タグ:居酒屋・ダイニング ( 185 ) タグの人気記事

東京(表参道):鳥義(焼き鳥)→(有楽町):宝(地酒・ダイニング)

b0089578_1272581.jpg
お江戸めぐり夜の部2次会。
アポたんトコたんチキたん、スカたんが向かった二次会会場は本格焼き鳥の店「鳥義」
焼き物の他に冷奴、枝豆、もろきゅうなどの由緒正しき居酒屋メニューを揃えた気軽さに、
場所がなんといっても表参道駅A3出口徒歩1分という便利さ。
地下鉄に乗るべく地下に降りるはずが、ついつい無意識にビル2階に上ってしまいそう。

イタリアセレブのお店から一気に親父仕様、アポ助、チキ蔵、トコ平、スカ夫に早変わり。
トコ平が偶然にもこのお店のクーポンを持ってきていて、親父モードを未来予想図していた様。
まずは4人の居酒屋セオリーに従って出し巻き玉子
b0089578_1275395.jpg
アサリの酒蒸し
昔、酒飲みの友達が今夜のおかずはアサリにお酒をかけて電子レンジチン
というのを思い出したわ。下戸の方には出し汁は酔っ払い一直線で危険。
b0089578_128829.jpg
十二本セット(軟骨、砂肝、ボンジリ、手羽先、はさみ、レバー、つくね、うずら、さび、しその葉巻き、にんにくの芽、アスパラ巻き)
人数がいて鳥の好みが分からない時は、面倒なのでこんなセットが便利。
私がこの中で食べられないのは「さび」だけ←肉にあらず。

ワサビ、和カラシ、ブルーチーズ、辛い大根おろしがダメな私は
時々「お子ちゃまだよね!」と指摘される。
コーヒーにはミルクと砂糖を入れなきゃだめなの~←スカたん♪仕様
白子や内臓、羊の脳みそなど平気なので、お子ちゃまと変態が混在した「ジキル&ハイド舌」

お店も満席でわいわいと熱気が伝わってこちらも大いに盛り上がりました。
キチ蔵は翌日の早朝から京都旅行が控えていたので、2次会でお別れ。
まだまだ猫っかぶりがずり落ちない時間だったので残念だわ。
次こそは、脱がせてみせよう、猫ぐるみ。
b0089578_1283868.jpg
3次会はニュースポットにでも行ってみようか、と有楽町へ。
私が1年ぶりに上陸した東京はニュースポットがあちこちに増えていた模様。
そんな向かった先の有楽町イトシアは行列の嵐で入れず。
東京国際フォーラム店の地下1階にある「宝」 東京国際フォーラム店へと腰を落ち着かせました。
手づくりの創作和食と名門酒蔵元9蔵が経営参加している地酒のダイニング・バー。

3種の薫製~辛子明太子・味醂サバ・味噌ふぐ~
いかにも日本酒に合いそうな1品。私は過去の黒い栄光が露呈してしまうので日本酒厳禁。
一万光年シュワッチと乙女酒をいただきます。
b0089578_1285918.jpg
湯葉春巻き
春巻きと名が付いたものは何でも大好き、生春巻きでも、王将の春巻きもグー。
記憶はM78星雲レベルなので美味しかったかも・・・という薄い感想。
b0089578_1282360.jpg
宮崎の冷や汁
酔っているから余計にさっぱりしていて食べやすいの。
旅番組で民家の縁側で食べている図がこんなスタイリッシュなロケーションでいただけるとは。
ナレーションはもちろん大和田伸也で。

ハシゴ車まわすのは3軒が暗黙の定説。
この後、アポたん家で私だけプリンを頂いたのだけど、まったく記憶がナッシング。
きっと無意識にハシゴ車4軒目を求めていたのね・・・・。

1日目オワリ
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-12-27 03:02 | 東京 | Trackback | Comments(16)

金沢(片町):味(串揚げ専門店)

b0089578_104640.jpg
デパート催事、それは食い意地人間にとって血湧き肉踊る出来事。
脳内メーカーを覗くとすれば、全部が「食」「買」で埋められているのが想像できる。
この間、「堂島ロール」を親に頼んだのに違うロールケーキを買ってきたのも記憶に新しい。

11月初めには北海道展が開催されていて、ロイズのポテトチップが売り切れだったわ!
と、某ブログのコメント欄に落胆した数人の書き込みを見つけたの。
その数日後には自分の手元に大量に届く予定だったので、
ふふふ・・・ロイズのポテチいりませんか?と持ちかけたところ、
ふふふ・・・それでは闇取引しましょう。と相成りました。←越後屋っぽく。

だるまちゃんは私が天使にみえたそうで、スカタン天使と命名してくれました。
今度から、エンジェルと呼んでね。

さて、その闇取引の場所に選ばれたのは片町の串揚げ専門店「味」
前は四十万にお店があって移転してきたのだそう。
場所は豚バラ定食の「宇宙軒」の隣と言えば分かる人も多いのでは。
メンバー:だるまちゃん味噌ちゃんBOWちゃん、スピコちゃん
だるまちゃん、スピコちゃんは残業で遅れるので、味噌ちゃん、BOWちゃんと先にお店に。
b0089578_105838.jpg
目の前で揚げてるのを見ながら1本づつアツアツを出してもらえるスタイル。
食べた串はお魚の形をした陶器に差し込んでいく。
おまかせコースは全30種類の中から、好きなところでストップできるというもの。

30本か・・どんな串が出てくるんだろう?と漠然と考えていると、
「私、前にコンプリートしたよ」とBOWちゃん。
な、なにぃ!!!それを聞いて、30本食べてみたいわ→30本に挑戦したいわ!!と
濁流のような欲望にかられたのも当然のこと。

