陶芸体験、つまり「出張なんでも陶芸団in居酒屋」。
初めての人でも暗闇の荒野に作るべきオリジナルの焼き物を生み出すことが出来るのだ!!

とまぁ、毎月もんようさんでお酒を飲みつつ美味いもん食べながら陶芸!?と
楽しそうながらよく分からないイベントが行われていたので参加してみたくなった訳です。

器の製作はがろくろか手びねりで平井悠一先生指導の下、
1個1500円、2個目からは500円で何個でも時間の許す限り作成できます。
ろくろは1つしかないので、順番がまわってくるまでカウンターでお客さんして待つのである。

赤いサングリアとお通しである鮮魚のスパイス白和え
お刺身にスパイシーな豆腐の白和えという新鮮な試みは中々イケる。

以前、某インド料理屋に生の魚とスパイスで和え物は出来るかと聞いてみたところ、
生の魚は食べないという回答が返ってきたので自分の店で作ってみたという。。。
b0089578_14583865.jpg
自家製コロッケ
既に味が付いているのでそのままでも美味しいじゃがいもがホクホクなコロッケ。
b0089578_14584477.jpg
牡蠣のグラタン
牡蠣フェアもやっていたのでグラタンを1つ。
b0089578_14584848.jpg
ホタルイカのチャーハン
もしかしたらこの店で一番好きかも・・こらっ!ホタルイカにキノコ、ベーコン、玉子と具だくさんのチャーハン。
毎回食べてしまいます、中々量があったので1人でいきなり全部食べられず、ちびちび分けながら。
b0089578_15244981.jpg
以前、栃木の益子で陶芸体験をした事があるが、10年もっと前なので経験はないに等しい。

さらにアルコール摂取でほろ酔い気分の手元に立ちっぱでろくろ、
しかも、なぜか私が陶芸し始める時間帯にBGMがデスボイスのヘビメタに変わる。

お、落ち着かなぃいいいーーーー!!

しかし、そんな雑音もものともせず、ここで発揮するのはヨガで鍛えた鋼のメンタル、
目をつぶると集中力が高まるアレ(ろくろ中は目はつぶらんけど)

そして平井先生が優しく指導してくださるので初心者でも大丈夫ですよ。
b0089578_14594940.jpg
左の形を参考にしてろくろで作成した器。
あぁ、いいですね~いい感じです、と褒め上手な平井先生に支えられ緊張もなく無事に1つ目完成。
b0089578_14595425.jpg
もう1つは平皿、違う形が欲しかったので。
ここで作った作品は先生が持ち帰り、やすりがけや高台の処理を行い釉薬をかけて焼き上げ
次回の開催日に仕上がってくるそうです。
あー楽しみ。

もし次回参加するとしたら、素焼きにしてもらって絵付けかな?
ぐはっ難易度高そう・・・



by sukatan_queen55 | 2019-03-20 22:25 | 石川(金沢) | Comments(2)

金沢(中央通町):大衆割烹 魚園(ぎょえん) oishii

b0089578_14342770.jpg
2月のある平日の夜、突然無性にお魚が食べたくなる症候群。
新鮮な魚介を使った料理とおばんざい、名物の釜飯などいつも選ぶメニューに困ってしまう大衆割烹 魚園

