タグ:居酒屋・ダイニング ( 189 ) タグの人気記事

金沢(本町):旬炉 十万喜(しゅんろ とまき)

b0089578_11282297.jpg
行きつけのカフェが金沢駅近くの別院通りに移転してきたので、
訪れる機会が頻繁になっているのですが、この辺りは新しい飲食店が少しづつオープンして増え続けています。

この前訪れたのは、4月5日にオープンした和食居酒屋さんの旬炉 十万喜(しゅんろ とまき)
堀川町の人気の居酒屋「喜はな」さんの姉妹店で、場所は別院通り口からすぐ近く。

1階はカウンター10席、テーブル16席、2階にテーブル42席と宴会にも対応。
場所柄、観光客や仕事帰りの会社員など何かと立ち寄りやすい便利な立地。
b0089578_11282742.jpg
「喜はな」の姉妹店ということで、輪島の漁師さん直送の魚介や肉類・地元野菜や能登の調味料なども共通。

能登に拘った食材を中心に備長炭で焼かれる炭火焼料理が看板で、旬の加賀野菜や魚介の一品料理も楽しめる。

私は焼酎のお湯割りを飲んでいましたが、能登や県内の地酒も揃っています。
お通しはしらすと胡瓜の和え物、ローストビーフ、クリームチーズ
b0089578_11283329.jpg
・アボカドの炙り
半分カットしたアボカドの穴に醤油を垂らしてスプーンですくって食べるの、私もよくやります。
なんだかんだ言ってお醤油付けて食べるのが一番旨いと思ってる、そして簡単。
炙ってあるので香ばしさととろける様なアボカド。

b0089578_11283975.jpg
・きときと造り盛り合わせ
鯵のタタキ、甘海老、タコ、マグロ、ヒラマサ、梅貝、ソイ、活鯛
今宵のおすすめの造りを少しづつ、活鯛とソイの味比べなど楽しみながら。

b0089578_11284639.jpg
・鱧の唐揚げ梅肉ぞえ
骨切りの鱧をからりと揚げて、鱧の滋味と梅肉がよく合う。
b0089578_11285287.jpg
・地はまぐりの炙り
ハマグリ久しぶり、炙ると貝本来の甘みと旨みが引き出されますね。

b0089578_11290087.jpg
・牛はらみの炙り
赤身の多い牛のハラミはさっぱりめで肉らしい味わい。

b0089578_11290578.jpg
・丸茄子の揚げだし
じっくり揚げられた丸茄子の揚げ出し、熱々でほちゃほちゃに柔らかくなって出汁がしみしみの茄子。
この油が浮いた残った出し汁がまた美味しい。

b0089578_11291089.jpg
・野菜の天ぷら
天ぷらも数種類ありましたがヘルシーに野菜の天ぷらを所望。
蓮根、ししとう、茄子、アスパラガスなど。

b0089578_11291720.jpg
・毛ガニの土鍋ごはん
厨房に土鍋が大・小2種類ありこちらは小、大体2人分くらいかな。
自宅はもちろん炊飯器ですが土鍋で炊くとふっくらして本当に美味しい。
香ばしいおこげと共に毛ガニの旨みでご馳走ごはん。

b0089578_11292505.jpg
・フルーツポンチ杏仁豆腐
そんなに甘くなくさっぱりした口当たりの杏仁豆腐。

能登の新鮮な食材や地元の旬な野菜などを使用しているので、季節ごとに楽しめそうだし、
居酒屋さんとは言っても品の良い雰囲気なのでカップルや会食など色んなシーンで活用できそうですよ。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-05-27 23:30 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(香林坊・せせらぎ通り):金澤もんよう(居酒屋)で味の案内人宴会

b0089578_09511030.jpg
嵐の前の静けさなるGW直前4月末、
以前2回ほどお食事会をしたりと、日頃から親交を深めているpapinさんが金沢襲来!というご連絡。

メインはお仕事なのですが、夜のお供を指名してくださり久しぶりの再会に沸き立つ心。
が、予定日の2日前だったんで食の夢先案内人は慌ててしまいました。

お店の数は無限だけども、ここはマスターとも気兼ねなくお喋りできる金澤もんように決定。
前回も一緒だったエリソンさんを誘って、3人並んでカウンター純情派。

ノンアルの扉を開け放ち温かい焼酎のお湯割り。
付き出しはフグのお刺身と白子に出しのジュレ、イクラと甘海老のせ。

b0089578_09511695.jpg
・お刺身三種盛り合わせ
今宵の鮮魚はとび魚、カツオのたたき、鰤。
カツオは土佐酢で、他は醤油でいただきます。

b0089578_09512580.jpg
・生ハムとゴルゴンゾーラのサラダ

b0089578_09513028.jpg
・山菜の天ぷら
タラの芽、こごみ、こしあぶら、竹の子、季節ものづくし!

