タグ:カフェ・スイーツ ( 310 ) タグの人気記事

金沢(大野):ホホホ座金沢(本・雑貨・カフェ)

b0089578_11380330.jpg
大野湊食堂から車へと駐車場へ戻る、空き地から海へと向かう狭い横道に目を向けると、
何やら看板が見えたので近づいてみると、ホホホ座金沢があった。

おおっつ!大野に「ホホホ座金沢」があるのは知っていたが、こんな場所にあったのね。
ちょうどお茶でもと思っていたので、行き当たりバッタリ遭遇も運命のうち。
b0089578_11380710.jpg
京都の企画編集グループが手掛ける本と雑貨のお店でカフェスペースも併設。
入口にずらりと並べられたお菓子、器、調味料、雑貨、コーヒー、お茶など。
b0089578_11381175.jpg
元は町の鉄工所「荒井鉄工所」だった建物をリノベーションし、
古い階段や天井など味のある部分を残しながら新旧を融合。
b0089578_11381668.jpg
窓際の席に座ってカプチーノ(蓋あけました)、テーブルには「のらくろ漫画集」がずらりと並んでいた。
人生で初めて読んだ漫画本は自宅にあったのらくろ(親の持ち物)、軍隊で活躍する話を読んだ記憶がある。

引っ越した時に処分しちゃったので懐かしい気分に駆られました。
最後の方の話だと喫茶店始めるんですね、結婚もしたりして(もちろんお相手は可愛いワンちゃん)

ハンドドリップコーヒーの美味しい喫茶店とか、現在のサードウェーヴの様にお洒落だったんだろうなぁ。
とか何とか想像しつつコーヒーを飲みつつほのぼの~っとしばらくくつろぎましたよ。

横に大野川があるので、天気の良い祁は川を眺めながら外でコーヒーをいただくのもいいですね。


by sukatan_queen55 | 2019-02-28 23:57 | 石川(金沢) | Comments(2)

東京(六本木):イデーカフェ パルク・東京ミッドタウン店「ホットチャイ」

b0089578_16154039.jpg
夕方の東京ミッドタウン、宿泊先がこの近くだったんですよ。
ちょっとお茶でもと思ってミッドタウン、スタバじゃ金沢と変わらんしとイデーカフェ パルク・東京ミッドタウン店

インテリアショップIDEEに併設されているカフェで、ショップの奥にあるので店内に入らないと分からない。
ちょうどギャッベ展をやってて、玄関マットになりそうなすごく細かく良い柄の絨毯を見つけたけど、
お値段が流石のエクスペンシヴッぶりだったので、さっさと諦めて席につく。
b0089578_16154613.jpg
中のテーブル席よりも外のテラスの方が広いし、下までの吹き抜けが気持ちいいけど季節は冬なので寒いから中で(人いたけど)。
オレンジ×チョコ×コーヒーのホットドリンクが限定になっていました。
頼んだのはチャイ、スパイス香るティーミルクに寒さも和らぐ。
器やアクセサリーなど雑貨類を眺めるのも楽しいし、コーヒー以外にもソーダ類や軽食もあって意外と穴場カフェなのかな?
また利用すると思います。



by sukatan_queen55 | 2019-02-01 23:45 | 東京 | Comments(0)

金沢(新保本):アンドサンド(&sand)コーヒー&サンドイッチカフェ

b0089578_13252079.jpg
我が家は夕食にあまり炭水化物をとらない食卓なので、定食セットという形式ではありません。
カレーの時はお米は炊くけれど毎日じゃないので、中々減らないのがコストコで購入したジャスミンライス。

コストコのタイ米ジャスミンライスは5キロ、最初はグリーンカレーなどタイ料理に合わせるためだったが、
減らないのでインドカレーにもこれを使いだして、この度ようやく使い切りました。

最近はインド料理の方が頻繁に作っているのでコストコでインディカ米・バスマティライスを売り出さないだろうか。
調べてみると7年ほど前に販売されていたらしいが、これがなんと9キロ!加減てものはないのね、ここは。

夕食時に炭水化物は控えめだが、休日のランチはむしろ炭水化物多め、
この日はサンドウィッチが食べたい気分になり、コーヒー&サンドウィッチカフェ、アンドサンド(&sand)
どんたく西南部店のお隣にあるインテリア・新築・リノベーションのF.I.E.(フィー)の一角にあります。
b0089578_13252803.jpg

