タグ:カフェ・スイーツ ( 276 ) タグの人気記事

金沢(武蔵町):ドルドールカフェ(DOLD’OR)「ドルドールカレーのチーズ焼き」

b0089578_16430797.jpg
先週、イベント用でオレンジマーマレードをかなり消費するので、コストコに探しに行ったら見当たらず。
やはり苺やブルーベリーが主流なのですね、マーマレードはスペアリブ煮にも結構使うんだけどな。。。

必要なものは買えないのに、ついでと言ってお買い得価格になったソーセージやハニーバターなどうっかり買い。
最近、トーストもパンケーキも食べていないのに何か新しいものをチョイスしてカゴの中に入れてしまう無駄グセ。

この日は夫も会合で不在だし、自分も帰宅時間が遅くなったので作るのが面倒になってきた。
それじゃあ、と前から気になっていたカレーを食べに武蔵町のDOL D'OR Cafe (ドルドール カフェ)へ。

めいてつエムザと直結したスカイビルの1階にあり、ランチにパンケーキ、パフェ、ジュースクレンズなど
健康志向のメニューも手伝って、中々女性の心をつかんでいるカフェなのですが、
3月19日から夜営業が始まっています。

で、お昼にも食べられる焼きカレーをいただいてきました。
夜営業なのでお店のライトは控えめでムーディーに。

・ドルドールカレーのチーズ焼き
焼きカレーにチーズに卵黄って最強のコクのある組み合わせ。
結構スパイスが効いていて程よく辛い欧風カレーで美味しいです。
夜はスキレットで提供されるそうでおつまみ用にSサイズもあり、最後まで熱々。
b0089578_16431213.jpg
食後のカフェオレ、こちらはLINEの抽選クーポンにてプレゼントでいただきました。

夜のアルコールメニューはビール、カクテル、ウイスキー、スパークリングワイン(もちろんノンアルも)etc...
フードメニューもおつまみにパスタ、アヒージョや能登豚のオーブン焼きなどのスキレットメニュー
など色々揃っていて、平日は23時まで営業(土日は18時まで)しているので、
武蔵近辺で食べて二次会にも使用できる穴場になりそうですよ。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-04-23 23:18 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

石川(七尾市和倉町):ル ミュゼ ドゥ アッシュ (LE MUSEE DE H)

b0089578_15483402.jpg
のとの蔵さんで牡蠣を食べた後は、目の前にあるからこれは行くしかない!
と、久しぶりにケーキを食べにル ミュゼ ドゥ アッシュ (LE MUSEE DE H)

和倉温泉近辺でお茶するとしたら真っ先に思い浮かぶのですが(お土産も買いたいし)、
日曜ということで安定の混雑っぷり、名前を書いて椅子に座って待つこと30分余り。
b0089578_15484218.jpg
海が目の前なので特等席に当たればとてもよい眺めだけれど、今回は残念ながら奥の席。
b0089578_15484796.jpg
和茶・辻口ロール(塩キャラメル)とアイスカフェオレ

職場用でル ミュゼ ドゥ アッシュ金沢店のケーキを何度もまとめて買っている時期があって、
ポイントがたまってバウムを1ついただくほど。
ほぼ全制覇したのではないかと思っていたけど、和倉限定もあるし新作(か見逃していたか)もあるようで、
食べたことないケーキをチョイスのつもり。

和茶は能登大納言小豆と白ごまのムースにマンゴージュレの組み合わせ。
甘さ控えめの抹茶ムースにくるまってる、渋くてちょっと爽やか。
辻口ロールはしっとりもちっと、フォークで押すと弾力がある。
b0089578_15485117.jpg
夫はマンゴープリン(和倉限定)、セラヴィ、ブレンドコーヒー。
ブレンドコーヒーのお代わり自由というのがすばらしい、定期的に回ってきてくれますが3杯は飲んでいたぞ(笑)

