人気ブログランキング |

<   2018年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

金沢(上中町):季節料理 つばき(山菜・ジビエ料理)

b0089578_16523975.jpg
クリスマスが終わると一気に年の瀬、年賀状も掃除も済ませて年末旅行の準備をしつつ駆け込み最後の忘年会。
友人から「つばき会」のお誘いを受けて、2年ぶりに季節料理 つばきさんに行ってきました。

湯涌温泉へ行く途中の上中町にあり、左へ曲がると北陸大へと向かう銚子町の集落という地点からもう少し進んだ左手。
木々に挟まれた道路は夜は浅川町交差点辺りまでは真っ暗なので、少し気を付けながら通ると見つかります。

狩猟免許を持つ店主さんが自ら獲ってくる四季折々の山や川の恵みをいただけるお店で、
山菜、川魚、茸、ジビエと季節毎によってお料理は変わりますが、今回は猟期の冬(前回も12月)。

ジビエは独特の臭みやクセがあるというイメージを持っている人もいると思うが、
マタギとして長年の経験を持つ店主さんの血抜き等、下処理の腕が素晴らしくて、
クセや臭みを感じない旨みが際立つお肉だとプロの料理人の間でも評判なんです。

b0089578_16524484.jpg
蕗の薹天ぷら、春菊胡麻和え、芝茸、自然薯
早春の山菜で香りの良いふきのとうがもう出ています。
非常に粘着性のある自然薯は箸でつかむと全部器から引っ付いてくるほど、当然味も濃くて旨い。
自家製の梅酒をいただきながら。
b0089578_16524806.jpg
熊刺し
冷凍させたものを薄くスライスした熊刺し、熊肉と言えば白い脂。
脂なのに口の中でサラッと溶けて甘くて旨みがあって格別の美味しさ。
b0089578_16525478.jpg
鴨・雉のたたき
あっさりして弾力があってクセや臭みは一切ないたたき。
b0089578_16525985.jpg
イノシシカツ
わーい!と心の声が上がるイノシシカツ、塩・胡椒で味付けしてあるのでそのままいただく。
脂身の無い赤身の部分は、身がギュッと弾力と共に締まっていて味も力強くて美味しい。
しつこくさもなく意外に何個も食べれてしまう。
b0089578_16530499.jpg
ニホンジカ
蝦夷鹿は食べる機会はたまにあれど本州鹿は前回ここで食べたきりではなかろうか。
身が柔らかくて脂がなくあっさりしていてクセがなく、少し辛味のあるクレソンを巻いて食べると相性抜群。
b0089578_16530916.jpg
猪スペアリブ
脂が甘くてジューシーで最高に美味しかった猪スペアリブ。
b0089578_16531768.jpg
熊鍋
囲炉裏で食べるメインの熊鍋・・なんですけど、取り分ける作業を手伝っていたら
なんと熊鍋の写真撮り忘れていた~遠くからの写真1枚だけ。
煮込むことで脂は溶けて野趣溢れるお肉は牛肉よりも味わい深くて、
その脂が溶け込んた汁で煮込まれた豆腐や野菜も汁もと~っても美味しくて何度もお代わり。
b0089578_16532583.jpg
カルガモと葱
マガモではなくカルガモ、この時期のカルガモはマガモより美味しいと漁師の間で評判で、
内輪で食べてしまうのでお店には出回らないと・・前回も聞いた記憶がある。
秋に田んぼの米を食べているので脂肪が付いて美味しくなっているのだとか。
何を食べたかによって当然肉の味も変わってくる、弾力があって旨みと滋味深さのある味だった。
b0089578_16533182.jpg
イノシシ心臓
ハツ慣れしている私は喜んでいただきます、コリコリとした食感で美味!
b0089578_16534004.jpg
熊鍋ぞうすい
お汁がたっぷり残っていたのでご飯を入れて雑炊に。
熊肉と野菜の出汁がたっぷりしみ込んで本当に美味しくて、いつの間にか鍋は空っぽ。
b0089578_16540646.jpg
最後は店主さんも交えて囲炉裏を囲んで皆で談笑、
今までの豊富な経験を語ってくれるその内容が興味深くてふんふんと聞き役中心。
蜂の子の話になり冷凍ならあるよ、と数匹持ってきてもらいました(味付きです)。
幼虫から成虫になりかかった形で冷凍が溶けかかった時が食べ頃だとか。

ジビエ好きで羊の脳みそも大丈夫だけど、トルコの村で出された幼虫が入った蜂の巣は食べれなかったんです・・
しかし勇気を出してイザッッ・・噛むと口の中でトロリとした感触があって佃煮っぽい味で普通に美味しい。
一つ階段上った?

