<   2018年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

金沢(田上):横浜家系ラーメン 友喜家 「レイナの柚子塩ラーメン 」

b0089578_06504432.jpg
連続ラーメン記事続きます。

2015年から開催されるようになった金沢マラソン、自分の友人・知人も多く参加していますが、
交通機関が規制されるので中心部は身動き出来なくなる日でもある。

子供の頃から体育時間の球技は好きだったが、走る授業(特に持久走)が苦痛でしかなかった私にとって、
マラソン大会に参加する事はありえないので、その日は「金沢脱出デー」が恒例となってきました。

金沢を脱出する為には皆が動き出す時間帯よりも早く行動しなければならず、
金沢駅始発に乗るには午前4時には起きねばならない、ということは前日は早く寝なくちゃ!

早く寝なくちゃ!ってことは早く食事の用意して食べなくちゃ!ってことなんですが、
そこは頑張り過ぎなくてもいい楽チンな坂道へ転げ落ちる行動、食べにいきましたわ、横浜家系ラーメン 友喜家

・レイナの柚子塩ラーメン(小・トッピング:煮玉子)

湯涌のきよし農園で柚子とヘタ紫茄子を栽培している農業女子・田中礼奈さんが育てた柚子と、
奥能登の揚げ浜塩を使って友喜家さんがコラボしたラーメン。

ここはサイズを小・並・大と選べるから便利だわー大盛りはあっても小は中々ないもんね。
女子(胃弱熟女)にも嬉しいし、家族で来ても子供が食べられるサイズ。

真ん中に柚子のスライスがたっぷり乗っているが、実に薄くカットされている。
これだけ薄いと苦みを感じにくいし口当たりも自然ですね。

スープは濃すぎないまろやか~な塩とんこつ、柚子を口に含んでもお互いに喧嘩せず、
程よいコクがありながら爽やかな柚子の香りが漂う、あら旨っ!

トッピングはチャーシュー、ほうれん草、海苔、岩のり、ねぎ、刻み柚子と追加した煮玉子。
麺はツルッとした中太麺ですいすいいけちゃいました。

さーて帰宅して用意してすぐ寝る脂肪に変わるで翌日に備えることにした。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-10-31 22:41 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(窪):そらみち 「地鶏と貝の泡白湯」

b0089578_06502668.jpg
怒涛の連続ラーメン記事まだ行きます。

スーパーで豚バラ塊はよく見るけれど、豚肩ロース塊はあまり見かけない気がするのは私だけ?
豚バラで角煮を作ると脂っこいし、とあるカレーレシピには豚肩ロースと書いてある・・ふむ。

そういう時はコストコ!豚肩ロース塊が3本もパックになっているので、
カットして冷凍してもいいし、一気に焼き豚やカレーなど作ってます。

それだけに限らず、ホリデーシーズンが近づいてきたこともあり、
ずらりと並んだチョコアソートをついついカゴの中に入れてしまったりしていますが。

しかし量が多いコストコ、
無類のカレー好きさんは「ボンベイスイートカレー」というカレー粉を購入したんですが、
クローブの香りが強めな尖がった風味が好みではなく、いつのまにか賞味期限が切れてもう1年。

まだ半分くらい残っているけど、GABANのカレー粉の方が気に入ってしまったし処分かなぁー。
そんなこんなで期限切れでダメにしてしまったものが幾つかあるので、お得なのかどうか分からない時もある。

この日も豚肩ロースを買うためにコストコ寄り、平日の夕方は空いているのでサーッと買える。
夫は用事があって夜はお1人様、とならばそのまま真っ直ぐ麺行動、向かったのはそらみち

福井県へと移転して「めん屋さる」さんと合併するというニュースを知った数日後、
閉店は12月14日なのでその前に行っておかなくちゃ!
だったのだが、ニュースが駆け巡ったからか店の前がとんでもない行列。。。