入店すると丁度知り合いが1人飲みしていたので、同席させてもらって動物占いペガサス3人横並び。
まずは柚子酒ロックとお通しはイワシのつみれ汁、ふんわりしたつみれに茗荷でさっぱり。
b0089578_14343414.jpg
お造り盛り合わせ
寒ぶり、甘海老、生たこ、サヨリ、かわはぎ、赤イカ
冬の北陸の旬なお刺身たち、クセのない脂の甘みの鰤美味しっ
刺身醤油にはカワハギ用の肝醤油と2種類用意されていました。
b0089578_14343944.jpg
たこのから揚サラダ
飽きない絶品おつまみ蛸のから揚げが入った和風のサラダで野菜ももりもり食べられる。
b0089578_14344311.jpg
五郎島金時天プラ
カウンターの器にのせられている天ぷらは低温でじっくりと揚げられたもの。
高温でサッと揚げると周りの衣がカリッとして中がほくほくお芋が甘い♡
b0089578_14344703.jpg
ころ柿とぶりへしこのクリームチーズ最中
JR長野駅のお土産コーナーで買ってきた干し柿バターが確実にハマる味と言う話をしていたら、似たのありますよ、と。
おすすめメニューの最後によく見ると「逸品」としてこのメニューが。
サケマルシェにも提供されていた逸品、干し柿の凝縮した自然の甘みとクリームチーズのまろやかさ、
へしこの独特の旨みがアクセントになって絶妙!何個でも食べられるぞ~。
b0089578_14345185.jpg
能登かきとごぼうの釜
魚園の釜飯はほんど種類が多くて、季節の釜飯を入れるとざっと15種類位!?
うなぎ、地鶏、たこ、五目と定番はあれど気になるのはやはり季節もの、ぜひ〆に食べてもらいたいです。
注文から40分程かかり香物と味噌汁が付いてきます。
b0089578_14345634.jpg
寒い冬にこそ味わいたい牡蠣から出る旨みと根菜の力強い香りがしみ込んで、お米がほくほくして美味しい。

味わい溢れる筆文字メニューは魚介メニューを筆頭に地物野菜を使ったもの色々、
お通しからどれを食べてもいつも美味しくて定期的に通い詰めたくなるお店です、というか定期的に通います。
もっと詳しく書いてあります→去年の1月の記事



by sukatan_queen55 | 2019-02-19 23:35 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(香林坊):金澤もんよう(居酒屋)で新年会! oishii

b0089578_14082367.jpg
1月下旬、このブログを始めてから(前のも含めて)ずっと親交のあるのりさんの金澤もんようで友人たちと新年会!
旧・割烹勝一時代に毎年開催していた白子祭りも、ここでは季節限定祭りとして誰でも注文できるようになってる。

ここ最近は飲み食いしながら陶芸する「飲み陶芸」という何ともらしいイベントを頻繁に開催している←まだ未参加
創作好きの為、お店のあちこちに不思議グッズが飾られ&販売されているという独特な居酒屋さん。

今回は昔からのりさんを知っているのにお店に行ったことなく不届者呼ばわりされている友人を連れていきました、笑
ジャンルにとらわれず和洋折衷色々あるけれど、特徴的なのはお砂糖不使用なこと。
甘みにはてんさい糖、ハチミツ、味醂を使用していて、店内は完全禁煙。

オープン時から比べるとドリンクメニューがものすごく増えていて、ノンアルカクテルもあるので運転手係はもちろんそれ。
前日から始まった赤いお通しは、お刺身と野菜、ドレッシングも全て赤い(梅とカシスのドレッシング)
陶器のちんあなご調味料入れが可愛いかったので一緒に写してみた。
b0089578_14082969.jpg
「皆揃ったので白子酒で乾杯だ!」と出してきて白子酒、でもこれはノンアルコール。
いわゆる白子のすり流しで白子のコク入りまくりの温かいお汁。
そしてこの片口(のりさん作)、山から流れ出る川のように曲がりくねっているのだが、注ぎ角度を勢いつけ過ぎると溢れる、笑
b0089578_14083546.jpg
エイの肝
エイの肝・・生なのでお魚のレバ刺し状態、トロンとしてこれは新鮮じゃないと味わえないね。
そして器もエイ(のりさん作)、肝を食べ終わるとフェルメール似の絵が出てくるというシュールなギャグ付。
b0089578_14084099.jpg
白子酢
冬が楽しくなるメニュー、いつでもどこでも白子酢は永遠に不滅です。
b0089578_14084572.jpg
ナマコ酢
全国でも定評がある能登のナマコ、適度な食感と磯の香り。
b0089578_14085246.jpg
お刺身盛り合わせ:天然ぶり、かます、甘海老
b0089578_14085918.jpg
ヨーダの脳みそ(白子の味噌和え)
キター!!ヨーダの頭の蓋をパカッと開くと、白子の味噌和えが登場。
ビジュアル的にはまんま脳みそ、うん・・この白子が入った現物を実際に見てみたかったの。
もちろんこの器ものりさん作、これを頼んだら他のお客さんはこの器が空くまで注文できないらしい、笑
白子の味噌和えはお酒のつまみ的な味付けです。
b0089578_14090450.jpg
タコの天ぷら
b0089578_14091140.jpg
牡蠣の松前焼き
b0089578_14091679.jpg
生ハムとクルミのサラダ
b0089578_14092377.jpg
バイ貝味噌
軽く炙ったバイ貝に味噌とナマコから出た海鼠腸を混ぜこんだ酒の肴シリーズ、これだけで3杯飲める通もいるとか。
柚子の香りがするので意外にさっぱりもしている。
とげとげ器ものりさん作、器を持ち上げるのには向いてない。
私も中学の美術の時間に陶芸をしたことがあるが、人の顔をした形のペン立てを作って、
口の中にペンを入れるとか不気味な作品作っていたんで似たようなものかな...
b0089578_14093039.jpg
元祖焼き天:タコと牡蠣と蓮根
元祖って何?と思ったら、天婦羅を揚げるのではなく焼く天ぷらの元祖なのだとか、発想がとか。
味付きの焼き天は香ばしくて見た目より(失礼)とても美味しかったので家でもやってみようかしら。
b0089578_14093536.jpg
魚の南蛮漬け
この器ものりさん作なのだけど一番好きかも。
流れるような蛸の動きと色合いが渋くて、形も真ん中に仕切りが付いているという。
b0089578_14094162.jpg
和牛のやわらか煮込
b0089578_14094786.jpg
豚ロースの西京焼き
ここで何度か注文したことのある豚の西京焼き、ほんのりした甘味の味噌が豚を最強に旨くする。
b0089578_14095336.jpg
イカ・タコ・明太子のドリア飯