ジビエ好きなので色んなお店で食べることもあるのですが私の経験上一番かも。
夜の予約は1日1組だけなので予約は取りにくいですが、雰囲気と共に行く価値ありです。


by sukatan_queen55 | 2018-12-31 10:52 | 石川(金沢) | Comments(0)

大阪(心斎橋):アリーズ キッチン (ALI'S KITCHEN)パキスタン&アラブ家庭料理

b0089578_16205297.jpg
堀江周辺から心斎橋をぶらついてからの夕飯は、御堂筋・心斎橋駅すぐそばの
パキスタン&アラブ家庭料理(ハラールレストラン)、アリーズ キッチン (ALI'S KITCHEN)

心斎橋近辺で何か良さそうなお店は・・と、向かう途中の電車の中で探して予約をしましたが、
あれ?このお店って以前雑誌で見かけた記憶があり場所は大正じゃなかったっけ?どうやら移転したようです。

ミシュランガイド(京都・大阪)でビブグルマンを獲得し、日本ビリヤニ協会が認めたビリヤニが看板。
トリップアドバイザーでも評価が高く、そのせいなのか日曜だからか、予約した18時に向かうと満席状態。

お客さんはほぼ外国人客で日本人客は私たちともう1組、後は多分パキスタン系の人たちと、
多分アラブかしら系、そして東南アジア系(マレーシア・インドネシア?)な顔立ち。
b0089578_16210208.jpg
ここのカラチ出身のパキスタン人のオーナーさん、ノリが良くてめちゃコミュ力高いですね。
しかし、つっこみネタにパターンがあるのは他のお客さんの扱いで分かってしまいましたが、笑

最初置いてあったメニューにアルコールがなかったので(まぁイスラムだし)、
アルコールメニューってあります?と尋ねると、アルコール飲んでもらわなきゃ儲からない!とメニュー持ってきました。

カシスラッシーとアサヒの瓶ビール
ラッシーはソフトドリンクに見えるが、カシス部分がリキュールなので甘くてソフトに酔えます。
b0089578_16210766.jpg
メニューがあれこれ有り過ぎるので迷っていたら、オーナーからコンボプレートを勧められる。
ブレインマサラ(羊の脳みそカレー)も人気と言われたが、夫は当然無理で、
私も2回ほど食べたことがあるが特にめちゃくちゃ好きというほどでもないのでやめておく。

アラビックコンボプレート
ファラフィル、シャワルマ、ビーフケバブ、ハモス、ババガノッシュにサラダとパンのスペシャルセット
アラブ系の前菜盛り合わせの様なバラエティなセット。

お豆コロッケ(ファラフィル)はカリッと揚がってスパイシー。
シャワルマはあっさりでチキン主体なのかな?回転させて肉をローストさせたドネルケバブ(トルコ)のアラブ版
ビーフケバブはとても食べやすい、ザ・肉って感じで。
後はヒヨコ豆ペースト、茄子のペーストなどを好きなようにパンと組み合わせながら。
b0089578_16211273.jpg
フィッシュカレー

ビリヤニにマトンを希望したので(私の希望)カレーは肉じゃないものをと魚のカレー。
もうナンを追加しようかとも思ったけれど、ビリヤニも頼んでいるし食べきれないと思い断念。
カレーは飲み物&ビリヤニに少しかけつつ食べました。
お魚は鰆だったかな?サラサラスープカレー状のカレーは魚介の出汁がカレーに出ていて旨し。
そしてあっさりめではなくかなりスパイシー。
b0089578_16211769.jpg
マトンビリヤニ
夫はマトンカレーが苦手なのでビリヤニも×かと思ったが、多分肉を避ければ大丈夫かと思ったか。
写真には写っていないけれど、お好みでとライタも置いていったのでビリヤニにかけながら食べる。

