タグ:中華・ラーメン ( 435 ) タグの人気記事

神奈川(横浜・ 野毛・都橋商店街):華(中華スナック)で中国家庭料理「汁なしネギそば」

b0089578_16555027.jpg
今回、野毛に行くにあたり同じくこの地区に何度も仕事に訪れている友人から
「ぜひ行ってみてほしい店がある」と勧められたのは、大岡川沿いに並ぶ都橋商店街。

商店街とは言っても川に沿って長く続いてる2階建てのビルには、小さな酒場や料理店などが軒を連ねていて、
レトロでディープな雰囲気が魅力的な野毛のランドマーク的な存在なのだそう。

建物のまばゆい灯りと夜空との境界線が続く光景は何とも不思議ではあるけれど、
知らなければ初心者にとっては何処に入ればいいのかハードルが高い、地元民なら何度でも来れるけどね。

b0089578_16555782.jpg
階段を上がって2階にある「中華スナック」と友人が教えてくれた、華(はな)
1階はまだ店構えからどんなお店か想像できるのだけど、2階はドアの向こうが予想できない。
うん、これは教えてもらわなきゃ辿りつけなさそう、中国家庭料理が美味しいと人気の37年続く老舗の店。
b0089578_16560125.jpg
お店に入るとすでに先客が数人いて、L字型の9席のカウンターは私たちが座るとほぼ満席になった。
華のお母さんは生粋の横浜生まれで弟さんが崎陽軒の元総料理長だったそうですよ。
レモンチューハイを頼みつつ、お通しは木耳と鶏肉の煮物
b0089578_16560685.jpg
蒸し餃子
中国の辛子みそ、ネギ、パクチーが盛られた小皿、これを混ぜて水餃子を付けて食べる。
手づくり感満載のむちっとした皮の餃子にタレを絡めると、辛みのパクチーの味がふんわ~。
白菜とニラにほんのり生姜とにんにくの香りがして、おお、好きな味!
b0089578_16561057.jpg
ネギそば
汁なしのネギそばには青菜と中華ハムやパクチーが入っていて、オイスターソース入りのタレで仕上げてあるという。
サラッと和えてある感じなのにとっても美味しい、何でだろうなぁ。

おかあさんと会話を進めるうちにお店のお客さんとも話が弾んで、お隣のお姉さんは同じ2階でお店をやってる人だとか。
休憩時間?というか、おかあさんがいるこのお店に癒されにきたのだろうか。

おかあさん小気味いい返しとほっとする雰囲気、そして美味しい中華料理。
紹介してくれた友人の事もしっかり覚えていました、人の縁と人情でつながる輪!
いや~面白いわ、野毛、ほんっとに中々来れないけど、また再訪したい。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-03-18 23:36 | 神奈川 | Trackback | Comments(0)

神奈川(横浜・横浜中華街):中華第一家 杜記 (トキ)で刀削麺

b0089578_13525928.jpg
お昼もせっかくなので横浜中華街に戻ってきました。
王道とも言える有名店で食事してもいいのだけれど、やはり興味は路地裏の方へ。

今から20数年前に友人が一か月前から予約してくれて、山の様に食べた名店「海員閣」も路地裏だった。
お店の前を通ると看板が外されていて大ショック、代替わりに伴いリニューアルされるみたいですが、
あのノスタルジックな雰囲気が消えてしまうのは何とも哀しい。

