人気ブログランキング |

沖縄(宮古島):根間かまぼこ(丸かまぼこ)、ワイド―市場宮古島、宮古神社

b0089578_16304954.jpg
沖縄・宮古島・4日目。
前日の夜にコンビニでそれぞれが好きなものを購入しての朝ごはん。

宮古島旅行中、絶賛いつも通り昼夜としっかり食べているもんだから、だんだんと下っ腹がポッコリーナ。
多分、体重も順調に右肩上がりの様子なので、この辺で糖質オフしてみる(朝だけ)

食べていたのは根間かまぼこの「丸かまぼこ」、野菜入りのカマボコでスティック状の手軽に食べれるやつ。
宮古そばにも入っている蒲鉾は平たい蒲鉾で、いつも見慣れている板付きかまぼこの様な形ではない。

これはコンビニで買ったが、製造している根間かまぼこでは色んな種類の蒲鉾が販売されているらしい。
そんな地元のかまぼこ屋さんを訪れるのもいいかもしれない、空港でも平かまぼこを購入しましたよ。
b0089578_16305238.jpg
3日間泊まったコテージ、洗濯機で水着や衣類を洗濯したり、キッチン道具など色々利用させてもらいました。
残り1日は別の宿泊所に泊まるので、コテージに居ついてたミケコちゃんにも別れを告げる。
b0089578_16305644.jpg
まず直行したのは8:30の開店と同時にお土産を求めに入ったワイド―市場 宮古島
宮古島の野菜や果物などの農作物や加工品、お土産類まで色々揃ってます。

加工品やお菓子類が多く巨大だけど観光客向けな「島の駅」と比べると規模は小さいけど、
農作物に関してはこちらの方が揃っていて、地元の人も買いにきそうな感じでした(JA的な)。
b0089578_16310152.jpg
購入したものは「ドラゴンフルーツの蕾」、「シークワーサー」、「島とうがらし」、「青パパイヤ」
そして写すの忘れましたが、チビサイズ(キウイくらい)のマンゴーの詰め合わせ。

チビマンゴー、これが欲しかったんですよ、県外には出回らない地元民用のマンゴー。
小さいけど甘味が凝縮されていて美味しいのだとか、その通りめっちゃ甘くてジューシーでした。

島とうがらしもこんなにパックで100円、その他もとても安くてさすが農家直送。
生物ばかりなので予め用意してきたクーラーボックスに入れて移動です。
b0089578_15370833.jpg
お次に訪れたのが日本最南端の神社でもある宮古神社、1590年(天正18年)に建立され
長い歴史の間に台風の被害や戦禍にもあい、2010年に新しく再建されました。
那覇の波上宮から歓請した熊野三神と、かつて宮古島を統治した豊見親三柱をお祀りしています。
b0089578_15374210.jpg
屋根の色や形などがどことなく沖縄らしい南国テイストで、狛犬もシーサーに似ているような気がします。
この神社は金運が上がるご利益があるパワースポットとして知られているそうなので、
商売繁盛の御守と御朱印をいただいてきました。
b0089578_15422757.jpg
上のワイド―市場で購入した野菜たちは家に持ち帰り、帰宅後にすぐさま料理。
ドラゴンフルーツは果実として有名ですが、蕾や野菜として食べられます。
沖縄では身近な食材でもこちらでは貴重な食材、竜のうろこの様な花びらが特徴的。
b0089578_15425768.jpg
炒めても揚げても茹でても美味しいそうなので、半分にカットして天ぷらにしていただきました。
ついでに思いつきで海ぶどうも天ぷらにしたら、いやー水分が多いので油をはじいて大変!すぐ諦め。

シークワーサーと塩をふって食べると、真ん中の芯の部分はオクラの様に粘り気があり、
花びらの部分はサクサクで香ばしく、味にクセはないのでとても食べやすくて美味しかったです。
b0089578_15432727.jpg
青パパイヤはタイ料理の定番なのに身近になくて今まで作っていなかった「青パパイヤのソムタム」。
皮を剥いて種を取って千切り状にした青パパイヤに、紫玉ねぎ、プチトマト、ピーナッツ、干しエビを加えて、
レモン汁、ナンプラー、ココナッツシュガー、唐辛子、にんにくのタレで和えました。
爽やかな酸味と辛味でシャキシャキとしたパパイヤを味わうサラダです。

by sukatan_queen55 | 2018-09-15 23:03 | 沖縄 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 沖縄(宮古島・伊良部島):魚市... 沖縄(宮古島・伊良部島):島ご... >>