カテゴリ:石川(金沢)( 1674 )

金沢(片町・新天地):チェコ料理 DUB(ドゥブ)祝!4周年

b0089578_14581771.jpg
8月10日、友人たちと新世界でうなぎを食べディランで爆睡したお盆休みの始まり。
うなぎ屋さんのお隣はチェコ料理DUB(ドゥブ)、ちょうどこの日が4周年だったのです。

DUBの前を通り過ぎながら4周年の事が頭にインプットされていた翌日、
町の繁華街は金沢ゆめ街道2018というYOSAKOIや太鼓などパフォーマンスが繰り広げられるイベントが開催。

歩行者天国になるというので夕方から香林坊へと向かい、香林坊大和の前の屋台で軽く一杯とつまみを食べ、
会場各所を巡りつつ、さてこの後どこになだれこもうかと真っ先に浮かんだのがDUB。

予約していなかったのですが扉を開けるとちょうど2席空いていて運良く入店できました。
b0089578_14582355.jpg
私は前日のワイン酔いが記憶に新しいので、軽く白サングリアで。
夫はカウンター後ろのビールサーバーからピルスナースタイルの元祖となる歴史あるビール、ピルスナーウルケル。
b0089578_14583071.jpg
前菜盛り合わせ
ザビナーチ(いわしの酢漬け)、ウトペンツィ(ソーセージの酢漬け)、チーズの酢漬け、砂肝のオイル煮
マジャルスキーサラーム(チェコのサラミ2種)、素麺かぼちゃ・コリンキー・金時草のピクルス

いつも単品でちぇこちぇこ頼んでいる前菜たち、盛り合わせを頼むのは初めてかも。
酸味の効いた酢漬けや日持ちするものが多いです、それぞれに個性があって酸味の利かせ方がいい塩梅。
b0089578_14583633.jpg
お次はまたまた赤のサングリア、控えめな今日の私。
今回飲んでいたのはこんな感じですがチェコはビール消費量世界一の国、
色々なチェコビールにチェコのカクテル、チェコのワインとチェコ酒色々揃ってます。
b0089578_14584141.jpg
オロモツチーズとズッキーニのフライ
本日のメニューから頼んで出てきてびっくり!大判焼きの様なゴロッと大きなフライが登場。
オロモウツという都市のチーズでズッキーニの間に入っているからか、形を保った状態でガブリ。
何か独特のクセがあるチーズなのね、さっぱりとしたタルタルの相性もあって全く気にならないところか美味し!
そしてこのお皿の可愛らしいこと。
b0089578_14584687.jpg
Ex フランコフカモドラ 《EX Frankovka Modra》夫が飲んでいたスロバキアの赤ワイン
b0089578_14585411.jpg
能登豚と自家製ザワークラウトのパプリカ煮込み
こちらも本日のメニューより、自家製チェコの茹でパン(クネドリーキ)付
豚肉のシチューにザワークラウトの程よい酸味が加わって夏にぴったり、ふわふわのパンをちぎって付けて食べたり。

こちらに来る度に食事と共にチェコの文化や歴史など豆知識が増えたりして、
そして私自体チェコに馴染みがあまりないはずなのに私たち日本人に馴染む美味しさが魅力。

最初は店主さんとやり取りしていたのが、たまたま縁がある人たちがいたり、後から知り合いが登場したり、
南米から帰国した人の話しを聞き、さらに反対側ではイギリスの話が~とカウンターで話が繋がって超楽しかったです。
そんなワールドワイドなところもこのお店の良いところ、ごちそうさまでした。



[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-08-17 23:59 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(片町・新天地):パブ ディラン(Pub Dylan)

b0089578_10345530.jpg
友達を引き連れて新世界界隈をぶらつき、2次会は久しぶりのパブ ディラン
音楽を愛するマスターと奥様との気軽な雰囲気の中会話が楽しめるパブ。
2階で12名までの宴会もできます(要予約)
b0089578_10355530.jpg
本日の黒板メニューはイノシシソテー、ラム肉ロースト、豚足(焼)とかツボに入るものから、
ラタトゥイユ、おつまみカレー、梅貝香草バター、麻婆豆腐、アンチョビキャベツと多彩。

