人気ブログランキング |

沖縄(宮古島・伊良部島):魚市場 いちわ 「マグロ&カツオ桶盛り丼」「佐良浜そば」、牧山展望台、イグアナ岩、三角点

b0089578_15535719.jpg
午前中は伊良部島の絶景ドライブ観光へと繰り出しており、そちらは後で書くとして、
お昼ごはんは佐良浜(さらはま)漁港の前にある魚市場 いちわ

沖縄県内のカツオの漁獲量の8割を占める伊良部島、漁港で水揚げされたばかりの鮮度抜群の魚料理が味わえる。
団体様でも丸ごと受け入れられる位の席数の多さでテーブルとお座敷があり、券売機にて食券を購入。

入口にはお土産コーナーもあり島で水揚げされた鰹を使用した加工品などが販売されています。
b0089578_13275729.jpg

マグロ&カツオ桶盛り丼

桶盛丼の美味しい食べ方シートが机の上に置いてあった。
1:お茶碗に少し盛り「伊良部島鰹醤油」をお好みでかけて食べる
2:またお茶碗に少し盛り「漁師だれ」をお好みでかけて食べる
3:テーブルに備え付けの「なまり旨辛漬け」と一緒に食べてアクセントを楽しむ。
4:最後にあら汁をかけていただきましょう。

名産加工品を1つ1つ丁寧に味わった後は豪快に味噌汁をぶっかけろと。
なるほど、お味噌汁の椀の形はそそぎ入れる為のものね。

右上の小鉢に入ってる鰹のフレークの様な「なまり旨辛漬」、何気なく食べるとこれが意外なほど旨い!
少しピリ辛でカツオの旨みいっぱいのうま味、中身は醤油・にんにく・長ねぎ・唐辛子・黒糖・ごま油など。
お酒のアテにもごはんにもよし、これは後でお土産として買っていこう。
b0089578_13280262.jpg
ここの「伊良部島鰹醤油」は店内で手作りされており、一本釣り鰹を使用した拘りの醤油。
新鮮なカツオとマグロはあっさりで臭みなどはもちろんなく、ダシ醤油や漁師だしなどの風味のある調味料がよく合う。

普通にお醤油だけでもいいけれど旨辛漬けなど複数の味をブレンドさせたりも美味しい。
味噌汁にはなまり節(鰹の身に熱を加えて加工したもの)が入っていて、まさに鰹づくし!
b0089578_15505919.jpg
佐良浜そば
皆で仲良く1つを回し食べした佐良浜そば、一見宮古そばに見えるけど
スープがカツオ出汁のうっすら味噌味で、佐良浜産のかつお節がどっさりのってるので風味がぶわっと。

ごろっとのっかった塊はマグロやカツオの角煮、甘い味付けで濃いめでクセになる。
麺も伊良部島の製麺所で作った手作り麺だそうで、まさに佐良浜が全て凝縮されているようなそばですね。

帰り際にはしっかりお土産コーナーに捕まり、先ほどの「なまり旨辛漬け」「カツオ味噌」「カツオの塩辛」を購入。
どうみてもご飯のお供みたいなものばかりだけど、夕飯は糖質オフすることが多いので調味料として使おう。
b0089578_16193767.jpg
午前中の伊良部島ドライブ観光の軌跡。

伊良部大橋を渡って一番高い位置にある「牧山展望台」からの景色。
向こうに宮古島とそれをつなぐ伊良部大橋が見渡せます。

b0089578_16194436.jpg
お次は断崖絶壁から望む絶景ポイントの「三角点」を目指すも、入る場所が分からずその次の「イグアナ岩」へ。
道路から崖につながるけもの道っぽい細道を見つけたので(入口の足元ブロックの「♡」の印」)
そこから草を分け入っていくとこーんな綺麗な景色、海の沖の方にオレンジ色の座礁船がチラリと写ってます。
b0089578_16194849.jpg
横からみたらイグアナの様な形な崖なんだけど、それっぽい写真が1枚もないというかその上に立ってるのか。
左横の方にオレンジ色の点が見えるけど、野生のパイナップルが生えてる~~さすが沖縄!
と感動していたら、あれは「アダン」というパイナップルに似た別の植物だそうです。
b0089578_14490719.jpg
イグアナ岩の場所に一緒にいたお兄さん、崖ギリッギリの場所まで行って撮影を試みる。
見ている方が怖いからやめてくれ~~!!東尋坊よりも高い崖かもしれん。
後、スーツ&革靴を着たおじさんやヒールの女性、コケたら危ないではすまんで。
b0089578_14540330.jpg
イグアナ岩から少し戻って三角点へ、道路の真ん中に「BIKE」という文字の目印があるはずが見からず、
ちょっとした人が入った痕跡のある道っぽいものを発見したので、そこから侵入(友人のお尻)
かなり有名なポイントですが看板らしきものはなく、目に見える様な観光地化されていないのがいいのかな。
b0089578_16254495.jpg
三角測量に必要な四角い柱石がある場所に崖があるので「三角点」という名だとか。
ここからの景色もすごく絶景だけれどもイグアナ岩よりも滞在できる場所が狭くて、
この写真を撮っている後ろは、沢山の若い女子たちで込み合あっていて、いい場所からの写真撮りを待ってます。
b0089578_16253863.jpg
自撮り棒でかなり崖ギリギリな位置からベストショットを撮るお嬢さん、
インスタ映えは命がけよ!とばかり、崖だけに。
息をのむような迫力のある絶壁とコバルトブルーの海、立ち去るのが惜しいほど見事で美しい風景でした。


by sukatan_queen55 | 2018-09-16 23:09 | 沖縄 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 沖縄(宮古島・伊良部島):いら... 沖縄(宮古島):根間かまぼこ(... >>