タグ:居酒屋・ダイニング ( 178 ) タグの人気記事

金沢(保古):厨彩Yumeji(チュウサイユメジ)居酒屋

b0089578_16331830.jpg
晴れる日が多くなって何かと作業しやすい週末、家の前の花壇に生えてた木を伐採した後に残った根っこ堀り作業やってます。
ここにハーブを植えるんだと宣言し、しゃべるでちまちま蟻をこらえて掘ってます(都はるみ風)

記事は5月下旬、自宅周辺からは離れて夫の実家エリアにほど近い、厨彩Yumeji(チュウサイユメジ)さんに行ってきました。
この近辺では人気の居酒屋さんで駐車場はいつも車でいっぱい、新鮮魚介と野菜中心とした和食・創作料理のお店です。

竹久夢二を愛するご主人らしくあちこちに絵とクラシカルなえんじ色が随所に使われた大正ロマン漂う店内が特徴。
オープンキッチンのカウンター11席、小上がりお座敷テーブル4~6人用が4台、後宴会用に掘りごたつ部屋もあります。

丁度入ったばかりのバイトの女の子に色々指導をしていて初々しい姿が・・そうここは接客がとても丁寧で気持ちがいい印象。
ドリンクはビール、日本酒、焼酎、ワイン、カクテルと色々揃っていました。

・生ハムの温玉のせシーザーサラダ
ふわふわ葉っぱに温玉と生ハムにサラダのドレッシングは自家製フレンチドレッシング。
b0089578_16332216.jpg
・鮮魚の炙りカルパッチョ

お刺身類もありますが今回は炙ったお魚のカルパッチョにて、自家製洋風大根ソースでさっぱりとこれは旨し!
b0089578_16332517.jpg
・穴子の天ぷら

揚げたての穴子の天ぷらは塩または出汁につけて食べました。
b0089578_16332954.jpg
・炙りクリームチーズ生クラッカー付

お腹の具合一時休憩タイムにて、チーズは炙ったほうがいい♪クリームチーズがクラッカーと生ハムと共に。
最初はチューハイ飲んでいましたが、やはりワインに移行した私です。
b0089578_16333239.jpg
・ぷりぷりエビ&しそチーズのパン巻き揚げ

海老と紫蘇、チーズがパンに包まって揚げてあります、こういうビジュアルでくるとは思わなかった。
外がサクサクなパンの歯ごたえ、海老と紫蘇&チーズの相性はバツグン♡
b0089578_16333664.jpg
・熟成牛リブロースの網焼きステーキ

リブロースがかなりのボリューム、そして下の醤油ベースの和風ダレがかなり美味しい。
Yumejiさんでは自家製ドレッシングを複数製品化し、販売しています→販売ページ
サラダのドレッシングもたぶんここから、私も使ったことあるのですが葡萄と鰹仕立ての和風ドレッシングがお気に入り。
b0089578_16334084.jpg
・甘えび味噌パスタ

パスタも幾つかありましたが海老星人な夫がこれを見逃すはずもなく、指名いただきました。
その名の通り、甘えび味噌の旨味たっぷりソースでいつもならソースぬぐうのにパン盛り頼んでしまうところ。
b0089578_16334301.jpg
・目玉焼きのせカレーピザ

ここのカレーは「房’s キッチン」のカレーソース、あのキッチンユキで長らくシェフを務めていた秘伝の味。
というか、「房’s キッチン」のマスターが勤めていた時代によくユキ行ってた私、カレー大好きでした(今も)。
というわけで、懐かしカレーにチーズと目玉焼き、洋食ぽくてカレースパゲッチ世代にはたまらんす。

お魚もお肉も、和・洋と選択肢が多くて、女性同士でもこれる綺麗さと気軽な雰囲気。
明るく楽しく飲んで食べて、後は代行で規則正しく帰宅しておねむモード、今夜も美味しくごちそうさまでした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-06-15 23:50 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

東京(浅草):高橋(居酒屋)

b0089578_16524945.jpg
合羽橋で買ったコーヒーポットを抱え、荷物を預けてある浅草駅へ向かう途中さしかかったホッピー通り。
夕飯にはまだ早い、だが小腹は空いている、ただでは通らせないなんという吸引力でついつい確信犯には入った居酒屋さん、高橋
気温がやや低めで肌寒いのでビニールシートで覆ってのオープンカフェ状態、カウンターとテーブルがせせこましく並んでいる。
b0089578_16525722.jpg
・牛すじ煮込み