バスマティ―ライスはパラパラで一言にスパイシーと言っても通じないだろうけど、あらゆるスパイスが香ってくる。
そして食べ進む内に結構お口の中が辛く積み重ね~~

でもってマトンは柔らかく旨い、あーマトンだわ、マトン・・と味わいながら噛み噛み。
そしてライタ(ヨーグルトソース)をかけるとさっぱりして、飽きずに食べ進められるんです。

便利な場所にあるしランチも15時までやってるのでサクッと行きやすいですね。


by sukatan_queen55 | 2018-12-30 23:08 | 大阪 | Comments(0)

大阪(北堀江):グランノットコーヒー (GRANKNOT coffee) oishii

b0089578_16075879.jpg
ラーメンを食べた後は「TREK Bicycle 大阪」(トレック直営店)でクロスバイクを吟味。
堀江周辺に移動してからもサイクルショップを覗きつつ、お洒落なお店をピックアップしながら巡りましたが、
さすがにカスタムパーツ揃いぶみなお店は上級者すぎてほんと眺めるだけです。
ブルックリンをイメージしたというむき出しのコンクリートとウッディーな部分が混在する店内は、
ラフでいて温かみがあり、奥までずーっと空間が広がっている。
b0089578_16080211.jpg
大きなテーブル席はすでに埋まっていたので、カウンター横のテーブルに座りました。
カウンターには自家焙煎したコーヒー豆や、マフィン・ドーナツ・スコーンなどが並んでいて、
焼き菓子は週末だけみたいです(「WEST WOOD BAKERS」さんの提供
b0089578_16080623.jpg
ハンドドリップコーヒーで淹れたホットコーヒーを飲めばベストだったけれど、
歩き回っていたら汗をかくほど暑くなっていたので11月だけど「アイスカフェラテ」。
これはこれでエスプレッソとミルクが程よくまろやかで美味しく心地よくクールダウン。


by sukatan_queen55 | 2018-12-29 23:39 | 大阪 | Comments(0)

大阪(本町):ふく流らーめん 轍(わだち) 本町本店「特製ふく流らーめん」「味玉マゼニボジャンキー」

b0089578_11233233.jpg
何気にアップし忘れていた11月の大阪編。
春になったら自転車を買うという目標を持ちつつ、あらゆるメーカーを吟味しまくっていたあの頃。

今は全く頭の中に自転車の「じ」の字も出てきません、ってこらっ!
きっと鉛色の空が基本の冬のせいですね、春になればきっとまた欲しくなります。

大阪でも自転車屋さん巡りもしてみようかと日帰り旅、到着したのはお昼前。
チェックを入れていたお店が本町駅から近かったのでランチもその周辺、ふく流らーめん 轍(わだち) 本町本店

L字カウンターのみの店内は並んではいなかったものの全員着席で中々の人気ぶり。
ここの看板メニューはエスプーマ入りの泡系ラーメン「ふく流らーめん」
2人で別々のメニューを頼んでシェアすることに。
b0089578_11233846.jpg
特製ふく流らーめん
鶏白湯をベースに三種の特選醤油のかえしを合わせたスープに柚子風味の泡だったエスプーマをのせたラーメン。
ふわふわ柚子の香りの泡とクリーミーなスープの中の鶏の旨みがやさしくまろやかで美味しい。
麺は卵を使わない自家製麺、中太のもっちりした麺に泡が絡みつく。
トッピングはレアチャーシュー、味玉、水菜、刻み玉ねぎ
レアチャーシューは中々厚みがあって柔らかく食べごたえがあり味玉もしっかりめ。
濃厚だけどもしつこくなく仄かな柚子の香りが爽やか。
b0089578_11234313.jpg
味玉マゼニボジャンキー
若者人気メニューだそうで煮干しガツン系の汁多め混ぜそば、割メシつきです。
見ためが目で殺す!って位ワイルドですね、笑
厚切りジェイソンもびっくりな分厚い低温調理チャーシュー、ガッサとかかった煮干し粉、荒め刻みの玉葱
味玉と見えにくいけど青葱。関西の葱は青い部分が多くて好き。
まんべんなく混ぜたところでいただきます。
自家製の太麺と共にいただく醤油ベースのタレは濃いめだけれどしつこすぎなほどでもなく。
ふく流らーめんとは全く違うけどこれはこれで中々の食べごたえでした。




by sukatan_queen55 | 2018-12-28 23:30 | 大阪 | Comments(0)