最新の〆オーダー、具は海老、白子、牡蠣、チキン、ポーク、ビーフ、かに玉から、
ご飯はホットチリトマト、スパイシーカリー、麻婆チャイナから組み合わせて作る「居酒屋ドリアメシ」。
今回の具はアレンジで烏賊・蛸・明太子にしてもらって、ご飯はホットチリトマト。
洋食屋さんっぽくてガッツリきてお腹いっぱい。
変に手間がかかるので忙しい時には頼めないそうですが、グラタンソースがツボなのでお勧め。

カウンター純情派は4人並びでお客さんが誰もいなくなるくらい粘って長居してました。
沢山食べて飲んだってのもあるけどね、楽しく美味しい時間をありがとう!
飲み陶芸もいつか参加できれば・・・。


by sukatan_queen55 | 2019-01-30 23:10 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(橋場町):a.k.a.[atelier kitchen for artisan](アーカ) oishii

b0089578_16305152.jpg
まだまだこのブログではクリスマス前、丁度クリスマスにかかる3連休の土曜日。
日中はホームパーティーの仕込みと掃除で明け暮れ、ご近所のa.k.a.(アーカ)で夜ごはん。

シェアホテル・HATCHIの1階にある和食ダイニング。
朝食や旬の懐石コース(前日までの完全予約制)を提供しているが、
実はおばんざい料理や季節の1品などの単品アラカルトメニューも揃っているので、普通に居酒屋さん使いできるんですよ。
テーブル席の利用はもちろんだけど、2人ならば私のお勧めはカウンター。
b0089578_16305636.jpg
乾杯はスパークリングワイン。
付き出し「ジャスミンで炊いた金柑、能登牡蠣のオイル煮、もずく酢」
牡蠣のオイル煮が胡麻油漬けの生姜風味で爽やか、山椒の葉が添えてあるところも和の要素。
翌日に早速パーティー用に適当に真似して作ってみました、同じにはならないけどそれなりに。
b0089578_16310153.jpg
和ローストビーフ
周りから和タレがしみ込んだ赤身肉が柔らかく美味しい。
和の風味に加えて噛みしめると肉のうま味が伝わってきて塊肉で持ち帰りたかったほど。
b0089578_16310754.jpg
a.k.a.ぜいたくサラダ
ベビーリーフに水菜などの野菜たちの
鴨のロース炙りにレンコンや人参のチップを散らした贅沢サラダ
b0089578_16311306.jpg
白子松前焼
白子天ぷらもありましたが珍しく松前焼など。
昆布の出汁を含ませた白子にはたっぷり酢橘をかけて。
b0089578_16311814.jpg
鰤たたきおろしポン酢
さっぱりとしたおろしポン酢がかかった脂ノリノリの鰤たたき。
甘い脂がとろんと溶けてめっちゃうま、鰤好きには冬は最高の季節ですね。

