タグ:カフェ・スイーツ ( 305 ) タグの人気記事

大阪(北堀江):グランノットコーヒー (GRANKNOT coffee)

b0089578_16075879.jpg
ラーメンを食べた後は「TREK Bicycle 大阪」(トレック直営店)でクロスバイクを吟味。
堀江周辺に移動してからもサイクルショップを覗きつつ、お洒落なお店をピックアップしながら巡りましたが、
さすがにカスタムパーツ揃いぶみなお店は上級者すぎてほんと眺めるだけです。
ブルックリンをイメージしたというむき出しのコンクリートとウッディーな部分が混在する店内は、
ラフでいて温かみがあり、奥までずーっと空間が広がっている。
b0089578_16080211.jpg
大きなテーブル席はすでに埋まっていたので、カウンター横のテーブルに座りました。
カウンターには自家焙煎したコーヒー豆や、マフィン・ドーナツ・スコーンなどが並んでいて、
焼き菓子は週末だけみたいです(「WEST WOOD BAKERS」さんの提供
b0089578_16080623.jpg
ハンドドリップコーヒーで淹れたホットコーヒーを飲めばベストだったけれど、
歩き回っていたら汗をかくほど暑くなっていたので11月だけど「アイスカフェラテ」。
これはこれでエスプレッソとミルクが程よくまろやかで美味しく心地よくクールダウン。


by sukatan_queen55 | 2018-12-29 23:39 | 大阪 | Comments(0)

金沢(疋田):バターレバーバインミー 「タマリンドチキンのバインミー」「パクチーミルクスープ」 oishii

b0089578_15331190.jpg
クリスマスパーティーの前日までに居間・お座敷・キッチンの大掃除をするのでこの場所の年末の大掃除は終わり。
来客の予定があると丁寧に掃除するもんです、普段は適当なのに。

次にやる事はお酒や食材の買い出し、お昼時なのでパクチー補給もしておこうか、とバターレバーバインミー

疋田町にあるベトナムサンドウィッチ(バインミー)のお店、エスニック好き、特にパクチー狂にはすっかりおなじみ。
✳︎パクチー抜き、レバーペースト抜きもできます

しばらくぶりの間にメニューがちょこちょこ変わっていて、まだサバのマスタードトマト煮バインミー食べていないな、と
横の黒板を見ると「マンスリーバインミー」なるものがありました。

なるほど月一で限定バインミーが出るのね、今月は「タマリンドチキンのバインミー」。

タマリンドはタイやインドの定番フルーツで、甘酸っぱくジュースやお菓子、調味料などに使われているのですが、
日本で生の入手は困難なのでタマリンドペーストは南インド料理やタイ料理には特に欠かせない。

少し柔らかめのフランスパンにレバーペースト、大根と人参のなます、玉ねぎ、きゅうり、
タマリンドのタレをからめた鶏肉と山盛りパクチー(増し状態)
甘酸っぱい鶏肉とシャキシャキの玉ねぎとパクチーで食欲も増し増し。

無料のお水もパクチーの根っこが入ったパクチー水!水までパク臭とは・・至福ッ!!!
あ、レモンが入った水もあります。
b0089578_15331534.jpg
パクチーミルクスープ(テイクアウトOK)
またパク心をくすぐるおニューなメニュー、中々ボリューミーな量。
パクチーの葉から根まで丸ごと使ってミルクと合わせたポタージュスープ。
クリーミーでほんのりパクチーの香りはすれど飲みやすいし、この時期は身体が温まります。

と、一連のパクチー連打にパク女も大満足ランチ。
b0089578_15331955.jpg
現在のメニュー、平日限定のココナッツ海老ヌードルが中々食べにこれない地団駄
b0089578_15332458.jpg
ホットティーが増えてますね、自家製干し柿とブルーチーズのバインミーはお酒に合わせたいです。
濃厚なベトナムプリン「バインフラン」も登場しているので、食事以外にスイーツ&ドリンクでカフェ使いもできますよ。


by sukatan_queen55 | 2018-12-24 23:33 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(堀川新町):サブリナ カフェアンドテラス「バターミルクパンケーキ」・ボヘミアンラプソディ oishii

b0089578_15583238.jpg
ジャークジャイランチの後、「ボヘミアン・ラプソディ」を観るためにイオンシネマ金沢フォーラスへ。
館内でクリスマスプレゼントを買って映画館階まで向かうと、上映時間まで後1時間ほどある。