金沢(橋場町):a.k.a.[atelier kitchen for artisan](アーカ) oishii

b0089578_16305152.jpg
まだまだこのブログではクリスマス前、丁度クリスマスにかかる3連休の土曜日。
日中はホームパーティーの仕込みと掃除で明け暮れ、ご近所のa.k.a.(アーカ)で夜ごはん。

シェアホテル・HATCHIの1階にある和食ダイニング。
朝食や旬の懐石コース(前日までの完全予約制)を提供しているが、
実はおばんざい料理や季節の1品などの単品アラカルトメニューも揃っているので、普通に居酒屋さん使いできるんですよ。
テーブル席の利用はもちろんだけど、2人ならば私のお勧めはカウンター。
b0089578_16305636.jpg
乾杯はスパークリングワイン。
付き出し「ジャスミンで炊いた金柑、能登牡蠣のオイル煮、もずく酢」
牡蠣のオイル煮が胡麻油漬けの生姜風味で爽やか、山椒の葉が添えてあるところも和の要素。
翌日に早速パーティー用に適当に真似して作ってみました、同じにはならないけどそれなりに。
b0089578_16310153.jpg
和ローストビーフ
周りから和タレがしみ込んだ赤身肉が柔らかく美味しい。
和の風味に加えて噛みしめると肉のうま味が伝わってきて塊肉で持ち帰りたかったほど。
b0089578_16310754.jpg
a.k.a.ぜいたくサラダ
ベビーリーフに水菜などの野菜たちの
鴨のロース炙りにレンコンや人参のチップを散らした贅沢サラダ
b0089578_16311306.jpg
白子松前焼
白子天ぷらもありましたが珍しく松前焼など。
昆布の出汁を含ませた白子にはたっぷり酢橘をかけて。
b0089578_16311814.jpg
鰤たたきおろしポン酢
さっぱりとしたおろしポン酢がかかった脂ノリノリの鰤たたき。
甘い脂がとろんと溶けてめっちゃうま、鰤好きには冬は最高の季節ですね。

b0089578_16312350.jpg
輪島のハイディワイナリー相承(白)のグラス
b0089578_16312853.jpg
すき焼き風にゅうめん
〆は季節の土鍋炊き込みごはんがあったが、何か麺あります?とリクエスト注文に応えてもらいました。
あっさりめorこってりめと聞かれて、こってりを選んだ答えがこちら。
牛肉と玉子と玉ねぎを甘辛いタレでとじたすき焼き風にゅうめん。
タレと肉の旨みがスープにも溶け込んでこれも美味しかったー。

魚介と肉料理、地野菜をお酒と一緒に楽しむ、前回お会いした常連さんにもバッタリ。
イベントも多数開催していますが、ふらっと立ち寄って食べられる1品があるところもお勧めです。


by sukatan_queen55 | 2018-12-27 23:26 | 石川(金沢) | Comments(2)

金沢(香林坊):ルロワと満月とワイン(アジア・エスニック料理ダイニング)

b0089578_16142867.jpg
年末も押し迫る中、夫の仕事の女子スタッフオンリーの忘年会が香林坊でありました。
夫と私は仕事は別なので彼女たちといつも会っているわけではないが、たまにお手伝いをしているので参加。
今回は初対面の人もいたりしてワクワク、場所はせせらぎ通りのルロワと満月とワイン

スパイス&ハーブを使用したエスニック料理を中心としたワインを始めあらゆるお酒が楽しめるスポット。
エスニックだけではなくイタリア・フレンチなど様々なエッセンスが混ざったメニューが魅力。