ランチ(11~16時)はカフェ好き女子&カップルで混雑模様、インテリアの爽やかな雰囲気からして夏も良さそう。
サンドウィッチは季節のも入れて全7種類、単品かドリンク付きが選べるのでドリンク付で。

だしまき玉子・サンドウィッチ(ドリンク付)夫は本日のコーヒー。
ふわっふわの厚切り食パンの間に出来立てホカホカのだしまき玉子。
少し甘みのある玉子との組合せにパンもふんわりした食感で絶品、人気メニューなのが分かる。
プレートにはミニサラダとスープ付、サンドウィッチは厚みがありボリューミー。
b0089578_13253371.jpg
ローストビーフ・サンドウィッチ(ドリンク付)
2人で2種類頼んだので1つづつシェア。
ふんだんに入ったローストビーフとトマト、レタスのサンドは
赤身肉でガッツリなようで全体的にさっぱりしてるのでサクサク食べ進められる。
b0089578_13254035.jpg
私がセットドリンクに頼んだチャイ、スパイスの香りと温かいミルクに身体も温まる。
食パンが美味しかったのでどこのパン屋さんかと聞くと、ジャストベイク・アミーさんだそう。
別の日に立ち寄って食パン買って帰って食べましたが、厚切りトースト味わい深くてよかったなぁ。
テイクアウトでは苺のサンドとクッキーをお土産に、カレーランチも気になるのでまた行きます!


by sukatan_queen55 | 2019-01-21 23:26 | 石川(金沢) | Comments(2)

東京(中目黒):ブルーボトルコーヒー 中目黒カフェ、 Pond Gallery(ポンドギャラリー)

b0089578_14520262.jpg
何軒か印を付けたポイントに向かいながら中目黒を散策、
ちょうど目的地のギャラリーの道路を渡ったところに、ブルーボトルコーヒー 中目黒カフェを発見し2回目の休憩。

駅からもやや離れているし意外と穴場的な場所にあるかと思いきや、カウンターにテーブル席は10席くらい?
座席数が少なめでくつろげるタイプではなく長居できなさそう、で意外と混んでる。
狭いけれど天井が高くて窓が広いので明るいイメージ。
b0089578_14520795.jpg
今日のブレンド(銘柄忘れた)はフルーティーで酸味が先行するタイプ、浅煎りでも飲みやすい印象。
自分へのお土産にステンレス製のタンブラーを購入、真っ白で青のマークがちょこんと付いていて可愛いんです。

シアトルに拠点を持つMiiRとのコラボアイテム、ヴァーヴコーヒーでもMiiRコラボなマグカップを購入したけど、
タンブラーなどは外に持ち歩いたりするので結構便利、ステンレスマグカップはいまのところお飾り。
b0089578_14531135.jpg
時間は遡ってブルーボトル前に立ち寄ったのが、Pond Gallery(ポンドギャラリー)
位置は祐天寺と中目黒の間位の距離、窓にブルーボトルが映っていますね。
b0089578_15121190.jpg
ちょうど兵庫県の陶芸家・光藤 佐(ミツフジタスク)さんの個展が開催されていて、
黒釉八角鉢を気に入ったので購入、ふっくらとした丸みと温かみがあってこの形は重宝しそう。
旅先で偶然出会った器たちは想い出と共に印象深くなるので、特別な器の1つとして食器棚の中に入ります。
まだロクなものしか作って入れてないけど・・。


by sukatan_queen55 | 2019-01-18 23:25 | 東京 | Comments(4)

東京(中目黒):オニバスコーヒー 中目黒店、MIGRATORY(ミグラトリー)

b0089578_14480879.jpg
地元にいると車通勤で、ジムでも最近はヨガなどソフトなプログラムしか出ていない。
となると基本、毎日が絶賛運動不足中なんですよ。

それが東京に来ると電車から目的地への移動と、途端に歩きまくるので足に負荷がかかりまくり。
若い頃はへっちゃらだったのが、最近身体の衰えのせいか沢山歩くと足がつるんです。

美術館内をくまなく歩き回り、その後ハンバーガー屋さんまで猛ダッシュ早歩き←これがいけなかった
その後、日比谷線で仲御徒町駅→中目黒駅まで移動するのに仲御徒町駅の地下通路を歩いている最中に、
突然きたっ!!!容赦ないふくらはぎのつり。

