金沢(西念):廻る寿しぽん太 「上にぎり」

b0089578_11553608.jpg
そろそろ解禁期間も終了に近づいてきた県内産の香箱ガニ。

香箱の紅い内子(卵巣)が鼻血が出るほど好きな私は、お店のメニューで見かけるとつい頼むのですが、
やっぱりスーパーで買って自宅で食べる方がお安いので、ちょいちょい連れて帰ります。

最近は580円、680円・・中には蟹味噌がないものもあったりしたが、内子が食べれればそれで幸せ。
蟹の身にはそれほど執着していないので、心の蟹バロメーターが一番上がるのは12月末までだカニ。

シーフード熱が高まる北陸の冬に急にお寿司が食べたくなって、手頃に食べれる廻る寿しぽん太へ。
金沢市中央卸売市場の前の通りにあるラーメン神仙の向い側辺りにある、廻ってない回転寿し。

お昼のランチに友人と来たことはあったけど夜は初めてかも、夫はお気に入りとか。
少し遅めの時間帯だったからか、誰もいない・・・あ、1人いたか。

久々だったが年季が入った地元密着っぽい店内は相変わらず、レールに面したカウンター&テーブルとお座敷も。
回転レールには見事に何も廻っておらず、メニューがのったお皿だけ。

単品でも頼めるけど、ここはその日のお勧めを日替わりで出してくれるセットメニューで。

・上にぎり:1,300円(にぎり十貫)
ねぎとろ、かに、ぶり、甘海老、サーモン、まぐろ、イカ、鯛、謎の白身と貝
ネタは新鮮で食べごたえ充分、市場の前だからか何か+αがあるのか。

あら汁が無料なので、取ってくると海老の頭や身がしっかり付いたままのお魚がごろごろ。
魚の出汁がしっかり出て旨いわーこれを味わうのがここの醍醐味とも言う。

お寿司は少しシャリが大きめなので私はこれでお腹膨れました。
夫は横綱セット(15貫)に炙りサーモン単品食べていたけど、よく食うわ。

夜のセットメニューは公式ページのランチ価格と比べると100円高いようです。

ちなみにランチのお値段はと言うと↓
Aランチ・並(10貫):800円、Bランチ・上(10貫):1200円、Cランチ・特上(10貫)1800円
満腹ランチ(12貫):925円、横綱ランチ(15貫)1280円、プレミアム(15貫)3000円

手軽ににぎりが食べれて美味しくコスパ良し、ごちそうさまでした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-12-20 23:55 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://goldsmile.exblog.jp/tb/27886866
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢(桜田町):油そば専門店 ... 金沢(高柳町):香むぎ (こむ... >>