金沢(片町):割烹ゆづる(日本料理)

b0089578_14260477.jpg
兼六園下を毎日のように通勤で通り過ぎている、今年は桜が開花してからあっという間に散ってしまい、
今は葉桜の出始めを見届けながらいつもと同じような季節が巡ってきているが変化は常にあるようだ。

春は出会いと別れの季節、スタッフで活躍してくれていたGちゃんが結婚して県外に行くことになり
御苦労さまと感謝を込めて、旦那さま共々私たち夫婦と会食することになりました。

3月の終わりに行ったお店は割烹ゆづるさん、犀川大橋北詰交差点から川沿いを一本入った通りを上流に。
片町シャンテビル1F、昔フレンチマキノさんがあった場所で分かる人もいるのでは。

カウンターとテーブル席で全13席、移り変わる季節に合わせて旬の食材をふんだんに取り入れた日本料理店。
季節感が出たお料理はどれも正統派の丁寧な手仕事に演出されたものばかり。

カウンターは明朗で楽しい御主人と会話が繋がる場でもあるけれど、私たちはここでは会食が多いのでテーブル席。
お酒が弱い私とGちゃんは梅酒から、それぞれビールや後から白ワインなど好きなものを頼む。
b0089578_14260728.jpg
白魚ととり貝とワラビとワカメの酢の物
旬の白魚やワラビなど、それぞれ食感や香りの違う食材を合わせた春の味覚、上には紫蘇の花
b0089578_14261213.jpg
桜豆腐とフグの椀
桜の香りを移したふわふわの桜豆腐とフグの身、菜の花が入ったお吸い物。
透き通ったお出汁が素材の春らしい美味しさを引き立てます。
b0089578_14261516.jpg
お造り
さより、鮪トロ、ひらめのお造り、淡泊で上品なひらめとさより、鮪の脂が口の中でとろける♡
すだち塩でいただきました。
b0089578_14262057.jpg
金目鯛雲丹焼き
脂ののった金目鯛とその上の雲丹が贅沢な磯の香りの調味料。
b0089578_14262462.jpg
能登牛サーロイン
軽く炙った能登牛は葱やキノコなど添えて和風の味付けで。
b0089578_14262874.jpg
鹿児島の筍と蛸
早い時期から収穫される九州の筍と蛸と蕗の炊いたもの。
柔らかく噛み切れる蛸と筍の味付けはまさに上品な逸品。
b0089578_14263119.jpg
赤飯、辛味大根のお蕎麦
ご結婚のお祝いということでお赤飯、辛味大根入りの温かい小盛りのお蕎麦。
b0089578_14263729.jpg
自家製桜餅
桜餅は出来立てでほかほか温かったです、美味しい!
久しぶりの長命寺の桜餅、最近は道明寺桜餅をよく目にするけど
うちは子供の頃は関東にいたせいかずっと長命寺、でも金沢の和菓子屋さんは半々らしい・・分かれ目?!

最近は少食になってしまっているのでコース大丈夫かな?と不安があったものの、
あっさりした和食をゆっくり消化しつつ食べることで見事に制覇、身体に負担のかからない和食ってすごい。

ここはお料理も美味しく親しい方とのお食事や少人数での接待・会食におすすめで、遠方から訪れる方へのおもてなしにも。
Gちゃんの旦那さまは初対面だったけれど、それを感じさせないほど会話が充実。
ゆっくり落ち着いて話せて楽しいひと時を過ごせました。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-04-12 22:09 | 石川(金沢) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢(有松):麺や 福座(フク... 金沢(元町):BACARO(バ... >>