まずはお江戸にくれば牛すじ煮込み、この通りでも看板にかかげているので自動的に注文。
ほろほろに柔らかい牛すじと大根、コンニャクもよく味が染みていて、あっさりとした味付けの醤油味で普通に旨し。
b0089578_16525387.jpg
・ピリ辛モツ炒め

メニューを見ると牛すじ煮込みとピり辛モツ炒めがおススメ2大看板らしいので、こちらも注文しました。
シロが適度に弾力があってタレが程よく絡んで何気~についついお箸がすすみます。
で、鯨メニューが沢山並んでいてそれらも看板なんだろうけど、今回は頼まず。←次回あるのか

店内のテレビでは競馬中継が放映されており、そういえば場外馬券売り場が近いのだったと気づく。
その昔、大阪出張時に職場の人に頼まれて梅田ウインズに馬券を買いに行った思い出がよみがえる。←今思えば買いに行かすなよ・・
駅前開発前の梅田ウインズの雰囲気はやや怪しく、スーツ姿の若い女子がウロウロと馬券を買う姿はさぞかし浮いていただろうな、と。
今ではホッピー通りはむしろ普通な立派なオヤジ熟女に成長いたしました。。。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-06-10 06:26 | 東京 | Trackback | Comments(0)

東京(八重洲):立ち飲み処 呑うてんき(立ち飲み居酒屋)

b0089578_14371340.jpg
ちょうど桜の開花時期に出張だったので、今頃主な桜の名所は夜桜見物の人らで賑わっているだろうなと思いをはせる茅場町。
でも、この茅場町のある通りから東京駅八重洲北口に向かうまでは、「さくら通り」と呼ばれる桜並木が続いている。

オフィス街を桜がトンネルの様に囲んで商店街の明かりに照らされて夜桜が綺麗、こんな思わぬところに名所が。
そのまま吸い込まれるように東京駅は八重洲口近くの立ち飲み処 呑うてんき
と言うか八重洲口近辺まで移動した記憶がプッツリ切れているので、まるでここまで一瞬でワープしてきた様。
b0089578_11000512.jpg
店内はカウンターと長方形型の立ち飲みテーブルが4、5つほど並んで、見ての通りお仕事帰りの方々でほぼ満席!
天井からいくつもの提灯と壁に沿って光っているカラフルなイルミネーションがお祭り気分。
あますところなく壁のあちこちに貼られたメニューなど、このごちゃっとした感が大衆立ち飲み酒場の雰囲気を醸し出しています。
b0089578_14372055.jpg
お皿の後ろにある銀のボールにお金を入れておくキャッシュオンデリバリー方式で、この店はご法度4箇条があり、
1:人に迷惑かけるべからず、2:席は譲り合って立つべし、3:お代わり焼酎は2回まで(ホッピーの?)、4:立ち飲み時間は2時間まで
八重洲口の混みあっている場所らしいので2時間制限なのだとか、まぁハシゴする身としては立ち飲みで2時間は多いくらいかな。

こちらのハムカツ、「ハムカツが美味しいお店」としてタモリ倶楽部に紹介されたことがあるそうです。
薄くはなくほどほど厚いハムカツ、これくらいが丁度良いのかな、サクッと揚がっていました。
b0089578_14372444.jpg
メニューはちょろっとつまむ程度の一品料理や焼き物などが沢山あって、缶詰類やカップラーメン、ポップコーンまであるという駄菓子屋さんの様な楽しさ。
新潟県は栃尾の油揚げ、葱と削り節とおろし生姜と・・・ふつーに美味しいです!
b0089578_14372754.jpg
揚げのミックス(メンチ、アジフライ、カレーコロッケ)

八重洲のアベノミクスと呼ばれる揚げのミックス、揚げたてサクサクに敵うものはなし。
3軒目だから殆ど食べられないはずなのに、揚げ物ばかりというスーパーストロングストマックを持つ面々。

そうこうしている内にここに連れてきてくれたプリさん終電大丈夫!?と一瞬の内に正気に戻る。
呑み助オヤジたちの聖地をいつも案内してくれてありがとうございます。
今回は3次会でしたが、17時オープンなので宴会前のはやる心を抑えられない0次会にも使えそうです。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-06-01 23:21 | 東京 | Trackback | Comments(0)

