東京(新宿):ヴァーヴ コーヒー ロースターズ(VERVE COFFEE ROASTERS)

b0089578_16042107.jpg
その日の用事を終えた後、夜は友人と約束をしていたので新宿へ移動。
最近ご無沙汰していた新宿界隈、そんな南側に新しく出来た商業施設「NEWoMan(ニュウマン)」に
やっと行ってきました、エキソトオンリーだけど。

ロサンジェルスの人気ロースター日本1号店、ヴァーヴ コーヒー ロースターズ(VERVE COFFEE ROASTERS)
浅煎り焙煎のコーヒーが特徴で常時ブレンドが5種、シングルオリジンは4~6種ほど揃っている。
あっという間に鎌倉、表参道にも次々とお店を展開させてます。

ヴァーヴと言ったらリチャード・アシュクロフト率いるヴァーヴかバーブ佐武が思い浮かぶハーフ昭和脳。
この名前ですぐに覚えちゃいました、モダンで直線的な店内はそう広くはない造り。
b0089578_16045304.jpg
ドリンクメニューは本日のメニュー、1杯づつドリップしてくれるシングルオリジン、エスプレッソドリンク、
ティー、コールドドリンク、オリジナルドリンク。
フード類はクロワッサン、パウンドケーキ、グラハムクッキー、ドーナツなどを展開。

カウンターにはハンドドリップのドリッパーがずらりと並び、
コーヒー豆の他にマグカップやTシャツなどのオリジナルグッズも販売。

窒素ガス入りコーヒー「ニトロブリュー」に興味があり豆は日替わりで変わるそうだけど、
デカフェ派の私はやはりそっちへ流れていく。
b0089578_16055922.jpg
バンクーバーデカフェのアイス
コロンビアとブラジルのコーヒーをスイスウォータープロセスによりカフェインレスのデカフェにしたもの。
少し甘みも感じてかなり深みのある味わい。
豆も購入しようか迷ったけど、家にまだ在庫があるので諦めました。
b0089578_16065438.jpg
店内でお土産用に購入したのはドリップパックタイプと代官山のガーデンハウスクラフツの「レモンポピーシードクッキー」
このクッキーがかなり美味しい!と思って調べていたら、
代官山に行かずともガーデンハウスクラフツの店舗がニューマンのエキナカにあるじゃないの・・。
うむ、今度この辺に行く機会があれば買ってこよう。


[PR]
# by sukatan_queen55 | 2018-06-23 23:18 | 東京 | Trackback | Comments(0)

東京(蔵前):タンタンタイガー(汁なし坦々麺専門店)「レディース汁なし坦々麺」

b0089578_16074302.jpg
4月下旬の東京編。

地元金沢と東京の温度差、4月はまだ肌寒いけれど東京は割と暖かく、
スーツで歩き回ったせいか、身体の温めスイッチがオンになり歩く足取りも軽快に。

今回は台東区に用事ありで1人で移動中、当然ながらこの辺りでの事前チェックは外せない。
するととっても私のハートにロックオンしたお店を発見したので向かってみました、タンタンタイガー

都営浅草線 蔵前駅から徒歩3分ほどの場所にある汁なし坦々麺の専門店。
唐辛子の辛さと中国山椒(花椒)の痺れが織りなす辛シビ系が特徴。

辛さ・痺れのレベルが選べると共に、色々なトッピングが選べる。
その中でもパクチー!!でたよ、パクチーをこよなく愛する熟女ならぬパクジョの真骨頂。

お店は大通りにあって12時ジャストで並んでないな、と思いきや中のカウンターは満席(10席)
他に立ち待ちの人もいて、券売機で券を買った後に狭い玄関でちょっと待ち。
b0089578_16074786.jpg
一番の基本は、「汁なし坦々麺(麺200g)」
もう1つが野菜多めでチアシード入りの「レディース坦々麺(麺150g)」
トッピングにはパクチー、トマト、温泉玉子、肉増しなど。

そして辛さと痺れのレベルは3段階あり、
・辛さ
小:辛いものが苦手な人も美味しく食べれる辛さ
中:当店のスタンダード、辛いものが好きな人が美味しく食べれる辛さ
大:激辛好き向けの辛さ、ハバネロ使用の衝撃的な辛さ
・痺れ
小:中国山椒(花椒)に慣れていない方、初めての人におすすめの痺れ
中:中国山椒(花椒)を食べたことがあり、苦手じゃない方が美味しい痺れ
大:中国山椒(花椒)を愛している人向けの痺れ、ものすごい痺れ