ちょっとお茶でもして時間でもつぶそうかと同じ7階にあるカフェ、サブリナ カフェアンドテラス
フォーラスの屋上庭園が眺められるテラスと室内カフェスペースがあり、
庭園エリアは夏はビアガーデン、冬はテラス部分は寒さをしのげるように仕切りがしてあるのでそちらへ。

軽食メニューからパフェやクレープまでのスイーツと一通り眺めて、頼んだのは「バターミルクパンケーキ」。
こちら、ソースやケーキなどでデコレートされた幾つかあるパンケーキの中でも一番シンプルなメニュー。

パンケーキやワッフルにしかり、アイスやソースがたっぷりかけられたものを食べた結果、
何もかかっていない(生クリームはいい)生地自体を味わうシンプルなものが一番好きということに気付いた。

写真で3枚だったので、やばい食べきれない!と思ったが、大きすぎずにむしろ丁度良いかと。
今時のふわふわスフレパンケーキではなく、むしろやや懐かしい系で仄かにバターの香りがする。

小皿に付いているハチミツの他に海外のハチミツ瓶がどーんと置かれているけど私にはこれで十分。
でもシロップを沢山かけたい人にはかけ放題で有り難いでしょう。


さて「ボヘミアン・ラプソディ」、クイーンのボーカル「フレディ・マーキュリー」の伝記映画ですが、
自分自身、熱狂的なクイーンのファンではなく、家にあるのは「The Game」と「A Kind of Magic」。(ソロもある)
その頃の私といったら(スチャダラ調)、キュアー、デペッシュモード、エコバニ、ニューオーダー他など
ニューウェーヴ系の陰鬱なシンセとギターに魅了されていたのでした。

リアルタイムで言うと80年代前半からで、映画「ハイランダー」を観に行った時にクイーンの曲めっちゃかかってたなとか、
PV「Princes of the Universe」かっこよかったとか記憶があり、ライブエイドも普通に観ていて。
MTV、ポッパーズMTV世代でクイーンのPVは見慣れて自然と入り込んでる感があったので、
フレディが亡くなった時はそれなりにショックでした。

映画は1人のボーカリストの栄光と苦悩に深く入り込み、
名曲の誕生秘話の数々やライヴエイドでのクライマックスも交えて、クイーンを知らない世代でも楽しめる映画でしたね。
とにかく再現度が高くてブライアン・メイなんて気持ち悪いほど似ていてあり得ないけど本人か?って思ったほど。
そしてリアルタイムで見てなくても映画で流れる名曲の数々は聞き覚えがあって自然と入り込めました。

しかしフレディのルーツがインド人とは知らなかったなぁ~
当時自分は子供でちょっぴし顔濃いイギリス人としか認識がなかったわぁ~。
しかし映画を観たがっていた私よりも、フレディのソロ世代で「映画は長いから寝るかも」と言っていた夫が、
寝ないで(逐一、横でチェック!)「涙流しそうになった!」というほど感動していたのが受けましたわ。

とりあえずしばらくのBGMはクイーンかけてます。





by sukatan_queen55 | 2018-12-20 23:10 | 石川(金沢) | Comments(0)

東京(市ヶ谷):バン コーヒー バイロン ベイ(Bun Coffee Byron Bay ) oishii

b0089578_15424344.jpg
今回、通年用のパンツスーツを着用していった東京、夜でもコートが要らないほど寒さをあまり感じない。
歩き回っていたらむしろ暑くなってくる位、11月は記録的なほどの暖かさでしたね。

用事があった立ち寄った市ヶ谷、駅の近くでコーヒーでも飲んで休憩することになり、
バン コーヒー バイロン ベイ(Bun Coffee Byron Bay )

2005年にデビットケネディーが立ち上げた、オーストラリア発オーガニックロースター。
バイロンベイに焙煎所がありここ市ヶ谷はアンテナショップらしい。

ラテスタイルとしてカフェラテやカプチーノなどの他に、フラットホワイト(ミルクのフォーム量少なめ)や、
ロングブラックなどオーストラリア&ニュージーランドでポピュラーな独自のメニューがある。
b0089578_15425084.jpg
席数がカウンター6席テーブル6席と少なめで、スタンド代わりにテイクアウトも目立つ。
オーガニックのブレンドコーヒーは6種類、シングルオリジンのスペシャルティーコーヒーも幾つか。

