タグ:エスニック ( 167 ) タグの人気記事

金沢(長町):アシルワード (AASHIRWAD)「ビハールの田舎料理を愉しむ会」

b0089578_14175141.jpg
5月末にせせらぎ通りのインド・ネパール料理、アシルワード (AASHIRWAD)で開催された
「ビハールの田舎料理を愉しむ会」に参加してきました。

アシルワードのシェフたちの故郷であるインドのビハール州は、インド北東部にあり州の北部はネパールに隣接。
仏教の最高の聖地(シャカの悟りの地)「ブッダガヤ」が有名だそうです。

故郷への行き方は東京からデリーへ10時間、デリーから東のパトナ(ビハール州の州都)へ国内線で3時間、
さらにパトナからバスに5~6時間揺られてたどり着くことのできる場所。

以前、インド食器輸入販売「アジアハンター」代表であるアジアハンター小林さんがアシルワードに来店した際に
ビハール州出身だと聞いて、名物のリッティ―・チョーカーを食べさせてほしいという申し出に
アシルワードさんの千葉さんが答えた形で決まったというこの企画。

ビハール州の名物のリッティの原材料であるサットゥをインドから取り寄せてまで拘ったお料理は
本物の田舎の味だそうで滅多に日本で食べることが出来ないそう。

この有り難い企画にお声かけていただき、お店の2階に行くと知った面々が何人も(笑)
各カレー好きな人たちが集まっていたようでした。
b0089578_14181311.jpg
・ベイガンチョーカー(焼きナス)
・サブジ(じゃが芋&トマト&茄子)
・カリバリ(ベサンとヨーグルト)
・マトン
・ググニ(豆)
・タワ=鉄板焼きのフィッシュフライ(鯵)
・リッティ
・チャパティ
・長粒米
・グラブジャムン

まずはビハール州の名物であるリッティ、右上にある真ん丸で焦げ目のついた物体。
つい回転させてジョジョのジャイロの鉄球として扱ってしまいたくなる。

全粒粉(アタ)のお団子の中にボソボソッとした粉がそのまま入ってます。
これが「サットゥ」という日本では入手困難な豆の粉。

それに焼きナスを潰したものに玉ねぎなど色々入ったベイガンチョーカーを添えて食べると、
ビハールの屋台にもある名物のリッティ・チョーカーになります。

カリバリは、ベサン(ひよこ豆粉)で作った粘性の高いお団子とヨーグルト主体の酸味のあるカレー。
マトンは、パクチーが添えてあってさらっとして軽快なマトンカレー。

ググニは豆のカレー、サブジ(じゃがいも&茄子&トマトの炒め煮)というよりカレー。
ボーンと1匹丸ごと鯵のフライも素朴でいい感じ。
後はゴーヤを炒めたものと思ったら揚げ物だったっぽい。

全体的にいつも食べているアシルワードのカレーよりも塩分濃度が若干高い感じがしました。
決して強すぎるというわけではなく、これが故郷の味を忠実に表しているのですね。

大きな梅干しみたいな見た目のグラブジャムンは、揚げたボール状のドーナツをシロップに漬けたお菓子。
少し前にバングラデシュの家庭料理をご馳走になった時にも出てきたデザートと一緒でした。

世界一甘いスイーツとネットで度々見かけるけど、甘いは甘いけど恐怖に震えるほど甘いってわけじゃなく
トルコで食べたバクラヴァ(パイ生地のシロップ漬け)の方が脳天突き抜けるデス声出るほど甘かったです。

チャパティといつもの長粒米、足りなくてチャパティやライスお代わりしている人もいましたが、
少食になった私はちゃんとテイクアウト用のタッパ―を持ち歩いているタッパー電撃隊(もち了解得ています)

素朴で珍しいリッティとチョーカーとの組み合わせに色々なカレー、
田舎料理と言っても充分豪華なディナーですね、味わい深くて美味しかったです!ごちそうさまでした。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-06-17 23:36 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(長町):海月が雲になる日(タイ料理)で「くらげ会」

b0089578_14334254.jpg
5月の終わり頃に友人からお誘いを受けて「くらげ会」に参加してきました。
場所は長町の築100年の邸宅でタイ料理をいただける海月が雲になる日

