タグ:カレー ( 120 ) タグの人気記事

金沢(香林坊): AASHIRWAD(アシルワード)「ネパールの家庭料理を食べましょう会」 oishii

b0089578_14302322.jpg
秋に入ってから某カレーコミュニティの食事会が加速していて、金沢や富山で賑やかにスパイス祭りが開催されている。
富山のも参加したいけれど中々難しくて、現在私が参加しているのは金沢開催のみ。

10月の最終土曜日、AASHIRWAD(アシルワード)さんで「ネパールの家庭料理を食べましょう会」が開催されました。

アシルワードさんと言えば、看板はインドシェフによる本格的なインド料理とネパール人の奥様のネパール料理。
夜に単品で食べると特に感じるけど繊細な味で1品がただ美味しい。

たまに限定やイベントでネパールのダルバート(定食)やトゥクパなどが出品される時は、
なるべく食べに行くようにしているのですが、今回はこの日のために特別のダルバートを用意してくれるのだとか。

テーブルにはネパールの写真入りのメニュー表が1人づつ用意されていて、
お店側の気合いの入れようも伝わってきました。

全員そろったところでワンドリンクの飲み物をオーダーした後、1人づつプレートが運ばれてきました。

①カロダール・ジンブージャネコ(ウラッド豆のダール)
②ククラコマス(骨付きチキン)
③カシコマス(山羊)
④タルカリ/ボリピンダル(ホワイトロピア豆と里芋)
⑤タルカリ/シミ(つる豆)
⑥サーグブテコ(小松菜など)
⑦ムラコアチャール(大根の浅漬け)
⑧ケロウサデコ(グリーンピース、胡瓜などのスパイス和え)
⑨ライス(白米)
⑩セルロティ(米のドーナツ)
⑪ダヒ(自家製ヨーグルト&グラブジャムン)


ウラッド豆のカレーが今までに食べたことないほど奥深いダールでとっても美味しく、周りも同じ意見の人多し。
これにはジンブーというネパール特有の野菜を乾燥させたものが入っているそうで、これが影響しているんでしょうね。

ジンブーを昆布ーと聞き間違いして心の中で違うわ!とツッコミを入れていたが、
一文字違いだし出汁も出るしで、学生の英単語をこじつけ暗記するようにジンブー×コンブーで記憶したわ。

野菜のお惣菜が多いですが、それぞれ辛さも味も全部違うので
ふぅん、ほぉ~といちいち口の中で反応してしまうのが楽しい。
いつも肉中心のスパイス料理を食べている人が野菜が美味しいと唸っていたから相当なもの。

カシコマス(山羊)は羊大好きなら伝わってくる香りが納得なスパイス煮。
骨付きチキンのカレーとお肉類は2つだけですが、野菜ばかりでこの満足感はいいねぇ。
定食の様に見えて酒飲みには全てがアテ。
b0089578_14305271.jpg
今回のダルバートにはドリンクが1品付くことになっていて、私が選んだのはマサラワイン。
スパイスが入った赤ワインは甘めでスパイスの香りがして、サングリアを想像してもらえばいいかな。
マサラワインを結構気に入っていて、冬季などはホットでもいただいたりしています。
b0089578_14314782.jpg
こちらは後から揚げられて提供されてきた、セルロティ(お米のドーナツ)
細めのドーナツ状に油で揚げられたセルロティは少し固めでガリッとした食感。
私は全部食べきれずに持ち帰ったのですが、時間が経つと固くなるのでやはりその場で食べた方が一番いいですね。

今回も富山から沢山の参加者が来られてて、スパイス話としてはよりディープな話が出来る方々ばかりなので、
話しているだけで知識吸収、自分のスパイス活動(食べるのも作るほうも)も活性化されるわけで有意義な会でした。

