石川(野々市市):カレーのチャンピオン(野々市本店)「チーズミルフィーユカツカレー」

b0089578_15524206.jpg
雪がちらつき始め寒さも本格的になると鍋料理が恋しい季節、
実際、帰宅してから用意が楽なんで、結構出番があるのですが一番作るのは「チゲ鍋」かも。
豚肉の他に牡蠣も入れてスープにうま味が出るので全部食べれちゃう。

しかし、今年初のチゲ鍋を作ろうと思ったら、卓上IH調理器の温度が全く上がる気配がなく・・え!?故障した?
寿命なら仕方ない、カセットコンロがあるからそれで、とガスを付けようとするもこっちも付かない。

着火ポイントを掃除してカセットガスも新しいものに替えているのに、同時に故障するなんて。
その場はキッチンコンロで作って出来上がったものを食べたけど、
グツグツ言わせながら食べるのが醍醐味なのに。

カードのポイントが貯まっていたからカセットコンロを貰うことにしたけど、届くまで時間がかかりそう。
卓上IH調理器は頂き物だったので、どこの製品を選ぼうかと思いつつ放置中。
なので今年はまだ1回しか鍋食べていませんわー

さて夏でも冬でも食べると身体がポカポカ温まるカレー、とある日の1人ランチはカレーのチャンピオン(野々市本店)にて。
あくまでも本店についてですが、自分が学生の頃から男子学生の聖域の様なイメージがあり、
足を踏み入れたことがなかったのだけど、本店限定メニューに釣られて行ってきました。
だってラーメンはいつも1人で食べているし今更入れないこともなかろうと。

・チーズミルフィーユカツカレー
お肉を何層に重ねたミルフィーユ状のカツの間にチーズを入れたチーズミルフィーユカツ。
ポイントはサクッとカツを食べるとトロリとチーズが出てくるところ、カレーとチーズの相性は言わずもがな。
期間限定メニューなんでもう終わってるかもです、アップ遅くてすみません。

しかし、まだまだ本店期間限定メニューは続く。
来年の1月3日(木)~9日(水)の一週間、お正月限定カレー「のとししカレー」が1日20食限定で発売されるそうです。
カレーにもトッピングのカツにも能登のイノシシ肉を使用、と猪肉好きな自分にとってはとても魅力的。
しかし1日20食分か・・・チャンスがあれば狙いたいです(多分1人だな)


2019年1月3日(木)~9日(水)の1週間



# by sukatan_queen55 | 2018-12-22 23:20 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(本町):Restaurant N-エンヌ-「金沢トレビス×エンヌ×ミモレット violet PARTY」 oishii

b0089578_17022724.jpg
12月中旬にフランス料理、Restaurant N-エンヌ-さんで開催された
「金沢トレビス×エンヌ×ミモレット violet PARTY」に参加してきました。

ヨーロッパ原産の赤紫色をしたコロンと丸くて少々の苦みがアクセントの野菜「トレビス(赤チコリ)」、
お店でもサラダなどに赤紫色の葉っぱが彩りを添えているのをよく見かけます。

主な産地はほぼ9割が輸入物だそうで国内栽培がされるようになったのはつい最近、そしてこの石川県でも。
金沢のセリ農家の堀さんが生産を呼びかけ「金沢トレビス会」を発足し生産を始めた。

輸入物にはないフレッシュさなど魅力いっぱいの金沢トレビスを
エンヌの西山シェフのトレビスフルコース、チーズ工房ミモレットさんのチーズをプラスして、
生産者さんと共にその美味しさを知るというのが今回の主旨。

「VIOLET PARTY」ということで何か紫色のものを身に付けてとのこと、
紫のストールと赤紫のカーディガンで今夜はトレビス仕様。
b0089578_17023288.jpg
クリスマス前ということで店内には大きなクリスマスツリーが・・ってよく見ると
オーナメントの一部がトレビス!これは良いアイディア、色合いも映えるし。
b0089578_17023955.jpg
ドリンクはお料理に合わせたワインのペアリング3種を選択、
まずはフランスのナチュールスパークリング。

