人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

金沢(疋田):バターレバーバインミー、夜の部!パクチー祭り!!

b0089578_14153415.jpg
相も変わらず冷蔵庫にはパクチー常備、今年も花壇にパクチーを育てるつもり満々の完全無欠なパク女です。

去年の8月に疋田にオープンしたベトナムサンドウィッチ(バインミー)のお店、バターレバーバインミー
今までは日中だけだったけど、3月2日から夜営業もスタートしているんです(18:00~22:00)

はやる気持ちを抑えつつ4月下旬にやっと行ってきましたぁ~。
アルコールメニューも用意しているということだけど、今回は私が運転手で我慢する予定。
b0089578_14153958.jpg
セルフサービスのお水。
その下に設置されているレモン水は分かる、しかしパクチーの根っこデトックスパクチー水とは!
どういうことだぁああ、パク女は迷わずこちらに手が伸びる。
パクチーの根はすりつぶしてエスニック料理に使う時もあるので、自分はいつも冷凍保存しています。
b0089578_14154345.jpg
夫はベトナムビールの333(バーバーバー)、夜オンリーのアルコールメニューが色々揃ってて、
パクチー好きとしてはパクチーモヒートだろうけど、今夜は覚悟のノンアル攻め。

ノンアルのシャーリーテンプル(グレナデンシロップ・レモン・ジンジャー)は、
少し甘めですっきりと炭酸が効いていることもあって疑似酔いに丁度良い。
b0089578_14154659.jpg
・えびせん
ベトナムライム塩でいただく揚げたてのおつまみ
b0089578_14155095.jpg
・パクチーオムレツ
パクチーがオムレツの中にぐいぐい入ったオムレツ、上のパクチーは増量してます。
添えてあるアイオリソースを付けて食べるととっても美味しい♡スパニッシュオムレツの様な。

娘さんがスペイン料理店で働いていたこともあり、他メニューには塩ダラのピルピルもあるんですよ。
b0089578_14155451.jpg
・バインセオ
ベトナム風お好み焼きとも言われるバインセオ、めっちゃボリューミー(2、3人前)
米粉とココナッツミルクを使って焼き上げたものでベトナムで習ったそうですよ。
ターメリック色の薄皮がパリッパリッ!こういう状態に焼き上げるのコツがいるんです(自宅での経験上)

中身の具はもやし、海老、豚肉などなど。
これをカットしてパクチー・ミント・大葉などハーブを一緒にサニーレタスなどの葉物でくるんで
ヌクチャム(ヌクマムや酢)に付けて食べる。野菜たっぷりでヘルシー。
b0089578_14155884.jpg
・あさりのフォー
またもや増量して盛られたパクチーに万能ねぎ、赤たまねぎの下は米粉麺。
ライムや唐辛子を加えて、あさりの出汁(身も)がじわじわ染みる優しい味です。
こちらも中々量あったなぁ、2人でシェア。

お昼からのドリンクやバインミーも注文できるのでチョイスを変えて楽しめるのがいいですね。
後、店主さんの楽しい会話も私的には魅力的でしたよ、また行きます!


by sukatan_queen55 | 2019-04-30 23:08 | 石川(金沢) | Comments(4)

金沢(片町):ジョニーのビリヤニ(Johnny's Biryani )「ラムスペシャルビリヤニ」

b0089578_14111009.jpg
去年の秋に東京や大阪で自転車屋さん巡って、これ!と決めたはずだったのに、
今更迷いが生じて未だ購入していない事実。

しかも買い物&フィットネス代わりになるはずなのに、最近絵を描き始めたせいでひきこもりになってる。
やりたいことを優先しているからそうなっているのだけど、いい加減決めるぞ(と心に言い聞かせ)

さて~片町に4月20日、
インドの炊き込みごはん(ビリヤニ)専門店、ジョニーのビリヤニ(Johnny's Biryani )がオープン!
場所は片町きららビルの裏手、勝田ビル4F。

オーナーさんは大学でインド・パキスタン言語を専攻し、海外をバックパッカーで回るうち
インドでビリヤニを巡る運命的な出会いをしたそうです。

去年からオープンの兆しは見え隠れしていたのでお待ちしていましたよ。
夫が夜用事があるというので抜け駆けで1人ディナーに行ってきました。

ランチ:11:30~14:30、ディナー:18:00~21:00
平日ランチ限定にはビーフやエビもあるみたいでが、ディナーはチキンとラムのみ。
FBをチェックしていると限定ビリヤニとか登場したり、今後のメニュー変化も分かりますよ。

