人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

金沢(大野):ホホホ座金沢(本・雑貨・カフェ) oishii

b0089578_11380330.jpg
大野湊食堂から車へと駐車場へ戻る、空き地から海へと向かう狭い横道に目を向けると、
何やら看板が見えたので近づいてみると、ホホホ座金沢があった。

おおっつ!大野に「ホホホ座金沢」があるのは知っていたが、こんな場所にあったのね。
ちょうどお茶でもと思っていたので、行き当たりバッタリ遭遇も運命のうち。
b0089578_11380710.jpg
京都の企画編集グループが手掛ける本と雑貨のお店でカフェスペースも併設。
入口にずらりと並べられたお菓子、器、調味料、雑貨、コーヒー、お茶など。
b0089578_11381175.jpg
元は町の鉄工所「荒井鉄工所」だった建物をリノベーションし、
古い階段や天井など味のある部分を残しながら新旧を融合。
b0089578_11381668.jpg
窓際の席に座ってカプチーノ(蓋あけました)、テーブルには「のらくろ漫画集」がずらりと並んでいた。
人生で初めて読んだ漫画本は自宅にあったのらくろ(親の持ち物)、軍隊で活躍する話を読んだ記憶がある。

引っ越した時に処分しちゃったので懐かしい気分に駆られました。
最後の方の話だと喫茶店始めるんですね、結婚もしたりして(もちろんお相手は可愛いワンちゃん)

ハンドドリップコーヒーの美味しい喫茶店とか、現在のサードウェーヴの様にお洒落だったんだろうなぁ。
とか何とか想像しつつコーヒーを飲みつつほのぼの~っとしばらくくつろぎましたよ。

横に大野川があるので、天気の良い祁は川を眺めながら外でコーヒーをいただくのもいいですね。


by sukatan_queen55 | 2019-02-28 23:57 | 石川(金沢) | Comments(2)

金沢(大野):大野湊食堂「にんにく醤油チャーシューメン」「ラーロウメン」

b0089578_13374186.jpg
冬物衣類をそろそろ引っ込めようと思ったら、寒の戻りでまた一時的に寒さがぶり返す。
もう少し暖かくならないと玄関でまとめてブーツ磨きをする気にならない。

寒さに負けて家に引きこもりたい気分を一掃、2人で休日お出かけランチタイムは大野湊食堂
映画「しあわせのかおり」のロケ地として有名な中華料理屋さん、駐車場はここね

日曜お昼時とあって家族連れなど数人単位のお客さんが多く込み合ってました。
お互いにラーメンや餃子を注文してシェア食いします。

・にんにく醤油チャーシューメン
定番の大野醤油ラーメンにチャーシューの枚数が増えてにんにく醤油ダレがかかってるバージョン。
やさしくて円やかな醤油味のスープに少し柔らかめの細麺。
にんにく醤油の部分だけパンチがあるけれど全体的にほっとする味。
b0089578_13374531.jpg
・ラーロウメン(辣絡麺)
木桶醤油と自家製ラー油の絡め麺、食べる度に香るラー油はピリ辛で醤油とのいい塩梅で麺に絡みつく。
汁ありよりも少しもちっとした感じに仕上がり、上の大量の白葱&下のチャーシューを挟みながらいただく。
付いているスープは中華料理店でチャーハンを頼むと一緒に出てくるスープの味に似ている醤油味。
b0089578_10221470.jpg
ランチでセルフにて無料提供されている数種類のお惣菜からザーサイやベロベロなど。
b0089578_13375014.jpg
チャーハン
ふわふわとしたクセがなく脂っぽさを感じないチャーハンが何気に好き。
単品で頼んだらかなり量が多かったので1つラーメンとセットにした方がよかったかしら。
b0089578_13375401.jpg
水ギョーザ
コロンとした水餃子は皮が厚くてモチモチでつるつるっ!手づくり感満載。
中は細かく刻まれたニラ多め、こういうタイプは普通のラーメン屋さんには見かけなくていいねぇ。
ラー油やタレが下にひいてあるのでそれに絡めて食べました。