b0089578_09513733.jpg
・ホタルイカと菜の花のアンチョビガーリック炒め
旬の時期のホタルイカ、
b0089578_09514394.jpg
・牡蠣の松前焼き
牡蠣がここんところ安いのでいっぱい仕入れた、といったとおりメニューは牡蠣祭り。
その中から松前焼き、昆布の旨みが染みついた焼き牡蠣が美味しい、昆布も食べられます。

b0089578_09515088.jpg
3人で話が盛り上がっているところへ、エリソンさんへ旦那さまからの連絡が入る。
なんでも職場で輪島で釣りたての鰤を1本いただいたけど、冷蔵庫に入りきらない大きさだとか。
そ、そんなのもらっても私さばけない・・どうしよう?

協議の結果、今日は込み合っておらず余裕があるので、ブツを店に持ってきたらのりさんがさばいてくれるとのこと。
おおー!ありがとう、という訳で旦那さまが持ち込んだ鰤1本がこちら、結構デカい。

うーん、私もシャケ1本頂いて無理やりさばいたことはあるが、鱗もあるし身が厚くてハードル高し。

b0089578_09515719.jpg
店主、三枚おろしの図。
この鰤の結末は元主のエリソンさん、私がサクを必要な分お持ち帰り。
今、ここで開いた鰤をいただく分、残りはお店で鰤まつりということで落ち着きました。
b0089578_09520379.jpg
・こちらがその鰤のお刺身
さすがに新鮮なので歯ごたえが前面に出すぎ、持ち帰ったサクは熟成しないとね。
とってもコリコリしてます、新鮮な証拠なのです。
b0089578_09521085.jpg
・例の鰤でブリカマ
脂はそんなにのってないけど天然ぶりはあっさり臭みのな塩焼き、旨し。
エリソン旦那さまもカウンターに横並びになってお刺身をいただく。
やたらエリソン夫婦のなれ初めを聞きたがるpapinさんは、仲人おばさんの会を奈良に広げようという画策か。
b0089578_09521706.jpg
・加賀蓮根のグラタン
通常メニューに戻って、この前はタラとポテトと明太子グラタンを食べたので蓮根のグラタン。
ほくほくとした歯ごたえとホワイトソースがベストマッチ。

b0089578_09522217.jpg
・梅しそチーズ春巻き

b0089578_09522872.jpg
・男の肉味噌つけ麺
このネーミングは俺の系列疑似メニューかと思ったら、ローストビーフ丼インスパイアだそうで。
自家製チャーシューが麺を隠すように盛り付けられた肉味噌つけ麺。
麺は意外にも真っ白なお蕎麦、男臭さと隠れた繊細さが持ち味で味噌味のつけ汁でいただきました。

b0089578_09523588.jpg
・ホタルイカチャーハン
ラストは裏メニューがいつの間にか美味しいので表にひょっこり採用される様になったチャーハン。
この時期はホタルイカチャーハン、内臓の旨みと香ばしい醤油の味付け。

時折、店主も会話に加わり久しぶりのひと時、楽しんでいただけたでしょうか?
金沢の常宿としているホテルがあるそうなので、また次回機会がありましたらご一緒しましょ。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-05-15 23:22 | 石川(金沢) | Trackback(1) | Comments(4)

金沢(西町):おでん ゑびす(おでん・居酒屋)

b0089578_10425799.jpg
冷えてくる夜がまだ続いていた4月末、
こういう時は糖質控えめで柔らかく煮込まれた、身体に優しく染みるおでんの妄想がもわりと広がる。

久しぶりにあそこに行こう!と頑張れ徒歩圏内区域、近江町市場近くのおでん ゑびす
ここはおでんを始め、お刺身類や1品が上から下がった紙にズラリと並んで量も中々あるし選びがいがあるんです。

一番の特徴は女将さんのトレードマークのブルーアイシャドウがディープインパクトということですけどね。
平日はサラリーマンで混雑するがGW前もやっぱりカウンターは人でひしめき合い。

b0089578_10432729.jpg
・おでん
大根、たまご、厚揚げ、糸こんにゃく、もちきんちゃく、銀杏
薄く上品と言われる金沢おでんの出汁、ここは似ているけど他のお店よりももう少し味がハッキリしているかな。
当然のごとく、具は出汁がしみしみでどれも美味しかったです。

b0089578_10435724.jpg
・チャーシュー
カウンターにゴロンと転がっている名物の1つ、チャーシュー。
厚切りのチャーシューにめっちゃキャベツがいっぱい、これでお腹一杯になりそう。。。

