カテゴリ:神奈川( 15 )

神奈川(横浜・桜木町):カフェ レクセル シァル桜木町店 (CAFE LEXCEL)

b0089578_16561698.jpg
昨夜の食べすぎ飲みすぎ感を若干抱えたままの横浜3日目の朝。
桜木町駅直結のカフェで朝食、カフェ レクセル シァル桜木町店 (CAFE LEXCEL)

私にとっては馴染のない名前だけど、ドトール系列なんですね。
まだ4店舗しかなく東京では国際フォーラムと丸ビル4F、どちらも去年立ち寄ったけど気が付かなかった。

コンセプトはスペシャルティーコーヒーとと日本のコーヒー文化の融合をテーマに
ドトールよりワンランク上ということで、メニューも豊富でかなり拘りがありました。
b0089578_11431264.jpg
見にくいですが一部メニュー

照焼チキンと根菜きんぴら胡麻ソースサンド、アボカドシュリンプのタラモサンド、
スモークサーモン&わさびクリームチーズソースサンド、直火スモークベーコンと春菊のBLTサンド・・

ごちそうサンドを筆頭に、クロックムッシュやピザトーストや各種スイーツもあり、
食パンは金芽米入りと全粒粉が選べたりとか、写真のボリューミー感に目が奪われる。

お腹の調子のエンジンがかかっていたらこれらを食べたはずなのですが。。。

コーヒーもスペシャルティーコーヒーの豆、ハンドドリップやフレンチプレスなど飲み方が選べる。
残念ながらデカフェはなさそうなので、スムージーを飲んで健康的な朝を迎えることにする。
b0089578_16562194.jpg
・青汁豆乳とチアシードスムージー、ハムチーズトースト

ごちそうサンドを食べる消化力がないと思われたのでハムチーズトースト(でも食べるのね)
ハムチーズトーストのパンは全粒粉を選択、うん・・そんな味です、とろけたチーズが結構入ってる。

スムージーにはチアシードが入ってるというオサレ系、細かくミキシングしているので粒粒は感じません。
豆乳はよく家でも飲んでいるので青汁豆乳のクセや違和感は全くなし、むしろヘルシーな心地よさ。

これだけ選択肢があるワンランク上のチェーン店が駅ナカにあるのだからとっても便利。
仕切りも曖昧で出入りのハードルが低いところが気楽でいいな、と思いました。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-03-19 23:31 | 神奈川 | Comments(0)

神奈川(横浜・ 野毛・都橋商店街):華(中華スナック)で中国家庭料理「汁なしネギそば」

b0089578_16555027.jpg
今回、野毛に行くにあたり同じくこの地区に何度も仕事に訪れている友人から
「ぜひ行ってみてほしい店がある」と勧められたのは、大岡川沿いに並ぶ都橋商店街。

商店街とは言っても川に沿って長く続いてる2階建てのビルには、小さな酒場や料理店などが軒を連ねていて、
レトロでディープな雰囲気が魅力的な野毛のランドマーク的な存在なのだそう。

建物のまばゆい灯りと夜空との境界線が続く光景は何とも不思議ではあるけれど、
知らなければ初心者にとっては何処に入ればいいのかハードルが高い、地元民なら何度でも来れるけどね。

b0089578_16555782.jpg
階段を上がって2階にある「中華スナック」と友人が教えてくれた、華(はな)
1階はまだ店構えからどんなお店か想像できるのだけど、2階はドアの向こうが予想できない。
うん、これは教えてもらわなきゃ辿りつけなさそう、中国家庭料理が美味しいと人気の37年続く老舗の店。
b0089578_16560125.jpg
お店に入るとすでに先客が数人いて、L字型の9席のカウンターは私たちが座るとほぼ満席になった。
華のお母さんは生粋の横浜生まれで弟さんが崎陽軒の元総料理長だったそうですよ。
レモンチューハイを頼みつつ、お通しは木耳と鶏肉の煮物
b0089578_16560685.jpg
蒸し餃子
中国の辛子みそ、ネギ、パクチーが盛られた小皿、これを混ぜて水餃子を付けて食べる。
手づくり感満載のむちっとした皮の餃子にタレを絡めると、辛みのパクチーの味がふんわ~。
白菜とニラにほんのり生姜とにんにくの香りがして、おお、好きな味!
b0089578_16561057.jpg
ネギそば
汁なしのネギそばには青菜と中華ハムやパクチーが入っていて、オイスターソース入りのタレで仕上げてあるという。
サラッと和えてある感じなのにとっても美味しい、何でだろうなぁ。

