タグ:中華・ラーメン ( 508 ) タグの人気記事

金沢(大野):大野湊食堂「にんにく醤油チャーシューメン」「ラーロウメン」

b0089578_13374186.jpg
冬物衣類をそろそろ引っ込めようと思ったら、寒の戻りでまた一時的に寒さがぶり返す。
もう少し暖かくならないと玄関でまとめてブーツ磨きをする気にならない。

寒さに負けて家に引きこもりたい気分を一掃、2人で休日お出かけランチタイムは大野湊食堂
映画「しあわせのかおり」のロケ地として有名な中華料理屋さん、駐車場はここね

日曜お昼時とあって家族連れなど数人単位のお客さんが多く込み合ってました。
お互いにラーメンや餃子を注文してシェア食いします。

・にんにく醤油チャーシューメン
定番の大野醤油ラーメンにチャーシューの枚数が増えてにんにく醤油ダレがかかってるバージョン。
やさしくて円やかな醤油味のスープに少し柔らかめの細麺。
にんにく醤油の部分だけパンチがあるけれど全体的にほっとする味。
b0089578_13374531.jpg
・ラーロウメン(辣絡麺)
木桶醤油と自家製ラー油の絡め麺、食べる度に香るラー油はピリ辛で醤油とのいい塩梅で麺に絡みつく。
汁ありよりも少しもちっとした感じに仕上がり、上の大量の白葱&下のチャーシューを挟みながらいただく。
付いているスープは中華料理店でチャーハンを頼むと一緒に出てくるスープの味に似ている醤油味。
b0089578_10221470.jpg
ランチでセルフにて無料提供されている数種類のお惣菜からザーサイやベロベロなど。
b0089578_13375014.jpg
チャーハン
ふわふわとしたクセがなく脂っぽさを感じないチャーハンが何気に好き。
単品で頼んだらかなり量が多かったので1つラーメンとセットにした方がよかったかしら。
b0089578_13375401.jpg
水ギョーザ
コロンとした水餃子は皮が厚くてモチモチでつるつるっ!手づくり感満載。
中は細かく刻まれたニラ多め、こういうタイプは普通のラーメン屋さんには見かけなくていいねぇ。
ラー油やタレが下にひいてあるのでそれに絡めて食べました。

いやーさすがに満腹過ぎる、帰宅後に猛烈な眠気からの夕方まで爆睡してしまい時間の無駄使い。
あぁ無駄無駄..


by sukatan_queen55 | 2019-02-26 23:40 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(本町):のどぐろ塩Soba 麺屋大河「蛤とのどぐろのつけ麺」

b0089578_15115720.jpg
寒さが和らいで身体を動かすのがおっくうでなくなってくると、衣替え&断舎利の時期。
新年度に向けて気持ちよく心を切り替える為に、春は断舎利にぴったり。

いらない衣類はもちろんの事、私は元来のおまけ好きなので
押入れの奥には訳の分からないものがまだまだ隠れていたりする。

かつて、PEPSIの懐かしのスーパーマリオブラザーズ・フィギュア付のボトルキャップをコレクターしたり、
LEGOのコカコーラコレクションを集めるためにダイエットコーラをよく飲んでいたもんで。
こうなると、どんどん家の中に要らない物が増えていく。

今はさすがに集めたりしないけど、KALDIでランブルスコボウル付とかシードルカップ付とか、
おまけ物に手を出してしまう・・・いやデザインも可愛いんだけど。

金沢駅に立ち寄ると必ず寄るKALDIの後のサクッと飯は、近場ののどぐろ塩Soba 麺屋大河
この前は「のどぐろ塩soba」だったので今回はつけ麺。

・蛤とのどぐろのつけ麺(+煮玉子)
何だかまだ冷や盛り気分にならなかったので熱盛りで。
つけダレはのどぐろと蛤の出汁のつけ汁。

のどぐろ塩sobaのスープと比べると若干あっさりめな印象なのは蛤出汁mixだからかな。
のどぐろよりも蛤の旨み成分をより感じたかも。

昆布出汁に浸したタピオカと粒粒は全粒粉入りの細麺はもちっとしてるのを感じるが熱盛りだからか若干やわめ。
トッピングは低温調理豚ロース、ハマグリ、酢橘、蓮根チップ、穂先メンマ

