金沢(中央通町):大衆割烹 魚園(ぎょえん) oishii

b0089578_14271013.jpg
2017年ラスト忘年会は、いつも夫の仕事を手伝ってくれている女性スタッフたちとの飲み会。
私は別の仕事をしていて週末にちょこっと関わっているだけなので、いつもお世話になっている皆々様。

女子会というには皆それぞれ貫禄がありますが(というか私が一番上)、
ともかくも年末の集大成はこの場所に決定、大衆割烹 魚園(ぎょえん)

創業はお祖父さんの時代から続くというから、現在二代目ご夫婦と三代目ご夫婦とでどのくらいなんでしょ、70年近く!?
新鮮な魚介類を活かした美味しい手作り料理が評判の大衆割烹、私は実は未訪でして。
知っていたのは様々なお魚料理が美味しくて、釜飯やテールシチューが名物ということ。

2017年3月にリニュアルオープンした同店、以前の面影を知らない私ですが
綺麗で落ち着いた和の雰囲気であることには間違いない、そしてあちこちに感じるモダンな要素も。

入ってすぐにカウンターがあって、私たちは奥の4人ほど入れる小上がりのお座敷へ(大部屋もあり)。
この部屋は窓が厨房と繋がっているので、お料理をそこから手渡しできるんですよ。
b0089578_14271545.jpg
お酒は地元の日本酒がずら~っと揃い、色々選択肢はありつつも弱い私は手始めに柚子酒ロック。
後から焼酎ボトルインするなど酒豪も混ざった女子連合、とりあえずは1年お疲れ乾杯。

お通しは数種類の魚を使ったというつみれ汁。
お出汁もふんだんに出ていてほかほか身体が温まる~。
b0089578_14272376.jpg
本日はおすすめの鮮魚や魚介を活かした1品、1皿500円のおばんざいなどがずらりと。
鮮魚はぶり、甘海老、生うに、能登サバ、のど黒、タコ、鯵、柳八目、ほうぼう、馬づら、カマス・・・うーんどうしましょ。

困った時の「お造り盛り合わせ」は、カワハギ、ぶり、生タコ、甘海老。
そしてカワハギにはもれなく肝醤油付き、お刺身を肝醤油に絡めていただくとコクの極みで超旨い!
b0089578_14272914.jpg
迷わず頼んだ「真タラ白子酢」、新鮮な色にポン酢具合も重要~。
天ぷらも焼きも好きだが白子酢のちゅるちゅる感と口の中でとろける濃厚さに敵うものなし!
と思ってる私は結構独り占めしてました。
b0089578_14273525.jpg
やはり頼まなければ、な名物の「牛テールシチュー」、テールシチューはその部位からお料理屋さんの味というイメージ。
じっくりと煮込んだテールのまわりのお肉はほろりと崩れるほど柔らかくて味わい深い、スープはサラっとコクがある。
b0089578_14274108.jpg
チーズがたっぷりかかった「カニミソグラタン」の下にはマカロニと玉ねぎなど。
食べると蟹みその香りに包まれる~
b0089578_14274759.jpg
おすすめと言われてメニューにはない「サワラ三角揚げ」。
ん・・サワラ三角って?石川県ではカジキマグロをサワラと呼ぶが、
背びれを支える骨と筋肉の部位が三角に見えるのでそう呼ぶそうで、占める割合も少ないのでかなりの稀少部位。
しっかりサクサク衣のサワラは魚味だけど何だか鶏のから揚げみたいね、ほっくりして美味しい。
b0089578_14275603.jpg
お魚料理の他に野菜でも~と「加賀野菜とベーコンのサラダ」
加賀蓮根チップスに五郎島金時、ワカメや海苔など入った味付けも和風のサラダ。
b0089578_14280365.jpg
酒好きの女はぬたを好むの、「本日のぬた」は鯵、「大人の女はぬた!!」
ちなみにこのセリフと「ヒゲのOL」で検索すると私のブログ記事が出てくるという昔とったきねづか(ただの漫画好き)
b0089578_14281223.jpg
だし巻きはプレーンをすっ飛ばして贅沢の誘惑にかられて「だし巻き(うなぎ)」。
居酒屋で注文率高めなだし巻きですが、こちらは口当たり滑らかで味付けもほーんと美味しい。
b0089578_14281884.jpg
もう1つのこのお店の名物は釜飯、12月末まで主役な香箱がに、能登かき、真鯛、自家製じゃこと山椒、
たこ、うなぎ、豚、地鶏、五目、茸のむかご・・と候補が有り過ぎるのでジャンケンで決めました。
★1釜に香物と味噌汁が付きます
b0089578_14282553.jpg
「自家製じゃこと山椒釜」
自宅でも美川で買ってきたしらすと実山椒を使って、自家製ちりめん山椒作りましたが香りが良くてごはん進む系。
山椒の香りとタレがしみ込んだおじゃこのいい関係、この風味とじゃこの歯ごたえがたまらない。
b0089578_14284709.jpg
最後に出していただいたデザートはころ柿の中に抹茶アイス、梅の形をした最中の中にも同じもの。