チーズ工房ミモレットのペコリーノロマーノ、フランス産のハーブ入山羊のチーズ、
ゴルゴンゾーラをそれぞれトレビスと合わせていただく。
これがチーズの塩味やコクがトレビスの苦みを和らげる感じで好相性。
家で食べる場合に簡単でパンにのせるよりお腹も膨れすぎなくて、今自宅で真似っこしています。
b0089578_17024429.jpg
トレビスのラペ・スモークリコッタ・ブリのミキュイ
能登の天然ブリに軽く火を入れ香草でマリネしたミキュイとスモークされたリコッタチーズに
3種のドレッシングで味付けしたトレビスのラペ、ビーツのソースが添えてあります。
トレビスが漬けこんだことで苦みが和らぎ、スモークされたチーズと一緒に鰤を食べるとたまらんっ
b0089578_17024860.jpg
白ワインはアルザス、Laurent barth Gewurstramine
これが軽くて少し甘めでめっちゃ好み、後からエチケットの写真を撮りにいきましたよ。
テーブルのデコレーションに薔薇の様に飾り付けられたトレビス。
b0089578_17025361.jpg
トレビス・名古屋コーチン・トリュフテリーヌ
トレビスと名古屋コーチンのムース、トリュフテリーヌをミルフィーユ状に。
泡泡カリフラワーベースの甘みとトレビスの苦みが合わさって心地よい味覚。
b0089578_17025817.jpg
トレビス・リゾット・バイガイ
古代米と丸麦と米のリゾットはバイ貝と一緒に炊き込んでカステルフランコを混ぜて。
上には長い葉っぱのトレビーゾ、最後の仕上げはミモレット22か月を上から削り落として完成。
貝の出汁のリゾットにイタリア野菜の苦みにまたもやチーズ、生の卵黄と卵白でコク増しです。
b0089578_17030335.jpg
赤ワインはグルナッシュ
b0089578_17030867.jpg
トレビスブレゼ・ハマグリ
トレビスの芯の部分を焼いて煮込んでハマグリの出しでソースを。
下には小松菜とホウレンソウのピュレ、ベーコンとオリーブも添えられています。
b0089578_17031264.jpg
パン
b0089578_17031963.jpg
トレビス・蝦夷鹿のラグー・ウォッシュチーズ
蝦夷鹿を赤ワインで煮込みウォッシュタイプのチーズとトレビスで巻いて網脂で包んだもの。
トレビスのほろ苦さ、チーズのコクがプラスされ赤ワインのソースと共にすごく濃厚。
b0089578_17032590.jpg
トレビスのコンポート・共働学者フロマージュブラン
トレビスを白ワイン、グラニュー糖、ベルガモットでコンポートにしたもの、これが一番驚いた。
甘いトレビスに国産ベルガモットの独特の透明感のある香りが不思議。
共働学者はチーズの名前でそれで作ったフロマージュブランは乳製品の酸味があり、
トレビスをコンポートした時のジューの泡と混ざって複雑に美味しい。
b0089578_17033180.jpg
カフェ・アグレさんのコーヒー

そのまま食べると淡い苦味を感じるトレビス、この味自体もクセになるアクセントなんですが、
チーズとの相性の良さを発見したり、西山シェフのフィルターを通したモダンでアイディア溢れる料理に
トレビスの魅力を新発見、私もたまに家でトレビスを使うのでとても参考になりました。
b0089578_17033693.jpg
お土産にと全員に配られたトレビス、カステルフランコ、トレビーソ
さぁ~てどんな料理を作ってみようかな。


# by sukatan_queen55 | 2018-12-21 23:03 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(堀川新町):サブリナ カフェアンドテラス「バターミルクパンケーキ」・ボヘミアンラプソディ oishii

b0089578_15583238.jpg
ジャークジャイランチの後、「ボヘミアン・ラプソディ」を観るためにイオンシネマ金沢フォーラスへ。
館内でクリスマスプレゼントを買って映画館階まで向かうと、上映時間まで後1時間ほどある。

ちょっとお茶でもして時間でもつぶそうかと同じ7階にあるカフェ、サブリナ カフェアンドテラス
フォーラスの屋上庭園が眺められるテラスと室内カフェスペースがあり、
庭園エリアは夏はビアガーデン、冬はテラス部分は寒さをしのげるように仕切りがしてあるのでそちらへ。

