金沢(片町):鉄板焼き あつあつ(ステーキ、鉄板中華、お好み焼き等)

b0089578_17043842.jpg
6月下旬、片町の本格鉄板料理をカジュアルに楽しめる鉄板焼き あつあつに行ってきました。
場所は犀川大橋から犀川沿いを上流に向かうと、すぐの左の曲がり角がお店になります。

ここはA5ランクの飛騨牛ステーキや名物料理の1つである鉄板中華料理の数々、
そして鉄板焼きを生かしたお好み焼きや焼きそばなどの1品&〆が楽しめるという特徴的なお店。

基本はコース料理で、前菜・焼き野菜・中華料理・A5飛騨牛ステーキ(ヒレorサーロイン)・デザートの構成ですが、
午後9時以降は1品料理をアラカルトで頼めるようになっています。

私たちはコース料理、4,500円、7,000円(2人以上~)の内、4,500円コースを選び、
足りなければ後から追加することにしました。

店内はカウンター6席に4人がけテーブルが1つ、窓からは川べりの風景が眺められます。
b0089578_17044250.jpg
前菜3種盛り
くらげ、馬肉の薫製、鶏肉とザーサイの和え物
まずはスパークリングワインで乾杯して前菜3種盛り。
くらげの前菜が歯ごたえコリッコリ、どことなく前菜にも中華の要素が入ってますね。

ドリンク類はビール、ワイン、焼酎、日本酒、紹興酒、ウイスキー、カクテル、梅酒などありますが、
特にご主人がテイスティングしたというスパークリング・白ワイン、赤ワイン等のワイン類が数多く揃っています。
b0089578_17044749.jpg
焼き野菜盛り合わせ
ホワイトアスパラ、ベビーコーン、ズッキーニ、椎茸、モロッコインゲン、ミニトマト
こちらは1盛りでの提供、旬の野菜を鉄板焼きで素材の味を楽しむ。
b0089578_17045698.jpg
飛騨牛A5サーロイン
私はサーロイン(50g)をレアで、基本は50gですがお肉は増量することもできます。
塩がお皿にありますが、別皿のポン酢、大根おろし醤油、マスタードのタレでも楽しめます。
やはり私はサーロインが好き、程よい脂ののりと赤身のバランスが美味。
b0089578_17050003.jpg
飛騨牛A5フィレ
夫はフィレを100gにて、赤身肉ダイエッターは常にフィレを狙う。
1切れいただいたけど、とても柔らかくて肉の旨みがしみてきました。
b0089578_17050548.jpg
引き続き食べるための活力、赤ワインをグラスで。
b0089578_17051039.jpg
麻婆豆腐
4,500円のコースでは中華メニューを1品選ぶのですが(7,000円だと2品)、
新作の麻婆茄子、ゴーヤチャンプル、蟹たま茸のオイスターソースあんかけ、エビチリ、酢豚など、
その他にもまだメニューがある中から、お勧めの麻婆豆腐にしました。
熱々な豆腐とピリ辛な中にコクと旨みが凝縮されていて美味しかった。
b0089578_17051414.jpg
お好み焼き MIX(エビ・タコ・イカ・豚)
コース料理の分が終了したので追加注文は、初めから狙っていたお好み焼き!
生地がふわっとしていて具も豪華~♪
ステーキの後に中華、お好み焼きとめくるめくメリーゴーランドで楽しい。
b0089578_17051892.jpg
中華風やきそば
さらに焼き飯と迷ってシメをもう1品。
中華風やきそばは細めの麺が歯ごたえがあって、これまた美味しかった。
b0089578_17052256.jpg
最後のデザートは柚子シャーベット(他にバニラ、抹茶)

私たちの様に早い時間から来店していた人たちはコース料理、
やや遅い時間帯から来店していた人は1品料理などアラカルトを。
個人的にはワインを飲みながらお好み焼きを食べていたお1人様が魅力的に映ったり(願望?)。

デートや同伴、大切なお客様をもてなす時など幅広く利用できて、
鉄板ごしに交わされるシェフとの会話も楽しみつつ、偶然にも知人に出くわしたこともあり、
アットホームな雰囲気で食事が出来ました、ごちそうさまでした。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-07-05 23:12 | 石川(金沢) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢(片町):サルヴァトーレ ... 金沢(西念):旬彩酒楽 貴いち... >>