後味すっきりめだけど食べた感があるここのラーメン、結構好きです。
次はバラsobaチャーシュー麺かな。



by sukatan_queen55 | 2019-02-22 23:05 | 石川(金沢) | Comments(2)

金沢(本町):のどぐろ塩Soba 麺屋大河「のどぐろ塩Soba バラ肉オーブン焼き」

b0089578_14302993.jpg
今冬は降雪量が少なかったのでロングラバーブーツは出番はなし。
そろそろスノーブーツもケアしてから収納しないとだし、冬物片付けは夏より面倒くさい。

そんな作業を済ましてすっきりさせたら、秋からブツブツ言いまくっている自転車を購入したい。
遠出より買い物に使う用途が多いからママチャリでもいいんだけど、調べている間にクロスバイクが欲しくなった。

週末に通うカフェにも自転車で行きたい、その内夫と近場ツーリングも出来るかな。
当然駅前もサイクリング範囲、今はまだ車なのでコインパーキングに停めつつ、のどぐろ塩Soba 麺屋大河

去年12月オープンの「味噌専門 麺屋大河」系列の「のどぐろ塩Soba 麺屋大河」にやっと行ってきました。
何度か夫と一緒に行こうと思ってたけど日曜定休なのでなんとなく機会を逃してて。

カウンターの目の前にはガリ、黒七味、胡麻、のどぐろ酢?など色々味変楽しめるようになってます。
私はあまり味変しない方なので今回は何も入れず。

・のどぐろ塩Soba・バラ肉オーブン焼き
トッピングのチャーシューが「低温調理豚ロース」「バラ肉オーブン焼き」「鶏肉幽庵焼き」と3種類選べる。
すっかりお馴染みとなった低温調理系、嫌いではないが脂のりチャーシューの方が好きなのでバラ肉で。

のどぐろ頭と中骨からとった「のどぐろ油」と「スープ」に鶏ガラ・豚骨・野菜、昆布出汁を合わせたスープ。
魚特有の臭みがなくってあっさりしてるかと思いきや、しっかりした旨味で動物系との見事な融合。

お魚や昆布の出汁感とコクのある動物系の絶妙な割合というかスープ美味しい。
素揚げ蓮根チップ、穂先メンマ、赤たまねぎ、半分カットの酢橘、芽ねぎ、など。

麺は細めストレート、蓮根はすぐ食べなきゃカリッと感は失われまする。
丼の縁についているのは梅山葵だそうですが、山葵苦手な私でもそう分からなかった。

行ったのはお昼なので並んでいなかったけど、夜は並んでいるのかな?
ジムアフターに活用できる1軒、また増えました。


by sukatan_queen55 | 2019-02-16 23:38 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(田上):横浜家系ラーメン 友喜家「友喜家式ネギラーメン」

b0089578_16440464.jpg
東京遠征などで長時間歩きっぱなしな時、普段から適度な運動やある程度筋肉を付けていないと、
突然足がつるっっ・・ってことが、ここ数年で起こりがちになっている。

以前は全く平気だったのにね、最近ヨガしかしてないし筋力の低下と共に年なのかなぁ。。
筋トレもしないとなぁと思いつつ、楽方向へ・・あージムのお風呂って最高。←風呂会員!?