写真はないけど限定?のいちごミルクバウムを購入しました。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-03-25 23:50 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

神奈川(横浜・桜木町):カフェ レクセル シァル桜木町店 (CAFE LEXCEL)

b0089578_16561698.jpg
昨夜の食べすぎ飲みすぎ感を若干抱えたままの横浜3日目の朝。
桜木町駅直結のカフェで朝食、カフェ レクセル シァル桜木町店 (CAFE LEXCEL)

私にとっては馴染のない名前だけど、ドトール系列なんですね。
まだ4店舗しかなく東京では国際フォーラムと丸ビル4F、どちらも去年立ち寄ったけど気が付かなかった。

コンセプトはスペシャルティーコーヒーとと日本のコーヒー文化の融合をテーマに
ドトールよりワンランク上ということで、メニューも豊富でかなり拘りがありました。
b0089578_11431264.jpg
見にくいですが一部メニュー

照焼チキンと根菜きんぴら胡麻ソースサンド、アボカドシュリンプのタラモサンド、
スモークサーモン&わさびクリームチーズソースサンド、直火スモークベーコンと春菊のBLTサンド・・

ごちそうサンドを筆頭に、クロックムッシュやピザトーストや各種スイーツもあり、
食パンは金芽米入りと全粒粉が選べたりとか、写真のボリューミー感に目が奪われる。

お腹の調子のエンジンがかかっていたらこれらを食べたはずなのですが。。。

コーヒーもスペシャルティーコーヒーの豆、ハンドドリップやフレンチプレスなど飲み方が選べる。
残念ながらデカフェはなさそうなので、スムージーを飲んで健康的な朝を迎えることにする。
b0089578_16562194.jpg
・青汁豆乳とチアシードスムージー、ハムチーズトースト

ごちそうサンドを食べる消化力がないと思われたのでハムチーズトースト(でも食べるのね)
ハムチーズトーストのパンは全粒粉を選択、うん・・そんな味です、とろけたチーズが結構入ってる。

スムージーにはチアシードが入ってるというオサレ系、細かくミキシングしているので粒粒は感じません。
豆乳はよく家でも飲んでいるので青汁豆乳のクセや違和感は全くなし、むしろヘルシーな心地よさ。

これだけ選択肢があるワンランク上のチェーン店が駅ナカにあるのだからとっても便利。
仕切りも曖昧で出入りのハードルが低いところが気楽でいいな、と思いました。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-03-19 23:31 | 神奈川 | Trackback | Comments(0)

神奈川(横浜):bills 横浜赤レンガ倉庫 (ビルズ)「ベリーベリーパンケーキ」


b0089578_16481656.jpg
久しぶりにやってきました横浜!
中華街やみなとみらいを出張合間に食べ巡っていたあの時より実に9年ぶりです。

用事を済ませて桜木町駅に着いたのは既に夕方にさしかかる頃、
夜まで時間が少しあるので横浜赤レンガ倉庫へ行ってきました。

ランドマークタワーやクイーンズスクエア横浜へ立ち寄ったことはあれど、赤レンガ倉庫はお初。

地図だとすぐそこに建っているイメージがあるが、途中のワールドポーターズなどの建物も大きいし、
桜木町駅から徒歩で向うと結構歩いた感じです、15分くらいだったかな?

青空に映える素敵な赤レンガ造りの建造物をしばし眺めながら。
b0089578_16482179.jpg
内部は飲食店や雑貨屋さん、横浜のお土産物を扱うお店などが沢山あって、
1軒1軒見ていたら時間が足りなくなるので、さっそく目的地のbills 横浜赤レンガ倉庫 (ビルズ)

俺の朝食は世界一ィィイイ!とジョジョ風に吠えてみるのも分かるはず、
オーストラリア・シドニー発の「世界一の朝食」で一時期を一世風靡したあのビルズでございます。

2012年に表参道ビルズにて、朝食タイムに並んでリコッタパンケーキを食しているのですが、
その時お店でビル・グレンジャーのレシピ本を購入したのはいいが、まだ1度も作ってなかったりする。

