カテゴリ:石川(金沢)( 1596 )

金沢(香林坊):フランジパニ バール(インドネシア料理)「ラクサ・ハーフセット」

b0089578_15280206.jpg
以前、香林坊大和地下にPLAZAがあった時は、寄り道ついでに新製品のメイクアップ商品を購入していたのに
フォーラスに移転してしまった今ではめっきり行く機会も減ってしまった。

その代り、香林坊東急スクエアに東急ハンズがオープンしてからは、あらゆるジャンルが揃っているので大活用。
待ち合わせ場所としても退屈しないし、人の往来する場所に便利なお店が出来たなぁと。

とある日の休日も街にちょっとした用事ありで東急ハンスにも立ち寄り、
同じ施設内にあるインドネシア料理のフランジパニ・バールでランチしてきました。

バリ島のホテルに勤めていたシェフによるバリ料理を中心としたバールスタイルのカフェダイニング。

・ハーフセット:1000円(+50円で目玉焼き)
フォーアヤムとラクサ、どちらか好きな麺類とナシゴレンのハーフサイズのセットでラクサを選択。
マレーシアやシンガポール、またインドネシアでも広く食べられているスープ麺。
ココナッツミルクに鶏の出汁?をベースとしたスープ、少しピリ辛です。
麺は米粉麺でほうれん草、海老、人参などが入っていてマイルドで食べやすい味。

ナシゴレンはバリ島の炒飯、日本のチャーハンとあまり変わらない気はするが、
あっさりとした味でしつこくなくクセがない、目玉焼きの焼き方が秀逸!黄身がプルプル。
訪問したのは日曜日、平日限定(月~金)でサラダ付きらしい。
b0089578_11015562.jpg
端っこで切れてるけれど、ナシ・チャンプル(1380円)はバリ島定番の料理が1プレートにのった
1日10食限定の人気メニューだそうです。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-04-08 23:12 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(新保本):麺屋夕介 「ブラックとんこつ」

b0089578_15261626.jpg
冬のアウターを全部クリーニングに出してしまった後の週末の寒波、
春らららにも朝一で重ね着グルグルでお出かけしたけど超寒いっ、
食べたいものは沢山あれど胃袋は1つ、そういう時は友人とシェアして早めに退散。

こうなると温かい食べ物を欲するようになる、ラーメンの道連れを従えて、麺屋 夕介

本日の気まぐれラーメンは「辛魚豚」(カップラーメン辛辛魚をイメージしたラーメン)の看板が目に入ったけど、
誰かが食べていた画像の真ん中に唐辛子の粉がこんもり山になっているのをみて・・・断念。

ヘタレでもいい、限定を諦めて通常メニューをいだだきました。

・ブラックとんこつ(小)煮玉子とキャベツをトッピング
小でも麺1玉なので私にとっては少ないってことは全然なくって、トッピング複数追加するならミニでもいいかも。
通常メニューも全制覇していないけど、一番ブラックとんこつを頼むことが多いかな?

豚骨スープに醤油が一層コク増しで安定感、太麺をわしわしとたたみかける。
キャベツ、ほうれん草、チャーシュー、海苔、煮玉子、フライドオニオンと豪華!トッピング増しは楽しい。

ちょうどお隣に知り合いが座って例の辛魚豚を食べていたけど、
首からタオルをかけているという用意周到、自分が帰る頃にふりむくと汗ダラダラ・・・ひぃっ!
辛いのと化粧が落ちるのが心配だったのでやめてよかった。。。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-04-07 23:10 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(東山):東山和今(日本料理)

b0089578_15511738.jpg
前回の記事より、3月中旬にa.k.a.で懐石コースをいただいた後、
東山にオープンした日本料理の「東山和今 」さんにお祝いがてら行ってきました。

2018年3月にオープンした1人2組限定の東山のオーベルジュ「薪の音金澤」
その1階に開業したのが「東山和今」、店主は主計町「嗜季」の料理長だった今井友和氏が独立。

時間的には21時を過ぎていて、夕食コースも終わった後のバータイムの様な感じ。

で、東山方向へと浅野川大橋を渡っていると、後ろから何やら気配が・・・!?
背後に立っていたのは20代くらいの若い女性、「東山に行かれるんですか?」

1人で金沢旅行に来て夕食後、東山をぶらりと散歩&どこかお店に行きたいけれど分からない
ということだったので、じゃあ私たちに付いてくる?と、急遽+1人追加でお店に向かいました。

