タグ:バー ( 66 ) タグの人気記事

金沢(片町):Bar Hizuki(ヒズキ) ラム&モヒートBar

b0089578_11544990.jpg
GW中の片町にてご飯を食べた後の二次会は、犀川沿いのソシアルレジャック・ビル4F。
夜景が見渡せる「ラム酒とモヒートと夜景のBar」を看板にラム酒に特化したBar Hidzuki(ヒヅキ)

バーの新規開拓はあまり得意ではない私、1人で行く時はまず知り合いがやっているバーに限られるし
若い頃から連れていってもらったことはあるが、自ら探して行くことがないので増えようもないという。

バー巡りが趣味でない限りそれが普通でしょうか?ラーメン屋には1人で平気でいけるのにね。
ここは数少ない「バーへ行こう」と提案する時に思い浮かぶ1軒です(まだ1人では行ったことないけど)

ラム酒を専門とするHidzukiさんの棚にはずらりと並んだラム酒の瓶、
世界各国のラムを100種類以上取り揃えているそうです。

モヒート、ダイキリ、XYZ、ブルーハワイ、ブルーハワイと人生の中で今まで飲んできたカクテルたちですが、
ラムをあまり意識せずだったのでラム酒についてはド素人。

それぞれのラムの香りや味わいをダイレクトに知ろうと思ったら、ストレートやロックがおすすめ。
という訳でこちらはラム酒の飲み比べ、私が飲むと倒れることになりそうなので夫がトライしていました。

パッサーズ ブリティッシュ ネイビーラム
ディプロマティコ レセルバ エクスクルーシバ
バルバンクール ハイチラム
b0089578_11545497.jpg
私はやはり飲みやすいカクテルの方へ、
ラムとクランベリージュース、辛口ジンジャーエールの「カルトジンジャー」。
ローズマリーの香りを受けながらさっぱりとしていてジンジャーエールの炭酸がいい刺激、そして酔う。
b0089578_11545764.jpg
夫がラム飲み比べをする前に飲んでいたもの、ココナッツウォーターで作ったさっぱり仕様の「ピニャコラーダ」
パイナップルとココナッツで普通に美味しい♪女子力高いな。
これに使用されるココナッツウオーターを試飲させてもらったけど、
私が家で飲んでいる某倉庫型スーパーのココナッツウォーターよりも香りや甘さが優しく自然かも。
b0089578_11550292.jpg
モヒートも7種類くらいあって迷いましたが、私が飲んだのはキャプテンモルガンを使った甘いモヒート「ヴァニラ
モヒート」だったかな。←かなりきてる
本場キューバ式のモヒートもあり、キューバのミントであるイエルバブエナを使用(*イエルバブエナがある時)
b0089578_11550664.jpg
最後に頼んだデザート、ラム酒がたっぷり入った黒糖プリンに特製コーヒーの香りがするラム掛けで
うーん、甘くて深い大人のデザート、益々酔いました(笑)

前もラムの飲み比べをしている人を見かけたけど、かなりの深いラム好きな方々がいそうですね。
これだけの品揃えなので店主さんも相当マニアック、ラムについてのお話を聞かせてもらいました。
知らなくてもそこからラムの世界が広がって楽しそうな、今度はちょっとづつならロックを挑戦してみたい。
美味しくて飲みやすいラムのカクテルに冬はホットバタードラムなど女性が喜びそうなものから、マニアックな人まで。
次回行く時は友人を連れていきたいです。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-05-15 23:26 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

大阪(難波):Craft Beer GULP(ガルプ)

b0089578_11562234.jpg
豚足とホルモン串からの休憩はその場所からやや北上して同じく難波のCraft Beer GULP(ガルプ)
クラフトビールの専門店で季節ごと変わる日本・海外のビールが豊富に揃う。
去年の2月にオープンしたこのお店の店長さんは京町堀のビア酒場「dig beer bar」出身。

b0089578_11562670.jpg
付き出しはトマト味のマカロニと豆のサラダ。
お腹の休憩中だったので料理は食べなかったけど、ビールに合うフードメニューも色々ありそうでした。
b0089578_11563713.jpg
・ヴァイツェン(呉ビール)
・マンダリンジュースIPA(ニーディープ ブリューイング)
元々ビールが苦手な私ですがフルーツビールが飲めるようになってから、クラフトビールのハードルもやや低くなってきた。
マンダリンを使用したIPAはシトラスなフレーバーとオレンジの香りで飲みやすいビール。
ヴァイツェンは苦味は一切なく優しい香りでフルーティー。