ご飯は食べてきたので酒!(Vina Valdiviesoビーニャ・バルディビエソ)チリのスパークリングワイン
先の店でも飲んできたけど飲み足りなかったので泡ものをグビグビ。
b0089578_10362165.jpg
ピリ辛焼きそばを皆でシェア!んでもってマスターとフジロックなど音楽談義のあれこれ。
b0089578_10362879.jpg
聞きなれたメロディーが流れてくると思ったらPeter Gabriel & Kate Bush「Don't Give Up」のカバーのLive。
その後、本家本元のPVを流してもらう、なっつかっし~~。
マスターの携帯からリクエスト飛ばせるというので、その後シガーロス、キュアーなど自分の好みの曲をかけ放題。

とここまではよかったのだが、トイレから出た辺りでくらっとくるなと思ったが後の祭り。
2階に上がる階段に座り込み、そのまましばし爆睡(時間は不明)

その間友人たちは私がいなくても全く気にならなかったようで、後から何事もなく復活して戻ってきた頃にお会計。
あぁ、やってしまった・・・又リベンジに行きますから、その時ラム肉あればいいな~。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-08-16 23:36 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(片町):うなぎ金澤(うなぎ料理・居酒屋)

b0089578_15054015.jpg
暑い日が続く中、残業続きの友人にパワーをつけてもらおうと飲み会企画。
最初は焼肉の予定だったけど、流れ流れて同じパワーをつけるならと鰻になりました、うなぎ金澤

うなぎ金澤さんは愛知県産のうなぎを使用しており、うな重や名古屋風ひつまぶしなどご飯物、
蒲焼き、う巻き、鰻肝焼きなど1品もの、その他旬の一品居酒屋メニューが色々揃っています。

場所は、片町の新天地商店街にある鰻料理のお店、中央味食街のななめ前辺り。
店内はコの字型の掘り炬燵カウンターに周りは民芸調のグッズなどが飾られて、懐かしく落ち着いた雰囲気。
二階は個室もあるそうです。
b0089578_15061065.jpg
最初の1杯の梅酒ロックとお通しは冷たい素麺。
素麺の具に蜜柑の缶詰、椎茸の甘煮とかノスタルジー炸裂、昔よく食べた記憶が甦る。
b0089578_15112432.jpg
鰻ざく酢(夏期限定)
きゅうりと鰻の酢の物いわゆるうざく、さらに+αでワカメとミョウガに酢味噌和え。
鰻の蒲焼きの細切りと冷たい酢の物でさっぱり。
b0089578_15122598.jpg
どぜう蒲焼き串(3本)
金沢の夏の風物詩どじょうの蒲焼き、これもよく昔から食卓に出てたな~と懐かしい。
どじょうのほろ苦さと香ばしさがついクセになる。
b0089578_15125476.jpg
鰻巻き玉子
出汁の効いたふわふわの出汁巻き玉子に鰻の蒲焼き、絶対に頼む鉄板!
b0089578_15132554.jpg
お造里盛り合わせ
そうそう、鰻以外にも牛すじ煮込み、厚揚げ焼き、鴨ロース、鰹のタタキ、チーズオムレツなどそそる単品が目白押し。
選んだお造り盛り合わせは本日のおすすめの鯵、がんど、サーモンの3種。
b0089578_15150094.jpg
うなぎ白焼き
一番人気だといううなぎ白焼き、鰻本来の風味が味わえてやっぱりんま!
b0089578_15135537.jpg
うなぎ蒲焼き
立て続けに蒲焼きの方もいただきました、お酒のつまみに鰻とは贅沢だわ。
うな重を食べているお客さんたちもいてそれもいいなと眺めながら~うな重はお持ち帰りもできるそうです。

店主のおとうさんによると、鰻が一番美味しいのは2月頃だとか。
夏のイメージが強い鰻だけど土用の丑の日は実は春夏秋冬巡ってくる。
冬には限定のどぜう柳川もあるし、また食べにいきたいです!