以前は来店回数と共にお札のグレードが上がると2階に行けるなど面白い趣向だったのですが、
現在のシステムはお札はなくなり、ディナーコースのみ。

1階のメインフロアでコースを食べた後に2階でデザートを楽しむという構成になっているそうです。
そして21時からはバータイムとしても使用できます。

今回のくらげ会はお店に繋がりのある人たちでの交流会なので、いつものコース料理とは違うラフなスタイル。
b0089578_14341423.jpg
正面の入口から右手にある石畳の小径を進んで、中庭が広がる位置にお店の玄関があります。
b0089578_14344482.jpg
今回の宴会は2階にて、日が長くなってきたので窓からお庭が眺められました。
いつもはコースの後にデザートを寛ぎながらいただく場所です。
b0089578_14455933.jpg
ヤムウンセン
鶏のひき肉とナッツ類や春雨に柑橘やナンプラーなどのタレを和えたタイのサラダ
b0089578_14472774.jpg
ロメインレタスのシーザーサラダ
シーザーサラダと言いつつ、干し海老など味付けがそことなくタイ風に。
b0089578_14483471.jpg
サラダ菜の様な葉っぱに大葉とレモングラス、ネギ、クラッシュピーナッツ、ザクロの実
どの素材もそれぞれがアクセント、ザクロの爽やかさとレモングラスの香りが鼻を抜けていい感じ。
b0089578_14491771.jpg
ローストビーフ、野菜も好きですが待望のお肉に1人何枚まで?笑
b0089578_14494950.jpg
牛タン焼きにパクチーが合う合う!さらにシャープで爽やかなライムを絞って。
b0089578_14511734.jpg
トムカーガイ鍋
鍋の際までなみなみと入ったトムカーガイ、ハーブのスパイシーさとココナッツミルクが織りなすスープなんですが、
能登の大きな牡蠣がごろごろと入っていて、お出汁も効いているのかスープがとにかくめっちゃ美味しい!!
山盛りパクチーがそれに拍車をかけていて~パク女大興奮。
これ冬に家でもやってみたいかも、とめくるめく想像が働きます。
b0089578_14515176.jpg
グリーンカレー鍋
トムカーガイ鍋をお代わりして食べ過ぎたせいか、お腹が膨れてしまってこちら食べられませんでした。。。
b0089578_14535352.jpg
グリーンカレー鍋を食べられなかった悲しみは時間を置くことで、
ラストのごはんを投入したグリーンカレーは何とか食べることができました、うまっ!

3年ぶりくらいですが、趣のある建物と雰囲気は相変わらず素敵なお店でした。
今度はちゃんとディナーコースをいただきたいです。
そして、気になる人は上の店名のURLをチェック!

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-06-14 23:56 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(片町):スパイスボックス (SPICEBOX)南インド・スリランカ

b0089578_15251720.jpg
また5月に戻っちゃうんですが、6月の始めにスパボで宴会することが決まっていて、
アラカルト注文なので打ち合わせかねてという意味もあまりないけど、
ただ食べたくなって(これが正しい)行ってきました、スパイスボックス (SPICEBOX)

・前菜3種盛り
中身がランダムな3種盛りを頼むのは珍しい、今回はベジタブルパコラ、チキンパコラ、ひよこ豆のカチュンバー。
いつも単品でベジタブルパコラを頼むことが多いので、チキンパコラを食べるのは久しぶり。
細かく裂いたスパイシーなチキンがカリッと揚がっていて、ビールによく合います。
と、いいつつ飲んでいるのはラッシー酎ハイ。
b0089578_15252159.jpg
ハリヤリチキンティッカ
新メニューに変わってからというもの、これはヘビーローテーションな1品になりました。
パクチーとミントのペーストまみれになったチキンティッカ、パク女ならば頼まないでか!
メニューにはないけれど、チキンをマトンにも替えれるそうです。
それは今度の宴会にて。
b0089578_15252565.jpg
コットゥロティ(シーフード)
こちらはロティを切り刻んで色んな具材とスパイスで炒めたスリランカ料理。
チキン、玉子と野菜、シーフードとあるんですけど、大抵他の料理でチキンを食べているのでシーフードか野菜になります。
刻んだロティにイカや海老、少し野菜と玉子も入ってるかな、ベースとしてのスパイスは優しめで
シーフードだけに海の出汁の味がします。
それにカレーソースをかけて食べるのですが、これもマイルド系。
スリランカのそばめしってメニューに記載されてましたね。
b0089578_15252871.jpg
ククルマスカルマールワ(ブラック)
スリランカカレー3種の中の香辛料たっぷりでスパイシーなチキンカレー。
後、レッドとイエローがあるけどこればかり頼んでます。
単品なのでライスとプーリーを追加しました。
b0089578_15253392.jpg
プーリー
全粒粉のパン(チャパティ)を油で揚げたもの。
ここで食べるのは初めてかも?!熱々な揚げパンが美味しい。
しかしプーリーはあってもバトウーラー(醗酵させた生地を揚げたもの)はないのよね。
ナンを揚げるような大きな鍋がないから~と言っていたけど小さめの丸いナンでもいいんだけど。

そんないつもの感じでごちそうさま!夫とくるとマトンが食べられないのでイベントで食べまくるぞー。
午前3時まで営業しているスパイスボックス、深夜カレーなどはいかがですか?