脂身がのって食べごたえあるチャーシューは、温めてくれるのでより柔らかく
やや甘いタレをキャベツに付けながら食べるとうんまい。

b0089578_10443776.jpg
・ロールキャベツ、肉だんご
串に刺さった肉だんごの大きさが中々の存在感。
そしてロールキャベツ・・はっ!お魚メニューもあるのにいつの間にか肉ばかり頼んでる。

b0089578_10452772.jpg
・米茄子揚げだし
カウンターで丸丸育った大きな米茄子も揚げ出しでこの通り。
油で揚げてコクが出たトロトロの茄子、大根おろしと生姜たっぷりでいただきます。
出汁じょうゆがうまー!

ついついガラッと開けてしまいそうな赤提灯のたそがれたカウンターの雰囲気と、
あれこれ迷ってしまう惣菜もどれも美味しくて名店の1つですね。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-05-11 23:46 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

東京(神田駅):かぶき本店(いわし料理) oishii

b0089578_15384119.jpg
老舗が軒を連ねていて駅前はオフィスビルが立ち並ぶ神田駅、
夜になるとリーズナブルな居酒屋の灯りがキラキラとそこら中にきらめきだす。

レコードが店中に飾られた2階のロック喫茶で亀ゼリーを食べたとか、閉店後のスタバの玄関に張り付いたとか、
神田では普通に正しい会社員の飲み食べをしていない、という訳で・・・

今回はお気楽な居酒屋、いわし料理専門のかぶき 本店
店内の生け簀で泳ぐイワシを調理するので鮮度ピカイチ!本店の他に北口店、南口店と神田に3店舗店を構える。

やや遅めの時間帯に訪問したら、会社員の宴会で店は占拠されておりました。

b0089578_15384706.jpg
良い子の私はノンアルでウーロン茶、でも付き出しでるのね、ししゃもの焼いたの。

イワシの刺身を始め、揚げ物、煮物、焼き物、つみれなどイワシのメニューだけでも40種類以上!
イワシ以外にも1品料理があるのでメニュー選びに困らない。
b0089578_15385340.jpg
・いわし梅しそ叩き
素材を生かしたさっぱり梅しそ味、薬味がプラスされてうんめぇー

b0089578_15385983.jpg
・いわし竜田揚げ
さっくりと揚がったイワシは臭みもなくレモンを絞ってマヨネーズつけでいただきます。
イワシ料理を連発したかったけど、つみれ串が売り切れだったのにがっかり。

b0089578_15390588.jpg
・かんぱち刺身
今日のおススメお造りのマグロも鯨も売切れ~なのでかんぱちを頼む。
地元でもよく食べているのでお江戸感がないけど、これはこれなりに旨し。

b0089578_15391169.jpg
・やみつききゅうり
やみつきセロリが売り切れなのでやみつききゅうり。

b0089578_15391811.jpg
・牛すじ煮込み
お江戸だから牛すじ煮込みも頼んでおこう、肉が多めで柔らか豆腐の牛すじ煮込み。
味はまぁまぁ、こってり系はイワシ揚げ物メニューで統一すればよかったかな。

b0089578_15392499.jpg
・いわし寿司
新鮮なものでしか提供できないであろういわし寿司、そこは生け簀でイワシがいつも泳いでいる強み。
適度に脂がのったイワシのお寿司、これは旨かった。

b0089578_15393079.jpg
つみれ汁
つみれ串は売り切れだけどもつみれ汁はあるというので頼みました。
予め仕込んであるからなのね、きっと。
長細いつみれとワカメ、ネギが入ったお味噌汁。

生け簀があるからイワシの新鮮料理は出てくるが、つみれや他の1品料理は売り切れ御免が多かった。
サラリーマンが多数来るので早めにいかないとメニューが途切れてしまう。

さらにここの店の別の魅力はお昼のワンコインランチ(500円)
イワシだけじゃないランチメニューが全て500円という素敵な価格帯、職場の近くにほしいわ。


青魚のパワーの源・EPA摂取した後は、ホテルの前の台湾マッサージ屋さんで足つぼマッサージ。
台湾のおにいちゃんが足裏をほぐしてくれる力は、台北で味わった感覚と似ていた。

とにかく指に込められる圧力が力強くて動きがスムーズ、
海外で足つぼのとりこになっている私には本場さながらの揉み業に気持ちよくってうたた寝疑惑。

足の疲れもとれたところでお休みなさいです。



[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-05-06 23:40 | 東京 | Trackback | Comments(0)