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-08-15 23:49 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(長土塀):うどん亭・大黒屋「荒磯かきあげ」「ミニカレー丼」

b0089578_10474671.jpg
金沢中央郵便局近くにある長土塀のうどん屋さん、大黒屋(だいこくや)

夫が自由になる日曜に行こうと思っても定休日なので、今まで1人でしかお邪魔していなかったけど、
お盆の間なら平日だし行ける!と一緒に行ってきました。

・荒磯かきあげ(うどん・太麺)

夏期の大黒屋の人気ナンバー1メニューだそうです。
冷たい麺に焼き海苔を敷き詰め、紋甲いかゲソのかき揚げをトッピング。

てっきりうどんの頭でいたのでメニューだけ選んでそのまま黙っていたら、麺選んで〜と店員さんに言われる。
うどん(太麺・細麺)の他にそば、ラーメンも選択肢にある!?
一瞬迷ったけど、当初の予定のうどん・太麺で。

コシのある太すぎない太麺のうどんが冷たい出し汁に入って、上にはさくさくのゲソ天と大根おろし。
ツルツルさっぱり夏はやはり冷たい麺派。

・ミニカレー丼

大黒屋と言えばカレーうどんが有名、金沢カレーの元となるカレーを受け継ぐ元祖シェフたちの1人が大黒屋の高田義教さん。
カレーうどん、カレーライスなどカレー主体のメニューあれど、他にも食べたいうどんメニューがたくさんある。
そんな時はプラス1で、ミニカレー丼やミニカレーうどん、1つを夫とシェアしました。
どろっとした濃いめのカレーには牛肉がごろり、どちらかというと洋食を感じる濃厚カレーには炭水化物がとても合う。
b0089578_10475357.jpg
・極上荒磯(うどん・太麺)
夫が食べた荒磯かきあげのグレードアップ版。
焼き海苔を敷き詰めた冷たい麺に大海老天ぷら3尾、野菜天ぷらをトッピング。

あたたかいうどんもほーんと色んな種類があるので、またこそっと1人で食べにこよう。
あ、うどん屋のラーメンも。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-08-14 23:52 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(新保本):一世風靡「まぜそば」

b0089578_12303302.jpg
今週から私はお盆休みに入ってるんですけど、夫の実家でBBQやお墓まいりなどぼちぼち過ごしています。

お盆の間はどこに行っても混雑するということを忘れてて、近江町市場に買い物に行ったら車が止められない。
やや遠めのパーキングに止めて市場まで歩いていったら、どじょうの蒲焼(目的の1つ)の店が行列。

平日に近江町市場にいけるなんて滅多にないし、混雑ぶりも活気と見れば楽しいもんだけど、
この暑さも加わって少々バテ気味・・・な時はがっつり食べて元気を出そうと、一世風靡

・まぜそば

8月末までの限定のまぜそば、醤油ベースと煮干しスープが混ざったタレが底にあり、
上の豚ミンチ、天かす、海苔、ねぎ、魚粉、ニラ、卵黄を混ぜ混ぜ〜。

油を使っていないのでお肉の旨みはあるけど意外とあっさりしていて、北海道から仕入れたという全粒粉の麺はもっちもちで風味豊か。
うま!!デフォで追い飯付きなんだけど、お腹膨れそうなので断りました。

同じ限定で夏野菜のカレーとんこつもあってカレー好きとしてはこちらと迷った。



[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-08-13 23:35 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(東山):オリエンタル ブルーイング (ORIENTAL BREWING)東山店

b0089578_14412705.jpg
毎日、暑い暑いと唸りつつ食事毎にグイッと1杯、自宅の冷蔵庫の扉を開ける度に缶ビールの在庫が減っている。
とは言っても家で缶ビールを飲むのは夫だけ、私は未だビール修業中の身。
でも、クラフトビールなら飲めるぞっ

とある日、ふらりと近場でビールとつまみでもと寄ったのは、オリエンタル ブルーイング (ORIENTAL BREWING)東山店
香林坊店は時々行くのですが、ここは2次会的にチラリと立ち寄った以来お久しぶり。

金沢でクラフトビールを造り販売する、東山店は併設する醸造室を構えている直営店。
自家醸造ビールの他に全国の厳選されたクラフトビールが8種類のドラフトに繋がっており、その都度更新されます。

フード類のメインはナポリピザですが、その他にもビールに合う定番おつまみや黒板にも注目。
ここのオリジナルビールの中では金沢ゆずを使った湯涌ゆずエールが飲みやすく爽やかで好きです。
ビール修業中の身なのでやはりフルーツ系にいっちゃいますね。
b0089578_14413166.jpg
サイゴン・パッション(Far Yeast×Heart Of Darkness)山梨