車が止められないとスルッと諦める人なので、もう何度そらみちさんを断念したことか。
ラッキーなことに出る車がいて入れた!、その後は30分くらいの外待ち。

ご当地ラーメン巡・そらみち・めん屋さるの三店舗周年祭のチケットも販売していたけれど、
11/3(土)11/4(日)の予定はもう決まっていたので見送りました。

・地鶏と貝の泡白湯(トッピング・煮玉子)

基本の中華そばや煮干しは食べたことがあったので、今回は未食の鶏白湯。
スープがふわふわな泡系でまるでカプチーノのようなエスプーマ仕立て。

鶏のコクや貝の旨みが混ざって濃厚なんだけど口当たりは軽やか。
コシのある細麺に泡がしっかり絡まってくる、んまいなー。

トッピングは肩ロースレアチャーシューにネギと三つ葉、追加した煮玉子。
生ハムのようなレアチャーシューですがちょっとスープに浸してから食べるのも好き。

クリーミーで濃厚で美味しかった!に尽きますね。
カウントダウンの間に後1回他のメニュー食べれるかな。。。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-10-30 22:59 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(安江町):麺屋 白鷺 「濃厚カキそば」

b0089578_06503881.jpg
何年間もの間ずーっと歯医者に通っている同僚がいて、今日の帰りは歯医者と毎度のセリフを言われると、
「そうなんですね」と相槌を打っていたけれど、最近私も同じ立場になりそうな予感。

下の奥歯が噛むと痛くなり、すぐさま予約を入れて治療を始めたのが8月の途中。
最初は早く治療してもらいたくて、有休をとっていったが毎回そういう訳にもいかず。

仕事帰りからの遅い時刻の予約は競争率が高めで、月2回通えるのがいいところ。
仮歯にしてくっつくからハイチュウを食べるの禁止、と言われたのが懐かしい(実は反対側で食べてます、笑)

現在治療中とは別の悪いところが見つかって、引き続き通うことが決定。
その他にも自分自身調子の悪い歯があるのは分かっているので、
こうなったら悪いところ全部治してもらおう、とは思っているが、このペースじゃ1年中通うことになるなぁ。

この日もダッシュで歯医者に向かい、割と早く終わってスーパーでも寄るかと思っていたら、
夫に頼まれバニラビーンズを金沢駅のKALDIに買いにいくことになり、
遅くなったから何か食べて帰ろうか→ラッキー♪な流れ、夫のリクエストにより麺屋 白鷺

・濃厚カキそば

10月下旬から期間限定の「濃厚カキそば」。
広島産のカキをすり潰したものと鶏白湯を組み合わせたスープ。

カキの塊がないので一瞬不思議な気がするけど、鶏の旨みにさらに牡蠣が加わってより味わい深く。
ん~~スープ美味しい!でゴクゴクすすむ。

これ牡蠣臭さがないので、牡蠣の風味が苦手な人でも大丈夫じゃない?
後日、苦手な人が食べに行った結果、大丈夫だったそうです。

麺はいつものしっかりコシのある細麺。
トッピングは肩ロース、小松菜、地のり、玉ねぎみじんぎり、針生姜正油漬。

私・・コンビニのカップ味噌汁では海苔の具が一番好きなんです。
やさしくとろける磯の風味、しかも安いし、笑
なので地のりが入ってるとろける感じが好きなのだ。

そして玉ねぎみじんのシャキシャキも好きなので、好みのダブルの味変で自分の中でポイント高し。
夫は全汁完飲で私の残ったスープまで飲むほど気に入ったようでした。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-10-29 23:23 | 石川(金沢) | Comments(2)

金沢(新保本):麺屋 夕介「カレー夕介ブラック」

b0089578_06503443.jpg
子供の頃から成人するまで無類の漫画好きだった私、最近はあんまり読んでないけれど、
好きだった漫画がアニメ化されると、全く興味のない夫をおいてきぼりにして1人観賞タイム。

「進撃の巨人」は来年の春までないし、「バナナフィッシュ」や「からくりサーカス」もネットでチラ見しながら、
もっぱら一番のお気に入りは「ジョジョPart 5」をabema TVで見ること。

