東京(新宿):Paul Bassett 新宿 (ポールバセット)

b0089578_16305204.jpg
新宿の高層ビルの狭間にてコーヒー休憩を試みる
新宿野村ビルの地下1階の飲食店フロアにあるPaul Bassett 新宿 (ポールバセット)

バリスタ世界チャンピオンのポール・バセットが手がけるカフェ。
やたら賑わっていると思ったら、お隣のサルバドーレ・クオモとフロアが一体となっており、
オープンとも言えるけれど時間帯によってはちょっと落ち着かないかな。
b0089578_16344984.jpg
コーヒーだけにしようと思ったらイタリアンジェラートが目に入ったのでそちらも注文することに。

アイスカフェラテは濃厚なエスプレッソにミルクのコンビネーション。
ジェラートはハーフ&ハーフでフラーゴラ(イチゴとミルク)とレッドメロン
パリッとしたワッフルの中に入ったジェラート、メロンはシャーベットでフラーゴラはイチゴの果肉が入ってました。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2018-06-27 23:47 | 東京 | Trackback | Comments(0)

東京(大久保):SPICY CURRY 魯珈(スパイシーカレー ろか)「ろかプレート・ラムカレー(ビンダル風)」」

b0089578_16342102.jpg
いつも車通勤な私が東京へ行くと翌日必ず筋肉疲労に襲われる。
歩くのが当たり前の都会で必需品と言えば歩きやすい黒のローヒールパンプス。
これだけは買う時に歩きやすいか入念にチェックしますよ、もう何代目になるだろうか。

今回も歩く歩く、同じ駅構内と中とは言え新宿駅の端から端まで歩くと、結構距離があるなぁと。
決めていたランチ場所は新宿西口から徒歩12分、大久保駅の方が近いが歩きました。
前から気になっていたカレー好きがこぞって行く人気店、SPICY CURRY 魯珈 (スパイシーカレー ろか)

行列すると分かってはいたけれど所用により開店時刻ジャストに到着、
ビル1階の入口から行列が地下の階段下まで続き更に上ってくるというもの凄さ。
店主さんがお1人でやっているそうなので仕方ないですね。
b0089578_16342528.jpg
スマホとお友達になりながらようやく入口付近まで近づき、そこからは壁に貼ってあるメニュー表をがん見。

ろかプレート:真ん中に魯肉飯、周りに好きなカレーをかけるあいがけワンプレート。
選べる2種カレー:お好みのカレーを2種選ぶ
単品カレー&ライス

カレーの種類は魯珈チキンカレー、ラムカレー(ビンダル風)、クリーミィ野菜コルマカレー、限定カレー
限定のカレーは黒板に「ラムジンジャートマトカレー」とありました。

ラム好きとしては、選べる2種カレーのラムカレーとラムジンジャートマトカレーの
ダブルラムにするか迷ったのですが、初回ということで基本のろかプレートに心は決まった。

若くて綺麗な女性店主さんが案内してくれた場所はちょうど店主さんの目の前。
b0089578_16343714.jpg
ろかプレート:ラムカレー(ビンダル風)

真ん中のターメリックライスに魯肉飯(るーろーはん)がかかっていてゆで卵。
その周りをラムカレー、さらに玉ねぎのアチャール、マスタードオイル高菜、サラダなどおかずが付いています。

ラム肉は一晩マリネしてあるそうで生ラム肉を使っているからか軟らかく、
ほんのり酸味があってかなりスパイシー!ビンダル―ということはゴア風ですね。

ラムの旨みと複雑なスパイスのバランスが上手くマッチしていて、噂に違わずとっても美味しい。
台湾のローカルフードである魯肉飯はやや甘い味付けで、そのままでもカレーと混ぜて変化させても面白い。

ふと横の壁の貼り紙に目を移すと、店主さんは髭鬚張魯肉飯(ひげちょうるうろうはん)でバイトしていた経歴があるとか。
なんだってーー気になっていたお店だけどその情報は知らなかったわ。
だから魯肉飯(るーろーはん)なのだね。

東京に店舗があった頃だろうけど(現在は石川県野々市市内に2軒残すのみ)、
関係者である某K氏を知っているか尋ねたところ、当然知り合いでひげちょう時代を懐かしがっておられました。

カレーは「エリックサウス」で修業したそうで
自分の経験値を活かしてこんなに美味しいカレーを作れるようになるのは素晴らしい。

平日のみはハードル高いけれど、また再訪したい美味しさでした。


[PR]
# by sukatan_queen55 | 2018-06-26 23:03 | 東京 | Trackback | Comments(2)