杜の里近辺だとジムアフターラーメンは8番(upせず)とここ、横浜家系ラーメン 友喜家
レイナの柚子塩ラーメン美味しかった余韻も残りつつ、季節は次のラーメンへとススム。

・友喜家式ネギラーメン(小)+煮玉子
ラーメンの好み「麺の固さ、脂の量、味の濃さ」は全て普通、麺固めと言った時期もあったけど普通が一番好きかも。
そしていつも思うけど小サイズがあるのが有り難いのよ。

上からパチリと撮ってますがネギが円錐状の綺麗な山に盛り付けされています。
白葱とチャーシュー細切りはタレ和えしてあり、スープとの境界線には海苔のボート、後ほうれん草も隠れてた。

スープはいつものコクがありながらしつこくない豚骨醤油、
それにネギ山を少しづつ崩して入れて、少し温めつつ麺に絡めて食べました。

白葱独特の微妙な辛みはスープに浸けると和らぐような感じがする、私は和らぎさんが好きだ。
野菜が摂取できたのも嬉しいし量も私には丁度良い。

ご馳走様でした、久しぶりのジムアフターラーメンかな?(でもない)
カレーやスーパーでのお惣菜を買うパターンもあるので。

スーパーでは寝る前に必ず食べるヨーグルトを買うんですけど、ここ数年はずっとダノン4つ割り。
ダノンビオを当たり前の様に食べていたけど、もっとふつーなダノンヨーグルトという種類を食べてみたら、
あらまっ!皆に愛される美味しさというか・・・気に入って最近はずっとこれ。

でもダノンヨーグルト(青パッケージ)ってあまり見かけなくって、どこのスーパー行ってもダノンビオばかり。
なんでダノンヨーグルト置いてないんだよっ!世界中で愛されているって書いてあるのに納得いかねぇ~
どういう事だどういう事だよ、クソッ!!・・・とギアッチョ風に書いてみた。

私はいつもドンキで買ってますが他にも売ってるスーパーあるのかしら。


by sukatan_queen55 | 2019-02-14 23:32 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(有松):ごえちゃんらーめん「煮たまごらーめん」

b0089578_11232201.jpg
2月中旬に差し掛かったところで、私の心の中は激しく交通渋滞に陥っている。

今年のフジロック第一弾ラインナップにザ・キュアーがヘッドライナー!
しかも、ケミカルブラザーズ、シーア、デスキャブフォーキューティ、ジェームスブレイクにトムヨーク。

人生で一番好きなバンドの来日、こ、これは7月に苗場に走らなくっちゃっていうあれか!!
ちなみにフジロック2016は1人で3日間行ってましたが、時間がなくて記事はアップしていません(シガーロス目当て)。

毎日の家事・雑務に追われていて、夕食後から寝るまでの間にどれだけ有意義な自由時間を過ごせるか。
すぐ眠たくなっちゃうんですけど、出演アーティストの曲を聴きこむ・買いだめしている小説を読む・もっとブログを進める
昔描いていたイラストを又描き始める・エスニック料理を極める・ミシンを使う、時間さえあればやりたい事って無限大だなぁ。。。

さてここで唐突ですが、やりたい欲が交通渋滞に巻きこまれている貪欲~な私の心とは違って、
澄んだ森の空気の様に清々しく優しいラーメンを食べに土曜日のお昼は、ごえちゃんらーめん

去年11月に有松の福座さん近く、スシローの右隣にあるビル1階に
「自然派ラーメン神楽」でスタッフとして勤務していた女性がオープンしたラーメン屋さん。

開業時から情報は得ていたけれど、基本の営業時間が平日の11:00~15:00までなので、
これは中々厳しいと思っていたら、2月から土曜のお昼だけ営業し始めたということで行ってきました。

店内は昔バーだったのかな?と思わせるカウンターのみのレトロな造りだけど綺麗です。
メニューは基本のごえちゃんらーめん、煮たまごらーめん、チャーシューめん、煮たまごチャーシューめんの4種に
ごはん、炊き込みご飯(ころころチャーシュー、まいたけ)のご飯もの。

・煮たまごらーめん
スープの素になる出汁は豚ガラ、鶏ガラ、煮干し、昆布、カツオ節、干し椎茸、舞茸等の完全無化調。
醤油ダレはしょうゆ(天祐)にカツオ節等を使用しているそうです。
澄んだスープからは色んな出汁の風味が伝わってきます、椎茸は分かりやすいし煮干しなんかもそれぞれに。
それに醤油がアクセントを付けてるんだけど、スープが優しくて私は美味しいなぁ~って感じました。