今一度、ここでパンケーキを食べて、忘れかけていたレシピ本を手に取ってみようかなと。

平日の夕方は並んでいる気配はなくすんなり入れたが、席は満席に近い状態で埋まっていた(世界一をなめたらアカン)。
2017年11月には大阪梅田にbills大阪がオープンしているし、お店の人気は衰えていないようです。
b0089578_11460721.jpg
コールドブリューコーヒー

ドリンク類はソフトドリンクからカクテル、ビール、クラフトビアーとアルコール類が揃ってて、
マンダリン&レモンソーダや野菜にチアシードが入ったココナッツウォーターなどの意識高い系に惹かれつつも、
結局スイーツにはコーヒーのマイセオリーから離れられず、コールドブリューコーヒー。
コールドブリュー(水出しコーヒー)は、口当たりがまろやか~でフルーティーでした。

コーヒー・紅茶だけでも結構な選択肢があるのですけど、
ロング・ブラック(カップにお湯をそそぎ上からエスプレッソを落としたもの)や
フラット・ホワイト(エスプレッソにクリーミーなスチームドミルクを注いだもの)などの
オーストラリア(ニュージーランドも)のコーヒー文化独自のメニューがあるのもビルズならでは。
b0089578_16482799.jpg
ベリーベリーパンケーキ
おやつというには遅い時間だけど夕飯には早いのでやはりパンケーキ。
赤レンガ倉庫限定のベリーベリーパンケーキ一択!

食感がふわっふわでナイフを入れるとシュワンとスフレの様な柔らかさ、
リコッタチーズと数種類のベリーが練りこめられている生地の味もとっても美味しい。

ベリー入りのバターがまたフルーティーさを強調するけど、ハチミツの甘さが逆に酸味を抑える感じ。
何年経っても人気なのが分かります、世の乙女共集まれ!

写真だと分かりづらいけどふわふわとはいえパンケーキ3枚はかなり腹持ちよろしい量。
パンケーキだけではなくサンドウィッチやパスタ、サラダなどもオシャレでレシピ的にも気になるところです。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-03-12 23:44 | 神奈川 | Trackback | Comments(0)

大阪(北浜):ブルックリン ロースティング カンパニー 北浜店 (Brooklyn Roasting Company)

b0089578_17243880.jpg
大阪・中之島の川沿いに何軒か点在するカフェでお昼前のコーヒーを飲んだら気持ちいいだろうな、
と前から思っていたものの、この日は朝から酷い雨・・というか、台風が近づいていたというとてつもない日。

ドアの目の前で雨が壁ができるように激しく降り始めたので、オープンが嬉しいブルックリン ロースティング カンパニー 北浜店
NYのブルックリンにロースタリーカフェを構えるコーヒーショップの国内1号店。
b0089578_17244256.jpg
コンクリート打ちっぱで大きなテーブルやソファがあるラフな印象の店内は工場のよう。
照明が暗く雰囲気があるというか午前中の様な気がしない、この天気のせいも少しあるかもね。
b0089578_17244520.jpg
川べりのテラス席、爽やかな季節にいい天気で川を眺めながらコーヒーを飲むのとは真逆なシチュエーション。
打ち付ける雨が中から見ていても寒々しいが、逆にこれだから温かいコーヒーを飲む価値があるというもの。
b0089578_17244963.jpg
ガラスのショーケースに手書きのメニュー書き、M&Mチョコが張り付いたドーナツがもろアメリカーン。
12時からランチの予定なので何も食べない予定だったのに、見てしまうと誘惑に弱い自分。
b0089578_17245218.jpg
バナナクランブルケーキとレモンケーキをシェアしてカフェラテを飲む、紙コップにはハートのラテアート。
気取らない&洗練された風情とヴィンテージ感が妙に落ち着く。
最近、ルイボスティーは飲んでますが元々コーヒー派だし、そういった意味ではやはり北浜レトロよりもこちら派だなぁ。。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-11-23 23:51 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