・ラムスペシャルビリヤニ
基本のチキン、チキンスペシャルもありますが、羊スキーは迷わずこちら。
マンガ肉!?と思わせるような骨付きラムスネ肉がドドーーン!とのっかっていました。
これがクセがなくホロッとほどけて柔らかい。

赤玉ねぎにパクチー、フライドオニオン、ほろほろバスマティライス。
おお、想像していたよりスパイシーな味付け、ライタをかけながら食べるとより好み。
b0089578_14111436.jpg
追加したチャイは基本スウィート、やはりチャイは甘めがグッときますね。
トッピングにスパイス味玉、パクチー、フライドオニオン、赤たまねぎや、
ソフトドリンクの他にアルコールもあるので、サクッと飲んで食べて~ができますね。

平日ランチに行くのは中々難しいけど機会があれば別メニューもそれぞれトライしたいっ


by sukatan_queen55 | 2019-04-28 23:11 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(昭和町):昌徳園 (しょうとくえん)焼肉・ホルモン

b0089578_09560759.jpg
焼肉ホルモン好きを活火山とするならば、肉の発作マグマって前触れもなく突然ふき出すよね
食べたい欲求は人にも伝染して、この日はそれを何が何でも食べなきゃなりませんなエモーショナル。

ちょうどこの日の私たちはこんな調子だった(スチャダラパー風)
近場の焼肉屋さんで行く確率が高いが、美味しくリーズナブルで何度も予約断られている、昌徳園 (しょうとくえん)

いきなり電話だったがカウンター2名が丁度空いたそうで、スルッと入れた運の良さ。
昭和な内装でロースターモクモクと臭いがつくので、全身洗える服装で向いました。
b0089578_09561364.jpg
タン、せせり(塩)
厚みがありやわらかかったータン、鶏肉だとほぼせせりを注文してますね。

基本メニューからホルモンまで万遍なく揃っている昌徳園、・・・・ですけど、
一緒に来ているのはホルモン苦手な夫(タンとシロのみ可)。

自分用のホルモン注文すればいいだけの話ですが、少食になった現在では
コブクロ、ハツ、テッチャン、ギアラ、ミノなどの部位、それぞれ1人1皿食べきるのは無理。

という訳で一緒に食べられるものを注文、ホルモンだけじゃなくカルビも普通に好きだから。
後で気づいたことですが、ホルモンスタミナミックスを1人で食べてればよかったんだ。
b0089578_09561784.jpg
豚バラ、シロ(タレ)
これを頼まない日はないという鉄板な組み合わせ(私が一番好きなシロ、夫が一番好きな豚バラ)
お肉は塩・タレ選べますが、夫が完全無欠のタレ派でタレ中心。
私はどっちでもいい派でややタレ。
b0089578_09562287.jpg
上カルビ(タレ)
おーかなり脂がのってて美味しそう、えのきとか付いてたんだ。
b0089578_09563508.jpg
野菜サラダ
一応野菜も、他にはわかめサラダ、サニーレタス、塩キャベツ、きゅうり、とまとなどあり。
b0089578_09562638.jpg
テーブルやお座敷で食べるのもいいけれど、2人だとカウンター純情派が一番楽チン。
バイトの男の子たちもいつもハキハキして気持ちよく居心地よし。
b0089578_09564011.jpg
えごまキムチ
シソ科の葉っぱ「えごま」のキムチ、韓国キムチ屋さんでたまに見かけます。
ちょっと独特な風味があるんです。あまり食べれないので注文。
b0089578_09564429.jpg
シロ、豚バラ(タレ)
同じものリターン、大体これが定番です。
b0089578_09564762.jpg
牛バラ(タレ)
上カルビよりもまだあっさりめの牛バラ、夫はこちらの方が好きらしい。
あっさり赤身の牛モモさん好きな人だからね、だが焼肉屋で牛ももはあまり見かけない。
私は脂ギッシュでもあっさりでもどちらもOK、肉ならオールマイティー。

カルビクッパなどの〆メニューもあるが、この日は純粋に肉目当て(糖質オフとも言う)。
帰宅してお菓子食べていたらそれも台無しではあるが。

年季の入った雰囲気がいいしホルモンメニューはどれもリーズナボー(あまり食べれていないが)。
次回はホルモンヌ集合させてここで思う存分ホルモン注文することを心に決めて店を後にした。


by sukatan_queen55 | 2019-04-26 23:33 | 石川(金沢) | Comments(2)

