石川(白山市):中華そば 響(ひびき)「冬味噌中華そば」

b0089578_09465431.jpg
今シーズンほど鍋料理が食卓にのぼらなかった冬はなかったかも。

IH卓上ヒーターとカセットコンロが一度に壊れてしまい、ポイントでコンロを申し込んだものの
到着に一か月以上もかかったのでその間は無いし、きてからも頻繁に作っていないし。

冬が終了したら鍋熱は下降ぎみになるので、何かこう意欲を沸き立てるエスニック鍋でも作ろうかな。

それと似たような感じで冬限定で登場する味噌ラーメンも殆ど食べていないな、と。
そんな思いを抱きながら冬の名残となる味噌ラーメンを食べに中華そば 響(ひびき)

・冬味噌中華そば(+煮玉子トッピング)

表面に覆われた真っ黒なマー油が特徴のスープは魚介の風味を消さない程度の味噌加減に、
マー油のコク深い香ばしさが際立つ、めちゃんこ(死語?)好みなスープ。

ガチ味噌な味噌ラーメンが苦手な私、各トッピングとのバランス具合にも雷鳴が轟く。
フライドオニオン、海苔のそれぞれの味の変化があって楽しく食べ進められます。
他、メンマ、ネギ、チャーシュー、胡麻、+煮玉子。

麺ってこんなに太麺だったっけ、食べごたえがあるコシのある麺をワシッとな、美味しいよ。
過去、何度か食べてるけど絶賛してる冬の定番でした。。。


# by sukatan_queen55 | 2019-02-09 23:48 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(片町):季の肴 雨㐂草(うきぐさ)

b0089578_14200711.jpg
いつもの仲間内で定期的に開催されるバミューダ会(食べ物がいつの間にか消える!という意)
昨年末から幹事2人の間でカラオケ熱が高まってはいたが、年末はスケジュールが合わずに年明け待ち。

各新年会も収まってきた2月初めにカラオケバミューダ会を開催することになりました。
カラオケバミューダとはっ!!その名の通りカラオケに比重が置かれるバミューダ会のこと。

カラオケがスムーズに行われる様に場所・時間・お店などを予め考慮して事を進める。
満足感を得られると思われる3時間を基本とするので宴会時間は早め(今回は18時)。
場所はカラオケ会場(片町)へ徒歩圏内の近場。

アラカルト注文できて前から行きたかったお店をピックアップして決まったのが季の肴 雨㐂草(うきぐさ)
前に通りかかった時にお洒落だなぁって思っていたけど、その時は石に彫られた店名が読めなかったという。

場所は片町スクランブルから元車交差点への途中の長町交差点辺りの右側にあります。
片町もこの辺りまで歩いてくると静かですね。

外から拝見しただけでも和を意識した小物が飾られていてとてもこじゃれた雰囲気だけど店内もモダンで素敵。
長いカウンターにはおばんざいがところ狭しと並んでいるカウンターメインのおばんざい割烹。

数人座れるテーブル席が2つほどありますが、私たちは5人だったのでテーブル席でした。
メニューは海鮮中心の単品料理でおばんざいならすぐ出てくるということでまずはそちら中心に。
b0089578_14201259.jpg
ポテサラ、甘めの卵焼き
黒胡椒がアクセントになったベーコンと卵入りのポテサラはひきしまって大人の味。
甘めの卵焼き大好き♪私が頼みました。
b0089578_14201778.jpg
能登かきと舞茸のオイル煮
牡蠣のオイル煮は私もコストコで購入してドーンとまとめて作ってちびちび食べるほど結構食べてます。
旨みの塊というか牡蠣のオイル煮はお酒に合うんですよね、茸も。
b0089578_14202350.jpg
いわしの梅煮
梅の身がしんなりと柔らかく炊いてあって優しく美味しい。
b0089578_14202955.jpg
バイ貝旨煮
b0089578_14203723.jpg
能登かきの柳川
おおっ!こんな感じできたよ、柑橘を絞って爽やかオシャンティ。
b0089578_14204280.jpg
イベリコ豚と下仁田ネギのグリル
どれも細かい工夫が加えられていて器も小粋、下仁田ねぎトロトロっ
最初5人で後から1人遅れてくると言ってたら、ちゃんと人数分に分けてありました。
結局仕事が長引いて来れなくなったので元の5人に。
b0089578_14204776.jpg
白子天ぷら
b0089578_14205264.jpg
鴨肉とアスパラの山椒炒め
b0089578_14205701.jpg
あじのなめろう
日本酒好きな人がいたから頼んだんだっけ?お酒はビール、日本酒、焼酎、ワイン、ウイスキー、果実酒など。
私は柑橘系の果実酒を飲んでいた記憶。
b0089578_16070286.jpg
白えび九条ネギのかき揚げ、能登塩黒七味
白海老と九条ネギ、どちらも好きな具材で香ばしい海老と九条ネギの甘み、ふふったまらんね。
b0089578_14210333.jpg
目鯛の西京焼き
ほんのり脂がのった目鯛の西京焼きは上品、甘栗の素揚げ付でした。

