人気ブログランキング |

富山(高岡):ラーメンの翔龍 「醤油ラーメン」

b0089578_15483842.jpg
クリアランスセールが近づいて、ポチポチ地獄に陥る直前の先週の週末、
洋服もそうだけど、フライパンや下着など生活雑貨が見たくて小矢部アウトレットへ。

少し前に竜王アウトレットで包丁やグリルパンを買ってきたので、
物欲細胞が刺激されっぱなしな中、衝動買いにならないようにしたい。

で、ちょっと大きめのフライパンが欲しくてヘンケルスやティファールなど見回るも、
重かったり、同じようなの持ってるだろ!と横から茶々入れられたりして購入までたどり着かず。

うちは鉄のフライパンが多くて長くは使えるけど、すぐにこびりついちゃうんです。
とりあえず実物は幾つか確認してきたから、後はネットでお安くなっているのをポチっとかなぁ~

ここに行ったら必ず食べるマルガジェラードのソフトにスタバのコーヒーを飲みつつ帰宅。
少し遡ってこの日のランチはというと、私のリクエストにより高岡市のラーメンの翔龍へ。

富山から移転してきた我楽さんの修業先ということで、行ってみたかった翔龍さん。
もうこの地で30年も営業されている地元で愛されているお店ですね。

・醤油ラーメン
スープは豚骨と鶏がらを主体に野菜と三石昆布、境港産煮干し、醤油は大野醤油と野田醤油。
酸味ともとれる熟成された味わいの醤油が独特。
芯ののこるちぢれた中太麺は自家製麺で、醤油がよく麺に張り付いてる。
濃いめの醤油だけど少し耐性ができてきたのか、全然普通に美味しいわ。

公式ページには富山ブラックをうたっているものの、御主人さんは北海道旭川出身だそうで、
寒さに打ち勝つようなこのラードの厚い油膜は北海道のルーツを思い起こさせる。

旭川醤油ラーメン、残念ながら北海道では札幌で味噌ばかり食べていたので、旭川醤油を実食した人に聞いてみたいわー。
無造作に入れられたメンマと葱、シンプルなラーメンてこんな感じ。

家族連れが多くて無駄がない対応、かまえていない自然体な雰囲気で好きです。
富山県人に伝えると、味噌バターコーン、ニンニクラーメン、辛味噌ラーメンのお勧めが。
次は味噌に決定っぽいな、なかなか富山遠征は少ないけどまた再訪したい。

by sukatan_queen55 | 2018-06-20 23:58 | 富山 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢(鞍月):パルティーレ (... 金沢(片町):スパイスボックス... >>