ネパールの家庭料理を味わえるという貴重な体験を計画してくれた幹事さんに感謝。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-11-03 23:00 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(桂町):インド料理 マハク(Mehak)「ポークマサラカレー」「ランチセット」

b0089578_11140408.jpg
休日に1人で県庁近くのショールームやショップを点々と徘徊活動していた私。

カーテン1つとっても地味ぃ~に茶系かな?と考えていたら、シルバーを希望されてそれが良いのかも分からない。
あぁ、インテリアコーディネートの才能が下りてこないかと。

その辺でお昼を何を食べようかと考えていたら、夫から仕事終わったと電話がかかってきたので、
まだ向こうが未訪だというインド料理、マハク(Mehak)さんに行くことに。

この間、期間限定の「ポークマサラカレー」 をいただいたら、とってもスパイスごろごろで美味しくて。
そしたら、どうもこれが評判が良くって限定からレギュラーメニューに昇格したらしい。
という風の噂の押し上げもあって、すでに気分はポークマサラ色。

ポークマサラカレーセット(ナン、ミニライス、ミニサラダ、チャイ付):1,200円

ナン→チーズナンに変更して増額(値段忘れた)
通常のランチメニューとは別枠になるので、お値段もちょっと上がるけど
豚の塊肉がごろんごろん入ってるし、ホールスパイスもこれまたごろんごろん。
炒められた玉ねぎがグレイビーで正統派っぽいマサラ感がスパイス好きならイイネ!ボタン。
b0089578_11140994.jpg
カレーよりも先に出てくるサラダ、ドレッシングは黄色だけども味は胡麻に似ている。。
b0089578_11140011.jpg
・Bランチ(日替わりカレーから2種、小ライス、サラダ、ナン):980円

夫は通常のランチメニュー、選んだ2種のカレーはキーマカレーとミックス野菜
マサラよりはスパイスは控えめでスパイスジャンキーが好むものより食べやすいカレーです。

特にミックス野菜は本当に優しい系で、マサラ好きの私も半々でシェアしていたくらい。
キーマカレーは挽肉というよりも肉を細かくカットしていた位の大きさで入っていました。

ん?ナンの形がこの間食べたしずく型から丸型に変わっているぞ。
ここは焼きたてナン食べ放題なのですが、私のチーズナンを半分近く食べた上にナンお代わりしてた、あなたすごいよ。
b0089578_11142633.jpg
食後に私はチャイ付だったけれど夫にもチャイが運ばれてきた。
確かBランチにはないはずだけどサービスしてくれたのね、ありがとうございます。

まだ夜は未訪ですが単品の他にミールスなどもあるので、飛んでマハクナイトを頭に描きつつ・・ごちそうさまでした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-11-02 23:15 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(片町):スパイスボックス (SPICEBOX)で「スリランカ料理オンリーの食事会」

b0089578_11230347.jpg
8月に開催された華麗なるカレー仲間たちによるカレー食事会 も記憶に新しいのですが、
スパイスボックスなら私が担当!なんて話していたら、それから数日後には予定の歯車がまわり始めた。

そして9月初旬に1人スパボに向かいフェルナンドさんに宴会の交渉をしに行ったのです。
今回のテーマは「スリランカ料理オンリーの食事会」

フェルナンドさんに頼むと快く承知してくれたが、実はスリランカ料理オンリーのコースをスパボでするのは初めて。

これまで長らくスリランカ人のフェルナンドさん、インド人シェフ1人か2人の構成の時期が多かったが、
しばらく前から柿木畠のスリランカキッチンの夜営業開始準備の為に、スリランカ人シェフ2人、インド人シェフ2人が新加入。

合計5人のシェフがスパボの厨房の中をいったりきたりしている光景は、ちょっと傍目から見ても狭そう。
でもさすがに人数が多い分、注文したメニューは団体がいてもそこまで待たされることはない。

10月1日から姉妹店である柿木畠の「スリランカキッチン」の夜営業が始まってしまえば、
スリランカ人シェフ2人は姉妹店に移動してしまうので、この宴会日は最後の5人ラストデー。