山梨の「Far Yeast Brewing」とベトナムの「Heart Of Darkness」との海外コラボビール。
スタイルはフルーツサワーエールでABVは4.5%
パッションフルーツを原料に使用しているそうで、甘酸っぱい南国の香りがふんわりと。
さっぱりとして爽やか、苦味は少ないので私にはより有り難い。
b0089578_14413625.jpg
パクチー揚げ餃子
綺麗に成形されたパクチー揚げ餃子、かりっとジューシーでパクチーの魔の香りがつまみ満足度を上げる。
b0089578_14414154.jpg
温卵のせ・生ハムシーザーサラダ
上から2つは黒板メニューからなので日替わり限定なのかな?
クルトン多めなサラダはサニーレタス、生ハム、プチトマト、温玉にシーザードレッシング。
b0089578_14414571.jpg
オリーブ盛り合わせ
b0089578_14415032.jpg
鶏唐揚げ(大野醤油仕込み)
香林坊店でも食べたメニュー、下味に醤油がしみ込んで美味しいです。
東山店と香林坊店ではメニューが違うけれど地元食材や調味料を積極的に使うのは同じ傾向。
b0089578_14415479.jpg
加賀棒茶スタウト(オリエンタルブルーイング)金沢・スタウト5%

2杯目はこちら、加賀棒茶を合わせたスタウト。金沢らしくて個性的でいいっ
ほうじ茶の香ばしさとすっきりとした飲み口、こちらも私には飲みやすいというより経験値上がってる!?
昔っからの苦~いビールが苦手な私としては黒ビールは飲みやすい部類ではありますが。

夫は「シングルホップシトラ」オリエンタルブルーイング、サマービーチIPA(伊勢角屋麦酒)を飲んでいました。
b0089578_14415959.jpg
マリナーラ
ハーブとにんにくのシンプルなもっちり生地のピザは、トマトソースにトッピングにもトマト。

いつみても賑わっているイメージだけど、印象的なのは外国の方が多いこと。
ビアパブはすんなり入りやすいんでしょうね。
元々のあった町屋を改装しているからかこの周辺の雰囲気としっくり調和してます。
近所だしまたふらりと立ち寄りたいですね、カウンターがあるから1人でもこれそう。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-08-10 23:49 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

石川(野々市):らぁめん秀 金澤「味噌冷やしつけ麺」

b0089578_15485330.jpg
毎年犀川で開催される北國花火大会に行くのは恒例だけども、川北の花火はまだ今年で2回目。
経験値が少ないのでどの辺に車を停めたらいいかがまだ模索状態。

飲み物とお菓子は持参で後は屋台で買おうと思ったらすごい行列なので、次回からは全て先に用意しようとか、
よく見えそうな場所が全て埋まっていたので屋台の裏に陣取ったら、花火の下の方が見えないとか、
1つ1つ状況が分かっていくので来年はもっとスムーズにいくに違いない。

でも帰りの産業道路が大渋滞なのは変わらないらしい。
屋台の焼きそば、焼き鳥で小腹は膨らませていただけでは足りなかったので、野々市のらーめん秀 金澤
同じように花火帰りとみられるお客さんが次々と来店してお店はほぼ満席。

・味噌冷やしつけ麺(豚バラW)
夏季限定メニュー、国産小麦使用の麺の上には梅肉で和えた冷やし豚バラ肉と海苔がトッピング。
魚介と昆布、味噌を使ったつけ汁には薬味として大葉とミョウガが入ってます。

豚バラの梅肉に加えて大葉とミョウガ、そして後から生姜という最強コンビでさっぱり爽やかな後口。
つけ汁に香辛料をにおわせる風味を感じるのだけど何だかわからず、食べ終わるまでわからず。
気のせいだったりして・・・。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-08-09 23:34 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

石川(野々市市):スパイスカレーカフェ・コッタ(spice curry cafe KOTTA)「南インドエビカレー」

b0089578_16401085.jpg
沖縄から仲間たちでジーマミ豆腐やゆし豆腐など大豆製品をまとめてお取り寄せしました。
それに合わせて食卓も薬味を活かしたあっさり和のごはんが続いています。