しかし、スマホで見ているので痛めている左肩が余計悪化しそうな感じ(元々これが原因か!?)
普段からyoutubeばかり見ているんです、音楽やアニメ、それと猫飼っていないのに猫動画が一番多い。

料理の動画も興味はあるのだけど、何故かこれだけはじっと見ているのが待っていられない。

TVだと(きょうの料理とか)リアルタイムなので見ていられるが、
動画は自分でいつでも止めることができる心理が働くのか、見続けるという我慢がきかないのだ。

文章ばかりのレシピじゃちょっとしたコツとか掴めないから、料理番組はためになるんだけどね。
そして料理教室はもっとためになる、という訳である教室に予約して行ってきた日。

夕方に会場に向かうつもりで仕事を早退し、お昼ごはんを食べに麺屋 夕介
カレーかラーメンで迷っていたが、実はこの期間限定のどちらも転べるメニューを狙っていた。

・カレー夕介ブラック

10月下旬に食べた数量限定である本日のきまぐれメニュー。
夕介版のブラックラーメンはパンチの効いた醤油スープ、それにさらにカレー味が投入されてる。
カレーはスープと同化してさらっとした状態になってます。
パンチのある濃いめの醤油にカレーのダブルインパクト、でもどちらも負けてない。

スパイシーなカレーの風味と濃いめな醤油の旨み、カレー好きにはたまりませんな。
でもってしょっぱすぎないので丁度いい。
もちもち極太麺に絡め取りながら食べるシャリシャリのネギが爽快感。

トッピングはチャーシュー、メンマ、ネギ、岩海苔。
あぁっ!!生たまごトッピング忘れてたー!と後から気づく奴でした。



[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-10-27 23:35 | 石川(金沢) | Comments(0)

金沢(寺町):自然派ラーメン 神楽「汁なし担々麺」

b0089578_11542368.jpg
東京編で少し間が空いてしまいましたが、その間ラーメン食べていたので連続投稿になりそうです。

ホームパーティーの買い出しや準備が続いていて、夜ごはんを作らなくてもいい日になった平日の夜、
1人で自由になったのなら気になっていたラーメンを食べにいこうと、自然派ラーメン 神楽

黒板には今の旬の限定ラーメン、そしてメニュー表には限定として本式担々麺が載っています。
限定と書いてあるけどしばらく続けるつもりなんでしょうね。

神楽さんで担々麺というと、冷やし担々麺を年違いで何度か食べていて、
サラサラとした胡麻の風味漂うピリ辛スープをいただいた記憶がありますが、
中華出身のご主人が本格的な中華をと気持ちを込めて「本式」と名を付けた本式担々麺。

それももちろん食べたい気持ちはあったけれど、今回私が食べるのは「汁なし担々麺」。
春頃から数量限定で出ていたけど、本式担々麺がある今はベースがあるので夜限定で食べられる。
数日前にある人が食べているのを確認して食べにきました。

メニューには載っていないので「汁なし担々麺ありますか?」と聞くとあると。
パクチーの入無を聞かれるのでもちろんインします、パク女ですもの。

・汁なし担々麺(トッピング:パクチー)
一気にダーっと混ぜちゃって食べ始めると、肉味噌の旨味と玉ねぎのシャキシャキ感やら香ばしさなんかが
全部口の中に混ざって全体的にコク深くってジワーッと響く、何これ美味い。
旨みの含んだタレに絡んだ麺の一体感と、ピリッとしてキレのあるあの調味料がせまってくる。

スープがない分ありよりも辛く感じるそうで、辛さはレベル3だったのですが
ラー油の辛さと花山椒のジンジンとくる痺れが、1口ごと食べる度にこれはキクゥ!と思いながらも
食べ終わった後の爽快感はクセになりそうー。

クセのあるパクチーだけども、この中に入るとうまく混ざり込んで、
香りだけが突出することなく良いバランスを保っています、パクチーが大丈夫なら超おすすめ。
私は辛いのは苦手ではないですが激辛は好みません、もっと辛いのをお好みならレベル5までできるそう。