まさに今が出来る環境にあったからこそ実現したイベントでした。
スパイスボックスでのスリランカ料理オンリーの宴会は、もしかしてこれが最初で最後かもしれない。

9月の間は打ち合わせの為にイベント含む5回、スパボに食べに(又はテイクアウト)行ってました。
それでは、奥のお座敷で総勢14名のカレー好き強者共の宴会の始まりです。
b0089578_11230754.jpg
・ラッシー酎ハイ

ここのドリンク類には、ワイン、ビール、酎ハイ、カクテル、ソフトドリンク、ラッシー類と色々ありますが、
アルコールで人気だったのは焼酎とラッシーを合わせた「ラッシー酎ハイ」、これいつもの私の定番。
そして「アラック」というスリランカのウイスキーをラッシーで合わせた「ラッシーアラック」も今回人気でした。
ちなみにラッシーアラックはメニューには載っていません。

b0089578_11231194.jpg
・コラカンダ

まずはスリランカのスープです、コップだからか某ラーメン屋のラーメン前に飲む野菜ジュースを彷彿(笑)
でもあながち間違ってはいなかった、中身は野菜・・色からして青菜、そしてココナッツの風味もする。
コラカンダ(コラ=青菜、カンダ=粥)の名のとおり、ドロッとしているのはお米のせいかな。
温かいゴクゴク飲み干す青汁的なお粥、うーーーん、うまいもう1杯!!でもこれはお腹が膨れる。
b0089578_11231428.jpg
・エラワルロティ

エラワル=野菜という意味(シンハラ語)で、野菜とスパイスを炒めて小麦粉の皮(ロティ)で三角に巻いたもの。
そのままで食べても美味しいんだけど、いつもベジタブルパコラなどを注文すると出てくる2種のソースが出てきました。
オーロラソースっぽい白いソースとウスターソースっぽい黒いソース、これは後から出てくる料理にも好みで付けます。
スリランカの軽食(ショートイーツ、南インドではティファン)に分類されるそうです。(他、カトゥレットなど)

b0089578_11231940.jpg
・スリランカのピーマンの中に豚のミンチが入った揚げ物。

この料理名をフェルナンドさんに何度も何度も繰り返し聞いたけど、聞き取れない!汗
スリランカのピーマン、検索するとマールミリスという甘長唐辛子みたいなものらしい。
「手に入ったから~」と、この野菜初めて食べました、日本でも栽培されているそうです。
マールミルスの中にスパイスで味付けした豚のひき肉が入った揚げ物、これバツグンに美味しい!
b0089578_11232409.jpg
・カトゥレット

スパボではお馴染みの丸い小さなコロッケ、スリランカでは魚や肉でもなんでもあるそうだけど、
ここでは青魚のコロッケで出てくることが多い。
フェルナンドさんに中身を聞くと「わたし、買ってきてないから分からない」そうで・・おいおい(笑)
でも「多分ブリ!」とのこと、鰤にはまだ時期が早いからフクラギやガンドとかかしら。
b0089578_11232939.jpg
・魚のスパイス焼き

日本と同じく海に囲まれたスリランカは魚料理が豊富。
何か魚を焼いたものか、揚げたものを出すと事前に知っていたけど、出てきたのはこちら。
多分、鰤(の手前のふくらぎかガンド)の焼いたもの。
スパイス焼きと書きましたが、主に粗挽き黒胡椒と塩が使われている様で日本人にとってあまり違和感のない味。
b0089578_11233270.jpg
・デビルマトン&チキン

スパボの通常メニューでもあるデビルシリーズ、トマトやケチャップなど使った甘辛い炒め物。
デビルと付くと唐辛子や胡椒などで辛くした調理法らしいけど、これはそれほど辛くはない。
希望すればいくらでも辛くしてもらえるけどね(いつも辛くする?と聞いてきます)
お肉は宴会仕様なのか豪華に2種類でマトンとチキン、後玉ねぎとか。
お肉の色が違うのでどちらかは判別できる、マトンばかり食べていたのは言うまでもない。
b0089578_11233835.jpg
・ポルロティ、ライス