今回は私がアンテナを張り巡らせた中から好きそうなお店をピックアップ、中華第一家 杜記 (トキ)
ここも路地裏にあるお店で刀削麺(とうしょうめん)が名物の四川料理のお店です。
b0089578_16553212.jpg
オープン直後でしたが既にお客さんが数人いて、お昼過ぎには満席になっているという繁盛店。
カウンターメインで奥にテーブル席が2つ、全体の色が黒っぽいので洞窟に入るような感覚!?
一番奥に陣取ったら丁度厨房が少し見える位置で、刀削麺を削って飛ばしている姿をチラ見。
厨房の中も運ぶスタッフさんの会話も中国語が飛び交ってます。
b0089578_13531158.jpg
・味付け押し豆腐
加圧して水分を除いた押し豆腐、味付けというからには何かに漬けてあるようで色が付いていて、
豆腐と言えば豆腐だけど少し淡泊なチーズっぽいような味できゅうりと和えてある。
パクチーも入っていて、注文時に「パクチー入ってます、大丈夫ですか?」と聞かれました。
すかさず「大好きです!」と返しを入れる。
ひんやりした豆腐と胡瓜にパクチーと前菜らしく、和えてあるタレが結構辛かったです、四川料理だしね。。
b0089578_13531645.jpg
・葱爆羊肉
中国語を理解していない私からすると葱爆とは何事?!爆破や激しいイメージしか思いつかないんですけど、
調理法になると油やお湯に高温の熱を通すだそうで、葱爆だと葱を加えて強火で瞬時に火を通す。
ん?やはりイメージ通りかな、出てきた料理はお肉も葱もふんわりとした状態の炒め物。
味は意外とシンプル、葱の香りが全体を覆っていて当然のごとく羊の味はするけど、臭いはしないかな。
b0089578_13531944.jpg
・四川水餃子
いかにも手作りっぽい水餃子の皮は厚めでもっちり、お肉がたっぷり入っていてジューシーな肉汁あふれる。
そして四川水餃子のタレがやっぱり辛い!
b0089578_13532429.jpg
・牛アキレス麺(牛筋面)
さすがに刀削麺が名物だけあって麺メニューが豊富、牛肉麺、坦々麺、麻辣麺、そして激辛がついた各麺メニュー。
頼んだのはは中辛の牛アキレス麺、コラーゲンたっぷりの牛筋の煮込み入りでパクチー添え。
うどんというかきしめんのようなモチモチッとした非常に食べごたえのある麺。
スープは赤いがそこまで辛くはなくお肉の旨みかな?があって、牛筋はプルッとしたコラーゲンの塊でやや甘辛い。
これまたパクチーがいい仕事しています、苦手な人には青菜に変更できるということです。

皆でシェアしましたがボリュームたっぷりでお腹いっぱい、
八角が効いた独特のスープがいかにも現地っぽくて気に入りました。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-03-16 23:48 | 神奈川 | Trackback | Comments(0)

神奈川(横浜・横浜中華街):謝甜記 貮号店 (シャテンキ)でお粥

b0089578_13431130.jpg
横浜2日目、中華街近辺に宿泊していたので折角だからと朝食もやはり中華街にて。
ここで朝食と言えば中華粥の人多いですよね、という訳で謝甜記 貮号店 (シャテンキ)

謝甜記本店の平日の開店時刻は10時だし、朝食タイムとなれば8時半から営業している二号店ですね。
以前、訪れた貮号店の場所は工場直売所になっており、現在はその斜め前に2012年に移転オープンしていた。

奥には円卓テーブルもあって綺麗な店内、平日の朝だというのに次から次へとお客さんが入店してくる。
行列とはいかないまでも結構混雑、朝食=お粥だとあと馬さんの店くらいしか記憶にないな。
b0089578_11520991.jpg

お粥がメインなだけに海鮮や野菜、肉類、モツ、貝柱など様々な種類があり、
台湾の朝食で豆乳と共に食べたこともある揚げパン(油条)や、点心もあるので、ランチタイムには品数追加したいかも。

・ういかゆ(五味粥)
私が食べたのは牛肉・豚肉・鶏肉・豚スネ肉・ピータンの5種類が入った「ういかゆ」、もれなくよくばりメニュー。
普通サイズがラーメンどんぶりくらいあるので、半分の中椀サイズにしました。
b0089578_13432000.jpg
運ばれてきたお粥は上に油条がのっかって底に具が沈んでいるので見えない、掘り起こして写真を撮ってみる。