辛いものが苦手ではないけれど、辛すぎるのは避けているし、
レビューを見ると結構ヘビーな方が多いのだけど、私はちょっとびびりぎみ。
お隣で辛さ(大)、痺れ(大)を注文している人の器が真っ赤に染まっているんだもの。
b0089578_16075113.jpg
レディース坦々麺:辛さ(小)、痺れ(小)
トッピング:パクチー増し増し、温泉玉子

カラシビを控えめにしてパクチーをマシマシしたら麺が見えないやつがやってきた!!
坦々麺の全容がつかめないけど、端っこにチアシードがかかっているのは見える。
そして温泉玉子を付けたのでこれを投入。
b0089578_16075684.jpg
全部まぜまぜした後のレディース坦々麺。

もっちもちの中太麺にひき肉や干しエビなどが混ざっててタレの甘さは控えめ、
パクチーと水菜が多めなので麺が少ない分の量を解消してくれて、野菜を一緒に食べてるヘルシー感。

もはや私自体がパクチー臭に支配されてるとも言っていいほど
かぐわしい香りに包まれて鼻孔も膨らみ、う~~んティスティ。

辛さ、痺れを控えめにしたせいか辛さは程よい辛さだけれども、痺れは小でもしっかり効いてると思う。
口の奥の方からいつまでもビリビリするので、大だと味自体分からなさそう。

限界は人それぞれだから何ともいえないけど、辛さはもう一段階上げてもよさそうかな。
やはり坦々麺にパクチートッピングは必須、パク女の琴線に引っかかるお店・・また行きたいです。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2018-06-22 23:25 | 東京 | Trackback | Comments(1)

金沢(鞍月):パルティーレ (Partire) イタリアン

b0089578_16222563.jpg
6月初め、いつも行くジムが改装の為にお休みという予定を聞き、
いつもの仲良しメンバーは共通のジムに行っているので、それじゃ皆で何処かにご飯でも食べに行こうか、
と、リクエストを募って決まったのは鞍月のパルティーレ (Partire)

トスカーナ地方の料理とその他の地方の食文化の料理を応用して地元食材をアレンジして提供してくれるイタリアン。

過去にも数回記事にしているけれど3年ぶりかな?お久しぶりです。
ここは安定のグランドメニューがあるけれど、本日のお勧めメニューの数が20種類以上あって
どれも魅力的なので結局ほとんどお勧めメニューから選んでしまうという結果になる。

種類も量もある「前菜盛り合わせ」がお勧めだけれども、こちらは予約必須になったようです。
今回は予約していなかったので、単品を幾つかチョイスして4人でシェア。

場所柄、運転手もいてそれぞれ酒弱い者が揃った「低アルコール女子会」、
意地でも酒を飲む私は白ワイン(ファルネーゼ・シャルドネ)のハーフボトル。

b0089578_16223401.jpg
石川県産 アナゴのバルサミコ風味 オーヴン焼き
表面がカリッと焼かれた穴子に濃厚なバルサミコソース
その下にひいてある野菜のトマト煮であるイタリアン定番のカポナータ、これもとても美味しい。
b0089578_16224100.jpg
鳥取産 サバのソットオーリオ サルサヴェルデ
ソットオーリオとはイタリア語で油漬けしたもの、魚や肉、野菜などをオリーブオイルで漬けたもの。
程よい塩加減でマリネされた鯖をレモンとバジルソースでさっぱりと。
b0089578_16225983.jpg
自家製のパン
b0089578_16230687.jpg
石川県産 イワシのマリネ
丁寧に皮を剥いたイワシは身がふっくらして新鮮さを感じる旨さ
b0089578_16231438.jpg
福井県産 薫製した飛魚とペペロンチーノのスパゲッティ 七味唐辛子添え
にんにくと薫製の香りがとてもマッチ、気が付けばお魚メニューばかり注文していた。

b0089578_16232231.jpg
アマルフィ風生ハムとレモンのクリームソース タリアテッレ
グランドメニューの中から前も食べたことのあるレモンのクリームソース。
生ハムと柑橘類が入っていてクリームベースなのにレモンの効果でと~っても爽やか。
b0089578_16232907.jpg
オーストラリア産 牛フィレ肉のタリアータ 10年熟成バルサミコ添え
最後はお肉でガツン!と〆る。
赤身肉でさっぱりしていいて肉質はしっとり、これは太らないな、多分。
b0089578_16233633.jpg
本日のドルチェとフルーツ
2皿頼んで仲良く4人で分けました(笑)
トルタチョコラータ、季節のフルーツタルト、クレーマディカタラーナ(半凍りのクリームブリュレ)
b0089578_16234786.jpg
最後はカプチーノ、友人はハーブ農園ペザンさんのハーブティー。