さて、お待ちかねのカレータイム、カレーと炭水化物がテーブルへの大移動。
ポルロティはココナッツ入りのロティ、ココナッツ入りがこんなに美味しいとは!
塩気とココナッツの素朴なロティはカレーは付けないでそのまま食べても。
ライスにはゆで卵とパパダン(スリランカのお煎餅の様なもの、インドのパパド似)付き。
b0089578_11234273.jpg
本命のカレーが運ばれてきた、まずは2つ。
何カレーも言わずに去っていくのだが、多分メニューに載っているスリランカカレーだろうと予想。

ククルマスカルマールワ:香辛料たっぷりなチキンカレー、ククルマス=鶏
普通のチキンの身だけじゃなく内臓部分も入ってた。
パリップ:(レンズ豆)の煮込みカリー、ダールは必要ね、やはり。味噌汁みたいなもん。
b0089578_11234606.jpg
さらにドン!ドン!とジョジョ文字の様に置かれていくカレー。

イエローマスキラタ:ココナッツベースのカレー、野菜たっぷりで優しい味。
バトゥ=茄子のカレー:これが見た目とのギャップが激しくてすごく甘いの、甘辛いの甘いが強い。
b0089578_11235058.jpg
さらにドカドカッ!っとテーブルに乗り切らんわ、ってくらい持ってくる。
初めて作ったよ、と言ってたのは多分バトゥカレーのことだろう。

ポルサンボル(ココナッツと玉ねぎの辛い和え物)
マッルン(細かく刻んだ野菜とココナッツ)かつお節が入ってな和風なふりかけ
で、左の小さな器は辛い薬味のルヌミリスか?よく分かりません、これは食べませんでしたが。

それぞれごはんの上に複数のカレーや薬味をかけて、混ぜて食べるのがスリランカ流。

b0089578_11235537.jpg
そして、最後のハラパンの使者、イディアーッパ。
もう大食漢を誇る男性陣もお腹いっぱいになるほどのスーパーボリューム。

・イディアーッパ
米粉の細い麺(別名:ストリングホッパー)、すわ素麺か!!という様な見た目ですが、
素麺よりは表面はツルツルではなく少し乾燥してるような感じ。
こちらもカレーをかけて食べます、タイにも似たような感じでにカレーをかけて食べる素麺のような麺があったなぁと。
b0089578_11235893.jpg
・サウ

最後にスリランカのデザート、「サウ」。
サウはタピオカの意味、ギュッと固まってゼリーの様になっている上にはカシューナッツ。

私はもう大食いではないので、取り分けて食べられなかった分をイディアーッパならぬ持参したターーッパに詰め込む。
毎回スパボで食べきれなかった分は持ち帰るのですが(持ち帰りOK)、
テイクアウト用のタッパーを毎回もらうのは申し訳ないので、最近スパボに来る時はいつもタッパー持参してます。
あ、でも普通に容器も頼めばもらえますよ、今回も食べきれなかった分は皆さん持ち帰りました。

オープン当時から何度もお世話になっていて、自分の結婚式の三次会会場にも使わせていただいたりと
何かとご縁のあるスパボでのスリランカ料理オンリーの宴会は、ボリューム&内容と共にすばらしいもので、
フェルナンドさんとシェフの皆さんに大大大感謝!!な夜でした。

翌日は金沢市役所広場でカレー博にスリランカキッチンとして出店していたフェルナンドさんに再会、
これだけ死ぬほどスリランカ料理を食べたのに、またここのカレーを食べている私の姿があった。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-10-12 22:29 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(石引):ジョーハウス(JO−HOUSE) 石引店「ラムひき肉と揚げ茄子のキーマカレー」

b0089578_11531662.jpg
現在、21世紀美術館横のBook under Hotchkissで開催中の「水野仁輔 金沢スパイス研究所」。

9/16~12/17までの期間とあって、余裕もっていたらどんどん週末の予定が埋まっていく。
いやでも必ず行くよ、行きます、スパイス好きの血が騒ぐのだ。

この日は午後から用事があり半休をとり家に向かってる途中・・・ラーメンorカレーorヘルシー定食
の葛藤の中でカレーが打ち勝ったのは、スパイス研究所の影響があるかもしれない。