お粥は生の米から乾燥カキ、乾燥貝柱、鳥一羽丸のまま入れ4時間煮込む製法。
塩は「セル・マラン・ド・ゲランド」というフランス原産のもの、お米は国産を使用。

白粥だけでも出汁の味が溶け込んでいるので、それだけでも美味しいし丁度よい塩加減。
それぞれの具をアクセントにして食べるとまた良し!ピータンはねっとりして濃厚さがあって相性〇。
普通サイズだとかなり量がありそうなので、ザーサイなどのトッピングなどで味を変えるのが良さそうですね。
b0089578_13432441.jpg
お店を出て通りを歩いていると、中国菓子を販売している小さなお店にエッグタルトがあったので立ち食い。
出来上がったばかりで、周りのパイは超サクサクだしカスタード部分も熱々でこんなに美味しいエッグタルト初めて食べたぞ!
と言ってもアンドリューのエッグタルトくらいしか食べたことないけど、やはり出来立てが重要ね。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-03-14 23:39 | 神奈川 | Trackback | Comments(0)

神奈川(横浜・横浜中華街):東北人家(本店)中国東北料理

b0089578_14500885.jpg
夜ご飯は横浜中華街、用事がひと段落して夕食にありつけるのが大体21時半~22時頃だったので、
予め探していたお店は夜22時以降に入店可能なお店ばかり。

そうなると沢山お店がひしめき合う中華街でも、かなり限られてくる中で選んだのが、
中華街の中では珍しい部類に入る中国東北料理の東北人家

お店のスタッフは全員中国人の方で、お客さんも地元の中国人らしき人ばかりで日本人は0。
メニューにはオーソドックスな料理よりも羊肉の串やラム肉の蒸し餃子、ラム肉のクミン炒めに目に輝かせていたら、
カイコや豚の血の豆腐に臓物やらとマニアックなお料理に目が行く。

中国の東北地方は黒竜江省、吉林省、遼寧省、内モンゴル辺りで歴史的には旧満州と呼ばれていたエリア。
モンゴルが近いせいか羊肉もよく食べられているようで、香辛料や濃い味付けが多く、
場所的には中国国内では寒い地方なだけに長く保存できるものや身体を温める料理が沢山あるのだとか。
b0089578_14501382.jpg
・ラム肉のクミン炒め
大好きな羊肉メニューの中から割とポピュラーっぽいクミン炒めを頼んでみた。
うぉっ!この唐辛子の量は・・・噛むわけにいかないので避けても種も飛び散ってるからかなり危険。
切落とし肉のようなラム肉、噛みしめると羊だねぇ~クミンだねぇ~とほっこり(羊スキーが陥る恍惚ポケット)
多少辛いものの玉ねぎもいいマイルドさに手助けして、これは美味しかったな~。
b0089578_14501717.jpg
・ナスの東北田舎風炒め
茄子が柔らかくなるまで火が入っていて濃いめのタレが一緒になっているのですが、
上に豚の細切り炒めとパクチーに生にんにく!野菜料理なのにガツーンとくる。
醤油を中心として甘辛く味付けした茄子がトロッ、パクチーとにんにくでパンチがあるなぁ。
b0089578_14502274.jpg
・ニラ饅頭
饅頭という名前ながら見ためは焼き餃子の様な形で、楊枝入れと比べてもかなりの大きさ。
皮はやや厚めで表面の焦げのところからさっくりと割れます。
中は一面の緑色でニラがふんだんに詰め込まれていて、玉子もところどころに顔を出していて。
ニラの香りに包まれるけど玉子が少しソフトに抑えてる、これは1個で充分。
b0089578_14502762.jpg
・東北人家焼きそば
壁にポスターが貼ってあり、このお店のおススメメニューの様です。
色の濃いソースが汁だく状態になった極太麺はもちっとしていて歯ごたえあり!
味は醤油ベースな甘辛さとニンニクが効いているのでかなりのインパクト。
青菜と豚の細切りの具が入っていて濃いめな味付けがクセになる成程なお店の名物。