金沢(新保本):麺屋 夕介 「トムヤムクンヌードル」

b0089578_10312294.jpg
朝晩はまだ肌寒さがあるが、花壇のアジサイの新芽はぐんぐん伸び始めている。
同じ様に雑草もすごい勢いで成長し始めたのでお休みの日にまとめて伐採。

ハーブ花壇のローズマリーとフェンネルは冬越ししており特にフェンネルはお化け状態。
黙々と雑草取りしていたらタイムもむしっていたようで、手袋の辺りから香りが・・・あぁっ勿体ない!

毎年、大量使用するバジルと大葉、何故か失敗しがちなパクチーとディルなど苗買ってこなくちゃ。
種から待てない面倒くさがり屋でございます。。。

生えるまで待てない!?パクチーを求めて4月下旬に「きまぐれメニュー」、麺屋 夕介

・トムヤムクンヌードル
これはエスニック好きなら思わず走るでしょう、もちろんパクチー増しです。
あ、もう一度 たっぷり言わせていただきます。食べたのはパクチー増しです。

「甘・辛・酸」の三位一体が特徴のトムヤムですが辛さはそれほどでもなく食べやすい。
麺は専用のコシのある細麺、タイ料理屋さんの米麺より親しみやすいというかラーメン屋さんだからね♪
トッピングはパクチー、もやし、万能ねぎ、チャーシュー、フライドオニオン。

パクチーを添えるだけでエスニックな存在感が増すのが不思議な魔草。
苦手な人には水菜で対応できるそうです。


by sukatan_queen55 | 2019-04-24 22:36 | 石川(金沢) | Comments(0)

富山(高岡市):ザイカ・カレーハウス(パキスタン料理)「平成最後の?ザイカ夜会!」

b0089578_11370880.jpg
いつも富山で開催されているインドorパキスタン料理パーティーのイベントの模様を羨ましく思っていた私。

土日開催だと大抵用事が入ってるし、平日だと心で足踏みしてたんですが(全部いけないじゃん!)、
そんな時にお話しをいただいた4月の月曜夜開催の「平成最後の?ザイカ夜会!」

場所は高岡市のナビ使わないと私は行けない(笑)パキスタン料理のザイカ・カレーハウス

シェフのサクラーンさんがいた頃のカシミールなら2006年辺り?からちょくちょく寄らしていただいてたけど、
ザイカ・オープンしてからは結婚したのもあり縁遠く殆ど行けてない、しかも夜は行ったことない!

という訳で参加ポチして行ってきました。

仕事終わってから現地に即向かったつもりでしたが、高速苦手な私はノロノロ運転で着いたら19時ギリギリ。

今もうすぐにでも始まるぞー!ってな位、
窓越しから見えるギッシリ埋まったテーブルを横目に焦りながらバックで車を入れる。

事前に知ってはいたけれど友人が何人もいるのを確認してホッとした~
私が座ったのは中華の円卓テーブル、大人数の時には取り分け便利だね。
b0089578_11371350.jpg
・レンズ豆スープ
まるでお茶を飲むように大量に机に並べられたポットには温かな黄色いスープ。
いくらでも注いでもよさげだが、うっかりすると胃スペースにジワジワ効いてきそうなとろみ感。
その色の通りスパイスゥイーなお味でした。
b0089578_11371762.jpg
・カラチャナサラダ
キャベツや胡瓜、人参、林檎などミックス野菜に黒ひよこ豆。
スープが入った100均購入であろうメラミン製器とのギャップがまたほっこり。
次にどの位の量が来るのか不明なのでおそるおそる食べている具合。
b0089578_11372313.jpg
・タンドール盛り合わせ
きたよ・・・写真だと量感が伝わりにくいですが器は中華宴会で使用されるような大皿。
そこに転がる塊がゴロンゴロン・・・ハリヤリチキンティッカ(ミント&パクチーで緑色)、
サフランティッカ、マトンボティ、タンドリーゴビ(カリフラワー)

マトンの塊の旨さに脳内神経が良い意味で崩壊、この破壊力はさすが。
カリフラワーの1つがどうみても男性の拳程度の大きさ、どんな感性でカットしてるの。
b0089578_11372896.jpg
・シンディマトンビリヤニ(ダムビリヤニ)
給食の配給かと思える洗面器位の入れ物がテーブルに2つ、すごっ!!
ほっかほかのビリヤニが美味い、マトンなところもいいっ!チキンも好きですけれども。

