タグ:エスニック ( 179 ) タグの人気記事

金沢(香林坊):ルロワと満月とワイン

b0089578_15001192.jpg
夫から週末に友人との飲み会があるからと言い渡されると同時に、暇を埋めるべく早々に友人に連絡。
友人2人を確保して行ってきたのは香林坊せせらぎ通りに8月8日にオープンしたルロワと満月とワイン

場所は元秋吉・香林坊店があった場所で私も何気にお世話になっていましたが、
馴染のある場所がこんなにシックでオシャレなお店に生まれ変わるとは。

メニューはエスニックのエッセンスを取り入れた料理が中心で、フレンチなワインのアテなメニューもあり、
料理に合わせてスパイスやハーブを色んな角度からアクセントにしたエスニック・フレンチのいいとこ取り。
野菜も無農薬中心に旬なものを仕入れるなど食材に拘りも。

真ん中に大きな長方形のテーブル席があって、他にもテーブル席やカウンター席。
カウンター席を予約して早めの時間帯からお邪魔してきました。
b0089578_15001612.jpg
クラフトビールにワイン、カクテルなど幅広いアルコールの中から私が注目したのは、「RECOMEND(お勧め)メニュー」。

桃とバジルの白いサングリア、ジャスミンのサングリア、すだち香るジントニック、エルダーフラワーのモヒート、
オレンジとフレッシュハーブとフレッシュハーブのスコッチハイボールなど、いつもと違うひとひねりなアイディア。
試してみたいって思うんですよね、こういうの。

飲んだのは桃とバジルの白いサングリア、フルーティーな飲みやすさで女子の(熟女も)最初の1杯に最適。
ちなみにノンアルもグアバジュースやベンガルティーに・・・おおっと、焼酎コーヒー割が目に付いた。
b0089578_15002118.jpg
・シャインマスカットとブッラータチーズのカプレーゼ
ブッラータチーズはモッツァレラチーズの袋の中に生クリームと細かく裂いたモッツァレラが入ってるチーズ。
シャインマスカットは種無しで皮も食べられてサクッとした歯ごたえの甘い葡萄。
そのままでも美味しいシャインマスカットだけど、この組み合わせは爽やかで贅沢なおつまみに、軽いお酒に合いますね。
b0089578_15002671.jpg
ラム肉 焼き餃子

餃子は4種類あって、満月餃子・鶏しおレモン餃子・ラム肉焼き餃子・海老まるごと蒸し餃子。
私の好みだったらまずはラム肉でしょう、海老以外は焼きor水餃子が選択できます。
帽子のような愛らしい形の元宝餃子、ほんわかラムの香りが口の中に漂う。
b0089578_15003272.jpg
エビとアボカドの生春巻き
もう1つのフィンガーサラダは海老とアボカドの生春巻き。
ライムを添えてピリ辛ダレでいただきます。
b0089578_15003810.jpg
エビまるごと蒸し餃子
初めからタレがかかっている完成形、丸ごと海老に蒸されてジューシーなたね。
周りを彩るのはプチトマトとパクチー。
b0089578_15004408.jpg
極太アスパラガスのステーキ
オーストラリア産の極太アスパラガスにのソテーの上から熟成ハモンセラーノ。
ソースは卵黄の味わい深いコクと酸味が特徴的なサバイヨンソース。
b0089578_15005104.jpg
ル・カノン・ルージュ
フランスで自然派ワインを造る日本人醸造家・大岡弘武さんの赤ワイン。
最初にとあるお店でロゼ微発泡を飲んだのがきっかけで、他の種類も自宅に取り寄せたりお店で飲んだり。
現在は岡山でも醸造所を構えてワイン造りを始めています。
b0089578_15005717.jpg
・フレッシュハーブのスインギングポテト
ハーブの香りがするくるくるとカールしたフライドポテトがとってもキュート。
どんな器具を使っているんだろう?外はカリッとしてほっくり。
b0089578_15010279.jpg
・干し豚 空芯菜炒め
普通の豚肉より干されて旨みが凝縮されているのか肉の味が濃い。
パプリカと空芯菜と合わせてサラリとした中華の味。
b0089578_15010751.jpg
・バーミーヘン(タイ風和え麺)
タイ風の汁なし麺、バンコクでこれ食べた記憶がないかも。
ひき肉に紫たまねぎ、万能ねぎ、味付けはなんだろうナンプラー+アルファでちょっとピリ辛。
この細いけれど締まっている麺が美味しい、これ好きー。
麺・ご飯ものは他にもラーメン、パスタとありますが、特に土鍋カオマンガイがそそります。

イタリアン、フレンチに限らず中華やエスニックだってワイン、まぁ私は割とそういう傾向ですが、
ワインとエスニックのマリアージュを楽しんだり、他のアルコール類ともチョイスしたり組合せはそれぞれ自由に。