麺はちぢれ系の細麺、トッピングはチャーシュー、煮玉子、ネギ、メンマ。
どちらかというと全体的にほっこりと家庭的なラーメン屋さんで見守っていてあげたい雰囲気ですが、
スープは天然の出汁ばかりだけあってじんわりと旨みが広がって五感が刺激されました。


by sukatan_queen55 | 2019-02-12 23:53 | 石川(金沢) | Comments(0)

石川(白山市):中華そば 響(ひびき)「冬味噌中華そば」

b0089578_09465431.jpg
今シーズンほど鍋料理が食卓にのぼらなかった冬はなかったかも。

IH卓上ヒーターとカセットコンロが一度に壊れてしまい、ポイントでコンロを申し込んだものの
到着に一か月以上もかかったのでその間は無いし、きてからも頻繁に作っていないし。

冬が終了したら鍋熱は下降ぎみになるので、何かこう意欲を沸き立てるエスニック鍋でも作ろうかな。

それと似たような感じで冬限定で登場する味噌ラーメンも殆ど食べていないな、と。
そんな思いを抱きながら冬の名残となる味噌ラーメンを食べに中華そば 響(ひびき)

・冬味噌中華そば(+煮玉子トッピング)

表面に覆われた真っ黒なマー油が特徴のスープは魚介の風味を消さない程度の味噌加減に、
マー油のコク深い香ばしさが際立つ、めちゃんこ(死語?)好みなスープ。

ガチ味噌な味噌ラーメンが苦手な私、各トッピングとのバランス具合にも雷鳴が轟く。
フライドオニオン、海苔のそれぞれの味の変化があって楽しく食べ進められます。
他、メンマ、ネギ、チャーシュー、胡麻、+煮玉子。

麺ってこんなに太麺だったっけ、食べごたえがあるコシのある麺をワシッとな、美味しいよ。
過去、何度か食べてるけど絶賛してる冬の定番でした。。。


by sukatan_queen55 | 2019-02-09 23:48 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(安江町):麺屋 白鷺「牛ホルモンとさんま節そば」塩

b0089578_16433679.jpg
東京での帰り際にいつもの上野のアジアンマーケットでレモングラス、ホムデン(タイの赤たまねぎ)、
カレーリーフなど全てフレッシュな素材を手に入れ、自宅でエスニックご飯を繰り広げていた数日間。

不思議なことにインド料理は時期を問わず食べたい欲が湧くのに、
タイ料理は暑い時期に無性に食べたくなって寒い時期はそんなに..なんですよね、まぁ作って食べたけど。

遠征すると必ず体重が増えるので、帰宅後は野菜多めのエスニック料理などでカロリー減らし術を心がけてます。
と言ったそばから相反する行動、汗かいてすっきり素直に帰れないジムアフターラーメン、麺屋 白鷺

・牛ホルモンとさんま節そば(塩)
あんまり見かけない組み合わせですよね、ホルモンと煮干しラーメン。
だがホルモンヌの私としては即座にピクッ!と反応させざるを得ないっ!
塩と醤油の2パターンあって、いつもは醤油だけど今回は塩にしてみました。

上にプヨプヨ浮いてる牛ホルモンはシマチョウ、大好きな部位・・・脂身が愛おしい。
他は背脂、玉葱みじん切り、小松菜、ゆず、海苔、糸唐辛子、メンマ。

スープを塩にした分、さんま節の仄かな煮干しの風味が素直に分かります。
背脂とシマチョウの脂のお蔭でコクがあって、スープの熱さでとろける脂身で少しづつ旨みが強くなる。

麺はいつもの細麺、ここの麺好きなんですよ。
そしてどんな時にも柚子忘れないのね、お前正気に戻れよ!みたいな。

美味しかったです、これはホルモン魂に火を注いでしまったかも。。。近い内に行かなくては。


by sukatan_queen55 | 2019-02-07 23:28 | 石川(金沢) | Comments(2)