いまいち大きさが伝わらないようですが、どれも大皿で量が多いのでそんなに数頼めなかったです。
どうも豚背骨ガラ肉の特製醤油煮込みという山盛りの料理も名物らしいけど、これ以上食べられない。
しかし、他にも食べたいメニューが山ほどあって、パクチー・ラム肉・クミン好きは再来したいかも。



[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-03-13 23:01 | 神奈川 | Trackback | Comments(0)

石川(野々市):鬍鬚張魯肉飯(ひげちょうるろうはん)「ひげちょうで台湾料理喰いながら呑んだくれ」

b0089578_16524766.jpg
富山・石川のカレー好きメンバーが主催するカレーのイベントに去年からちょこちょこ参加しているのですが、
その中のK氏が今回企画した「ひげちょうで台湾料理喰いながら呑んだくれ」のイベントに参加してきました。

場所は野々市の金沢工業大学のすぐそばにある鬍鬚張魯肉飯(ひげちょうるろうはん)
台湾の豚かけごはんである魯肉飯(るーろーはん)を中心に、台湾の屋台飯が食べられる同店。

本店は台湾にあり、かつては六本木や渋谷等にもあった有名店ですが、
今は石川県に金沢工大店とイオン御経塚店の2店舗を残すのみ。

私も台湾に行った時に魯肉飯を何度も食べていたし大好きなので、お店はもちろんテイクアウトもたまにしています。
ある意味とても珍しいので他県の人は観光で立ち寄ってもいいんじゃないかという位。

本来ならば車でしか行かない場所だけど、今回は宴会メニューで飲み放題が付いていたので、
そんなに飲めないけどバスではるばる向うことを決意。

自宅近くのバス亭から香林坊で乗り換え~の予定だったのに、少しの時間差で工大前行きのバスが去ってしまった。
あぁ~どーする、後続バスは来なさそうだし・・時間がない!ってことでタクシーに乗るしかない。

が、メーターが私のお財布ストップラインを越える~~という訳で、工大近くのかつや前で降りる。
そこからてくてくとお店まで歩いて到着!ギリギリだったわ、たまには歩くのも気持ちいいけどもう少し暖かい方がいいね。
b0089578_16531665.jpg
料理は宴会用のスペシャルメニュー、途中からは肉の文字しか確認できないという肉祭り。
最後のシメは3種類から選べるようで黒胡麻坦々麺はお店にないメニューだとか、
他も普段では出ないメニューありでさすが関係者が企画しただけあるわ。
b0089578_16534699.jpg
今回の料理には絶対にパクチーが合うと思い、マイパクチーをタッパーで持参。
皆さんを呆れさせましたがカレー好きにはパクチー好きも多く、それぞれに少しづつおすそ分け。
しかし、あろうことか私のお隣に座っていた男性がパクチー苦手な人、ちぎって漂う香りはパクチーテロ。
b0089578_16541786.jpg
飲み放題メニューは日本海倶楽部地ビール3種、紹興酒、ハイボール、芋&麦焼酎、サワー各種。
台湾茶、タピオカドリンクやジンジャーエール、コーラなどのソフトドリンク類。

奥能登のクラフトビールが飲み放題ってのはビール好きにはとってもお得ですよね。
しかし、私がメニューから飲もうと思っていた山ぶどうなど珍しい3種類のサワーが無いという。
ごく普通にレモンサワー、これでもいいけれどちょっと残念。

・涼拌干絲(リャンバン・カンスー)
最初に出てきたのは1人分の涼拌干絲、干し豆腐の和え物。
台湾直輸入の干し豆腐は噛んでいると地味~に旨みが伝わってきて、この間も中華で食べたけど何気に好き。
日本と台湾の豆腐は違うので同じものにはならないとか。
  