基本エスニック好きなので、ガチガチのエスニックもさることながらこんなお店は大歓迎。
次回は家族と行けるかな。




[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-10-02 22:34 | 石川(金沢) | Comments(2)

金沢(長町):アシルワード (AASHIRWAD)週末と休日のランチ・リニューアル

b0089578_11130252.jpg
知り合いからのインド旅行のお土産のスパイスや、月一のエアスパイスのスパイスセットに加えて、
上野で購入してきた単品スパイスなど、な~んかスパイスが溜まってきたけど、最近週末しかカレー作れなくて。

平日の仕事帰りはパパッと作りたいし、秋だから焼き秋刀魚など和食も食べたくなるし、
といいつつ、相変わらずのカレー意欲は衰えず、また南インドのレシピ本をポチ買いしてしまった。

そんなカレー曜日な週末の私のランチ。

せせらぎ通りのインド・ネパール料理のアシルワード (AASHIRWAD)さんが、
9月8日から週末および休日のランチメニューをリニューアル。

カレーと主食の選べるメニューが増えて、組み合わせのバリエーションが広がりました。
それぞれカレー1~3種類で価格が変わり、ドリンクやオプションメニューも追加できます。

カレー:バターチキンカレー、キーマカレー、マトンカレー、魚介のカレー、野菜のカレー、豆のカレー

ライス&ナン:ターメリックライス、インディカ米(+100円)、ナン、ナン&少量のライス、
バトゥーラ(揚げパン)、チーズナン(+200円)、チャパティ(全粒粉の薄焼きパン)2枚

私はカレー1種類(マトンカレー)とバトゥーラをチョイス:1000円
ターリー皿には他にサラダ、自家製ヨーグルト、玉ねぎのアチャール(インドのお漬物)が付いている。

マトンカレーはサラサラとしたグレイビーで程よいスパイシーさ(辛さ調節できます)マトンの塊肉がごろごろ。
大好きなバトゥーラ、熱々なところを手でちぎってジュワッと噛みしめるともちもち。
うまいうまいと実際カレーに浸さずにそのまま食べて、カレーは飲み物状態にしていたかも(笑)
b0089578_11130690.jpg
横から見たらこんなに膨れているバトゥーラ初めてみた!
ちょっとトスを上げたくなっちゃいますね(嘘)
b0089578_11131027.jpg
追加したアイスチャイ、スパイスとミルクが優しく合います。
いつもの好みでマトンカレーにしちゃいましたが、最近お気に入りのフィッシュカレーと迷いました。
そんな時は2種類にすればいいんですけどね。

後日、せせらぎ通りのある一角で友人たちとの宴会を行った時、持ち寄りだったのでアシルワードのカレーをテイクアウト。
チキンペッパー、マトンカレー、フィッシュカレーの3種だったけど、
フィッシュがマスタードシードの風味が効いた辛口のカレーでとても美味でした。
うーん、やはり自分の中ではフィッシュカレーがブームだな(マトンは基本)。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-09-29 22:29 | 石川(金沢) | Comments(0)

沖縄(宮古島):SAMAN miyakojima curry DELI(サマン)スリランカカレー、シュノーケリングツアー


b0089578_14524508.jpg
午前中は宮古列島の1つ伊良部島にてシュノーケルツアーを体験してきた後のランチ。
滞在している間は全て郷土料理でもよかったのですが、惹かれるお店を発見、SAMAN miyakojima curry DELI(サマン)

宮古島の食材を活かしたスリランカカレーのデリ専門店で、2017年5月5日にオープン。
場所はイオンタウン宮古南ショッピングセンターがある通りのすぐ左側の建物。
スリランカ人シェフが作る本格スリランカカレーをデリ形式でテイクアウトやイートインできます。

しかし、この店のことを調べていたら、なんと9月30日に閉店(移転予定)だとか。
移転先はまだ決まっていないようですが、FB公式ページで発表されるそうです。
b0089578_14525098.jpg
カフェっぽいお洒落な店内はイートイン用のカウンターとテーブルがあり、
ショーケースにはその日のカレーとお惣菜がずらり。
イートインメニューは、カレーとお惣菜を数種組み合わせてライスに盛りつけられてくるセットがあります。
b0089578_14531865.jpg
(カレー):1チキンカレー、2エビカレー、3お豆とキャベツカレー、4かぼちゃカレー
(お惣菜):5ポテトソテー、6サバカンソテー、7オニオンサンボル、8ココナッツサンボル、9なすの甘酢ピクルス
10ベジタブルピクルス

ランチセットは一番メニューが多くえらべるプレート7のセットを選択。
やはり肉と魚のカレーに目がいってしまうので野菜はお惣菜担当にしてもらおう。
b0089578_14532322.jpg
PLATE7(カレー2種、お惣菜5種)1,200円