金沢(広岡・金沢駅西口):金沢おでん・一品料理 勝一  で友人たちと快気祝い

b0089578_16264348.jpg
3、4月の変わりめの時期も寒かったせいか、温かいお茶を摂取するのが前よりも多くなってます。

前はコーヒー愛の隙間にお茶が入り込むことはほんの少しだったのに、今ではコーヒーよりお茶が多数を占めるうちの在庫。
身体に巡る良い作用を持ったお茶を選ぶことが楽しみの1つに。

食べるものもほっこり温かいおでんに惹かれて、何軒か渡り歩いている内に、
友人たちによる自分の快気祝いもおでん屋さんですることに、場所はもう行きつけになってるおでん・一品料理 勝一

いつのまにか2階のお座敷も使えるようになっていて、人数が集まった時に便利になった。

しかし、カウンターでお父さんたちの顔を眺めながらおでんをつつくのがまるごと心の風景になっているので、
今回は4人でカウンター女子会そろい踏み。

今回もまだ私は揚げ物とアルコールは我慢、イカも消化悪いからパスしていたな~。
延々と頼む友人たちのメニュー(全部撮り切れなかった)を淡々とあげていくことにする。

・大根、玉子、ロールキャベツ

b0089578_16273355.jpg
・お刺身
ポーションは1人分

b0089578_16273711.jpg
・おでんのバイ貝

b0089578_16274153.jpg
・ホタルイカの酢味噌和え

b0089578_16274649.jpg
・おでんの牛すじ

b0089578_16275023.jpg
・白子の天ぷら

b0089578_16275405.jpg
・ポテトサラダ

b0089578_16275870.jpg
・えびしんじょう、大根、じゃがいも、車麩、ロールキャベツ

b0089578_16280276.jpg
・もみいか、カレイの唐揚げ

b0089578_16280615.jpg
・さわらの西京焼き(多分)

b0089578_16281068.jpg
・カキフライ
こちら1人分なので食べたい人が何皿か注文します。

b0089578_16281435.jpg
・ガスエビの唐揚げ

b0089578_16282073.jpg
・能登豚のトンカツ

揚げ物を我慢していた私が一番食べたかった?トンカツ。
前に食べたけど能登豚なので脂身がしつこくなく美味しかった印象。
あーカツカレー食べたい。

b0089578_16282340.jpg
・茄子の揚げ出し
カウンター上に生の茄子が置いてあるので、揚げ出しを頼むとそこから1つ取って作ってくれた。

b0089578_16282751.jpg
・ミニ海鮮丼

金沢駅西口にある立地さと言うこともあり、旅行者も多く訪れる勝一。
月曜日はご近所に勤める人たちの椅子取りゲームな人気店、また来ますよ~~

並々ならぬ友人たちの食欲さ加減を眺めながら、おかずをつまみつつのーんびりお喋り。
パーフェクトボディに戻ったら、宴会の後はカラオケに決まり!そう誓いながら、
自宅まで送っていただきました、ありがとね。



[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-04-28 22:26 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(片町):三幸 犀川店 (みゆき)おでん・一品料理

b0089578_11202753.jpg
家庭や地域ごとに入れる具材や出汁に違いはあれど、私にとっておでんは家の味・母の味。
でも、暖簾をくぐってしっかり出汁をとった専門店のおでんも食べたくなるもの。

3月末、うどんの次はおでん行脚か!?ほたほたに煮込まれたおでんを求めて、三幸 犀川店(みゆき)
片町のおでん居酒屋・三幸(みゆき)さんはよく訪れるんですけど、ここは犀川店。

片町に2軒ある三幸さん、犀川沿いのやや奥まった入口の先はやはり仕事帰りの方々で大盛況。
ここはカウンターよりも小上がりがメインで、ちょっと懐かしげな面影がサラリーマンの聖地のような佇まい。

b0089578_11203480.jpg
バクダン、大根、里芋
夫が頼んだバクダン、そういえば頼んだことないのでほぼ存在を忘れていたけど、
すり身の中にゆで卵が丸ごと入っているおでんの具。
1つで2度美味しい得をしたような感覚。

b0089578_11203869.jpg
大根、玉子、つみれ
おでん界の三種の神器ごとく自動的に頼んでしまう大根と玉子。
つみれも柔らかいからと頼んだけど、大根もつみれも玉子と比べるとサイズがどれも大きい!
大根は出汁がしみしみで箸でほろりと切れる柔らかさ、これこれ。

b0089578_11204660.jpg
たこの唐揚げ
海老好きで知られる夫ですがたこの唐揚げもクリティカルヒットらしくよく頼みます。
私も大好きなんですけど、この日は我慢・・・自分も好きなので見るからに美味しそうでもあり。

b0089578_11205292.jpg
串かつ
おでんの他にお刺身やどじょうの唐揚げ、お肉類などなんでも揃うところがいいところ。
揚げ物我慢のつもりが食べましたわ、あー久しぶりの揚げ物が美味い!