b0089578_16551644.jpg
皮蛋豆腐(ピータンドウフ)
ここからは大皿料理、これで4人分。
アヒルの卵をアルカリ性の状態で熟成する皮蛋、鶏卵でも作られる場合があるけどこちらはどうなのかな。
苦手な人も多いそうだが、私は一体いつからピータンを食べ始めたのか不明なほどまぁ普通に食べてます。
黄身の部分は柔らかめで豆腐と合わせるといいお酒のおつまみ、そしてパクチーにも合う合う。
b0089578_16553145.jpg
・豆苗
肉祭りの前の癒しの食べ物、豆苗。
b0089578_16560168.jpg
・筍絲魯(メンマ)
台湾産の柔らかいメンマ、穂先の部分が多く含まれる。
メンマの本場である台湾の人たちが一番好むのは穂先の部分で、日本は固めの節間メンマが多いけれど
最近はラーメンでも穂先メンマを出すところが増えていますね。
b0089578_16561691.jpg
・酔鶏(蒸し鶏紹興酒漬)
蒸した鶏肉を紹興酒漬けにしたもの、上にクコの実。
塩と他に何か加えてるか分からないけど、割とシンプルな味でしっとり柔らか。
でも紹興酒の香りはかなりするので、お酒飲めない人はこれで酔っぱらってしまいそう、笑
b0089578_16564955.jpg
・羊肉(ヤンロー)
キターー!!ヤンロー・マーボー・ヒツジ予報、私のお気に入りのメニュー。
羊肉を香辛料漬けにしてカリッと揚げてあります。横のクミンの粉をつけて食べるとよりスパイシー。
普段はあまり注文されないと思うけれど、集まっている人たちはインドパキスタンなどカレーの猛者たち。
喜んでウハウハ食べていました、もちろんパクチーにも合う合う(持参ふりかけ)。
b0089578_16562507.jpg
お皿からズームアップしてテーブルの様子をお伝えするとこんな感じ。
日本海倶楽部の黒ビールが美味しそうにみえます(飲まないけど)
タピオカドリンクのタピオカ抜きやタピオカだけ注文する人もいて、飲み放題はカオス状態。
b0089578_16565666.jpg
・三層軟骨(バラナンコツ)
豚軟骨の台湾風煮込みというやつ、下にはもやし。
醤油や砂糖、ニンニク、八角とか入れて煮込むんだろうな~。
軟骨の骨の部分が柔らかくなっていて食べられます、こりこりといい感触で美味しい。
b0089578_16570284.jpg
東坡肉(トンポーロー)
いわゆる豚の角煮、この長いの1本が1人分って・・連続肉攻撃が続いていましたがもう食べきれません。
そう思って先のパクチーの入れ物の他にも持ち帰り用タッパを持ってきました、用意周到抜かりなし。
こちらもよーく煮込まれているようで、豚バラ肉に調味料の味がしみ込んで八角の香りがします。
b0089578_16571889.jpg
・魯肉飯(小)
鶏肉飯(小)、黒胡麻坦々麺(H)、魯肉飯(小)から選べて、一番オーソドックスな魯肉飯。
台湾まぜそばを頼んでいる人もいましたが、私にとってはこれが一番好きなメニュー。
トッピングによく煮卵を付けるのですが、ここでもサービスで付けてもらいました。
タレとお肉の甘さがご飯にしみて、煮玉子を食べるとさらにうまー、台湾にいきたいわん。

そんな訳でイベントは大盛況、皆のお腹も大満足でした、幹事さんごくろうさま!
今度テイクアウトで魯肉飯にダブルがけで煮玉子と肉のせして持ち帰ろうっと。

帰宅したら夫ににんにく臭い!と言われました、お肉メニュー数品には絶対に使用されているでしょう。
私も作ってみようかしら、家の八角と五香粉がアップを始めました。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-03-08 23:58 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(堀川町):ご当地ラーメン 巡(めぐる)「尾道ラーメン」

b0089578_15272458.jpg
相変わらずポンコツ肩を抱えながらヨガをしにジムに通っています。
ブランクが大分長くなっているけど、そろそろコンバット復活したいけど激しい動きが肩に悪そう。

冬の間はお風呂会員だけでも満足、身体の芯まで温まるくらいに湯船につかって、
その後は身体の中から温めるためにジムアフターラーメンはご当地ラーメン 巡(めぐる)