東京(茅場町):カミヤ 茅場町支店(もつ焼き)

b0089578_14350079.jpg
東京オヤジ飲み案内人との週末ランデブー、2軒目も茅場町にて。
前に個性的なおかみさんがいる店に行く?と言われており、プリさんが何度も暖簾をくぐっているというカミヤ 茅場町支店

老舗もつ焼きカミヤさんは人形町が本店ですが、親戚筋で経営している支店が何軒もあるそうで
昭和風情がたっぷり詰まった店内は左手に厨房、正面にカウンターで奥にテーブルが幾つかあるのですが、
皆さんサラリーマンの方々いっぱい、それでも一番奥の小上がりが空いていたのでそこに私たちが入りました。

時間が少々遅かったからか、主だったメニューは結構完売しており、あるネタで5本×2、10本など注文していく。
串は2種類×5本、盛り合わせ10本など、10本単位で注文するのがルールだが、
こちらは人数が多いので回数を足してもお腹が一気に膨れることはない、1人だと辛そうね。
b0089578_14362300.jpg
・シロ

最初に届いた1皿を串から抜いて皆でつつきあう・・
シロは割と薄いのだけどこの濃いような薄いような絶妙なタレ具合が気に入ったわ~リピート決定。
b0089578_14362750.jpg
・つくね塩

ふわふわした食感と外が程よい感じの固さでシンプルな塩との相性もよし、これも美味しい。
b0089578_14363133.jpg
・ハツ

レバーが切れていてじゃあハツを!テーブル2つに分かれて、2皿10本があっという間になくなる。
b0089578_14363459.jpg
・シロ(タレ)

先ほどのシロをリピート、ドサッと盛られてくるけど1串自体は小さめに切られているのでペロッと入ります。
やはりこのタレの塩梅がいいわ~大好きなシロなのに加えてタレうまし。
b0089578_14363844.jpg
・野菜串盛り合わせ

何故か野菜は盛り合わせで、種類はお店におまかせ、ネギ、ピーマン、ししとうなど。

おかみさんの何が個性的なのか~というと、江戸っ子でサバサバッとした接客が特徴で、
プリさんも何度か怒られながらも又来てしまう、そんな雰囲気と美味しさがあるお店なのだそう。
そして、このお店はお箸が・・ないのね?ここもまたスーツ姿の人たちのオアシス、他の部位も味わいたくまた訪れたいなぁ。。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-05-31 23:03 | 東京 | Trackback | Comments(0)

東京(茅場町):団だん(居酒屋)にて牛にこみ

b0089578_14332764.jpg
疲労した頭をそのままに戻ってきたよ東京、今回もオヤジ飲み達人な江戸っ子プリシラさんに抱っこにおんぶツアー。
「リクエストは?」「オヤジっぽいところ」と即答!プリさん仕事多忙なのにいつもありがとうございます。

お初にお見えになったプリさんの同級生も交えてオヤジ話に花を咲かそう(私もある意味オヤジ)
お互い全員スーツ姿、由緒正しき酔っ払いサラリーマンになるために、まずは牛にこみが美味しいという茅場町の団だん

正面の奥に厨房がありご主人はせっせと料理を作っておられる、接客の若い女性がテキパキと注文をこなしていました。
長めの団体が座る用の机が幾つかあり皆並んでの相席、お店はほぼ満席なザ・サラリーマンワールド。
b0089578_14333392.jpg
お店の端には缶詰の山があり、お好きなものを好きなだけ後で会計にプラス、こんなフリーダムな雰囲気悪くない。

お店がある中央区新川は江戸時代に関西から運ばれてきた「下り酒」の船着場で、下り酒問屋の70%が新川にあったそうです。
その歴史もあってか日本酒は壁に「名代・下り酒」の札と共に灘などの関西の純米酒ばかりがずらりと。

同行者たちはビールの後は日本酒へ移行、お猪口は白地に青の蛇の目の呑み猪口。
私はキンミヤ焼酎をベースとしたキンミヤハイボール、クセがなくて後味がスッキリ!
b0089578_14333782.jpg
・玉子入り煮込み