おかあさんと会話を進めるうちにお店のお客さんとも話が弾んで、お隣のお姉さんは同じ2階でお店をやってる人だとか。
休憩時間?というか、おかあさんがいるこのお店に癒されにきたのだろうか。

おかあさん小気味いい返しとほっとする雰囲気、そして美味しい中華料理。
紹介してくれた友人の事もしっかり覚えていました、人の縁と人情でつながる輪!
いや~面白いわ、野毛、ほんっとに中々来れないけど、また再訪したい。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-03-18 23:36 | 神奈川 | Comments(2)

神奈川(横浜・野毛町):もつしげ 野毛小路 (居酒屋・ホルモン)

b0089578_14410455.jpg
桜木町~元町・中華街駅からの海側エリアは、これまで何度も訪れたことのある清き正しき観光客。
ですが、その反対側の横浜随一の呑兵衛天国である野毛エリアには立ち入ったことがなかった。

昔ながらの飲み屋が連なり下町情緒溢れるかと思ったら、新しいお店もどんどん増えているという居酒屋激戦区。
20代の頃にはその存在さえも知らなかった、今オヤジ化した熟女が今回初潜入することに。
b0089578_14410822.jpg
ハシゴ酒上等であるこの街で第一軒目はホルモンか焼き鳥系と決めていたものの、
色々と用事を済ませた後に野毛に着いたのは21時半過ぎで、そろそろラストオーダーがかかり始めるお店も多かった。

そんな事情も込で選んだのが24時迄営業、の「塩煮込みが名物」を掲げるモツラバーが集うもつしげ 野毛小路
老舗焼肉店「天龍」を母体としていて、毎朝仕入れるというモツの鮮度がウリ。
b0089578_14411398.jpg
メニューは名物の塩煮込みを筆頭として、牛ハツ、つくね、牛ハラミ、牛芯タン、カシラ、シロ、上ガツ、てっぽう
タン、レバ、ハツモト、馬刺、ガツ刺、とその他、端から端まで持ってこーい!と食べたくなるようなモツのラインナップ。
野菜メニューもあるけど今回はなしで、だってキャベツがお代わり自由ですもの。
b0089578_14411697.jpg
・塩煮込み
蒟蒻や野菜は入っていないモツオンリーの塩煮込み、モツの旨みが溶けだしてスープ旨い。
シロも中のとろみがある部分が残っていて柔らかで臭みもなく、あっさりしている分ちゃんとモツの味が分かるね。
b0089578_14412083.jpg
・砂肝
ここは1本づつ注文が出来るのでお1人様でも各種類食べることが出来ていいですな。
よく発育された砂肝ですこと!なかなか大きめで当然こりっこり。
b0089578_14412484.jpg
・ハラミ
リーズナブルなお値段の串の中でひときわ高級感漂うハラミ(330円)
ザ・牛肉です!という感じで普通に美味しかった。
b0089578_14412895.jpg
・牛芯タン、ハツモト
牛のタンの芯という牛芯タン、食べたことがなかったけど普通になかなか歯ごたえのあるタン。
ハツモトは大動脈の心臓に近い部位、こちらはかなり弾力がありました。
b0089578_14413203.jpg
・シロ
ぎっしり詰まったシロが嬉しい、塩とタレがありタレでいただきました。

少し遅めの時間帯だったので売切れの串もあり、全体的に見ると割と普通のものを注文していた。
リーズナブルで中々美味しいので、この辺に勤めていれば仕事帰りにふらっと立ち寄り隊になりたい。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-03-17 23:28 | 神奈川 | Comments(0)