コーヒーと共にオーガニックティーのメニューがあって、茶葉もカラフルなパッケージの箱で販売されています。
デカフェの豆もあったけれど、家にまだ在庫があるのでここは買うのを我慢。

美味しそうな焼き菓子やカラフルなグッズなど目が奪われて、衝動買いの癖が出そうになるがここでも我慢。
b0089578_15425541.jpg
私が飲んだダークオレンジモカ(奥はアイスドコーヒー)
この季節はホットがお勧めと書いてあったけど、歩いて暑かったので冷たいドリンク。

自家製のオレンジチョコソースをエスプレッソとミルクで割ったまさにオレンジチチョコドリンク。
スイーツのような仕上がりで、これはホットでも飲みたいかも。

オレンジシロップを使ったものは他にオレンジエスプレッソソーダ、オレンジミントティースカッシュがありました。


by sukatan_queen55 | 2018-11-29 23:12 | 東京 | Comments(0)

金沢(本町):ワインと夜パフェ 寧々 「大人なチーズパフェ」

b0089578_10410773.jpg
イタリアン忘年会の二次会、すぐに帰りたくない口さみしさのシメはラーメンorパフェ?

大食い時代は札幌で散々ハシゴの末にシメパフェの後にシメラーメンという、
ダブルシメという偉業を成し遂げたことも今では遠い過去。

1次会でお腹が一杯なので軽く一杯と甘い物を求めて、ワインと夜パフェ 寧々

前回に引き続き、駅前の女子の定番になりつつある飲み会の後の〆パフェ。
週末の遅い時間はとても混雑していますが、平日の夜は席に余裕がありました。
カウンターではなくテーブルにて。

ビーニャ・バルディビエソ バルディビエソ・ブリュット・ロゼ
(チリ セントラル ヴァレー産 ピノ・ノワール/シャルドネ)
苺やチェリーのようなフルーティーさと軽さを持った辛口のスパークリングロゼをパフェと一緒に合わせる。
b0089578_10411205.jpg
大人なチーズパフェ

グラスのにのったチョコチュイールの上にクレームダンジュや苺とラズベリーの蓋をまず食べてから中身へ。
ピスタチオアイスの下にはゴルゴンゾーラと塩キャラメルのムース、
周りを飾るのは細長いメレンゲとほろほろとしたクッキー、ポルボロン、底はコーヒーゼリー。

全体的に甘すぎなくてビターなゼリーや塩味のチーズが引きしめる。
量的にも多くなく、チーズもコーヒーも好物なのでこれ好きですー。

帰り際にカウンターを見ると以前は酒瓶が並んでいましたが、見えぬよう衝立が立てられていました。
写真映りも考えてかな?何にせよすっきりとしています。


by sukatan_queen55 | 2018-11-20 22:41 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(元菊町):Kitchen esnica(キッチン エスニカ)「レンズ豆とシーフードのカレー」 oishii

b0089578_16111572.jpg
東京で自転車屋さん巡り(といっても2軒)してきたけど、もう寒くなってきたから買うのは来年かな~
のんびりし過ぎな気もするけど、ぐずついた天気の多い北陸の冬は雪なら即アウト。

春に自転車を手に入れたら、近江町市場にパン屋さんや休日の香林坊など今のところ以前と同じく街乗り範囲。
いつもコーヒー飲みに行くカフェや、そうそうここにもチャリで行きたい、Kitchen esnica(キッチン エスニカ)

大通りからちょっと入った場所にある多国籍メニューのランチや自家製スイーツなどがお勧めのカフェ。
カウンターで1人ごはんの出来る心地よさや、カフェごはんの美味しさからまたふらっと来店。

・レンズ豆とシーフードのカレー
上の黒板を見たら限定のカレーはこのメニュー、ガパオライスも考えたけれどやはり限定カレー。
カレーの具はレンズ豆、イカ・アサリ・海老のシーフード、トマトベースでココナッツミルクを加えてある。
でもココナッツミルクの癖は全然強くなくて、良い意味で万人が好きって言いそうなバランスの良いカレー。
程よくスパイシーでとんがり過ぎない美味しさがいい、で上には熱々のイカリング。

次こそは定番メニュー食べるぞー!


by sukatan_queen55 | 2018-11-13 23:27 | 石川(金沢) | Comments(0)