前菜やパスタには新鮮な魚介類を中心としたメニューが沢山、産地表記されていて安心さが伺えれます。
メインにも魚介類はありますが、ローストやステーキ、タリアータなどの豊富なお肉メニューに目が行きました。
大皿の盛り付けがとても綺麗で、フレッシュな素材をシンプルに活かした1皿に仕上がっていて、
どれも美味しかったです!ごちそうさまでした。



[PR]
# by sukatan_queen55 | 2018-06-21 23:09 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

富山(高岡):ラーメンの翔龍 「醤油ラーメン」

b0089578_15483842.jpg
クリアランスセールが近づいて、ポチポチ地獄に陥る直前の先週の週末、
洋服もそうだけど、フライパンや下着など生活雑貨が見たくて小矢部アウトレットへ。

少し前に竜王アウトレットで包丁やグリルパンを買ってきたので、
物欲細胞が刺激されっぱなしな中、衝動買いにならないようにしたい。

で、ちょっと大きめのフライパンが欲しくてヘンケルスやティファールなど見回るも、
重かったり、同じようなの持ってるだろ!と横から茶々入れられたりして購入までたどり着かず。

うちは鉄のフライパンが多くて長くは使えるけど、すぐにこびりついちゃうんです。
とりあえず実物は幾つか確認してきたから、後はネットでお安くなっているのをポチっとかなぁ~

ここに行ったら必ず食べるマルガジェラードのソフトにスタバのコーヒーを飲みつつ帰宅。
少し遡ってこの日のランチはというと、私のリクエストにより高岡市のラーメンの翔龍へ。

富山から移転してきた我楽さんの修業先ということで、行ってみたかった翔龍さん。
もうこの地で30年も営業されている地元で愛されているお店ですね。

・醤油ラーメン
スープは豚骨と鶏がらを主体に野菜と三石昆布、境港産煮干し、醤油は大野醤油と野田醤油。
酸味ともとれる熟成された味わいの醤油が独特。
芯ののこるちぢれた中太麺は自家製麺で、醤油がよく麺に張り付いてる。
濃いめの醤油だけど少し耐性ができてきたのか、全然普通に美味しいわ。

公式ページには富山ブラックをうたっているものの、御主人さんは北海道旭川出身だそうで、
寒さに打ち勝つようなこのラードの厚い油膜は北海道のルーツを思い起こさせる。

旭川醤油ラーメン、残念ながら北海道では札幌で味噌ばかり食べていたので、旭川醤油を実食した人に聞いてみたいわー。
無造作に入れられたメンマと葱、シンプルなラーメンてこんな感じ。

家族連れが多くて無駄がない対応、かまえていない自然体な雰囲気で好きです。
富山県人に伝えると、味噌バターコーン、ニンニクラーメン、辛味噌ラーメンのお勧めが。
次は味噌に決定っぽいな、なかなか富山遠征は少ないけどまた再訪したい。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2018-06-20 23:58 | 富山 | Trackback | Comments(0)

金沢(片町):スパイスボックス (南インド・スリランカ料理)で「カレー飲み会」

b0089578_16440213.jpg
6月の初めに金沢市片町の南インド・スリランカ料理「スパイスボックス」にて、
カレー好きな人達による飲みにケーション、「カレー飲み会」が開催されたので行ってきました。
というか、私が主催(笑)

スパイスボックスでアラカルト料理を好きに頼んで食べたいという趣旨の元、
石川と富山で応募をかけて集まったのは、奥の掘りごたつ部屋に縦横MAXに詰めて14名。

満員御礼になったのは嬉しいのですが、企画を決めた時に当日が「百万石まつり」だということをすっかり忘れてて。

思い切り道路規制がかかってるわ、夜も香林坊方面はありえないほど混雑しているわで、
駐車場ヤバイヨー、早めにキテネー、と散々脅かしておいた結果、殆どの人が時間通りに来てくれました。

ドリンク注文時、私がいつも頼むのはラッシー酎ハイ。
そしてスリランカのウイスキー(アラック)を入れたラッシーアラックもお勧めと教えると、
次々とラッシーアラック、ラッシー酎ハイ、飲めない人はラッシーとラッシーだらけの乾杯となる。