b0089578_16312350.jpg
輪島のハイディワイナリー相承(白)のグラス
b0089578_16312853.jpg
すき焼き風にゅうめん
〆は季節の土鍋炊き込みごはんがあったが、何か麺あります?とリクエスト注文に応えてもらいました。
あっさりめorこってりめと聞かれて、こってりを選んだ答えがこちら。
牛肉と玉子と玉ねぎを甘辛いタレでとじたすき焼き風にゅうめん。
タレと肉の旨みがスープにも溶け込んでこれも美味しかったー。

魚介と肉料理、地野菜をお酒と一緒に楽しむ、前回お会いした常連さんにもバッタリ。
イベントも多数開催していますが、ふらっと立ち寄って食べられる1品があるところもお勧めです。


by sukatan_queen55 | 2018-12-27 23:26 | 石川(金沢) | Comments(2)

金沢(香林坊):ルロワと満月とワイン(アジア・エスニック料理ダイニング)

b0089578_16142867.jpg
年末も押し迫る中、夫の仕事の女子スタッフオンリーの忘年会が香林坊でありました。
夫と私は仕事は別なので彼女たちといつも会っているわけではないが、たまにお手伝いをしているので参加。
今回は初対面の人もいたりしてワクワク、場所はせせらぎ通りのルロワと満月とワイン

スパイス&ハーブを使用したエスニック料理を中心としたワインを始めあらゆるお酒が楽しめるスポット。
エスニックだけではなくイタリア・フレンチなど様々なエッセンスが混ざったメニューが魅力。

照明を落としたシックでお洒落な雰囲気は女子会にぴったりですが、ネクタイリーマンの団体様もいましたよ。
前回は女子3人でカウンター占領していましたが、今回は5人で1テーブル。
b0089578_16143539.jpg
「姫リンゴとローズマリーのジントニック」は林檎とハーブの香りがさっぱりとした味。
私的にはハーブを使ったちょっと違う角度から切り込んだオリジナルカクテルがお勧め。
桃とバジルの白いサングリア、ジャスミンのサングリア他。
b0089578_16144096.jpg
満月ポテトサラダ
ポテトサラダの周りにひき肉が取り囲み一番上には味付きの卵黄、なるほどこれが満月か。
凝縮された卵黄と一緒にポテサラをいただくと一層コクがでる。
b0089578_16144502.jpg
満月餃子(焼)
餃子は焼き餃子と水餃子があるのだけど食べ易さから全て焼きに。
とは言え、満月は両方、鶏しおは水、ラム肉は焼きがお勧めと書いてありました。
豚肉とキャベツベースでにんにく不使用、自家製鶏ガラスープなどの無添加ジュレが入ってます。
b0089578_16145270.jpg
鶏しおレモン餃子(焼)
胸、もも、せせりの3種を使用してレモンの果汁と皮で仕上げ、にんにく不使用。
鶏の味が分かりやすくさっぱりした味なのでタレも2種あるけどさっぱりめの方で。
b0089578_16145784.jpg
ラム肉餃子(焼)
仔羊のもも肉ににんにく、ローズマリー、タイムを使い、クミンと一緒に焼き上げたラム肉餃子。
クミンの香りとラム臭でパンチがあるので好き嫌い分かれますが、エスニック好きならばぜひ。
羊肉ラバーな私はもちろんこちら押し。
b0089578_16150532.jpg
冷製ホタテのパクチージェノベーゼのマリネ
ホタテのお刺身に紅くるり大根、コリンキー、ピンクペッパー、ディルなど。
パクチーをジェノベーゼしたソースって結構インパクトあります。
パク女は家でもやろうかな....
b0089578_16151031.jpg
アン・ポワン・セトゥ
フランスの白ワイン(ソーヴィニヨンブラン、セミヨン)のグラス
b0089578_16152144.jpg
フレッシュハーブのスウィンギングポテト
これ前回も食べたけれどお勧め、どうやってカットしているか不明だけど、
ネジ状にグリングリンした形のポテトフライ。
美味しさは揚げニンニクとフレッシュハーブにもあるけど、多分この太さ加減もじゃないかと思っとります。
細すぎず太すぎずカリッとしながら微妙なポテトのやんわり感が残ってる感じ。
b0089578_16153156.jpg
エビまるごと蒸し餃子
これで餃子メニューを全部制覇、大判の皮は自家製だそうです。
海老が丸ごと入ってエスニックなピリ辛ダレでいただきました。
b0089578_16153949.jpg
白子のムニエル・岩のりのソース
ナスタチウムをあしらった白子のムニエルに磯の香りいっぱいのソースがよく合ってます。
b0089578_16154548.jpg
生ハム ハモン・セラーノとフルーツ(金柑)
2回目の注文はお酒が進むメニュー、最初に戻ってみたいに酒のアテばかり。
b0089578_16155353.jpg
「エルダーフラワーのモヒート」はフルーティーでやさしい香りがした
b0089578_16160025.jpg
鴨のロースト・胡桃味噌と金柑のピクルス、こちらも面白い組み合わせで美味しいです。
そうこうしている内にラストの〆が入らなくなるほど満腹になってしまった女子(いや半熟女かな)たち。
土鍋カオマンガイを食べようと思っていたのに残念っ