いやーさすがに満腹過ぎる、帰宅後に猛烈な眠気からの夕方まで爆睡してしまい時間の無駄使い。
あぁ無駄無駄..


by sukatan_queen55 | 2019-02-26 23:40 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(片町):SpiceBox(スパイスボックス)南インド・スリランカ料理

b0089578_16595916.jpg
家ではジャワカレーで育った私も、大学時代から脈々とスパイスカレーの魅力にどっぷりハマり、すでに数十年。
定期的にスパイスを補充しないといけない身体になり、家でもインド料理を作るまでに成長。

しかし、やはりお店には敵いません、金沢での私の行きつけの1軒でもあるSpiceBox(スパイスボックス)
今年の3月27日にめでたく10周年を迎えるということで、仲間内で宴会を計画。

幹事の私はコース料理の内容など相談する為に、ちょっと夜遅い時間のジムアフターカレー。

マサラチキンカレー・ライス・マンゴーラッシー、1人だと量が食べられないからこれだけ。
後テイクアウト用にビンジョールパティアラ(茄子とジャガイモのドライカレー)とベジタブルパコラを注文。

これだけと言いながらカレーに鶏肉がめちゃ沢山入ってるんでお腹膨れます。
ミキサーでガーッと作ってるマンゴーラッシー、何気にラッシーメニューの中で一番好き。
b0089578_10351828.jpg
また別の日の相談日のジムアフターカレーは、マサラドーサとマンゴーラッシー。
テイクアウト用にアルゴビ(カリフラワーとジャガイモのドライカレー)とチキンパコラを注文。

サクサクのドーサ生地の中には程よいスパイスのポテトマサラ入り。
左からトマトチャツネ、サンバル(野菜のスパイススープ)、ココナッツチャツネ。
ここのサンバルは中々辛い、それでも控えめにしてもらった。

最初ナイフでカットしようとして、お箸orフォーク?どっちつかずだったので手食いで。
上品に手食いするのは中々難易度高めですが、ドーサはこちらの方がしっくりきますね。


by sukatan_queen55 | 2019-02-23 23:46 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(本町):のどぐろ塩Soba 麺屋大河「蛤とのどぐろのつけ麺」

b0089578_15115720.jpg
寒さが和らいで身体を動かすのがおっくうでなくなってくると、衣替え&断舎利の時期。
新年度に向けて気持ちよく心を切り替える為に、春は断舎利にぴったり。

いらない衣類はもちろんの事、私は元来のおまけ好きなので
押入れの奥には訳の分からないものがまだまだ隠れていたりする。

かつて、PEPSIの懐かしのスーパーマリオブラザーズ・フィギュア付のボトルキャップをコレクターしたり、
LEGOのコカコーラコレクションを集めるためにダイエットコーラをよく飲んでいたもんで。
こうなると、どんどん家の中に要らない物が増えていく。

今はさすがに集めたりしないけど、KALDIでランブルスコボウル付とかシードルカップ付とか、
おまけ物に手を出してしまう・・・いやデザインも可愛いんだけど。

金沢駅に立ち寄ると必ず寄るKALDIの後のサクッと飯は、近場ののどぐろ塩Soba 麺屋大河
この前は「のどぐろ塩soba」だったので今回はつけ麺。

・蛤とのどぐろのつけ麺(+煮玉子)
何だかまだ冷や盛り気分にならなかったので熱盛りで。
つけダレはのどぐろと蛤の出汁のつけ汁。

のどぐろ塩sobaのスープと比べると若干あっさりめな印象なのは蛤出汁mixだからかな。
のどぐろよりも蛤の旨み成分をより感じたかも。

昆布出汁に浸したタピオカと粒粒は全粒粉入りの細麺はもちっとしてるのを感じるが熱盛りだからか若干やわめ。
トッピングは低温調理豚ロース、ハマグリ、酢橘、蓮根チップ、穂先メンマ

