うちごはん:冬の間は鍋が並んでた我が家の食卓

b0089578_16592592.jpg
親の代から何十年と使用していた土鍋がダメになり、7、8年ほど前に処分してからずっとうちは土鍋は無し。

同じ頃に卓上のステンレス鍋をもらったので活用していたけど、蓋がないのでフライパン用の蓋を代用していた。

ミニマムな生活を実践してる?でも、冬の情緒的な心をくすぐるには少し物足りないと思いつつ年月は経ち、
欲しいな~と思っていたのが、ビタクラフトのCCLぼてぃ(土鍋)

陶芸家がデザインしたビタクラフト発の土鍋、発売当初から北欧デザインぽくてかわいい!と目を付けていたけれど、
いかんせんお値段がエクスペンシヴッなので中々手を出せないままいた数年間。

すると偶然に見た公式ページでアウトレット価格になってる~!もしかして生産終了?
見逃せずにまず9号サイズの後、7号もゲット、どこがミニマム生活なんだ、でも満足じゃ。
b0089578_16593636.jpg
さっそく大きめの鍋を使おうとくったり煮込んだ冬野菜と肉団子で肉団子鍋。
豚・鶏ひき肉に胡麻油や醤油、塩など混ぜた肉団子に白菜、葱、豆腐、のと115椎茸
b0089578_16593929.jpg
付けるタレは麻辣(マーラー)ダレ、花椒、粉唐辛子、いり胡麻、醤油、酢、ナンプラー、トマトケチャップ
ピリリと辛くてホワジャオの香り豊かなタレがシンプルな具にディープインパクト。
b0089578_17002534.jpg
別の日にやや小ぶりの鍋を使って、きのこ鍋・くるみダレ
cotogotoに掲載されていたきのこ鍋くるみダレ、お肉はラム肉だったけど豚薄切り肉に替えて、
ほうれん草、しめじ、えのきだけ、しいたけ、エリンギなど茸ばっかりの鍋。

鍋のスープのベースは出汁(昆布)と塩。
くるみだれは、くるみ、にんにく、オイスターソース、はちみつ、粉山椒
取り皿にくるみだれと万能ねぎをとり煮汁を加えてのばしたところに、具を付けていただきました。

お蕎麦にくるみダレの組み合わせが好きだったのでこのレシピを試してみたが、
にんにくやオイスターソースが入っているので結構パンチの効いた味でした。
b0089578_14405805.jpg
牡蠣とキャベツの味噌鍋
普通の味噌と白味噌をブレンドして、醤油とみりん、砂糖、昆布出汁を加えた味噌出汁に
牡蠣、キャベツ、にら、しめじ、木綿豆腐をくわえた味噌鍋。
味噌が2種類で白味噌でややマイルドで深みがあるベースで美味しかった、笠原将弘氏のレシピ。
b0089578_16592915.jpg
その他にも鍋作っていたけど写真なし、一番よく作るのは上のチゲ鍋。
キムチの臭いが付いたりするのでステンレス鍋で、洗いやすくてこれはこれで便利。

豚肉、牡蠣、白菜、ニラ、エリンギ、何故か海老餃子など、具はその時々で変わるけど、豚肉と牡蠣は定番。
キムチを豚肉と炒めて、韓国粉唐辛子、コチュジャン、足りなかったら味噌足したり。
魚介類を足すと旨みが加わって美味しいですね。
b0089578_17021388.jpg
2月のバレンタインデーチョコはパティスリー・オフクさんのチョコに文旦ピールにチョコがけした土佐文旦ショコラ。
チョコに浮き出た模様が宇宙の惑星の様で綺麗、1つ1つ説明を読みながら一番好きだったのは抹茶。
文旦ピールにコーティングされたチョコ、ほろ苦さと厚みがあって柔らかくで風味があります。
b0089578_17021701.jpg
お取り寄せしたラ・ヴィエイユ・フランスのチョコは、ソシソンオショコラとチョコトリュフ。
ソシソンオショコラはアーモンド、ヘーゼルナッツ、ピスタチオがプラリネ風味のジャンドゥーヤの中にごろごろ。
カットしながら夜な夜な食べてました。
2人で平等に分けるチョコは1箱じゃやはり終わらない(すでにバレンタインはチョコを食べる日)

[PR]
by sukatan_queen55 | 2018-03-03 23:07 | うちごはん | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢(堀川町):ご当地ラーメン... 石川(白山市鶴来):八尾家(や... >>