やはり人数が多いとどんどん頼んじゃいますね、お腹が膨れてきてしまい、最後のシメ(雲丹ごはん)が頼めなかったのが心残り。
2人でカウンターに来ておばんざいをつまみながら1品を待ちつつお酒と共に季節の魚介を楽しむ、
なんてパターンが一番多いのかな、出てくるものが美味しくて頼み過ぎました。

この後が本番のカラオケバミューダ会、海外旅行からの空港からカラオケBOXに直行してきた強者もプラス。

事情により20代の若者たちとカラオケに行く機会が何度もあるんですが、
聴くのは基本洋楽ばかりだし今流行りの歌謡曲とか知らないんで空気のズレが半端ないんですよねぇ~
岡村靖幸×DAOKO歌ってもあんまり反応ないし・・・これでも気を使って新しい曲だぞっ。

それに比べてバミューダメンバーは多少の誤差はあるけど年近ばかりなので、全く知らないアーティストばかりじゃない。
それぞれが持っている懐かし青春ソングを胸アツしながら歌う皆を見るとほっこりします。

胸キュンな青春レトロソングの札は私も持っていますが、それは歌うものが無くなってきた最後の手段。
今回はジョジョ5部の主題歌(出たよ・・)、マキシマムザホルモン(叫びまくり)、嘉門達夫(一応懐かし系)とか・・
後、ここ数年の間、私の中でヒットした曲(万人にヒットしたとは限らない)。

皆の反応は「・・・」、今回は私が皆との空気のズレを生み出していたのか。
でも何を歌っても気を使わないメンバー(最初頭おかしいと言われた記憶)とのカラオケは癒しホルモン出ますわ。

3時間コースを選んだらフリータイムになり朝まで歌って自由なのですが、
0時をまわった辺りでそろそろ・・と言い出すのが年齢オチ。
明日の健康を考える健全なカラオケ会、またやりましょう!


# by sukatan_queen55 | 2019-02-08 22:21 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(安江町):麺屋 白鷺「牛ホルモンとさんま節そば」塩

b0089578_16433679.jpg
東京での帰り際にいつもの上野のアジアンマーケットでレモングラス、ホムデン(タイの赤たまねぎ)、
カレーリーフなど全てフレッシュな素材を手に入れ、自宅でエスニックご飯を繰り広げていた数日間。

不思議なことにインド料理は時期を問わず食べたい欲が湧くのに、
タイ料理は暑い時期に無性に食べたくなって寒い時期はそんなに..なんですよね、まぁ作って食べたけど。

遠征すると必ず体重が増えるので、帰宅後は野菜多めのエスニック料理などでカロリー減らし術を心がけてます。
と言ったそばから相反する行動、汗かいてすっきり素直に帰れないジムアフターラーメン、麺屋 白鷺

・牛ホルモンとさんま節そば(塩)
あんまり見かけない組み合わせですよね、ホルモンと煮干しラーメン。
だがホルモンヌの私としては即座にピクッ!と反応させざるを得ないっ!
塩と醤油の2パターンあって、いつもは醤油だけど今回は塩にしてみました。