東京(阿佐ヶ谷):カフェ ソラーレ ビーンズ(阿佐ヶ谷店)でモーニング


b0089578_16253394.jpg
お土産に阿佐ヶ谷うさぎやでどら焼きを手に入れる為に、朝早くから阿佐ヶ谷駅に移動。
オープンは9:00からなので、その前にモーニングで腹ごしらえをとカフェ ソラーレ ビーンズ(阿佐ヶ谷店)

阿佐ヶ谷駅の駅ビルの2階にあるPRONT系列のカフェ。
早い時間帯でモーニングを食べている人が大半。

・半熟卵のデニッシュモーニング

半熟卵のせデニッシュパン、サラダ、ヨーグルト、ドリンク(カプチーノ)のセット。
デニッシュパンの周りにマヨネーズで壁を作って、その中に半熟卵、ベーコンを置いてトーストしてある。

パンの周りをマヨネーズで囲うアイディアが、約30年前の記憶を呼び起こしたっ!!
クッキングパパ1巻のエッグトーストをシンプルに再現したようだわ。
実際、この当時レシピを再現して自宅で作って食べたもんです。

これを手に持ってザックリとかぶりつくには、半熟卵の黄身が生過ぎてかなりリスキー。
卵を崩したら液状の黄身がどろ~っと流れおちたもの、ナイフ&フォークで食べて正解でした。
にしても半熟卵とマヨネーズの相性は半端ない。

残念ながらカフェソラーレビーンズ阿佐ヶ谷店は2018月5月18日に閉店したようです。

そしてその後に阿佐ヶ谷うさぎやに向かうと定休日だった。。。



[PR]
# by sukatan_queen55 | 2018-06-25 23:15 | 東京 | Trackback | Comments(0)

東京(新宿):エロうま野菜と肉バル・カンビーフ(新宿東南口店)

b0089578_16315450.jpg
東京の夜、1日目はお一人様だったので友人にお誘いをかけました。
前のブログを含めて長~いお付き合いのkasumixさま です、お久しぶ~り~ね♪

お店は新宿東南口を降りて新宿フラッグスの目の前、エロうま野菜と肉バル・カンビーフ(新宿東南口店)
流石新宿駅前だけあって上から下まで飲食店が並ぶ密集地帯、ここは地下2階です。

それにしてもエロうま野菜とはなんぞや!?意味深なネーミングを検索してみると、
農業論を展開している久松農園の久松達夫さんの著書に書いてある
やみつきになる力強いうまさ、思わず身体が欲してしまうようなヤバい野菜がそうらしい。

本能的に欲するところがエロで表現されているのですね、何となく分かる。
このお店は茨城県の久松農園直送の有機野菜が食べられるのです。

しかしネットメニューにエロうま人参が身体に沁みる!などお店としてキャッチフレーズ的に強調すると
くすっと笑ってしまうのは仕方ない。
b0089578_16315848.jpg
かすみ様は升を下に置いたスパークリングがつるつる1杯それ以上、私は果実酒のロック。
お通しはキャラデザなバケットにキャロットラペなど。
b0089578_16320614.jpg
エロうま野菜のバーニャカウダー
きたっ!噂のエロうま野菜、パプリカの切り方が斬新、大根の切り方もダイナミック。
バーニャカウダーソースにつけて食べる大根が瑞々しい、里芋は珍しいですね
b0089578_16321289.jpg
ベーコンの薫製
ちょいとしたおつまみの燻製は香りがかぐわしいです
b0089578_16321786.jpg
ホルモンフリット
このあたりのチョイスはホルモンヌらしい、カスミXさまもホルモンヌだったのかしら
カリッとして中がジュワッとお酒に合いますね

b0089578_16322168.jpg
熟成赤身肉ステーキ
お肉は北十勝ファーム直送の熟成短角牛、赤身なんだけど程よく脂ものっていたと記憶。

他にも霜降り肉にハラミ、ローストビーフ、ビーフハンバーグ、肉寿司と肉好きにはたまらないメニューが揃ってて、
厳選したお肉の割には意外とリーズナブル。
赤身肉を一頭買いしているからお手頃価格にて提供できるのですね。