東京(六本木):イデーカフェ パルク・東京ミッドタウン店、トレックストア 六本木→(中目黒):SML、バイクデラロッチャ

b0089578_15090606.jpg
国立新美術館での東山魁夷展や西麻布でランチを決めたのも、全てはここへ行く為でした。
アメリカのスポーツバイクブランド「トレック」直営店、トレックストア六本木

かねてから自転車を探しているというのは、ちょこちょこ書いていますが、
未だに決まっていません、掘り下げれば下げるほど迷い道に突入しているというか、ママチャリ族なのに。

ジャイアント、キャノンディールなどは、地元にレディースモデルがあったので試乗することが出来たけど、
トレックの通常モデルのSはあるけど、レディースモデルが見当たらないということで直営店まで来てしまいました。

さすが直営店、2019年モデルの私が目を付けていたモデルがあり、ペダル付試乗可があったのでじっくり吟味。

これでもいいかなぁ、と思いつつも(だがまだ決まらん)、
これから雪が降るから購入は来年かなぁ、とか先の長い話です。
b0089578_15091030.jpg
お次は夫の自転車事情で地下鉄に乗って中目黒駅、山手通りを北に向かって徒歩で6分ほど、バイクデラロッチャ中目黒

色々調べてここが目に付いたそうで、六本木から地下鉄1本で行けるのと、
ついでにセレクトショップや雑貨屋さんなど、中目黒散策もできるから一石二鳥。
b0089578_15091517.jpg
私はもう雑貨の方に心のベクトルが向いていたので、器と道具のお店、SML(エスエムエル)へ。
ちょうどこの日は熊本県は小代瑞穂窯の「福田るい」さんの個展が始まったばかり。

お店の隅々までギッシリと並んだ器の中から、ビビッとくる好みの器があるかしばらく滞在。
その間、夫はお隣の花屋さんに滞在、素敵なお店でしたが名前を忘れてしまいました。

b0089578_09373064.jpg
購入したのは、浮き上がるような青みと花びらの様な流線が気に入ったこの楕円の深皿。
カレー皿くらいに大きいので、汁ありのおかずでも盛り付けたい。
b0089578_15122066.jpg
夜はまた六本木近辺を予約してあったので、中目黒から六本木へトンボ返り。

時間つぶしは東京ミッドタウンをうろちょろ、ガレリア3FのIDEEショップで家具や雑貨を見ていたら、

店内とテラス席があり、店内は満席だったので外のテラス席へ。
広いテーブル席にはクリエイターデザインの様々なデザインの椅子が並んでる。
b0089578_15092195.jpg
テラス席は外の吹き抜けの景色が見えるので開放感があって気持ちいい。
歩きまくって汗をじんわりかいていたのでアイスコーヒー、濃いめすっきり。
お腹空いているけど、夜ごはんの為にもう何も入れられない。


by sukatan_queen55 | 2018-11-11 22:28 | 東京 | Comments(0)

東京(六本木):ブルーボトルコーヒー 六本木カフェ(BLUE BOTTLE COFFEE)、国立新美術館「生誕110年 東山魁夷展」

b0089578_14441516.jpg
10月28日(日)金沢マラソンの日、早朝のタクシー予約が取りにくいほど朝からざわついている金沢。

そんな金沢から脱出すべく午前4時に起き、6時始発の新幹線に乗り込み向かうは東京弾丸日帰り旅。

始発に乗ると8時半には東京駅に着くので、目当ての開館時刻までどこで過ごそうか?

数日前から夜の東京タワーが見たい!なんて言われていたので、見える角度や位置を考えていたけれど、
朝から東京タワーもいいんじゃないかと、JR浜松町駅からてくてく徒歩で増上寺

東京タワーのすぐ真横にあり徳川将軍家の墓所がある歴史のあるお寺。

大晦日カウントダウン中継がおなじみだけど、最近じゃプロジェクトマッピングやきゃりーぱみゅぱみゅのライブとか
華やかな光のイルミネーションに包まれているイメージがあったな。

ビルが立ち並ぶオフィス街からじょじょに緑が増え、境内に入り東京タワーをバックにした増上寺は
堂々たる風格を持つ大殿と東京のシンボルという素敵な時代のコラボレーション。

写真じゃ伝わらない迫力、もう少しお天気だったらなお良かった。
b0089578_14442220.jpg
増上寺の右横の緑に囲まれた小さな道を通ってまっすぐに東京タワーへ。