余ったら持ち帰ろうと思ってタッパを用意してきたら、当然のごとくこれは余った。
でもお店でも容器を皆に配っていたので問題なし子だったのか。
b0089578_11373738.jpg
・シャブデーク
カレー・・・くるよね!?まだかな?と待っていたら予想通りの濃そうな色。
ウルドゥー語で夜の鍋という意味。
パクチーはお友達が持参したものをかけてもらったそうな。

お肉は骨付きのマトン!とごろごろ野菜はじゃがいもか?と踏んでいたら何と蕪。
これがホロリとしてもったり感がなくてとてもいい!じゃがいもだと満腹×乗になりかねないので。
マトンの旨みがあちこちに潜んでてこの器ごと持ち帰りたいわ。
b0089578_11373228.jpg
・涙型パラタ
「ナンとは違うのだよ、ナンとは」
チャパティーの生地にギーを塗って折り畳んで層状にしたパラタ、オリジナルで涙型にしたみたい。
家で冷凍のパラタも食べてるけどコクがあってパイみたいで好きなんだよね~
b0089578_11374170.jpg
・タフタンナーン
ちょっと固めのナン、パキスタンの結婚式で出される定番だそうです。
b0089578_11374783.jpg
・グシュタバ
最後にきたコフタ(肉団子)入りのスープカレー、カシミールの伝統料理だって。
1口食べると意外にも酸味の爽やかさが口に広がってめっちゃ美味しい。
ヨーグルトベースだからの酸味なのね、かなりお腹にきていたけど口にサクサク運べる。
最後にこの演出は憎いのぅ~~
b0089578_11375138.jpg
・カシミールチャイ
最後にチャイが来ると聞いていたので、当然あの茶色の紅茶を思い浮かべていたら・・・何とピンク色。
しかも、飲んでもこれ・・紅茶か?と思わせる謎な味・・・ナッツの味がします。

テーブルが端っこなので情報が伝わってこず、「ピンクチャイ」で検索すると
ピンクに染まったガールズグループばかりしか出てこないじゃあーないの。

調べるとピンク色をした塩味のお茶なんだそうで、だから甘さは控えめだったのか。
ナッツは聞いたらアーモンドだったかな?

残ったビリヤニとタンドリーをタッパに入れて、
お会計はドリンク持ち込みなこともありリーズナブル、さすがイミズスタンだわ。

さて、ここから帰宅なのですが、夜の高速運転は避けて下道で帰ったら10時は軽く済んでましたよ。
高岡や射水市ならいいけれど富山市イベントから車だとこりゃ厳しいね。

翌日はここでテイクアウトした品々をお弁当にした黄色い画像を幾つか拝見(私も含む)。
頻繁には参加できないけどまた参戦したいです、ごちそうさまでした。


by sukatan_queen55 | 2019-04-22 23:38 | 富山 | Comments(0)

金沢(此花町):CASA(カーサ)イタリアン

b0089578_10564754.jpg
4月中旬に去年の6月に金沢駅近く別院通りにオープンしたイタリアン、CASA(カーサ)に行ってきました。
イタリア・ローマ近郊リエティ出身のシェフ、マテオさんと奥様のシルビアさん
イタリア人ご夫婦が営む「懐石+会席」および「割烹」スタイルで楽しむイタリアン。

シェフはロンドンに移った後に料理の修業をされていて、
提供されるお料理は生まれ育ったイタリアの食文化と創造性を組み合わせたモダンイタリアン。

公式ページは「CASA ITALIAN KAISEKI KAPPOU」、
懐石・会席や割烹と聞くとどうしても和の要素が入ってるイメージがありますが、
色んなお料理を少しづつ楽しむコース料理スタイル、というのを表現したかったそうです。

