長野(軽井沢):手打ち十割そば処 蕎遊子(そゆうし)「くるみだれ蕎麦」

b0089578_14123660.jpg
長い長い冬の鉛色の空の気持ちを夏で取り戻すかのように、夏の間の休日は一日でも無駄にはしたくない。
祭りだ花火だと積極的に出かけており、8月初めの日曜日は軽井沢へ弾丸日帰り。

最初は宇治に車で行くかという話だったので急展開、金沢駅行ってすぐ乗車できる切符を買って新幹線に乗り込む。
お酒を飲んで居眠りこいてたら乗り換え忘れそうになるわ。

計画性も全くないので何を食べるか(私にとって重要)は車内でスマホで検索するものの、
この時期のしかも当日に人気のお店なんて空いているわけがない。

ま、着いてから駅近くのお蕎麦屋さんでいいかぁ~と一応目星をつけておいた手打ち十割そば処 蕎遊子(そゆうし)

ちなみに軽井沢に到着したのは14時だったがこの店は15時まででセーフ。
それでも空いているどころかほぼ満席だったのでお昼ごろはさぞかし忙しいのでしょう。

メニューはとろろ蕎麦、鬼おろし蕎麦、くるみだれ蕎麦、なめこおろし蕎麦などつけ蕎麦の他に
白糸(さらしな)、ひきぐるみ、深山(田舎そば)など3種類の蕎麦が楽しめるメニューも。
b0089578_14124506.jpg
・くるみだれ蕎麦
去年、長野でお蕎麦食べた時にくるみだれが美味しかった記憶が張り付いてるので当然くるみだれ一択。
冷奴の上にのっているのはふきのとう味噌かな。
くるみだれに蕎麦つゆを入れてズズッといただくと結構甘めなお味、手打ちそばの歯切れよかったです。

お土産屋で販売されているくるみ蕎麦ダレ(胡麻MIX)を今年も買って帰ろう。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-08-11 23:30 | 長野 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 長野(軽井沢):ミカドコーヒー... 金沢(東山):オリエンタル ブ... >>