人の往来が激しい地下通路で1人壁にもたれかかりつつ足をさする。
人の流れから完全にドロップアウトしているので異質、まるでどこからかスタンド攻撃を受けたように見えたはず。

足を引きづりながら乗車し中目黒へ、少し休憩しようと南改札から徒歩2分ほどの場所にある
オニバスコーヒー 中目黒店 (ONIBUS COFFEE NAKAMEGURO)
b0089578_14481408.jpg
緑に囲まれた一軒家カフェで、ベンチとサイドテーブルが設置してあるので外でのんびり。
冬でも青空が広がる太平洋側の気候ならではの気持ち良さ、まだこの時は11月末だけども。
2階席にカウンターやテーブル席もあるそうです。

肌寒い季節だけど歩いているからか何故か冷たいものが飲みたくてアイスアメリカーノ。
すっきりして珈琲の味がしっかり、駅近くなのにのんびりしていて穏やかな気分。
b0089578_14481813.jpg
中目黒にきた目的は雑貨屋さんや器などをぶらぶら散歩して見回ること。
まず向かったのはオニバスコーヒーからも近い目黒銀座商店街沿いにあるMIGRATORY(ミグラトリー)
生活雑貨や作家さんの器、ファッションアイテムまで扱うセレクトショップ。
b0089578_11495525.jpg
購入した丹波焼「丹波窯」市野茂子さんのスリップウェア長方鉢の白い器。
自宅に茶色のスリップウェアの器があるけど、白は珍しいかなぁーと。
汁気を含む料理用、和食でも洋風なものでもなんにでも合うと思って。


by sukatan_queen55 | 2019-01-17 23:47 | 東京 | Comments(0)

大阪(北堀江):グランノットコーヒー (GRANKNOT coffee) oishii

b0089578_16075879.jpg
ラーメンを食べた後は「TREK Bicycle 大阪」(トレック直営店)でクロスバイクを吟味。
堀江周辺に移動してからもサイクルショップを覗きつつ、お洒落なお店をピックアップしながら巡りましたが、
さすがにカスタムパーツ揃いぶみなお店は上級者すぎてほんと眺めるだけです。
ブルックリンをイメージしたというむき出しのコンクリートとウッディーな部分が混在する店内は、
ラフでいて温かみがあり、奥までずーっと空間が広がっている。
b0089578_16080211.jpg
大きなテーブル席はすでに埋まっていたので、カウンター横のテーブルに座りました。
カウンターには自家焙煎したコーヒー豆や、マフィン・ドーナツ・スコーンなどが並んでいて、
焼き菓子は週末だけみたいです(「WEST WOOD BAKERS」さんの提供
b0089578_16080623.jpg
ハンドドリップコーヒーで淹れたホットコーヒーを飲めばベストだったけれど、
歩き回っていたら汗をかくほど暑くなっていたので11月だけど「アイスカフェラテ」。
これはこれでエスプレッソとミルクが程よくまろやかで美味しく心地よくクールダウン。


by sukatan_queen55 | 2018-12-29 23:39 | 大阪 | Comments(0)

金沢(疋田):バターレバーバインミー 「タマリンドチキンのバインミー」「パクチーミルクスープ」 oishii

b0089578_15331190.jpg
クリスマスパーティーの前日までに居間・お座敷・キッチンの大掃除をするのでこの場所の年末の大掃除は終わり。
来客の予定があると丁寧に掃除するもんです、普段は適当なのに。

次にやる事はお酒や食材の買い出し、お昼時なのでパクチー補給もしておこうか、とバターレバーバインミー

疋田町にあるベトナムサンドウィッチ(バインミー)のお店、エスニック好き、特にパクチー狂にはすっかりおなじみ。
✳︎パクチー抜き、レバーペースト抜きもできます

しばらくぶりの間にメニューがちょこちょこ変わっていて、まだサバのマスタードトマト煮バインミー食べていないな、と
横の黒板を見ると「マンスリーバインミー」なるものがありました。

なるほど月一で限定バインミーが出るのね、今月は「タマリンドチキンのバインミー」。

タマリンドはタイやインドの定番フルーツで、甘酸っぱくジュースやお菓子、調味料などに使われているのですが、
日本で生の入手は困難なのでタマリンドペーストは南インド料理やタイ料理には特に欠かせない。