カレー:チキンカレー、エビカレー、
お惣菜:サバカンソテー、オニオンサンボル、ココナッツサンボル、なすの甘酢ピクルス、ベジタブルピクルス、
パパド、ライス

ライスの上にのったカレーとその周りを囲む各お惣菜たち、最初はカレーだけで食べて味を確認、
その後はスリランカ風にまぜまぜして味の変化を楽しむ、自由に食べる具だくさんのセット。

スパイシーで辛いチキンカレー、サラッとした出汁の効いた海老カレー、サバと野菜のうま味なソテー、
シナモンとカルダモン香るスパイシーなオニオンサンボル、ピリ辛なココナッツサンボル、
なすのピクルスは結構甘口で、ベジタブルのピクルスにはグリーンチリが入っているそうでピリッと辛い。
それぞれに味わいがあるので、混ぜると複雑な深みが出てより美味しくいただけました。
b0089578_14533493.jpg
スパイシーなカレーのお供には100%生の生姜を使ったブルースコスト・ジンジャーエール。
底に沈んでいる生姜を浮き上がらせるように軽く上下させてから、瓶のまま豪快の飲むと
辛味のある生姜と炭酸の刺激が結構きゅーっとくる~後味は爽やかでスパイシーなカレーにぴったりでした。
b0089578_15184254.jpg
午前中のシュノーケルツアーの模様をチラリと。
伊良部島の下地島17エンドにあるシュノーケリングポイントに向かうために、車で集合場所の港まで集合。

潜るので宿泊先を出た時から水着を着用、上はラッシュガードと下は水着用スパッツに身をつつみ、
日差しがキツイので肌が出ている腕や顔などにこれでもかと日焼け止めを塗りたくる。
ボートが揺れるので酔い止め薬を飲み、サングラスやら防水バッグと用意は万全。

この日は私たちと女性2人の計5人のみの参加。
ガイドさんが目の行き届く少し人数が少なめのツアーの方が、リスクも少なくて好ましいので丁度良い。
b0089578_15185451.jpg
17エンドの沖の方に移動したところでボートから撮影、やっぱり目を見張るような透明度。
ボートの上で初心者でも参加できるように、シュノーケルの付け方や泳ぎ方などのレッスンを受けて
サンゴ礁探検へとしゅっぱーつ。
b0089578_15184859.jpg
水深4~5m程度の海底にはサンゴ礁があちこちに点在して、カラフルな魚たちが住み着いている。
おおっ!あれに見えるはクマノミ(ニモさん)ではっ!
どこまでも青い海に広がるサンゴ礁と熱帯魚、その美しさに心の底から感動。

周りの皆は上から水中メガネで覗き込みながら1人で自由に泳いでるが、初心者の私は立ち泳ぎが不安。
ガイドさんが持っている浮き輪をがっつりつかんで離さんで!状態が滞在時間の2/3ぐらい、ヘタレでした。
b0089578_15190020.jpg
シュノーケリングの後は浅瀬に移動してボートから降りて、SUP(サップ)体験。
サップ?ボブサップちゃうで!というか、私・・サップというマリンスポーツを知りませんでした。

ハワイ発祥のマリンスポーツで、StandUp Paddleboarding(スタンドアップパドルボード)の略。
サーフボードよりも少し大きめの板に立ち、パドルを漕いでカヌー感覚で海の上の散歩を楽しむ。

最初膝をついてバランスを取りながらボードの上に立ち、パドリングしていくのだが、
風がふいていたこともあり一定方向に曲がっていったり、気を抜くとひっくり返って海にドボーン!

でも、マリンスポーツ初心者の私でも慣れれば簡単に楽しめるし、海の上を散歩する開放感が気持ち良くておすすめ。
午前中はこんな風に過ごしてランチを食べた後はシャワーを浴び、お土産を買ったりしてのんびりしてました。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-09-07 23:14 | 沖縄 | Comments(2)

金沢(疋田):バターレバーバインミー(バインミー専門店)「ラオス風肉みそ(ピリ辛)」

b0089578_11341207.jpg
毎年の健康診断は職場で春先に受けるので、後は特定の個人検診だけだな~とのびのびにしていたら、
いつのまにか秋じゃないですか、という訳で幾つか検査予約申し込み。

大体お昼前に終わるので、もちろんランチ先は考えておりました、この日はバターレバーバインミー
ベトナムサンドウィッチ(バインミー)専門店として世の中のパク女&パク男の注目度も高い。
ついこの間はMROの「絶好調W」でも放送されて益々知名度もうなぎ上り。

いつのまにか「甘辛牛焼肉」がなくなって「ラオス風肉みそ」が登場しているというので行ってきました。
ここに行くと毎回パクチー多めにします?→お願いします、の流れで少しサービスしてもらっていたけど、
結構同じ人が多いらしく(パクチー好きあるある)、それならば+100円(パクチー増し)ができたそう。
*パクチー抜きもできます