暖簾からの細長いアプローチ、奥に入口があります。

b0089578_15512140.jpg
カウンターとテーブルで構成された中庭が見える黒地のシックな店内。
見知った顔ぶれも発見して、全員でオープンおめでとうの乾杯をスパークリングワインで。

うすい豆の素揚げにすり流しを湯葉で挟んで、繊細な甘みと湯葉のサクッと感が美味。
b0089578_15512635.jpg
続いてロゼのスパークリングにホタルイカとホワイトアスパラ、紫蘇を巻いて揚げたもの
ホタルイカのスミの出汁につけていただきます、おつまみもデリケート感に溢れてておいし♪
b0089578_15513455.jpg
その後もおつまみとワインを少しづついただきながら話も弾んで。

嗜季さんにも何度か足を運んでいたので、近くの東山にまた和食が食べられるお店が出来て嬉しい。
今回は軽くおつまみだけでしたが、次回は前衛的日本料理のコースをいただきに早いうちに行けたらと思います。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-04-06 23:51 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(橋場町):a.k.a..[atelier kitchen for artisan]アーカ(和食ダイニング)

b0089578_16482006.jpg
シェア型ホテル HATCHi(ハッチの1階エントランス奥に店を構える和食ダイニング、a.k.a.(アーカ)
地元食材を使用したアラカルトや月替わりの懐石コース、地酒や地ビール、ワインも楽しめるa.k.a.は3月ではや2周年。

3月中旬、春らしさがいっぱい感じられる4,300円コースをいただいてきました。
*コースは完全予約制、前日までに予約

まずはピンク色の見た目が春らしいいちごの甘酒、夫は金沢の地ビール、金澤ペールエール
この木目のランチョンマット素敵だ、と思ってたら輪島キリモトさんの製品だそうです。
b0089578_16515542.jpg
新たまねぎのムースの上には菜の花のすり流し、海老とオレンジ マジックレッド
玉ねぎの甘みと菜の花の仄かな苦みのコントラストが華やかなムース。
b0089578_16482970.jpg
サワラの炙り、芽キャベツの土佐漬け、アスパラの天ぷら生ハム巻き、
鰯とトマトの炊いたん、うるいとタコの胡麻と海苔の和え物にピンクペッパー、
ふきのとうを鯛と巻いて天ぷらに梅肉ソース
サワラの炙りは桜の塩で、桜の枝が添えてあってどこまでも春らしい。
b0089578_16483615.jpg
浅利のお椀、貝の出汁の風味のお吸い物の中に菜の花と玉子。
細く白いものはめん状に切ったじゃがいも

お酒はハイディーワイナリーの甲州(白ワイン)、その後にマスカットベリーA(赤ワイン)を飲んでいました。
b0089578_16484275.jpg
鯛のお造り、煎り酒で和えてあり程よい酸味と塩味。
梅の形をかたどった紅くるり大根、緑心大根、普通の大根、花わさび。
b0089578_16520385.jpg
鱒のはす蒸し、粘りある蓮根のはす蒸しの上には雲丹と素揚げしたこごみ
あんにも刻んだこごみと行者にんにく
b0089578_16485351.jpg
和牛の炙り、ふきのとう味噌ときくいものソースで。
香りとほろ苦さのふきのとう味噌はお肉に合う!
きくいものチップス アスパラのお浸しと揚げたものも添えて
b0089578_16520987.jpg
しらすとうすい豆、空豆の炊き込みごはん、山椒の葉が良い香り
b0089578_16521605.jpg
そら豆の豆の旨みってどうしてこんなに美味しいんだろう、そら豆は何にしても私の中では万能。
b0089578_16522216.jpg
いちごのアイス、ホワイトチョコと黒豆のガトーショコラ
ガトーショコラって黒いイメージしかないけれど、そうか、ホワイトチョコだからか。
しっかりチョコの味がします。

開放感のある気取らない空間の中、季節の食材をふんだんに使ったコースをごちそうさまでした。
カウンター純情派なのでコースでもカウンターでしたが、食材についてスタッフと会話したりこの繋がり感がカウンターの良さ。
コースの他にも1品も沢山あるので、ふらりと立ち寄ってカウンターで1杯やテーブルで皆と宴会など
面白いイベントもここから多く発信しており、多種多様な魅力をもったお店です。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-04-05 23:27 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(御影町):からやま(金沢御影店)「合盛り定食」「ゴロゴロ野菜カレー」

b0089578_16295810.jpg
去年は休んでしまったけど、今年はまた山菜採りツアーに参加したいよなぁ~と、
春物の衣替えを出し入れしていると、長年愛用していたパタゴニアのジャケットパーカーの裏地がボロボロ!