上にプヨプヨ浮いてる牛ホルモンはシマチョウ、大好きな部位・・・脂身が愛おしい。
他は背脂、玉葱みじん切り、小松菜、ゆず、海苔、糸唐辛子、メンマ。

スープを塩にした分、さんま節の仄かな煮干しの風味が素直に分かります。
背脂とシマチョウの脂のお蔭でコクがあって、スープの熱さでとろける脂身で少しづつ旨みが強くなる。

麺はいつもの細麺、ここの麺好きなんですよ。
そしてどんな時にも柚子忘れないのね、お前正気に戻れよ!みたいな。

美味しかったです、これはホルモン魂に火を注いでしまったかも。。。近い内に行かなくては。


# by sukatan_queen55 | 2019-02-07 23:28 | 石川(金沢) | Comments(2)

東京(池袋):すずめや(どら焼き)、「ジョジョ」5部、ギャングのいるリストランテ・J-WORLD TOKYO

b0089578_14544722.jpg
毎回行く度に意外と迷う東京土産、大体は行動範囲内にあるお店を予めピックアップしたり、
帰り際に東京駅(今回は上野駅)でさっと調達してるのですが、今回は池袋。

20年位前にバーガーキング食べたとかパキスタン料理に行ったとか、頻繁に訪れる場所でないことは確かだが、
お土産と言えば私の好きな「どら焼き」を販売する和菓子の名店、すずめやが思い浮かんだ。

「うさぎや」に「すずめや」「亀十」とか店名に小動物系が多いイメージがあるどら焼き。
池袋駅駅東口を出て南池袋側へと7分ほど、通り過ぎてしまいそうな狭い間口。
人気なので売切れ御免だけど予約もできます(取り置き分の数は決まっているそう)
b0089578_14545269.jpg
綺麗なキツネ色した生地はふんわり膨らんでいてしっとりとして柔らかい、
餡は粒粒具合が瑞々しくって甘さ控えめで、生地の甘さとの兼ね合いが絶妙なコンビネーション。
素直で王道な美味しいどら焼き、ふかふか具合がかなり好み。
日持ちしないので家と親戚の分だけ購入、家では夫は1個・私は3個ぐらいの割合でいつも食べてる(どら焼き好きの比)
b0089578_15415844.jpg
さて、東京に向かう数日前のこと、
ネットを何気なく観覧していたら、「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」をモチーフにしたイベントが、
1月16日~2月17日まで東京・J-WORLD TOKYO(Jワールド東京)にて開催されているのを発見。

前にも書きましたが、90年代にリアルタイムで週間少年ジャンプを読んでいた時に、
イタリアが舞台でギャングの抗争を描いたジョジョの5部に見事にドハマりしてからの20年愛がありまして。

それ以前に「ゴットファーザー」シリーズ、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」「アンタッチャブル」など
イタリアンマフィアや禁酒法時代、他マフィア映画に傾倒していたという土台もあって、
イタリア・マフィアというキーワードと面白いバトルストーリーが見事に一致して胸に突き刺さっていたの。

又5部が終わった辺りと言えば、私はセリエAをよくTV観戦していたもんで(デルピエロ・ユベントス好き)、
サッカー観戦するためイタリアへドタバタ個人旅行というイタリアにすっかり浸かっていた時代だったなぁ~と。

その後、情熱はトーンダウンしてしまったので、ベースにジョジョ好きは保ってたけれど興味は他への向けられ、
1部~4部までのシリーズのアニメは観ていたけれど割と淡々としていた気がする。

が、大好きな5部が10月からアニメ化して、BDレコーダーも買い換えてから情熱は震えるほどヒートアップ。
漫画アニメに興味なし&ジョジョを全く知らない夫にアニメを毎週見せるという一方通行な愛を押し付けています。
キュアーを始めとするニューウェイヴ系も無理やり聴かせたりしないからこりゃ相当なもんだ...

前置きが長いんですが、その「J-WORLD TOKYO」というのは「週間少年ジャンプ」作品をモチーフとしたテーマパークで、
そこで5部の「ギャングのいるリストランテ」シアター型アトラクションに、池袋行くがてら寄ってみようと思ったのです。

で、「J-WORLD TOKYO」ってどこよ?と探したらサンシャインシティ・ワールドインポートマートビル3階。
行ったことはないけれど2階にはナムコ・ナンジャタウンもありますね。
どら焼きを持ってテクテクと向かうと、「6年間ありがとう」の文字が・・え!?ここって後数日で閉園なの?