大阪(北浜):北浜レトロ(紅茶専門店)

b0089578_15084187.jpg
10月29日の日曜日、金沢では「金沢マラソン」という一大イベントが開催されたのですが、
私たちは市内の交通機関が規制される前の早朝に金沢を脱出し、大阪に日帰り旅行に行ってきました。

久しぶりの大阪、一応目的としてはプチリフォームに向けてダイニング用の家具類をチェックしに行くこと。
しかし、始発の電車に乗って8時半頃に大阪に到着しても専門店のオープン時間まで時間が余りまくり。

午前中に行きたいカフェが淀屋橋にあったので、とりあえずそっちに移動してテクテクと中之島をぶらり観光。
ネオルネッサンス様式の大阪市中央公会堂や中之島公園付近をぶらぶら。
緒方洪庵の適塾も偶然発見して、ビジネス街のど真ん中で歴史散歩が面白い。

大阪証券取引所ビルの辺りまできたところで、あるお店の前に行列が出来ているのを発見。
それが、1912年に建設された重要文化財の英国式洋館を改装して誕生した英国風ティールーム、北浜レトロ

だったんですけど私知らなかったんです、このお店の事。。。
なので興味本位で丁度オープン時間となり、ぞろぞろとお店に入って行く人たちの後ろにくっついていきました。
b0089578_15085428.jpg
並んでいた人たちは全員が階段を上っていき、その途中からあちこちカメラで写真を撮っておられる。
どうやら、カフェタイムはもう少し先で、それまではこの重要文化財の内部の撮影タイムになっているらしい。
b0089578_15085961.jpg
私も皆さんにならって2階のカフェスペースをビシッと撮影。
クラシックながら可愛らしい雰囲気を伴っていて、ゆっくりと紅茶を楽しめそうです。

ケーキ、スコーン、サンドウィッチ付きのアフタヌーンティーセットが有名だそうで、
紅茶専門店なだけに紅茶通の間ではかなり人気なんでしょうね。
b0089578_15084522.jpg
1階に戻るとずらりと並んだ紅茶と雑貨、そしてスコーンやクッキーの詰め合わせ。
b0089578_15085038.jpg
ボリュームいっぱいのチーズケーキや生クリームのケーキが美味しそう!
昔はこんな素朴でクラシカルなケーキを食べていたなぁ、親もチーズケーキをよく作ってくれました(私、食べる人)
ウェッジウッドのティーカップやお皿に盛り付けてくれるそうです。
b0089578_15090459.jpg
お土産に購入したカボチャのスコーン、栗のスコーン、シナモンのクッキーなど。
クッキーがバターたっぷり、スコーンもしっとりホロっとして素朴な感じだけどもどれも美味しかったです。

自宅の棚の奥に潜んでいるワイルドストロベリーのティーカップの存在を思い出しました。
ダイニングが片付いて気持ちに余裕ができたら、ゆっくり紅茶を飲む為に使ってあげよう。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-11-21 23:10 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

石川(珠洲市):ムイネー/Mui Ne(ベトナム菓子・バウムクーヘン)

b0089578_13571053.jpg
祝日の午後から奥能登芸術祭をさわりだけ少し回った後、そろそろ金沢へ戻る時刻。
今いる位置からルートを検索して、12号線をライスセンター交差点前から金沢方面へ向かっていたその時、
目に入った「ムイネー」の看板の文字。

今のは能登に新しくオープンしたというベトナム菓子屋さんでは!?
せっかくなので戻って立ち寄ってみることに、小さな川の横道を入るとすぐにお店があります。

日本人の酪農家のパティシエの旦那さまが作るのは珠洲塩と能登塩を使ったバームクーヘンなどの洋菓子、
ベトナム人の奥様が作るのは故郷の味を手づくりで作るベトナム菓子。

