金沢(堀川町):ご当地ラーメン 巡(めぐる)2周年記念「白河中華そば」

b0089578_13441796.jpg
いつの間にかアイスコーヒーからホットコーヒーに切り替わって、
未だ家ではシャワーで済ましているけど、ジムのお風呂がホットステーションになりつつある気温の下がりめ。

大した運動もしていないけど、お風呂で綺麗さっぱりした後は温かいスープが飲みたくなる。
スッピンなのでなるべく人に会いたくない時に限って出会ってしまう、ジムアフターラーメン。


最近のジムアフターの定番のお店となりつつある巡さんもはや2周年!
今回も10/23(月)~10/27(金)の5日間限定で2周年記念ラーメンイベントを行っています。

この5日間は2周年記念限定ラーメンの「白河中華そば」、オリジナルの「甘えび塩ラーメン」の2種類だけ提供。
どんどん食べた人のアップを見かけるのですが、ほぼ2周年限定の「白河中華そば」。
私もその1人なんですが。

福島・白河の「白河中華そば」、白河は福島県の南部でみちのくの玄関口。
福島と言えば喜多方ラーメンが有名ですけど、スープや麺など細かいところで結構違いがあるようです。

ちなみに喜多方も訪問したことあるのですが、ブログ以前なのでほぼ記憶がなくって。
調べてみて写真の記憶から坂内食堂だったかなぁーくらい。

その白河ラーメン、具にワンタンが人気らしくて今回もトッピングにあるので追加してみました。

・ワンタン麺(5個入り)
スープは豚骨と数種類の地鶏使用で王道シンプルな醤油スープとかかれているけど、醤油の旨みが凝縮していて旨い。
麺は店主手打ちという手もみ中太ちぢれ麺、太いところと細いところがまちまちで
ツルッとしたと思えば太いところでモチッとしたり食感に中々変化があって、まさにつるもち!

具は炭火焼きチャーシュー、海苔、ほうれん草、メンマ、ナルト、ネギ、ワンタン(トッピング)
チャーシューが密度がギュッとしまった豚ももで噛みしめると味わいがある。
ワンタンなのに中の具がしっかりしているから半ギョーザみたいで食べごたえあり。

私はこれでお腹いっぱいですが、さらにチャーシューを足してチャーシューワンタンメ麺にして
麺が隠れてみえないほどのボリュームになる腹パンオーダーする人もかなりいるようです。

満足げに食べた後のおデコはうっすら脂でテラテラ、ごちそうさまでした。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-10-24 23:55 | 石川(金沢) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢(片町):tawara(た... 石川(珠洲市):ムイネー/Mu... >>