季節感やトレンドを取り入れたオリジナルメニューや店主さんのお洒落な世界観が私好みです。
しかし笑っちゃうほど個性的なメンバーばかりだったなぁ、楽しかったのでまた宴会しましょう。


by sukatan_queen55 | 2018-12-26 23:21 | 石川(金沢) | Comments(2)

金沢(主計町):空海(居酒屋)・朗読劇「LOVE LETTERS(ラヴ・レターズ)」

b0089578_14534186.jpg
12月8日(土)、9日(日)の2日間、尾張町の金沢文芸館にて、
朗読劇「LOVE LETTERS(ラヴ・レターズ)」A.Rガーニー / 作が開催されました。

アンディ―とメリッサ、幼馴染の男女が50年もの長きに渡り交わされた手紙を
老読者である2人の男女が台本を読み上げていくというシンプルな舞台構成ですが、
世界中で上演され様々な役者さんたちによって演じられ愛されている作品です。

金沢文芸館でラヴレターズが上演されるのは今年で5回目。
実は9日(日)の読み手の1人であるメリッサ役を私が演じていました。
思い切り事後報告ですけど(笑)

お話をいただくきっかけとなったのは、昨年のラヴレターズでメリッサ役を演じた友人の打ち上げに参加した際、
会話の中で私が演劇部だったというくだりを主催の方が記憶されていて、8月に白羽の矢が立てられたというわけです。
演劇部の活動や舞台に立っていたのは中学の頃なので、少しブランクがあり過ぎでしたが
声だけで物語が紡がれるという舞台は中々体験できないことなので引き受けることにしました。

昨年の上演に参加していたのでストーリーは知っていたのですが、
アメリカの作品故、知らない地名が各所でどんどん出てくるので、まずは地図を見ながら各地名を認識。
登場人物2人は典型的なWASP(ホワイトアングロサクソンプロテスタント)出身ということで、
そのエリート支配層による価値観や寄宿舎生活や舞踏会など文化的な風習などアメリカ社会の様々な事も垣間見え勉強になる。

8、9、10月はまだ余裕でいたのですが11月に入り押し迫ってくると段々不安になってきて、
時折引き受けたことを後悔しだしたりしてましたが(諦めが悪い、笑)、
読み合わせ会の時に、交わされる台詞の中ではっきりとは書かれていないけど、
想像するにあったであろう出来事を教えてもらって、また自分の中でのメリッサの表現の解釈を積み上げていきました。
b0089578_14534707.jpg

自由奔放で芸術家肌のメリッサが環境の変化から次第に精神を病んでいく。
最後の心の拠り所は幼馴染であり恋愛対象であったのにすれ違い再開後にようやく結ばれたアンディだけ。
そのアンディも社会的立場や家庭があり最後は悲しい2人の結末へ。

上演当日は終わってみれば不思議と緊張することもなくメリッサを演じることが出来ました。
アンディ―役は不動なのですがメリッサ役は毎回変わるので演じる方によってその人なりのメリッサが色付けされていく。
私なりに演じたメリッサは来場者たちにどう映ったのでしょうか。