毎回無料でパクチー増ししてもらうのも悪いなーと思っていたので、今回パクチー増しにしてみたら、
具が見えないどころか、あふれんばかりのパクチーてんこ盛りバインミーがやってきた。
こりゃパクチー愛が試される時がきたな・・。
b0089578_11342601.jpg
ラオス風肉みそはにんにく、トマト、ハーブで味付けされたピリ辛スパイシーな肉みそと、
人参と大根のベトナムなます、レバーペースト、もりもりパクチー。
食べようとするとパクチーがこぼれまくるので、1口食べてはお皿のパクチーを拾って口に入れという動作を繰り返す。
パクチー愛は無限だけど、食べにくくて忙しいので次からは普通にしようかな、笑
b0089578_11343272.jpg
ベトナムエッグコーヒー
今回はベトナムエッグアイスコーヒーを試してみました。
ベトナムアイスコーヒーの上に卵とコンデンスミルクを泡立てたものがのっかっています。
このクリーム部分が甘くて滑らかでティラミスの様なデザートのよう、濃いめのアイスコーヒーと混ぜても美味しい。
b0089578_11343921.jpg
きゅうりんご、パクチーレモネード、ローストココナッツジュースと飲み物も個性的。
後はヘルシーなレモングラス豆腐とえびアボカドを残すのみ。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-09-03 23:12 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(柿木畠):Srilanka Kitchen(スリランカキッチン)「ドーサランチ」

b0089578_14293189.jpg
この一週間内でバーベキューを2回こなし、余った肉などを持ち帰るのだがホルモン多し。
普段、家でホルモン焼かないのでシロをウホウホ言いながらキャベツと炒めたりしてます。

ホルモン焼きに素麺、ゴーヤチャンプルーなど夏らしい家の食卓が続くと、
再びエスニックの波が怒涛のようにやってくる、お1人様ランチはSrilanka Kitchen(スリランカキッチン)

・ドーサランチ(ラッシー付)
週末限定メニュー、米と豆の生地をクレープ状に薄く延ばして焼いた南インド・スリランカの人気料理。
表面はクリスピーでカリッとしてるけど、裏側はギーを薄くのばしているからかほんのりしっとり。
これがコクとなってそのままでも美味しい、ちなみにスリランカではトーセ。

上にのっているウルントゥワダイ(豆のドーナッツ揚げ)=ウルンドゥワデー、南インドだとワダ。
そとはサクサクで中はふんわり色んなスパイスが入っているおからドーナツのような。
ドーサの中にはスパイスで炒め煮したじゃがいもが入ってます。

ココナッツのチャツネ、トマトのチャツネ、サンバル(野菜や豆のスパイススープ)と一緒に食べます。
最初はナイフ&フォークでカットしていたけど途中で面倒くさくなってきて、
手でちぎって丸めてチャツネにつけながらモグモグ・・・この方が食べやすい。

以前、スパイスボックスでマサラドーサを食べた時はもっとドーサはしっとりしていた様な気がする(かなり前ですが)
この日はスリランカ人とインド人のシェフが両方いたようなので(帽子で区別)誰が作るかにもよるのかな。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-08-19 23:39 | 石川(金沢) | Comments(2)

東京(御徒町):羊香味坊(ヤンシャンアジボウ)で羊肉とパクチー三昧。

b0089578_11245557.jpg
dancyu 2018年6月号「羊好き」を読んだ時から、羊肉をめぐる妄想が私の中で膨らみ続けてもはや飽和状態。
その特集の一番最初に掲載されていた羊香味坊(ヤンシャンアジボウ)に行ってきました。

神田の人気店、中国東北地方料理「味坊」の3店舗目で最寄駅は御徒町だけど上野駅からも徒歩圏内。
羊に特化したお店で、羊肉とパクチーが好きなら行くべし!なので、羊スキー&パク女な私はまさにピッタリ。

孤独のグルメで放映され、さらにdancyuに掲載されてまもないので、並ぶ・混雑の文字が頭をよぎる。
なので予め予約しましたよ~本当は夜に行きたかったのですが都合上、昼になりました。

電話口の女性のカタコト日本語やり取りでちょい焦りましたが、日にちもちゃんと伝えて無事予約完了。
開店10分ほど前に着いてしまったら、誰も並んでなくて予約した意味なし?笑
b0089578_11250129.jpg
ランチタイムにはセットがあり、メニューが書かれた看板が立っていました。
羊に特化しているお店だけど、羊を避けて通るメニューもありますな。

麺類に半チャーハンとか、丼に半ラーメンとかさらっと書かれているが何気にボリュームありそう。
お昼だとランチセットのみを心配する方も安心、ここはお昼でも単品が頼めます。