b0089578_11205835.jpg
とろろの鉄板焼き(和風)
名物の1つでもあるとろろの鉄板焼き、すったとろろが和風の味付けで
鰹節やマヨネーズなどと混ぜながら、スプーンですくって食べます。
とろとろ和風でやさしい味。

b0089578_11210304.jpg
おでんのシューマイ
まだおでんが欲しい口になっていてシューマイをば・・串に刺してあるのですね。
このところお魚ばかり食べてるから肉がうまい、芯からの肉好きやね。

b0089578_11210970.jpg
しお焼きそば
キャベツと豚肉、そしてかつお節がたっぷりのっかった焼きそばの麺は細麺。
しお味であっさりとしているのでするすると入っていく。

大衆的な雰囲気で周りの賑わった話し声でさえも心地よく、こんなお店が末永く残っていてほしいですね。
まだ寒さの残る時期にほっこりと温ませてもらいました。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-04-25 22:24 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(広岡):金沢おでん・一品料理 勝一(おでん・一品料理)

b0089578_15553324.jpg
3月は病み上がりなこともあって自宅で消化のいいレシピを中心に作っていて、
白身魚の煮物や野菜中心の献立の味付けはほぼ和食で統一してきた。

3月も後半になると、外食アンテナもニョキッと顔を出してきて、
じっくりコトコト煮込んだカレー・・じゃなくて、おでんが食べたい!という欲がむくむくと。

それならば、お父さん、お母さんに会いに久しぶりに駅前西口まで行ってきましたよ、金沢おでん・一品料理、勝一
ちょうど1人分のポーションを横から箸をのばしてつまつま食べることが出来る。

おでん:大根、玉子、焼きとうふ、じゃがいも、ロールキャベツ

まず初めにおでんを注文する時、データがDNAに刻まれているかの様に頼んでしまうのは大根と玉子。
たぶん家でも永遠のサイクルで存在する具材だったから。

しみしみの大根に白味噌をつけて、あっさりの中のこってり黄身な玉子、
どれも、上品な出汁がしみたあったかおでんが脳にもたらす安心感。

b0089578_15553950.jpg
金時草の酢の物

b0089578_15554506.jpg
おでんのつみれ、自宅でおでんを作ることは少ない中でつみれは手間がかかるので余計に作らなそう
私にとっては外でしか食べられない貴重なおでんの具。

b0089578_15555029.jpg
白子の天ぷらも1人分とお手軽、L字型のカウンターに1人飲みほろよい会社員が多い訳がここにある

b0089578_15555547.jpg
小魚の唐揚げ、だったかな。
おばんざいよろしくカウンターにあれこれ盛られた大皿の1つにあるメニュー。
注文すると時間はかかるが温めて出してくれるので、熱々が食べられる。
がす海老、数種類の小魚が少しづつ盛られる

b0089578_15555967.jpg
おでん、厚揚げ、車麩、蓮根だんご、えびしんじょう
えびしんじょうがあるところが元割烹屋さんらしい。

b0089578_15560534.jpg
真子の煮物

b0089578_15561064.jpg
あら汁

b0089578_15561481.jpg
おでん、牛すじ煮

b0089578_15561888.jpg
小さな海鮮丼

お茶碗にお刺身とキュウリの浅漬けがのっかった1人分の小さな海鮮丼。

おとうさんはもう80近くでしたっけ?!今でも背筋がピンと張った手さばきで料理を1人でこなす。
威厳のある語り口は今も絶好調。
スタッフはシニアな方々が多いので、お客さんの方も温かい目で見守っていて下さると有難い。

帰り際に大将が放った「一病息災」がかなり胸にしみた一夜でした。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-04-23 23:03 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(4)

金沢(堀川町):喜はな (輪島厳選味とあぶり焼き・魚介居酒屋)

b0089578_09394185.jpg
3月は別れの季節、送別会シーズンのピークでもあるこの時期。
夫の店で何年もバイトをしていた男の子たちも、満を持して巣立つ時がやってきました。