照明を落としたシックでお洒落な雰囲気は女子会にぴったりですが、ネクタイリーマンの団体様もいましたよ。
前回は女子3人でカウンター占領していましたが、今回は5人で1テーブル。
b0089578_16143539.jpg
「姫リンゴとローズマリーのジントニック」は林檎とハーブの香りがさっぱりとした味。
私的にはハーブを使ったちょっと違う角度から切り込んだオリジナルカクテルがお勧め。
桃とバジルの白いサングリア、ジャスミンのサングリア他。
b0089578_16144096.jpg
満月ポテトサラダ
ポテトサラダの周りにひき肉が取り囲み一番上には味付きの卵黄、なるほどこれが満月か。
凝縮された卵黄と一緒にポテサラをいただくと一層コクがでる。
b0089578_16144502.jpg
満月餃子(焼)
餃子は焼き餃子と水餃子があるのだけど食べ易さから全て焼きに。
とは言え、満月は両方、鶏しおは水、ラム肉は焼きがお勧めと書いてありました。
豚肉とキャベツベースでにんにく不使用、自家製鶏ガラスープなどの無添加ジュレが入ってます。
b0089578_16145270.jpg
鶏しおレモン餃子(焼)
胸、もも、せせりの3種を使用してレモンの果汁と皮で仕上げ、にんにく不使用。
鶏の味が分かりやすくさっぱりした味なのでタレも2種あるけどさっぱりめの方で。
b0089578_16145784.jpg
ラム肉餃子(焼)
仔羊のもも肉ににんにく、ローズマリー、タイムを使い、クミンと一緒に焼き上げたラム肉餃子。
クミンの香りとラム臭でパンチがあるので好き嫌い分かれますが、エスニック好きならばぜひ。
羊肉ラバーな私はもちろんこちら押し。
b0089578_16150532.jpg
冷製ホタテのパクチージェノベーゼのマリネ
ホタテのお刺身に紅くるり大根、コリンキー、ピンクペッパー、ディルなど。
パクチーをジェノベーゼしたソースって結構インパクトあります。
パク女は家でもやろうかな....
b0089578_16151031.jpg
アン・ポワン・セトゥ
フランスの白ワイン(ソーヴィニヨンブラン、セミヨン)のグラス
b0089578_16152144.jpg
フレッシュハーブのスウィンギングポテト
これ前回も食べたけれどお勧め、どうやってカットしているか不明だけど、
ネジ状にグリングリンした形のポテトフライ。
美味しさは揚げニンニクとフレッシュハーブにもあるけど、多分この太さ加減もじゃないかと思っとります。
細すぎず太すぎずカリッとしながら微妙なポテトのやんわり感が残ってる感じ。
b0089578_16153156.jpg
エビまるごと蒸し餃子
これで餃子メニューを全部制覇、大判の皮は自家製だそうです。
海老が丸ごと入ってエスニックなピリ辛ダレでいただきました。
b0089578_16153949.jpg
白子のムニエル・岩のりのソース
ナスタチウムをあしらった白子のムニエルに磯の香りいっぱいのソースがよく合ってます。
b0089578_16154548.jpg
生ハム ハモン・セラーノとフルーツ(金柑)
2回目の注文はお酒が進むメニュー、最初に戻ってみたいに酒のアテばかり。
b0089578_16155353.jpg
「エルダーフラワーのモヒート」はフルーティーでやさしい香りがした
b0089578_16160025.jpg
鴨のロースト・胡桃味噌と金柑のピクルス、こちらも面白い組み合わせで美味しいです。
そうこうしている内にラストの〆が入らなくなるほど満腹になってしまった女子(いや半熟女かな)たち。
土鍋カオマンガイを食べようと思っていたのに残念っ

季節感やトレンドを取り入れたオリジナルメニューや店主さんのお洒落な世界観が私好みです。
しかし笑っちゃうほど個性的なメンバーばかりだったなぁ、楽しかったのでまた宴会しましょう。


by sukatan_queen55 | 2018-12-26 23:21 | 石川(金沢) | Comments(2)