パーク内は作品の世界観で遊べるアトラクションとかフードコート、グッズショップなんかがあって、
私服で友人と数人で来ているグループや外国人観光客などと意外と子供は少なかった。
そんな中にスーツ姿の熟女がうろうろしている姿はシュールというか違和感ありあり・・・アリーヴェデルチ。
b0089578_15420366.jpg
とりあえず「ギャングのいるリストランテ」をやってるに行こうと、歩き回っていたらジョジョのゲームらしきものをやってる。
ネットのイベントの詳細をちゃんと読んでいなかったのでこのゲームの事把握していなかったわ。
どうやらチケットを購入してミニゲームに参加すると、上の見本にあるような景品が貰えるみたい。

むむっ、この中から欲しいのは・・・私はミスタが大好きなのでミスタのポストカードだけかな。
デフォルメされて可愛くなったキャラは興味ないし、缶バッチもフーゴのフォークも別に。
あ、ブチャラティのポーチはちょっと欲しいかもしれぬ(当選率低そう)
折角来たのでミニゲームに参加しようかな~と、しかしここに並んでいるの女の子ばかりですよ。
b0089578_15420809.jpg
まず初めに、ギャング入門のエピソードをモチーフにしたミニゲーム「ジョルノのギャング入門」。
画面の前に大きめのライターがセットされていて、ボタンを押してくださいと言われて押す。
水に濡れたライターが映し出されたと思ったら、はい!終了~って、え!?あっという間ね。
景品はミスタのポストカード、これ外れ系?でもミスタだったからわ~~い♪
多分違う場面(ライターの火が付いた)だったら、もっと上の商品だったのかな。
b0089578_15422133.jpg
お次はブチャラティのスタンド、スティッキーフィンガーズをイメージしたミニゲーム「ブチャラティのポルポの遺産を狙え!」。
ってか、これの形はカプリ島のトイレの便器じゃないかー!
先程からうら若い女子たちがかわるがわる小便器に手を突っ込んでらっしゃる。
このゲームは、ジッパーで開かれた穴に手を突っ込んで、小便器の裏の壁の中に隠した遺産(ボール)を3つ取りだし、
その組合せで景品が貰えるのだ、こちらの方がミニゲームっぽいですね。
私の景品はナランチャのポストカードでした。
b0089578_15422585.jpg
一番肝心の期間限定のシアター型アトラクション「ギャングのいるリストランテ」。
カフェで紅茶とクッキーを楽しみながら、映像が流れ作中の場面の1人となったかのような体験型アトラクション。
アニメに出てくる例のリストランテの入口、中にはテーブルが幾つかあって2つのストーリーから選んで体験することが出来る。
時間は10分ほどでアトラクションが終わるまで中は撮影不可なので映像の写真はなし。
b0089578_15422878.jpg
映像はブチャラティの仲間たちがリストランテで話しているシーンにオリジナルのやり取りが追加されているので、
声優さん好きな人にはお勧めで、映像自体は止まっているので紙芝居の様なイメージ。
紅茶は紙コップ、ちょっと情緒がないような・・・10分程度のアトラクションにいちいちカップを洗うのも大変だろうけど。
テントウムシ柄の入ったクッキーとコースターは持ち帰れます。
コースターの柄はブチャラティでしたわ。
b0089578_15423255.jpg
アトラクション終了後に撮影可になったので、スクリーン隅に置いてあった小道具たちをパチリ。
ミスタが大好きなイチゴケーキが4つ、ナランチャがお勉強していた掛け算のノート、
フーゴがナランチャにぶっ刺したフォーク、ティーカップとティーポットはアバ茶でしょうか。
ピストルズ、そんな場所にいて大丈夫か!?ティーカップにいたのはNo.6とNo.3、これはかわゆい。
b0089578_16252140.jpg
最後に記念としてグッズ販売コーナーで一番使えそうなクリアフォルダーを2つ買いました(ブチャラティとジョルノ)。
ムンク展で購入した「叫び」のクリアフォルダーもあるので(仕事には使えんな)、
パッと見おやぁ~と思われるものばかり。料理教室とかに持っていこうっと。
ちなみに夫にここに行ったことは黙っているので・・・・い、言わないでね(震え声)。