山で枝に引っかかっても破れないのに裏地が剥がれて中の服にカスが付きまくる・・ダメだこりゃ。
お気に入りだったけど処分して新しい山用ジャケットを探す旅に出る(ネット上)

でも着心地感などが分からないので、結局ノースフェイスの店舗で吟味して購入。
でも、でも山で破けちゃったらどうしよう(破けないのを選んだはずだが)とかで、勿体なくてどうもタウン着になりそう。

もっとどうでもいい安いのをアウトレットとかで買えないかな~
山菜採りの日までに何とかしなければ。。。

さて、私がおひとりさまで「からやま専門店」であるからやま(金沢御影店)に数回行ったことに
夫が「まだ行ってないのにズルい!」と意味もなく嫉妬。

なので町内会の夜の会合の後に行ってきました、からやま!この2週間で3回、ポイントが貯まる貯まる。
相変わらず駐車場に入るのも一苦労な人気店、名前を書いてしばらく待つ。

・合盛り定食:620円

期間限定の梅しそからあげ×2個とカリッとももからあげ×2個を合盛りさせた定食。
からやま3回目にして初の普通の定食、でも定番中のからやま定食はまだですが。

「梅しそからあげ」は鶏もも肉を特製梅だれに漬け込んでから揚げ、仕上げに国産赤紫蘇をふりかけ。
ふりかけは見た目で分かるけど梅だれに漬け込んでいるのは知らなかった。

知らなかったからか、梅らしさというのはあまり感じられなかったけど、
普通のからあげに比べて、割と後味がさっぱり気味だったので効果になっているのだと思う。

普通のから揚げはいつも通りカリッとジューシー、
極ダレ、甘辛ダレの2種類、どちらもいいけどマヨネーズをかけて食べるのが一番好きかも。

おひとりさまだと普通のごはんの量でも多いし、から揚げもボリューミーなのが4つなので完食不安。
でも、残りを食べてくれる連れがいると気も楽だわ。


b0089578_16302995.jpg
・極ダレ丼(+味噌汁):590円(+50円)

夫の初からやまがこちら、定食じゃないのね?自分も初からやまは「からあげサラダ定食」でしたが。
チキンカツの上に細切り大根と極ダレ、パワーアップしそうな見ため・・さらに大盛り。
味噌汁はついていないのでオプションでつけました。

2人で食べても1300円ちょっと・・安っ!中々美味しいし野菜も摂取できるし、これは流行るわ。
この時のカウンターは背広姿のサラリーマンお父さん方が多かったです、残業ごくろうさま!
b0089578_15344188.jpg
・ゴロゴロ野菜カレー:620円

ジムアフターからあげ!という訳で、おひとりさまなからやまでカレー活動。
シャバッとしたカレーにじゃがいも、人参、茄子が素揚げされてから揚げと一緒に入っています。
カレーはスパイシー感はあるものの辛くはないタイプ。

かつや系列だからカレーも似ているのかな?同時に2つ食べて利きカレーしてみたい。
定食に比べて量は少なめですが私にはこれで適量でした。

女性客2人組など女性が多いのも賑わっている要員かも。
かつやや吉野家などの顔を付き合わせるようなカウンター配列よりも、
真っ直ぐなカウンターだとファーストフード感もなく普通のお店っぽく女性でも入り易さがありますね。
私はかつやも吉野家も1人で入れますが・・・おっさん熟女の事は参考にしないで。

まだまだポイントカードを握りしめて、からあげ愛が止まらない!