後味すっきりめだけど食べた感があるここのラーメン、結構好きです。
次はバラsobaチャーシュー麺かな。



by sukatan_queen55 | 2019-02-22 23:05 | 石川(金沢) | Comments(2)

金沢(鞍月):トラットリア インフィニート(イタリアン)でランチ oishii

b0089578_15172480.jpg
自宅にIKEAで購入したレシピ本専門の本棚が設置してあるんですが、そろそろ限界突破で入らなくなってきた。
ネットポチで増えていくレシピ本、実際に活用しているのはごく一部なんですけどね。

エスニック関連(インド・タイ・ベトナム・モロッコ、韓国など)、家庭料理的な和食は割と揃っているけど、
イタリアンって雑誌の特集はあるけど専門レシピ本はあまり持っていないような気がする。

ネットで検索すれば日常レベルに浸透しているイタリアン、死ぬほど出版されているレシピ本から
何冊か購入してみようかと思っている今日この頃、自分の中の流行スイッチが切り替わる前に。

お休みの日にレシピ本探しに鞍月の金沢ビーンズ明文堂へと向かう。
ランチはその明文堂の裏の通り沿いにあるイタリアン、トラットリア インフィニート

予約せずだったので満席で入れず、席が空いたら電話してもらうという形で本屋さんで待ち。
そういう意味でも本屋さんが目の前というのは便利ですね。

パスタランチ(1,050円)、Aランチ(1,650円)、Bランチ(パスタの代わりにメイン:2,650円)
とランチは3種類があり、2人共選んだのはAランチ:前菜、パスタ、ミニデザート、パン、ドリンク
b0089578_15172956.jpg
前菜
新玉ねぎのスープ、燻製したタコと生海苔ジュレ、ローストポーク、サラダ
スープは新玉ねぎの甘さを活かしたポタージュ。
ローストポークには春菊と林檎という香り豊かなソースがかかっている。
スモークたこに磯の香りのジュレ、ワインを欲する味。
b0089578_15173409.jpg
2種類のパンとオリーブオイル
b0089578_15173940.jpg
キタッラ(牛バラ肉と玉ねぎの煮込みソース)
パスタはスパゲティと生パスタから選べるのですが2種類とも生パスタを選択。
乾麺とは違うシコシコとした食感、牛肉塊が入った濃厚な煮込みソースがうまっ
b0089578_15174539.jpg
イカ墨をねりこんだタリオリーニ(ヤリイカと筍のペペロンチーノ)
ニンニク香る平打ちのタリオリーニに烏賊と竹の子を添えて春の味。
b0089578_15175099.jpg
チョコレートのベルデ、ティラミス
b0089578_15175520.jpg
週末ランチは特に込み合うみたいなので、早い時間帯から行くなら予約は必須ですね。

結局、レシピ本はこれというのが決まらずに買うことなく帰宅。
やっぱり最近も和風のお惣菜やエスニックが多くて、
なんちゃって適当イタリアン、トマトとマスカルポーネのパスタ作ったくらいかな。


by sukatan_queen55 | 2019-02-21 23:23 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(中央通町):大衆割烹 魚園(ぎょえん) oishii

b0089578_14342770.jpg
2月のある平日の夜、突然無性にお魚が食べたくなる症候群。
新鮮な魚介を使った料理とおばんざい、名物の釜飯などいつも選ぶメニューに困ってしまう大衆割烹 魚園