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-06-08 23:41 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

東京(六本木):サイーファ ケバブ アンド ビリヤニ 「オリジナルニハリセット」「ラム肉のコリアンダー風味カレーセット」

b0089578_12022220.jpg
6月になったしいい加減アップしないと、3月の東京編。

私の中の2大栄養素(好きなもの)と言ったらカレーとラーメンという心はいつでも腕白男子。
東京へ来ても針が傾くのはそのどちらかで今回はカレーに軍配。

六本木周辺に用事があったので、ランチはサイーファ ケバブ アンド ビリヤニ (SAHIFA KEBAB & BIRYANI )
六本木交差点からミッドタウンに向かうまでの大通り沿いビルの1階にあります。
ちょっと入口が奥まっていて分かりにくいですが。
b0089578_12022892.jpg
11時開店でほぼジャストに入ったら一番のり、沢山テーブル席がありますが厨房から一番近い場所を案内される。
時間が経つ内にどんどんお昼を食べる人たちが入ってきて、あっという間に座席が埋まった!人気なんですね。

パッと見、この周辺で働いている人たちには3種類のカレーランチ(975円)が人気の様に見えた。
が、私がここへ来た目的はニハリとコリアンダーのカレーが食べたかったから。

だって富山のパキスタン料理を巡っているカレー亡者たちがニハリニハリと念仏のようによく出てくるんだもの。
頼んだのはこちら↓
・オリジナルニハリセット
・ラム肉のコリアンダー風味カレーセット

この2つを注文してカレーは同行者とシェアして食べる金の斧も銀の斧もどちらももらうのだー!という欲張り方式。
セットにはドリンクとサラダが付いていて最初に来たのは選んだラッシーとサラダ。
b0089578_12023232.jpg
サラダの上にのっているのは豆腐?そして胡麻っぽいドレッシングと少し意外。
でも上にはチャットマサラと思しきスパイスがかかっていました。
b0089578_12023558.jpg
そしてニハリとナンが登場!涙型のナンの形ではないが大きな器いっぱいに広がったナンはかなり大きい。
そしてカレーの量も深い器に入ってスープカレーのようで結構あるぞ。
b0089578_12024099.jpg
ニハリ
ニハリとはインドやパキスタンにて骨付き肉の塊の煮込みでカレーシチューのような感じです。
一番ポピュラーなのが羊肉で、牛肉やまれに鶏肉もあるのだとか。

見ため分かりにくいが羊肉の塊が中にごろんごろん入ってます。
どろっとしたカレーは様々なスパイスが使用されてるようでかなり奥深くスパイシーな味。
食べていても後からスパイスが追いかけてくる感じです。
羊肉が程よい固さも残しつつ柔らかく食べやすいです、美味しい。
辛さは特に指定しなかったがこのままでも結構辛めでした。

b0089578_12024474.jpg
同行者はラム肉のコリアンダー風味カレーセットでライスを選択。
さすがコリアンダー風味ということで全体的にグリーンにまみれています。
b0089578_12024901.jpg
ラム肉のコリアンダー風味カレー
こちらもスパイシーな香辛料にコリアンダー(パクチー)の風味がふんだんに影響されていて、
よく煮込まれているラム肉の旨みと相まって濃厚でとっても美味しい!
辛さはニハリの方が上かな、どちらも好きだけど私はコリアンダーカレーの方が好みでした。

このお店の店名となっているビリヤニも食べたかったけど、さすがに食べきれないだろうと断念。
ラム肉のビリヤニがとっても食べたかったです。
メニューも多いしかなりスパイス使いが本格的なインド料理店、人数多めであれこれ頼んでみたいです。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-06-01 23:59 | 東京 | Trackback | Comments(0)

金沢(窪):DEVI(デビ)インド・ネパール料理・FM-N1「ナマステスパイス」ラジオ生出演

b0089578_15101974.jpg
金沢工業大学のすぐ傍にある野々市市のコミュニティFM放送局であるえふえむ・エヌ・ワン(FM-N1)

毎週火曜~金曜日の10時15分~11時15分に放送されている「N1 コミュニティ」。
木曜日の担当は北陸カレー物語で有名なナマステさんとあじゃさんが番組名 「ナマステ・スパイス」を担当されています。

で、GW後半の最初のお休み日である5月3日(木)に初のゲストを迎えるということで、
私・・スカタン女王が有り難くもお声をかけていただき、初の生放送のラジオ出演してきました!

