タグ:うどん・そば ( 90 ) タグの人気記事

金沢(長土塀):うどん亭・大黒屋「荒磯かきあげ」「ミニカレー丼」

b0089578_10474671.jpg
金沢中央郵便局近くにある長土塀のうどん屋さん、大黒屋(だいこくや)

夫が自由になる日曜に行こうと思っても定休日なので、今まで1人でしかお邪魔していなかったけど、
お盆の間なら平日だし行ける!と一緒に行ってきました。

・荒磯かきあげ(うどん・太麺)

夏期の大黒屋の人気ナンバー1メニューだそうです。
冷たい麺に焼き海苔を敷き詰め、紋甲いかゲソのかき揚げをトッピング。

てっきりうどんの頭でいたのでメニューだけ選んでそのまま黙っていたら、麺選んで〜と店員さんに言われる。
うどん(太麺・細麺)の他にそば、ラーメンも選択肢にある!?
一瞬迷ったけど、当初の予定のうどん・太麺で。

コシのある太すぎない太麺のうどんが冷たい出し汁に入って、上にはさくさくのゲソ天と大根おろし。
ツルツルさっぱり夏はやはり冷たい麺派。

・ミニカレー丼

大黒屋と言えばカレーうどんが有名、金沢カレーの元となるカレーを受け継ぐ元祖シェフたちの1人が大黒屋の高田義教さん。
カレーうどん、カレーライスなどカレー主体のメニューあれど、他にも食べたいうどんメニューがたくさんある。
そんな時はプラス1で、ミニカレー丼やミニカレーうどん、1つを夫とシェアしました。
どろっとした濃いめのカレーには牛肉がごろり、どちらかというと洋食を感じる濃厚カレーには炭水化物がとても合う。
b0089578_10475357.jpg
・極上荒磯(うどん・太麺)
夫が食べた荒磯かきあげのグレードアップ版。
焼き海苔を敷き詰めた冷たい麺に大海老天ぷら3尾、野菜天ぷらをトッピング。

あたたかいうどんもほーんと色んな種類があるので、またこそっと1人で食べにこよう。
あ、うどん屋のラーメンも。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-08-14 23:52 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

長野(軽井沢):手打ち十割そば処 蕎遊子(そゆうし)「くるみだれ蕎麦」

b0089578_14123660.jpg
長い長い冬の鉛色の空の気持ちを夏で取り戻すかのように、夏の間の休日は一日でも無駄にはしたくない。
祭りだ花火だと積極的に出かけており、8月初めの日曜日は軽井沢へ弾丸日帰り。

最初は宇治に車で行くかという話だったので急展開、金沢駅行ってすぐ乗車できる切符を買って新幹線に乗り込む。
お酒を飲んで居眠りこいてたら乗り換え忘れそうになるわ。

計画性も全くないので何を食べるか(私にとって重要)は車内でスマホで検索するものの、
この時期のしかも当日に人気のお店なんて空いているわけがない。

ま、着いてから駅近くのお蕎麦屋さんでいいかぁ~と一応目星をつけておいた手打ち十割そば処 蕎遊子(そゆうし)

ちなみに軽井沢に到着したのは14時だったがこの店は15時まででセーフ。
それでも空いているどころかほぼ満席だったのでお昼ごろはさぞかし忙しいのでしょう。

メニューはとろろ蕎麦、鬼おろし蕎麦、くるみだれ蕎麦、なめこおろし蕎麦などつけ蕎麦の他に
白糸(さらしな)、ひきぐるみ、深山(田舎そば)など3種類の蕎麦が楽しめるメニューも。
b0089578_14124506.jpg
・くるみだれ蕎麦
去年、長野でお蕎麦食べた時にくるみだれが美味しかった記憶が張り付いてるので当然くるみだれ一択。
冷奴の上にのっているのはふきのとう味噌かな。
くるみだれに蕎麦つゆを入れてズズッといただくと結構甘めなお味、手打ちそばの歯切れよかったです。

お土産屋で販売されているくるみ蕎麦ダレ(胡麻MIX)を今年も買って帰ろう。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-08-11 23:30 | 長野 | Trackback | Comments(0)

金沢(柿木畠):更科藤井 「茗荷そば」

b0089578_13531969.jpg
うだるような暑さの中、最近の我が家の食卓はエスニックかあっさり和食の二択となり、
1日でも水を怠ると枯れあがってしまいそうな花壇の大葉が大いに役立っています。