中学の時は放課後に学校の屋上で発声練習をしたり部室で台本読みしていたものです。
そんな記憶を掘り返しながらこんな素敵な作品に挑戦する機会を下さって感謝しています。

当日この舞台にご来場くださった皆様、ありがとうございました。
私と共に相手役を務めた水上 猛之さん、ピアノの清水史津さん、スタッフの友人もお疲れ様でした。

追記
実は当日のお昼過ぎに自宅で食べていたボンタンアメが歯にくっ付いて仮歯が取れてしまうという悲報が。
まさにこのムンクのしおりの様な心情になりましたが、とりあえずはめ込んでも落ちないのでそのままにして。
舞台で話す時に歯が抜けているなんて洒落にならないですからね。
後から打ち上げで思い切り笑いを取れましたけど、最後は笑いで〆るスカタンです。
b0089578_14535165.jpg
上演終了後、関係者と来場していた友人たち、さらに仕事後に駆けつけてくれた友人と、
「ラヴレターズ打ち上げ会」は主計町の居酒屋、空海(くうかい)
実は去年もここでした、金沢文芸館の近くで日曜営業、遅くまで営業していると言ったらここしか思いつかない。
しかも、メニューのジャンルも品数も豊富過ぎるほどで、冬は魚介を使ったメニューがお勧め。
b0089578_14535623.jpg
合鴨ロースのオレンジソース和え、麻婆豆腐、バイ貝の糀漬け、イクラの醤油漬け、
蕪と鰤のサラダ、タイ風さつま揚げ、里芋揚げ出し、生麩のゴルゴンゾーラ揚げ、メンチカツ
写真ないけど、フォアグラ味噌漬け、ナマコ酢、クリームチーズのおかか和え、大根はりはり漬け

10人もいるもんだからテーブルの端っこの人がほぼ好きな注文をして、
時折エスニック好きな人が食べたいメニューをリクエスト。
バイ貝糀漬けと生麩のゴルゴンゾーラはアイディアと旨さに唸った。
b0089578_14540114.jpg
ラオス風チャーハン、雲丹のパスタ、アワビの肝のパスタ、汁なし甘海老ソーメン
どれも各2、3皿づつ頼んでいるのに手際よく出てくるのがすごい、パスタも美味しかったな~。
お隣には旅館や近くに宿泊施設もあるので主計町の町屋で趣きありながら気軽な居酒屋メニュー、お勧めですよ。


by sukatan_queen55 | 2018-12-14 22:54 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(米泉町):食三丁目(居酒屋)「3丁目ランチ」 oishii

b0089578_10144683.jpg
10月末に立て続けに遠出していたら、ゴゴゴッとあっという間に体重が増えました。
痩せるには時間がかかるが太るのは一瞬、でも付いたお肉はすぐに行動すれば元に戻る。

ランチの量を大幅カットしたり激熱ホットヨガにサウナ~で大分元に戻ってきたぞ。
用事があり早退した日のランチ、ラーメン&カレーの2選択に最近は定食もプラスされてきました。

ランチで向ったのは食三丁目、お昼の定食が評判な家庭的な居酒屋さん。

帰り道に押野から有松の途中で鉄道を立体交差でくぐる道、あそこは夕方いつも渋滞するので、
米泉町の住宅街に入って西金沢方面へと抜け道を通ることが多い。

その米泉町の住宅街にポツッと普通の住宅と同じ様に並んでいるので見つけにくい。
駐車場は3台ほどあるが席数は23席あるそうだし、ご近所さんか徒歩の人が多いのでしょう。

ランチはメインが選べて、お刺身・小鉢3品・ごはん・味噌汁・香の物付。
この日は塩サバ焼、とり唐揚げ、とり南蛮、カレーコロッケ、メギスフライ、サバフライ:900円
えびフライ、ひれかつ:980円

・3丁目ランチ(メイン:とり南蛮)*ごはん少なめ

新宿の宮崎アンテナショップで、鶏南蛮のタレとタルタルソースを購入していたので頭はとり南蛮に染まっていた。
ごはんの盛りは少なめにしてもらいました、普通盛りはもっと多くてお代わりできるそうです。