・尾道ラーメン(味玉トッピング)
3月から始まった限定ラーメン。
鶏ガラと瀬戸内の小魚をベースにしたという醤油味のスープはやや濃い目。
予め醤油が濃いと言われていたので納得、ケイン濃すぎな訳ではなく甘い背脂を含むとパンチのある味。
魚介と鶏ガラなどと混ざって独特の臭みがなく背脂でコクがありますね。

平打ちの中細麺は細いけれど食べごたえのある麺、いつものラーメンよりもスープが多めだそうです。
チャーシュー、ネギ、メンマがデフォ、さらにお勧めトッピングは味玉、のり、ねぎ、チャーシュー。

3月3日~3月中旬ですが、売切れはいつか予想出来ず。
食べたい人は早めが吉!

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-03-04 23:18 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(大河端町):我楽(がらく)「ラーメン」

b0089578_16435713.jpg
少しづつ暖かくなっているのを朝感じるが、まだ冬コートは手放せない。
自宅周辺の雪が溶けると共に、枯れた枝やヘタレ草がはびこってる花壇がお目見えしてきた。

去年たくさんの収穫をもたらしてくれたハーブガーデンも無残な姿。
本格的に草が芽吹く前に少し手入れをしておかないと、と草切ハサミを購入してきました。

平日は時間がないが出勤前にちまっと刈りながら週末に整理できるかな。。
そんな雑務をこなすための用具を買うために週末のおでかけ、もちろんランチ付にてラーメン、我楽(がらく)

まだオープンしてそんなに経っていないので、カウンターや椅子が綺麗で気持ちいい。
夫はご主人さんの手慣れた平ざるの扱いが気になる様でずっと眺めていました。

・ラーメン
まだ訪問2回目、メインのしょうゆラーメン、味噌、塩の3種類のベースから前回と同じく醤油ラーメン。
上の厚い油膜の下には真っ黒な醤油の色、でも見た目よりマイルドで塩くどくなくてまろやか。
少し短めの角ばった麺を食べつつ、ざく切り葱の食感を楽しみつつ。

ここのチャーシューは昔なつかしっぽく脂身と身がほろりとほどける、うーんこれがドツボな旨さ!
チャーシューメンにして沢山食べたい気もするけど、それだと私には脂っこすぎるか?
でもライスにのっけたらとても美味しそうですねぇ。
次こそは塩バターコーンラーメン!

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-03-01 23:10 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(新保本):麺屋夕介 「カレー煮干しそば」

b0089578_15010476.jpg
前回、カフェインレスの話題にてコーヒーはほぼデカフェに統一していることを書いたのですが、
お茶もまたしかりで、以前はカテキン増強な緑茶をよく飲んでいましたが今は全く飲んでいません。

ノンカフェインなお茶と言えばルイボスティー、ごぼう茶、レス紅茶もたまにあるので
見つけては買っていたらそれなりに家の在庫も増えてきました。

一番のお気に入りはルピシアのノンカフェイン・ハーブシリーズ、福袋で箱買いしたので当分困りません。
現在飲んでいるのはジンジャー&レモンマートル、ルイボスとハニーブッシュをブレンドした優しい味わい。
寒い時期の生姜は鉄板。

そこからジンジャーにハマり始め、KALDIで買ったジンジャー&レモンハーブティー(結構な生姜感)、
セゾンファクトリーの生姜茶(スライス生姜と紅茶のジェルをお湯に溶かす)、
さらにまだ届いてないけど、生姜酒まで購入してしまい、いつの間にかノンカフェインから脱線。

カフェインレスからの生姜への健胃作用を考えつつも、身体に鞭打つラーメン生活もやめられない今日この頃。
とある用事により平日の午後からお休みをいただき、ランチは麺屋 夕介

期間限定の坦々麺の他に、日替わりで提供してる本日のきまぐれメニューがどうしても気になっていた。
ほぼ賭けで夕介に向かったけど、数日間続いていたメニューがその日もあってラッキー。

