金沢(片町・新天地):チェコ料理 DUB(ドゥブ)祝!4周年

b0089578_14581771.jpg
8月10日、友人たちと新世界でうなぎを食べディランで爆睡したお盆休みの始まり。
うなぎ屋さんのお隣はチェコ料理DUB(ドゥブ)、ちょうどこの日が4周年だったのです。

DUBの前を通り過ぎながら4周年の事が頭にインプットされていた翌日、
町の繁華街は金沢ゆめ街道2018というYOSAKOIや太鼓などパフォーマンスが繰り広げられるイベントが開催。

歩行者天国になるというので夕方から香林坊へと向かい、香林坊大和の前の屋台で軽く一杯とつまみを食べ、
会場各所を巡りつつ、さてこの後どこになだれこもうかと真っ先に浮かんだのがDUB。

予約していなかったのですが扉を開けるとちょうど2席空いていて運良く入店できました。
b0089578_14582355.jpg
私は前日のワイン酔いが記憶に新しいので、軽く白サングリアで。
夫はカウンター後ろのビールサーバーからピルスナースタイルの元祖となる歴史あるビール、ピルスナーウルケル。
b0089578_14583071.jpg
前菜盛り合わせ
ザビナーチ(いわしの酢漬け)、ウトペンツィ(ソーセージの酢漬け)、チーズの酢漬け、砂肝のオイル煮
マジャルスキーサラーム(チェコのサラミ2種)、素麺かぼちゃ・コリンキー・金時草のピクルス

いつも単品でちぇこちぇこ頼んでいる前菜たち、盛り合わせを頼むのは初めてかも。
酸味の効いた酢漬けや日持ちするものが多いです、それぞれに個性があって酸味の利かせ方がいい塩梅。
b0089578_14583633.jpg
お次はまたまた赤のサングリア、控えめな今日の私。
今回飲んでいたのはこんな感じですがチェコはビール消費量世界一の国、
色々なチェコビールにチェコのカクテル、チェコのワインとチェコ酒色々揃ってます。
b0089578_14584141.jpg
オロモツチーズとズッキーニのフライ
本日のメニューから頼んで出てきてびっくり!大判焼きの様なゴロッと大きなフライが登場。
オロモウツという都市のチーズでズッキーニの間に入っているからか、形を保った状態でガブリ。
何か独特のクセがあるチーズなのね、さっぱりとしたタルタルの相性もあって全く気にならないところか美味し!
そしてこのお皿の可愛らしいこと。
b0089578_14584687.jpg
Ex フランコフカモドラ 《EX Frankovka Modra》夫が飲んでいたスロバキアの赤ワイン
b0089578_14585411.jpg
能登豚と自家製ザワークラウトのパプリカ煮込み
こちらも本日のメニューより、自家製チェコの茹でパン(クネドリーキ)付
豚肉のシチューにザワークラウトの程よい酸味が加わって夏にぴったり、ふわふわのパンをちぎって付けて食べたり。

こちらに来る度に食事と共にチェコの文化や歴史など豆知識が増えたりして、
そして私自体チェコに馴染みがあまりないはずなのに私たち日本人に馴染む美味しさが魅力。

最初は店主さんとやり取りしていたのが、たまたま縁がある人たちがいたり、後から知り合いが登場したり、
南米から帰国した人の話しを聞き、さらに反対側ではイギリスの話が~とカウンターで話が繋がって超楽しかったです。
そんなワールドワイドなところもこのお店の良いところ、ごちそうさまでした。



[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-08-17 23:59 | 石川(金沢) | Comments(2)
Commented by いいですねえ at 2018-08-22 12:12 x
お酒を飲む場所って、なんだかそこに居合わせた人同士がおしゃべりの輪の中に入ったりして
みんなで楽しい時間を共有できたりするのが楽しいですよね。
また、そんな雰囲気になれるお店っていうのも、すごくいいお店だな、と思います。

Commented by sukatan_queen55 at 2018-08-24 15:09
>ゆかさん
偶然居合わせた人たちとのお喋りの輪、カウンターならではの楽しさですね。
ここ店主さんの人柄もあって和気藹々とした空間が居心地良い一夜でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 石川(白山市):洋食ビストロ ... 金沢(片町・新天地):パブ デ... >>