おしゃべりに夢中になっていたら、いつの間にかお腹も膨れていました。
胃も大人になったということでしょうか、お互いに年齢と共にアルコールも控えめになったようです。
b0089578_16325985.jpg
まだまだ話し足りない熟女2人は近くのセガフレード・ザネッティ 新宿3丁目店 へ。
エスプレッソドリンクは全てカフェインレスにも対応してくれます(デカフェ派推奨)。

女の人生色々、お互いブログを開始した頃とは想像もできなかった生活になっているよね。
と、延々と近況を話し合い、楽しい時間を過ごしましたよ。
できれば次回は後1人、杏さまを加えて赤い彗星の会を再始動したいものです。
(私が上京して1人で行動している時に限られるのですが)

b0089578_16330355.jpg
カスミXさまと分かれて1人ホテルがある荻窪駅に降り立つ。
肉バルでお腹が膨れてからかなり時間が経っていて、再び何か欲してしまったとしても仕方がないところ。

ラーメンという手もあったのだが、疲労感も感じていたので駅に隣接していたたこ焼き屋さんで
たこ焼きをテイクアウトし、ホテルの部屋で孤独なグルメ化してその日を終えました。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2018-06-24 23:58 | 東京 | Trackback | Comments(0)

東京(新宿):ヴァーヴ コーヒー ロースターズ(VERVE COFFEE ROASTERS)

b0089578_16042107.jpg
その日の用事を終えた後、夜は友人と約束をしていたので新宿へ移動。
最近ご無沙汰していた新宿界隈、そんな南側に新しく出来た商業施設「NEWoMan(ニュウマン)」に
やっと行ってきました、エキソトオンリーだけど。

ロサンジェルスの人気ロースター日本1号店、ヴァーヴ コーヒー ロースターズ(VERVE COFFEE ROASTERS)
浅煎り焙煎のコーヒーが特徴で常時ブレンドが5種、シングルオリジンは4~6種ほど揃っている。
あっという間に鎌倉、表参道にも次々とお店を展開させてます。

ヴァーヴと言ったらリチャード・アシュクロフト率いるヴァーヴかバーブ佐武が思い浮かぶハーフ昭和脳。
この名前ですぐに覚えちゃいました、モダンで直線的な店内はそう広くはない造り。
b0089578_16045304.jpg
ドリンクメニューは本日のメニュー、1杯づつドリップしてくれるシングルオリジン、エスプレッソドリンク、
ティー、コールドドリンク、オリジナルドリンク。
フード類はクロワッサン、パウンドケーキ、グラハムクッキー、ドーナツなどを展開。

カウンターにはハンドドリップのドリッパーがずらりと並び、
コーヒー豆の他にマグカップやTシャツなどのオリジナルグッズも販売。

窒素ガス入りコーヒー「ニトロブリュー」に興味があり豆は日替わりで変わるそうだけど、
デカフェ派の私はやはりそっちへ流れていく。
b0089578_16055922.jpg
バンクーバーデカフェのアイス
コロンビアとブラジルのコーヒーをスイスウォータープロセスによりカフェインレスのデカフェにしたもの。
少し甘みも感じてかなり深みのある味わい。
豆も購入しようか迷ったけど、家にまだ在庫があるので諦めました。
b0089578_16065438.jpg
店内でお土産用に購入したのはドリップパックタイプと代官山のガーデンハウスクラフツの「レモンポピーシードクッキー」
このクッキーがかなり美味しい!と思って調べていたら、
代官山に行かずともガーデンハウスクラフツの店舗がニューマンのエキナカにあるじゃないの・・。
うむ、今度この辺に行く機会があれば買ってこよう。


[PR]
# by sukatan_queen55 | 2018-06-23 23:18 | 東京 | Trackback | Comments(0)

東京(蔵前):タンタンタイガー(汁なし坦々麺専門店)「レディース汁なし坦々麺」

b0089578_16074302.jpg
4月下旬の東京編。

地元金沢と東京の温度差、4月はまだ肌寒いけれど東京は割と暖かく、
スーツで歩き回ったせいか、身体の温めスイッチがオンになり歩く足取りも軽快に。

今回は台東区に用事ありで1人で移動中、当然ながらこの辺りでの事前チェックは外せない。
するととっても私のハートにロックオンしたお店を発見したので向かってみました、タンタンタイガー