・カレー煮干しそば

キーワードは「カレー」、スパイス好きの私の秘孔を突いたのは間違いない。
デフォでは極太麺200gなのですが、細麺に替えてもらいました。
トッピングはチャーシュー、岩海苔、メンマ、ネギ、糸唐辛子+煮玉子。

煮干しとカレー、どちらも強い個性を持っているのでパワーバランスを伺うようなシーソーゲーム。
カレーのスパイシーさと煮干しの風味が喧嘩せず、あっさりめなのにちゃんと味わいもあって美味しい。
細麺だったこともあり、昔懐かしいカレーラーメンに煮干しの風味が加わった新しい感覚。

カレーの黄色であるターメリックには健胃作用もある、これで〆ましょうか。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-02-23 23:37 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(安江町):麺屋 白鷺 「坦々麺」

b0089578_11215132.jpg
コーヒー大好きな私がカフェインレス派になってはや1年、もちろん胃を思ってのこと、
家では専用の豆やドリップパックを買っているから問題はない。

でも外だとデカフェはあまり浸透していないので、もっぱらスタバ利用が多くなっている。
どうしても飲まないという訳じゃないので、カフェでも飲むけどミルクが入っているのはいいがブラックはキツイ。

一度濃いめのブラックを飲んだら気分が悪くなってしまって・・エスプレッソとかもう無理。
もう少しカフェやコンビニ、缶コーヒーにもデカフェがあるといいのだけどな(ローソンのはよく利用してる)

欧米ではコーヒー消費量の10%以上がカフェインレスコーヒーだとか。
日本ももっとどんどん増えてくれるように切に願ってる胃弱熟女です。

そんなカフェ入レスの豆を購入しているカフェで月に一度のラテアート教室。
終了時間が21時過ぎるので先の腹ごしらえ、ラテアートビフォアーラーメンは麺屋 白鷺
だって教室の斜め前ですもん。

・坦々麺
2月1日から提供されている期間限定の「坦々麺」、先の大雪でパーキングも停めにくかったのでやっとこれました。
胡麻の香りととろんとしたコクは鶏白湯のもの、前よりも食べていてふわっと山椒を感じるかな。

貝柱の辣油やタカの爪が入ってるのでややピリリと、上には肉味噌、ピーナッツ、小松菜、刻み玉ねぎ。
コリコリしたピーナッツの香ばしさとシャキシャキ玉ねぎがアクセントとなって、
いつもの細麺で美味しくいただきました。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-02-21 23:23 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(尾張町):梅梅(めいめい)で「北京ダックを食う会」北京ダックセットと春餅セット

b0089578_11573804.jpg
大雪の影響も少しづつやわらぎつつも、寒さでは今一歩抜けきらない感もある2月中旬の週末。
尾張町の中華料理店、梅梅(めいめい)にて、「北京ダックを食う会」に参加してきました。

古民家を改装した店内は、和と中華が混在したノスタルジックな空間で不思議な雰囲気に溢れてる。
看板メニューでもある自家製窯で焼かれた北京ダックは、皮だけではなく身も一緒に食べられるスタイル。

折角の北京ダックの会なので、皮や肉を余すところなく食べるという北京ダックセットにしました。
ダック1羽、ダック料理、ダックスープが付いて8800円、大体3~4名くらいの量だそう。
もちろん単品の北京ダックもあります(ハーフも可)。

