金沢(香林坊):ルロワと満月とワイン

b0089578_15001192.jpg
夫から週末に友人との飲み会があるからと言い渡されると同時に、暇を埋めるべく早々に友人に連絡。
友人2人を確保して行ってきたのは香林坊せせらぎ通りに8月8日にオープンしたルロワと満月とワイン

場所は元秋吉・香林坊店があった場所で私も何気にお世話になっていましたが、
馴染のある場所がこんなにシックでオシャレなお店に生まれ変わるとは。

メニューはエスニックのエッセンスを取り入れた料理が中心で、フレンチなワインのアテなメニューもあり、
料理に合わせてスパイスやハーブを色んな角度からアクセントにしたエスニック・フレンチのいいとこ取り。
野菜も無農薬中心に旬なものを仕入れるなど食材に拘りも。

真ん中に大きな長方形のテーブル席があって、他にもテーブル席やカウンター席。
カウンター席を予約して早めの時間帯からお邪魔してきました。
b0089578_15001612.jpg
クラフトビールにワイン、カクテルなど幅広いアルコールの中から私が注目したのは、「RECOMEND(お勧め)メニュー」。

桃とバジルの白いサングリア、ジャスミンのサングリア、すだち香るジントニック、エルダーフラワーのモヒート、
オレンジとフレッシュハーブとフレッシュハーブのスコッチハイボールなど、いつもと違うひとひねりなアイディア。
試してみたいって思うんですよね、こういうの。

飲んだのは桃とバジルの白いサングリア、フルーティーな飲みやすさで女子の(熟女も)最初の1杯に最適。
ちなみにノンアルもグアバジュースやベンガルティーに・・・おおっと、焼酎コーヒー割が目に付いた。
b0089578_15002118.jpg
・シャインマスカットとブッラータチーズのカプレーゼ
ブッラータチーズはモッツァレラチーズの袋の中に生クリームと細かく裂いたモッツァレラが入ってるチーズ。
シャインマスカットは種無しで皮も食べられてサクッとした歯ごたえの甘い葡萄。
そのままでも美味しいシャインマスカットだけど、この組み合わせは爽やかで贅沢なおつまみに、軽いお酒に合いますね。
b0089578_15002671.jpg
ラム肉 焼き餃子

餃子は4種類あって、満月餃子・鶏しおレモン餃子・ラム肉焼き餃子・海老まるごと蒸し餃子。
私の好みだったらまずはラム肉でしょう、海老以外は焼きor水餃子が選択できます。
帽子のような愛らしい形の元宝餃子、ほんわかラムの香りが口の中に漂う。
b0089578_15003272.jpg
エビとアボカドの生春巻き
もう1つのフィンガーサラダは海老とアボカドの生春巻き。
ライムを添えてピリ辛ダレでいただきます。
b0089578_15003810.jpg
エビまるごと蒸し餃子
初めからタレがかかっている完成形、丸ごと海老に蒸されてジューシーなたね。
周りを彩るのはプチトマトとパクチー。
b0089578_15004408.jpg
極太アスパラガスのステーキ
オーストラリア産の極太アスパラガスにのソテーの上から熟成ハモンセラーノ。
ソースは卵黄の味わい深いコクと酸味が特徴的なサバイヨンソース。
b0089578_15005104.jpg
ル・カノン・ルージュ
フランスで自然派ワインを造る日本人醸造家・大岡弘武さんの赤ワイン。
最初にとあるお店でロゼ微発泡を飲んだのがきっかけで、他の種類も自宅に取り寄せたりお店で飲んだり。
現在は岡山でも醸造所を構えてワイン造りを始めています。
b0089578_15005717.jpg
・フレッシュハーブのスインギングポテト
ハーブの香りがするくるくるとカールしたフライドポテトがとってもキュート。
どんな器具を使っているんだろう?外はカリッとしてほっくり。
b0089578_15010279.jpg
・干し豚 空芯菜炒め
普通の豚肉より干されて旨みが凝縮されているのか肉の味が濃い。
パプリカと空芯菜と合わせてサラリとした中華の味。
b0089578_15010751.jpg
・バーミーヘン(タイ風和え麺)
タイ風の汁なし麺、バンコクでこれ食べた記憶がないかも。
ひき肉に紫たまねぎ、万能ねぎ、味付けはなんだろうナンプラー+アルファでちょっとピリ辛。
この細いけれど締まっている麺が美味しい、これ好きー。
麺・ご飯ものは他にもラーメン、パスタとありますが、特に土鍋カオマンガイがそそります。

イタリアン、フレンチに限らず中華やエスニックだってワイン、まぁ私は割とそういう傾向ですが、
ワインとエスニックのマリアージュを楽しんだり、他のアルコール類ともチョイスしたり組合せはそれぞれ自由に。

基本エスニック好きなので、ガチガチのエスニックもさることながらこんなお店は大歓迎。
次回は家族と行けるかな。




[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-10-02 22:34 | 石川(金沢) | Comments(2)
Commented by 高兄 at 2018-10-09 20:54 x
スカタンさん、こんにちは

御皿を、拝見してると

完全なフュージョン系ですね

造り手の、経験と感性が試される感じがします

これで、美味しいワインが飲めるとなると

良いですね~

良いですね~

金沢の飲食店は、元気ですね^^v
Commented by sukatan_queen55 at 2018-10-11 08:50
>高兄さん
高兄さん、こんばんは。
毎月「エル・グルメ」を購読しているのですが、トレンドなお料理やレシピを見る度
こんな風に盛り付けられたらと憧れます。
そんな感性持ち合わせていませんが。。。
金沢も次々とお店がオープンしていますが、京都のスピードはMOREMOREMOREでしょうね。
ん~久しぶりに京都に行きたい!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 石川(河北郡津幡):鮨正(すし... 金沢(八日市出町):和牛うどん... >>