# by sukatan_queen55 | 2019-02-05 23:31 | 東京 | Comments(2)

東京(上野):馬山館(マサンカン)東上野コリアンタウンで焼肉ホルモン oishii

b0089578_14382819.jpg
ランチタイムは上野で。
都内最大のコリアンタウンである新大久保よりも歴史が古く、戦後まもない頃からある東上野コリアンタウン。
JR上野駅と御徒町間位にあり、アメ横通りから首都高1号上野線を越え1つ入った通り。
本場・韓国の味を地道に通してきた「キムチ横丁」の真ん中辺りにある馬山館(マサンカン)
b0089578_14383385.jpg
外観・店内ともに年季を感じさせる、壁の上には芸能人による色紙が沢山飾られています。
テーブル席と小上がりにそれぞれ4名2つづつ、二階にも席があるようです。

お昼は「ばらかるび(又は中おち)ランチ」と「はらみランチ」がg数別に提供されているが、
「通常メニューもあります」という1文を見逃さず、というかそれを調べてここに来ている。
b0089578_14383862.jpg
キムチ
適度なシャキシャキ感のある少し甘めの自家製キムチ、うんまい。
気に入ったので食事後にお土産用としてテイクアウトしちゃいました。
b0089578_14384404.jpg
ほるもん五点盛り
大腸、みの、蜂の巣、千枚、コブクロと甘辛いタレに漬けられたホルモンたち。
歯ごたえ抜群でホルモンヌとしてはこれから始めねば。
b0089578_14385111.jpg
かるび
柔らかくて脂の甘みと旨みがのっかったカルビ。
b0089578_14385758.jpg
はらみ
カルビよりも熟成感漂うハラミ、脂は少なめのヘルシーさと野趣溢れる味わい。
b0089578_14390567.jpg
しまちょう
壁には「たんすじ」「げた塩」「三角バラ」と未食のものも気になったけれど、
最後はやはりホルモン(大腸)で〆る、サイコ―だ!
b0089578_14391218.jpg
ガスのロースターで煙がモクモクと、時々入口の扉を開け放っていたのは換気の関係かな。
こうなることは予想できていたので45ℓビニール袋をちゃっかり鞄に用意して、
上着やコートを焼肉フレグランスから守る。
お肉はどれも予想以上に美味しかったです、便利な立地に懐かしい雰囲気と美味しさを兼ね備えている。
b0089578_14405909.jpg
角の鮮度の良いホルモンが買える精肉店や韓国料理店、雑貨店、などが並んでいるストリート。
周りには新しい高層マンションやビジネスホテルが立ち並んで、昭和な風景との差が垣間見えるのも面白いです。


# by sukatan_queen55 | 2019-02-04 23:45 | 東京 | Comments(0)

東京(大森):ケララの風モーニング(南インド)「ティファンセット+マサラオムレツ」 oishii

b0089578_11284690.jpg
翌日の朝食はかねてから行ってみたかった大森駅近くのケララの風モーニングへ朝ごはんを食べに。
私がこの店を知ったのは「ケララの風Ⅱ」の頃で、南インド料理に魅せられた沼尻さんはインドでの経験を基に
まだ南インド料理店が一般的じゃなかった時代から、南インド料理ミールス&スパイスへの普及に貢献し続けたという方。

しかし地方在住の身なのでたまの東京、しかも出張時には大森駅方面には用事がない事が多くて、
ついつい後伸ばししていたら2018年11月に「ケララの風Ⅱ」が閉店(ミールスとビリヤニの提供を中止)。
ズガーン!と頭を打ち抜かれていたら2019年1月11日より同じ場所で「ケララの風モーニング」スタート。