お話があった時は多少ドキドキしていたものの、元々お2人共知り合いだったこともあり、
当日の打ち合わせの時から和やかで和気藹々ムード。

ナマステさんとの出会いは実は全く覚えてなくて(おい)、
ナマステさんによると割烹・勝一(現:金澤もんよう)メンバーとの飲み会だったそうです。
私のブログを遡ってもよく分からなかったので、多分10年かもう少し前かと←適当

たびたび飲み会やイベントでご一緒させていただき、お互いにカレーが好きなこともあり、
イベントで合体する時はナマステ+スカタン→「ナマスカタン」と言うコンビ名で通ってます(笑)

そんなこんなで打ち合わせも終わり、いよいよ本番の生放送。
マイクの音の切り替えのタイミングやヘッドフォンを付ける動作により緊張感がすこーしみなぎる。

最初に今週の野々市のカレーについてナマステさんが紹介した後、特別ゲストとして私が登場して自己紹介代わりのQ&Aが始まる。
何か適当に口がまわっていたと思うんですけど、質問された内容というのは(ラジオで喋った以外のことも書いてます)↓

スカタン女王の名前の由来→
昔、アフタヌーンで連載されていた北道正幸さんの「スカタン天国(パラダイス)」が大好きだったことと
スカタン=ドジの総称みたいな感じなので、自分の行動とかけあわせて。
後からついた女王は確かブログ友達の杏さまがコメント欄で書いていたのがきっかけ。

いままでで一番良かったこと→
ブログを通して出会った人たちとプライベートでも仲良くなり、現在でもその縁が続いていること。
これがやはり1番ですね、私は半ば習慣のようにアップしていて、もうそろそろ前のブログと合わせると15年目に突入。
もうブログをやめてしまったり、元々していない人も含まれるけど、全部ひっくるめてブログから繋がっていて、
気をつかわず楽しい仲間たちと過ごす飲み会や、山菜採り、日々のやり取りなど楽しく大切なひと時です。


途中で番組中で流れる私のリクエスト曲、ビョークの「 Human behaviour」が流れる。
何か好きな曲をかけますよ、と予め言われていたので、シガーロスでお願いしたのですがジュークボックスになくて、
その後、ビョークの「Isobel」、モンドグロッソ「ラビリンス」、The cureもなくって・・・
というか、分かりやすいJ-POPか歌謡曲にしとけって感じですが。
結局、ビョーク1曲だけありました~という訳であの曲に、でもヒューマン・ビヘイビァーもPV共に好きな曲です。

その後はナマステさんの「北陸のカレー事情(基礎編)」について。
カレーと言えばナマステさんですけど、ラジオではカレーの話題はあまりしていないということで、
水を得た魚のようにカレーに付いて沢山語っていました。

石川県は言うまでもなく金沢カレーの本拠地、富山県は射水市を中心とするパキスタン系は知っていましたが、
福井県は最近、スパイスカレー(日本人が作るコッタさんの様な、大阪カレー系とか)のお店が増えているそうで
それは知らなかったなぁ~私にとって福井でカレーについてはかなり未開の地です。

そしてフリートーク、お題は「ゴールデンウィークの思い出」だったんですけど、
あまりGWにあえて遠出をしなかった気がする幼少期だったので、思い出がないような内容。
何喋ってたかな~?最近の出来事だけど山菜採りとか。
昔の思い出ネタはなくとも3人での会話は次から次へと続くものです。

そして生放送はエンディングへ。
何か面白いことやオヤジギャグも言うわけでもなく、普通に喋っていた様な気がしますが、
本番前トークよりは少し緊張したけど、お二人を知っているということで気楽にトークできました。
ナマステさん、あじゃさん、ゲストに呼んでくださりありがとうございました!楽しかったです~。


b0089578_16553003.jpg
放送終了後はカレーの話をしまくっていたので、ナマステさんファミリー、あじゃさんファミリーに
ご一緒させてもらって皆でカレーランチ!FM-N1からも近いインド・ネパールレストラン DEVI(デビ)

日赤病院近く窪7丁目交差点と伏見台3丁目交差点の間、ガスト伏見台店の道路渡った斜め前、
もしくはラーメンそらみちさんの入ってるマンションのお隣。
b0089578_11561477.jpg
画像が見にくいので以下ランチメニュー(スープはセルフサービスでお代わり自由)

・日替わりランチ:800円
日替わりカレー、ナンorライス、サラダ、ソフトドリンク(ナンかライス、おかわり1回無料)