うわさの煮込みは牛モツと牛スジの部分がゴロゴロ入っていて、よく煮込まれていて柔らかくてうまーい!
味に奥行きがあるというか、肉のみで他の具が入っていないのがいいのだろうか。
玉子も十分に染みこんで人数分いただきました、お汁も旨味が溶けだしているので勿体ない。
b0089578_14334136.jpg
・焼き油揚げ

何はともあれ頼んだシンプルな焼き油揚げは葱と生姜が決め手。
b0089578_14334526.jpg
・赤ウインナー

たかが赤ウインナーされど赤ウインナー、細かい切り込みと大葉とケチャップと辛子、黒こしょうと着飾られて、
シンデレラのように育てられたウインナーの芸コマさよ。
b0089578_14334827.jpg
・たまごやき

こちらは赤ウインナーと比べてシンプルな盛り付けですが、中は柔らかめで黒胡椒がきいていました。
b0089578_14335278.jpg
・コハダ

お江戸ですから!東京在住以外のメンバーが欲して注文したコハダ、
東京に来たらでどこの居酒屋でも勝手に注文してしまう、酢〆されたコハダでさっぱり。
b0089578_14335673.jpg
・干しホタルイカ、ポテサラ

ポテサラ、赤ウインナーなど昭和な逸品を頂きつつ、レトロな雰囲気に和みつつ今日の仕事もお疲れさん的な
サラリーマンの憩いな酒場、リーズナブルでちょい立ち寄りたくなるような居酒屋さん、そしてやはり主役は牛にこみでした。

b0089578_14342500.jpg
二次会で入ろうとした近くのお店は楽しいセルフの超有名な立ち飲み屋、ニューカヤバ
が!遅く始まった宴会だったので、もう閉店だとか(21:00まで)こいつは次回リベンジが必要。。。




[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-05-28 23:19 | 東京 | Trackback | Comments(2)

金沢(柿木畠):鉄板酒房 haru(ハル)鉄板焼き・お好み焼き

b0089578_16420911.jpg
GWから法事に向けて掃除三昧だったお休みday、準備も整い後は夏を気持ちよく迎えるべくあかずの間をなんとかしたい(何年かかってるのか)
10日のワイン金沢は天候も良く、午後の遅い時間から芝生の上にて寛いだ後に訪れたのは鉄板酒房 haru(ハル)

柿木畠のうつのみやビルのお隣、広坂パレスの1階に去年6月にオープンしたお好み焼き・焼きそばと鉄板料理のお店。
お好み焼き・焼きそばはもちろん、1品メニューが豊富で飲み放題付のコースもあります。
奥はちょっとカフェのような雰囲気のテーブル席、入口手前は1人飲みも出来るカウンター、ここに腰を落ち着ける。

・黒酢冷奴

絹豆腐になかなかまろやかな味付の黒酢タレがかかった冷奴。
ワイン金沢の後だけどあまり飲まなかったので、赤ワインボトル投入。が1本飲みきれるのか不安になる。
b0089578_16421299.jpg
・パリパリサラダ

ドレッシングは和風・ゴマ・黒酢の3種類から選べるのでゴマにしてみました。
パリパリと揚げ麺とサラダと一緒に食べると香ばしい。
b0089578_16421544.jpg
・ガス海老唐揚げ

能登産のガス海老唐揚げ、海老フライは作るが唐揚げは家では殆ど作らないので、やはりお店で食べるためにとってあるね。
揚げたてカリカリで海老の旨みがじゅわっとたまらぬ、揚げ物メニューは手羽先、なんこつ、鶏などもあります。
b0089578_16421926.jpg
・そばめし

焼きそば・・も考えたが、ごはんカテゴリーの中からそばめし、懐かしいか~長田区で食べて以来かも!?
ごはんと焼きそば、牛すじなどを鉄板で炒めた焼き飯、上の半熟玉子をくずして食べると濃厚ダブル!
b0089578_16422575.jpg
・ミックス玉(豚・イカ・えび)

haruに来たら〆はやはりお好み焼き、よくばりさんは3種類入ったミックス玉を注文。
具の単品メニューの他に、もちチーズ玉、牛すじ玉、加賀れんこん豚玉も美味しそう!
キャベツと生地の焼き加減がふわふわ、ソースと最初からかかっている白いマヨネーズがよいバランスで美味しい。