この通りには南インド料理のお店も2軒見つけたし、ランチをするには困らないエリア。
南インド料理に羊香味坊、私にとってはパラダイスじゃないか。

でも、普通のリーマンはこの店の前にあるいかにも普通っぽい居酒屋が出している600円ランチに
どんどん吸い込まれていく、そんなものである。
b0089578_11250585.jpg
さて開店時間、一番のりで通されて~1階の一番隅っこの窓側席に案内される、2階もあるのですね。
並んでいるテーブルとの隙間がなくてしかも隣との感覚が狭っ!近っ!これも雰囲気と言えば雰囲気か。

アラカルトであれこれ頼んで、アルコール飲みたいけれど大人な事情で黒烏龍茶。
神田の味坊は自然派ワインが揃っているそうだが、ここでも同じく飲めるらしく外にワインの空瓶が山の様に置かれていた。
b0089578_11252800.jpg
・ラム肉のクミン炒め
ラム肉炒めはクミン、山椒、黒胡椒の3種類から選べる。
薄切りのラム肉を想像していたらコロコロ塊肉だった、後は玉ねぎとクミンにパクチー。
噛みごたえあるコロコロラム肉にクミンが入ることでスパイシーに、パクチーと共に好相性!!
b0089578_11253372.jpg
・ラム串5本セット
ラムショルダー、ラムショルダー&キノコ、ラムレバ網油包み、ラムランプ&長芋、ラムネック(山椒醤油)
ラム串セットを頼むと単品ラム串が1本づつ5種類付いてくる。

一部にクミンと唐辛子が結構かかっているけどさほど辛くはない。
ラムなので当然独特な香りがすれどそんなにはクセは強くなくどれも柔らかい。
脂ののったものは特にうまーーそして希少部位のラムレバも美味しかった。
b0089578_11253883.jpg
パクチー
串や他の料理への薬味として単品でパクチーを頼みました。
b0089578_11254378.jpg
・羊香水餃
小ぶりの水餃子、自家製の皮はもちっとして中にはラム肉とパクチー。
全体的にやんわりとラムの風味も優しく中国黒酢の酸味でシャキッとするというか。
b0089578_11254716.jpg
・ラム肉スペアリブの発酵出汁煮
黒板に書かれていた本日のメニューの中からこちら。
ラム肉スペアリブに豆もやしなどの野菜とパクチーが入っていてピリ辛な煮物。
塊肉たくさん入っているけど骨の部分も多い、酸味と肉や野菜の旨みがじわるスープ。
b0089578_11255278.jpg
・ラム肉小龍包
こちらも自家製皮がもちっとして厚く、中からラムのエキスが詰まった肉汁がジュワーッ
お肉がジューシーで美味しい、こちらも中国黒酢をつけて食べます。
b0089578_11255660.jpg
・魚羊麺
ラム肉がたっぷりのった羊肉麺もあるけど、お肉はもういいかなと思ったので魚羊麺。
鯛の出汁とラム肉の出汁が混ざったスープはあっさりしていてほんのりラム臭。

蕎麦粉が混ざった麺は固めに茹でてあり、歯切れが良好で食べごたえがあります。
トッピングは羊肉、パクチー、ゆで卵、ネギなど、しかし、なかなか味わえないわ~こんなスープ。

小皿料理が充実していて、他にもラム肉入り炒飯、よだれラム、ラムのスペアリブなど
食べてみたいメニューが沢山、少人数でも大勢でも、そしてお一人さまにはカウンターもあり。

やたら急いでいるようなつっけんどんな対応が現地クオリティですがまぁ気になりません。
お会計の時に美味しかった~で笑顔いただきました♪また行きたい!!


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-07-31 23:07 | 東京 | Comments(0)

東京(新橋):南インド料理 ナンディニ虎ノ門店「ミールス(ノンベジ)」「ナンディニセット」

b0089578_16425900.jpg
東京編、午前中から日差しはすでに強く、ビルとビルとの影に入るとホッとする暑さ。
JR新橋駅から降りて虎の門方向へ、名前は虎の門だけど住所的には西新橋な、南インド料理のナンディニ虎の門店

清州白河に南インド料理店「ナンディニ」がありますが、ここは2017年4月にオープンした2号店にあたります。
自分にとってオフィス街である虎の門店の方が都合上行きやすく、前から行ってみたかったんです、ここ。

オープン直後に入ったら一番乗り、でも次々とネックストラップを下げた会社員たちで満席になりました。
流石に暑いのか外のテラス席を選ぶ人は少なく人影はまばら。。。
b0089578_16430488.jpg
・ミールス(ノンベジ):1,300円
*サンバルとラッサムはお代わり1回無料

ピクルス(アチャール)、ドライタイプのチキンカレー、キーマカレー、マトンカレー、ラッサム、サンバル、
デザート(パヤサム)、ヨーグルト、パパド、プーリ、バスティマライス、

予想はしていたけど見るからに量が多い、まずバスティマライス、しかもプーリー(揚げパン)が付いている。
そしてカレーの種類がズラリと並んでこれで1,300円なんだから、食べる前からワクワクが止まらない。