お2人が世界各地を旅する中で日本での出会いや金沢という土地を気に入ってくれて、
ここで自分たちのお店を開くことを決意したそうです。
b0089578_10565238.jpg
席はオープンキッチンに対面した大理石のカウンターにテーブル席が幾つか。
月替わりのコースは2種類で今回は上のランクのコースにしました。
b0089578_10565763.jpg
自家製フォカッチャ、しっとりとして噛むごとに塩気がじんわり効いて美味しい。
b0089578_10570182.jpg
アミューズ的な最初の1口は
サーモンの皮の上にタラとポテトのブランダードみたいなものとカモミールの泡のスナック
b0089578_10570456.jpg
ビーツとサーモンのマリネ、白い器の中に咲いた一輪のバラの様。
ゆっくり時間をかけて火入れしたというビーツはあの特有のクセは殆ど感じられずほんのりとした甘み
間にブラッドオレンジドレッシングでマリネしたサーモン。
オレンジとサーモンの組み合わせはシシリーの伝統的スタイルなのだそう。
くるくるとしたピーテンドリルがまた可愛い♡
b0089578_10570980.jpg
この斜めに突き刺さったようなパリパリとしたものは、サルディニアの伝統的なパンだそう。
検索するとどうも「カーネカラザウ」というパンで羊飼いの保存食で歴史は大変古い。
でちょっとアクセントに昆布パウダー、横には春らしくクレソン。
下は鰹とパプリカとケイパーの刻んだソースが隠れていました。
b0089578_10571767.jpg
見た目がスライダーっぽい小ぶりなサンドウィッチ(パニーノ)
お肉は能登豚やトリュフ、ハニーマスタードなど小さいけれどかなり濃厚で一気にうま味がドーン!
横には林檎のサラダ

b0089578_10572229.jpg
ひよこ豆のスープの中にはほうれん草のニョッキに蛤、炙ったひよこ豆
スープとひよこ豆のソースをすくって、色んな食感を味わう中に漂うローズマリーの香り
ローマのクラシックなお料理だそうです。
b0089578_10572655.jpg
イタリア・トスカーナのバジーレ社の赤ワイン、有機栽培でCCPBの認証を受けています。
b0089578_10573150.jpg
焼かれた桜鯛にカラスミ風の卵黄やパン粉、アスパラガスなどを散らして。
発酵したアスパラガスと魚の出汁のソースで。
付け合わせはワイルドネギ。
b0089578_10573642.jpg
脂身の少ない赤身の牛肉はしっとり、ラディッキオ、葉にんにくのソースとレモンの皮
b0089578_10574117.jpg
デザートはホワイトチョコのパンナコッタにイチゴのソースとアーモンドクランブルを敷きつめて。
白イチゴとマイクロレモンバームにナデシコの飾り。

イタリアの伝統的手法を用いてシンプルさも感じられるが、それでいてモダンで味付けは繊細で美味しいなぁ、と。
変に懲りすぎてもいないしナチュラルで穏やかな美味しさ、何が違うかってのは表現しにくいけど、
イタリアで生まれ育って細胞レベルで感じ取っている情報量は日本人とは比べ物にならないほど違うからか、
細かい感覚的なものが食べていておおっ!おっ!とか思うんですよ、私の表現がよく分かりませんが。

お2人は日本語はそこまで堪能ではありませんが、お料理の説明他コミュニケーションなどは問題なさそうですし
日本人スタッフも1人いらっしゃるので不便はないかと(予約の電話も日本人の方が応対されていました)
英語が話せる方ならよりシェフとの会話も弾み楽しい時間を過ごせるかもです。

今回は夫が殆ど会話をしていて英語が不得意な私はあんまり参加できず、こういうのは勢いってのもあるのですが。
でもそんな事は関係なくホスピタリティがあって温かな笑顔で迎えてくれます。
ぜひ季節ごとに再訪したいお勧めなお店です。


by sukatan_queen55 | 2019-04-20 23:58 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(森山):山の上洋菓子店(ケーキ・焼き菓子) oishii

b0089578_11084934.jpg
仕事帰りにスーパーに立ち寄り夕飯の買い物、いつもの日常のサイクル。

馴染みのスーパーが何軒かあり都合により使い分けていますが、
鳴和・山の上方面に向かった時にスーパーの他に最近立ち寄り始めたのが山の上洋菓子店

築80年以上の古民家を改築し今年の2月にオープンした、ケーキなどの生菓子や焼き菓子などを販売している洋菓子店。
ちょうど山の上バス停の真ん前にあって駐車場はお店の隣にあります。