お家でお好み焼きも時々作りますが、お店で焼いてもらって食べる気分はまた格別。
深夜1:00まで営業しているので飲み会後の〆粉もの、ちょっと飲みから、飲み放題付の宴会まで色々こなせそうなお店なのです。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-05-20 23:36 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

富山(新富町):一(はじめ)立ち飲み居酒屋・串かつ

b0089578_15062257.jpg
夕方からの富山遠征にてお腹をある程度満たした後は、富山にてラーメンで〆るかと目論むも徒歩圏内では候補も限りがある。
次に行くお店を調べて道路を渡ったところでトラップに引っかかってしまうのは必然のストーリー。

雨降りで風も強くなってきたから(一理)、そこに立ち飲み酒場があったから(それも)、すぐに〆では寂しいから(これ!)
富山のスタンディングを探りたかったから、理由はもうなんでもいいが寒いので入ります、一(はじめ)
b0089578_15062893.jpg
オールスタンディングかと思いきや、疲れた用にビール箱の椅子もあり小スペースながら小上がり席もある。
入口近くの壁に沿った両側のカウンターはどちらもスタンディング、2時間立ちっぱなしのライブもまだまだOKなので楽勝。
b0089578_15063367.jpg
壁中に点在するメニューに目をやりながらとりあえずの1杯は、バル引きずり症候群にて赤ワイン。
さすがに県をまたぐと富山の地酒がメニューに並ぶ、手前の大根や蕪、きゅうりの浅漬けはお通し。
b0089578_15063668.jpg
・串揚げセット

お肉の味噌漬けや螢イカ沖漬けなど1品料理もあれどメインは串揚げらしいので、注文したのは串揚げセット。
ししゃも、ウインナー、うずら、茄子、玉ねぎ、鶏肉。。。
厨房は明るいが客席は提灯の明かりのみで、やや雑多な雰囲気とぼんやりした光が叙情性を孕む。
b0089578_15063985.jpg
・白海老天ぷら
金沢でも白海老は食べれるが富山だと心持ちがまた違ってみえる、サクッと中々大きめの白海老天。
ちょっと一杯ひっかける大人のサロンである立ち飲み、お蔭さまでお腹も会話もこなれてきた。
新幹線効果はまだ感じられないと言っていたオヤジさん、飲み会ハシゴの一呼吸を提供してくれてありがとう。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-05-19 23:43 | 富山 | Trackback | Comments(1)

金沢(森本):鉄板焼肉 まぜ焼き ちかちゃん

b0089578_14564030.jpg
記事はまた桜咲く季節に少し戻って、友人たちが何度も宴会を行っているお店に飲み会のお誘いを受けて初訪問。
森本駅前から左の坂を上がらずに205号線をまっすぐ進むとすぐ右手に見えるのが、鉄板焼肉 まぜ焼き ちかちゃん

鉄板焼肉 まぜ焼きとは何ぞや?どうやら底の浅い四角い鍋の上にホルモンや肉、野菜を盛って焼きながら煮て食べる料理らしい。
関西で言うちりとり鍋に鍋がほぼ同じだけど、これと似た料理と思っていいのかな。