揚げたての鶏南蛮には自家製タルタルソース、ポテトサラダと野菜。
お刺身は甘海老、鮪、ブリなど4種類
人参や冬瓜、ひき肉がはいったあんかけの煮物
青梗菜とパプリカの炒めもの
大豆、きゅうり、人参などのコロコロ野菜の和え物
昆布の佃煮、お味噌汁、ごはん

お肉やお魚でタンパク質しっかりなのに野菜の品数が多くて、バランス良くボリューミー。
サラダにかけるドレッシングが人参・玉ねぎと玉ねぎ・しょう油と二種類あって、自家製なのがまた身体に優しい。
味も自然な野菜の甘みが感じられて美味しいー特に人参・玉ねぎ。

お茶も急須で出してくれて中身はアカネ茶?お店の人も優しくてホーッとします。
お手頃価格で家庭的な定食でお腹いっぱい、また食べにきます♡


by sukatan_queen55 | 2018-11-01 23:35 | 石川(金沢) | Comments(2)

東京(青物横丁):うなぎ 丸冨(まるとみ)で、うなぎ串焼き

b0089578_16285469.jpg
空港までの途中下車の旅、品川から東急本線・羽田空港行きで青物横丁駅で下車(急行止まります)。
初めての青物横丁は、駅前にはチェーン系飲食店や、横道に入ると個人商店がちらほら営業していて下町っぽい雰囲気。

お目当てのお店は大通り沿いを3分くらい歩いたところにあるうなぎ 丸冨(まるとみ)
お江戸に来る度にちょくちょく鰻を食べているが、うな重よりも鰻の各部位の串でちょい飲みする虜になっている私。

今回も東急本線沿線上に私の勘で何やら臭う店があるぞ!ということでわざわざ途中下車した訳です。
ネットの情報では16:30から営業となっていたので、電話をかけると予約は受け付けていないそうだ。

でもって16時頃には開いてるよ、と言われたので、まだ中で準備をしている16時前から
お店の周辺をうろちょろしているという、どこから見ても不審者?!

無事1番のりしてカウンター席の一番奥に座ると、ほどなくしてサラリーマン4人組、
常連っぽいおじいちゃんたちが入店して、12席ほどのカウンターは全て埋まってしまった。
b0089578_16285916.jpg
上にかかっているきも焼き、ひれ焼き、えり焼き、蒲焼きなどのメニューを見ながら、
まずは焼酎の水割りを頼み、串をお願いする。

注文する串の他にもテイクアウト販売もしていて、蒲焼だけ買いにきたりする人には小窓からはいっと、
飲んた後に鰻丼をお土産に買って帰る人もいる。

昭和生まれの憧れ、酔っ払いのお土産で鰻丼なんて持って帰ってきてくれたら嬉しいわー。
b0089578_16290315.jpg
肝焼き、串焼き、ひれ焼き
右側のひれ焼き、グルグル巻きっぷりが半端なくボリューミー、コラーゲンな脂と柔らかさで絶品。
真ん中の串焼きはうなぎの蒲焼きを串に刺したもので普通に美味しい。
肝もたっぷり串についてこんがり、噛みごたえがあって程よい苦味がクセになる~

途中、途中で水割りをグビッ、ぷはぁ~、これよ、これこれ!ウナギの串でちょい飲み最高。
b0089578_16290846.jpg
レバー
店主さんがレバーあるよ、と言ってくれたのでお願いします、と。
数量が少ないらしく上のメニューには見当たらない、壁に貼ってあったのかな?記憶なし。
肝は内臓(胃や腸)でレバーは肝臓のみ、レバーはさすがねっとりとして濃厚だわー
b0089578_16291293.jpg
えり焼き
えり=襟?首はないが首まわりの身でしょうか、
よーーく噛みながら食べるとその周りの身と脂がとても美味しいー
b0089578_16291678.jpg
あたま
骨あるからね、よく噛んでね、と何度か言われたあたま。
柔らかく処理してあるけど、骨はあるのでよく噛む、香ばしいね。
b0089578_16292268.jpg
蒲焼き
一通り串を食べた後、最後にうな丼を頼んでいるお客さんもいたが、ちょっとお腹の具合がお米が無理そう。
なので蒲焼きだけを頼んで、最後も酒のつまみ的にしてしまった。
これを数人で回しながら食べる、蒸してはあるようだけどこんがり焼かれていて弾力がある鰻さん。
濃い甘めのタレと共にうんまかった。