タイアップのオリジナル限定カレーをいただきにきました。


・ラムひき肉と揚げ茄子のキーマカレー

1口食べると鼻から抜ける特有の羊臭、これこれ!羊好きにはたまらない。
ラムなのでそう強くはないのですが。
辛さはほどほどで食べやすく中々スパイシーで美味しいです。
ところどころ鶏肉の小さな塊を発見したことから、ベースは名物のジャワ風カレーかな。
揚げ茄子も合います、限定にしておくには勿体ないカレー。

この商店街は学生の頃から馴染みの通りで、裏通りも昔ほど賑やかではないけれど
老舗や新しいお店が点在していて中々魅力的な場所なんです。

また病院での診察後にこの辺でランチすることにします。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-10-11 22:43 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(片町):スパイスボックス (SPICEBOX)「ペーパードーサ」 oishii



b0089578_16193277.jpg
片町の伝馬町商店街にある南インド・スリランカ料理のスパイスボックス (SPICEBOX)

イベントの打ち合わせの為に度々訪れていたのですが、
その数、9月はイベントも入れると計5回!いや~よく行ったわ。

せっかくパーキングに停めて行くのだから、打ち合わせだけではなく
ジムアフターカレーな時もあり、テイクアウトして夕飯に並べる時もあり。

1人でカウンターに座って食べてると、ペアルさんに覗きこまれ「こんにちはー!」って挨拶してもらえるほどに。
宴会は多々あるけどお1人さまは数えるほどしかなかったもんね。

折角なのでスリランカセットばかりではなく他のスパボのメニューも再検証。
この日はペーパードーサとフィッシュティッカ。

他にもテイクアウトを頼んでいたのだけど、シェフ達は全部テイクアウトだと勘違いしていて、
途中、ペーパードーサをどう畳むか相談し合っていた。
それはここで食べるから畳まないで~~!

南インドのクレープの様なドーサの中でも薄く焼いたペーパードーサ。
裏はギー(バターオイル)のとっても甘く香ばしいかおりがして、そのままちぎって食べても美味しい。
b0089578_16204851.jpg
ペーパードーサにはサンバルとトマト味のチャツネ、ココナッツのチャツネが付いてくる。
ドーサにチャツネを付けて食べたり、サンバルはサイドディッシュ的な。
サンバルは南インドのスパイスを使ったスープ、豆と野菜がごろごろ。
前はもっとあっさりした優しいスープだったけど、今回は結構濃厚で辛めだった。
b0089578_16211826.jpg
フィッシュティッカ(ハーフ)
インド料理と言えば超メジャーな普通のタンドリーチキン、ここではほぼ頼んでいない様な気がする。
他にもマライティッカ、ハリヤリチキンティッカなど、タンドリー料理があるのでそちらばかり。
今回はフィッシュティッカ、白身魚をマサラに漬け込んでタンドールで焼いたもの。
b0089578_16214892.jpg
カレーに合わせるのはマンゴーラッシー。
食べきれなかったら持ち帰りも可能ですが(テイクアウト用の器をもらいます)
毎回容器をいただくのは申し訳ないので最近はタッパー持参!笑
カレーやタンドリーなど持ち帰ったものは翌日のお弁当のおかずになります。
b0089578_16221815.jpg
また別の日のスパボ、この日はお1人様仲間がカウンターに何人も座っていた。
フィッシュマサラ、ライス、マンゴーラッシー。
カレーとライスというシンプルな組み合わせにしてみる、ライスは日本米。
b0089578_16224836.jpg
フィッシュマサラ、ここ最近はダールや魚を具にしたカレーに好みが移りつつある(羊は相変わらずラブですが)。
なんの魚か聞かなかったけど白身魚でトマトを強く感じるカレー、それでも酸味が強いという訳ではなかった。
辛さは普通にと注文したけど結構辛いよ、笑
b0089578_16231703.jpg
テイクアウトはベジタブルパコラとマライティッカ(ヨーグルトとクリームチーズのタンドリーチキン)
写真は翌日の自分のお弁当用にタッパーに詰め込んだもの。