少し柔らかめのフランスパンにレバーペースト、大根と人参のなます、玉ねぎ、きゅうり、
タマリンドのタレをからめた鶏肉と山盛りパクチー(増し状態)
甘酸っぱい鶏肉とシャキシャキの玉ねぎとパクチーで食欲も増し増し。

無料のお水もパクチーの根っこが入ったパクチー水!水までパク臭とは・・至福ッ!!!
あ、レモンが入った水もあります。
b0089578_15331534.jpg
パクチーミルクスープ(テイクアウトOK)
またパク心をくすぐるおニューなメニュー、中々ボリューミーな量。
パクチーの葉から根まで丸ごと使ってミルクと合わせたポタージュスープ。
クリーミーでほんのりパクチーの香りはすれど飲みやすいし、この時期は身体が温まります。

と、一連のパクチー連打にパク女も大満足ランチ。
b0089578_15331955.jpg
現在のメニュー、平日限定のココナッツ海老ヌードルが中々食べにこれない地団駄
b0089578_15332458.jpg
ホットティーが増えてますね、自家製干し柿とブルーチーズのバインミーはお酒に合わせたいです。
濃厚なベトナムプリン「バインフラン」も登場しているので、食事以外にスイーツ&ドリンクでカフェ使いもできますよ。


by sukatan_queen55 | 2018-12-24 23:33 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(堀川新町):サブリナ カフェアンドテラス「バターミルクパンケーキ」・ボヘミアンラプソディ oishii

b0089578_15583238.jpg
ジャークジャイランチの後、「ボヘミアン・ラプソディ」を観るためにイオンシネマ金沢フォーラスへ。
館内でクリスマスプレゼントを買って映画館階まで向かうと、上映時間まで後1時間ほどある。

ちょっとお茶でもして時間でもつぶそうかと同じ7階にあるカフェ、サブリナ カフェアンドテラス
フォーラスの屋上庭園が眺められるテラスと室内カフェスペースがあり、
庭園エリアは夏はビアガーデン、冬はテラス部分は寒さをしのげるように仕切りがしてあるのでそちらへ。

軽食メニューからパフェやクレープまでのスイーツと一通り眺めて、頼んだのは「バターミルクパンケーキ」。
こちら、ソースやケーキなどでデコレートされた幾つかあるパンケーキの中でも一番シンプルなメニュー。

パンケーキやワッフルにしかり、アイスやソースがたっぷりかけられたものを食べた結果、
何もかかっていない(生クリームはいい)生地自体を味わうシンプルなものが一番好きということに気付いた。

写真で3枚だったので、やばい食べきれない!と思ったが、大きすぎずにむしろ丁度良いかと。
今時のふわふわスフレパンケーキではなく、むしろやや懐かしい系で仄かにバターの香りがする。

小皿に付いているハチミツの他に海外のハチミツ瓶がどーんと置かれているけど私にはこれで十分。
でもシロップを沢山かけたい人にはかけ放題で有り難いでしょう。


さて「ボヘミアン・ラプソディ」、クイーンのボーカル「フレディ・マーキュリー」の伝記映画ですが、
自分自身、熱狂的なクイーンのファンではなく、家にあるのは「The Game」と「A Kind of Magic」。(ソロもある)
その頃の私といったら(スチャダラ調)、キュアー、デペッシュモード、エコバニ、ニューオーダー他など
ニューウェーヴ系の陰鬱なシンセとギターに魅了されていたのでした。

リアルタイムで言うと80年代前半からで、映画「ハイランダー」を観に行った時にクイーンの曲めっちゃかかってたなとか、
PV「Princes of the Universe」かっこよかったとか記憶があり、ライブエイドも普通に観ていて。
MTV、ポッパーズMTV世代でクイーンのPVは見慣れて自然と入り込んでる感があったので、
フレディが亡くなった時はそれなりにショックでした。

映画は1人のボーカリストの栄光と苦悩に深く入り込み、
名曲の誕生秘話の数々やライヴエイドでのクライマックスも交えて、クイーンを知らない世代でも楽しめる映画でしたね。
とにかく再現度が高くてブライアン・メイなんて気持ち悪いほど似ていてあり得ないけど本人か?って思ったほど。
そしてリアルタイムで見てなくても映画で流れる名曲の数々は聞き覚えがあって自然と入り込めました。

しかしフレディのルーツがインド人とは知らなかったなぁ~
当時自分は子供でちょっぴし顔濃いイギリス人としか認識がなかったわぁ~。
しかし映画を観たがっていた私よりも、フレディのソロ世代で「映画は長いから寝るかも」と言っていた夫が、
寝ないで(逐一、横でチェック!)「涙流しそうになった!」というほど感動していたのが受けましたわ。