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-04-04 23:22 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(片町):レストラン 彩(さい)でワイン会

b0089578_14295130.jpg
去年のある時期までは自宅の飲酒は控えていましたが、じょじょに解禁して現在は弱くなったけれど飲んでます。
そんなヘタレ酒になった私にイベントが舞い込む、片町のレストラン彩(さい)のワイン会に参加してきました。

キュイジーヌ・ジャパニーズと看板にある通り、和食に西洋スタイルも取り入れながらの献立は
鉄板焼きステーキと四季の香り漂う新鮮なお魚料理とお野菜を会食スタイルで提供してくれる(前回訪問の記事

カウンター6席、個室3室(14席)で接待やプライベートな食事会などにも使えて、深夜2時までの営業してます。
今回は私たちは部屋は畳にテーブルという個室に計6人、初対面なのではじめましてで始まりました。
b0089578_14295502.jpg
今回のワインのラインナップ。
・スパークリングワイン:シモネ・フェブル・クレマン・ド・ブルゴーニュ(フランス・ブルゴーニュ)
・白ワイン1:エリック・カム キュヴェ・アナルシ オーセロワ2015(フランス・アルザス)
・白ワイン2:ジャン・ルイ・ドゥノワ リムー サント・マリー2015(フランス・ルーション)
・赤ワイン1:ドミニク・ローラン ニュイ・サン・ジョルジュ №1V.V.2012(フランス・ブルゴーニュ)
・赤ワイン2:エクスペリエンス カベルネ・ソーヴィンヒョン ナパ・ヴァレー2013(アメリカ・カルフォルニア)

うぉー最近飲めるようになったと言っても、お店ではグラスワイン2、3杯くらいなので(十分?)
制覇できるか不安、苦しくなってきたら同行者にベルトコンベアー方式で飲んでもらいます。

b0089578_14295914.jpg
烏賊・このわた和え、和風・冷製鴨オランジェ
スパークリングワインに烏賊のこのわた和え、おっ!という組み合わせだけど、
このわたの風味は烏賊の塩辛に比べてマイルド、意外と合いましたよ。
もう1つは鴨肉とオレンジ風味のソース。
b0089578_14300490.jpg
春野菜とホタテとオマール
菜の花にプチトマト、ラディッシュ、蕪などの山盛り野菜の下にオマール海老とホタテ。
b0089578_14300927.jpg
竹の子オーブン焼き
この春の初竹の子、穂先の部分が柔らかくて少し甘い、白味噌に付けて食べます。
b0089578_14301304.jpg
鮃、鮪、鰤、造り
ちょっと多くない!?と思ったら2人分、やはり。
鮃のエンガワ、そして鮪のトロ、鰤っ、くぅ~これぞザ・日本人ですわ、お刺身が旨い。
b0089578_14301714.jpg
そうそう、ワインも忘れちゃいけません。
スパークリングワインは皆さんお代わりもしちゃってますが、私は当然1杯だけ。
気に入ったものはスパークリングワイン、アルザスの白ワイン、優しくてフレッシュな果実味のあるワインが好み。
ブルゴーニュの赤ワインも飲みやすかったな。
b0089578_14302103.jpg
彩風ブイヤベース
ハマグリの下は鱈だったかな?凝縮された魚介の旨みが詰まっていました。
付け合せのパンもあったけど、お腹が膨れてしまうのでスープだけ。
b0089578_14302517.jpg
かき貝グラタン
大粒の牡蠣が入ったグラタン、今回は洋風が続きますね。

b0089578_14302905.jpg
アスパラゴルゴンゾーラソース
サラッとしているけど中々濃厚なゴルゴンゾーラソース、旬菜アスパラで春の訪れ。
b0089578_14303316.jpg
近江牛サーロインステーキ
最後は赤ワインと近江牛のコロコロステーキ、もう既に満腹状態なんですけど肉の分だけ空けておいた。
しかし、ワインの方はかなりギブアップ状態で同行者に飲んでもらいました。
b0089578_14303878.jpg
水茄子
b0089578_14304139.jpg
デザートは苺ソルベ

初対面の2組のご夫婦と同席だったのですが、食の話しに始まり仕事や経済の事まで会話は尽きることなく、
ワインの詳しい知識はなくとも(私のこと)素敵な人たちと自然に楽しく交流できた夜でした。
時々、ワイン会を開催しているみたいですね、関西弁でユニークな語りのマスターに感謝!