私がバイト生たちと顔を付き合わせるのは、バーベキュー大会やカラオケなどイベントのみだったけど、
それでも十分親しみは湧いており、就職が決まって喜ばしくもあり寂しさもあり。

別れを惜しみながらもこれからの前途を祝す会としての送別会の場所は、金沢駅近くの喜はな

実は退院してから一週間あまり、家での食事も気を付けていた頃なので、
あれこれ食べて大丈夫か?と思いつつも探り模様で宴会にのぞみました。

まぁ、全部は食べれなかったのですが、それらを食べてくれる食欲溢れる人たちは沢山いたので安心。

喜はなさんは、オーナーのお父さんが輪島で漁師をしていることもあって、漁師直送の魚介がメイン。
塩・味噌・米・醤油・いしる等も全て能登産という拘りよう。

新鮮な海の幸と厳選された調味料がかけ合わさって、美味しいと評判のお店。
古い旅館をリノベーションした店内、今回は宴会だったので2階のお座敷でした。

b0089578_09395157.jpg
インカのめざめのじゃがいも饅頭

糖度が高くて黄色いじゃがいも、インカのめざめのあんかけ饅頭。
ねっとりと粘度があって甘くて濃厚な味わい。

b0089578_09394408.jpg
バイ貝に玉ねぎ、牡蠣の燻製だったかな..

b0089578_09400139.jpg
やなぎさわらの酢の物

酢の物のタレはジュレで下に菜の花、ちょいと炙ってあって香ばしい

b0089578_09400523.jpg
甘海老、鰤、生蛸などのお造り

b0089578_09400916.jpg
ぶりの蕗の薹味噌焼き

独特の香りと苦味がある味噌がお魚に合う!これはご飯が欲しくなります

b0089578_09401386.jpg
能登もち豚バラ肉の炭火焼き

フジロックに行った時に必ずと言っていいほど越後もち豚の串を食べるんですが、
能登にももち豚のブランドがあるとは知りませんでした。
バラ肉の脂ぶぶんが歯ごたえあって甘い感じ、肉質もピンク色。
じゃがいものソースでしたよ。

b0089578_09401889.jpg
ほたるいかの天ぷら

b0089578_09402241.jpg
お食事は冷たいお蕎麦

b0089578_09402618.jpg
チーズケーキの苺アイス

飲み放題も付けて5000円位だったのですが、さすが漁師直送とあってコース料理にも魚介類が沢山入っていて新鮮。
1階では仕事帰りの男性たちがあれこれ頼んで盛り上がっているのを拝見していたので、
今回はコースでしたが、次回は炭火焼を始めとした単品を頼んでみたいです。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-04-21 22:11 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

石川(白山市):旬味酒処 山海里(さんかいり)ジビエ・居酒屋 oishii

b0089578_14585770.jpg
嵐ほどでもなかったが数回の忘年会を済ませ、年が明ければ今度は新年会のシーズン。
いつもの仲間たちとの新年会、新鮮な魚介とこの時期しか食べられないジビエを求めて山海里(さんかいり)

秋・冬は狩猟免許を持つ奥村さんが獲ってきた山の幸(ジビエ)、暖かくなれば山で山菜を調達し海では漁に励む。
それらの新鮮な食材たちは、県内の有名レストランから沖縄まで経験豊富な大将の手にかかれば、
和から得意ジャンルの中華、洋まであらゆるメニューがひしめきあっている人気の居酒屋さんです。
何を食べたか知りたいなら、過去記事参照(1回目 )(2回目

JR松任駅南口から徒歩約3分の場所にあるので、ここに行く時はいつも出勤は電車です。
しばらくぶりに北陸本線に乗ったので、出口のボタン押す時に心がそわそわしてしまう。

この日(金)は一週間前に電話したら、既に団体予約が入っていたのでカウンター横並び状態。
週末は特に込み合うので早めの予約をお勧めいたします。

・お刺身盛り合わせ(〆サバ、サワラ、ブリ、クエ、車鯛、鱈の昆布〆め、サーモン)

こちらは2人分、新鮮なお造りたちの中でも、サワラがあっさりしているイメージしかないのに脂がのっててしっとり感。
付き出しはヤーコンのとろろがけ、シャキシャキして梨の様なのに違うような・・・
疑問がわいていたら友達がすかさずヤーコン?と。畑で色々育てているのでさすがです。
ヤーコン:アンデス高地原産のキク科植物で根菜に分類
b0089578_14590898.jpg
・車鯛のレバ刺し

漁師もしているとあって目利きが光る鮮魚の内臓!
ごま油の風味が香るレバ刺しは、濃厚なのに肉よりあっさりして臭みゼロ。
b0089578_14591714.jpg
・豚シロの唐揚げ