クラフトビールに詳しくない私にも細かく説明してくれて親切なスタッフさんがいましたよー。
ついでに美味しいたこ焼きのお店まで教えてもらいました(笑)
かなりプッシュしていたのでシメはたこ焼きの予感。



 
 



[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-05-01 23:16 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

金沢(香林坊):ORIENTAL BREWING(オリエンタル ブルーイング)片町香林坊店 oishii

b0089578_11484429.jpg
オリンピックのお蔭で久しぶりにテレビを観ている、という連日。
付けっ放しにしておいても何かしら競技は放映しているので、夜中までほぼBS-NHKとお友達。

自分はスポーツや音楽など単発な番組を見るのに向いている性格らしい。
オリンピックが終わったら、ドキュメンタリーや報道番組に戻るのかな、やはり。

1月から始まったドラマも連続して観ることが長続きせずに諦めてしまった。
思春期からドラマっ子でなかったという流れ、この年になっても変わりそうにない。

今年の始め辺りから、休日に街に用事があり出かけると、ふらりとビールが飲みたいと言い始める夫。
ビールが飲めない女からフルーツビールか軽めのビールなら飲めるように昇格した私のGOサインを受け、

クラフトビールが飲めるビアパブの中でも自家醸造のビールがあるオリエンタルブルーイング。
この日の自家醸造ビールのラインナップは
シングルホップ・シトラ、きまビール、小矢部はと麦エール、湯涌ゆずエール、加賀棒茶スタウトの5つ。

夫は小矢部はと麦エール、私はゲストビールのMARCA(マルカ)のコーヒーアンバー。
ん?マルカって大阪のとあるクラフトビアバーで名前を教えてもらったビール醸造ブリューパブではないの。

そんな縁もあったコーヒーアンバーは、浅煎りエチオピア産コーヒーの香りが漂うとても飲みやすいビール。
コーヒーのほろ苦さとビールの苦味が一緒になっているのだろうけど、ビール苦手な人にもOK。
b0089578_11485868.jpg
加賀レンコンビアフリット(スパイス3種)
衣にビールを使った加賀レンコンフリットは、さっくり軽くて中はもちっと。
b0089578_11490279.jpg
スパイシージャークチキン
あぁスキレットが家にあるある~たまには出してこんな使い方しなければ!すぐ忘れてしまうだろうけど。
皮はパリッとして中がジューシーになってるチキンソテー、ローズマリーの香りと共に。

軽めのビールにフルーツビールが飲めるだけでも、ビール嫌いからの大進歩。
家で缶ビールを飲むことはないだろうけど、クラフトビール飲み巡りはこれからも続く。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-02-16 23:57 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(香林坊):ORIENTAL BREWING(オリエンタル ブルーイング)片町香林坊店

b0089578_15121869.jpg
街中の旅行会社に用事があったので向かった年の瀬の香林坊。

やはりデパートは慌ただしく、そそくさと用事だけ済ませて帰ろうと思っていたけど、
ある店舗が目に入り、午後3時のティータイムならぬビールタイムを堪能しようと、

東急イン香林坊のお隣のビル1Fに12月9日にオープン、東山店に続いて2店舗目のクラフトビールが飲めるパブ。

実は東山店の方が自宅から近いけれど、よっしゃ出かけるぞ!という気合いの下で
歩いて行くのがおっくうなのか(今は寒さのため)まだ1回しか訪問しておらず。

香林坊店の営業時間は平日は16:00-23:00(L.O)、土日は12:00-23:00(L.O)

たまたま立ち寄った香林坊で昼とも夜ともつかず中途半端な時間に
「あ、寄ってく?」とぷらっと入れる気軽さが何かツボに入った。
b0089578_15122620.jpg
店内はカウンターが6席と壁側に4人がけのテーブル席が幾つか、真ん中に楕円形の大きなテーブルが1つ。
付かず離れずな丸テーブルに陣取って、黒板に書かれてる本日のタップをチェック。
b0089578_15123051.jpg
私は元々ビールが苦手な人で、昔ながらの瓶ビールや缶ビールは家でも外でも飲んでいません。
いや一切飲めないこともないのだけど美味しいと感じないのです、残念ながら。

でもフルーツビールなら美味しく飲めるなぁで始まって、クラフトビールもお!?いけるかも?
って、銘柄にもよるけど今更ながらビール舌開発途中の私。

で、ここで選んだのはやはりフルーツビール。

・湯湧ゆずエール
オリエンタルブルーイングの自社ビール、第一弾「湯湧ゆずエール」。
金沢湯湧温泉エリア名産の「金沢ゆず」を使ったゆずエールは、爽やかな柚子の香りと味わいでとっても飲みやすい。