神奈川(横浜・横浜中華街):中華第一家 杜記 (トキ)で刀削麺

b0089578_13525928.jpg
お昼もせっかくなので横浜中華街に戻ってきました。
王道とも言える有名店で食事してもいいのだけれど、やはり興味は路地裏の方へ。

今から20数年前に友人が一か月前から予約してくれて、山の様に食べた名店「海員閣」も路地裏だった。
お店の前を通ると看板が外されていて大ショック、代替わりに伴いリニューアルされるみたいですが、
あのノスタルジックな雰囲気が消えてしまうのは何とも哀しい。

今回は私がアンテナを張り巡らせた中から好きそうなお店をピックアップ、中華第一家 杜記 (トキ)
ここも路地裏にあるお店で刀削麺(とうしょうめん)が名物の四川料理のお店です。
b0089578_16553212.jpg
オープン直後でしたが既にお客さんが数人いて、お昼過ぎには満席になっているという繁盛店。
カウンターメインで奥にテーブル席が2つ、全体の色が黒っぽいので洞窟に入るような感覚!?
一番奥に陣取ったら丁度厨房が少し見える位置で、刀削麺を削って飛ばしている姿をチラ見。
厨房の中も運ぶスタッフさんの会話も中国語が飛び交ってます。
b0089578_13531158.jpg
・味付け押し豆腐
加圧して水分を除いた押し豆腐、味付けというからには何かに漬けてあるようで色が付いていて、
豆腐と言えば豆腐だけど少し淡泊なチーズっぽいような味できゅうりと和えてある。
パクチーも入っていて、注文時に「パクチー入ってます、大丈夫ですか?」と聞かれました。
すかさず「大好きです!」と返しを入れる。
ひんやりした豆腐と胡瓜にパクチーと前菜らしく、和えてあるタレが結構辛かったです、四川料理だしね。。
b0089578_13531645.jpg
・葱爆羊肉
中国語を理解していない私からすると葱爆とは何事?!爆破や激しいイメージしか思いつかないんですけど、
調理法になると油やお湯に高温の熱を通すだそうで、葱爆だと葱を加えて強火で瞬時に火を通す。
ん?やはりイメージ通りかな、出てきた料理はお肉も葱もふんわりとした状態の炒め物。
味は意外とシンプル、葱の香りが全体を覆っていて当然のごとく羊の味はするけど、臭いはしないかな。
b0089578_13531944.jpg
・四川水餃子
いかにも手作りっぽい水餃子の皮は厚めでもっちり、お肉がたっぷり入っていてジューシーな肉汁あふれる。
そして四川水餃子のタレがやっぱり辛い!
b0089578_13532429.jpg
・牛アキレス麺(牛筋面)
さすがに刀削麺が名物だけあって麺メニューが豊富、牛肉麺、坦々麺、麻辣麺、そして激辛がついた各麺メニュー。
頼んだのはは中辛の牛アキレス麺、コラーゲンたっぷりの牛筋の煮込み入りでパクチー添え。
うどんというかきしめんのようなモチモチッとした非常に食べごたえのある麺。
スープは赤いがそこまで辛くはなくお肉の旨みかな?があって、牛筋はプルッとしたコラーゲンの塊でやや甘辛い。
これまたパクチーがいい仕事しています、苦手な人には青菜に変更できるということです。

皆でシェアしましたがボリュームたっぷりでお腹いっぱい、
八角が効いた独特のスープがいかにも現地っぽくて気に入りました。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-03-16 23:48 | 神奈川 | Comments(0)

神奈川(横浜・横浜中華街):謝甜記 貮号店 (シャテンキ)でお粥

b0089578_13431130.jpg
横浜2日目、中華街近辺に宿泊していたので折角だからと朝食もやはり中華街にて。
ここで朝食と言えば中華粥の人多いですよね、という訳で謝甜記 貮号店 (シャテンキ)