*ラッシーアラックはメニューにないので直接頼んでね
b0089578_16471328.jpg
メニューを渡してどれでも好きなもの頼んでください、と言いつつも、
スパボヴァージンの人たちもかなりいて戸惑っている様子だったので、私が適当に頼むことに。

これを頼んでおけばとりあえずの間は持つ、安定の前菜3種盛り合わせ
チキンパコラ、ベジタブルパコラ、アルーチャート(スパイシーなポテサラ)
b0089578_16474397.jpg
マライティッカ
骨なしチキンをヨーグルトとクリームチーズで味付けした辛くないタンドリー、1番人気らしい。
14人いるので各3つづつ頼みます。
b0089578_16481289.jpg
ひよこ豆の科カチュンバー
ひよこ豆の黒こしょう風味なさっぱりとしたサラダ。
たぶん野菜メニューはあまり頼まないと思ったので、気持ち野菜摂取。
b0089578_16491958.jpg
ハリヤリチキンティッカ
鶏肉をパクチーとミントまみれにしたタンドリー。
これが食べたいという熱いリクエストがあったのです。
パクチー苦手な人いますか?と聞くのは愚問、当然のごとく注文していきます。
鼻から抜けるパクチーとミントの爽やかハーブの香りが、う~~んテイスティ。
b0089578_16495052.jpg
ハリヤリマトン
メニューにはないけどマトンもできるよ!ということで注文。
チキンに比べると少し固めなマトンもパクチーとミントまみれ。
b0089578_16534516.jpg
タンドリーチキン
無難なメニューを欲する空気を読んだタンドリーチキン。
b0089578_16541546.jpg
タンドリーマトン
半分が普通の人たち、半分がカレー変態たちなのでこちらは変態用と言っておくべきか。。
とにかく何かと羊肉を食べたがるのです(私?)
b0089578_16544417.jpg
突然、フェルナンドさんが持ってきたのは「山羊のデビル」!
え~っとデビルは何頼んでいたっけ、というのは頭から抜けちゃいました。
骨付きの山羊肉に甘辛いトマトソースの味付けのデビルはスリランカ料理。
クセはマトンにも似た感じがやんわりとしたけど、味付けも濃いのでそこまで臭みもなく。
b0089578_16551459.jpg
シークカバブ
ひき肉と野菜を組み合わせたスパイシーなソーセージ状態にして焼いたカバブ。
これはノンベジですが、野菜だけのベジカバブも美味しいです。
b0089578_16554566.jpg
チキンサモサ
私が頼んでいた物が終わったところで、ようやくメニューに慣れてきた皆さん。
それぞれ好きなものを頼みます、上はその一例。
後、カレーも頼んでおかなくちゃ・・・ビリヤニもスリランカの焼きそばも食べたい、食べさせたい。
b0089578_16561414.jpg
ウッタパム
前は前菜メニューにあったのに無くなったと思ったら、パンとライスのコーナーに移動していた。
南インドの軽食であるウッタパム、ココナッツのディップと合わせるととても旨し。
b0089578_16565833.jpg
コットゥロティのシーフード
ロティを細かく刻んで具と炒めたスリランカのそばめしのようなもの。
いつもチキンばかり続くのでシーフードなど変わりネタにすることが多いです。
b0089578_16572918.jpg
考えなしに注文していたら結構お腹膨れてきたな・・と思ったところに怒涛のカレー登場!
この5種類を3つ頼んでいるので、ビリヤニも焼きそばも無理状態だな、これは・・。

ビンジョールパティアラ:茄子とじゃがいものドライカレー(女王のお気に入り)
スリランカスープカレー:初めて頼んだかも?!めっちゃ美味しいです、ズルズル。
ククルマスカルマルワ:スリランカの通称ブラックチキンカレー、スリランカカレーの中ではこれが一番好き
ククルマスキラタ:スリランカの通称イエローカレー、皆の癒しのため豆のカレーです。
フィッシュマサラ:うん、魚だわーという出汁がでてらっしゃる。鯖かな?
b0089578_16580987.jpg
当然のごとくカレーと言えばナン
b0089578_16582280.jpg
そしてライスも忘れちゃいけない。
b0089578_16583381.jpg
とどめのプーリー、揚げパンです。
お腹にくる~と言いつつ、この熱々な香ばしさがたまらんのです。