入店すると丁度知り合いが1人飲みしていたので、同席させてもらって動物占いペガサス3人横並び。
まずは柚子酒ロックとお通しはイワシのつみれ汁、ふんわりしたつみれに茗荷でさっぱり。
b0089578_14343414.jpg
お造り盛り合わせ
寒ぶり、甘海老、生たこ、サヨリ、かわはぎ、赤イカ
冬の北陸の旬なお刺身たち、クセのない脂の甘みの鰤美味しっ
刺身醤油にはカワハギ用の肝醤油と2種類用意されていました。
b0089578_14343944.jpg
たこのから揚サラダ
飽きない絶品おつまみ蛸のから揚げが入った和風のサラダで野菜ももりもり食べられる。
b0089578_14344311.jpg
五郎島金時天プラ
カウンターの器にのせられている天ぷらは低温でじっくりと揚げられたもの。
高温でサッと揚げると周りの衣がカリッとして中がほくほくお芋が甘い♡
b0089578_14344703.jpg
ころ柿とぶりへしこのクリームチーズ最中
JR長野駅のお土産コーナーで買ってきた干し柿バターが確実にハマる味と言う話をしていたら、似たのありますよ、と。
おすすめメニューの最後によく見ると「逸品」としてこのメニューが。
サケマルシェにも提供されていた逸品、干し柿の凝縮した自然の甘みとクリームチーズのまろやかさ、
へしこの独特の旨みがアクセントになって絶妙!何個でも食べられるぞ~。
b0089578_14345185.jpg
能登かきとごぼうの釜
魚園の釜飯はほんど種類が多くて、季節の釜飯を入れるとざっと15種類位!?
うなぎ、地鶏、たこ、五目と定番はあれど気になるのはやはり季節もの、ぜひ〆に食べてもらいたいです。
注文から40分程かかり香物と味噌汁が付いてきます。
b0089578_14345634.jpg
寒い冬にこそ味わいたい牡蠣から出る旨みと根菜の力強い香りがしみ込んで、お米がほくほくして美味しい。

味わい溢れる筆文字メニューは魚介メニューを筆頭に地物野菜を使ったもの色々、
お通しからどれを食べてもいつも美味しくて定期的に通い詰めたくなるお店です、というか定期的に通います。
もっと詳しく書いてあります→去年の1月の記事



by sukatan_queen55 | 2019-02-19 23:35 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(長町):アシルワード( 松田久直商店×アシルワード「季節野菜を御馳走インド料理で楽しむ会」)

b0089578_09251452.jpg
2月中旬、インド・ネパール料理のアシルワード(Aashirwad)さんで
八百屋・松田久直商店×アシルワード「季節野菜を御馳走インド料理で楽しむ会」が開催されました。

事の発端は昨年秋に知人と夜アシルしに行った時、野菜中心のインド料理が食べたいと話していたのがキッカケ。
元々インドはベジタリアンが多いので、スパイスを駆使した野菜料理は根付いているのですが、
八百屋とコラボして普段のインド料理では見慣れない季節野菜を使用してのインド料理を楽しめればなぁと。

そして年明けから話しが進んでイベントが実現、アシルさんにとっても新しい試みとなります。
イベント日ぎりぎりまで様々なアイディアを練られていたようで、当日まで本当に楽しみにしていました。
b0089578_09252011.jpg
イベント当日は2階のスペースを使って19人が参加、私はホスト側でサービスを手伝いました。
今回は実験的な試みだったので一般公募はせずに、私の友人たちとキッカケを与えてくれた知人のグループ中心。
ワンドリンク付で5000円のコースとなりました。
b0089578_09252540.jpg
イベント当日の朝にお店に来てくれた千葉さんが撮ってくれたショットを使用して貼られたメニュー表。
一部だけで最終的なメニューは知らなかったので、冬と春の訪れを伝える狭間の季節野菜料理のリストがズラリ。

b0089578_09253047.jpg
タンドール野菜の盛り合わせプレート
・ペコロス、芽キャベツ、ミニトマト、金柑、合鴨
・ビーツのソースでマリネしたカッテージチーズ
・あさつき風味の牡蠣のスパイスオイル漬けを添えて

ペコロス(小たまねぎ)は皮付き、芽キャベツ、ミニトマト、金柑とどれも全体で1口サイズの野菜たち。
タンドールで熱を入れた野菜たちはどれもほっくりと美味しく焼ける、特に金柑が最高。