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-04-03 23:31 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(6)

金沢(西都):客野製麺所 「らーめん(薄口醤油)」

b0089578_16334313.jpg
桜餅に桜ポッキー、桜ドーナツ、桜ふくさ、桜きんつば、春限定の桜味のスイーツを見かけては
食べている桜フリーク、こりゃ肥えるはずだ・・・でも、本物の桜には敵わない。

今週中に満開を迎えるというのに平日の日中はお花見できないジレンマ、そんな人も多いでしょうけど。
早朝に満開の桜で埋まった兼六園下を一瞬で通り過ぎるのが私のお花見時間。

まだ咲き始めてまもない桜を見ながら家業手伝いアフターに走った土曜の昼は、客野製麺所
いつもはパーコー麺や濃口醤油の中華そばに走るのに、あっさりした味付けを欲していたのは春だからか、年のせいか。

・らーめん(薄口醤油)
何年もきゃっさんに通っているのに、薄口醤油を頼むのはこれが初めて。
いつも濃口野郎だったんです、パーコーを愛する熟女だったり、薄口さんごめんなさいね。

澄みきったスープは淡い醤油の風味が優しい反面、味はちゃんとしまっていてうま味が浸透していく。
細麺はビシッとコシがあり存在感あり、あら旨いわーと唸る薄口ヴァージン。

前はパーコー丼も食べていた女ですがそれは過去のこと。
愛するパーコーを食べるために次は薄口のパーコー麺(ミニサイズ)を食べまする。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-04-03 22:44 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(田上本町):Luce (ルーチェ)イタリアン でランチ

b0089578_16354807.jpg
ホワイトデーの辺りは当然の様にお菓子をもらったり、県外でスイーツは買うわ、と
今現在1キロ肥えている現況が予測できるような自宅スイーツ在庫の貯めこみっぷり。

肝心のホワイトデーは仕事やなんやと忙しかったので、数日前の休日にお返しとばかりにランチをご馳走してもらう。
パティスリー・ONOさんに寄る予定だったので、ランチもその近くのイタリアン、Luce (ルーチェ)さん。

杜の里から田上へと山環道路を走って、マクドナルドがある信号を左に入り、
田上本町北交差点を右に曲がってしばらく行くと右手にあります。

当日の朝に予約を入れてOKだったのは開店時刻の11:30、早めに来たら入口に「本日は予約で満席」の看板が。
おぉーすごい人気、予約が取れてよかったというかギリギリセーフ。
b0089578_15165405.jpg
ランチメニューは3種類。

A:サラダ、パスタ(黒板メニューより)、デザート、カフェ:1,550円
B:前菜、パスタ(黒板メニューより)、デザート、カフェ:1,980円
C:前菜、パスタ(黒板メニューより)、メイン(肉or魚)、デザート、カフェ:2,950円
食後のカフェ:エスプレッソ、コーヒー、紅茶、カプチーノ、オレンジジュース、ウーロン茶

私たちはホワイトデーということもありCランチ。
黒板メニューよりというパスタの種類が何と11種類、多いとあれもこれも食べたくなって決められない私。
白子、チーズ、ボロネーゼ・・と迷った末に基本的に好きなトマトソースに決定。

b0089578_16361844.jpg
前菜、ランチの前菜で彩り豊かだとテンションが上がる。
ゴルゴンゾーラのムース、鰤のスモーク、モルタデッラとモッツァレラチーズ、スモークサーモン、フリッタータ
ふわふわなゴルゴンゾーラのムース、お魚のスモークが特に美味しかったです。
b0089578_16365848.jpg
柔らかくてシンプルなフォカッチャはしっとり。
お代わりできるそうで夫はパスタのソースを拭うので当然の様にお代わり。
b0089578_16372816.jpg
ハマグリのトマトソーススパゲティー
フレッシュなトマトのソースにハマグリの出汁がしみた旬の時期のパスタ。
b0089578_16375969.jpg
じゃがいものニョッキ・セージバターソース
モチッとしながらやわらかい食感のニョッキとセージの香りが爽やか。
b0089578_16383155.jpg
スズキのソテー
メインをそれぞれ2人でシェアしました。
カリッと表面を仕上げたスズキ、淡泊な味わいが周りの野菜たちと合う。
バジルソースをほんのりと付けて。
b0089578_16391733.jpg
米沢産大沢牧場豚のロースト
肉質が柔らかくしつこい感じがしないヘルシー系なんだろうか、でも脂が甘くて良質なお肉。
b0089578_16395075.jpg
デザートはボネ、イタリア・ピエモンテ州トリノ名物、チョコレート風味のプリン。
杏のリキュールを使っているそうで甘さ控えめで大人のプリンと言ったところかな。
しっとりしていて、これとっても美味しい。
20年ほど前にトリノに旅していますが、名物食べてなかっただろうな~多分。
b0089578_16403381.jpg
最後にカプチーノでしばらくまったり