一番印象深かったのはラッサム、タマリンドの酸味とスッキリとした辛さでこのラッサム美味い!
アチャールは独特な香辛料の香りと酸っぱさが特徴的、サンバルは野菜がしみるやさしい味。
ドライタイプのチキンは結構な塊で上までごろごろ入ってる。
キーマはややトマトっぽいのかな、どのカレーも味付けは違っていて、
お互いをライスに混ぜながら食べて、ときおり塩っぱいアチャールを合わせても面白いです。
デザートは細かい麺が入ったミルク煮のパヤサム。
b0089578_16431092.jpg
・ナンディニセット:1,300円
タンドリーチキン、ワダ、シーフードカレー、チキンカレー、マトンカレー、バスティマライス、サラダ、デザート(パヤサム)
選べるパン(ポロッタ、ナン、チーズナン、バターナンから):ポロッタ
*ポロッタかナンはお代わり1枚無料

こちらは同行者のものなので味見させてもらったのですが、
選べるパンのポロッタがうーまーいー、渦巻き状でパイの様な食感な平焼きパン。
後、ドーナツ状の揚げたワダもサクッとして、これまたうーまーいー!
人のものだがライスと交換しませんか?と言いたくなる。

カレーはミールスと比べるとこってりしたカレーが多くて、ココナッツ風味のチキンカレーがあったかな。
同行者がタンドリーチキンがめちゃめちゃ美味しいと言ってました。
辛さの指定はできるけどしなかったので普通の辛さでした。

お隣のテーブルの男性がマサラドーサを食べていて、ドーサをお代わり。
後から持ってきた焼きたてのドーサがとーっても美味しそうだった←人のものは良くみえる
ドーサ&ワダのセットもあるしいいな~ポロッタも食べたいって炭水化物ばかりじゃないか。

しかし全体的に量が多くてお代わりなんてとんでもなかったけど、
おてごろセット(1,100円)というやや量が少なめのセットもあるので、頻繁に通えるならこちらかな。
近くに勤めているOLさんが羨ましいです。



[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-07-27 23:39 | 東京 | Comments(0)

金沢(長町):アシルワード (AASHIRWAD)「アシルで夜会!」

b0089578_16425455.jpg
7月上旬、富山のカレー好き星人あんとんさんの石川遠征企画、
せせらぎ通りのインド&ネパール料理、アシルワード (AASHIRWAD)での「アシルで夜会!」に参加してきました。

