金沢(泉野出町):割烹のむら でお祝い会

b0089578_15531774.jpg
6月の始め、ある方のお祝い会に参加する為に行ってきたのは泉野出町の割烹のむら さん。
新鮮な季節の素材に拘ったお料理は品数も豊富でどれも美味しいと評判で近隣の人たちから愛されているお店。

のむらさんと言えば、多分オープンから間もない頃に職場の人たちと行って以来、
特に近年になってからちょこちょことお邪魔しているのですが、あの頃とは随分と内装も変わっていて、
一番奥のお座敷は法事などで足腰の悪い人でも座れるようにテーブル席になり、色んな用途で利用できるようになっています。
b0089578_15534772.jpg
今回はそのお座敷でお祝いモードのおめで鯛、鯛、鯛づくしスペシャル宴会となりました。
もずくに馬肉に山菜と色合いも内容も渋い前菜が、まるでお酒と寄りそうような呑み助ラインナップ。
b0089578_15541747.jpg
お造り盛り合わせ
b0089578_15553399.jpg
ドーンと土鍋で持ってきた鯛の塩釜焼き、昆布と塩の層に包まれていたのを割ったところ。
旨みを封じ込めた塩釜焼き、鯛の身がふっくらしていて仄かな塩味がうんまい!めで鯛!!
b0089578_15563049.jpg
焼き鮎、まだ小鮎の時期なので内臓もまとめて丸ごとパクリ。
また庄川沿い鮎料理を食べに行きたくなってきた。
b0089578_15573154.jpg
立派すぎる鯛のお造り、これは中々お目にかかれない代物ですわ。
有難がっている内に皆のお箸がのびるのびるでめで鯛2。
b0089578_15583199.jpg
めで鯛3は鯛の身と葱や芹を出汁にくぐらせてポン酢で食べる、これまた贅沢な鍋。
b0089578_15590533.jpg
蟹の酢の物
b0089578_15593568.jpg
お漬物
b0089578_16005327.jpg
〆の雑炊、これまた鯛の出汁が出ていて美味しいんですよ。
ゆっくりとした時間をかけて和の物を食べていると結構量的にも食べられているから不思議。

テーブルの上には本日の主役である日本酒がずらり。
普段はたしなむ程度しか飲めない日本酒(弱いので)、この日はそのふくよかな美味しさから、
いつもの何倍もお酒が進んでしまい、二次会は諦めて大人しく家に帰りました。
皆と集いあって和気藹々としたとても楽しい宴会でした、のむらさんごちそうさま!

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-06-18 23:02 | 石川(金沢) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢(片町):スパイスボックス... 金沢(長町):アシルワード (... >>