軽食メニューからパフェやクレープまでのスイーツと一通り眺めて、頼んだのは「バターミルクパンケーキ」。
こちら、ソースやケーキなどでデコレートされた幾つかあるパンケーキの中でも一番シンプルなメニュー。

パンケーキやワッフルにしかり、アイスやソースがたっぷりかけられたものを食べた結果、
何もかかっていない(生クリームはいい)生地自体を味わうシンプルなものが一番好きということに気付いた。

写真で3枚だったので、やばい食べきれない!と思ったが、大きすぎずにむしろ丁度良いかと。
今時のふわふわスフレパンケーキではなく、むしろやや懐かしい系で仄かにバターの香りがする。

小皿に付いているハチミツの他に海外のハチミツ瓶がどーんと置かれているけど私にはこれで十分。
でもシロップを沢山かけたい人にはかけ放題で有り難いでしょう。


さて「ボヘミアン・ラプソディ」、クイーンのボーカル「フレディ・マーキュリー」の伝記映画ですが、
自分自身、熱狂的なクイーンのファンではなく、家にあるのは「The Game」と「A Kind of Magic」。(ソロもある)
その頃の私といったら(スチャダラ調)、キュアー、デペッシュモード、エコバニ、ニューオーダー他など
ニューウェーヴ系の陰鬱なシンセとギターに魅了されていたのでした。

リアルタイムで言うと80年代前半からで、映画「ハイランダー」を観に行った時にクイーンの曲めっちゃかかってたなとか、
PV「Princes of the Universe」かっこよかったとか記憶があり、ライブエイドも普通に観ていて。
MTV、ポッパーズMTV世代でクイーンのPVは見慣れて自然と入り込んでる感があったので、
フレディが亡くなった時はそれなりにショックでした。

映画は1人のボーカリストの栄光と苦悩に深く入り込み、
名曲の誕生秘話の数々やライヴエイドでのクライマックスも交えて、クイーンを知らない世代でも楽しめる映画でしたね。
とにかく再現度が高くてブライアン・メイなんて気持ち悪いほど似ていてあり得ないけど本人か?って思ったほど。
そしてリアルタイムで見てなくても映画で流れる名曲の数々は聞き覚えがあって自然と入り込めました。

しかしフレディのルーツがインド人とは知らなかったなぁ~
当時自分は子供でちょっぴし顔濃いイギリス人としか認識がなかったわぁ~。
しかし映画を観たがっていた私よりも、フレディのソロ世代で「映画は長いから寝るかも」と言っていた夫が、
寝ないで(逐一、横でチェック!)「涙流しそうになった!」というほど感動していたのが受けましたわ。

とりあえずしばらくのBGMはクイーンかけてます。





# by sukatan_queen55 | 2018-12-20 23:10 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(松村):ジャークジャイタイフードセンター「タイ式イエローカレーラーメン」

b0089578_15582121.jpg
クリスマスにかかる連休は日中は夫が仕事だし、夜はホームパーティーなど一緒に出掛ける時間がない
ということで一週間前にお互いのクリスマスプレゼントを買いにフォーラスまで。

プレゼントと言っても、たまたま見つけたお互いが気に入ったトレーナーを買って交換しただけなので、
クリスマスに一緒に買って交換したという付加価値が付いただけで全然特別感がある物じゃないんですが。

いつもクリスマスは適当な感じ、来月のバースデーにはもう少し熟女力上がりそうなもの買ってもらおう。
そのフォーラスに行く前のランチはタイ料理が食べたくて、ジャークジャイタイフードセンター

お昼は久々なんだけど席はほぼ満席で次から次へとお客さんが足を運ぶ人気っぷりがすごい。
日本人店主さんはサブにまわってタイ人シェフが料理を担当しているようです。

・チェンマイ名物!タイ式イエローカレーラーメン
黒板に本日の日替わりランチでまだ食べたことがないメニューを発見。
チェンマイ名物のイエローラーメンってことは「カオソーイ」ですね。
タイ旅行でカオソーイの屋台を調べて向かったのにお休みという悲劇があり、本場では食べれなかったんだよな~。