[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-10-26 22:35 | 石川(金沢) | Comments(0)

東京(青物横丁):うなぎ 丸冨(まるとみ)で、うなぎ串焼き

b0089578_16285469.jpg
空港までの途中下車の旅、品川から東急本線・羽田空港行きで青物横丁駅で下車(急行止まります)。
初めての青物横丁は、駅前にはチェーン系飲食店や、横道に入ると個人商店がちらほら営業していて下町っぽい雰囲気。

お目当てのお店は大通り沿いを3分くらい歩いたところにあるうなぎ 丸冨(まるとみ)
お江戸に来る度にちょくちょく鰻を食べているが、うな重よりも鰻の各部位の串でちょい飲みする虜になっている私。

今回も東急本線沿線上に私の勘で何やら臭う店があるぞ!ということでわざわざ途中下車した訳です。
ネットの情報では16:30から営業となっていたので、電話をかけると予約は受け付けていないそうだ。

でもって16時頃には開いてるよ、と言われたので、まだ中で準備をしている16時前から
お店の周辺をうろちょろしているという、どこから見ても不審者?!

無事1番のりしてカウンター席の一番奥に座ると、ほどなくしてサラリーマン4人組、
常連っぽいおじいちゃんたちが入店して、12席ほどのカウンターは全て埋まってしまった。
b0089578_16285916.jpg
上にかかっているきも焼き、ひれ焼き、えり焼き、蒲焼きなどのメニューを見ながら、
まずは焼酎の水割りを頼み、串をお願いする。

注文する串の他にもテイクアウト販売もしていて、蒲焼だけ買いにきたりする人には小窓からはいっと、
飲んた後に鰻丼をお土産に買って帰る人もいる。

昭和生まれの憧れ、酔っ払いのお土産で鰻丼なんて持って帰ってきてくれたら嬉しいわー。
b0089578_16290315.jpg
肝焼き、串焼き、ひれ焼き
右側のひれ焼き、グルグル巻きっぷりが半端なくボリューミー、コラーゲンな脂と柔らかさで絶品。
真ん中の串焼きはうなぎの蒲焼きを串に刺したもので普通に美味しい。
肝もたっぷり串についてこんがり、噛みごたえがあって程よい苦味がクセになる~

途中、途中で水割りをグビッ、ぷはぁ~、これよ、これこれ!ウナギの串でちょい飲み最高。
b0089578_16290846.jpg
レバー
店主さんがレバーあるよ、と言ってくれたのでお願いします、と。
数量が少ないらしく上のメニューには見当たらない、壁に貼ってあったのかな?記憶なし。
肝は内臓(胃や腸)でレバーは肝臓のみ、レバーはさすがねっとりとして濃厚だわー
b0089578_16291293.jpg
えり焼き
えり=襟?首はないが首まわりの身でしょうか、
よーーく噛みながら食べるとその周りの身と脂がとても美味しいー
b0089578_16291678.jpg
あたま
骨あるからね、よく噛んでね、と何度か言われたあたま。
柔らかく処理してあるけど、骨はあるのでよく噛む、香ばしいね。
b0089578_16292268.jpg
蒲焼き
一通り串を食べた後、最後にうな丼を頼んでいるお客さんもいたが、ちょっとお腹の具合がお米が無理そう。
なので蒲焼きだけを頼んで、最後も酒のつまみ的にしてしまった。
これを数人で回しながら食べる、蒸してはあるようだけどこんがり焼かれていて弾力がある鰻さん。
濃い甘めのタレと共にうんまかった。

店主であるおとうさんがチェ・ゲバラのTシャツを着ていたので、
最初、それだけで一瞬おおっ!と圧倒されたが、
親しみやすくて遠い場所からよく来たねな感じで沢山話しかけてくれました。

ううむ、ここは気持ちよく過ごせたなぁ~娘さんらしき女性が赤ちゃんをおんぶしていてほっこり。
地元感溢れるアットホームさに美味しい鰻の串!こんな店好きだー
お昼時間は鰻丼のみの提供らしいのでやはり夜また串で一杯したいな。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-10-25 22:29 | 東京 | Comments(0)