謝甜記本店の平日の開店時刻は10時だし、朝食タイムとなれば8時半から営業している二号店ですね。
以前、訪れた貮号店の場所は工場直売所になっており、現在はその斜め前に2012年に移転オープンしていた。

奥には円卓テーブルもあって綺麗な店内、平日の朝だというのに次から次へとお客さんが入店してくる。
行列とはいかないまでも結構混雑、朝食=お粥だとあと馬さんの店くらいしか記憶にないな。
b0089578_11520991.jpg

お粥がメインなだけに海鮮や野菜、肉類、モツ、貝柱など様々な種類があり、
台湾の朝食で豆乳と共に食べたこともある揚げパン(油条)や、点心もあるので、ランチタイムには品数追加したいかも。

・ういかゆ(五味粥)
私が食べたのは牛肉・豚肉・鶏肉・豚スネ肉・ピータンの5種類が入った「ういかゆ」、もれなくよくばりメニュー。
普通サイズがラーメンどんぶりくらいあるので、半分の中椀サイズにしました。
b0089578_13432000.jpg
運ばれてきたお粥は上に油条がのっかって底に具が沈んでいるので見えない、掘り起こして写真を撮ってみる。

お粥は生の米から乾燥カキ、乾燥貝柱、鳥一羽丸のまま入れ4時間煮込む製法。
塩は「セル・マラン・ド・ゲランド」というフランス原産のもの、お米は国産を使用。

白粥だけでも出汁の味が溶け込んでいるので、それだけでも美味しいし丁度よい塩加減。
それぞれの具をアクセントにして食べるとまた良し!ピータンはねっとりして濃厚さがあって相性〇。
普通サイズだとかなり量がありそうなので、ザーサイなどのトッピングなどで味を変えるのが良さそうですね。
b0089578_13432441.jpg
お店を出て通りを歩いていると、中国菓子を販売している小さなお店にエッグタルトがあったので立ち食い。
出来上がったばかりで、周りのパイは超サクサクだしカスタード部分も熱々でこんなに美味しいエッグタルト初めて食べたぞ!
と言ってもアンドリューのエッグタルトくらいしか食べたことないけど、やはり出来立てが重要ね。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-03-14 23:39 | 神奈川 | Comments(0)

神奈川(横浜・横浜中華街):東北人家(本店)中国東北料理

b0089578_14500885.jpg
夜ご飯は横浜中華街、用事がひと段落して夕食にありつけるのが大体21時半~22時頃だったので、
予め探していたお店は夜22時以降に入店可能なお店ばかり。

そうなると沢山お店がひしめき合う中華街でも、かなり限られてくる中で選んだのが、
中華街の中では珍しい部類に入る中国東北料理の東北人家

お店のスタッフは全員中国人の方で、お客さんも地元の中国人らしき人ばかりで日本人は0。
メニューにはオーソドックスな料理よりも羊肉の串やラム肉の蒸し餃子、ラム肉のクミン炒めに目に輝かせていたら、
カイコや豚の血の豆腐に臓物やらとマニアックなお料理に目が行く。