イエローカレーはココナッツミルクが入ったコクと甘みの濃厚なタイプ。
小辛なので安心して食べられる辛さでほんとコクがありまくりで旨い!
ストレートの中華麺に赤たまねぎ、人参や大根のなます、鶏肉、パクチー、フライド麺などがトッピング。
サラダと最後に残ったカレーに投入シメごはんも付いてます。
b0089578_15582644.jpg
夫はカオマンガイ、鶏の出汁で炊いたごはんにニンニク風味がよく効いたタレをかけていただきます。
サラダ、スープ付。

日替わりランチは普段メニューにのっていない物が食べられるのかも。
お休みの日位しかランチに行けないけど、要チェックだわ。


# by sukatan_queen55 | 2018-12-19 22:13 | 石川(金沢) | Comments(0)

石川(白山市):8番らーめん(専福寺店)「野菜ラーメン(パクチートッピング)」

b0089578_14182195.jpg
フェイクな大きめのクリスマス用ツリーを買って、オーナメントを飾りつけようと毎年思っていながら、
また今年もなんとなく買いそびれて、ちまちまっとした小物ばかり衝動買いして並べています。

コストコに肉を仕入れに行った時、この時期だけのクリスマスの雑貨やお菓子など眺めているだけで楽しい。
買ったものを車に詰め込み、さっとお昼を済ませようと8番らーめん(専福寺店)

季節限定のパクチー酸辣湯麺だけがパクチーが付いている訳ではなく、どのラーメンにもパクチートッピングできるこの季節。
去年は冬の終わりまでトッピングできたと記憶してるんだけど、今年は12月途中で終わったらしい(トッピングだけ)。

私は普通の野菜ラーメンにパクチートッピングするのが好きだったのに・・悲しい、もう少し延長してほしかった。
これは少し前に食べた「野菜らーめん(醤油)パクチートッピング」の写真。

周りに敷き詰めたパクチーと真ん中の8番のかまぼこがまるでクリスマスをイメージさせるような。
✳︎実際は別皿にパクチーが運ばれてくる。
b0089578_14182625.jpg
こちらは「汁なし野菜らーめん(パクチートッピング)塩バター」、汁なしなのでただの野菜スープなのだが、
パクチートッピングすることにより何とも魅惑的なかほり・・布施明も唸る位。

パクチートッピングがあるこの時期だけ8番らーめんへ行く頻度が増える。
から麺、担々麺にパクチートッピングすることを楽しみにしながらまた来年。


# by sukatan_queen55 | 2018-12-18 23:59 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(長町):アシルワード 「冬のネパールセット」「トゥクパ」

b0089578_15492031.jpg
週1回は自宅でインド料理作っていますが、外でもスパイス活動は欠かさず。
アシルワード (AASHIRWAD)さんの期間限定「冬のネパールセット」がアップされるやいなや、
行きましょう!のお誘いを受けたので行ってきましたよ。

スープモモを始めとする複数のおかずがついた定食セットの様なものでチャイ付で税込2400円。
クリスマスまでみたいですが、2人以上の予約ならばそれ以後も大丈夫な様なのでお店に問い合わせてみて下さい。

・スープモモ
・カリフラワーとじゃが芋のタルカリ
・小松菜・サーグ
・マトン
・グンドゥルック&バトマス
・ムラコアチャール
・長粒米

野菜などをスパイスで味付けしてミキサーしてスープにしたものの中にネパールの餃子モモが入ってます。
優しい旨みのスパイススープとモモ、これだけで結構ボリュームがある。

新潟県の長粒米(バスマティ×こしりかり)には、カリフラワーとジャガイモのタルカリ(おかず)、
ドライカレータイプのマトン、小松菜・サーグ(青菜の炒め)

ムラコアチャール(大根の漬物)、グンドゥルック&バトマス(発酵葉物野菜&大豆の炒め煮)
どれ一つとして同じ味付けじゃないんですが、アチャールの味は突出してるな〜。
b0089578_15492578.jpg
セットに追加でトゥクパ。
冬のアシルワードの名物、ネパールの麺料理。
スパイスとトマトの酸味や黒ごまの風味が混ざったスープに細めのストレート麺。
錦糸卵や青菜がトッピングされていて、スパイス効果で身体がポカポカ温まります。
b0089578_15492911.jpg
チャイ
こっくり甘くて紅茶の味わいが濃いチャイ。
家ではあっさりめのチャイを飲んでますが、お店だとこれくらいしっかり甘みがないと物足りない。