夏に欠かせない素麺を食べようと思っていたら、夫が用事でお一人様状態に。
そんな時は涼を感じる冷たいお蕎麦を求めて夜の更科 藤井さん。
b0089578_13532330.jpg
夜はいつも一品をいただいてお酒を味わってから〆にお蕎麦をいただきます。
お酒といってもそう強くもないので、梅酒のロックから白ワインのグラスを1杯いただく程度。
b0089578_13533357.jpg
旬菜三点盛り
今宵の三点盛りは、ゴーヤと昆布の和え物、蕎麦の芽のおひたし、水茄子
季節を感じる三点盛りはどれも瑞々しくてさっぱりしたものばかり。
蕎麦の芽って初めて食べましたが苦味などクセがなくあっさりしていて食感が楽しめる。
b0089578_13533921.jpg
玉子焼き(ハーフサイズ)
お出汁の風味がするふんわり玉子焼きの中には鰻入り。
あ~鰻大好き、もちろん土用の丑の日もしっかり鰻を予約して食べてます、嬉しいっ。
b0089578_13534428.jpg
焼き海苔・塩うに付き
お隣の方が食べているのを見て真似してみました、いつも天ぷらや焼き鳥なので初めての注文。
こちらは能登のはばのり、炙って好みで塩うにや醤油に付けて食べます。
岩海苔よりも弾力があるというか噛みごたえがあって磯の香りが強く、旨みたっぷりで軽く感動。
b0089578_13534910.jpg
茗荷そば(冷)
何年ぶりかで食べた冷たい茗荷そば、細かく刻まれた茗荷の千切りが山盛り。
冷たいお出汁にしっかりした歯ごたえのお蕎麦とシャキシャキした茗荷で相乗効果な爽やかさ。
茗荷の香りと食感が心地よくて清涼感たっぷりで美味しい。

翌日の朝に体重を測ったら何故か減っていて身体もすっきり。
夏バテ防止に効くという茗荷、消化促進作用も手伝って良い効果をもたらしたのかしら。
そして相変わらずの美味しさでした、ごちそうさまでした。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-08-04 23:54 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(片町):金沢製麺処(片町店)「加賀野菜天うどん」

b0089578_14041694.jpg
やっとストレスフリーな陽気になってきたこの頃、週末のイベントも増えてきて毎週の様に参加。
とあるワイン金沢があった日曜は、お昼過ぎから仲間たちと公園の一角を陣取ってのんびり昼飲み。

私はそんなに飲めないけど、夫が勢いづいたのか結構飲んでしまい、
お酒が入ると気が大きくなったのか、私に洋服を買ってやるぞ!という言葉を聞きもらさず、
スタバに寄ったついでの東急スクエアでちゃっかり夏用のパンツを買ってもらってラッキー♪
(大体酔いが醒めた後はそんな事言ったっけ?と記憶があやふやなもんです)

夕飯はそのまま片町で、しかし適度にお腹が膨れていたのでうどんでも1杯と金沢製麺処 片町店
柿木畠に通じる通りにあり夜は23時まで営業なので、〆うどんにも使えて便利。

100%国内産の小麦粉を使用した麺に7種類の削り節を使った天然だし。
金沢大野醤油を使用した温・冷・ぶっかけとそれぞれ配合の違う三種類の返しと拘りがある。

・加賀野菜天うどん(温)
ちょっと夕方になって肌寒くなってきたので温かいおうどん。
ここのカレーうどんも好きだけどこの日はお野菜が食べたくて加賀野菜天うどん。
加賀野菜は金時草、五郎島金時かな、後はかぼちゃ、舞茸、蓮根など揚げたて天ぷらが入ってる。
あっさりした出汁に鰹節の香りが混ざり、歯ごたえのある麺はしこしこ。

ラーメンと迷ったけどうどんで正解、冷やっこい麺もこれからの季節一層食べたくなってきます。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-05-23 23:29 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(高柳町):香むぎ (こむぎ)「タイ風カレーうどん」


b0089578_14480835.jpg
プチリフォームしたダイニングになってから綺麗好きになったと褒められている私。
あくまでもこの部屋限定だけなんですけど←それじゃいかんだろう。
荷物を一時保管していた隣のお座敷を年末までに片付けられるか、不安。