店内はカウンターと奥に小上がりのお座敷が奥まで広がっていて、入口から見える印象より結構広いんです。
b0089578_14564497.jpg
メインはお店のおすすめの鉄板焼肉ホルモン混ぜ焼き、まぜ盛りトッピングも選べるけど、
とりあえず色んなお肉が混ざったホルモンミックスにしようかしら?〆にはうどん、ラーメン、ごはんなどを鍋に投入する。
b0089578_14564717.jpg
1品料理がまた豊富で、少人数でまぜ焼き食べない場合はこれで終了してしまいそうなラインナップ。
さらにおでんもあるし。
b0089578_14565261.jpg
始まりは甘酸っぱい香りで食欲を誘う巨峰サワー、つきだしはおでん。
このおでんがじんわり出汁が染みて美味しいです、特に玉子が旨し!
b0089578_14565621.jpg
・牛すじ煮込み
ホルモン混ぜ焼きの用意はすぐ整ったが煮込むまでに時間がかかるので、その間に1品料理。
何は無くともまずは牛すじ煮込み、実は牛すじはお店ではよく食べるけどお肉はまだ買ったことがなく。
親がホルモン・すじ肉などが苦手で食卓に並んだことがなく、その反動か大学で居酒屋に行くようになってから開眼。
お店で食べてるから・・と作ってなかったけど、今度トライしてみよう、と独り言。
ここの牛すじ煮込みもあっさりした出汁に煮込まれてお味もグッドです。
b0089578_14570910.jpg
・イカ納豆
うずらではない普通の玉子の黄身なので、納豆もイカの量も多くてボリューム大。
b0089578_14571396.jpg
・豚足焼き
家族が豚足苦手なので最近食べていなかったな~久しぶりな豚足、コラーゲンを摂取しないと。
b0089578_14570390.jpg
・心臓とレバーの佃煮、イカ焼き、丸干しイワシ
心臓とレバーの佃煮は中々キョーレツでお酒がすすみそう、その後も渋いラインナップ。
b0089578_14571877.jpg
・まぜ焼き・ホルモンミックス盛り
ホルモン各部位6品、お肉3品と玉ねぎがタレに浸かっており、その上にてんこ盛りのもやし!
これで2~3人分かな?コンロに火を付けて煮詰めていきます。
b0089578_14572224.jpg
お肉に火が通って野菜がしんなりして出汁が染みてきたら出来上がり。
濃いめでもなくあっさりとした出汁といただくお肉と野菜、なかなか美味しい特にシロ旨し!
b0089578_14572812.jpg
・〆のトッピングラーメン

具を食べ終わったお汁の中にトッピング(ラーメン、うどん、ごはんなど)を投入、今回はラーメン。
玉子麺がいい感じ、お肉はあるけど野菜も多いし全体的にしつこくないので、どんどん食べられます。

まぜ焼き以外いも1品料理やおでんなどあるので、ちょっと飲みに近所の方もよく来られるのだとか、ホッとする郊外店。
お店の前の駐車場に何台か停められますので、まぜ焼き体験をぜひ~!

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-05-13 21:58 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(本町):串揚げ いやさか(金沢・六枚店)

b0089578_13470570.jpg
新幹線効果なのか最近の金沢駅周辺は混みあっている模様、とは言っても東ばかりではなく西から訪問される方も多いらしい。
関西方面、大阪出張や旅行にて思いをはせるは、串カツ・立ち飲みのぶらりちょい飲み。

2度漬け禁止の定番ご法度ルールをひっさげて、3月23日に六枚町交差点近くにオープンした串揚げ いやさか(金沢 六枚店)
3月のレセプションで美味しくも有り難い恩恵をいただいた後の4月中旬、オープンしてからの初訪問。

長~いコの字型のカウンターには仕事帰りと思われるスーツ姿のお客さんがチラホラ、テーブル席では団体客が盛り上がっている。
カウンターには串揚げをつまみながら1日の終わりに労をねぎらう中年男性、これよこれ。

串は100円から色々揃っており、魚介など物によっては150円、200円、300円もあるが価格は対してリーズナブル。
瓶ビールの中瓶380円と乾杯価格もうれしい魅力な、仕事帰りにちょいと立ち寄りたい気軽な串揚げ屋さんなのだ。

目の前で揚げたてライブ感を味わいながら、レモンチューハイと食べ放題なキャベツ、クリーミーなポテトサラダにて今宵も乾杯。
b0089578_13470818.jpg
玉ねぎ、蓮根、チーズ、たまご、能登ブリ南蛮漬け

衣が細かくカラッと揚がっている串揚げはどれもサクサク、蓮根は揚げ物だとモチっとした食感がお気に入り。
前回も食べたけど、うずらではない普通のたまごが迫力満点、食べてる途中にキャベツでソースをすくって補充します。
レセプションではなかった1品料理もボードにあがっており、鰤南蛮漬けの酸味が脂ものとバランス好対照。
b0089578_13471247.jpg
後から追加されたのが、紅生姜

紅生姜の串と言えば大阪名物の1つ、薄切りになった紅生姜が重なって揚げられている。
サクサクとあの紅生姜の爽やかな香りと味が口の中で広がって美味しい。
b0089578_13471585.jpg
海老、いわし、豚つくね、がりささみ

前回で気に入りリピーターなのは豚つくね、海老。
大葉が練り込まれている豚つくねはふわっとして、海老はプリッとしてホクホク!これ旨い。
いわしなどのお魚系も登場していました。
b0089578_13471809.jpg
豚カツ、たこ、ブロッコリー、赤ウインナー

