金沢(中村町):スパイス食堂 飄逸(ひょういつ)「レモンハーブの豆乳カレー」

b0089578_16555740.jpg
夏に突入してからますます異国情緒な夕飯が支配している我が家の食卓。
タイ、ベトナム、インド、スリランカ・・etc、外でも中でもエスニック紀行高まる。

そんなエスニック好きに嬉しいお知らせ、7月1日にオープンしたスパイス食堂 飄逸(ひょういつ)に行ってきました。
場所は金沢駅正面の通りから犀川御影大橋を渡り、はま寿司がある中村交差点を左折して進むとすぐ左手にあります。

こちらに移転する前は東京新宿区の曙橋で「CURRY BAR produce by Poriyal(ポリヤル)」という名前で営業されていました。

カレーのコンセプトは身体に優しく毎日でも食べれること、
スパイスのバランスと具材との調和で、最後の1口まで楽しめる1皿であることを大切に。

定番の豆乳カレーは3種類で「豆乳ホワイト」、「ペパーミント」、「レモンハーブ」。
さらに月1~2回のきまぐれ限定カレーは注文可能な時のみ掲示板に記載してあるそうです。

この日の本日の限定カレーは「さばのスープカレー」
本日の一品は「鶏レバーのスパイス煮」、「食べるにんじんドレッシングのサラダ」「なすとキュウリのポリヤル」
本日のデザートは「カボチャのプリン」「米粉のふんわりしっとりシフォン」
b0089578_16560205.jpg
ナスとキュウリのポリヤル

ポリアルは南インドでよく食べられている野菜のスパイス炒めで、
柔らかく炒め煮されたナスとキュウリはココナッツの風味とスパイスが効いていて、とても身体に良さそう。

ここで使用されている器は飄逸オリジナルの山中漆器で、スプーンも食べやすい方をと選べました。
とても軽くて木目が綺麗で持ちやすく、下のカレーもそうですが独特の味わいがあります。
b0089578_16560615.jpg
レモンハーブの豆乳カレー

限定カレーは売り切れだったのでレモンハーブの豆乳カレー、レモングラスを使用しているとのこと。
現在、お米は奈良の田島農園からの直送7分づきを使用しているそうです。

1口食べるとマイルドな豆乳のイメージを覆す豊かなスパイス感が広がるが、バランス良くまろやかに包みこんでいる。
食べ進むうちにじわりじわりと汗が浮かんできます、辛いというよりスパイス全体の辛みでまろやかだけど濃厚。
レモングラスは私も生でよく調理するのですが、スパイスの奥深い香りはこの影響でしょうか。

ライスには自ら調合したというガラムマサラと鶏皮の揚げたものがかけてあって、カリカリとした食感がアクセントに。
具は茄子と玉ねぎと野菜のみだけれど、広がるスパイスの充実感で物足りないなんてことはない。

多分、まだ食べていませんが豆乳ホワイトよりもエスニック要素は強めなんでしょうね。
好みのカレーでした、美味しい!
b0089578_14233481.jpg
米粉のふんわりしっとりシフォンケーキ

味見かわりにと米粉のふんわりしっとりシフォンをいただきました。
タイトル通りのふんわりしっとり感にチョコの風味がふわ~っと広がります。
他にもカボチャのプリンなどのスイーツがあり、お勧めだそうなので次回ぜひ食べてみたい。

店主さんは名湯巡りや日本酒の造詣も深く、様々な酒蔵のお酒の情報発信を行っていてもちろんお店でも飲めます。
偶然知り合いも来店していて、店主さんと日本酒の話題で話し込んでいました。
ドリンク類も伏流水仕込みのオリジナルジンジャードリンクが各種あるので、こちらも楽しみ。

メニューを眺めているだけで、石川県内を巡りお水や器などお店に合うように
1つ1つ選んでいったのが分かります、元々石川には縁はないそうなので選んでくれて有難うですね。
リピーター限定のカレーもあるそうなので、そちらも食べれるように通いたいです。

*食べログその他無記名の投稿サイトには不掲載を希望。
個人のフェイスブック、ツィッター、ブログ、その他のメディアの取材はOKだそうです。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-07-09 23:25 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://goldsmile.exblog.jp/tb/28428458
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 石川(白山市):旬味酒処 山海... 金沢(本町):PORK YAK... >>