そういえば2015年にベトナム・ホーチミンを旅したのですが(まだアップできず)、
ベトナム菓子は口にした記憶がない、という訳で興味を惹かれたわけです。

お店の棚に並べられた焼き菓子類は1つ1つ丁寧にパッキングされているので、
ちょっとしたお土産に丁度良いし、箱詰めも出来るのでプレゼントにも。
バームクーヘン丸ごと1輪も気になりましたが、シュークリームと焼き菓子を数個購入。
b0089578_13580692.jpg
車の座席から失礼なのは食べ歩きスイーツ認定の「しゅー・なっつ」。
注文を受けてからクリームを詰め込むのでサクサクのシュー生地を保ったまま。
なるべく時間をかけないで頬張るのがお勧め。

「能登ミルクの生乳カスタード」と「稀少マダラスカル産バニラビーンズ」入りのクリーム甘さは控えめな自然な味。
「能登の珠洲塩」を練りこんだシュー生地はカリッとサクサク。
b0089578_10490594.jpg
上:岬の珈琲ピース:二三味珈琲を使用したちょっと大人なコーヒー味のバームクーヘン
下:蓮茶とココナッツレモン:ベトナムの蓮茶とココナッツとレモンピールの焼き菓子、
3つの組み合わせが楽しげな爽やかなアジアン。
b0089578_10491124.jpg
右:珠洲大納言とクルミの月餅
左:ムングの月餅
ベトナムでは中秋節に月餅を贈る風習があるそうで、それぞれ綺麗な月餅の型など実に様々。
ベトナムの製法で作られた抹茶月餅は餡は珠洲大納言とクルミの自家製粒餡。
茶色の方は一番ベトナムで食べられている月餅、緑豆の自家製餡はそんなに甘すぎず、
和菓子を食べている感覚とそう変わらないです、不思議ですね。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-10-24 22:50 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

石川(羽咋市):神音カフェ(かのんかふぇ)

b0089578_12394841.jpg
9月の土曜祝日、自宅でお昼を食べた後にちょっとひとっ走りドライブにでも行く?という提案。
近場過ぎない遠すぎない、でハタ!と思い出した山の中に佇む古民家カフェ。

日曜定休なので夫と一緒に行けない、他の日も1人で山奥にわけ入っていく自信なしで
ずーっと前から気になっていたものの機会を逃していた神音カフェ(かのんかふぇ)

今日は土曜祝日だから一緒に行ける!ということで、電話をかけて営業していることを確認。
めちゃくちゃ丁寧な応対の電話でしたよ、それじゃ早速向かいましょう。

位置的には羽咋市から氷見に通じる415号線の途中から道を305号線に入り、さらに分かれ道で奥の奥。
地図と目だけが頼りの時代じゃ到底簡単には行きつけないので、ナビ様様。

スマホのナビを頼りにお任せすると、いきなり北陸自動車道に乗れと言う。
もしや氷見まで行って石川に戻る様に迎えと!?県をまたぐのは抵抗があるなぁ

距離的には似た感じだけど高速使えば早くつくということかしら。
早く行きたいなら高速使えとは金に糸目をつけさせぬ大名案内なスマホナビ様。
地元民らしく普通に羽咋方面から向かいましたよ。

途中で夫が睡魔を発症したため運転を変わった後、305号線の入口を見落として通り過ぎ、
別ルートから道を入ると何やらテニスコートがある施設の前に・・地図を見ると氷見市になっている!
すでに富山県、通り過ぎにもほどがある。