本日のおすすめの中からホルモンヌが目ざとく狙う豚シロ唐揚げ。
もちプリな食感のシロに油淋鶏の様な甘辛いソースがかかっていて、これはヒット!
お代わりしたかったくらい気に入りました。
b0089578_14592572.jpg
・ハタハタの唐揚げ

ハタハタは家で作るのは煮つけばかりなので、人に唐揚げを作ってもらうと超嬉しい(笑)
b0089578_14593656.jpg
・車鯛の子と胃袋

レバ刺しに続いて魚の内臓パート2。
淡泊でコリコリとした食感がポン酢な味付けによく合います。
b0089578_14594556.jpg
・熊刺し
こちらは貴重な在庫なので常連限定メニューだそうです。
今回の仲間に近場の常連さんがいたお蔭です、ありがたや~。
ほって置くと溶けてしまうのでサッサと食べましょう、脂が甘くて味わいがあってんまし!
b0089578_15000921.jpg
・猪のシューマイ

ん?こちら毎回注文しているような、お気に入りです。
肉の味が濃くて旨みがぎゅぎゅっとクセになる味。
b0089578_15002260.jpg
・焼き牡蠣

焼き牡蠣に中華っぽい味付けのジュレと大根おろしをのせて
b0089578_15004299.jpg
・バイ貝バターソテー

お刺身でいつも出してもらっているので、今回はバターソテーにて。
歯ごたえありバターの香りがこっくりしてお酒が進む。
b0089578_15005262.jpg
・鹿の生姜焼き

たっぷり炒められた玉ねぎと鹿肉、元々あまりクセを感じない鹿肉の生姜焼きは身近に感じられる味。
生姜味でさっぱりとして脂身もほとんどなくヘルシー、これはジビエ苦手な人も大丈夫。
b0089578_15010126.jpg
・猪スペアリブ

猪スペアリブがすごいお値打ち価格だと思ったら細かったんですね(笑)
肉はそれほど付いてないけど、味付けはかなり濃厚にしみ込んでいました。
b0089578_15010935.jpg
・狸の塩焼き

「狸ありますけど食べます?」って、えぇっ!!たん、たん、たぬきの塩焼きです。
さすがの私も狸は初めて、クセありますよ!と言われたけど確かに。
ラムとマトンの中間に似たクセがありました、でも嫌じゃないむしろ好き。←マトン大得意

夏に狸の煮込みを作った時の方がより臭かったとか、いやー試してみたいわ。
熊、鹿、猪、狸と、もう日本昔ばなしじゃ、なんでも喰らう山んばじゃ。
b0089578_15012562.jpg
・麻婆豆腐

元々中華にいた方なので中華メニューがどれも美味しくておススメ!
豆腐がふわっと柔らかく奥深い味で美味しい、ご飯が欲しくなるけど〆のメニューを頼むので我慢です。
b0089578_15021889.jpg
・チャーハン

背後に団体客が沢山いるにも関わらず、パーン!と素早く作ってくれました。
早くとも味はぶれない。
b0089578_15023510.jpg
・焼きそば(ソース)

こちらもあっという間でびっくり、細麺のソース味、醤油味もあったはず。
b0089578_15024531.jpg
・ラーメン
怒涛の〆3連チャン、あっさりした醤油ラーメンに極細麺がしみる。
味噌ラーメンもありましたよ。

テーブルの団体客、カウンター席の私たち他、1人でお料理を作っているので厨房はてんてこ舞。
中で素早く動き回る姿が手際よく次々とこなしていきます。

最後の方は肉の臭みについて盛り上がっていて、今まで食べた中で山羊が断トツの臭さだとか。
沖縄料理は食べたことあっても沖縄未経験、山羊肉未体験なので、好奇心をそそられつつも怖いような。

ついついジビエ好きが高じて一部偏ったメニューばかり食べておりましたが、
一般的メニューも幅広くありますのでご安心ください。
どれを食べても美味しいのでたまにはそちらも方向をかたむけて食べてみます。



[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-01-16 23:44 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(高尾台):箸一(居酒屋)で忘年会!

b0089578_10532627.jpg

12月とある週末の街の中心部は、忘年会で早くから埋まってしまっていた、後出し予約の友人たちの視線は郊外へと向かう。
熟女たちよ、男性の目を気にすることなく欲望の赴くままに何が食べたいのか!

白子白子!牡蠣牡蠣!ブリブリ!蟹蟹ぃーーっ!
弾むような食欲のリズムに希望を託されたのは、冬の味覚を全部だとぅ?