・700円ランチ
選べるカレー(チキン、ポーク、マトン、ダル)ナンorライス、サラダ、ソフトドリンク

・おすすめランチ:1000円
選べるカレー(チキン、チキンチーズ、キーマ、ほうれん草チキン、ほうれん草チーズ、カボチャチキン、ダル、
ガーリックチキン、エビキノコ、野菜、シーフード)
選べるナンorライス(プレーン、チーズ、ガーリック、ハニー、クリームチーズ、ライス)
チキンティッカ、サラダ、ソフトドリンク(ナンかライスおかわり2回無料)

・タンドリーチキンランチ:1200円
選べるカレー(チキン、チキンチーズ、キーマ、ほうれん草チキン、ほうれん草チーズ、カボチャチキン、ダル、
ガーリックチキン、エビキノコ、野菜、シーフード)
選べるナンorライス(プレーン、チーズ、ガーリック、ハニー、クリームチーズ、ライス)
タンドリーチキン、サラダ、ソフトドリンク(ナンかライスおかわり2回無料)

・お子様ランチセット:590円
チキンカレー、ハーフナンorライス、サラダ、デザート、ソフトドリンク

なぜかマトンカレーが700円メニューにしか書いていない件。
あんなにカレーのメニュー選べるのに(笑)多分、頼めば大丈夫だとは思うけど。
後、おすすめとタンドリーランチのナンお代わり2回無料ってかなり大食い用ですね、カレーが足りなくなりそう。
b0089578_16553523.jpg
・700円ランチ
選べるカレー:マトンカレー
ナンorライス:チーズナンに変更(+200円)
サラダ、セルフサービスのスープ
選べるソフトドリンク:写っていないけどラッシー

羊スキーが頼むのは当然マトンカレー、辛さは1~5の5段階で3を選択。
レベル3はそんなに辛くなくサラサラトロッとしたインネパ系のカレーでマトンの塊がころりんちょ。
サービスのスープはちょっとスパイシーな味。
チーズナンにしたから+200円したが、これで700円は十分な量なコスパ良し。

あじゃさんがお子さん用にお子様ランチセットを頼んでて、カレーを味見したらとっても甘いって。
ネパール人の店員さんがとても優しくてファミリーで来るにもいい雰囲気でしたよ。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-05-17 23:56 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(長町):アシルワード (AASHIRWAD)「自然派ワインとスパイス料理を愉しむ会」

b0089578_14155125.jpg
4月下旬、せせらぎ通りのインド・ネパール料理のアシルワード (AASHIRWAD)で開催された
「自然派ワインとスパイス料理を愉しむ会」のイベントに参加してきました。

アシルワードと木倉町の自然派ワイン食堂「Uva-Uva(ウーヴァウーヴァ)」とのコラボレーション企画で、
スパイス料理と自然派ワインって合うんじゃない?いやめっちゃ合う!という想いの元から実現した新しい試み。
この会のために用意したという特別料理と自然派ワインのフリーテイスティング。

この企画を見つけた時、間髪入れずに夫に行きたい!行かねば!行くよね?と三段活連絡して予約を決めたほど。
アシルワードさんの特別料理はもちろんのこと、自然派ワインは弱いから少しづつ何杯飲めるかな?

個人的に翌日二日酔いになりにくい自然派ワインは変なひっかかりがなくスルッと飲める優しいタイプが好きです。
まずは泡から注いでもらってしばしお料理を待つ。

右から
ベイガンパラタ:ディップ状に調理した焼きナスが中に入ったマスタードとコリアンダーが
香る北インド料理のベイガンパラタを1口サイズのスナックにアレンジ。

カリフラワー・ザクロ・サーモンのサラダ:スプーンで1口で食べるサラダは、ライタから着想を得たという
細かく刻んだカリフラワーとザクロ、サーモンがフェンネルとホワイトペッパーでさっぱり、とても新鮮。