この間までエスニック一辺倒だったので、エスニック→あっさり和食という方向性は違うがどちらも夏らしい。
でもインド土産のスパイスも使わなきゃだし、dancyuのスパイスカレー特集本も購入したしまた逆戻りかな。

新しいカレー情報を得たので毛穴香りだつスパイスを求めて、スパイスカレーカフェ・コッタ(spice curry cafe KOTTA)
今年の夏の押しはチキンビンダル―と南インドエビカレーらしい。

・南インドエビカレーの南インドセット(野菜カレー2種付)辛さレベル2

単品の「南インドエビカレー」に+300円でスリランカセット(豆カレーとココナッツふりかけ付)か
南インドセット(野菜カレー2種付)に変更できます。

サラサラとした甘酸っぱいカレーリーフ香るエビカレー、じゃがいもの黄色いカレー、
トマトやかぼちゃ、さつまいものカレーなどの優しい野菜カレーは
スパイスを駆使しているのにどれも無理がなく身体にするりとしみ込む、美味しいし身体に良さげ。
人参と大根のピクルスや茄子のスパイス煮などの和え物も全て混ぜながら食べました。
b0089578_16404717.jpg
いつものカレーに付いてくる玉ねぎすりおろしドレッシングがかかったサラダ
b0089578_16412439.jpg
この日も暑かったのでアイスマサラチャイでホッと一息。

FB公式ページがなくなってしまったので、新メニュー情報は定期的に行って確認しなくては。
たわいもないお母さんとのやり取りと店主さんの穏やかだけどカレーに関しては?饒舌な語りにいつも癒されます♪


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-08-08 23:59 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(金沢駅東口):紀州清流担々麺(金沢フォーラス店)「ピスタチオ坦々麺」

b0089578_14424727.jpg
平日の夜に気まぐれで金沢フォーラス・ファイナルバーゲンに挑む。
7月の海水浴でのレジャー気分が抜けていないのか、スポーツショップで夏を満喫できるアイテム探し。

キャンプでも楽しもうよと言われているけど、人の計画にのっかるなら簡単だが自ら計画するのは妄想だけなので、
せいぜいアウトドアな恰好をしてお盆に家でBBQするくらいかな。

お買い物した後は6階のレストランフロアで食べる楽チンコース、今宵は紀州清流担々麺(金沢フォーラス店)
塩ラーメン「五代目けいすけ」の場所に同じグループである坦々麺専門店が6月1日にオープン。

和歌山の「ぶどう山椒」を全メニューに使用しており、紀州という名はそこから。
坦々麺の種類は「白胡麻」「黒胡麻」「ピスタチオ」「カシューナッツ」「アーモンド」「くるみ」「松の実」の7種類。

スープはあっさり(丸鶏ベースの清湯)とこってり(丸鶏、鶏ガラ、もみじの鶏白湯)の2択。
卓上には辣油や辛シビパウダーが置いてあるので好みで辛さが調節できる。

という訳で選んだのは珍しさもあって「ピスタチオ坦々麺」にパクチー「増し増し」。
白胡麻坦々麺が900円なのに対してピスタチオは1400円、しかもパクチー増し×2で+200円=1600円。
ちょっとお値段がエクスペンシヴッになってしまった。
b0089578_14425369.jpg
・ピスタチオ坦々麺(こってり)パクチー増し増し
グリーン部分をすくって食べると少し甘みのあるナッツのピスタチオの風味がほんのり。
さらに赤い辣油、こってりとした白湯と混ざると独特のコクが生まれる。

肉味噌は痺れ系を感じるものの、辛味は足さなかったので基本マイルドな辛さ。
胡麻は味が予想できるので珍しさを求めるならまずはナッツ系でしょうか、当然のごとくパクチーは合う合う。
b0089578_14425878.jpg
・汁なし坦々麺(トッピング:味玉、もやし(別皿))
夫が頼んだのが汁なし坦々麺、四川省「成都」からインスパイアされたスタイル。
和歌山県「ぶどう山椒」とオリジナル辣油で辛味と痺れをきかせた仕上がり。
試食してないので味は不明ですが、胡麻やピーナッツ、パクチー、もやしがトッピングなどがトッピング。
後、八角の香りがしたとか・・本人が苦手なので分かったそう。