この家を建てた当時からあった備え付けの棚も壊してしまったので、
FAX台やTVボードを買わなくてはならないという出費がかさむ年の瀬。
このところ毎週日曜日はそんな必要な家具やインテリア巡りしに行く日になってます。

そんな日のお昼ご飯は、東金沢方面のうどん屋さん、香むぎ
お隣の麺屋 大河の外の行列を見ながら店内に入るとこちらもほぼ満席、さすがお昼時。

夫はこの間は季節の名物であるとろとろな加賀れんこん汁うどんを食べたらしいけど、
カレー好き魂はやっぱりもう1つの名物に傾く「タイ風カレーうどん」

豚バラときのこが入ったタイ風カレーうどんは、ココナッツミルクの甘さを感じるグリーンカレー系。
そこはかとなく香辛料の辛みもあるけど辛い!というほどではないです。
麺は讃岐の製法で作られた国内産小麦の自家製うどん、もちもちで程よいコシ。
b0089578_14535886.jpg
夫は「大海老天ぶっかけの大盛り」、王道メニューは冬でも冷たいのを食べたいらしい。
でも温・冷どちらも出来るそうです。
私は夏は冷たいぶっかけ系を食べたいけど冬はやはりあったかめかな、ごちそうさまでした。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-12-19 23:30 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(石引):うどん割烹 どんすき本店 「酒鍋(ささなべ)うどん」

b0089578_10371578.jpg
プチリフォーム日記の続き、
床や天井の張り替え、キッチンのコンセントやガスの位置などの確認、その他色々
日に日に少しづつ出来上がっていく様を見ながら、完成までの期待感と少しの不安感も入交り。

キッチンの色を決めるあたって、木目調もいいなと思ったけど結局以前と同じホワイトに決定。
うちのキッチンは東北で光があまりあたらないのです、風水も取り入れて清潔な白。

汚れが目立つ方が綺麗さを保とうとマメに掃除するんじゃないかという、自分の性格も考慮して。
キッチン使えない間の今夜の夕食は、うどん割烹 どんすき本店

ここも長いよなぁ~と公式ページを開いてみると、昭和41年1月にうどん専門店として開業とある。
家から近くの大きな病院と言えば旧国立病院で、母親の入院や診察に連れ立って行った時にお昼ごはんと言えばここだった。

香川県で製粉業を営んでいた先代がこちらに移り住み、石川県内で一番最初に讃岐うどんを紹介したお店だそうです。
国産小麦100%使用の麺はもちろん自家製麺。

大抵はうどん付の天ぷら定食や若鶏定食を食べていて、鍋うどんの方は記憶が少ない。
煮込みうどん、打込鍋、天麩羅鍋、ピリ辛チゲ鍋うどん、と色々あるけど名物は「酒うどん」。

よくストーブの上で酒粕を焼いて母親が食べていたけど、私は子供の頃は酒粕が苦手で。
でも今なら大丈夫、というか子供の頃に大好きだったら相当な日本酒飲みになりそうな。

・酒鍋(ささなべ)うどん
地元酒蔵から仕入れる酒粕とどんすきの出汁のオリジナルブレンドは、出汁の効いたまさにホッとする粕汁。
豚肉、玉ねぎ、大根、人参、長ねぎと具の煮込むことでより甘みと深みのある味に。
うどんはもっちりとして程よいコシがあってお汁も一緒に飲みつつ寒い冬にぴったり、身体が温まる。
ごはんを投入してお汁を全て平らげるのもお勧め。

今回は酒鍋うどんだったが、スペシャルカレーうどんにも惹かれたのは言うまでもなく。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-12-02 23:56 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(柿木畠):更科藤井 「せりそば」

b0089578_10482735.jpg
このところ、週末になると自宅にこもって断舎利に励んでいて、
お昼になると溜まった食品ストックの中からレトルトカレーを食べるので、在庫が順調に減っていく。

寒くなってきたから鍋をすることも多いし、〆に乾麺うどんも使って在庫減らさなくちゃと使命感に燃える。
でも週末や連休の夜は、街に繰り出したい気持ちがあるから平日の夜にね。