C・モモ:ネパールの蒸餃子「モモ」をチリソースで和えてあり、スパイシーなモモバージョン。
*Cは「Spicy」の略
b0089578_14155516.jpg
フライドポテト&オクラ
ほくほくのフライドポテトはメーティー(フェネグリーク9の葉を乾燥させたカスリメーティーがアクセント。
フリット状になったオクラはチャットマサラがアクセント、酸味と塩味が特徴でさっぱり。
旅行でインドの家庭料理のお店に行った時にこのチャットマサラがサラダにかかっていたので覚えました。
b0089578_14160066.jpg
新作チキンティッカ2種
ネパールの山椒&わさびの風味の2種だそうで、わ・・わさびっ苦手なのに大丈夫か!?
食べてみるとスパイスの風味があるのでわさびはさほど強くなくてホッ。
山椒の方は独特でピリッと刺激的、花椒のような感じでした。
b0089578_14160514.jpg
ゴルゴンゾーラのバトゥーラ(揚げパン)
カッテージチーズの入った揚げパンをブルーチーズと有機栽培のセミドライトマトを使ってアレンジ。
ウーヴァウーヴァさんとのコラボらしいイタリアっぽいバトゥーラはブルーチーズの風味がするする。
アジョワンシードでほのかな清涼感を出すところがアシルワードテイスト。
b0089578_14161001.jpg
ラムチョップ
お待ちかねの大好きな羊肉はスパイシー、ラムの香りとガラムマサラのスパイスが肉を引き立てていますよ。
ライムを絞りミントが入ったチャトニを付けて爽やかフレッシュ。
b0089578_14161554.jpg
小さなカレーセット
ポークビンダルと筍のカレー、長粒米を使ったレモンライス
旧ポルトガル領のインド西海岸・ゴア州の名物料理、ポークビンダルをいただくのはここで2軒目になりますが、
口の中からスワッと清涼感が駆け抜けるビネガーの酸味とチリのピリッとした辛味、そして後からくるコク深さ。
対して、筍のカレーはほうれん草のソースで合わせたマイルドで優しい味。
ポークビンダルが超美味しい~~大きなカレーセットで通常メニューで食べたいな。
b0089578_14161917.jpg
デザート:クローブ&カルダモン風味のマサラチャイのパンナコッタ、ジンジャー香るパイナップルのジュレを添えて
こちらのデザートはウーヴァウーヴァのシェフが担当したそうで、パンナコッタはイタリアンですもんね。
ちゃんとこの会に合わせてチャイのパンナコッタは軽やかなスパイスの香りに包まれていました。
b0089578_11425454.jpg
それぞれに合わせるというよりも自由に選んでグラスに入れてもらうフリーテイスティング。
最初こそ泡で始まりましたが、それぞれが好きなワインの為に立ち上がる。
幸いなことに連れがいたので、全部飲めないだろうと思ってたワインも隣のグラスからちゃっかりと味見。

たった数分(だったかな?)のひょうのせいで葡萄が殆どダメになり希少なワインもあり、
すっきりした赤のシュワシュワやらピュアなロゼやら、
赤がうまっだの呟きながら、いつのまにか全て制覇してました。

私はいつもインド料理ではビールは飲まず、ラッシーサワーやワインを主に飲んでいるので
スパイスにワインってもう自然なことで、それが自然派ワインをあれこれ飲めて余計に楽しいというか。
コース仕立てのアシルワードさんのお料理も普段とは違うもので新鮮で美味しく、とても満足できるイベントでした。
ぜひまたこんな素敵な企画を開催してほしいです。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-05-10 23:37 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

石川(かほく市):コイノボリ食堂(ネパール料理)「キーマカレーのダルバート」

b0089578_11530165.jpg
GWは毎年ながら私はカレンダー通り、夫も仕事があるので丸1日フリーということはないので遠出ができず。
それでもお昼からでも何か美味しいものを食べに行こうというエネルギーは相変わらず。

4月の連休中、行きたいなと思って2人で行く機会を狙っていたお店にやっと行けました、コイノボリ食堂
のと里山海道を県立看護大I.C.で降りて、すぐ右手の方にあるお昼だけ営業のネパールのダルバート(カレープレート)のお店。

そうそう私、高速を運転するのが苦手、のと里山海道は高速じゃないけどそれに準じるくらいのスピート。
なので1人じゃなかなか向かえないんですよ、1車線になる能登方面は特に。

店内はGWとあってか10人以上の団体さんがいて、こりゃ無理かもと一瞬思ったけど、
カウンターが空いていたのでどうにか座ることができました。
ちなみにお座敷なのでカウンターも座って食べるスタイル。

・ダルバート(キーマカレー)+目玉焼き

ネパールの定食であるダルバートはキーマカレーを選択、さらさらのひき肉カレーにもう1つもサラッサラのダル(豆)カレー。
スパイスがつんと言うよりも素朴な感じの中に程よいスパイスが自然な優しい味。

副菜の方は、じゃがいものスパイス和え、キャベツのスパイス和え、もやしのスパイスナムル、
カラフル野菜のスパイス和え、タケノコとえんどう豆のスパイスかき揚げ、など。
プレートのデザートは選べるので私は自家製ヨーグルトに。

野菜がたくさんあるのが嬉しく、スパイスで味付けしてあるものの野菜本来の素材感が伝わってくる味。
真ん中のごはんに目玉焼きをのせてもらったので、くずしながらカレーをかけたり周りの副菜と混ぜながら食べる。
複数のおかずとカレーを混ぜることによって美味しさが増す、ダルバートの特徴ですね。
b0089578_11530565.jpg
・ダルバート(イワシのツミレカレー)+チャパティ