この会の男女比率は11:3で男性多数だったのですが、最後のヘビーな量に皆さんギブアップ。
でも持ち帰りOKなので、タッパーを幾つかもらって詰めてお土産作っている人が何人か。

私はというと、マイインド弁当箱持参、さらにタッパーもという用意周到さ。
もれなく明日のお弁当の中身になったのでした。

注文時も会計時も色々いいがんにしてくれたフェルナンドさん、いつもありがとうございます。
19時から始まった宴会は22時過ぎまで続きました。

富山までの最終電車に間に合うようにタクシー飛ばして帰った方も間に合ったようで安堵。
初対面の人たちも少なからずいましたが、じょじょに打ち解けていって最後の方は和気藹々。

参加者の皆様、お疲れ様でした。

そしてお店は午前3時まで絶賛営業中!

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2018-06-19 23:59 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(泉野出町):割烹のむら でお祝い会

b0089578_15531774.jpg
6月の始め、ある方のお祝い会に参加する為に行ってきたのは泉野出町の割烹のむら さん。
新鮮な季節の素材に拘ったお料理は品数も豊富でどれも美味しいと評判で近隣の人たちから愛されているお店。

のむらさんと言えば、多分オープンから間もない頃に職場の人たちと行って以来、
特に近年になってからちょこちょことお邪魔しているのですが、あの頃とは随分と内装も変わっていて、
一番奥のお座敷は法事などで足腰の悪い人でも座れるようにテーブル席になり、色んな用途で利用できるようになっています。
b0089578_15534772.jpg
今回はそのお座敷でお祝いモードのおめで鯛、鯛、鯛づくしスペシャル宴会となりました。
もずくに馬肉に山菜と色合いも内容も渋い前菜が、まるでお酒と寄りそうような呑み助ラインナップ。
b0089578_15541747.jpg
お造り盛り合わせ
b0089578_15553399.jpg
ドーンと土鍋で持ってきた鯛の塩釜焼き、昆布と塩の層に包まれていたのを割ったところ。
旨みを封じ込めた塩釜焼き、鯛の身がふっくらしていて仄かな塩味がうんまい!めで鯛!!
b0089578_15563049.jpg
焼き鮎、まだ小鮎の時期なので内臓もまとめて丸ごとパクリ。
また庄川沿い鮎料理を食べに行きたくなってきた。
b0089578_15573154.jpg
立派すぎる鯛のお造り、これは中々お目にかかれない代物ですわ。
有難がっている内に皆のお箸がのびるのびるでめで鯛2。
b0089578_15583199.jpg
めで鯛3は鯛の身と葱や芹を出汁にくぐらせてポン酢で食べる、これまた贅沢な鍋。
b0089578_15590533.jpg
蟹の酢の物
b0089578_15593568.jpg
お漬物
b0089578_16005327.jpg
〆の雑炊、これまた鯛の出汁が出ていて美味しいんですよ。
ゆっくりとした時間をかけて和の物を食べていると結構量的にも食べられているから不思議。

テーブルの上には本日の主役である日本酒がずらり。
普段はたしなむ程度しか飲めない日本酒(弱いので)、この日はそのふくよかな美味しさから、
いつもの何倍もお酒が進んでしまい、二次会は諦めて大人しく家に帰りました。
皆と集いあって和気藹々としたとても楽しい宴会でした、のむらさんごちそうさま!

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2018-06-18 23:02 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(長町):アシルワード (AASHIRWAD)「ビハールの田舎料理を愉しむ会」

b0089578_14175141.jpg
5月末にせせらぎ通りのインド・ネパール料理、アシルワード (AASHIRWAD)で開催された
「ビハールの田舎料理を愉しむ会」に参加してきました。

アシルワードのシェフたちの故郷であるインドのビハール州は、インド北東部にあり州の北部はネパールに隣接。
仏教の最高の聖地(シャカの悟りの地)「ブッダガヤ」が有名だそうです。

故郷への行き方は東京からデリーへ10時間、デリーから東のパトナ(ビハール州の州都)へ国内線で3時間、
さらにパトナからバスに5~6時間揺られてたどり着くことのできる場所。

以前、インド食器輸入販売「アジアハンター」代表であるアジアハンター小林さんがアシルワードに来店した際に
ビハール州出身だと聞いて、名物のリッティ―・チョーカーを食べさせてほしいという申し出に
アシルワードさんの千葉さんが答えた形で決まったというこの企画。