11月の連休始め、ちょうど仕事が早めに終わって久しぶりの更科藤井さん。
2人でゆっくり寛ぎながら1品やお蕎麦をいただくならやはりカウンター。


・旬菜三点盛り

左からアオリイカ、甘鯛の炙りポン酢、イチジク白和え
最初のお酒のアテに丁度良い旬菜三点盛り、白和えには胡桃と青菜が入っています。

ここで最初に飲むのは殆ど梅酒ロック、
自宅でお酒を呑まなくなって半年以上、たまに自作の梅酒を飲むこともあるが
当然のごとくお酒に弱くなったので立ち上がりは優しく梅酒で、後から白ワイングラスで揺さぶりをかける。
b0089578_10490029.jpg
・鴨焼

11月から始まった冬季限定の鴨シリーズ、鴨南ばん、鴨せいろ、鴨焼、鴨鍋。
特に鴨鍋は鴨に野菜に鴨肉ミンチ、さらに鍋にセリをたっぷり入れた〆のせりそばと豪華版。
前日までの予約なので今回はいただけませんでしたが、とってもお勧めなんです(2名より)

今回いただいたのは鴨焼、肉厚でジューシーな鴨肉は歯ごたえたっぷりで美味しい。
鴨の脂を薄くまとった蓮根、葱、栗、蕪、金時人参も季節感たっぷり。
b0089578_10493607.jpg
・玉子焼き

いつものお約束、必ず頼む玉子焼きは1人分づつに分けていただきました。
ふんわりしたお出汁の風味とほんのりとした甘さの玉子焼きをちびちびと・・これがいい。
b0089578_10494811.jpg
・季節の野菜の天ぷら

いつものお約束、その2
金時人参、さつまいも、蓮根、アスパラ、イチジク、栗、ヒラタケ、椎茸...etc
天麩羅で季節を楽しむ、揚げたて熱々をいただきま~す♪
b0089578_10495505.jpg
・冷たいたぬきそば
最後のシメに夫は定番の冷たいたぬきそば
b0089578_10500087.jpg
・せりそば

この日の黒板は鴨せいろ、せりそば、なめこおろしそば、岩のりそば、変わりそばのかぼす切り
いつもだったら変わりそばを選択するけど、鴨鍋を思い出したせいで芹そばが食べたくなりました。
冷たいお蕎麦と温かいそばつゆにたっぷりのせり、
せりは清涼感があって香り豊かで軽やかで、シンプルなのに満足感が得られるお蕎麦でした。

先月から行こうと思いつつ風邪をひいたりなんだりしてようやく来れた感。
じっくり腰を落ち着けて、お酒とつまみを楽しんで最後に美味しいお蕎麦。
1年のサイクルの中に何度も予定入れておきたいお店なのです。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-11-10 23:35 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

石川(かほく市):石臼自家挽き蕎麦 亀屋「鴨せいろ」 oishii

b0089578_11544215.jpg
10月中旬の休日に複数の農家さんを見学することになり、同行者と共に1日中巡ってきました。
金沢市から始まって、かほく市他など車で移動しながらの見学ツアー。

時間的に宇ノ気近辺で昼食をとれればと事前に計画、
しかしこの辺りで思いつくのはラーメン(偏ったマイ目線)、お寿司食べてる時間もないだろうし・・
とカタカタ調べていると良さそうなお蕎麦屋さんを発見、石臼自家挽き蕎麦 亀屋さん。

地元の方には今更と思われるかもしれないけど、昔やまじゅう合宿に行ったくらいでこの近辺には疎い私。
調べてみると創業50年以上で蕎麦粉は長野県黒姫産の玄蕎麦を通年冷蔵保存して毎日自家製粉。

御主人さんと二代目がお蕎麦を作っていて、もう1人の息子さんは金沢市の「亀平」さんだそうで、
え!?そうだったのかってまだ未訪問ですけど、外仕事の時に行ってみなくちゃ。

かほく市の亀屋(かめや)さんにちょうど12時頃にお店に到着すると、
駐車場はほぼいっぱい、現在の建物は割と最近リノベーションしたのか新しい感じです。

お店の中央に大きなテーブル、小上がり席やカウンター席、テーブル席と分かれており、
私たちは4人がけのテーブル席へ。
b0089578_11544728.jpg
・鴨せいろ
そば粉十割の田舎そばや芯のみの真っ白な白雪そばも迷ったけど、肉好きが影響してか鴨せいろ。
粉山椒をつけ汁にちょいちょいとふりかけ。
つなぎ1割という細切りの冷たいお蕎麦はつるつるとした喉ごし、
なかなか厚みのある鴨肉と脂が溶けでて旨みがしみ出た温かいつけ汁に付けながら美味しくいただきました。