東京(新宿):SUSHI TOKYO TEN、 新宿ニュウマン店 (スシ トウキョウ テン)でランチ

b0089578_13295391.jpg
かれこれ20年ほど前の話ですが、
西新宿で海外アーティストのブートCDや変換ビデオを購入していた時期がありました。

一緒にいた友人とランチと言えば、新宿東口のインド料理やタイ料理でのランチバイキング。
エスニック好き大食い女子2人のコンボを満足させ、しかも品数が揃っててかつ安いという条件を満たしていた。

バイキング以外でも新宿界隈(大久保なども含む)でのランチはエスニックが多かったなぁ。
今回は前日がエスニックだったので、2日目のランチは、SUSHI TOKYO TEN、 新宿ニュウマン店 (スシ トウキョウ テン)

お店はJR新宿駅新南口改札口を出て右手にあるニュウマン2Fのフードホール内。

フードホールにはオイスターバー、ベーカリーカフェ、アメリカンダイニング、ビストロが並んでいて
敷居なしのオープンな雰囲気のNYの高級フードコートスタイルだが、
お寿司屋さんだけはちゃんと敷居がありました(ガラス張りですが)。

西麻布の「すし天」のカジュアル姉妹店で、メニューは板前さんによる完全おまかせスタイル。
旬の素材をちょっとづつ沢山がコンセプト。

ディナータイム・土日祝日のランチタイムはおまかせ7000円(税抜)のみで、
平日ランチタイムはおまかせ3500円(税抜)か、ディナータイムと同じ7000円も選べます。

かなり人気があるらしいので予約必須、一週間ほど前から予約しておきました。
予約したのは平日おまかせ3500円のコース。
b0089578_13295836.jpg
開店と同時に予約していたと思われる人たちでほぼ席が埋まる、うんやはり予約して正解。
新しくスタイリッシュで都会的な店内はL字型のカウンターとテーブル席があり、私たちは4人のテーブル席。
若い職人さんが多くて、皆元気で活きがよくキビキビと動き回っている。

しじみのお出汁
1口分のしじみの一番出汁、ちょこっとだけど熱々でしじみの旨みを感じます。
b0089578_13300280.jpg
石川県の岩もずく
東京に来て地元産のもずくをいただくとは(笑)能登産の天然岩もずくって有名だもんね。
細くてシャキシャキ、沖縄で食べたもずくとはまた違うんだな。

b0089578_13300789.jpg
カツオ、太刀魚
あ、握りは当然ながら私のだけ山葵抜きになってます(笑)
職人さんがちゃんと分かっていて、置く方向を私に向けてくれる。
カツオは玉ねぎ醤油がかかっててクセもなくさっぱり、太刀魚は程よく脂がのっていたな~。

b0089578_13501946.jpg
アワビ(2人分の写真)
アワビは1時間炊いたんだそうで、ふわっと柔らかい。
私、サザエの黒い肝の部分はやや苦手なんですが、鮑の肝は美味しいな♪
b0089578_13502455.jpg
カンパチ、かます
脂は感じるがさっぱりとした後味のカンパチ、
b0089578_13502908.jpg
ゆば豆腐、落花生、ゴーヤの浅漬け
ゴーヤは大分苦味を取ってあり食べやすい浅漬け。
b0089578_13503441.jpg
イクラ
北海道出身の職人さんが北海道広尾産のイクラですと持ってきた、秋鮭の旬ですね
小さなイクラ丼はスプーンでいただきます。
b0089578_13504102.jpg
本鮪、漬けとトロ
赤身の漬けとトロで鮪の食べ比べ。
熟成された赤身の美味しさと濃厚な脂が楽しみであるトロ、美味しかった~
b0089578_13504644.jpg
北海道・礼文島のムラサキ雲丹
b0089578_13505130.jpg
玉ねぎネギトロ巻き
玉ねぎ入りで辛味はなく、食べる度にシャキッという歯ごたえが加わる。
ふわふわのシャリとトロとパリパリの海苔の風味をガブリと頬張って。
b0089578_13505503.jpg
しじみお味噌汁
どんだけ入ってるの!というくらいしじみ入ってます、お汁の方が少ないんじゃないか。
その分出汁がたっぷり出ています。
小さなしじみの身と格闘しながらで皆がしばらく無言に。
b0089578_13510075.jpg
穴子、玉子焼き
穴子の有名な漁場である対馬の穴子、ふわふわウマーでした~
玉子焼きは海老のすり身みたいなものが入っているようで、しっとりとして甘くスイーツの様。
b0089578_13510582.jpg
かんぴょう巻き
かんぴょうを手巻きでというのが面白い、ほんのり甘味の入った干瓢に海苔の風味が効いてます。
b0089578_13511214.jpg
巨峰
最後はお口さっぱり系の葡萄で、これは4人分です。