まだまだ食べてみたいものが沢山なんですがお腹の方は満腹へ向かっていたのでこれにて終了。
素材が新鮮でそれを活かしたお料理は山&海の幸が並ぶ、県外の方を案内するにもピッタリ。
何しろ味付けがどれも私好みで、こんなに良いお店だったのねー再訪確実です。




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
# by sukatan_queen55 | 2018-01-07 23:04 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(安江町):中華蕎麦 御輿(みこし)「中華蕎麦」

b0089578_09262324.jpg
あけましておめでとうございます。
年末年始は毎年恒例の海外旅行に行っていたのでブログはお休みしていました。

そのうち旅行記をたらたらと書いていく予定で(数年前のベトナムと上海もまだアップしていませんが)
しばらくは去年のネタがまた残っているのでそちらの記事が続きます。

普段の私の仕事は28日まで、休みに突入すると家業手伝いが待っている。
数人分のお昼ごはん、いわゆる賄いを作るためにお店に出向いて用意するのです。

今回はベタだけどカレー、翌日はホワイトシチュー、それぞれサイドメニュー付き。
煮込み料理は時間がかかるので家で作って鍋ごと持っていく場合が殆ど。

カレーは自宅用だとルーを一切使わないスパイシーなカレーを作るのだけど、
賄い用はスパイスを使いながらも最後の味のまとめ役として市販のルーを少し入れます。

それを入れると大衆的な食べやすい味に近づいて、尖がった感じが抜けるのです。
さーて、用意が終わったら今度は自分のお昼ごはんの旅へ。

2017年のラーメン〆になるのかどうか、自宅から割と近いこともありちょくちょく寄らせてもらってる
中華蕎麦 御輿

・中華蕎麦(細麺)半熟玉子トッピング

いつも太麺ですが初めて細麺にしてみました。
御輿の豚骨魚介スープはくどすぎず何故か飽きない、特濃にも出来るけど私はノーマルで充分。

この刻み玉ねぎがシャキシャキしていい清涼感、きたきた~。
去年から消化しやすい細麺を選ぶことが多くなってきた、細麺でもきゅっとしまったコシ。

トッピングは岩海苔、ねぎ、チャーシュー、半熟玉子、刻み玉ねぎ。
ポイントがたまって次回はサイドメニュー無料!


[PR]
# by sukatan_queen55 | 2018-01-04 22:26 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(有松):麺や 福座(フクゾ)「かき醤油鶏白湯」

b0089578_10543913.jpg
クリスマスも終わったら一気に年の瀬に流れ込む、毎年ギリギリにならないと仕上げられない年賀状。
仕事も28日納めの後は、家業手伝いに毎年恒例の年末旅行の準備だし、年末の大掃除って何?て状態。

今年のラーメン〆はどこになるか、後何杯食べれるか不明だが、
とりあえずこれは食べておきたかった、麺や 福座のかきラーメン第二弾「かき醤油鶏白湯」

鶏ガラとかき貝スープに豚骨スープを合わせて二種類の生揚げ醤油で仕上げたというスープは、
1口目からガツンとコクのコークスクリューブローが炸裂!
そして麺がつるつるな太麺、箸から溢れそうなほどツルツルなんですよ。

かき油で炒めて大根おろしとオイスターソースでからめたかき貝は、旨味を逃がさない膜が張った状態で美味しいですね。
キャベツ、もやし、玉ねぎ、きくらげ、パプリカと野菜豊富な炒め物で、気になる野菜摂取も万全。

いつ来ても賑わっているけれど、いつもに増して混み合ってました。


[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-12-26 23:55 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(本町):Restaurant N-エンヌ-(フレンチ)クリスマスディナー oishii

b0089578_15224807.jpg
12月後半に差し掛かり、この時期特有のワクワクした儀式の様な特別感を高めるために
ようやく自宅のクリスマスの飾り付けをして、クリスマスパーティーのメニューを試行錯誤する時期。

