金沢(長町):おおはし(焼肉・ホルモン)

b0089578_14193756.jpg
GWの後半は家族とどこか出かけるために予定は入れてなかったのだが、
先に夫が夜2日連続で飲み会を入れてきたので、急に暇になってしまった。

もっと早くいえよ、こらーー!という声も虚しく響く、GWの夜に2日連続で1人はあまりにも寂しいっ
という訳で早急に遊んでくれる人を大募集したところ、いつもの仲間たちが付き合ってくれることに。

少し前に焼肉の話題をしていたので、お肉が食べたいよね!と流れは血となり肉となる焼肉に決まり。
偶然にも集まったのは生粋のホルモンヌたち、協議の結果お店はおおはしとなりました。

片町スクランブル交差点から元車交差点へ行く間(長町交差点過ぎる)の右側にある。
外観からして昭和な雰囲気、すだれもらしいインテリア。
名物が「たんもと」と聞けば1度は耳にした人もいるはず、私は数年ぶり。
b0089578_14202924.jpg
L字型のカウンターに奥にこじんまりしたお座敷席があって、上には卓上コンロ。
予約したのは6時半だったのだけど、すでに常連らしき人たちに埋め尽くされていた。

私達は4名で予約していたので、奥のお座敷4人テーブル席。
さて、たんもとは最初に頼むとして後はどうする?と皆でメニューをにらめっこ。

ここはとってもメニュー数が豊富で、ホルモン部位がずらりと並ぶかと思えば、
近江牛いちぼ、黒毛ロース、牛リブロース、近江牛ももなどの良質な赤身系もあるのです。

だがそこはやはりホルモンヌ集団!
シロから始まりシロで終わるの掟があるように、安定のホルモン責めで頼むことに。

多分最初で最後になると思う野菜メニューのキムチとカクテキ
b0089578_14211962.jpg
炙りたんもと(ハーフ)

大きな塊肉、たんもとをコンロにのせてドバーッと塩をかけ、さらに胡椒は鬼のようにかける。
4人だとフルでも食べれなくはないけど、他に色々注文したかったのでハーフで丁度よかったかも。
b0089578_14220112.jpg
かたまりたんもとの表面がいい感じに焼けたら、お店の人が一旦お肉を厨房に持っていき、
1口サイズにカットしてくれて持ってきてくれます。
その後は自分たちで好きなように焼く。

1口サイズでもかたまりには違わないたんもと、でも歯ごたえはさっくりと柔らかく噛める。
そして脂もあるのでさくさくジューシー、うまっ!
b0089578_14223117.jpg
しまちょう、牛ハツ
いつ何時でもシロをまず注文する私ですが、牛の大腸のシマチョウも好物。
噛みごたえがあって適度な脂が美味いのよね~ずっと噛んでいられる(笑)
後、さっぱりと牛ハツ。
b0089578_14230385.jpg
豚レバー、シロ
定番のシロにここは豚レバーだったっけ、柔らかでクリーミー。
少し甘めのタレにつけて食べまくりです(特にシロ)
b0089578_14233250.jpg
コリコリなんこつ
ここの軟骨は3種類あって、なんこつ(軟)とコリコリなんこつ、豚アバラ軟骨。
最初、豚アバラ軟骨を頼もうとしたら「固くて噛みきれんよ」と言うお返事が。
えっ!?そんなに?芸能人じゃないけど歯が大事なので軟らかい方に。
こっちも弾力があってコリコリ感があってうまし。
b0089578_14241399.jpg
豚足は調理したものをお皿に盛ってきてくれるのでそのままいただく。
プルプルコラーゲンの塊はお箸でスルッと取れます。
b0089578_14244438.jpg
コンロ上のホルモンパラダイス。
焼肉ネタでよく書いてるけど夫はホルモン苦手(シロ・タンくらい)なので、
いつも豚バラ→カルビ→シロのローテーションに慣れている自分にとってはまさに楽園。
シマチョウ、豚足、レバー、ハツ・・うふふ、わーい。
脂でおでこテラテラ笑顔で食べまする。

b0089578_14252515.jpg
ギアラ、ハラミ
ハラミは普通のお肉の様に食べるので置いておいて、注目はギアラ。
私の大好きなアカセンってギアラだったっけ、とそっと調べる。
牛の胃袋は部位によって味や食感が全く違うから不思議。
第4の胃袋ギアラ(アカセン、赤センマイ)はコリコリとした食感と牛の脂の旨みがたまらない。
b0089578_14260111.jpg
卵がけごはん
途中、これはご飯がなくては食べられない!とホルモンヌ2人が〆を待たずに先に注文。
お酒とごはんを並行して飲み食いできない人たちの割合はどのくらいだろう(例え:夫)
このホルモンヌたちはそれには該当しないらしい(私も酒とごはんは一緒でもOK)
そして横から1口横取り。
b0089578_14264716.jpg
ヤオキモ、牛アゴ
ヤオキモは肝じゃなくて牛の肺の部分、ふわふわで軽くて味自体は淡泊。
牛アゴはちょっと固めの赤身肉、旨みもばっちり
b0089578_14271692.jpg
牛カルビ、ガツ
本当によく食べるね(笑)最後に王道のカルビを食べておこうかという余裕。
そして豚の胃袋のガツ!コリコリした食感で食べやすい。
最後の肉は写真がないけれど、掟のラストシロを頼んでなんとなく胃袋も落ち着いた感じ。
b0089578_14274693.jpg
ビビンバ
冷麺を頼んで「うちには冷麺ないよ」と店主さんに言われ、黒板を見ると冷酒と冷麺を読み間違い(笑)
なので〆はビビンバにしました、スープ付。

自慢の炙りたんもとを中心に牛肉はホルモン・赤身と種類が豊富、それは豚肉も負けず劣らず。
鶏肉メニューもあるし、1品もと選ぶのに迷います。
沢山食べたけどホルモンばかり食べていたせいなのか、お安くすみました。

黒板にかかれているイベリコ中落ちカルビ、牛しゃぶ焼、能登豚シャブ焼などの限定メニュー?も要チェック。
選ぶのが楽しくてまた行きたいと思うお店です。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-05-19 23:31 | 石川(金沢) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢(米泉町):ごはん家(定食... 金沢(窪):京華・窪店(中華料... >>