大きな窓から太陽光がいっぱい降りそそぐ先は浅野川の川べり、
自然を背景におおらかで気軽な雰囲気なので、お互いのメインのシェアも気取らずにできちゃう。

女性客が殆どで男性はペア2組の2人くらいでした、カウンターがあるのでお1人さまもいるのかな。
パスタの種類が多くて季節ごとに変わるだろうし、ランチが込み合っているのも分かる。

シェフが1人で作られてるみたいなので、満員の店内は大変そうでしたが、
帰り際はシェフ自ら笑顔で見送ってくれました、ごちそうさまでした。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-04-02 22:45 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(長町):アシルワード (AASHIRWAD)「ミールス」

b0089578_16261921.jpg
山の様なレトルトカレー(お弁当用)やカレー用スパイスがアップを待っているのに、
カレーを作りなさい!と脳内から命令が出てこないのは何故だろう。

時間をかけてスパイスからじっくり楽しんで作りたいと思ってたせいか、
面倒くさくなったのか、そんなに複雑に考えなくてもいいのに・・・普通にカレーだよ、カレー。

そういう時はカレーを食べなさい!とエスニックを作りたくなるやる気のテコ入れ、
日曜のお昼に夫を引き連れて(道連れ?)、せせらぎ通りのアシルワード (AASHIRWAD)

インドからピノジ・シェフが戻ってきたということで、不在の間しばらくお休みしていたミールスが再開。
という訳でミールス(南インドスタイルのプレートセット)を食べてきました。

通常はロティ(全粒粉生地の薄焼きパン)が付いているけれど、バトゥーラ(揚げパン)に変更してもらいました。
*チーズナンへの変更やナンの追加も可能。
b0089578_16265872.jpg
左から
サンバル(南インド式の野菜と引き割り豆のスープ)
ラッサム(タマリンド&トマトの酸味と黒胡椒の辛味を効かせたスープ)
その日のお魚のフィッシュカレー(本日は鯵)
ココナッツと野菜のアヴィヤル
ビーツのパチャディ
自家製ヨーグルト
ジンジャーチャツニ(薬味ソース)
新潟産の長粒米

アヴィヤルは人参やインゲンなどの野菜やココナッツファイン入り、細かい味付けは不明。
鮮やかなビーツのパチャディはヨーグルトの酸味とマスタードシードの粒粒が見える、ちょっと辛い。

サンバルのホッとする味の後に酸味の効いたラッサムに驚き、フィッシュカレーはまったり美味しく、
それぞれの野菜のお惣菜を楽しみながら、絶品のジンジャーチャツニを何にでもつける。

どれもそれぞれ全然違った個性を放っていて、そのままだったり混ぜたりして食べていて楽しいし美味しい。
*フィッシュカレーは本日の各カレーとも変更できるそうです
b0089578_16280039.jpg
ロティの代わりのバトゥーラ、ロティを揚げたらプーリーだけど、
バトゥーラは発酵してある生地、熱々ふかふかもっちもちで大好きなのだー!
b0089578_16283018.jpg
旧店舗の向かい側に移転してから道路に近くなったせいか、
中から見ていると、玄関先に置いてある黒板を覗きこむ人をよく見かける。
より入り易くなったみたいですね、本日もごちそうさまでした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-04-01 23:33 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(堀川町):炭焼 333 sasami(ササミ)

b0089578_16313037.jpg
冬のコートを脱ぎ捨てて春のレインコートにするか迷っていた寒さが残る3月上旬。
金沢駅堀川町近辺で美味しい炭焼きを食べるならとインプットされている、炭焼 333 sasami(ササミ)さん。
行きたいモード全開、人気店なので予約必須!久しぶりに行ってきました。

爽やかで元気な女性2人で切り盛りしている同店の炭焼きは、比内地鶏を中心に野菜や一品料理がずらり。
つくね以外は串に刺さっていないタイプの炭焼きです。
b0089578_16313471.jpg
お酒はビール、焼酎、日本酒、果実酒、ワインと色々揃っていますが、注目するのは国産ワインの品ぞろえ。
自らが美味しいと選定した全国のワイン、本日のグラスワインは黒板メニュー、ボトルは通常のメニューにて。

