人気ブログランキング |

金沢(野々市市):金澤流麺 らーめん南「エル☆コラソン」

b0089578_10524099.jpg
ラーメン記事でよく出てくるジムアフターラーメン。
ジムでは美しく健康的な身体つくりを目指してヨガレッスンに定期的に出ています。

レッスン中にお!この曲、別の世界へとトリップしてくれるツボに入る~と気持ちを動かされている時あり。
後から似たような音楽を探してみよっ!と思いつつ、大概コロッと忘れてるのですが。

今一番好きなのはシガーロス、エレクトロニカ、チルアウト、そんな癒しのジャンルにハマりだして何年も経つ。
基本ポップやロック、エレクトロ系などジャンルは問わず何でも聴く派。

10代から20代初めの頃までは音楽ならニューウェーヴ、映画や小説でも退廃的で病んだものを好む普通の女の子でした。
いましたよね、少女の頃に太宰治や横溝正史にどっぷりつかっている子とか。

たまに音と視覚に魅了されていたあの時代の好きなアーティストに話題が触れられると、
ポーンと自然にエネルギーが大放出。
指が勝手に動いてSNSに投稿しちゃったりとかするわけですが、
そんな自己満足の塊が投げられたボールを打ち返してくる人がいるなんて、しかも思いもよらぬ人から。
喜びと動揺でついオタッとしてしまう。

そこに反応ですか!?お互いの共通点を見出した後は好きなアーティストの乱列!
いつも声を潜めて語っているのに急にテンションの音量アップとか、文章だけど。

最終的には今度お店に行きますって締めくくったのだけど、中々行けなくて。
外仕事の移動中のチャンスを活かして9月中旬に行ってきました、音楽好きな店主がいる金澤流麺 らーめん南

確か前に食べたのはプログレッソ(醤油らーめん)、アルタネイディバ(牛骨鶏油醤油らーめん)。
当初の予定では「真夏のエル☆ミナミーニョ・冷やしらーめんメキシコ風」が
9月を過ぎてもやっているはずだったけど、行く前日に終了。

なので定番以外の黒板メニュー、本日のお勧め「エル☆コラソン」を注文しました。

・エル☆コラソン(塩麹と生姜の薄口醤油らーめん)

スープには金沢大地の薄口醤油と塩麹、岡山産牡蠣煮干しや貝柱などを使用。
薄口とは言っても、薄口醤油は塩分濃度が高く素材の持ち味や香りを活かしてくれるお醤油。

生姜の風味や牛骨の香りがクリアな状態で伝わってきて、味を決める塩加減はしっかり。
やたら強いわけでもなくまろやかに牛の出汁が伝わってくる深みのあるスープ。

麺はエモーショナルな気持ちが投入された自家製麺、全粒粉ブレンドの麺はスープに添ってしなやか。
トッピングはレアチャーシューと鶏チャーシュー2種類のチャーシュー、シメジ、生姜、九条ネギ、海苔、紫玉ねぎ。
最近、細麺を食べる率が高くなっている私の胃へやさしく美味しく収まっていく。

そして、お客さんが自分だけになった時、音楽ネタをふったと同時に語りの幕が切って落とされました(笑)
趣味の世界なのでジャンルは様々だけど、オアシスな時だったり気分を上げるものだったり音楽の力は偉大。
ロック、パンク、ラテンを愛する店主さんの話題は自然とラーメンへ。

まるでスペイン北東部の活気ある地域さながらラーメンへの熱き思いを語るーーニャ。
私自身そんなに語り口な方ではないので、言葉に詰まらないトーク力の高さは素直にすごいなぁと。
趣味とラーメンへの情熱が詰まった手づくりのラーメンマガジンもまとめて持ち帰ったけど、
1杯のラーメンの中に込められた思いが連載となっていて、趣味の話もあって興味深く面白かったですよー。

平日のお昼は中々難しかったりいつでも自由に食べれるわけじゃないので、
限定は難しいけれどまた食べに行きますね。




by sukatan_queen55 | 2018-09-28 22:07 | 石川(金沢) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢(長町):アシルワード (... 金沢(此花町):うみまち酒場 ... >>