中国の東北地方は黒竜江省、吉林省、遼寧省、内モンゴル辺りで歴史的には旧満州と呼ばれていたエリア。
モンゴルが近いせいか羊肉もよく食べられているようで、香辛料や濃い味付けが多く、
場所的には中国国内では寒い地方なだけに長く保存できるものや身体を温める料理が沢山あるのだとか。
b0089578_14501382.jpg
・ラム肉のクミン炒め
大好きな羊肉メニューの中から割とポピュラーっぽいクミン炒めを頼んでみた。
うぉっ!この唐辛子の量は・・・噛むわけにいかないので避けても種も飛び散ってるからかなり危険。
切落とし肉のようなラム肉、噛みしめると羊だねぇ~クミンだねぇ~とほっこり(羊スキーが陥る恍惚ポケット)
多少辛いものの玉ねぎもいいマイルドさに手助けして、これは美味しかったな~。
b0089578_14501717.jpg
・ナスの東北田舎風炒め
茄子が柔らかくなるまで火が入っていて濃いめのタレが一緒になっているのですが、
上に豚の細切り炒めとパクチーに生にんにく!野菜料理なのにガツーンとくる。
醤油を中心として甘辛く味付けした茄子がトロッ、パクチーとにんにくでパンチがあるなぁ。
b0089578_14502274.jpg
・ニラ饅頭
饅頭という名前ながら見ためは焼き餃子の様な形で、楊枝入れと比べてもかなりの大きさ。
皮はやや厚めで表面の焦げのところからさっくりと割れます。
中は一面の緑色でニラがふんだんに詰め込まれていて、玉子もところどころに顔を出していて。
ニラの香りに包まれるけど玉子が少しソフトに抑えてる、これは1個で充分。
b0089578_14502762.jpg
・東北人家焼きそば
壁にポスターが貼ってあり、このお店のおススメメニューの様です。
色の濃いソースが汁だく状態になった極太麺はもちっとしていて歯ごたえあり!
味は醤油ベースな甘辛さとニンニクが効いているのでかなりのインパクト。
青菜と豚の細切りの具が入っていて濃いめな味付けがクセになる成程なお店の名物。

いまいち大きさが伝わらないようですが、どれも大皿で量が多いのでそんなに数頼めなかったです。
どうも豚背骨ガラ肉の特製醤油煮込みという山盛りの料理も名物らしいけど、これ以上食べられない。
しかし、他にも食べたいメニューが山ほどあって、パクチー・ラム肉・クミン好きは再来したいかも。



[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-03-13 23:01 | 神奈川 | Comments(0)

神奈川(横浜):bills 横浜赤レンガ倉庫 (ビルズ)「ベリーベリーパンケーキ」


b0089578_16481656.jpg
久しぶりにやってきました横浜!
中華街やみなとみらいを出張合間に食べ巡っていたあの時より実に9年ぶりです。

用事を済ませて桜木町駅に着いたのは既に夕方にさしかかる頃、
夜まで時間が少しあるので横浜赤レンガ倉庫へ行ってきました。

ランドマークタワーやクイーンズスクエア横浜へ立ち寄ったことはあれど、赤レンガ倉庫はお初。

地図だとすぐそこに建っているイメージがあるが、途中のワールドポーターズなどの建物も大きいし、
桜木町駅から徒歩で向うと結構歩いた感じです、15分くらいだったかな?

青空に映える素敵な赤レンガ造りの建造物をしばし眺めながら。
b0089578_16482179.jpg
内部は飲食店や雑貨屋さん、横浜のお土産物を扱うお店などが沢山あって、
1軒1軒見ていたら時間が足りなくなるので、さっそく目的地のbills 横浜赤レンガ倉庫 (ビルズ)

俺の朝食は世界一ィィイイ!とジョジョ風に吠えてみるのも分かるはず、
オーストラリア・シドニー発の「世界一の朝食」で一時期を一世風靡したあのビルズでございます。

2012年に表参道ビルズにて、朝食タイムに並んでリコッタパンケーキを食しているのですが、
その時お店でビル・グレンジャーのレシピ本を購入したのはいいが、まだ1度も作ってなかったりする。

今一度、ここでパンケーキを食べて、忘れかけていたレシピ本を手に取ってみようかなと。

平日の夕方は並んでいる気配はなくすんなり入れたが、席は満席に近い状態で埋まっていた(世界一をなめたらアカン)。
2017年11月には大阪梅田にbills大阪がオープンしているし、お店の人気は衰えていないようです。
b0089578_11460721.jpg
コールドブリューコーヒー

ドリンク類はソフトドリンクからカクテル、ビール、クラフトビアーとアルコール類が揃ってて、
マンダリン&レモンソーダや野菜にチアシードが入ったココナッツウォーターなどの意識高い系に惹かれつつも、
結局スイーツにはコーヒーのマイセオリーから離れられず、コールドブリューコーヒー。
コールドブリュー(水出しコーヒー)は、口当たりがまろやか~でフルーティーでした。