金沢(片町):ボッテガ ディ タカマッツオ(Bottega di Takamazzo) oishii

b0089578_16025985.jpg
2018年のネタが沢山まだ残っていますので順にアップしていきます。

今年のクリスマスディナーは連休から数日前に前倒ししてボッテガ ディ タカマッツオ(Bottega di Takamazzo)
友人とは訪れていたけど夫とは本当に久しぶり、2人にとっては縁を繋いでくれた思い出深い場所でもあります。
入口に「cucina tradizionale」を掲げる通り、伝統的なイタリア料理を提供してくれるお店。
b0089578_16030497.jpg
乾杯はスパークリングワインのグラス
SANTERO PINO CHARDONNAY(サンテロ ピノ シャルドネ)
b0089578_16030901.jpg
トスカーナ風前菜の盛り合わせ
スモークサーモンと鱒の卵とリコッタチーズ、しめ鯖、ミラノサラミとブッラータ、モルタデッラ
24か月生ハムとパプリカ、蛸に白バルサミコの粒粒、燻製カジキマグロと茄子とフィンガーライム....etc

冷前菜はカルパッチョやカプレーゼなど他にもあるんですが、多分この前菜盛り合わせした頼んだことがないかも。
1つ1つ繊細でちょっとづつ美味しく楽しめるんだもの、前盛り=タカマッツォのイメージはかなり強いです。
b0089578_16031449.jpg
フォカッチャ
b0089578_16032029.jpg
最近は弱くなって2人で1本空けるのがキツくなってきたので白ワイングラス(後半には赤も)。
サービスの方がお勧めする違うワインを注いでくれたので、お互いのを味見しながら楽しめました。
b0089578_16032568.jpg
スカモルツァーチーズのソテー 野菜添え
牛乳から作られた燻製されたチーズ、スカモルツァー。
スモーキーな香りとミルキーな味、溶けて少しビヨーンと伸びてチーズ好きにはズギュンと来る。
添えてあるアスパラガスの横にパラパラと黒い点々は黒オリーブのパウダー、これもちょっとしたアクセント。
b0089578_16033059.jpg
香箱とズッキーニのパスタ、白トリュフの茸リゾット
ここを予約した後にFB公式ページを覗いたら、お店を開店してから初めて仕入れたという白トリュフの画像!
これは食べられるかな~と期待して「本日のおすすめパスタ又はリゾット」を聞くと、
白トリュフのリゾットともう1つは香箱のパスタ、白トリュフと決めていたけど香箱のパスタもちょっと捨てがたい。
そんな心を見透かしたようにハーフ&ハーフ(キッチンユキかよ)にしてくれました。

香箱ガニの方は言わずもがな!シンプルな蟹の旨さと内子ラバーな私は何度食べても飽きません。
高級白トリュフ、今まで食べたことあったかな?香りは茸という感じはしなかった。
人それぞれ異なるようですが、私が感じたのは少し香ばしいような独特な強い香りがワォー!

小学生の頃読んでいたスヌーピーの漫画本にイタリア人のしょうろちゃんとチャーリーブラウンが、
トリュフを採りに行くというので犬(スヌーピー)を連れていっていたので、
豚だと見つけたトリュフを食べてしまうから訓練された犬を連れていくというのはその頃知りました。

女の子の名前が「しょうろ=松露」という日本に存在する白い茸が付けられているのは、
白トリュフの日本版みたいなものだから?こちらも希少価値が高いらしいです。
しかし結構鮮明に覚えているもんだ、余程自分にとって興味深いエピソードだったのだな(食べ物関係だから?)

b0089578_16034211.jpg
お肉の炭火焼き盛り合わせ
欲張りチックに盛り合わせ、骨付きラムと牛ヒレ肉と鴨肉の炭火焼き。
以前食べた牛ヒレ肉のタリアータも抜群だったけど、個性が違う肉の味わいを楽しめてこちらもいいね。
下に添えてあるインカのめざめ、安納芋、タルティーボもうんまい。
タルティーボって新芽だから苦みが少なくって瑞々しいのです。

今回もとっても美味しかったですーーごちそうさまでした!


by sukatan_queen55 | 2018-12-25 23:20 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(疋田):バターレバーバインミー 「タマリンドチキンのバインミー」「パクチーミルクスープ」 oishii

b0089578_15331190.jpg
クリスマスパーティーの前日までに居間・お座敷・キッチンの大掃除をするのでこの場所の年末の大掃除は終わり。
来客の予定があると丁寧に掃除するもんです、普段は適当なのに。