私に運転を任すとこういう事に・・・県境をまたいでしまった。
さらに車1台が通れるかという山道をビクビク通ってたら対向車に出会う・・夫もおちおち寝ていられず。

そんな時にもちゃんとナビは役に立ってます、最後の細い道を曲がって無事お店に到着。
こんなところにカフェが?と思うほど、お店は周りの木々に囲まれた山の中でひっそりと佇んでいる。
b0089578_12401893.jpg
この辺りの古民家は似たような造りが多いと仰っていた店主さん。
囲炉裏に上から吊り下げられた自在鉤、土壁造りなど重厚な空間が広がった室内に
ボサノヴァやジャズなどの曲が流れるカフェならではの空気感が漂い、温かみがあってノスタルジック。
b0089578_12404923.jpg
ランチは自家菜園の野菜とお米を中心にしたヘルシーなカレーが有名で、数量限定なので予約した方が無難。
本日は「バタートマトチキンカレー」、「カシューナッツチキンカレー」の2種。

お昼ごはん済みだったので地元の素材を生かしたスイーツをいただきました。
ガトーショコラ、りんごのタルト、梅のレアチーズケーキがあり、チーズケーキの周りには梅ジャムがトッピング。

そして部屋の片隅にある大きな焙煎機、今更ながらここは自家焙煎珈琲店なのです。
なので自家焙煎アイスコーヒー&珈琲、アイスコーヒーは深く奥行のある味わい。
b0089578_12411816.jpg
雑誌を読んだり天井を眺めたり、ぼーっとしているのが心地よい空間。
冬は雪景色に囲炉裏にも火が灯り、また別空間の趣きが体験できるのだろうな。
そのお隣はテーブルと椅子が置いてあるスローライフが垣間見える居間の様な部屋、ここもカフェの一部。
b0089578_12414802.jpg
自分のお土産にはまろやかで程よいコクとすっきりした後口という「かのんブレンド」を購入。
他にも御陵山ブレンド、やおろずブレンド、よぼしブレンドと数種類。

帰りに7月7日にオープンした道の駅「のと千里浜」に寄ったら、神音さんの珈琲豆がずらりと販売中。
お店の他はどこで入手出来るのだろうと思っていたのでこれは便利。

午後からのカフェを求めての短い時間だったけど、十分癒されプチトリップなのでした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-10-02 23:21 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(竪町):ドルミール (DORUMIRU)「いちじくとロイヤルミルクティーのモンブランパルフェ」 oishii

b0089578_16270690.jpg
9月の連休日の土曜、午後帰宅した夫の開口一番、「仕事後にスタッフたちとパフェ食べてきた」
え!どこのパフェ?最近話題の?とっても美味しかったって??

うぅ・・・私も食べたい~うらやましけしからん!!
そんな経緯があり、後を追うように翌日1人でパフェを食べに行ってきました。

竪町のゲストハウス、ドルミール (DORUMIRU)、カフェ&バーは1階にあります。

場所は竪町ストリートの中でもほぼ新竪町商店街側へ通じる道路の近く
野田屋さんの2つお隣、竪町広場の斜め前辺り。

なんでも土日は早めに売り切れてしまうとかで、オープンは12時なのですが30分前に到着。
お!誰もいないわ、ラーメンじゃないけどポールゲット。

もしかして早く来すぎた?と思ったのもつかの間、
暫くすると若い女性を中心に並び始めて開店までに10名ほど。

b0089578_16271387.jpg
待っている間にパルフェの看板を眺めながら、2種類のどちらにしようか悩む。
開店前にスタッフの方が列へオーダーを取りにきました。
パルフェ目当てでしたが、お昼前なのでこちらにも目がいってしまう。

b0089578_16271876.jpg
・和梨と巨峰のパルフェ
・いちじくとロイヤルミルクティーのモンブランパルフェ

オープン時間となり、お店の入口で先に会計を済ませてから順番に席に案内されます。
八角形のテーブルにペンダントライトがモダンな店内は奥にソファー席、手前に壁に向かったカウンター。
私は1番だったので壁に向かったカウンターでした。
b0089578_16272523.jpg
・いちじくとロイヤルミルクティーのモンブランパルフェ
わお~写真で先に知っていたけど実物は改めてフォトジェニック、インスタ映えするお洒落なパルフェ。
上にはココアのブールドネージュとホワイトチョコ、崩してしまうのが勿体ない・・・けど、いざ!