コーヒー・紅茶だけでも結構な選択肢があるのですけど、
ロング・ブラック(カップにお湯をそそぎ上からエスプレッソを落としたもの)や
フラット・ホワイト(エスプレッソにクリーミーなスチームドミルクを注いだもの)などの
オーストラリア(ニュージーランドも)のコーヒー文化独自のメニューがあるのもビルズならでは。
b0089578_16482799.jpg
ベリーベリーパンケーキ
おやつというには遅い時間だけど夕飯には早いのでやはりパンケーキ。
赤レンガ倉庫限定のベリーベリーパンケーキ一択!

食感がふわっふわでナイフを入れるとシュワンとスフレの様な柔らかさ、
リコッタチーズと数種類のベリーが練りこめられている生地の味もとっても美味しい。

ベリー入りのバターがまたフルーティーさを強調するけど、ハチミツの甘さが逆に酸味を抑える感じ。
何年経っても人気なのが分かります、世の乙女共集まれ!

写真だと分かりづらいけどふわふわとはいえパンケーキ3枚はかなり腹持ちよろしい量。
パンケーキだけではなくサンドウィッチやパスタ、サラダなどもオシャレでレシピ的にも気になるところです。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-03-12 23:44 | 神奈川 | Comments(0)

横浜(中区山下町):シタール(インド料理)

b0089578_1495976.jpg
横浜に着いてから夜も含め、中華街で5食連続中華料理だが、飽きてはいない。

この日のランチも中華街で・・・・の予定でした。
薬膳料理なんて食べちゃって、益々ヘルシーな体に・・・・・の予定でした。
その方向で中華街に向かって・・・・ました。

だが、体の深いところからフツフツとこみ上げてきた・・・「カレーが食べたい」願望。
その小さな欲望がだんだん大きなうねりとなり、

「あぁ、カレーが食べたい、めちゃくちゃ食べたいかも!」
と発作マグマのように噴き上げてきたカレー発作
すでに矢野顕子「ラーメン食べたい」状態。

すぐさま携帯サイトから、この近辺にカレーもしくはインド料理はないかしら?と森田検索。
文明の利器のおかげでカレー屋さんがすぐ見つかった。
みなとみらい線の日本大通りから徒歩3分にあるインド料理のシタール
b0089578_150206.jpg
お昼時ということもあり、どんどんビジネスマン&OLの方々がご来店。
あっという間に満席になりました。

セットメニューには、カレーとサモサ、カレーとタンドリーチキン、カレーとシシカバブ
など、お手軽セットもありーので周りの人は殆どそれを選択。

しかし、少量の朝粥だったこともあり、鳴いている胃袋に食わシタール!ということで、
サモサ、タンドリーチキン、シシカバブ、全部が含まれた
シタールランチ:1600円

日替り肉のカレー、ヴェジタブルサモサ、タンドリーチキン、シークカバブ
サラダ、ライス、ナン
カレーはトマト味のチキンカレーで、少し甘く感じた。
b0089578_1503795.jpg
タンドリーチキンとシークカバブ。

タンドリーチキン・・・でかい。

やっぱり朝の分を補ってしまった。。。。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2008-06-01 01:43 | 神奈川 | Comments(12)

横浜(中華街):謝甜記(お粥)

b0089578_1351067.jpg
横浜出張2日目の朝は、やっぱり中華街でお粥。
この日はやや遅い時間に出勤なので、9時オープンの謝甜記・2号店へ。
あのお粥のお店で有名な謝甜記の2号店、開店と同時にアムロいっきま~す!
b0089578_1352484.jpg
青菜粥(やさいかゆ)
おとっつぁん、お粥が出来たわよ、いつもすまないねぇ・・・。
病弱ぶっているわけではないが、何故かいつものイメージと違って野菜粥。
なんとなく胃袋に優しいかしらと野菜を選択、しかも中椀で。(量が少なめ)