これならビールが苦手な私でも大丈夫だし美味しいです。
メニューにはビール以外にもカクテル、焼酎、梅酒、ワイン、ハイボール、ノンアルなどありました。

b0089578_15123877.jpg
・加賀棒茶のスタウト
夫が飲んでいたのがこちら、金沢の伝統的な茎葉(棒茶)をほうじたほうじ茶を合わせたスタウト。
芳ばしい香りとすっきりした飲み口だったそうです。
観光客の方には金沢の魅力を感じてもらうのに地ビールっていう手もありますね。

この日はビールだけ味わってほろよい気分で帰宅。
b0089578_15122252.jpg
年明けて帰国した翌日に尾山神社で初詣、午後からゆっくり出かけたので夕刻近くになっていた。
その足でそのまま徒歩10分ほどかけて、明けましてクラフトビールなオリエンタルブルーイング。
b0089578_15124208.jpg
私が飲んでいたのはゲストビールである南信州ビールのアップルホップ。
南信州産のりんごをジュースに加工して発酵タンクに入れて作ったフルーツビール。
苦味が少なくて林檎の果汁とビール感が交わって、クラフトビール初心者にはぴったり。
初心者から抜けられないかもしれないけど、私が選ぶのはやはりフルーツビール。
b0089578_15124898.jpg
小腹が空いてきたのでフード類も注文することに。
まるごとポテトフライ、チキンコンソメのフレーバーも加わってほっくりとんまい。
b0089578_15125249.jpg
加賀蓮根アラビアータ、根菜類のピリリと辛いアラビアータなるほど~これは家で作ってみたいかも。
b0089578_15125684.jpg
大野醤油の鶏唐揚げ
しっかり醤油タレがしみ込んだ唐揚げでした、スパイス(レッドペッパー、クミンだったかな)類も添えて。

メニュー表には野菜、肉などつまみ類、黒板メニューには日替わり?な炭水化物メニューが掲載されていて、
鉄板ナポリタンやビール屋さんのスパイシーカレーが激しく気になるカレー大好き熟女だったのですが、
ここで食べたら家で夕飯食べれなくなる!もういいやろーと夫に止められ、あえなく断念。
夕飯代わりにしてもよかったのにー(心の声)

次回はカレーやスパゲティーをお供にビールいただきたいです♪




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-01-14 23:54 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(材木町):不二(HUNI)ダイニングバー oishii

b0089578_10370967.jpg
レスピラシオンからの二次会はお腹も膨れたこともありバーへの流れへ。

東山という手もあったが2人がまだ未訪だというダイニングバーの不二(HUNI) へ。
この落ち着いた扉の奥はどうなってるんだろうって前から気になっていたらしい。

卯辰山に向かう天神橋を渡るすぐ右手にあり、私の自宅からは徒歩1分余りと一番近いバーだけど、
1人で行く機会はまだなくていつも数人で連れだって来ていて、今回が3回目。
b0089578_10372165.jpg
穏やかな灯りの落ち着いた雰囲気のなか、靴を脱いで上がるのがストレスフリー。

浅野川沿いとあってカウンターの窓からの景色は川が望めるんです。
そして前に見学した2階は畳席でもっと窓からの眺めが良く、場所柄観光客らしき方々が下りてくるのを見かけたことがある。

次はカウンターに座るんだと決意しつつ、いつもの5、6人は座れそうなゆったりしたソファー席へ。
お酒はビールやワイン、ウイスキー、日本酒など色々揃っていて、私は柚子酒のロックに他はサングリアなど。

フードの種類も結構あるなという印象でパスタ類やおつまみなど目に付いたけど、
約1名を除いてはお腹がいっぱいだったので、今回は控えめに。
b0089578_10372738.jpg
鶏肉をタレに漬け込んで揚げたもので美味しかったらしい(未食)
くっ・・お腹が膨れていなければ肉をみすみす見逃す私ではないのに。。。
b0089578_10373597.jpg
チーズの盛り合わせはスモークとカマンベール、ブルーチーズ。
自然に耳から抜けていくような音楽の中で時間も忘れつつ語り合う。
次はぜひ1人で、いや2人でもいいのだけれど、カウンターで川を会話を楽しみたいです。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-12-12 23:37 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(野町):わいんばーる数登美(かずとみ)ワインバー

b0089578_13215424.jpg
居酒屋わり勘さんからの二次会の為に、同じ野町内のにし茶屋街まで徒歩で向う。
ひがし茶屋街は近所なので身近な存在だが、夜のにし茶屋街を歩くのは私にとってはとても珍しいこと。