営業日は金土日月、営業時間が6:46-12:46と早朝からお昼までの
喫茶・軽食類(サンドウィッチ・ティファン)のお店に生まれ変わったの機にやっと行く決心をしました←遅い
JR京浜東北線大森駅中央口から徒歩7分ほど、ウィロード山王商店街の通り沿いにあります。

メニューはサンドウィッチのセット2種、ティファン(南インドの軽食)のセット2種の全4種類で、
後はマサラオムレツが付いているかいないか、ドリンクはコーヒーor紅茶(チャイ)で選べる。
サンドウィッチの中身はきっとマサラっぽいんだろうな、と気になったのだけどここはティファン一択。

b0089578_11285075.jpg
ティファンセット+マサラオムレツ
・トーレン
・ワダ(丸いドーナツ状)
・イドゥリ(インドの蒸しパン的な)
・サンバル
・ココナッツチャトニ
・ラッサム
・マサラオムレツ
・飲み物(コーヒー又は紅茶)

キャベツのトーレン、私はよくポリヤルを家で作りますが「トーレン」と「ポリヤル」の違いは
州によって呼び名が違ったり、炒めるだけなのとちょっと蒸しの工程が入るところらしい。
キャベツに豆にココナッツ、消化がよくて胃に優しい炒め物。
丸いドーナツ状のワダ、ふわっとさっくりして熱々でワダ好きにはたまらない~。
優しいココナッツチャトニを付けたり、単体でも旨し。
マサラオムレツはほんのりスパイシー。

ここのラッサムは酸味は控えめでサンバルも野菜の風味がするマイルドな味付け、全体的に優しげな印象。
昔行った三ノ宮のクスムというインド料理屋さんを思い出しました。

あそこは北インド家庭料理なので料理は全く違うのですが、塩分も油分も控えめであっさりしていて、
まさに家庭料理と言った感じだったのだけど、こちらのティファンも毎朝食べられるような味わい。

私も昔はレストラン系のコクのあるリッチな味が好きだったけれど、最近はあっさりめなのも好きです。
b0089578_11285532.jpg
セットは紅茶(チャイ)、甘いのが好きなのでスウィート。
b0089578_11285956.jpg
店内にマサラワーラー の武田尋善さんのイラストによる「おやぢギャグかるた」を発見。
元ネタは沼尻さんなのですね、店内で販売しています。
b0089578_11290433.jpg
壁にはあちこちにかるたの原画画像が貼ってありました(最初何かと思った)
洒落的なことを真剣に取り扱って商品にまでしてしまう流れ、とても好きです。


# by sukatan_queen55 | 2019-02-03 23:39 | 東京 | Comments(0)

東京(赤坂):江戸前鮨 英 (ハナブサ) oishii

b0089578_11481704.jpg
夜は去年伺ったミッドタウンの裏側にある赤坂の江戸前鮨 英 (ハナブサ)に再訪。
ミッドタウンのグリーン&パークから港区立檜町公園にかけて都会の緑陰といった感じですが、
その下の英さんがある通りもメイン通りの喧噪から離れた静かな通りで隠れ家的な場所。

御主人は江戸前鮨の老舗「美家古鮨本店」(みやこすし)さんで長年修業をされてこの地に2015年3月にオープン。
店内は数寄屋風の真っ白で清涼感ある空間で、カウンター8席の他に奥には6席のテーブル個室があります。

b0089578_11482358.jpg
最初の1杯は大抵 梅酒ロックから始まります。
その後は日本酒、どんなタイプのものがいいか聞かれて色々出してくれました(写真なし)
覚えているのは吉村秀雄商店の「車坂」という生酒。