後、果実酒だったらふわとろパイン酒やブラッドオレンジのお酒、ソフトドリンクだったら柚子サイダーやぶどうジュースなど
特に女性目線で飲みたいな、と思うメニューが見つかります。

まず初めに飲んだのは「赤兎馬梅酒」、三国志の赤兎馬(せきとば)から名前を借りた芋焼酎で仕込んだ梅酒。
甘くてしっかりしたコクがありました。
b0089578_16313996.jpg
比内地鶏の鶏もつ煮
しっかり味のしみ込んだ鶏もつ煮はレバーや砂肝などで臭みなどは全くなし。
ショウガで味もしまって後味がすっきりと。
b0089578_16314563.jpg
デコポンのサラダ
皮も器にしたデコポンのサラダはさっぱりしたドレッシングで柑橘系を活かして。
ミニトマトやラディッシュ、きゅうりなど彩り豊か。
そういえば蜜柑やオレンジは家でちまちま食べていたけど、デコポン今季は食べていなかったなぁ。
b0089578_16315553.jpg
比内地鶏のももとテール
身のひきしまり感と弾力がすごいもも、噛むほどに旨みが広がっていく。
カリッと良く焼かれた皮の下に潜む脂がまたうまい、もちろんバツグンの焼き加減。
テールは鶏のぼんじり部分、ぼんじりって物によっては脂っぽく感じるのですが、
これは全然そんなことはなくしつこくない脂、むしろその脂が旨い、そしてサクッとした歯ごたえ。
b0089578_16320023.jpg
滋賀県・ヒトミワイナリーのMCNi 2017 オレンジ、エチケットが可愛い♪
国産ナイアガラ・デラウェアを使用したオレンジワイン、甘い香りにフルーティーで辛口。
b0089578_16320426.jpg
比内地鶏の肝(レバー)
しっとりきめ細かくレア状態のレバーは濃厚でめっちゃ旨い。
レバーが苦手なはずの夫が美味しいと唸る美味しんぼの様な展開。

b0089578_16320999.jpg
フキノトウの一口コロッケ
フキノトウのほろ苦さが春らしい揚げたてほくほくコロッケ。
b0089578_16321424.jpg
比内地鶏のつくね
周りをパン粉で包んで焼いたつくね、カリッとした表面をかじるとふわっふわでとってもジューシー。
味付けは塩味で美味しいので毎回食べています、これは初めての方には絶対に食べてもらいたい。
b0089578_16321916.jpg
山梨県・Dom.Oyamada Bow!(ドメーヌ・アヤマダ・バウ)
カベルネ・フラン、マスカットベリーAを使った赤ワイン、軽いのにスパイシーで複雑なビオワイン。
名前で友人のBOW隊長を思い出してしまった。
b0089578_16322605.jpg
静岡県産のジャンボマッシュルーム
椎茸の大きいのはありますがここまで大きなマッシュルームは普段なかなかお目にかかれない。
とっても肉厚でマッシュルームの風味とバターが合うっ

他にも野菜の炭火焼は蓮根、アスパラ、茄子、長芋、アピオス、菜の花、五郎島金時など季節によって色々。
b0089578_16323266.jpg
生ソーセージ焼
ラストで肩ロースステーキを食べようかと思ったけれど、お腹が膨れてきたので生ソーセージ。
b0089578_16323811.jpg
まだ飲む?な、熊本県・熊本ワインの菊鹿ワイン・カベルネ・ソーヴィニヨン樽熟成
夫は日本酒の作(三重県)を飲んでいました。
b0089578_16324470.jpg
鶏そぼろ丼
タレ味がしみ込んでいて旨みのある鶏そぼろ丼で〆ッ!

1つ1つの食材選びに拘りがみられて丁寧に焼かれる炭火焼や1品はどれも美味しい(真顔)
炭火焼だけじゃなく季節ごとに1品も変わるので、中々全制覇できません(笑)

後、カウンターの縦幅が長いので余裕をもってゆっくり食べられるというか。
お酒選びも楽しかったです、また行きます!ごちそうさまでした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-03-31 23:21 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)