落ち着いた店内でお酒を飲みながら、ゆっくりと時間をかけてお寿司を味わうのはもちろん格別ですけど、
今日は新宿駅の超駅近という便利な場所での平日の寿司ランチ。

フードコート内とは言えし切られていて程よいカジュアル感と活気さで気軽に入り易いし、
西麻布のお店と構成が似ているそうで、テンポ良く出してくれるお寿司はどれも美味しかったし、
職人さんたちはテキパキサービスもよくって、3500円のお任せでお腹いっぱい!
満足感は十分に得られたし、人気なのがわかるかも。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-10-24 23:12 | 東京 | Comments(0)

東京(新宿):ヴァーヴ コーヒー ロースターズ(VERVE COFFEE ROASTERS)「ニトロブリュー」

b0089578_10091147.jpg
去年はブラックコーヒーを飲むと、胃がもたれたりキリキリしていたのでカフェインレス中心を心がけてた。
胃の調子が良くなってきたので今は普通のも飲めるが、自宅ではやはりデカフェの豆を飲むようにしている。

外だと、どーしてもデカフェがコンスタントに飲めるスタバばかりでワンパターンになりがち。

前に飲んだヴァーヴ コーヒー ロースターズ(VERVE COFFEE ROASTERS)のデカフェが中々気に入ったので、
テイクアウト&違うメニューも試してみようと新宿ニュウマンのエキソト店舗へ。

カウンターと真ん中の大きいテーブルしかないので、くつろげる雰囲気じゃないが、
エスプレッソをトニックで割ったメニューや窒素を詰めたアイスコーヒーなど個性的なメニューが面白い。
b0089578_10091614.jpg
ニトロブリュー
窒素を重鎮して注いだアイスコーヒー、見た目はまるで黒ビール。
きめ細かな泡立ちのなめらかな舌触り、この泡でコーヒーの苦みが和らいでいるように感じるのは気のせいかな?
ほんのり酸味があって飲みやすくてすっきり、でも飲んでいる内にじょじょに泡は消えていってしまう。

で、バンクーバーデカフェのドリップタイプのBOXを購入しました。
アイスばかり飲んでいるので次回はホットだなぁ~。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-10-23 23:25 | 東京 | Comments(0)

東京(新宿・ニュウマン):ベーカリー&レストラン 沢村 新宿(SAWAMURA)

b0089578_15200275.jpg
翌日は新宿方面へ、新宿駅直結の複合施設「NEWoMan(ニュウマン)」が開業してから2年半ほど。
最近、新宿はご無沙汰で前回も時間はなくエキソトのヴァ―ヴコーヒーだけ。

今回はエキナカのショップでお土産も買って帰るぞー!とホームを降りたが、
人の流れで新南改札に上がる階段に気付かず、そのまま南口を出て外から向うことに・・またやってもーた。