他にもレバー粥、もつ粥とかあるけど、
いつも旅行だと食べ過ぎて、胃袋がダイハードになりがちなので控えましたわ。
無茶する年頃でもないので(しかも、今回は出張)

お粥は干し貝柱、乾燥カキ、鶏を米と一緒にダシをとっている。
前日に行って食べたお粥よりもダシの味がするわ~旨味。
本店は行ったことないけど、味は違うのかな?
ザーサイ、細く切ったネギタレをお粥に入れながら味を変えたりして楽しむ。

ジャスミンティーもいただいて、とてもヘルスィーな気分、仕事がはかどりそう!
しかし、数時間後にあいつがやってくる、TSUNAMI←サザン?
それは反動。

つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2008-05-29 02:51 | 神奈川 | Comments(16)

横浜(中華街):大珍楼別館(広東料理)

b0089578_1305938.jpg
再び、3月の横浜出張の記事へ。
せっかく横浜に来たのだから、夜も中華街、今夜はハマのあばれん坊。
でも、1人で夜の中華街を巡るのも寂しいわ~ということでappleちゃんをお誘い。
中華って一人だといろんな種類、食べられないしね。←それが目的か!

私たちがやってきたのは大珍楼の本館ではなく、「大珍楼別館」
なんでもこのお店は中華街の料理人たちが食べに来るそうで、
日本人向けではない本場の味が楽しめるディープな料理が多いとか。

と、紹介しているけど、なんと2008年3月30日に閉店!!
日本人観光客向けではなかったのが原因?
と思ったら、2008年6月より大珍楼本館の2階で新規開店で復活予定。
b0089578_1311246.jpg
アヒルの舌の大珍楼特製ソース
「美極鴨舌」のメニュー名のとおり、閻魔さまに抜かれたような舌の形そのままてんこ盛り。
味にはクセもなくコリコリとした食感のタン、中の骨は食べれなくて残すので身は少ない。
周りの細い骨は骨せんべいのようにパリパリと食べられる。
おつまみ感覚でいつのまにかなくなってました!
b0089578_1313193.jpg
チャーシュー入り蒸しクレープ
クレープの部分がもちもちとしていて、美味しい。
中身は海老も選べたけどつい自動的にチャーシューを選んでしまう肉星人の性。
b0089578_1314243.jpg
生ホタテ貝柱入り蒸し餃子
ホタテマンのappleちゃん涙のリクエスト。
本格的な中華の餃子ってどうしてこんなにぷりぷりなんだろう、美味。
b0089578_1315440.jpg
空心菜のニンニク蒸し
野菜も食べなければと定番の空心菜、だが量が2人前以上!
ニンニクの香りがむせかえるようで、完食後には中華街のナイスガイも振り向きそう。
b0089578_13268.jpg
イカの漁師料理
台風で漁に出られない時に船の中で作った漁師の料理で、香港や中国で流行っているのだとか。揚げたイカに揚げ粉をまぶした料理で唐辛子が混ざっていてちと辛め。
b0089578_1322440.jpg
アヒルの塩卵のせ広東風ひき肉蒸し
ひき肉もアヒルかと思ったが豚肉だそうで、味的には美味しいけど普通。
上のアヒルの卵は塩卵というだけあって、結構塩辛い。

メニューにはサメとかアヒルの肉とか、もしかしてペキンダックやフカヒレを取った残り?
のようなメニューが沢山あって、普通の中華とは違うメニューに心動かされたけど、
それは食べることが出来なくって残念・・・。
新装開店したお店でも、そちらのメニューがあればまたぜひ行きたいわ。

その後は、乙女タイムを堪能しようと、自由が丘に向かったのだけど、
2人とも自由が丘には不慣れなので、オシャレなカフェーが見つけられない!

オヤジな2人にはセンサーが働かないのか。
いや、遅くまでやっているカフェが見つからないというべきか。

駅の周りをぐるぐるとカフェ難民すること30分ほど?
結局、駅前のダロワイヨに落ち着き、スイーツを堪能できたのでした。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2008-05-28 02:58 | 神奈川 | Comments(24)