アルゴビ(カリフラワーとポテト)やビンジョールパティアラ(茄子とポテト)などのドライタイプなカレーも
持ち帰りやすい&おかずとして食べやすいのでよくテイクアウトしてます。

午前3時まで営業しているので時間を気にせずにふらっと立ち寄れるところもお1人様には利用し易いところです。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-30 23:22 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(四十万町):CURRY LOVERS シエスタ「チキンとバジルのスパイスカレー」 oishii

b0089578_14551881.jpg
外仕事day。
ぐる~りと山側環状線を回って思いつくランチを言えば、CURRY LOVERS シエスタ

現在、21世紀美術館横のBook under Hotchkissで開催中の「水野仁輔 金沢スパイス研究所」。
そのイベントとのタイアップカレーであるシエスタオリジナルカレー、これを目掛けてやってきました。

・チキンとバジルのスパイスカレー(ライスMサイズ)

スープカレーの様にサラサラなカレーとこんもりライス。
1口食べると野菜の風味を一瞬感じた後、スパイスの香りの海がバーーーッと口の中に広がる、スパイシーで辛め。
野菜と鶏、バジルそれぞれの素材がじんわり伝わってくるのを確かめながら、美味しいよー
2個添えてある手羽元はほろりとほぐれる柔らかさ、時々食べる玉ねぎのピクルス。
b0089578_14554923.jpg
頼んだのはAセットでカレーとドリンクorミニサラダ
ミニサラダを選択、こちらは先に出てきます。
b0089578_14561986.jpg
まだオープン11:30からそれほど時間が経っていないので、お客さんも少なくてのんびり。

オープン当初から頻繁にではないけど定期的に通っていて、
あの頃ドリカムがデビューした頃でイタリアンが爆発的に流行り出す前だったよなぁ、と記憶が巡る。
時代が変わっても独特のお洒落な空間はそのまま、落ち着きます。
私も自宅で育てているバジルを使ってカレー作ろうかな。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-29 23:56 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(西念):亀次郎「カレーラーメン」

b0089578_12481061.jpg
秋口に入り寝具を一新、9月後半に我が家に新しいベットがやってきました。
今までせんべい布団だったので、腰が痛くて寝返りを頻繁に繰り返していたのがこれで解消されそう。

さらに快適な安眠ライフの為にサイドテーブルやベットサイドランプ、シーツなどを探す日々。
庶民なので無印を見に行くことが多いですが。

この日はお昼12時にパフェを食べ、意外なボリュームにお腹が膨れ、
お昼ごはんはこれで終了とばかりにその足で金沢ベイの無印へと立ち寄っていた私。

お昼から2時間ほど経過してなんかお腹空いてきたかも・・・
時計を見ると14時過ぎ、ここから近くでまだ営業しているラーメン屋を探せ!!

15:00まで営業している亀次郎にズザーッと。

・カレーラーメン
前日からカレー続きで今日はラーメンにしようと意図的に避けたつもりが口が勝手に「カレーラーメン」と。
他のメニューもあるのに、ここでは普通のラーメンとカレーラーメンしか食べていないので反射的に。

懐かしさ一杯のカレーがここのシンプルなラーメンに入ると、これまたほっこり安心な味わい。
ネギがカレーに変化を出してくれて大切な役割、半分のゆで卵が嬉しい。
増泉時代は通っていませんでしたが、金石街道時代の時もカレーラーメン食べていました。
飽きないんです、ここのラーメン。

そこから夕方に夜ご飯の用意をし始めるも、お腹が空かないで困った!
しかも、作っていたのは本格的なインドカレー(ダール&海老カレー)
またカレーかよ、な日々・・でも辛さ控えめね。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-28 23:56 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