カッテージチーズはビーツソースで2日ほど漬け込んだもの、淡泊なチーズに独特な風味が加わります。
そのビーツソースはビーツ・ハチミツ・コリアンダーパウダー・バルサミコ酢・ブラッドオレンジ果汁他が
入った爽やかな酸味のスパイシーなソース。

好みでグリーンチャツネと共に盛り合わせにかけて食べます。
唯一、野菜ではない合鴨と牡蠣ですが、お酒のおつまみ的にと~ってもハマる。
b0089578_09253441.jpg
寒締めホウレン草とレンズ豆のスープ
寒締めホウレン草は寒気にさらすことで糖度を高くした冬が旬のほうれん草。
レンズ豆と合わせてもったりとした口当たりのスープは野菜本来の甘みとやさしい豆の味わい。
エディブルフラワーを添えて。
b0089578_09253908.jpg
野菜料理だけのターリー
・ベジタブルコルマカレー/カリフラワー、うすい豆、大根、人参
・菜の花とレンコンのカレー
・インド産ソナマスリ米で炊き上げた山菜のプラオ/フキノトウとコゴミ
・白米/上越産の長粒米
・紅菜苔のサブジ(北インド式の炒め物)
・五郎島金時のポリヤル(南インド式の炒め物)
・アピオスのフライ
・寒締めホウレン草を使ったプーリー(揚げパン)
・玉ねぎとカレーリーフのバジ(揚げ物)
・新ごぼうのアチャール(浅漬け)
・トマトチャツニ(付け合わせソース)

運ばれてきたベジタブルターリーを見て驚き、小皿がぐるっと一周取り囲む豪華版で量もボリューミー。
普段インド料理では使わないちょっと拘りの季節野菜たちを使用したベジタブルターリー。
うすい豆、山菜、アピオス、五郎島金時、紅菜苔、新ごぼうとかね。

私が一番気に入ったのは山菜のプラオと寒締めホウレン草のプーリー。
特にフキノトウの香りが口の中に広がる山菜のプラオの繊細な味わいが絶品。
プラオに使用しているインド産ソナマスリ米は中粒米、調べると香りが少ないそうで山菜の風味を活かすにはぴったり。
ほうれん草のプーリーもカレーに付ければいいのに、これだけで美味しいのでそのまま食べちゃいました。

数種類の野菜入でクリーミーなコルマカリー、菜の花の独特の風味とレンコンの歯ごたえ良いカレー。
五郎島金時のポリヤルはウラッドダールが入ってほっくり、ココナッツファインが魅力。
アピオス(ほど芋)フライはカスリメティの香りと塩味でほこほこで甘いの。
新ごぼうのアチャールは独特な風味でやはり食感が秀逸。

カレーも炒め物も1つ1つ味わいが違っていて、全体的に素材そのものの良さが伝わってくる味付けでした。

b0089578_09254339.jpg
特製ガジャルハルワ
・アロマレッド人参、金時人参、根パセリ
ガジャルは人参、ハルワはギー(インドのバター)、インドの伝統的な人参のスイーツ。
通常営業の時に食べたガジャルハルワも美味しいですが、こちらは香りも違うしフルーティーで甘い。
実際、インドの人参は日本のものより赤くて甘みがあるそうなので、甘みの強い金時人参は合っているのかも。

豆や揚げ物などのオイルなどでコクを出し、スパイスを駆使した幅広い料理はヘルシーでパワフル。
集まってくれた参加者はベジタリアンや極端な野菜好きという訳でもなく、カレー好きは共通しておりますが、
むしろ肉好きを前面に出している人もいる位でしたが、野菜だけでも十分満足できたという声ばかりでした。

様々なアイディアを出してくれてイベントを実現してくれた千葉さんとキッカケを与えてくれた知人に感謝。
今回は実験的でしたが、このイベントを機に第2回、3回と開催がある・・・かも!?