とりあえずしばらくのBGMはクイーンかけてます。





by sukatan_queen55 | 2018-12-20 23:10 | 石川(金沢) | Comments(0)

東京(市ヶ谷):バン コーヒー バイロン ベイ(Bun Coffee Byron Bay ) oishii

b0089578_15424344.jpg
今回、通年用のパンツスーツを着用していった東京、夜でもコートが要らないほど寒さをあまり感じない。
歩き回っていたらむしろ暑くなってくる位、11月は記録的なほどの暖かさでしたね。

用事があった立ち寄った市ヶ谷、駅の近くでコーヒーでも飲んで休憩することになり、
バン コーヒー バイロン ベイ(Bun Coffee Byron Bay )

2005年にデビットケネディーが立ち上げた、オーストラリア発オーガニックロースター。
バイロンベイに焙煎所がありここ市ヶ谷はアンテナショップらしい。

ラテスタイルとしてカフェラテやカプチーノなどの他に、フラットホワイト(ミルクのフォーム量少なめ)や、
ロングブラックなどオーストラリア&ニュージーランドでポピュラーな独自のメニューがある。
b0089578_15425084.jpg
席数がカウンター6席テーブル6席と少なめで、スタンド代わりにテイクアウトも目立つ。
オーガニックのブレンドコーヒーは6種類、シングルオリジンのスペシャルティーコーヒーも幾つか。

コーヒーと共にオーガニックティーのメニューがあって、茶葉もカラフルなパッケージの箱で販売されています。
デカフェの豆もあったけれど、家にまだ在庫があるのでここは買うのを我慢。

美味しそうな焼き菓子やカラフルなグッズなど目が奪われて、衝動買いの癖が出そうになるがここでも我慢。
b0089578_15425541.jpg
私が飲んだダークオレンジモカ(奥はアイスドコーヒー)
この季節はホットがお勧めと書いてあったけど、歩いて暑かったので冷たいドリンク。

自家製のオレンジチョコソースをエスプレッソとミルクで割ったまさにオレンジチチョコドリンク。
スイーツのような仕上がりで、これはホットでも飲みたいかも。

オレンジシロップを使ったものは他にオレンジエスプレッソソーダ、オレンジミントティースカッシュがありました。


by sukatan_queen55 | 2018-11-29 23:12 | 東京 | Comments(0)

金沢(本町):ワインと夜パフェ 寧々 「大人なチーズパフェ」

b0089578_10410773.jpg
イタリアン忘年会の二次会、すぐに帰りたくない口さみしさのシメはラーメンorパフェ?

大食い時代は札幌で散々ハシゴの末にシメパフェの後にシメラーメンという、
ダブルシメという偉業を成し遂げたことも今では遠い過去。

1次会でお腹が一杯なので軽く一杯と甘い物を求めて、ワインと夜パフェ 寧々

前回に引き続き、駅前の女子の定番になりつつある飲み会の後の〆パフェ。
週末の遅い時間はとても混雑していますが、平日の夜は席に余裕がありました。
カウンターではなくテーブルにて。

ビーニャ・バルディビエソ バルディビエソ・ブリュット・ロゼ
(チリ セントラル ヴァレー産 ピノ・ノワール/シャルドネ)
苺やチェリーのようなフルーティーさと軽さを持った辛口のスパークリングロゼをパフェと一緒に合わせる。
b0089578_10411205.jpg
大人なチーズパフェ

グラスのにのったチョコチュイールの上にクレームダンジュや苺とラズベリーの蓋をまず食べてから中身へ。
ピスタチオアイスの下にはゴルゴンゾーラと塩キャラメルのムース、
周りを飾るのは細長いメレンゲとほろほろとしたクッキー、ポルボロン、底はコーヒーゼリー。

全体的に甘すぎなくてビターなゼリーや塩味のチーズが引きしめる。
量的にも多くなく、チーズもコーヒーも好物なのでこれ好きですー。

帰り際にカウンターを見ると以前は酒瓶が並んでいましたが、見えぬよう衝立が立てられていました。
写真映りも考えてかな?何にせよすっきりとしています。


by sukatan_queen55 | 2018-11-20 22:41 | 石川(金沢) | Comments(0)