珍しく夜の香林坊でお酒も飲まず、定食セットを食べて帰るという健全?な夜でした。


# by sukatan_queen55 | 2018-12-17 23:16 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(元町):BACARO (バーカロ)イタリアン居酒屋

b0089578_16174444.jpg
12月初旬、いつもの仲間たちとの忘年会&少し遅れた7周年記念で、元町のBACARO (バーカロ)
バーカロカウンター純情派な熟女たちは毎度ながらカウンターを占拠。

私が差し出した東京土産(他にもあるが)はムンクの金太郎飴。
11月にムンク展行ってきたのです、おいおい記事に書きますが。
食べてもおののく味ではなく普通にブルーベリー味らしい。

大人のモスコミュールで乾杯。
b0089578_16175146.jpg
生ハム
5人ともなると矢継ぎ早にリクエストが飛んで、とりあえず一気にパスタ辺りまで注文。
b0089578_16175852.jpg
春菊のマリネ
前菜は本日のおすすめから選ぶことが多く、旬なお野菜メニューがねらい目。

b0089578_16181075.jpg
本日のカルパッチョ
いつも頼む豪快なカルパッチョ、下に野菜が敷き詰めてあって大ボリューム。
b0089578_16181548.jpg
秋鮭のフライ
b0089578_16182037.jpg
イノシシのソーセージ
豚よりもワイルドな味だけど普通の感覚に違和感なく食べれるソーセージ。
b0089578_16182660.jpg
焼き百万石しいたけ
フリットもあるけどシンプルに焼きもいいもんだ。
味がしっかりしていて軸の部分まで美味しいの。
b0089578_16183239.jpg
からすみパスタ
私たちの間でリピート率が高いからすみパスタ、シンプルでいてコクがある。
良さんの作るパスタはいつも茹で加減が最高。
b0089578_16183718.jpg
ナポリタン(目玉焼き付)
こちらもリピート率が多いナポリタン、いつも目玉焼き付きでと注文します。
ウルトラマンかおっぱい星人かのごとく目玉焼きが2つのせてあるんだけど、
今日はスペシャルで三つ目が通る(古)でした。
b0089578_16184330.jpg
仔羊もも肉ロースト
メインは羊肉が苦手な人がいたので牛肉にする?と聞いたけど、
お肉あまりいらないと返ってきたので、じゃあと仔羊もも肉ロースト。
中の赤身の部分は柔らかくて羊の独特臭がふんわり・・しびれるっ
b0089578_16185043.jpg
ゴボウのフリット
メインを食べ終わったのにまだ頼んでいる友人、私は満腹中枢が限界を訴えています。
b0089578_16185703.jpg
干し無花果のファーブルトン
ファーブルトンってなんだっけな昆虫記、フランスの伝統菓子で牛乳、小麦粉、砂糖、卵が使われた
ちょっともちっとした固めのプディングのような。
周りのコーヒーやミルクのジェラードも美味しかった。

リーズナブルな価格で量も多く、がっつりお腹を満たしてくれるところはオープン当初から変わらず。
7周年おめでとうございます!!また皆で行きますね。


# by sukatan_queen55 | 2018-12-15 23:13 | 石川(金沢) | Comments(2)

金沢(主計町):空海(居酒屋)・朗読劇「LOVE LETTERS(ラヴ・レターズ)」

b0089578_14534186.jpg
12月8日(土)、9日(日)の2日間、尾張町の金沢文芸館にて、
朗読劇「LOVE LETTERS(ラヴ・レターズ)」A.Rガーニー / 作が開催されました。

アンディ―とメリッサ、幼馴染の男女が50年もの長きに渡り交わされた手紙を
老読者である2人の男女が台本を読み上げていくというシンプルな舞台構成ですが、
世界中で上演され様々な役者さんたちによって演じられ愛されている作品です。

金沢文芸館でラヴレターズが上演されるのは今年で5回目。
実は9日(日)の読み手の1人であるメリッサ役を私が演じていました。
思い切り事後報告ですけど(笑)