都営浅草線 蔵前駅から徒歩3分ほどの場所にある汁なし坦々麺の専門店。
唐辛子の辛さと中国山椒(花椒)の痺れが織りなす辛シビ系が特徴。

辛さ・痺れのレベルが選べると共に、色々なトッピングが選べる。
その中でもパクチー!!でたよ、パクチーをこよなく愛する熟女ならぬパクジョの真骨頂。

お店は大通りにあって12時ジャストで並んでないな、と思いきや中のカウンターは満席(10席)
他に立ち待ちの人もいて、券売機で券を買った後に狭い玄関でちょっと待ち。
b0089578_16074786.jpg
一番の基本は、「汁なし坦々麺(麺200g)」
もう1つが野菜多めでチアシード入りの「レディース坦々麺(麺150g)」
トッピングにはパクチー、トマト、温泉玉子、肉増しなど。

そして辛さと痺れのレベルは3段階あり、
・辛さ
小:辛いものが苦手な人も美味しく食べれる辛さ
中:当店のスタンダード、辛いものが好きな人が美味しく食べれる辛さ
大:激辛好き向けの辛さ、ハバネロ使用の衝撃的な辛さ
・痺れ
小:中国山椒(花椒)に慣れていない方、初めての人におすすめの痺れ
中:中国山椒(花椒)を食べたことがあり、苦手じゃない方が美味しい痺れ
大:中国山椒(花椒)を愛している人向けの痺れ、ものすごい痺れ

辛いものが苦手ではないけれど、辛すぎるのは避けているし、
レビューを見ると結構ヘビーな方が多いのだけど、私はちょっとびびりぎみ。
お隣で辛さ(大)、痺れ(大)を注文している人の器が真っ赤に染まっているんだもの。
b0089578_16075113.jpg
レディース坦々麺:辛さ(小)、痺れ(小)
トッピング:パクチー増し増し、温泉玉子

カラシビを控えめにしてパクチーをマシマシしたら麺が見えないやつがやってきた!!
坦々麺の全容がつかめないけど、端っこにチアシードがかかっているのは見える。
そして温泉玉子を付けたのでこれを投入。
b0089578_16075684.jpg
全部まぜまぜした後のレディース坦々麺。

もっちもちの中太麺にひき肉や干しエビなどが混ざっててタレの甘さは控えめ、
パクチーと水菜が多めなので麺が少ない分の量を解消してくれて、野菜を一緒に食べてるヘルシー感。

もはや私自体がパクチー臭に支配されてるとも言っていいほど
かぐわしい香りに包まれて鼻孔も膨らみ、う~~んティスティ。

辛さ、痺れを控えめにしたせいか辛さは程よい辛さだけれども、痺れは小でもしっかり効いてると思う。
口の奥の方からいつまでもビリビリするので、大だと味自体分からなさそう。

限界は人それぞれだから何ともいえないけど、辛さはもう一段階上げてもよさそうかな。
やはり坦々麺にパクチートッピングは必須、パク女の琴線に引っかかるお店・・また行きたいです。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2018-06-22 23:25 | 東京 | Trackback | Comments(2)

金沢(鞍月):パルティーレ (Partire) イタリアン

b0089578_16222563.jpg
6月初め、いつも行くジムが改装の為にお休みという予定を聞き、
いつもの仲良しメンバーは共通のジムに行っているので、それじゃ皆で何処かにご飯でも食べに行こうか、
と、リクエストを募って決まったのは鞍月のパルティーレ (Partire)

トスカーナ地方の料理とその他の地方の食文化の料理を応用して地元食材をアレンジして提供してくれるイタリアン。

過去にも数回記事にしているけれど3年ぶりかな?お久しぶりです。
ここは安定のグランドメニューがあるけれど、本日のお勧めメニューの数が20種類以上あって
どれも魅力的なので結局ほとんどお勧めメニューから選んでしまうという結果になる。

種類も量もある「前菜盛り合わせ」がお勧めだけれども、こちらは予約必須になったようです。
今回は予約していなかったので、単品を幾つかチョイスして4人でシェア。

場所柄、運転手もいてそれぞれ酒弱い者が揃った「低アルコール女子会」、
意地でも酒を飲む私は白ワイン(ファルネーゼ・シャルドネ)のハーフボトル。

b0089578_16223401.jpg
石川県産 アナゴのバルサミコ風味 オーヴン焼き
表面がカリッと焼かれた穴子に濃厚なバルサミコソース
その下にひいてある野菜のトマト煮であるイタリアン定番のカポナータ、これもとても美味しい。
b0089578_16224100.jpg
鳥取産 サバのソットオーリオ サルサヴェルデ
ソットオーリオとはイタリア語で油漬けしたもの、魚や肉、野菜などをオリーブオイルで漬けたもの。
程よい塩加減でマリネされた鯖をレモンとバジルソースでさっぱりと。
b0089578_16225983.jpg
自家製のパン
b0089578_16230687.jpg
石川県産 イワシのマリネ
丁寧に皮を剥いたイワシは身がふっくらして新鮮さを感じる旨さ
b0089578_16231438.jpg
福井県産 薫製した飛魚とペペロンチーノのスパゲッティ 七味唐辛子添え
にんにくと薫製の香りがとてもマッチ、気が付けばお魚メニューばかり注文していた。