幹事さんとアシルの千葉さんとのやり取りにより決まったのは、ネパール、北インド、南インド網羅する特別メニュー。

富山からの遠征組はランチでもインド料理を食べ、さらに0次会をもうけるなど無茶ぶりを披露。
私は1つ前の記事であるベトナムのバインミーに留めておきました。

飲み放題付きだったので各々が好きなドリンクを注文して乾杯の儀式。
私はスパイシーで甘い味わいのマサラワイン。
冬にはホットにするとまた美味しく、アシルワードのお気に入りドリンクです。
b0089578_16425810.jpg
パニプリ(4人でシェア)
インドやネパールでは屋台で大人気のスナック。
ピンポン玉のようなスナックに穴を開け、タマリンド風味のお水とじゃが芋などでできた具材を詰めて食べるもの。
出てきた時に歓声が湧き上がるのも分かる、コロンっとした可愛らしい形状。
さて、中は空洞で揚げたボール状のパニ(水)プリ(プーリー)に横の具材を詰めていきましょう。
b0089578_16430372.jpg
指で両側を潰さないように穴をあけて、スパイスで味付けしたじゃがいもとスープを投入。
他の人はもっと穴ギリギリまでスープを入れていました。
パクッと口にほおり入れると、カリカリッ香ばしいプリとスープの酸味とスパイシーさが混ざった中身がはじけて
とーーっても美味しい!水分で周りがしめってくるから直ぐ食べるのが醍醐味。
b0089578_16430836.jpg
バジ(シェア)
ベサン(豆の粉)で衣を付けたインド式のオニオンフライ。
表面が固くてカリッとして、スパイシーな風味が広がる玉ねぎのバジ。
玉ねぎって料理のベースにもなるし主役にもなる万能な食材ですね。
b0089578_16431293.jpg
サモサチャート
サモサをアレンジした料理、インドやネパールで主に軽食として人気のメニュー。
日本では揚げたものをそのまま食べるサモサがポピュラーですが、
そのサモサにスパイシーなソースとひよこ豆、紫たまねぎ、ザクロ、パクチー、ヨーグルトなどがかかっていました。
b0089578_16431748.jpg
アルサデコ&グンドゥルックサデコ
ネパール式の和え物を2種。
アルサデコには普段の胡麻の代わりにネパール産のシラム(シソ科のエゴマの種)使い、
同様にレモンの代わりにネパール産の果物ラプシーのパウダーで酸味を付けてあります。
このネパールの発酵乾燥青菜、グンドゥルックが奥深い味だこと!漬物を食べた時のような旨みがじわり。
そして前に食べた時よりも複数食材が追加されているので複雑な味になってます。
中でも大豆は節分で撒くあのフライパンで炒った情景が思い浮かびました。
b0089578_16432238.jpg
Cモモ
「モモ」のアレンジメニュー。
ティムール(ネパール山椒)を使った辛味ソースで絡めたもので、スパイシーモモの「シー」を取って
ネパールではCモモと呼ばれている。
b0089578_16432779.jpg
タンドールフィッシュ
魚の窯焼きで本日は「鯵」、表面はカリッと固まったスパイシーな衣に覆われてました。
ミントソースをかけて、肉好きだけれど魚もいいね!
b0089578_16433208.jpg
マトンカッサ&ベジタブルプラオ(シェア)
圧力鍋で調理した骨付きマトンのカレーと野菜の炊き込みご飯。
グレイビーソースが少な目のセミドライタイプの煮込み料理のことをカッサと呼ぶそうです。
野菜の滋味を活かしたやさしいプラオにマトンカレーをかけると旨さ爆発。
マトンカレーがまたサラッとしてもったりしすぎないから合っているのかも。
思わずキッチンユキのベーキ(焼き飯)にカレーソースをかけて食べたシーンが脳裏に浮かびました、全然違うけど。
b0089578_16433785.jpg
ラヴァドーサ&サンバル&フィッシュカレー
セモリナ粉(ラヴァ)生地で発酵を待たずに焼き上げるドーサ。
フィッシュカレーはプロモジシェフがムンバイで働いていた時に覚えてレシピ。
このフィッシュカレーは通常メニューにもあり、私もリピートする大好きなカレー。
で、このラヴァドーサが玉ねぎの香ばしさがアクセントになってめっちゃうまい。
実は中々量が多いコースだったので、ドーサは少し食べて持ち帰ったのですが冷めても美味しかったです。
b0089578_16434806.jpg
セヴァイ(セヴァイ・キール)
米粉から作るパスタのような麺をミルクで煮込んだスイーツ。
b0089578_11572352.jpg
最後にチャイを追加してホッとするひと時。
初めて食べるパニプリやとにかくバラエティーに富んだメニュー構成で、コース形式というのも新鮮。
Cモモがシェアじゃなく1人分とかカレーがお肉と魚でダブルだったとか、ボリューム的にも中々すごかったです。
味は言うまでもなくどれも美味しくて、開催まで色々やり取りしてくれた幹事さんに感謝です。



[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-07-17 23:34 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(疋田):バターレバーバインミー(バインミー専門店)「ハチミツ焼豚」「ベトナム風チーズたまご」

b0089578_11440981.jpg
6月18日に金沢市疋田町にオープンしたベトナムサンドウィッチ「バインミー」専門店の「バターレバーバインミー」
すっかり気に入った私は夫を引き連れてまたまた行ってきました~これで3回目です。

今回は2人なので別の物をチョイスしてシェアすれば2品味わえる。
早速メニューとにらめっこして私は「ハチミツ焼豚」、夫は「ベトナム風チーズたまご」を注文。

パク女な私は増量してまでも食べたいですが、独特のあるクセが特徴のパクチーなので苦手な人も多いですね。
そしてバインミーと言えばレバーペーストもお馴染み、苦手な人はどちらも注文時に抜くことができます。

ですが、レバーペーストはソフトな味付けで色んな具材が入るとそんなに分からないくらいなので、
パクチーが初めてという方含めて、ぜひデフォ盛りをトライしてもらいたい。

食べてみよ、話はそれからだ。
苦手だった場合は責任とれませんが(笑)

b0089578_11441364.jpg
カウンターにハラペーニョ?(名前見忘れ)のピクルスの瓶が置いてありご自由にどうぞと。
うん、予想通りピリッと辛いわー
おつまみ代わりに食べていたけど、バインミーの中に足してもいいのかも。
b0089578_11441738.jpg
きゅうりんご
キュウリが刻んだリンゴジュースを想像していたら、スムージーらしきものだった。
リンゴの味ときゅうりの青臭さのさっぱり感、あら美味しい。
b0089578_11442141.jpg
ジャスミンレモネード
ジャスミンティー+レモネード、南国の飲み物はどれも爽やか。
b0089578_11442682.jpg
「ハチミツ焼豚」

バインミーは半分にカットしてもらいました。
結構ボリュームがあり、ヌードル(小)と合わせて食べる人は半分持ち帰る人も多いそうです。

ハチミツを塗ってオーブンで焼いた焼き豚入りのバインミー。
外がカリッとした程よい弾力のあるパンは森本のブランジェ・タカマツ製。
焼豚、紅白なます、パクチー、レバーペースト、チリソース。。。
それぞれの特徴も顔を出すけれど、それが全部合わさってなせる味とも言う、んまい。
b0089578_11443309.jpg
「ベトナム風チーズたまご」