立ち寄ったのが夕方以降だったので、ケーキは売り切れ寸前でギリギリセーフ。
b0089578_11085606.jpg
春の限定な「sakura(さくら)」(多分もうない!?)生地に桜の葉を刻んで焼き上げているそうで、
甘い白インゲン豆が入っていてそれだけで和のテイスト
ふんわり桜の風味が広がって何とも言えない優しい感じ。
b0089578_11085917.jpg
いちごクリームと生クリームをロール生地で包んだ「いちごロール」。
何かこう生地がしっとりふわっとしてコクがある優しい甘さがあるなぁ、と思って調べたら
ミネラルたっぷり含んだ精製されていない天然色の含蜜糖を使用しているのですね。
b0089578_11090468.jpg
焼き菓子たちは「山の上カステラ」「黒糖のマドレーヌ」「フルーツチェリーパイ」。
友達から教えてもらった山の上カステラは能登鶏卵や本和香糖を使用してしっとりふわふわ、
他にも色々あったのでギフトBOXに詰め込んでお土産に持っていくのもいいなぁ。
b0089578_11090851.jpg
後日、日中に伺った時に購入した「山の上チーズケーキ」、うんこれ買いたかったの。
見よ!上のマグカップとの大きさの比を、真ん丸で丸いお月様の様な大きなチーズケーキです。
ナイフを入れるとフワンとシュワっとスフレの様な軽いチーズケーキ、重くないのでまず1/4ペロリ。
b0089578_11091222.jpg
山の上コルネ(カスタード)、種子島産の洗双糖と能登鶏卵を使用した濃厚でスッキリした甘さのサクサクコルネ。

子供からお年寄りまで愛される店作りを掲げている自然で優しい甘さと素朴な美味しさが魅力の洋菓子屋さん。
季節のおすすめや定番のケーキを買いにまた立ち寄ろうと思います。


by sukatan_queen55 | 2019-04-18 23:10 | 石川(金沢) | Comments(2)

金沢(片町・新天地):串KATSU 鉄板の匠(鉄板焼き・バー)「たこ焼き、焼きラーメン」 oishii

b0089578_15312522.jpg
とうりゃんせで軽く飲み食べして、〆的で「たこ焼き」が食べたいと向かったのは串KATSU 鉄板の匠
新天地を入って2又を左方向へ、しばらく進んだ左手にお店があります。

片町でたこ焼きが食べられるお店は何軒かあるが、ここはたこ焼き、お好み焼き、焼きそばと
鉄板焼きメニューが数種類ある他、焼いている間はお酒を飲みながらの~んびり待つというバー的要素もある。
b0089578_15313193.jpg
でね、以前もたこ焼き食べに行ったんですけど、お店の雰囲気が独特でかなりツボなんですよ。

メニューに書かれてる亭主さんの名前が「えるびす」で冷蔵庫の上にプレスリーのフィギュアが飾られているから、
あぁ好きなんだなぁ~から始まり、入口扉上に回るミラーボールからの怪しい光やら
ところどころ飾られているアイテムがバラバラなようで店主さんの好みを集約させた不思議な空間。
b0089578_15313597.jpg
「めにゅ~う」って言い回しどうなの?なぜそうなるの?と出てくる心のつっこみ、
横のジュークボックスから流れるのはやっぱりエルビス?と心で自問自答な1人上手。

店主さんとお話ししなかったけれど、今度行ったらぜひ色んな謎を解決したいな。
飲んでいるのはアップルジンジャー(お酒)
b0089578_15314318.jpg
このお店に来た目的はたこ焼き、ネギのせで100円アップ。
熱々のふわっとろっで美味しい、だからここに来たのです。

たこ焼きっぽいのは他にはエビやき、ごん玉焼き(ナンコツ入り)。
なぜごん玉って言うの?それから説明の「ナンコツがァ入ってまっするぅ」がどうやら笑いの秘孔を突いた。
ちなみにテイクアウトもやっています。
b0089578_15314776.jpg
焼きラーメン(豚)
焼きそばもあるけど麺がラーメンの焼きラーメンで焼きそば風炒め。
前回と同じものを食べている気がするけど、ネギとん平焼きもきになりまっするぅ。
粉ものに青いライトが新鮮っというか。

で、食べ終わった後にお店の外観をスマホで写そうとしていたら、
ちょうど出てきた店主さんが「撮ってあげる、撮ってあげるッ、お店の前に並んで~~」

えっ!?私、お店の写真を撮りたいだけなんだけど・・・

「あの・・私、観光客じゃなくて地元の者なんですけど」
「いいからいいからっ」

と、夫と共に2人で扉の前に並ばされてパチリッ!
思いがけず記念写真のできあがり。

もちろんツボに入りまくりで、新天地を出るまでの私の腹筋は激しく揺れていた。
ミラクルゾーンを体験しにまた行きまっするぅ!