カウンターがあるから1人でも大丈夫だし、お酒のアテになる1品も色々あり他のお蕎麦も食べてみたいということで、
この近辺でお昼時に何食べようと思った時にパッと浮かび上がる1軒となりました。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-10-27 23:09 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

東京(新橋):名代 富士そば 新橋店 「冷やしきつねそば」

b0089578_16331370.jpg
コンビニよりも先駆けて24時間営業スタイルを取り入れた名代 富士そば

東京出張や遊びの際にお泊まりだったりすると、最後のシメや朝食などにお世話になっていました。

大体が飲んだ後に立ち寄る確率が断然高いのだけど、今回も酒場からのハシゴで名代 富士そば 新橋店
新橋駅前にも1軒あるけど、こちらの方が利用が多いかな。

真夏だったのでラーメン気分ではなく、そして温かい蕎麦もあっちぃ・・ということで冷たいお蕎麦。

・冷やしきつねそば
大きめのお揚げが2枚とワカメ、葱の具がのった冷たいお蕎麦。
冷たくて〆られているせいかお蕎麦は中々コシがある
薄いお揚げはそこまで甘くないし、まぁー全体的に重くなくていいよね。

ちょっと己を失っている酔っ払いの団体がいたけど、それもここでは日常茶飯事なこと。
最近はいただくお酒も控えめな量なので、頭も身体もしゃっきりな〆でした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-13 23:25 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

福井(坂井市):丸岡二八そば 大宮亭「ごぼうおろしそば」「かき揚げせいろ」

b0089578_16262033.jpg
お盆休みの間のプチ日帰りトリップ。

カラッと晴れたら越前海岸辺りで海水浴を狙っていたのですが、またもや上空はどんより模様。
なので越前海岸の海沿いをドライブするということに気持ちを切り替えて、目的地は敦賀。

出発時間はお昼近く、敦賀でランチだと距離がかかり時間が遅くなるので、
そこに向かうまでの途中I.C.で一旦降りて近くでランチという画策、これ最近の傾向です。

今回は丸岡I.C.を降りたらすぐ傍にある、丸岡二八そば 大宮亭
どのくらい傍かと言うと、インター出口カーブを通って「丸岡インター入口」交差点を右に曲がると
お店が見つけられるくらい。1分もかからず、すぐ傍!蕎麦だけに。

お店は大きなガラス張りの現代的なレストランで建物の大きさと比例して、駐車場もかなり広い。
お休みのお昼時とあって、玄関口には10人ほど待ちがあったが、元々のキャパが広いのでそこまで待たずに済んだ。

4人がけのテーブルや奥にお座敷など席数多数。
メニューは手打ちの丸岡二八そばから、うどん、フライ物の定食、丼ものシリーズの中にでた!ソースかつ丼。
谷口屋のあぶらげ始め、ちょっと飲める1品やデザートまであって、ど・・どうしよう的なメニュー数の多さ。
b0089578_16262769.jpg
・ごぼうおろしそば
出汁つゆの中に入ったお蕎麦の上に牛蒡と小海老入りかき揚げ、かつお節、ねぎ、大根おろしの組み合わせ。
地元丸岡産のそばを石臼自家製粉加工したお蕎麦は細めでコシがあって、薄めのお出汁はサラッと飲める。

おろしが結構ツンと辛い、メニューに辛味大根おろしそばもあるからやはり辛味大根かなぁ。
牛蒡かき揚げはボリュームがあってサクサク、
沢山の牛蒡が食べれたからこれで野菜摂取も大丈夫と妙な安心感。
b0089578_16263247.jpg
・かき揚げせいろ
上の牛蒡かき揚げがついたせいろタイプ。

客層が幅広く団体で来ている人たちもいて、施設はバリアフリーでお蕎麦以外のメニューが沢山ある。
メニューのラインナップの多さからファミレスっぽいけど、お蕎麦の味はちゃんと味わえるし、
良い意味でファミリー利用にお勧めしたいお店でした。

さて食べ終わったので再度、丸岡I.C.から高速乗りです。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-08-25 23:48 | 福井 | Trackback | Comments(2)