周りのイチジクの囲いの中には洋酒の香りがするマロンの生クリームやロイヤルミルクティーの・・これはアイス?クリーム?
クランベリーのシャーベット、柑橘系のクラッシュゼリー、塩味風味チーズケーキ・・・
(自分が感じたままなので細かいところ違っているかもですがーそれは実際に食べて確かめてね)

掘り起こす度に違う味が現れて、「まるで宝石箱や~~!!」と思わず彦摩呂になってしまう。
そして見た目だけじゃない、フルーツも甘さ控えめな滑らかなクリームも全部総合して美味しい♪
眺めて美しい、そして食べていて楽しい、さらに美味しいと三段構え。

そして意外にもボリュームがある・・お腹膨れてきましたもん。
甘すぎないので食べ飽きずに全部食べられます。
ワクワク、キラキラ、キュンキュン、繰り返し音で埋め尽くされた満足なパルフェでした。

この後にラーメン食べに行こうと思っていたけど無理そう。。。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-27 23:27 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

東京(阿佐ヶ谷):うさぎや「どらやき」

b0089578_15103516.jpg
常宿の1つである阿佐ヶ谷のホテルに宿泊して、駅まで長いパールセンター商店街を歩く。

ちょうど阿佐ヶ谷七夕祭りの巨大なくす玉飾りやはりぼて飾りが沢山設置されていて、
いやがおうでもお祭り気分を盛り上げる。

七夕祭りって7月だと思っていたら、ここでは月遅れの8月に開催されるんですね。
b0089578_15104159.jpg
JR阿佐ヶ谷駅・南口からすぐ横道に入ると飲み屋街が密集している一番街。

中央線をくぐって北口方面のスターロードに来るとこちらも飲み屋街が充実。

荻窪、西荻窪、高円寺界隈を巡ることが多いけど、ホテルが阿佐ヶ谷の時はこちらも開拓してみようかな。
b0089578_15104861.jpg
JR阿佐ヶ谷駅北口から徒歩3分ほどにあるうさぎや、こじんまりした昔ながらの和風な建物。
もちろん目的は「どら焼き」です。

頂き物で阿佐ヶ谷店のどら焼きは食べたことがあるのですが、
店舗に直接来るにはこちらに宿泊した時でないと距離的に難しい。

電話予約が出来ないので早めに行くに限ります、18時頃に向かった時は売り切れだったので。
さすがに平日の早い時間帯だったせいか待ち人はいませんでした。

購入したのは「どら焼き」と「うさぎや餅」。
うさぎや餅は写真ありませんけど、ビニールの包みの中に黒蜜と胡桃が入ったお餅ときなこがたっぷり入ってる。
b0089578_15105428.jpg
午後からの用事の場にてうさぎやの話で盛り上がり、日本橋のうさぎやに行きましょう!
と連れて行かれ、思いがけず日本橋店と阿佐ヶ谷店の食べ比べが実現。

上野店、日本橋店、阿佐ヶ谷店は独立していて、製法や材料が違うのでそれぞれ味は違う。

日本橋は皮がふかふかで全体的にずっしりと重く粒あんの存在感がすごく、餡は阿佐ヶ谷店より甘め。
阿佐ヶ谷はしっとりときめ細やかな皮と粒粒がしんなりして、甘さはやや控えめ。
どちらもうさぎやの看板を掲げているだけあって似ているけれども食べ比べると結構違う。

上野も食べたことあるけど・・うーん、日本橋に近かったかな、記憶が曖昧。
3つ同時に比べないと微妙な違いは分からない。。。

でも、どれも私の好きなどら焼きには違いないので、行く機会があればお土産の定番にしています。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-09 23:42 | 東京 | Trackback | Comments(0)