by sukatan_queen55 | 2019-02-17 23:26 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(本町):のどぐろ塩Soba 麺屋大河「のどぐろ塩Soba バラ肉オーブン焼き」

b0089578_14302993.jpg
今冬は降雪量が少なかったのでロングラバーブーツは出番はなし。
そろそろスノーブーツもケアしてから収納しないとだし、冬物片付けは夏より面倒くさい。

そんな作業を済ましてすっきりさせたら、秋からブツブツ言いまくっている自転車を購入したい。
遠出より買い物に使う用途が多いからママチャリでもいいんだけど、調べている間にクロスバイクが欲しくなった。

週末に通うカフェにも自転車で行きたい、その内夫と近場ツーリングも出来るかな。
当然駅前もサイクリング範囲、今はまだ車なのでコインパーキングに停めつつ、のどぐろ塩Soba 麺屋大河

去年12月オープンの「味噌専門 麺屋大河」系列の「のどぐろ塩Soba 麺屋大河」にやっと行ってきました。
何度か夫と一緒に行こうと思ってたけど日曜定休なのでなんとなく機会を逃してて。

カウンターの目の前にはガリ、黒七味、胡麻、のどぐろ酢?など色々味変楽しめるようになってます。
私はあまり味変しない方なので今回は何も入れず。

・のどぐろ塩Soba・バラ肉オーブン焼き
トッピングのチャーシューが「低温調理豚ロース」「バラ肉オーブン焼き」「鶏肉幽庵焼き」と3種類選べる。
すっかりお馴染みとなった低温調理系、嫌いではないが脂のりチャーシューの方が好きなのでバラ肉で。

のどぐろ頭と中骨からとった「のどぐろ油」と「スープ」に鶏ガラ・豚骨・野菜、昆布出汁を合わせたスープ。
魚特有の臭みがなくってあっさりしてるかと思いきや、しっかりした旨味で動物系との見事な融合。

お魚や昆布の出汁感とコクのある動物系の絶妙な割合というかスープ美味しい。
素揚げ蓮根チップ、穂先メンマ、赤たまねぎ、半分カットの酢橘、芽ねぎ、など。

麺は細めストレート、蓮根はすぐ食べなきゃカリッと感は失われまする。
丼の縁についているのは梅山葵だそうですが、山葵苦手な私でもそう分からなかった。

行ったのはお昼なので並んでいなかったけど、夜は並んでいるのかな?
ジムアフターに活用できる1軒、また増えました。


by sukatan_queen55 | 2019-02-16 23:38 | 石川(金沢) | Comments(0)

石川(白山市):南風 nanpu(マレーシア家庭料理)「肉骨茶(バクテー)」 oishii

b0089578_10390339.jpg
去年の年末から年明けにかけてマレーシアのクアラルンプールに旅行してきました。
早くアップしなくちゃと思いつつ伸び伸びになってる、その前のバンコクもまだだし・・その内まとめてします。

で、その事もあり前から気になっていたマレーシア家庭料理の南風 nanpuに行ってきました。
場所はJR松任駅近く、白山市松任学習センターの横の道沿いにあります。

マレーシアは多民族国家でマレー系、中華系、少数のインド系と主に3種類に分かれているのですが、
ここのご夫妻は旦那様が日本人、奥様がマレーシア中華系の方なのです。
だからお料理はマレーシア中華系の家庭料理。

外観が白い建物の店内は壁からカウンター、テーブルもと何もかも真っ白なホワイティ梅田!なごとく
圧倒的ホワイトに囲まれた清々しい空間でした。
b0089578_10391277.jpg
肉骨茶(バクテー)、南洋CURRY鶏、麻油酢鶏など漢方やスパイスを使用したメニューが、
幾つかあってカレーはもちろん気になるけれど、私が選んだのは肉骨茶(バクテー)。
クアラルンプールで中華系なお店も行ったけれどバクテーは食べなかったので。