その願いを全て叶えてやろう、厳選した旬の魚がたっぷり出てくる高尾台の居酒屋、箸一
四十万経由・南部車庫ゆきのバスで「扇台小学校前」で降りて渡ってすぐ、今まではバスだったが今回は送ってもらった。

毎日市場に足を運び厳選した海鮮と創作料理が自慢で、気軽に立ち寄れる居酒屋としてこの周辺の人気店。
カウンター席に小上がり席、お座敷完全個室と予約がとれたのは熟女の噂話上等!な8名までのお座敷個室。

先に入った人がピリ辛もやしと酒をくらって待っていた。
付き出しのさわらの昆布〆と共に乾杯後にいきなり白子酢。
b0089578_10533050.jpg
・寒鰤の造り
分厚い鰤はこの時期のもち天然物、脂がお醤油を弾くほどのりのり。
b0089578_10533932.jpg
・生かき、かき酢
「小さい頃、食卓にかき酢出てきたよね!」と盛り上がる友人らを前に、うちは出てきてないなぁ〜と一人取り残され。
牡蠣と言えば大体カキフライだったんですよ、うちは。
生牡蠣にちょいと正油をつけて食べるの海のミネラル分が口の中に広がってうま!
でも牡蠣酢も酢が身に染み込んで、別の奥深い味わいが楽しめる。

b0089578_10534307.jpg
・もつ味噌煮
ホルモンヌの集まりでもあるこの会でホルモン頼まないとかありえない図。
一味をふって葱と共に食べるといい酒のアテ。
b0089578_10534668.jpg
・白子天
白子メニューは白子酢、白子天、白子松前焼き、白子バターソテーとあり、全部頼んでプリン体祭りにでもしてやりたかったが、
他のメニューも目白押しなので2品で我慢、肉も注文したい肉女です。
天婦羅の衣がサクッふわっと、中からとろ〜定番の冬メニューですが何度食べてもいい!
b0089578_10535068.jpg
・鶏つくね卵だれ
私が注文したものはやはりニク、つくねに黄身の醤油ダレというドッキング。
これやられると昔から謎の吸引力にて頼みたくなってしまう、たまーに他の店でも見かけますよね。
濃厚な黄身ダレにつくねを合わせると無条件にうまっ!卵好きが原因です。
b0089578_10535444.jpg
・香箱かに面
おでんを頼もうと思っているところに、蟹が食べたいばかりにかに面だけ先走り。
b0089578_10535809.jpg
・おでん
大根、玉子、つみれ、こんにゃく、ごぼ天はいずれも出汁がしみしみ〜であったまる美味しさ。

b0089578_10540213.jpg
おでんの梅貝
b0089578_10540624.jpg
・出汁巻き玉子
お時間かかりますと記載されていた出汁巻き玉子、1人であれだけの料理をこなしているから大変。
出汁が入ったふわふわの玉子でした。
b0089578_10541790.jpg
・いくら正油漬
カクテルグラスに出てきたいくらさん、北海道から持ち帰ったイクラがなくなったので禁断症状が出たみたい。
お寿司でも一番先に食べたいのが実はイクラです、子供か。
b0089578_10542096.jpg
・土井上さんの厚揚げ焼き

長町にある土井上豆腐店の厚揚げ焼き〜分厚くて豆豆しい、鰹節と葱に焼かれておいしい。
ここのひろずも買いに行きたいな。
b0089578_10542493.jpg
・若鶏唐揚
こちらも私が肉食べたい!と注文した品、魚ももちろん好きです。
b0089578_10543287.jpg
・ふわふわ卵かけ御飯
ありえないほどふわふわな卵かけ御飯、卵の層がまた結構深くどれだけかき混ぜたらこのくらいになるのか。
味がついているのでふわふわっな状態の中で御飯探し、面白い食感だし口ヒゲがつきそうだった。
b0089578_10543579.jpg
・お寿司盛り合わせ
最後は贅沢にもお寿司の盛り合わせ、カワハギ(肝つき)、イクラ、ぶり、サーモン、鯵、さわら、などなど。
お魚まみれで幸せこの上ないですが、ハッと気づくと野菜食べてない!!
サラダを華麗にスルーしたので、魚と肉と炭水化物?まさに食べたいものを欲しいだけ、お目付役もいないしたまにはよかろう。

鮮度抜群の魚介類を使った料理を始め、オムレツ、ステーキなどの洋風ものもそろって誰もが楽しめる居酒屋さん。
深夜2時まで営業しているのがまた便利、こんな居酒屋さんが近所にあったらと思わせてくれるお店です。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-12-25 23:38 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)