富山(高岡市):インド料理 Khushi (クシ)

b0089578_16061385.jpg
9月連休日、そろそろ季節の変わり目だから秋冬の服が入荷しているかな~と富山のアウトレットモールへ。
さすが連休でいつもの何割か増しで駐車場が込み合っていました。

購入した物はフライパンやスリッパ、下着など・・洋服はこれ!と言ったものが見つからず。
リンツがオープンしていたけどあまりの行列に金沢駅にもあるからいいわ、と諦め。

大抵はモールの中をふらついた後に「KALDI」でエスニック調味料を物色したり、
「ザ・メイド・イン」でマルガージェラードのミルクソフトを食べるのが定番、やはりフード関係ばかりね。

で、その日のお昼ごはんは高岡市内にて、8月20日に移転オープンしたインド料理 Khushi (クシ)に行ってきました。

JR高岡駅から県道58号線を南下してイオンモール高岡へ向かう途中の左手、芳野中学校の前辺り。
住所は高岡市東上関7。
b0089578_16064321.jpg
入口の看板にいきなり、本日のスペシャルに「マトンビリヤニ」!
これはマトン好きなマイハートを鷲掴み、ちなみに夫は全くそそられず。

南インドミールス、ドーサセット、南インドカレーと南インドメニューが目に入る。
他にもベーシックなインドのカレー、特にチキンカレーの多さとマトン、シーフード、野菜と
カレーが選択できるセットメニューなど幅広く目移りしてしまう。
ま、でもビリヤニセットがこの日はマトンオンリーらしいので初心一徹。

b0089578_16071201.jpg
・マトンビリヤニセット:マトンビリヤニ、サンバル、サラダ、ライタ、デザート

ハイデラバードマトンビリヤニは週末限定のよう、ラッキーというか週末しか来れないけど。
ビリヤニ旨い、バスティマライスの間に骨付きマトンがゴロンと入っていたのでしゃぶりつき。
やさすぃー味噌汁おかん的なサンバルと海苔がちりばめられたサラダ、ラッシー。
デザートは極細の麺ヴァミセリが入ったとろみのついたミルク煮。
b0089578_16074360.jpg
夫は南インドカレーのセット、ナン(ロティ、ライス、バスマティ、ビリヤニも可)、サラダ、チャイが付きます。
サラダのお皿が結構大きい、ここでも海苔~。
b0089578_16083878.jpg
ケララえびカレー、味見させてもらったら、これがすごく美味しい!
辛さは普通にしたからそれほど辛くはなく、ココナッツのまろやかさと後から来る微妙な酸味、タマリンドか。
これは好みの味だわ~人のカレーなのに味見が止まらない。
b0089578_16102222.jpg
ガーリックチーズナン、にんにくとチーズナンが好きなのでこれを選んだらしい。
食欲をそそられて更にチーズとは間違いなし!

気になったのは、こんぶナン・・・さすが昆布好きと呼ばれる富山クオリティ。
富山大和のドンクでも富山限定・昆布ナン買った覚えがあります。
それもパン屋さんではなく本格インド料理屋さんでのこんぶナン、次回はそれかな。
しかも、あんこナンもあるとか・・デザート感覚。
b0089578_16112381.jpg
最後にチャイでまったり。
内装がカフェ風になっていて綺麗ですね、2階では宴会も可能とか。
まだ食べたいメニューが色々あるし、位置的にも分かりやすくまた再訪確実なクシでした。

ケララえびカレーが気に入ったので、後日ココナッツ無しのレシピだけどもプローンマサラ作りました。
バンコクで購入したタマリンド汁入れてトマトと共に酸味もばっちりで夫にも好評。
夏はタイ料理ばかり作っていましたが、インド系スパイス修業も少しづつ再開しなくちゃ。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-25 23:19 | 富山 | Trackback | Comments(2)