次にやる事はお酒や食材の買い出し、お昼時なのでパクチー補給もしておこうか、とバターレバーバインミー

疋田町にあるベトナムサンドウィッチ(バインミー)のお店、エスニック好き、特にパクチー狂にはすっかりおなじみ。
✳︎パクチー抜き、レバーペースト抜きもできます

しばらくぶりの間にメニューがちょこちょこ変わっていて、まだサバのマスタードトマト煮バインミー食べていないな、と
横の黒板を見ると「マンスリーバインミー」なるものがありました。

なるほど月一で限定バインミーが出るのね、今月は「タマリンドチキンのバインミー」。

タマリンドはタイやインドの定番フルーツで、甘酸っぱくジュースやお菓子、調味料などに使われているのですが、
日本で生の入手は困難なのでタマリンドペーストは南インド料理やタイ料理には特に欠かせない。

少し柔らかめのフランスパンにレバーペースト、大根と人参のなます、玉ねぎ、きゅうり、
タマリンドのタレをからめた鶏肉と山盛りパクチー(増し状態)
甘酸っぱい鶏肉とシャキシャキの玉ねぎとパクチーで食欲も増し増し。

無料のお水もパクチーの根っこが入ったパクチー水!水までパク臭とは・・至福ッ!!!
あ、レモンが入った水もあります。
b0089578_15331534.jpg
パクチーミルクスープ(テイクアウトOK)
またパク心をくすぐるおニューなメニュー、中々ボリューミーな量。
パクチーの葉から根まで丸ごと使ってミルクと合わせたポタージュスープ。
クリーミーでほんのりパクチーの香りはすれど飲みやすいし、この時期は身体が温まります。

と、一連のパクチー連打にパク女も大満足ランチ。
b0089578_15331955.jpg
現在のメニュー、平日限定のココナッツ海老ヌードルが中々食べにこれない地団駄
b0089578_15332458.jpg
ホットティーが増えてますね、自家製干し柿とブルーチーズのバインミーはお酒に合わせたいです。
濃厚なベトナムプリン「バインフラン」も登場しているので、食事以外にスイーツ&ドリンクでカフェ使いもできますよ。


by sukatan_queen55 | 2018-12-24 23:33 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(堀川町):テーブルナナ (Table 7 nana)イタリアン・フレンチバル

b0089578_15244761.jpg
クリスマス連休中、夜はホームパーティー、昼は料理を作るために家にひきこもり予定。
連休中は夫も仕事で忙しいのでクリスマスディナーのお出かけは毎年前倒し。

連休の一週間前に行ったのは金沢駅前のイタリアン&フレンチバルの、テーブルナナ (Table 7 nana)
イタリア製熟成庫で店内「ドライエイジング」された熟成肉や自家製シャルキュトリーなどが有名ですが、
なんと言ってもメニューの種類の多さジャンルの豊富さ、これに毎回驚かされます。

本日のお勧めメニューが表・裏にギッシリ!さらに普通にメニュー表もあるんですから。
いや~仕込みが大変そうだけど、何か必ず食べたいものが見つかる、というか迷いすぎ。
営業時間が翌1:00、金土・祝前日は翌2時と営業時間が長いことから2次会・3次会にも活用されています。

私は何度も行っていますが2人なのでいつもカウンター予約、臨場感を味わうのが好きなカウンター純情派。
テーブル席は2階に30席、実はまだ階段を上がったことがないという。