ビハール州の名物のリッティの原材料であるサットゥをインドから取り寄せてまで拘ったお料理は
本物の田舎の味だそうで滅多に日本で食べることが出来ないそう。

この有り難い企画にお声かけていただき、お店の2階に行くと知った面々が何人も(笑)
各カレー好きな人たちが集まっていたようでした。
b0089578_14181311.jpg
・ベイガンチョーカー(焼きナス)
・サブジ(じゃが芋&トマト&茄子)
・カリバリ(ベサンとヨーグルト)
・マトン
・ググニ(豆)
・タワ=鉄板焼きのフィッシュフライ(鯵)
・リッティ
・チャパティ
・長粒米
・グラブジャムン

まずはビハール州の名物であるリッティ、右上にある真ん丸で焦げ目のついた物体。
つい回転させてジョジョのジャイロの鉄球として扱ってしまいたくなる。

全粒粉(アタ)のお団子の中にボソボソッとした粉がそのまま入ってます。
これが「サットゥ」という日本では入手困難な豆の粉。

それに焼きナスを潰したものに玉ねぎなど色々入ったベイガンチョーカーを添えて食べると、
ビハールの屋台にもある名物のリッティ・チョーカーになります。

カリバリは、ベサン(ひよこ豆粉)で作った粘性の高いお団子とヨーグルト主体の酸味のあるカレー。
マトンは、パクチーが添えてあってさらっとして軽快なマトンカレー。

ググニは豆のカレー、サブジ(じゃがいも&茄子&トマトの炒め煮)というよりカレー。
ボーンと1匹丸ごと鯵のフライも素朴でいい感じ。
後はゴーヤを炒めたものと思ったら揚げ物だったっぽい。

全体的にいつも食べているアシルワードのカレーよりも塩分濃度が若干高い感じがしました。
決して強すぎるというわけではなく、これが故郷の味を忠実に表しているのですね。

大きな梅干しみたいな見た目のグラブジャムンは、揚げたボール状のドーナツをシロップに漬けたお菓子。
少し前にバングラデシュの家庭料理をご馳走になった時にも出てきたデザートと一緒でした。

世界一甘いスイーツとネットで度々見かけるけど、甘いは甘いけど恐怖に震えるほど甘いってわけじゃなく
トルコで食べたバクラヴァ(パイ生地のシロップ漬け)の方が脳天突き抜けるデス声出るほど甘かったです。

チャパティといつもの長粒米、足りなくてチャパティやライスお代わりしている人もいましたが、
少食になった私はちゃんとテイクアウト用のタッパ―を持ち歩いているタッパー電撃隊(もち了解得ています)

素朴で珍しいリッティとチョーカーとの組み合わせに色々なカレー、
田舎料理と言っても充分豪華なディナーですね、味わい深くて美味しかったです!ごちそうさまでした。


[PR]
# by sukatan_queen55 | 2018-06-17 23:36 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(安江町):麺屋 白鷺 「冷やし坦々麺」

b0089578_16503434.jpg
ワールドカップ始まりましたね~我が家では21:00の試合は観ているものの、
午前3時頃の試合は起きれないという、今のところ生活リズムを崩す事のないマイルドな盛り上がり。

これからグループステージの後から好カードが続くと思うので、眠れない日々になるかも!?
と言いつつ、ポルトガルVSスペインを見逃したけど。

TV観戦の為にお菓子と飲み物を用意してテレビ前にじっと待機、
ホットチャイを飲んだら眼がさえて試合終わっても眠れなくなって、カフェイン効果をもろに食らってしまった。

そろそろ、冷たいお茶や水出しコーヒーを冷蔵庫に常備しておくべきかな。
飲み物も食べ物もひやっひゃな物が欲しくなってくる夏、もちろんラーメンも冷たい麺を制覇したい。

行きつけのカフェのななめ前にあるラーメン屋さんにて冷たい麺。
ラーメン・スライド・コーヒーとセットになる確率が非常に高い、麺屋 白鷺

・冷やし坦々麺
期間限定の冷やし坦々麺、肉味噌と九条ねぎ、玉ねぎのみじんぎりが上に。
レンゲと穴あきレンゲスプーンで細かい具材をもらさずすくって。

スープに浮かぶ貝柱のラー油と山椒、一味、すり胡麻がアクセントになっているけど、辛さはマイルド。
醤油のあっさりした冷たいスープなので、冷や汁をかっこむがごとくスルスルッと入っていきます。
坦々麺だけどさっぱりしていて夏らしいですね。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2018-06-16 23:08 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)