今年のクリスマス本番日が連休に差し掛かるため、週末は何かとやり遂げる事が多くて忙しく、
クリスマスディナーは少し早めの週の始めに行ってきました、Restaurant N-エンヌ-

前回訪問から1年と11か月(ふくよかな会)、クリスマスディナーとしては2年ぶり。
特別な日を華やかに過ごすために定期的に足を運びたくなるフレンチレストラン。
ノエルディナーは16日から始まっていました。
b0089578_15225307.jpg
クリスマスディナーに合わせてドリンクも特別なペアリングメニューがありました。

・自然派ワイン4種のペアリング
・日本人が造るワイン3種のペアリング
・ノンアルコール3種のペアリング

私は日本人醸造家の3種のペアリングを選択、こちらも自然派ワイン揃い。

・ヒトミワイナリー h3 Caribou カリブー:スパークリング
クリアな酸と完熟のデラウェアのもつ華やかな香りが特徴。
柑橘系や甘い果実感を含みつつ最後はほんのりと心地よい苦味のにごりワイン。
わ~これ好き♪女性が好みそうというか、口当たりが円やかでとっても気に入りました。
b0089578_15165547.jpg
アミューズはチーズ風味のシュー皮のグジェール、パテとオリーブのピンチョス、
鱈のすり身丸めたもの、生ハムのクロックムッシュ。
温かいクロックムッシュが香ばしく中のクリームと共にジューシーで濃厚。
b0089578_15165972.jpg
能登の寒ブリのミキュイ
寒ブリの片方だけ炙ってあり微妙に火を通したミキュイ、脂がのり切った状態でキラキラ。
繊細にカットされた4つの大根は黒大根、紅しぐれ、紅くるり、緑芯大根
薄いけれどしっかりとした歯触りがある大根たち、微妙に味も違うんですよ。
それぞれをビーツのソース、カリフラワーのソース、大根の葉っぱのソースに付けて味の変化を楽しみました。

b0089578_15170471.jpg
形はバゲットなのにミニチュアサイズの可愛いパン。
ちぎるとしっかりめのモチモチ感🎶
b0089578_15225869.jpg
・滝沢ワイナリー ミュラートゥルガウ:白ワイン
生姜などのスパイスと爽やかなハーブや青りんごなどを思わせるような香りが特徴。
赤ワインの醸造法を用いた造り方だそうで通常のミュラートゥルガウとは違ったユニークな味になっているとか。
辛口でフルーティーで苦味も感じつつするするっと入っていきます。
b0089578_15170806.jpg
香箱カニのクロケット、揚げた衣の中には内子や外子などこの時期にしか味わえないカニの旨味がぎっしり!
エスカルゴバターのふわふわの泡の下には百合根の他、ルッコラ、バイ貝、ホタテなど海の幸が隠れていました。
上には黒トリュフ、下にはトンナムルを添えて。
b0089578_15171225.jpg
甘鯛のウロコ焼き、カリカリと香ばしいウロコの鯛と甘海老の旨味が凝縮したアメリケーヌソース。
小松菜のソースと甲殻類の塩を添えて。
白いマッシュポテトのようなものは根パセリ、原材料はバターと塩と根パセリだけだとか。
それだけでこんなに甘みが出るのね〜素材をこんなに自然な丸みのある味に仕上げるとはさすが。
アメリケーヌの旨みと根パセリの甘みがとても合っています。
b0089578_15171660.jpg
北海道産蝦夷鹿のローストは沢野ごぼうのソースで。
肉質が細くてしっとりした蝦夷鹿はとても上品な赤身のお肉、うん!美味しい〜
能登115椎茸と北あかりのピュレ、どちらも存在感のある素材なのでお肉に負けていません。

そして、食べ進む内にすっかり3つ目のワインの写真を撮り忘れていた。

・ボアルカ コー:赤ワイン
日本人醸造家・新井順子さんがロワールで作るワイン、偶然この方の今年のボジョレーを自宅用に購入していました。
黒果実の香りと滑らかなテクスチャーに黒系果実が凝縮したピュアなエキスが特徴。