金沢(幸町):ジビエカフェ・ベスパ(Cafe Vespa)「シカのネック・カレー」

b0089578_15114107.jpg
ラーメンとカレー、お昼に何食べよと考えを巡らす時に必ず登場する2大国民食。

この2大勢力の仁義なき戦いが脳内で繰り返された結果、去年まではラーメン>>カレーだったが、
最近ではカレー=ラーメン又はカレー>ラーメンの図式に変化しつつある。

とある週末の土曜も家業手伝いでカレーを作ったのだが、人数分しか用意しておらず、
スパイスの香りに刺激された私は、当然のごとくカレーが食べたくなってきたので向った先。


犀川にかかる橋、桜橋のすぐ傍の信号で停まった時にふと横を見ると、
こんな場所にカフェが・・と記憶に覚えがある人もいると思う。

のぼり旗に「カレー」の文字、カレー好きなら気になる木。
実はここは2回目の訪問です。(初訪問:2016年4月
b0089578_15114701.jpg
営業時間「用意できたら」~眠くなるまで。

この客を惑わすゆる加減、基本11:00~20:00ですが変動もたまにありますので、
上の公式ページに掲載されている営業日を必ずチェックしてから行きましょう。

この日の看板は「シカ・ネック」「ウリ坊・モモ バラ」。

「日替わらねぇジビエカレー」が中心なので、鹿カレーとウリ坊カレーが頭の中でシーソーゲーム。
でも、このジビエを使った1品やお酒もありますので、店主さんに聞いてみてね。
カレーだけじゃねぇ楽しみ方がここにはある。
b0089578_15115359.jpg
・シカのネック・カレー
基本のカレーは鹿もウリ坊も同じそうで、鹿のネック(首部分)と茄子を炒めたものが具になっている。
カレーはとろんとまろやかで野菜の旨みを凝縮したような辛さはあまりない優しい味。
シカのネック部分はよく動く部分なので中々の歯ごたえ、牛肉よりもクセのないので食べやすいです。

前回訪問した時は店主さんが山に猟に入る前だったのですが、
現在は何度も自ら狩猟し獲ったイノシシ肉をさばいているので、経験値がめっちゃ上がっていました。

その辺のお話も聞けば気さくに話してくれる店主さんです、興味のある人はレッツゴー!

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-23 23:12 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(小金町):カレーの市民 アルバ 金沢鳴和店 「ハンバーグミートスパ」

b0089578_15002408.jpg
休日の土曜は家業手伝いでお昼過ぎ辺りまで作業していることが多いのですが、
楽しみなのはその後の食事、カレーやラーメンの1人メシが定番。

最近、がっつり気合いを入れた自家製ミートソース作ってないな・・・。
子供の頃から元気注入食として母親の作るミートスパ、学生の頃に喫茶店で食べるミートスパ、
あの頃一番好きなメニューだったかもしれない。

イタリア料理(サイゼ含む)に行く前だったので、あくまでもボロネーゼパスタじゃなくてミートスパ。
お、急に食べたくなってきたので、ミートスパを食べにカレーの市民 アルバ 金沢鳴和店

言わずもがなな金沢カレーの代表的店舗の1つ、
欧風カレーっぽいスタイルで金沢カレーの中じゃ好きなタイプ。

満塁ホームランカレーは勇気が出なくて(単に恥ずかしいので)、
レディースホームランカレーを食べた過去あり(あまり変わらない、笑)

メニュー欄の半分はメインのカレーだが、半分はミートスパ、ナポリタン、野菜玉子スパ、カレースパとスパゲティー。
どことなくキッチンユキにも通じるメニュー構成。

・ハンバーグミート
スパゲティーは炒めるのでカレーより時間かかるけど、油の周り具合がスパは大事。
ミートソースはトマト風味を感じる味で懐かしさと美味しさと、あっさりしたハンバーグ。

周りは全員カレーでスパは自分だけ、ここの欧風スタイルの名残があるメニューが気に入っている。
また食べにこよっと!

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-19 23:00 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)