夫が食べていた魚のカレー、味見してみるとやはり魚の風味が出た味わいの優しいカレー。
デザートには豆乳くずプリンを選択、オプションでパンであるチャパティも。

辛くなく優しい味付けだけど、トマトをベースに作った手作りスパイスソースもあるので、
お互いにそれを加えたりもしていました。
ごはんの量が多いのでたくさん食べる方も満足できると思いますよ。
b0089578_11525715.jpg
後出しでメニュー紹介、ダルバートの種類が多い!
肉と魚とベジカレーに下の方に黒板でチラッと本日の気まぐれカレーも。
翌日はイベント出店だったそうなので営業していてよかった。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-05-09 23:53 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(柿木畠):リトル スパイス (Little Spice)でランチ「カオソーイ・カオマンガイ」

b0089578_10591184.jpg
少し前に大学の卒業旅行でインドに行ってきた学生さんから、色んなスパイスをお土産にいただきました。
自宅のカレー用にスパイスは持っているのですが、メースとフェヌグリークは無かったので嬉しい!

さっそく10種類のスパイスを使ってカレーを作ったら自画自賛で美味しー、となりまして、
もれなくエスニック魂にガソリン注入、その流れで休日のランチにもエスニックが食べたいぞ。

日曜祝日だけランチ営業をしている柿木畠のタイ料理屋さん、リトル スパイス (Little Spice)
今まで夜しか行ったことなく初めてのランチ参戦。

ランチメニューは4種類で、ALLサラダ、ミニココナッツアイス付で1,000円(税込)
大盛りは+200円
・カオマンガイ(ゆで鶏のせごはん)
・ガパオごはん
・カオマンガイトード(揚げ鶏のせごはん)
・カオソーイ(カレーラーメン)

・カオソーイ
カオソーイはタイ北部地方からラオス北部にかけて食べられている麺料理でこちらはタイのカオソーイ。
スープはココナッツミルクが効いたカレースープ、基本の辛さは食べやすくマイルド。
辛さや甘さなど調節できる卓上調味料(クルワンプルーン)を一緒に持ってきてくれたので、
少し唐辛子を足して辛くして食べました。

トッピングは揚げ麺、もやし、玉ねぎ、高菜みたいな野菜、パクチー、鶏肉、ライムなど
ライム果汁をかけて細めの卵麺をスープと一緒に他の具材と食べると、
ココナッツの甘さとコクと揚げ麺のサクサク感やパクチーなど色んな要素が混ざって、カレー好きとしてはスープ全部飲めちゃう。
タイ料理初めての人にも受け入れやすいでしょう、なんたってカレー味ですから。
b0089578_10591504.jpg
・カオマンガイ
夫はこちら、春らららでカオマンガイを買ったのにブースに置いてきて食べ損なって以来、
カオマンガイ症候群にかかっていて、後日他のお店でも食べたけど春らららで食べ損なったのはこちらのお店。

長粒米に蒸した鶏肉にパクチー、そして目玉焼きが付いているの?人の飯をみてうらやましがる奴。
カオマンガイのタレは強烈すぎずに程よいコクとバランスでさすが人気のカオマンガイ、やはり美味しい。
夫はやっとリベンジできてほくほく顔。
b0089578_10592003.jpg
付け合せのサラダはサクサクの揚げ麺のせ
b0089578_10592584.jpg
デザートのココナッツアイスは甘すぎず口の中がさっぱりする。
これからアイスの消費量が多くなっていく我が家なので、コンビニにもココナッツアイスがあればいいなぁ。
調べたら限定でファミマにたまに出ているみたいですが、今まで見かけたことがない。
タイに支配されつつある我が家では、コストコで買ったココナッツウォーター(フィリピン産だけど)やら
カルディで買ったタマリンドペースト(インド産だけど)やらやたら在庫が増えまくりです。
お昼にのんびり食べるタイ料理もいいねぇ♡また夜にお邪魔したいです。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-04-26 23:01 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(松村):ジャークジャイタイフードセンターで「カオマンガイ」が食べタイ!

b0089578_16421331.jpg
つい先日開催されていた春らららのイベントにて、
夫がカオマンガイを買ったのにお喋りしていたらブースに忘れてきたらしい、とのこと。

その場にいた知り合いが代わりに美味しくいただいたので、カオマンガイ自体は無事消化されたのでメデタシ・・と思いきや、
食べ損なった本人がカオマンガイ症候群に襲われ、その日から食べたいと念仏のように唱え始めた。