格子戸が立ち並ぶお茶屋建の建物はほんわりと薄明りが灯っていて、
雨に濡れた石畳の情景が余計にしっとりとした情緒深さを伝えてくれている。

その通りの入口近くにある古いお茶屋さんを改装したワインバー、わいんばーる数登美
町屋の落ち着いた佇まいの和風モダンな造りの店内では、ワインや他のお酒と共におつまみなどが楽しめる。

料亭やお茶屋さんが軒を並べているので敷居が高いと思われがちだが、
ここは特に気張ることもなく、メニューやチャージなども良心的な価格なのが有り難い。
b0089578_13220022.jpg
予め予約してあったのでロングカウンターを7人で横並び。
団体客用に個室もありますが、対面式でスタッフと会話できるカウンターはバーの醍醐味を満喫できる。

ドリンクメニューはワインリストからの各種ワイン、ビール、日本酒、焼酎、ウイスキー、ブランデーなど。
運転手な友人はソフトドリンクの中からノンアルコールスパークリングワインを飲んでいました。
海外で経験を積まれたソムリエールの方がいるので、ワインについてお気軽に聞いてみましょう。
b0089578_13220482.jpg
私が飲んでいたのはリースリング・フォルテ。
フルーティーな香りが漂う軽やかで爽やかな酸味の白ワイン。
b0089578_13220903.jpg
次は塩尻メルロ、程よいタンニンと華やかな香りで飲みやすい。
私は日本ワインでしたが、お隣の知人はカウンター上に海外物の赤ワインボトルを4本ほどずらりと並べ次々に飲み比べ。

明日、早くから仕事なのに・・と呟きながら飲んでいる。
私も明日は病院の診察日だわ、飲み過ぎていないし、多分影響なかろう。。。
b0089578_13221320.jpg
夏の時期だからということで浴衣姿のスタッフもいたりして涼やかで可愛らしいお姿。
リラックスした雰囲気で友人たちとの会話も弾みながらワインを楽しめました。
片町から橋を渡って徒歩5分の距離の洒落た大人の隠れ家バー、おすすめです♪

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-08-14 13:22 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

東京(吉祥寺):アヒルビアホール(ビアバー) oishii

b0089578_15345350.jpg
東京出張夜編、吉祥寺にていつもの飲み会メンバー、東京ハシゴ酒案内人プリさんを待つ。
夜の待ち相席代わりに選んだのは、ハモニカ横丁内にあるアヒルビアホール

ここは2回目ですが、1階がカウンター席だけでオープンエアーなのでふらりと入りやすいのです。
2階はテーブル席で、ビールを始めとする様々なドリンクメニュー、バル系のフードメニューが楽しめる。

円形のカウンターは一部立ち飲みなので、奥の座席が並んでいるコーナーを占拠する。

b0089578_15345896.jpg
ベルギービールの「ヒューガルデン」ブランドから「ヒューガルデンロゼ」。
いつの間にロゼが!?と思ってたら2016年1月から販売されているんですね。

あまりビールが得意ではない私ですが、フルーツビールはイケるので注文。
フランボワーズのフルーティーな香りとほのかな苦味に甘い味わい、女性に受けそうです。

b0089578_15350368.jpg
ミックスナッツをつまみつつ待つこと数十分、職場から直行のプリさん登場。
東京ナイトクルーズの始まり。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-07-06 23:27 | 東京 | Trackback | Comments(2)

金沢(尾山町):cafe bar Mikaduki(カフェバー・ミカヅキ)でラム酒

b0089578_13590245.jpg
片町の肉割烹レセプションから大人しく帰宅するのも少し勿体ない気がする。
お酒の勢いもあり軽い浮遊状態は心地よい証拠。

こんな時は数少ない行きつけのバーに向かう、cafe bar Mikaduki(カフェバー・ミカヅキ)
身構える堅さはなくまったりとした空気が流れる尾山神社近くのカフェバー。

カウンターには今月号のクラビズム、丁度ラム酒特集でミカヅキも紹介されていた。
お隣のお客さんもラムの飲み比べをしているとあらば、自分もラムを飲んでみようかなという気になってくる。