・肉骨茶(バクテー)
マレーシアの中華系の人たちが食べている家庭料理で豚のアバラ肉や椎茸、木綿豆腐が入っていて
スパイス数種類と醤油ベースで煮込まれています。
付け合せにと潮州煮ピーナッツもいただきました。

b0089578_10391677.jpg
ご飯の上にドーンとかけて、と言われたので汁ごとそのまま全部のせ。
漢方スパイスの1つであるスターアニス(八角)の香りがして、中華ともあって日本人には馴染深い味。
13種類の漢方とスパイスを使用していて砂糖や化学調味料を殆ど使っておらず身体に優しい。
クアラルンプール土産に肉骨茶の素を買ってきたけど、なるほど木綿豆腐を入れるのいいね。
b0089578_10392364.jpg
とっても気さくなご夫妻とマレーシアの話をしながらマレーシア風コーヒーも追加。
カップになみなみ注がれたコーヒーはかなり濃いめ、ここに好みでコンデンスミルクを注いで甘くする。
バレンタインが近かったのでココナッツ入りのチョコもいただきました。

週末限定の豆腐花や南風おからケーキなどデザートもあるので、またそれ目当てに他のメニューも食べたいです。




by sukatan_queen55 | 2019-02-15 23:41 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(田上):横浜家系ラーメン 友喜家「友喜家式ネギラーメン」

b0089578_16440464.jpg
東京遠征などで長時間歩きっぱなしな時、普段から適度な運動やある程度筋肉を付けていないと、
突然足がつるっっ・・ってことが、ここ数年で起こりがちになっている。

以前は全く平気だったのにね、最近ヨガしかしてないし筋力の低下と共に年なのかなぁ。。
筋トレもしないとなぁと思いつつ、楽方向へ・・あージムのお風呂って最高。←風呂会員!?

杜の里近辺だとジムアフターラーメンは8番(upせず)とここ、横浜家系ラーメン 友喜家
レイナの柚子塩ラーメン美味しかった余韻も残りつつ、季節は次のラーメンへとススム。

・友喜家式ネギラーメン(小)+煮玉子
ラーメンの好み「麺の固さ、脂の量、味の濃さ」は全て普通、麺固めと言った時期もあったけど普通が一番好きかも。
そしていつも思うけど小サイズがあるのが有り難いのよ。

上からパチリと撮ってますがネギが円錐状の綺麗な山に盛り付けされています。
白葱とチャーシュー細切りはタレ和えしてあり、スープとの境界線には海苔のボート、後ほうれん草も隠れてた。

スープはいつものコクがありながらしつこくない豚骨醤油、
それにネギ山を少しづつ崩して入れて、少し温めつつ麺に絡めて食べました。

白葱独特の微妙な辛みはスープに浸けると和らぐような感じがする、私は和らぎさんが好きだ。
野菜が摂取できたのも嬉しいし量も私には丁度良い。

ご馳走様でした、久しぶりのジムアフターラーメンかな?(でもない)
カレーやスーパーでのお惣菜を買うパターンもあるので。

スーパーでは寝る前に必ず食べるヨーグルトを買うんですけど、ここ数年はずっとダノン4つ割り。
ダノンビオを当たり前の様に食べていたけど、もっとふつーなダノンヨーグルトという種類を食べてみたら、
あらまっ!皆に愛される美味しさというか・・・気に入って最近はずっとこれ。

でもダノンヨーグルト(青パッケージ)ってあまり見かけなくって、どこのスーパー行ってもダノンビオばかり。
なんでダノンヨーグルト置いてないんだよっ!世界中で愛されているって書いてあるのに納得いかねぇ~
どういう事だどういう事だよ、クソッ!!・・・とギアッチョ風に書いてみた。

私はいつもドンキで買ってますが他にも売ってるスーパーあるのかしら。


by sukatan_queen55 | 2019-02-14 23:32 | 石川(金沢) | Comments(0)