この日は売り切れだったけれど、夏季限定の冷たい「だだちゃ豆の豆乳坦々麺」もメニューにありました。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-08-08 23:18 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

石川(七尾市中島町):浜焼き 能登風土「浜焼きコース」

b0089578_15174215.jpg
7月~9月にかけて能登半島各地で開催される能登の夏祭りであるキリコ祭りは、
キリコが通りを昼から夜へと練り歩き華麗でエネルギッシュな賑わいをみせる伝統的な祭りの宝庫。

今年は七尾市中島町塩津地区の「塩津かがり火恋祭り」を目当てに
7月末の土曜日、夫の仕事が終わると同時にビューンと車を飛ばして塩津地区まで。

私はちょうどこの時期にある時は出張、ある時はフジロックに出かけて不在な折、
夫は過去2回このお祭りを観に出かけているのです。

山側の男神と海側の女神が海の上で逢瀬を遂げるロマンティックなお祭りで、
神輿とキリコを乗せた両神の船が海上へと漕ぎだし、その際に流し火が海へ放たれ
その光の道でつかの間の再会を楽しむ、特にかがり火と流し火が映し出す風景が幻想的なんだそうです。

で、今年は私にぜひそのお祭りを見せてあげたいとのことでしたが、
車を停めて海に向かっている時に地元の人に声をかけられ、数日前からの台風の強風による影響で
今年の海のお祭りは中止ということを知らされる・・・・ガガーン!

キリコを練り歩く陸のお祭りはやるよ、とのことだったが、開始時間までに結構時間あるしなぁと
周辺の家々と田んぼの間を通って、のと鉄道七尾線・笠師保駅まで歩いてきたら、
駅の前に浜焼きのお店があるではないか、ここで夜ご飯を食べようかということになる、浜焼き能登風土
b0089578_15174946.jpg
懐かしくレトロな店内、でも内装は新しいぞ?と思ったら、今年の2月にオープンしたばかり。
以前は駄菓子屋さんだった場所を改装したそうです。
テーブル席が写っていますが私たちが座っているのはお座敷席で、全46席あります。
b0089578_15175642.jpg
能登風土さんは農業も漁業も行っており、特に牡蠣は能登牡蠣の養殖「三次水産」直送。
春・夏は浜焼き、秋・冬の牡蠣のシーズンにはカキ小屋として営業しているそうです。

今回頼んだのは「浜焼きコース:3000円」ですが、定食や活貝焼きや魚介の焼き物など単品料理もありました。
能登の前菜、鯵の南蛮漬けとうちでとれたオクラ。
b0089578_15180339.jpg
活貝盛り合わせ(サザエ、ホタテ、ホッキ貝、ホンビノス貝)
と海老にズッキーニとピーマン(写真は1人分)
b0089578_15181088.jpg
運転手さんはノンアルビール、私はちゃっかりレモンチューハイ。
空いていたこともあり卓上網焼きコンロを2つ使わせてもらいました。
自分たちで焼き加減を見ながら焼くのがまた楽しい、
慣れてなさそうなのが分かるのかお姉さんが見にきてくれましたが笑
b0089578_15181659.jpg
大きなホッキ貝は肉厚でプリップリ!ちょろっと醤油をかけて弾力のある身をいただく、めっちゃうまい。
そしてホンビノス貝って初めて聞いたかも!?
ハマグリとうり二つのような見た目でした、これも美味しい。

で、もって痛恨の写真撮り忘れ!!な能登の魚フライが登場。
まだらと鯵のフライが4つほどあったかな、中々ボリューミーでした。
b0089578_15182211.jpg
のどぐろ釜飯(味噌汁・漬物付き)
ふかふかののどぐろの身が入った釜飯、炊きたて熱々シンプルな魚の旨みでごはんが進む。
磯の香りを十分に堪能できる焼きたての活貝焼き、偶然発見したお店で堪能しました。
秋冬の期間限定の能登カキシーズンも狙いどころですね。

b0089578_15182974.jpg
食事後は海のお祭り中止でほぼ地元の人しかいないようだけど、神輿とキリコの練り歩きを観ることができた。
真夜中の田んぼ道のゆきすがら宴会に賑わっている家を横目で通り、
こじんまりした田舎の情景を感じとりながら車へと向かう。
来年もチャレンジするかな~~


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-08-06 23:56 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)