朝の清々しい空気から見上げる東京タワーもいいけれど、夜だと更に絶景ポイントですね。
b0089578_14442705.jpg
東京タワーをあおり状態で見上げる真下まで行き、そこから更に六本木まで歩く根性はなく、

国内4店舗目としてオープンした六本木カフェは、ミッドタウンの通りを挟んだビルの反対側(ビルB1)
外苑東通りから国立新美術館へと続く美術館通りの中ほどにある。

実は六本木に私が行きたい自転車屋さんがあり、じゃあランチはその近辺に決めて、
さらにランチの前に時間があるので国立新美術館に行こうと。

美術館の開館時間が10時なので、すぐ傍のブルーボトルでコーヒーを飲んで時間をつぶそうという訳。
b0089578_14443342.jpg
営業時間は8:00~20:00、日曜の9時過ぎの六本木ブルーボトルはこんっっなに空いてます。
正しくは入口近くのテーブルに1人と私たちだけ。

近くのオフィスも休みだろうし商業施設も営業時間外だし、道から入口が奥まっているせいかとても静か。
b0089578_14444195.jpg
カフェの前には腰かけられる複数の岩と緑の庭園が広がっていて、
都会の中のオアシスの様、誰もいないこともあってとても心地よかったです。
b0089578_14444702.jpg
ドリップコーヒー:ブレンド

夫が飲んでいたブレンド、定番のブレンドは3種類?あるのだがどれかは聞いていなかったらしい。
苦みは控えめで爽やかな酸味でフルーティーな味わいのブレンド。
b0089578_14445106.jpg
カフェラテとメープルピーカンブロンディ

程よい濃さのカフェラテ、ラテアートを習っているのでつい模様を見入ってしまう。
ピーカンナッツがのったメープル&バニラの香りのブラウンシュガーベースのケーキ。
結構ギチッとした固めの生地で小さいのにお腹にくるわ、ナッツにかかってる塩がアクセント。
b0089578_14445761.jpg
コーヒーを飲み終わった後に向かうのは、国立新美術館
大波のようにうねるガラスの外壁が特徴的なデザインが、オープン時に話題になっていたがやっと初訪問。
b0089578_14450457.jpg
東京は10年ぶりの10月24日~12月3日まで開催される「生誕110年 東山魁夷展」
実は館内で同時にオルセー美術館企画の「ピエール・ボナール展」も開催されていたが、時間が足りないので東山魁夷だけ。

10時前に建物の外にあるチケット売り場で当日券を購入して並んだお蔭か、
混む前といったところで密集もそれほどなく、ストレスはあまり感じずサクサク観賞できた。
b0089578_14451184.jpg
私にとって東山魁夷と言えば、美術の教科書や国語の教科書にも掲載されていたようなという古い記憶。
初期から晩年まで数多くの作品を展示しており、
深く静寂漂う普遍的な美しい風景画が幻想的で、時折じーっと見入ってしまうほど。

見所は奈良・唐招提寺御影堂の障壁画(襖絵と床の壁面全68面)の再現展示。
現在補修工事中の唐招提寺から借りたものを再現しているのですが、
襖絵の前に畳敷きの展示台が設置されているので、まるで部屋にいるよう。
間接照明から映し出される青い色合いが美しかった。

地下フロアのミュージアムショップがまた規模が大きくて、
東京土産やおしゃれな雑貨に作家さんの作品など、こちらも見てるのが楽しい!と思っていたら
あっという間にランチを予約した時間帯に・・・ということでもう少しゆっくりしたかったけど移動です。



by sukatan_queen55 | 2018-11-09 22:55 | 東京 | Comments(0)

金沢(直江町):アトリエ ルリタテハ(洋菓子&カフェ)

b0089578_15354814.jpg
休日のお昼ごはんを家で食べた後に車でおでかけ。
用事が複数ある時はコーヒーを買い、車の中で飲みながら移動もよくあるのですが、
この日は腰を落ち着かせてケーキとコーヒーでまったりしようと、アトリエ ルリタテハ

8号線から内灘へと向かう道、途中にらーめん・むてっぽう金沢、武骨屋商店が並ぶ道すがら(自分の視点がラーメン笑)
レストランせりなのお隣のビル1Fにあるケーキと焼き菓子のお店で、カフェが併設されています。