さて、そこまで酒飲みじゃないのだけれど、次々と旨い酒のアテが出てくるんです。
最初はイカの塩辛。
b0089578_11482787.jpg
河豚の皮の煮こごり、上品なゼラチンはコラーゲンたっぷりで食感もいい。
b0089578_11483112.jpg
数の子
b0089578_11483639.jpg
生姜の佃煮
さっぱりしているのに濃厚に煮込まれているとても気に入った酒のつまみ。
b0089578_11484154.jpg
白子
b0089578_11484652.jpg
能登のナマコ
改めて能登はナマコの名産地なんだなぁと、でもこれはいつも地元で食べているのとは違う赤なまこ。
いつも食べているのは青なまこ、一般的に赤なまこの方が高価で取引されているみたいですね。
硬さは青なまこの方がカッチリして赤なまこは硬さはあるけど程よい弾力も。
b0089578_11485177.jpg
鮟肝
御主人が味に自信ありと勧めてくれた鮟肝、濃厚で柔らかくて味が絶妙。
b0089578_11485698.jpg
これだけは何か忘れてしまいました、日本酒が止まらなくなる味。
b0089578_11490155.jpg
潮汁
スーッと染み入るように上品な魚の出汁でとった潮汁。
b0089578_11490779.jpg
この日のマグロは津軽海峡の竜飛岬のもの、数日前にFBにて入荷と書いてあったので期待度∞。
口に入れるととろける脂のノリ、でも脂の質なのかしつこくなくて甘い・・めちゃハートマーク。
b0089578_11491276.jpg
こはだ、スミイカ
シャリはふわふわで温かく柔らかめ赤酢は優しめ、イカがねっとりとした弾力で噛めば噛むほど甘みが出てくる
b0089578_11491810.jpg
平目
b0089578_11492456.jpg
雲丹
前も食べて絶品だった雲丹、軍艦ではなく海苔なしの握りなので崩れないようにすぐに口へ運ぶ。
舌の上でとろける甘く濃厚な味わい、とにかく甘みが格別だった。
b0089578_11493130.jpg
赤貝
b0089578_11493784.jpg
穴子
こちらも前に食べて美味しさが記憶に残っていた穴子。
ふわふわとろ~りシャリもネタに合わせてあると言う通り口の中でほどけていく。
b0089578_11494189.jpg
鉄火巻き
絶品続きの最後のお店の名物は鉄火巻き、今回は上の竜飛岬と同じもの。
海苔の香りとくしゃっと溶ける鮪とシャリの一体感、美味しすぎ!
お腹の都合がよければお代わりが食べたくなる。

2年前の手術にて大食いを卒業してしまった私にとって、お鮨屋さんにて怒涛の様に
つまみと握りが出てくるのが決まっている大量お任せコースだと最後にどん詰まりしてしまう。

ここの御主人には沢山食べれないと先に話した上で、加減をしてくれてもらってとても有り難い。
でも、絶対に食べてもらいたいネタはあるわけで、それを食べれるだけの残りのスペースは私も考えながら。
ゆっくり食べれば消化していく分、実は結構食べていたりするんですけど。

御主人の物腰柔らかでネタの説明も丁寧に教えてくれたりと、居心地がよくって落ち着く雰囲気が何より好き。
再訪出来てよかったけど今度またいつ行けるだろう。



# by sukatan_queen55 | 2019-02-02 23:50 | 東京 | Comments(0)

東京(六本木):イデーカフェ パルク・東京ミッドタウン店「ホットチャイ」

b0089578_16154039.jpg
夕方の東京ミッドタウン、宿泊先がこの近くだったんですよ。
ちょっとお茶でもと思ってミッドタウン、スタバじゃ金沢と変わらんしとイデーカフェ パルク・東京ミッドタウン店

インテリアショップIDEEに併設されているカフェで、ショップの奥にあるので店内に入らないと分からない。
ちょうどギャッベ展をやってて、玄関マットになりそうなすごく細かく良い柄の絨毯を見つけたけど、
お値段が流石のエクスペンシヴッぶりだったので、さっさと諦めて席につく。
b0089578_16154613.jpg
中のテーブル席よりも外のテラスの方が広いし、下までの吹き抜けが気持ちいいけど季節は冬なので寒いから中で(人いたけど)。
オレンジ×チョコ×コーヒーのホットドリンクが限定になっていました。
頼んだのはチャイ、スパイス香るティーミルクに寒さも和らぐ。
器やアクセサリーなど雑貨類を眺めるのも楽しいし、コーヒー以外にもソーダ類や軽食もあって意外と穴場カフェなのかな?
また利用すると思います。



# by sukatan_queen55 | 2019-02-01 23:45 | 東京 | Comments(0)