それだけでは足りないので単品料理などを必要に応じて注文することにしました。
b0089578_11574255.jpg
呑兵衛派とノンアル派に完全に分かれた乾杯図、私は検査も近かったことなので中国茶。
ポットごと出される中国茶はジャスミン茶、東方美人とお茶をぐいぐいと飲み進める。
b0089578_11574672.jpg
・翡翠餃子 ひすい餃子
豊富な点心メニューの中から餃子を選択、焼・水・蒸の三種類の方法が選べるのだけど、
ん~どれがいいのか分からない、中国人スタッフの女性にどれがお勧めかと聞くと、ひすい餃子は蒸しだという。
全て仰せのとおりにいたしましょうー、個数も10、15、20と選べます。
青野菜で色を付けてあるという緑の皮、にんにくなしで優しい味わい。
b0089578_11575177.jpg
羊肉茴香餃子 茶包餃子
こちらは前も食べたことがある羊と香辛料が効いた大陸餃子、羊肉好きは見逃すはずはありません。
皮は中国茶で色付けしてある茶色で、こちらは焼きがお勧めだという、ついていきます!
噛みしめるとほのかな羊臭と共にスパイスがガツッと効いてにんにく入りの通好み。
b0089578_11575698.jpg
梅梅がオープンしてからちょうど1年だそうでお店では特別企画やってます。
中国では春節を皆で食べる春餅(シュンピン)、1周年記念として「春餅セット」を半額で提供(3600→1800)。

↓Facebook公式ページの画像をスタッフに見せればOK!(予約時にfacebookを見たでもok)

開催期間:2018年2月1日~3月31日

上がその春餅セット。
干し豆腐とチンゲン菜の炒め物、白菜と春雨の甘酢炒め、胡桃と青菜の炒め物、玉子とトマトの炒め物、細切り豚の炒め物
これらずら~っと並んだ好みの具材、キュウリ、白葱、甜麺醤を小麦粉で作った薄皮にのせて巻いて食べます。

この沢山のおかずだけでもおつまみになりますね!干し豆腐が噛めば噛むほど滋味な旨みが。
b0089578_11580161.jpg
春餅の皮、北京ダックを包む皮と似てますが違うそうです。
どちらも蒸し器で出てきましたが、こちらの方がしっとりと柔らかい。
b0089578_11580859.jpg
さて今回のメインイベント北京ダックの登場、
ここで北京ダック食べるのは今回で3回目なんですけど、何度見ても迫力あります。
b0089578_11581396.jpg
料理長自ら目の前で捌いてくれる姿を全員がカメラで撮りまくり。
b0089578_11581812.jpg
皮はパリッとしているけど身は柔らかくてクセがない。
b0089578_11582324.jpg
北京ダックの皮に先ほどの肉と白葱、きゅうり、甜麺醤を包んでいただきます。
わりとあっさりめの肉と香ばしい脂ののった皮の組み合わせは甜麺醤の濃厚さと共に食べごたえがかなりあります。
b0089578_11582769.jpg
北京ダックセットのダック料理。
山盛りのアヒル肉に驚きなんですが、骨も含まれるので1つの肉の量はそこまでではないものの、やはり多い(笑)
ダックを唐辛子や葱、クミンシードやタレで味付けしてある炒め物、あのあっさり肉が濃厚になってる。
このスパイス感が好き嫌い分かれそうですが、当然私は好きな部類です。
羊肉でこの料理を食べたいような(希望)
b0089578_11583379.jpg
北京ダックセットのダックスープ。
アヒル肉と豆腐、ネギなどが入ったスープはダックから出しが出て優しい旨み、豆腐がまた追従。
皮と身をはぎ取った後の残った身と骨をぶつ切りにして利用する炒め物とスープは初めて食べました。
北京ダックをあますところなく食べるという意味では貴重なセットでした。
b0089578_11583793.jpg
最後はデザートを頼みました。
杏仁豆腐、マンゴープリン、胡麻団子などがあり、こちらは他の人が食べていた杏仁豆腐。
b0089578_11584127.jpg
私が食べていたマンゴープリン、滑らかでマンゴーの味が濃くてボリュームも結構あります。
今回は6人での宴会でしたが、最後の方ではお腹がはち切れそうになるほど満腹。
北京ダックが有名ですが、単品料理の種類も豊富なのでそれぞれの味をもっと楽しみたい。

もし次来ることがあるなら羊の串焼き、羊肉の根菜炒め、羊肉スパイシー麺、羊肉餃子、パクチーきゅうりサラダなど
ノンストップ羊肉中華で攻めたいです、付き合ってくれる人いるかしら。。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-02-20 23:59 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)