店主であるおとうさんがチェ・ゲバラのTシャツを着ていたので、
最初、それだけで一瞬おおっ!と圧倒されたが、
親しみやすくて遠い場所からよく来たねな感じで沢山話しかけてくれました。

ううむ、ここは気持ちよく過ごせたなぁ~娘さんらしき女性が赤ちゃんをおんぶしていてほっこり。
地元感溢れるアットホームさに美味しい鰻の串!こんな店好きだー
お昼時間は鰻丼のみの提供らしいのでやはり夜また串で一杯したいな。


by sukatan_queen55 | 2018-10-25 22:29 | 東京 | Comments(0)

金沢(此花町):うみまち酒場 夜木(よぎ)

b0089578_14575366.jpg
ラテアート教室やラーメンを食べに金沢駅近くの別院通り商店街はよく来るのですが、
奥の通りしか歩かないので気付くのが遅れて、行くチャンスを逃していたお店にやっと行ってきました。

2017年11月に金沢駅近く別院通りにオープンしたうみまち酒場 夜木(よぎ)
和食とイタリアンの経験がある店主さんならではの多彩なメニューが楽しめる居酒屋さん。

店内は白い壁とライトが照らす光がナチュラルな雰囲気で、カウンターの手作りの椅子にも拘りが。
予約していなかったので1階は満席でしたが2階が空いているいうことで上へ。
b0089578_14582201.jpg
2階は4人がけテーブルが6つと広い、最大24名まで貸切宴会もできるそうです。
窓際の色々なディスプレイの中に漁網を浮かせるガラスの浮き玉が海の街のイメージを彷彿とさせる。

アルコールはビール、ワイン、ウイスキー、梅酒、カクテル、日本酒、焼酎、食後酒に
ノンアルビールやワインもあるので運転手担当の時にはこれですね。

最初の1杯は手作りサングリア(白)、梨がゆらりと浮かんでいた。
b0089578_15030981.jpg
お通しは大和芋のさつま揚げ
濃い目の出汁に漬かったさつま揚げは温かくてもちもち

メニューは和風とイタリアンあれこれ、魚介類メニューがあちこちに目に入ったかと思えば、
お肉のローストや手作りソーセージなど食べごたえがある肉類も。

オーナーさんが宮崎県出身だそうで今回は食べませんでしたが、
養鶏場から直接取り寄せた宮崎地鶏のたたきがおススメだそうです。

メニューを選んでいる内にお客さんが帰ったそうなので1階の席に移動させてもらいました。
b0089578_15050051.jpg
ハモンセラーノとスモークナッツのシーザーサラダ
ベビーリーフ、チコリ、えんどう豆、金時草、トマト、お芋..他、沢山の種類が入ったボリュームサラダ。
上には自家製クルトンにハモンセラーノ、チーズとスモーキーなナッツの香りがアクセント。
b0089578_15340167.jpg
新レンコンの磯辺揚げ
新レンコンの食感がサクサク、塩とレモンでいただくと青海苔の風味が広がって。
b0089578_15050758.jpg
かんぱちのかま焼き
本日のお勧めと言われて注文、シンプルで美味しいザ・居酒屋メニューですね!
脂のってました。
b0089578_15051452.jpg
ジンベースのジンジャーエール
b0089578_15052074.jpg
うなぎと柔らかネギのだし巻き玉子
だし巻き玉子があると自動的に頼んじゃう、ふわふわの出汁の効いた出汁巻き玉子。
b0089578_15052611.jpg
秋刀魚とシシトウと甘いトマトのオイルパスタ
季節もの、具だくさんのオイルパスタは具材の旨みがしみ出たスープと共に美味しい。

2人で注文したら和とイタリアン半々になったけれど、もう少し人数揃えてバルっぽいメニューも食べたいし、
カウンターが居心地良さそうなので(カウンター純情派)お1人さまにももちろんいい。

何よりも白い壁のイメージと共に全体的な空気が商店街に新鮮な風をもたらしてくれる感じでした。


by sukatan_queen55 | 2018-09-27 23:05 | 石川(金沢) | Comments(0)