ラム酒、好んで飲むのはモヒートやダイキリ、X.Y.Z.・・・と大抵はカクテル。
銘柄なんて気にしたことないラム初心者、そこで武本さんにお勧めのラムを伺う。

単純に甘い・辛いで選んでみる分かれ道。
甘いで出てきたのはベネズエラ産の「ディプロマティコ・リゼルヴァ・イクスクルーシヴァ」。

ロックやストレートはお酒が弱い私には少々厳しいのでソーダ割りにしてもらいました。
ふつふつと炭酸の中から甘さが感じられるけど、後から来る香りはスパイシー。
b0089578_13590892.jpg
付き出しがいつもと違ってインドのお煎餅パパド。
ピリッと辛い胡椒が響くパリパリのお煎餅、今日は変化球が続くな~。
b0089578_13591287.jpg
マンゴーチーズケーキ
真夜中のスイーツが味わえるのもここのいいところ、お酒の飲めない人はコーヒーと合わせてミッドナイトカフェで。
本日のシメはトロピカルな甘さが加わったチーズケーキでした。

何かしら会話はしているけど騒ぎすぎることもなく、自然に入り込める落ち着いたひととき。
やっぱりここはふらりと1人で立ち寄ることが多いかな。
ラムに目覚めたわけじゃないけれど、いつもと違ったチョイスで楽しみ方を広げてみるのもいいですね。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-06-30 23:59 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(木倉町):Bar Galbo(ガルボ)バー

b0089578_13152428.jpg
デブくろ会「林檎とわかば」編の後はメンバーたちと、木倉町のBar Galbo(ガルボ)へ。
ここは友人のなみちゃんが経営するバー、美熟女の周りに群がるお客は老いも若きも男女へだたりなく。

そして知り合いに遭遇する高確率、この日も後から来るお客さんが見知った人ばかり。
今気づいたこと、前回の記事も林檎とわかばの後に行っているではないか!

この2軒何となく雰囲気が似ている気がする、ステンドグラスといいレトロで落ち着いたムードといい。
何にせよ、居心地良い空間なことは間違いなし。
b0089578_13155552.jpg
Ch.de la Velle Beaune Vieille Vigne de Saint Desire
(シャトー・ド・ラ・ヴェルボーヌ ヴィエイユ・ヴィーニュ・ド・セイント・ディザイア)
勧められるままに美味しいワインをいただく、ブルゴーニュの赤、ピノノワール。うんまい。
b0089578_13162519.jpg
これはボトルは確認しなかったけど、ボジョレー・ヌーボー。
ここではボジョレーを飲む人はあまりいないらしく、じゃあ私が飲む!と何杯もゴクゴク・・。
先の店でボトル開けているのに。

同席した知人たちとの会話が弾んで時間を忘れる楽しさ。
後から加わった友人が、「もうちょっとだけ」というので後1杯飲んだらすっかり正しい酔っ払いに。

ハッと気づくと自宅のソファーで寝ていた午前3時、こっそり寝室に戻ったけど家族には完全に気づかれていた。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-12-08 22:17 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(片町):Hidzuki(ヒヅキ) ラム酒&モヒートBar

b0089578_16201513.jpg
結婚記念日の食事の後、もう少し時間を過ごす為に犀川沿いにある、Hidzuki(ヒヅキ)へ。
4階からのカウンター越しに犀川の景色が見渡せるこのバーは、ラム酒に特化したラム&モヒートBar。

カウンターとテーブル合わせて13席、この日は比較的空いていたのでカウンターへ。
梨のダイキリとモヒート、私が飲んでいた梨のカクテルはジューシーな清涼感。

そういえばお酒を覚えた20歳頃、当時流行っていて鮮烈な記憶があるのはロングカクテル、ブルーハワイ。
ビールは苦手で、ダイキリ、X.Y.Z.、最近はモヒートなどを飲んでいる。

どれもラムをベースとしたカクテルなので、気づかないところで意外とラム酒に馴染んでいたのね。
b0089578_16275502.jpg
グラスに挿してあるミントはキューバのハーブ「イエルバ・ブエナ」、モヒートに入っていました。

普段日本で飲んでいるモヒートにはスペアミントが使われている、というかそれが普通だと思っていたが、
キューバ発祥のモヒート、本国ではスペアミントではなく、このイエルバ・ブエナというミントの一種が使われるそう。

自家栽培のイエルバ・ブエナが入った本格的なモヒート、収穫できた時に味わえる。

以前、行った時は寒い時期だったので、ラムのお湯割りにバターを浮かべたホットバターラムを飲んだり、
そしてお隣のお客さんは複数のラムをショットで利き酒!?と、色んな楽しみ方があるようです。




[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-10-29 23:28 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)