東京(池袋):蘭州拉麺店 火焔山 (ランシュウラーメン カエンザン)「蘭州ラーメン」「ラム肉ラーメン」

b0089578_16301190.jpg
真冬の東京編。
dancyu(ダンチュウ)2018年6月号「羊好き。」という羊特集を読んで、「羊香味坊」へ行ったのが去年の夏。
1軒づつしらみつぶしに巡りたい衝動も東京と金沢の距離じゃそれもままならず。

次に興味を持ったのが埼玉県は西川口駅に広がるリトルチャイナタウンでの羊肉料理中華料理店。
これは去年の秋に時間を見つけて西川口駅まで行ってみたものの、時間の関係でサラッと軽く散策するに留まった。

で、西川口駅にウイグル新疆料理「火焔山」という伝統的な羊肉料理などを出すお店があるのですが、
池袋にその姉妹店があるというというのを知ってランチに行ってきました。

池袋駅北口を出て徒歩5分くらいの場所にある蘭州拉麺店 火焔山 (ランシュウラーメン カエンザン)
中国西北民族料理の麺料理中心としたお店です。
池袋駅北口も中華料理のお店多いんですけども、随分前に「マルハバ」というパキスタン料理に行ったっきり。

店内はカウンターとテーブル席がある見るからに至って普通のラーメン店なのですが、
テーブルで食べているお客さんは聞こえてくる会話からほぼ中華系の方々かなと、日本人超少なめ。

1番人気の蘭州ラーメンを始めとするスープ麺の他、汁なし麺、焼きそば(クミン味!)、
おつまみに羊の串やピータン、羊モツや羊舌の和え物やパクチーなど
ここで1杯やりたくなってくるメニューの数々に目を輝かせるも、事情によりまぁ次回かなと。
イスラム系中華料理の為、ハラル仕様になっているそうです。
b0089578_16301667.jpg
・蘭州ラーメン
一番人気の蘭州ラーメン、細麺・平麺・三角麺から選ぶことができて、初めての方は細麺とあったのでそちらに。
牛骨や牛肉を長時間煮込んで作ったスープに牛肉の煮込みが少々入っているという牛肉麺。
スープは牛系の出汁の旨みがあってキツすぎない独特な漢方の風味がふんわりと、後パクチーがいいねぇ。

トッピングはパクチー、牛肉チャーシュー、ネギ、ラー油はピリ辛程度。
注文を受けてから手打ちして作る麺は、細麺だけどもっちもちの弾力!
これじゃ一番太い三角麺なんかはうどんみたいなタイプじゃないかな。
b0089578_16302248.jpg
ラム肉ラーメン
こちらも細麺で、上と同じく牛骨から出た出汁はクセはなくあっさりしているのにコクがあるというか。
入ってる羊肉は羊肉スキーにしたら臭みはない方でもちろん独特の香りはあるけど心地よい。
そして何より厨房でビシビシバシバシ打ち立ての麺がフレッシュで美味しい。
青梗菜、パクチー、ラム肉、ネギとその筋(パクラー)の方々は蘭州ラーの次は迷わずこれかな。
b0089578_16302726.jpg
新疆風ラムの串焼き
麺と一緒にと勧められるメニューのキャッチコピーに惹かれて当然注文。
金属の串なので直接歯でグイッと肉を引きちぎったら口びるが切れそう・・なのでお箸でちょいちょい。
お肉はクミンの風味が効いていて唐辛子もちょこっと振り掛けてありました。
b0089578_16303105.jpg
羊ハツの串焼き
羊のハツもすんなりと食べられるクセのなさ。
b0089578_16303747.jpg
確かにお客さんは中国人ばかりだけど入りにくい雰囲気は全くないし店員さんも日本語上手。
カウンターから眺められる手打ちの捌きや豪快に用意された肉盛りなど大陸を感じる迫力があっていいわ、ここ。

途中、焼き小龍包専門店があって気になったけどお腹いっぱいになっていたので、
次回ぜひ羊の1品料理とハシゴで食べ歩きたいな。



by sukatan_queen55 | 2019-01-31 22:30 | 東京 | Comments(0)