ちょうど向かい側で夫が自然派ワイン4種類目の赤ワイン、ラ・トゥール・フィジャックを飲んでいて、
試飲させてもらったけど私のものと風味も何もかも違っていて興味深かったな、と。
b0089578_15172092.jpg
富山産のレクチェのコンポートのキャラメリゼ
洋梨のル・レクチェ、富山でも生産されているのですね。
しっとりしたレクチェのコンポートにカリカリのキャラメリゼ、ビターショコラのソースとナッツと共に。
b0089578_15230327.jpg
食後の飲み物、ハーブ農園ペザンさんの4種のハーブティーにしました。
レモンバーベナ、ローズマリー、ステビア、カモミールの4種でエンヌさんオリジナルブレンド。
西山シェフ自らバランスよく配合を調合したそうで、レモンバーベナの爽やかな香りにほんのりとしたステビアの甘み、
それにローズマリーの香りがして後からカモミールの優しい香りが包み込むようでこれは香りに癒される。
表情豊かなハーブティーを真剣に楽しむことってあまりなかったかもしれません。

食材の良さを活かしつつ、繊細なところまでバランス感覚が優れたシェフのお料理を今回も堪能、
エレガントな雰囲気なのにリラックス出来てペアリングのワインもとても良かったです、ごちそうさまでした。




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-12-24 23:04 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(桜田町):油そば専門店 歌志軒 金沢桜田店 「油そば 無双」

b0089578_11542746.jpg
寒い時期のお家ごはん、自然と鍋が増えていきますよね。
ここ一週間の内の鍋率がとても高くなっていると同時に麺類の消費率も上がっていく。

乾麺うどんと素麺の賞味期限をチェックしながら在庫を減らすために、鍋の〆に入れる麺。
ちなみに昨日はコウケンテツレシピからの和風ニンニク肉鍋で、〆はにゅうめん。

後は結婚式のビンゴゲームで当選したうどんケースの消費の行方を見据えながら。
チゲ鍋にラーメンも美味しいけどうどんもね。

麺類嗜好はそのまま休日にも発揮、行ってきたのは今年の4月に一時休業になったものの、
後任の店長さんが決まったようで、最近何気に復活していた桜田町の油そば専門店 歌志軒
★URL先のブログクーポンもチェック

券売機の前で目が泳いでいると、新たなお客さんが入ってきた、はぅっ!焦る・・・。
こんな時に指先が示すのは油そば無双・・1日何名かの限定だったはず、目の泳ぎから確認できず。

トッピングは2つ出来るというのでフライドオニオンと温玉。
チーズがなんたらサービスで付けれますよ、と言われたのでそれもプラス。

結果、こんな具合。
チャーシュー、メンマ、ネギ、海苔、フライドオニオン、温玉、チーズ。
これに酢とラー油を回しかけて、まぜまぜして一気にいただく。

オリジナルの油そばよりも中太麺ぎみでむっちりした麺で歯ごたえしっかり系。
チーズがとろけてきて温玉とフライドオニオン効果で結構こってりめだけど、
酢が入ってるからか後味がさっぱりめ、いい感じです。

今度、目が泳がなかったら明太子を選択してみますね。。




[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-12-22 23:51 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(西念):廻る寿しぽん太 「上にぎり」

b0089578_11553608.jpg
そろそろ解禁期間も終了に近づいてきた県内産の香箱ガニ。

香箱の紅い内子(卵巣)が鼻血が出るほど好きな私は、お店のメニューで見かけるとつい頼むのですが、
やっぱりスーパーで買って自宅で食べる方がお安いので、ちょいちょい連れて帰ります。

最近は580円、680円・・中には蟹味噌がないものもあったりしたが、内子が食べれればそれで幸せ。
蟹の身にはそれほど執着していないので、心の蟹バロメーターが一番上がるのは12月末までだカニ。

シーフード熱が高まる北陸の冬に急にお寿司が食べたくなって、手頃に食べれる廻る寿しぽん太へ。
金沢市中央卸売市場の前の通りにあるラーメン神仙の向い側辺りにある、廻ってない回転寿し。

お昼のランチに友人と来たことはあったけど夜は初めてかも、夫はお気に入りとか。
少し遅めの時間帯だったからか、誰もいない・・・あ、1人いたか。

久々だったが年季が入った地元密着っぽい店内は相変わらず、レールに面したカウンター&テーブルとお座敷も。
回転レールには見事に何も廻っておらず、メニューがのったお皿だけ。

単品でも頼めるけど、ここはその日のお勧めを日替わりで出してくれるセットメニューで。

・上にぎり:1,300円(にぎり十貫)
ねぎとろ、かに、ぶり、甘海老、サーモン、まぐろ、イカ、鯛、謎の白身と貝
ネタは新鮮で食べごたえ充分、市場の前だからか何か+αがあるのか。