外観だけじゃ何がなんだか分からない状態だけども、海老もこっそりまた注文している。
豚カツがかなり大きめで食べごたえたあり、ブロッコリーもそのままの房がついていて中がホクッと。
今回は普通の串カツ(牛・3本セット300円)食べなかったけど、そちらも主役なのでおススメです。
b0089578_13472473.jpg
お茶漬け
昆布の佃煮と梅干しが入ったさっぱり系お茶漬けで注文の最終列車の鐘が鳴る。
b0089578_13473380.jpg
羊羹

最後のデザートは松葉屋さんの「月よみ山路」を使った栗蒸し羊羹の串揚げ、ソースに漬けずにそのままいただきます。
甘くねっとりとした羊羹の中からホクホクとした熱い栗、串揚げと羊羹の組み合わせが意外と合う。

宴会で食べてもふらりと立ち寄るスタンスでも思いのままな気楽なスタイル、
平日の仕事の疲れも癒されるいやさかで今夜も美味しくいただきました、ごちそうさまでした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-05-11 06:36 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

東京(浅草):大勝(居酒屋)ホッピー通りで電気ブラン、浅草寺

b0089578_16101434.jpg
お昼ご飯までにまだ時間があるので浅草散策なら王道な浅草寺 、久しぶりの雷門。
午前9時頃にも関わらず観光客抜きで写真を撮るのは不可能、外国観光客の多さは鉄板、自撮り棒率急上昇。
b0089578_16101855.jpg
とりあえず誰の手に渡るか不明だが人形焼きをお土産にゲット、仲見世巡りは眺めているだけでも楽しめる。
が、BOW隊長が吸い込まれるように入っていったのがトイス・テラオ 、無類のモンチッチマニアにはこの光景はパラダイスだったらしい。

仲見世でおもちゃ屋を営むトイス・テラオは創業明治18年の老舗、モンチッチを製造販売しているセキグチ(株)とはモンチッチ誕生以前からのお付き合いとか。
あまり詳しくないのだけどバラエティに富んでるのですね、インドモチーフのモンチッチが気になる。
b0089578_16102206.jpg
浅草寺の本堂の印象は急な勾配の屋根の為とても高く見える、しかしこれだけの土瓦だと相当重いのでは。
と思っていたが耐震強度を高めるために2009~2010年の間に屋根瓦はチタン製に葺き替え改修したそうです。
b0089578_16102966.jpg
浅草寺の講堂内を観た後は周辺の町並みを散策するも、気温低めの為ランチタイムまで寒さに耐えられん!
という訳で浅草ホッピー通りにて暖をとることに、ほぼ中央に店を構える「大勝」ビニールシートの囲いで風をしのげるのが嬉しい。
創業昭和44年 牛すじ 牛もつ煮込みという分かり易いお店紹介にて決めました。
b0089578_16103357.jpg
ホッピー通りだけど飲むのは電気ブラン、神谷バーに行った際に飲んで以来、やあ久しぶり。
ほのかに甘いブランデーのような薬の香りのような、ブランデー、ジン、キュラソー、薬草などが入った電気ブラン。
案外飲みやすいけどそこまで好みでもないのでこれくらいの量で丁度よし。
b0089578_16103775.jpg
牛もつ煮込み、蕗の煮物

次のランチ時間までのつなぎというか前菜!?ほどほどに注文しないとしわ寄せがきそうなので4人で1品づつ。
牛もつ煮込みはあっさりでまぁまぁ、ゆるい空気が寒い気温を慰めてくれるような。
b0089578_16104168.jpg
ホルモン焼き

こんな赤いのが出てくるとは思わなかった、甘辛い味付けはコチュジャン?
なかなか歯ごたえがよろし、外国語が飛び交っており韓国系の方いらっしゃるのかな。
b0089578_16104467.jpg
ホタテ塩炒め

ホタテの塩炒めまんまですが、つまみつつお喋りしつつまったりと。
やや割高感はあるものの、浅草ホッピー通りの雰囲気代と言えばまぁそんな気もしないわけでもない。

オヤジ熟女の午前中はゆっくり過ぎていきます。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-04-27 23:18 | 東京 | Trackback | Comments(0)