金沢(畝田中):めんや安寿「濃厚魚介らーめん」

b0089578_11401822.jpg
冬の通勤スタイルも冬後半になってくると、考えるのが面倒になってきて毎日似たような恰好ばかり。
セーターにパンツ、もこもこウィンターブーツの繰り返しでスカートを履く気力がない、飲み会時は別だけど。

去年はノースフェイスのヌプシをヘビーローテしていたが、分厚い靴下だとズボッと入りにくいので
今年はこんなショートタイプのブーツを買ったら楽過ぎて...幸い雪も少なめだし。

お休みの日もラーメン屋に行くのならお気楽な格好でお出かけ、平日となんら変わらない。
ジムアフターでこっそり(でもない)1人で行ったお店、今日は2人でとめんや安寿

化学調味料不使用の無化調ラーメンを提供していて、中華そば・煮干しそば・濃厚魚介らーめんの3種類。
それぞれ太麺・細麺と選べるんだけど、いつのまにか限定の魚介はレギュラーメニューになったのね。

・濃厚魚介らーめん(太麺)
鶏白湯ベースのスープに5種類の魚介を加えたラーメン、魚介のパンチ力より白湯とのバランスを考えた配合かな。
無化調ならではの優しさはあるけどコクも旨みもあって美味しいです。
前回は細麺だったので太麺にしてみたけど、このストレート麺がなかなか好み。
穂先メンマ、白葱、青葱、チャーシュー、煮玉子(+トッピング)
豚バラチャーシューが優しい味にパンチを加えるように肉力高い、私はレアチャーシューよりこういうのが好きなんだわ。
煮玉子も中身、とろっとろでしたよ~。
b0089578_11402542.jpg
チャーシュー炊き込みごはん
出汁がしみ込んだごはんとしっかりめのチャーシュー、名前のインパクトよりもクドくなく優しめな味。
替え玉(細麺)があるのでしっかり食べる相手と一緒に来た時にいい感じ。


by sukatan_queen55 | 2019-01-29 23:40 | 石川(金沢) | Comments(0)

石川(野々市市):金澤流麺らーめん南 「蘇るピカレスク(牛骨泡パイタン)‬」

b0089578_15245231.jpg
今日も近況から始まります。
DVDレコーダーが壊れたと思ったら今度は車のトラブル、必要に迫られる出費が続いているところへもう1つ。
よく買うショップで冬用のスーツ、もち仕事用でセール時期なので買い時と言えばそうなのかも。

襟なしのグレーのパンツスーツ、サイズが残ってるのがこのタイプだけだったので、これだ!と即買い。
決める時は早いんです、私。 しかし、春に予定している自転車の分の資金も貯めなくちゃだなぁ。

その日は家電量販店に立ち寄ってからの帰り道、お1人様ラーメンは金澤流麺らーめん南
食べに行ったのは1/9(水)MRO「絶好調W」で紹介されていた、あの「泡ラーメン」でした。
密かにとある女王のテロップ流れていたの気が付いた人いるかしら。

・蘇るピカレスク(牛骨泡パイタン)

泡系ラーメンはスープを泡立ててエスプーマ状になっているラーメンで、
私は大阪のふく流らーめん轍(わだち)や、そらみちで食べていましたが石川県ではあまり見かけないタイプ。
鶏白湯系ではなく、牛骨泡白湯系というのがこちらならではのオリジナリティー。


スープが泡状でふわっふわ、見ため軽そうですが濃厚でクリーミーなふわとろな食感。
クリームパスタやシチューを思わせるようなまろやかさとコク。
自家製のエモ麺にもふわふわとしたスープがしっかり絡みます。

チャーシューは最近ローストビーフに変わったばかり、赤たまねぎ、九条ねぎ、海苔、しめじ、トッピングの煮玉子。
軽やかな口当たりの中から感じる濃厚な旨みが最大の武器。
1人旅で平気で1人で居酒屋に入れる私の心理状態は置いておいて、ここは女性が1人でも立ち寄りやすいお店です。
公式FBページなどで当日食べられるラーメンがアップされているので、食べたいラーメンがあればチェックを忘れずに。




by sukatan_queen55 | 2019-01-25 21:28 | 石川(金沢) | Comments(0)