乾杯はコンチェルト・ランブルスコ・レッジャーノ・セッコハーフ
イタリア エミリア・ロマーニャ、辛口の赤のスパークリングワイン、ハーフボトル。
お通しは、柿と生ハム、蕪マリネと魚の炙り、里芋素揚げ
b0089578_15245239.jpg
手作りハム盛りとイタリア生ハム
豚肉とイノシシのハム、生ハム、スモークハーブチキン、トントロパストラミ
b0089578_15245818.jpg
タラ白子のフリット あられ入り
この季節、ワンパターンと言われようとも白子と蟹のメニューに吸い寄せられる。
ふわふわとろりとした白子の衣の周りはあられ付で香ばしさをプラス。
b0089578_15250435.jpg
香箱ガニとズワイガニのチーズグラタン
香箱ガニコーナーはグラタン・パスタ・ピッツァ・リゾットの中からグラタンを。
スキレットの中はイタリア産モッツァレラとほぼ蟹に埋め尽くされてました。
b0089578_15251135.jpg
冬限定のグラスワインは泡、白、赤合わせて13種類ほど。
テラノブレ カベルネソーヴィヨン グランレゼルバ 
チリ コルチャグアバレー産の赤ワイン
b0089578_15251855.jpg
長熟・国産牛ランプ
テーブルナナさんと言えば、イタリア製熟成庫で店内「ドライエイジング」された熟成肉。
熟成期間50日の国産牛ランプ肉を150gいただきました。
赤身肉の部分は柔らかくちょっと香ばしい香りのような味、カリフローレや蓮根チップなど野菜も添えて。
b0089578_15252377.jpg
自家製塩ダラとオリーブ、ドライトマトのオイルパスタ
夫がシェフにオイルパスタをおすすめでとリクエスト、こういうのが一番困ったりして(笑)
パスタのスープが海老の旨みいっぱいだと思ったら、海老の頭の出汁なんだとか。
肉→魚介→肉ときて最後に魚介、蟹、白子、海老と冬の味覚いっぱい堪能しました。

今回も厨房は戦争でしたがシェフ1人で料理をこなしながらスタッフに指示を出してほんとに千手観音だわ
季節ごとに変わる何度来ても飽きないメニュー構成で、肉も野菜も魚介もジビエも何でも揃ってます。
週末はいつも込み合っているので必ず電話予約をお勧めします。


by sukatan_queen55 | 2018-12-23 23:19 | 石川(金沢) | Comments(2)

石川(野々市市):カレーのチャンピオン(野々市本店)「チーズミルフィーユカツカレー」

b0089578_15524206.jpg
雪がちらつき始め寒さも本格的になると鍋料理が恋しい季節、
実際、帰宅してから用意が楽なんで、結構出番があるのですが一番作るのは「チゲ鍋」かも。
豚肉の他に牡蠣も入れてスープにうま味が出るので全部食べれちゃう。

しかし、今年初のチゲ鍋を作ろうと思ったら、卓上IH調理器の温度が全く上がる気配がなく・・え!?故障した?
寿命なら仕方ない、カセットコンロがあるからそれで、とガスを付けようとするもこっちも付かない。

着火ポイントを掃除してカセットガスも新しいものに替えているのに、同時に故障するなんて。
その場はキッチンコンロで作って出来上がったものを食べたけど、
グツグツ言わせながら食べるのが醍醐味なのに。

カードのポイントが貯まっていたからカセットコンロを貰うことにしたけど、届くまで時間がかかりそう。
卓上IH調理器は頂き物だったので、どこの製品を選ぼうかと思いつつ放置中。
なので今年はまだ1回しか鍋食べていませんわー

さて夏でも冬でも食べると身体がポカポカ温まるカレー、とある日の1人ランチはカレーのチャンピオン(野々市本店)にて。
あくまでも本店についてですが、自分が学生の頃から男子学生の聖域の様なイメージがあり、
足を踏み入れたことがなかったのだけど、本店限定メニューに釣られて行ってきました。
だってラーメンはいつも1人で食べているし今更入れないこともなかろうと。

・チーズミルフィーユカツカレー
お肉を何層に重ねたミルフィーユ状のカツの間にチーズを入れたチーズミルフィーユカツ。
ポイントはサクッとカツを食べるとトロリとチーズが出てくるところ、カレーとチーズの相性は言わずもがな。
期間限定メニューなんでもう終わってるかもです、アップ遅くてすみません。

しかし、まだまだ本店期間限定メニューは続く。
来年の1月3日(木)~9日(水)の一週間、お正月限定カレー「のとししカレー」が1日20食限定で発売されるそうです。
カレーにもトッピングのカツにも能登のイノシシ肉を使用、と猪肉好きな自分にとってはとても魅力的。
しかし1日20食分か・・・チャンスがあれば狙いたいです(多分1人だな)


2019年1月3日(木)~9日(水)の1週間



by sukatan_queen55 | 2018-12-22 23:20 | 石川(金沢) | Comments(0)