それじゃあ私も便乗してタイ料理を食べにいきましょう、
と数日後に「カオマンガイ」目当てでタイ料理のジャークジャイタイフードセンターへ出発。
b0089578_16421899.jpg
いつもは日本人の店主さんがテキパキと料理を作っておられるのですが、
一時的なものなのか分かりませんが、この日はタイの方2名が厨房を任されていました。

私が頼む定番、タイのワインクーラー「SPY」のクラシック。
赤・白ワインをベースとしベリーフレーバーなどで甘くロゼワイン風の女性に人気のカクテル。
b0089578_16422219.jpg
タイの定番即席めんのスパイシーサラダ
ママー(タイの即席麺)を使ったタイ屋台人気のサラダ、これ私もたまに家で作ります。
麺はタイではなく日本の即席めんですけど、インスタントラーメンが野菜と辛酸っぱいタレに絡んでよく合うのです。
これには海老、烏賊、人参、赤たまねぎ、きゅうり、セロリ、パクチーなどが入っていますが辛さが結構くる!!
b0089578_16422624.jpg
タイのさつま揚げ
自家製のさつま揚げは香辛料が練りこんであって少しピリ辛、揚げたてでふわふわ。
そこへクラッシュピーナッツなどが入ったやや甘辛のソース、自家製スウィートチリソースかな。
お野菜とパクチー付きでさつま揚げ1個はなかなかのボリューム。
b0089578_11061911.jpg
海老とレモングラスのさわやか炒め
海老、烏賊、ふくろだけ、人参、玉ねぎ、ピーマンなど野菜がいっぱい。
味付け的には辛くなくナンプラーで味付けしてあるけど中華を想いいこさせる。
でも、食べているとレモングラスがパーンと効いてきて爽やかな香りに。
b0089578_16422986.jpg
蒸し鶏のせ炊き込みごはん(カオマンガイ)
本日の目的はこれ!カオマンガイを食べにきた夫に殆ど食べられてしまいましたが、2口くらいは何とか。
ジャスミンライスの上には蒸し鶏とパクチー、タレは結構濃厚でニンニクが効いています。
なかなかパンチのあるタレなので万遍なく少しづつかけながら食べました、旨い!

b0089578_16423486.jpg
タイ式焼きビーフン(パッタイ)
タイの平たい麺(センレック)にもやし、単語、にら、海老、タオフールアン(豆腐)、干し海老、クラッシュピーナッツ、レモン...etc
唐辛子入ナンプラー、唐辛子入酢、粉唐辛子、砂糖の4セットの卓上調味料「クルワンプルーン」も渡される。
味を調節したい人はご自由にというやつだが、私はこのままのやや甘いパッタイ味が好きです。
全部混ぜると~少し甘くてちょっと酸味があって香ばしさや色々複雑に駆け巡るけど、
タイ料理の中では万人向けする味ですね、あ~美味しい。

これで夫のカオマンガイ病もおさまったかな?
暑くなってくると私の方がタイ食べタイ病にかかるかもしれません。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-04-21 23:23 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(香林坊):フランジパニ バール(インドネシア料理)「ラクサ・ハーフセット」

b0089578_15280206.jpg
以前、香林坊大和地下にPLAZAがあった時は、寄り道ついでに新製品のメイクアップ商品を購入していたのに
フォーラスに移転してしまった今ではめっきり行く機会も減ってしまった。

その代り、香林坊東急スクエアに東急ハンズがオープンしてからは、あらゆるジャンルが揃っているので大活用。
待ち合わせ場所としても退屈しないし、人の往来する場所に便利なお店が出来たなぁと。

とある日の休日も街にちょっとした用事ありで東急ハンスにも立ち寄り、
同じ施設内にあるインドネシア料理のフランジパニ・バールでランチしてきました。

バリ島のホテルに勤めていたシェフによるバリ料理を中心としたバールスタイルのカフェダイニング。

・ハーフセット:1000円(+50円で目玉焼き)
フォーアヤムとラクサ、どちらか好きな麺類とナシゴレンのハーフサイズのセットでラクサを選択。
マレーシアやシンガポール、またインドネシアでも広く食べられているスープ麺。
ココナッツミルクに鶏の出汁?をベースとしたスープ、少しピリ辛です。
麺は米粉麺でほうれん草、海老、人参などが入っていてマイルドで食べやすい味。

ナシゴレンはバリ島の炒飯、日本のチャーハンとあまり変わらない気はするが、
あっさりとした味でしつこくなくクセがない、目玉焼きの焼き方が秀逸!黄身がプルプル。
訪問したのは日曜日、平日限定(月~金)でサラダ付きらしい。
b0089578_11015562.jpg
端っこで切れてるけれど、ナシ・チャンプル(1380円)はバリ島定番の料理が1プレートにのった
1日10食限定の人気メニューだそうです。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-04-08 23:12 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)