ニュウマンの2Fフードホールは、夜行バスで新宿に早朝到着しても
バスタ新宿に直結してるし7:00~25:00の営業だから、朝活に便利な施設。

ランチ前にフードホールにあるベーカリー&レストラン 沢村 新宿(SAWAMURA)に立ち寄る。

軽井沢で高い人気を誇るベーカリーショップ、記事にはしていないが、
去年の夏に「ベーカリー&レストラン 旧軽井沢」でパンを購入して帰ったら美味しかったので今回も。
b0089578_15200780.jpg
(右)パン・オ・マイス:トウモロコシが入ったふわっとした長いパン
(左)パン・オ・ノア:くるみが入った天然酵母パン
(上)パン・ポモドーロ:トマトピューレ、トマトジュース、トマトのお酒に漬けたドライトマトを練りこんだパン
(下)紀州南高梅のリュスティック:南高梅の梅干しが練りこまれたリュスティック

パンを1つ1つお皿に盛りつけて写真を撮るという芸当ができない面倒くさがり。

梅が練りこんだパンは中から梅干しが出てきて酸味が強くてなんか面白い。
一番好きだったのはトウモロコシのパンかな?
帰りの新幹線で食べちゃったけど、プリン型のカレーパンも中々美味しかった。
また立ち寄ったら、今度はハード系を幾つか購入してみたい。




[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-10-22 23:37 | 東京 | Comments(0)

東京(神田):HUB神田東口店(ブリティッシュ・パブ)

b0089578_09240723.jpg
ウルフギャングでステーキを食べ、東京タワーの夜景も垣間見えた六本木界隈から
ホテルがある神田駅へと移動、お腹は満腹でも気持ちは、まだだ、まだ終わらんよ、とHUB神田東口店

ロイヤルホールディンググループが経営すつ英国風パブチェーンで「HUB」と「82ALE HOUSE」があり、
全国に100店舗以上あり、特にここ数年で堅実に店舗数を増やしているらしい。

神田東口店は、JR神田駅東口を出て日本橋側に向おうかな~っと思ったら大通り沿いにすぐあります。
先にホテルに荷物を預けに行って駅に向かう途中、いやでも目に入るので覚えていたのでした。

まだまだオープンザドアーでも大丈夫な気温だからか、
自然と目に入る仕事帰りのサラリーマンたちのたまり場の光景が、余計さそい水になっている。

中のカウンターでドリンクとおつまみを注文してお金を払うと、
ドリンクはその場で受け取り、おつまみは後からテーブルに持ってきてくれるというシステム。
b0089578_09241205.jpg
マンゴビア
ギネスもありますが、もちろんマンゴビアが私の方、ビールの苦みはほんのり感じるものの、
濃厚な甘さのマンゴーの方が勝っているフルーティーなビール、ジュースみたいで飲みやすいわ。

この店ではHUBでしか味わえない新潟のブルワリーから当日冷蔵発送される「ハブエール」という
国産クラフトエールが人気みたいです。
b0089578_09241935.jpg
ひとくちフィッシュ&チップス
ブリティッシュパブの定番、英国風メニューは他にはミートパイ、ローストビーフ、ジャケットポテトなど。
ここは英字新聞じゃないと決まらない、スポ新の競馬や芸能コーナーじゃだめなのよ(別の意味で面白いけど)

クラシカルなフィッシュ&チップスもあるけれど、頼んだのは一口サイズにカットされたタイプ。
熱々に揚がったフィッシュがクリスピーでタルタルソースによく合う。
b0089578_09242391.jpg
ドラフトサイダー(ハーフサイズ)
イギリスで人気の炭酸リンゴ酒、フランスではシードルとして親しまれています。
リンゴの香りとフレッシュで爽やかなキレ、食の好みはオヤジ傾向なのにお酒は乙女酒が好き♪

何と言っても生ビールはハーフパイント390円から、おつまみも300円台からとリーズナブル。
気軽に立ち寄れる雰囲気で仕事帰りにサッと立ち寄ってちょい飲みして帰るのにピッタリ!
もちろん仲間たちとわいわいお喋りしながら飲むのも楽しいし、近くにあったらとても便利そうなので
金沢にも開店してほしい~。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-10-21 23:24 | 東京 | Comments(0)