b0089578_16232231.jpg
アマルフィ風生ハムとレモンのクリームソース タリアテッレ
グランドメニューの中から前も食べたことのあるレモンのクリームソース。
生ハムと柑橘類が入っていてクリームベースなのにレモンの効果でと~っても爽やか。
b0089578_16232907.jpg
オーストラリア産 牛フィレ肉のタリアータ 10年熟成バルサミコ添え
最後はお肉でガツン!と〆る。
赤身肉でさっぱりしていいて肉質はしっとり、これは太らないな、多分。
b0089578_16233633.jpg
本日のドルチェとフルーツ
2皿頼んで仲良く4人で分けました(笑)
トルタチョコラータ、季節のフルーツタルト、クレーマディカタラーナ(半凍りのクリームブリュレ)
b0089578_16234786.jpg
最後はカプチーノ、友人はハーブ農園ペザンさんのハーブティー。

前菜やパスタには新鮮な魚介類を中心としたメニューが沢山、産地表記されていて安心さが伺えれます。
メインにも魚介類はありますが、ローストやステーキ、タリアータなどの豊富なお肉メニューに目が行きました。
大皿の盛り付けがとても綺麗で、フレッシュな素材をシンプルに活かした1皿に仕上がっていて、
どれも美味しかったです!ごちそうさまでした。



[PR]
# by sukatan_queen55 | 2018-06-21 23:09 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

富山(高岡):ラーメンの翔龍 「醤油ラーメン」

b0089578_15483842.jpg
クリアランスセールが近づいて、ポチポチ地獄に陥る直前の先週の週末、
洋服もそうだけど、フライパンや下着など生活雑貨が見たくて小矢部アウトレットへ。

少し前に竜王アウトレットで包丁やグリルパンを買ってきたので、
物欲細胞が刺激されっぱなしな中、衝動買いにならないようにしたい。

で、ちょっと大きめのフライパンが欲しくてヘンケルスやティファールなど見回るも、
重かったり、同じようなの持ってるだろ!と横から茶々入れられたりして購入までたどり着かず。

うちは鉄のフライパンが多くて長くは使えるけど、すぐにこびりついちゃうんです。
とりあえず実物は幾つか確認してきたから、後はネットでお安くなっているのをポチっとかなぁ~

ここに行ったら必ず食べるマルガジェラードのソフトにスタバのコーヒーを飲みつつ帰宅。
少し遡ってこの日のランチはというと、私のリクエストにより高岡市のラーメンの翔龍へ。

富山から移転してきた我楽さんの修業先ということで、行ってみたかった翔龍さん。
もうこの地で30年も営業されている地元で愛されているお店ですね。

・醤油ラーメン
スープは豚骨と鶏がらを主体に野菜と三石昆布、境港産煮干し、醤油は大野醤油と野田醤油。
酸味ともとれる熟成された味わいの醤油が独特。
芯ののこるちぢれた中太麺は自家製麺で、醤油がよく麺に張り付いてる。
濃いめの醤油だけど少し耐性ができてきたのか、全然普通に美味しいわ。

公式ページには富山ブラックをうたっているものの、御主人さんは北海道旭川出身だそうで、
寒さに打ち勝つようなこのラードの厚い油膜は北海道のルーツを思い起こさせる。

旭川醤油ラーメン、残念ながら北海道では札幌で味噌ばかり食べていたので、旭川醤油を実食した人に聞いてみたいわー。
無造作に入れられたメンマと葱、シンプルなラーメンてこんな感じ。

家族連れが多くて無駄がない対応、かまえていない自然体な雰囲気で好きです。
富山県人に伝えると、味噌バターコーン、ニンニクラーメン、辛味噌ラーメンのお勧めが。
次は味噌に決定っぽいな、なかなか富山遠征は少ないけどまた再訪したい。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2018-06-20 23:58 | 富山 | Trackback | Comments(0)