お話をいただくきっかけとなったのは、昨年のラヴレターズでメリッサ役を演じた友人の打ち上げに参加した際、
会話の中で私が演劇部だったというくだりを主催の方が記憶されていて、8月に白羽の矢が立てられたというわけです。
演劇部の活動や舞台に立っていたのは中学の頃なので、少しブランクがあり過ぎでしたが
声だけで物語が紡がれるという舞台は中々体験できないことなので引き受けることにしました。

昨年の上演に参加していたのでストーリーは知っていたのですが、
アメリカの作品故、知らない地名が各所でどんどん出てくるので、まずは地図を見ながら各地名を認識。
登場人物2人は典型的なWASP(ホワイトアングロサクソンプロテスタント)出身ということで、
そのエリート支配層による価値観や寄宿舎生活や舞踏会など文化的な風習などアメリカ社会の様々な事も垣間見え勉強になる。

8、9、10月はまだ余裕でいたのですが11月に入り押し迫ってくると段々不安になってきて、
時折引き受けたことを後悔しだしたりしてましたが(諦めが悪い、笑)、
読み合わせ会の時に、交わされる台詞の中ではっきりとは書かれていないけど、
想像するにあったであろう出来事を教えてもらって、また自分の中でのメリッサの表現の解釈を積み上げていきました。
b0089578_14534707.jpg

自由奔放で芸術家肌のメリッサが環境の変化から次第に精神を病んでいく。
最後の心の拠り所は幼馴染であり恋愛対象であったのにすれ違い再開後にようやく結ばれたアンディだけ。
そのアンディも社会的立場や家庭があり最後は悲しい2人の結末へ。

上演当日は終わってみれば不思議と緊張することもなくメリッサを演じることが出来ました。
アンディ―役は不動なのですがメリッサ役は毎回変わるので演じる方によってその人なりのメリッサが色付けされていく。
私なりに演じたメリッサは来場者たちにどう映ったのでしょうか。

中学の時は放課後に学校の屋上で発声練習をしたり部室で台本読みしていたものです。
そんな記憶を掘り返しながらこんな素敵な作品に挑戦する機会を下さって感謝しています。

当日この舞台にご来場くださった皆様、ありがとうございました。
私と共に相手役を務めた水上 猛之さん、ピアノの清水史津さん、スタッフの友人もお疲れ様でした。

追記
実は当日のお昼過ぎに自宅で食べていたボンタンアメが歯にくっ付いて仮歯が取れてしまうという悲報が。
まさにこのムンクのしおりの様な心情になりましたが、とりあえずはめ込んでも落ちないのでそのままにして。
舞台で話す時に歯が抜けているなんて洒落にならないですからね。
後から打ち上げで思い切り笑いを取れましたけど、最後は笑いで〆るスカタンです。
b0089578_14535165.jpg
上演終了後、関係者と来場していた友人たち、さらに仕事後に駆けつけてくれた友人と、
「ラヴレターズ打ち上げ会」は主計町の居酒屋、空海(くうかい)
実は去年もここでした、金沢文芸館の近くで日曜営業、遅くまで営業していると言ったらここしか思いつかない。
しかも、メニューのジャンルも品数も豊富過ぎるほどで、冬は魚介を使ったメニューがお勧め。
b0089578_14535623.jpg
合鴨ロースのオレンジソース和え、麻婆豆腐、バイ貝の糀漬け、イクラの醤油漬け、
蕪と鰤のサラダ、タイ風さつま揚げ、里芋揚げ出し、生麩のゴルゴンゾーラ揚げ、メンチカツ
写真ないけど、フォアグラ味噌漬け、ナマコ酢、クリームチーズのおかか和え、大根はりはり漬け

10人もいるもんだからテーブルの端っこの人がほぼ好きな注文をして、
時折エスニック好きな人が食べたいメニューをリクエスト。
バイ貝糀漬けと生麩のゴルゴンゾーラはアイディアと旨さに唸った。
b0089578_14540114.jpg
ラオス風チャーハン、雲丹のパスタ、アワビの肝のパスタ、汁なし甘海老ソーメン
どれも各2、3皿づつ頼んでいるのに手際よく出てくるのがすごい、パスタも美味しかったな~。
お隣には旅館や近くに宿泊施設もあるので主計町の町屋で趣きありながら気軽な居酒屋メニュー、お勧めですよ。


# by sukatan_queen55 | 2018-12-14 22:54 | 石川(金沢) | Comments(0)