金沢(片町):ボッテガ ディ タカマッツオ(Bottega di Takamazzo) oishii

b0089578_16025985.jpg
2018年のネタが沢山まだ残っていますので順にアップしていきます。

今年のクリスマスディナーは連休から数日前に前倒ししてボッテガ ディ タカマッツオ(Bottega di Takamazzo)
友人とは訪れていたけど夫とは本当に久しぶり、2人にとっては縁を繋いでくれた思い出深い場所でもあります。
入口に「cucina tradizionale」を掲げる通り、伝統的なイタリア料理を提供してくれるお店。
b0089578_16030497.jpg
乾杯はスパークリングワインのグラス
SANTERO PINO CHARDONNAY(サンテロ ピノ シャルドネ)
b0089578_16030901.jpg
トスカーナ風前菜の盛り合わせ
スモークサーモンと鱒の卵とリコッタチーズ、しめ鯖、ミラノサラミとブッラータ、モルタデッラ
24か月生ハムとパプリカ、蛸に白バルサミコの粒粒、燻製カジキマグロと茄子とフィンガーライム....etc

冷前菜はカルパッチョやカプレーゼなど他にもあるんですが、多分この前菜盛り合わせした頼んだことがないかも。
1つ1つ繊細でちょっとづつ美味しく楽しめるんだもの、前盛り=タカマッツォのイメージはかなり強いです。
b0089578_16031449.jpg
フォカッチャ
b0089578_16032029.jpg
最近は弱くなって2人で1本空けるのがキツくなってきたので白ワイングラス(後半には赤も)。
サービスの方がお勧めする違うワインを注いでくれたので、お互いのを味見しながら楽しめました。
b0089578_16032568.jpg
スカモルツァーチーズのソテー 野菜添え
牛乳から作られた燻製されたチーズ、スカモルツァー。
スモーキーな香りとミルキーな味、溶けて少しビヨーンと伸びてチーズ好きにはズギュンと来る。
添えてあるアスパラガスの横にパラパラと黒い点々は黒オリーブのパウダー、これもちょっとしたアクセント。
b0089578_16033059.jpg
香箱とズッキーニのパスタ、白トリュフの茸リゾット
ここを予約した後にFB公式ページを覗いたら、お店を開店してから初めて仕入れたという白トリュフの画像!
これは食べられるかな~と期待して「本日のおすすめパスタ又はリゾット」を聞くと、
白トリュフのリゾットともう1つは香箱のパスタ、白トリュフと決めていたけど香箱のパスタもちょっと捨てがたい。
そんな心を見透かしたようにハーフ&ハーフ(キッチンユキかよ)にしてくれました。

香箱ガニの方は言わずもがな!シンプルな蟹の旨さと内子ラバーな私は何度食べても飽きません。
高級白トリュフ、今まで食べたことあったかな?香りは茸という感じはしなかった。
人それぞれ異なるようですが、私が感じたのは少し香ばしいような独特な強い香りがワォー!

小学生の頃読んでいたスヌーピーの漫画本にイタリア人のしょうろちゃんとチャーリーブラウンが、
トリュフを採りに行くというので犬(スヌーピー)を連れていっていたので、
豚だと見つけたトリュフを食べてしまうから訓練された犬を連れていくというのはその頃知りました。

女の子の名前が「しょうろ=松露」という日本に存在する白い茸が付けられているのは、
白トリュフの日本版みたいなものだから?こちらも希少価値が高いらしいです。
しかし結構鮮明に覚えているもんだ、余程自分にとって興味深いエピソードだったのだな(食べ物関係だから?)

b0089578_16034211.jpg
お肉の炭火焼き盛り合わせ
欲張りチックに盛り合わせ、骨付きラムと牛ヒレ肉と鴨肉の炭火焼き。
以前食べた牛ヒレ肉のタリアータも抜群だったけど、個性が違う肉の味わいを楽しめてこちらもいいね。
下に添えてあるインカのめざめ、安納芋、タルティーボもうんまい。
タルティーボって新芽だから苦みが少なくって瑞々しいのです。

今回もとっても美味しかったですーーごちそうさまでした!


by sukatan_queen55 | 2018-12-25 23:20 | 石川(金沢) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢(香林坊):ルロワと満月と... 金沢(疋田):バターレバーバイ... >>