ベトナム風に味付けしたチーズ入りのいりたまごということですが、
たまごはふんわりして甘い味付けで食べやすいのでお子様も好きそうな。
もちろん、紅白なます、パクチーなどの具材がアクセントになっているのは間違いない。

ドリンク類も充実していて今回も満足なり~~。
次回は焼肉バインミーとベトナムコーヒーかな?肉から順番に選ぶ肉食熟女の性。
とりあえずコンプリート目指します。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-07-12 23:55 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(疋田):バターレバーバインミー(バインミー専門店)「ココナッツヌードル」「ベトナムつくね」

b0089578_14455421.jpg
エスニックが食べたくて堪らない夏、自宅ではタイ料理やカレー続きで添えるものはもちろんパクチー。
そんなパク女が歓喜するお店が6月18日にオープンしました。

ベトナムのサンドウィッチ「バインミー」専門店、バターレバーバインミー
場所は金沢市疋田町、くすりのアオキの通り側のファミリーマートを曲がるとマンションの1階にお店があります。

営業時間は11時~17時、定休日は金曜日

ベトナムのサンドウィッチであるバインミー、柔らかいフランスパン(バケット)にバターやパテを塗り、
野菜、ハーブ類、肉などを挟みヌクマム(魚醤)などのソースを振り掛けたもの(Wiki参照)

私もホーチミンでバインミーを食べたことがありますが、パテはレバーペーストで具はメニューによって色々。
事前の情報を知って早速行ってみるとオープン2日前で食べられず、仕切り直しで一週間後の週末です。

b0089578_14462400.jpg
お店の前に貼られていた黒板メニュー、レモングラス豆腐はこの日はなかったけど復活しています。
そしてパクチーほど好き嫌いが分かれる食材もなかなかないので、パクチー抜きも出来るそう。
ついでにレバーペーストも苦手で抜いてもらった人もいるみたい。
b0089578_14461004.jpg
店内はカウンターとテーブルが並び、イートインとテイクアウト共に出来ます。
平日限定のココナッツ海老ヌードルが目に入るが、この日は週末だったのでまずはバインミーですね。

ドリンク類も興味をそそるものがあれこれ、中でもパクチーレモネード、きゅうりんご。
ベトナムアイスコーヒーは練乳入りでしょうか、今度飲んでみよう。
b0089578_14464332.jpg
バインミー(ベトナムつくね)

パンは食べやすいように半分カットしましょうか?と聞いてくれます(パクチーの好き嫌いも)
私は豪快に食べたかったのでそのまま、パクチー好きと言ったら増量してくれました(笑)

ベトナムつくねはパクチー入りの肉団子(つくね)が入って、大根と人参の紅白なます、
レバーペースト、きゅうり、パクチー、トマト系のチリソースなど。

パンは程よい弾力がある食べやすい固さで、パクチーと肉団子と好きな組み合わせでもりもりと食べ進んでいく。
レバーペーストはソフトなお味で食べやすく、気にしている人にも意外に大丈夫だと思われる。

もっとレバーの風味の強いレバペッ!カトチャンペッ!っての食べてますから。
b0089578_14464896.jpg
パクチーレモネード

これがまたフレッシュで爽やかで甘くて、パクチーがいいアクセントになってるわ~
このお店では佐賀県のパクチー農家である江口農園さんのパクチーを使用しているそうです。
b0089578_14465217.jpg
ココナッツ海老ヌードル

また別の日にお邪魔して食べてきたのは平日限定のココナッツ海老ヌードル。
東南アジアの麺料理「ラクサ」を参考にして作ったオリジナルだそうです。

豚骨を煮込んだスープにココナッツミルク、海老油が浮かびまさに東南アジア系の味わい。
麺は細めの全粒粉で、トッピングにはもやし、紫たまねぎ、パクチー、フライドオニオン、ゆで卵、海老、ラー油。

フライドオニオンが香ばしくてコクが増すというか、ラー油はかかってはいるものの辛さはあまり感じず。
今回もパクチー増量(笑)野菜が多めでかなり嬉しく結構ボリュームありました。

サイズは大・小あるので、バインミーとヌードル小のセットも良さそうですね。

現在、噂が噂を呼びパクチージャンキーホイホイになっている模様。
私はもちろん気に入ってしまったのでコンプリートする気満々。

前にバインミーも自作したことありますが、まずレバーペーストを作るのが面倒くさい。
紅白なますも必須だし時間とお金がかかってしまう、それが手軽に食べれるなんて。

パクチー好きということを省いても、美味しく食べごたえのあるバインミー、
パクチー抜きでも美味しく食べれるそうなので、お勧めのお店です。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-07-01 23:45 | 石川(金沢) | Comments(0)