テイクアウトで焼き菓子とケーキは購入したことはあるのですが、カフェはまだ未訪問でした。
お茶するにもビルの横に駐車場があるので安心。

ケーキショップはキュートな佇まい、少し懐かしい感じのするものや
ムース系など色々ありますがどれも成型が綺麗なんですよ。
ケーキの他にはプリン、マカロン、キッシュ、スコーン、焼き菓子とどれにしようか迷ってしまう。

ケーキの主な原材料として、セイ・アグリー健康卵、タカナシ乳業の乳製品、
ベルギー産のチョコレートなどを使用しているそうです。
今回はスコーンとケーキを注文して、コーヒーと共に奥のカフェスペースにていただきます。
b0089578_15355466.jpg
爽やかでポップな雰囲気のカフェスペース、ケーキを選んで先にドリンクなど会計を済ませてから移動。
ケーキを頼んだので、ケーキとドリンクのセットが発動。

セットドリンクはコーヒー、アイスティー、加賀の紅茶、100%ジュース
(+50円でカフェラテ、カプチーノに変更可能)
他にはキッシュセットやグラスパフェ、グラスアイスなど冷たいメニューも。
b0089578_15360074.jpg
前で販売されているスコーン、チョコチップスコーン、ほうれん草とベーコンのキッシュ。
コーヒーを持ってきてくれる時に一緒に温めてくれますよ。
b0089578_15360588.jpg
チョコマロンショート
夫が食べていたのがこちら、チョコレートのショートケーキ
秋らしくマロンを合わせていて、中のカシスの酸味がアクセント。
b0089578_15361028.jpg
アーモンドキャラメル
私が選んだのがこちら、ふわっと優しく口の中でアーモンドの風味が漂う。
アーモンド生地の間にアーモンドクリームとキャラメルクリームが重ねてあります。
上のマカロンがちょこんとのっていて可愛い、チョコのガナッシュ入り。
b0089578_15381275.jpg
こちらは8月末にテイクアウトしてきたケーキたち。

あんずのタルト
甘酸っぱい杏のコンポートがのったさっくりしたタルト生地のタルト。
アーモンドキャラメル
上で食べていたものと同じ、知らない間にリピートしている。
きっと自分好みだったので、自然に選んでしまっていたのね。
b0089578_15381852.jpg
チーズタルト:コクとさっぱりさが混ざり合うベイクドタイプのチーズケーキ
季節のショートケーキ:無花果のショートケーキ、そういえばカフェに行った時も無花果だった気がします。
甘さ控えめのクリームがたっぷり入っていてスポンジがふわふわで美味しい♪

まだ食べていない焼き菓子やケーキが沢山あるので、繰り返し通いたいですね。


by sukatan_queen55 | 2018-11-07 23:10 | 石川(金沢) | Comments(0)

東京(新宿):ヴァーヴ コーヒー ロースターズ(VERVE COFFEE ROASTERS)「ニトロブリュー」

b0089578_10091147.jpg
去年はブラックコーヒーを飲むと、胃がもたれたりキリキリしていたのでカフェインレス中心を心がけてた。
胃の調子が良くなってきたので今は普通のも飲めるが、自宅ではやはりデカフェの豆を飲むようにしている。

外だと、どーしてもデカフェがコンスタントに飲めるスタバばかりでワンパターンになりがち。

前に飲んだヴァーヴ コーヒー ロースターズ(VERVE COFFEE ROASTERS)のデカフェが中々気に入ったので、
テイクアウト&違うメニューも試してみようと新宿ニュウマンのエキソト店舗へ。

カウンターと真ん中の大きいテーブルしかないので、くつろげる雰囲気じゃないが、
エスプレッソをトニックで割ったメニューや窒素を詰めたアイスコーヒーなど個性的なメニューが面白い。
b0089578_10091614.jpg
ニトロブリュー
窒素を重鎮して注いだアイスコーヒー、見た目はまるで黒ビール。
きめ細かな泡立ちのなめらかな舌触り、この泡でコーヒーの苦みが和らいでいるように感じるのは気のせいかな?
ほんのり酸味があって飲みやすくてすっきり、でも飲んでいる内にじょじょに泡は消えていってしまう。

で、バンクーバーデカフェのドリップタイプのBOXを購入しました。
アイスばかり飲んでいるので次回はホットだなぁ~。


by sukatan_queen55 | 2018-10-23 23:25 | 東京 | Comments(0)