by sukatan_queen55 | 2019-04-16 23:17 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(片町):旬楽(しゅんらく)炉端焼き oishii

b0089578_15243777.jpg
去年の12月13日に片町にオープンした現代版屋台村、とおりゃんせ KANAZAWA FOOD LABO
片町の小橋菅原神社の参道に9席ほどの小さな飲食店が軒を連ねる2階建ての建物。

2年以内という短期間のテナント契約で提供することで、
新業態を始めてみたいという人たちにはうってつけの実験の場所になる。

電子マネーやカードのみの「キャッシュレス決済」と支払いも特徴的な屋台村にやっと行ってきました。
ガラス張りでスタイリッシュだけどそこは屋台村、ふらりと立ち寄るつもりで気軽にいける雰囲気。
b0089578_15244237.jpg
伺ったのは2階、輪島直送の干物を味わえる炉端焼きの店、旬楽(しゅんらく)
コの字型のカウンターに8、9人ぐらい座れるスペース。
干物の他には野菜の炉端焼き、お造りや牛肉のタタキ、珍味等1品料理もあります。
b0089578_15244603.jpg
春の旬である竹の子と牛肉のタタキを頼むと、目の前のカセットコンロで炙ってくれます。
自分のペースで炙って食べるパターンと、店主さんが頃合いをみて手を加えてくれるパターン2つ。
b0089578_15254245.jpg
炙った空豆ってシンプルだけど、青い香りが鼻をくすぐって豆自体の味が好きなのだ。
b0089578_15245140.jpg
先ほどの炙った和牛をカットしてくれた牛肉タタキ。
脂のノリ具合と柔らかさでうんまい、お勧めと言っていただけあります。
b0089578_15245583.jpg
お酒はビールやチューハイを飲みつつへしこをツマミながら干物が焼きあがるのを待つ。
輪島直送の干物はフグ、他にはカレイ、メバル、サバ、蛤など。
b0089578_15250022.jpg
焼きあがったホクホクの竹の子、熱々をいただきながらほっこり。
色んなテーマのお店が揃っているので、機会があればハシゴで巡ってみるのも楽しそうです。


by sukatan_queen55 | 2019-04-14 22:54 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(堀川町):ご当地ラーメン 巡「八王子ラーメン」

b0089578_11162207.jpg
ここ最近、とは言っても3月途中からですが、夜ご飯を食べ終わり一通り片付けてから、
夜な夜なスケッチブックにイラストを描いたりしています。

イラストって言っても漫画絵ですけどね、大学辺りまで描いていたので何十年ぶりというか。
あることに触発されて再点火している訳です(想像つきそう)

これまで漫画好きとは知ってても、イラスト描いている姿なんか見たことなかった夫は、
「お、お前ヲタクだったのか!」とのたまいてます。

えぇ、お前の嫁はかつてアニオタであり、洋楽ヲタであり(これは知ってる)、
カルト映画好き(多分知らない)なんだよ、ふふふ・・・。

毎日のように書き殴っている絵は、スケッチブックを持ち歩いているだけだったが、
最近ツィッターの別垢を取得してそちらにアップしている。

誰も知らないところに投稿するのがいいんじゃないか。
と、どうでもいい呟きが何食べたかの前にいつも入ってすみませェん。

とある土曜のお昼、この後の予定の前にサクッとランチがしたくてご当地ラーメン 巡

限定ラーメン「八王子ラーメン」
期間1 : 3/26~4/6 頃
期間2 : 4/19~ GW途中

八王子ラーメン、現地で食べたことがないので比べようがないんですが、
ご当地ラーメンとして東京八王子で愛されているラーメン。
醤油ベースのタレ、刻みたまねぎ、表面を覆う油脂が3大特徴。

スープは醤油がはっきりくっきり輪郭があり、甘みと辛味がきいた刻み玉ねぎの相性は抜群。
麺はコシのある細麺でこれが私のドンピシャ好みでした。
後は海苔とチャーシューとメンマ、味玉はトッピング追加。

シンプルでいてキレのあるスープに細麺のこのタイプ、
飽きがこなさそうなので定番化しちゃいそうだけど限定なんですよね。

GW中までやっているのでぜひー。


by sukatan_queen55 | 2019-04-12 23:32 | 石川(金沢) | Comments(0)