あら汁が無料なので、取ってくると海老の頭や身がしっかり付いたままのお魚がごろごろ。
魚の出汁がしっかり出て旨いわーこれを味わうのがここの醍醐味とも言う。

お寿司は少しシャリが大きめなので私はこれでお腹膨れました。
夫は横綱セット(15貫)に炙りサーモン単品食べていたけど、よく食うわ。

夜のセットメニューは公式ページのランチ価格と比べると100円高いようです。

ちなみにランチのお値段はと言うと↓
Aランチ・並(10貫):800円、Bランチ・上(10貫):1200円、Cランチ・特上(10貫)1800円
満腹ランチ(12貫):925円、横綱ランチ(15貫)1280円、プレミアム(15貫)3000円

手軽ににぎりが食べれて美味しくコスパ良し、ごちそうさまでした。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-12-20 23:55 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(高柳町):香むぎ (こむぎ)「タイ風カレーうどん」


b0089578_14480835.jpg
プチリフォームしたダイニングになってから綺麗好きになったと褒められている私。
あくまでもこの部屋限定だけなんですけど←それじゃいかんだろう。
荷物を一時保管していた隣のお座敷を年末までに片付けられるか、不安。

この家を建てた当時からあった備え付けの棚も壊してしまったので、
FAX台やTVボードを買わなくてはならないという出費がかさむ年の瀬。
このところ毎週日曜日はそんな必要な家具やインテリア巡りしに行く日になってます。

そんな日のお昼ご飯は、東金沢方面のうどん屋さん、香むぎ
お隣の麺屋 大河の外の行列を見ながら店内に入るとこちらもほぼ満席、さすがお昼時。

夫はこの間は季節の名物であるとろとろな加賀れんこん汁うどんを食べたらしいけど、
カレー好き魂はやっぱりもう1つの名物に傾く「タイ風カレーうどん」

豚バラときのこが入ったタイ風カレーうどんは、ココナッツミルクの甘さを感じるグリーンカレー系。
そこはかとなく香辛料の辛みもあるけど辛い!というほどではないです。
麺は讃岐の製法で作られた国内産小麦の自家製うどん、もちもちで程よいコシ。
b0089578_14535886.jpg
夫は「大海老天ぶっかけの大盛り」、王道メニューは冬でも冷たいのを食べたいらしい。
でも温・冷どちらも出来るそうです。
私は夏は冷たいぶっかけ系を食べたいけど冬はやはりあったかめかな、ごちそうさまでした。


[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-12-19 23:30 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(博労町):レスピラシオン(respiracion)金澤スパニッシュで二次会

b0089578_15035448.jpg
マルゲリータ宴会を終え、2次会へと場所を移そうとちょっとお酒が飲めるお店を探し始める私たち。
だけども忘年会シーズンなので、近くのカフェバーは満席っぽい、さてどうする?

寒気の影響もあって外も寒いけど東山まで歩くか?という意識の中で飛び込んできた一筋の光、
そうだここは営業時間長かったのだ、と入ったスペイン料理のレスピラシオン(respiracion)

平日は0時クローズ、金・土・祝前日は0時ラストオーダーの1時クローズ、・・でこの日は金曜日。
着いたのが11時だったので深夜タイムを過ごすのに丁度良い時間帯。

スペインの辛口の白ワイン、セイェル・デル・ロウラ・クリュロト
b0089578_15035811.jpg
スペインの白カビサラミのフエ、スペインの生ハム・ハモンセラーノ、イベリコ豚のチョリソー。
5人分の2つに分かれた内の1皿分。
b0089578_15040254.jpg
チーズの盛り合わせ、真ん中に牧場が広がるメルヘンの世界が主役のチーズたち。
それぞれ山羊・羊・牛のチーズ、とレーズン。
羊のチーズが家にある羊の織物で編んだ物と同じ匂いがする~羊だわ、このクセのる匂いが好き。
b0089578_15040727.jpg
野菜が美味しい石川県
県内の農家さんなど地元の拘りの野菜たちにアイオリソースを付けて食べます。
b0089578_15041289.jpg
パエジャ、メキシコ料理をたらふく食べたはずなのに小腹が空いてきて食べたくなるパエジャ。
少し水分を含んだリゾットの様な食感のカタルーニャ風のパエジャは魚介の旨みを含んでとても美味しい。
b0089578_15041756.jpg
最後にデザートを食べたい人たちが頼んだクレームカタラーナ。
さすがに遅い時間帯だったせいか込み合っておらず、皆で久しぶりの会話を語らーな。
スペイン産のオーガニックワインも充実していて、二次会にも利用可能なのが嬉しいです。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-12-18 23:19 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)