そして目と目で通じ合う、無限串っぽいで、3人とも30本にチャレンジャーすることに決定。
後からきた2人にも30本一本勝負挑戦しているから、と無理矢理参加させ、
結局5人全員が30種類にチャレンジすることに。
b0089578_111080.jpg
小エビの紫蘇巻き、牛ロース
はじめの一歩はここから。味付けは自分好みにソース、ケチャップ、マスタード、塩。
タレ用のマイ皿があるので、ソース何度漬けでもオッケー。

大阪から取り寄せた特別なパン粉、オランダ産高級油「カメリア」を使用してるそうで、
揚がった串揚げは油っこくなくあっさりとしている。
生野菜はお代わり自由だそうで、昆虫星人BOWちゃんが何度もお代わり!
b0089578_112285.jpg
しいたけ→蟹のキス巻き→オクラ海老チーズ→蓮根→海老→じゃがいもベーコン
→アスパラ→ごぼうの穴子巻き→山芋の鶏肉巻き→キス→鶏セロリ
→ナス→牡蠣

シンプルな蓮根や丸ごと海老も美味しいけど、一工夫くわえた串も組み合わせが面白い。
この辺りで折り返し地点、まだまだ先は長いマラソンレンジャー。
お店の大将によると、平均で15~20本くらいらしい。

ん?順番に撮っていたはずなのに、後から調べると画像が足りないわ。
写真を撮るのを忘れるほど無意識に食べていた揚げたて串揚げの魅力、食い意地の底力。

チーズボール→玉ねぎ→ピーマン肉づめ→イカゲソ→うずらの卵→豚ねぎ→ホタテ
→銀杏→南瓜→ウインナー→しし唐→五郎島(サツマイモ)→紫蘇明太子→餅

コッテリーナはチーズとかうずらにめっぽう弱い。
そして終盤に向かってどんどん重くなっていく。
重いといえば「餅」だろうね、「餅とか石とか」←赤ずきんちゃんのオオカミかよ!
と想像していた通り、29本目にお餅が。
b0089578_113421.jpg
途中で食べた玉ねぎの形が、バカボンに出てくる警察官の目玉に見える!とかなんとか。
だるまちゃんはソースをつけたら真ん中地点に付いて、記事にはまるでオッ・・(以下自粛)
b0089578_114780.jpg
トマト、南瓜のアイス
ラストの30本目は感動のあまり震えて画像ブレ。心の乱れは画像の乱れ。
最後はトマトの酸味でさっぱりと。

BOWちゃんは前に来た時はコンプリートの後に雑炊も食べていたらしい。
さてはアイアンストマック人種ね!?
b0089578_115939.jpg
串を入れるお魚さんも30本×5人分で非常に苦しそう。げふー

大将によると、女性のグループがコンプリートに挑戦する人が多いそうな。
男性はお酒を飲みながらゆっくり食べている場合が多いので、量的には沢山食べないとか。

そして、女性はグループでは沢山食べるものの、男性と来た時には遠慮して食べないそうな。
やっぱり彼氏よりも沢山食べるのは恥ずかしい、という乙女のはじらいがあるのね。
いつもハシゴ車回している私には1mmもないだろうけど。

「お腹いっぱ~い、もう食べられな~い、テヘッ」と言ってるあなたの彼女でも
女同士の時はガッツリ1.5倍は食べているかも。

30本コンプリートした乙女5人はさすがにお腹が膨れたのか、
ハシゴ車もまわす余裕もなく素直にお家に帰りました。

後、数十分経てばラーメン1杯ははいるわ、という言葉は飲み込んで。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-12-09 12:23 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(30)

名古屋(栄):軍鶏・黒豚・焼酎 芋蔵(居酒屋)

b0089578_17403920.jpg
アポーちゃんとバナナさんに栄中心部まで車で送ってもらったその後、
口寂しいというよりもハシゴ寂しさから街中を徘徊。
ハシゴ車まわすのは3回がデフォ。
あてもなくうろつき回った結果、「軍鶏」「黒豚」「焼酎」の3文字が目に留まり、
芋蔵(栄本店)というお店に入店しました。酔っ払いには単純明快なアピールが効果大!
b0089578_17405248.jpg
九州から取り寄せる数々の素材を活かした郷土料理が自慢で、名古屋栄本店の他、
東京には銀座、錦糸町、池袋、品川、ヨドバシAkibaなど駅から近い場所に店舗があるそう。
いくらの醤油漬け
好物なので酒のあてに注文したけど、思いのほかプチプチッで美味しい。
私の脳内にもプチプチ刺激をもっと与えてくれないかしら・・。
芋焼酎のお湯割りを飲んだら、深海に沈んでいきそう。
b0089578_1741797.jpg
黒豚カルビ黒七味焼き
無意識のうちにまた肉を注文している、どこまでもコッテリーナ行動、濃厚貴族。
でも、この店のお勧めが黒豚、軍鶏などですからっ。

しかし、残念ながらこの黒豚を食べたことすら記憶がありませぬ。
頭は半分、コックリコックリと船をこぎながら、漫画でいう鼻ちょうちん状態。

脂肪の膜につつまれながらアデージョ仮面の化粧も落とすことなく、安らかな眠りについたのでした。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-11-28 16:36 | 愛知 | Trackback

名古屋(栄):世界の山ちゃん(本店)(居酒屋・手羽先)

b0089578_192616.jpg
大阪は何度も旅行している地なので、最近では商店街巡りやディープな場所に行きたがる傾向だが、名古屋はまだまだ未開発ジャングル。
ディープな野心はくっとこらえて、手羽先王国の敬意を払って世界の山ちゃん(本店)へ向かう。
名古屋には勿論沢山の店舗が存在し、本店に向かう途中も女子大店に遭遇したが、
並んでいる気配はなしこで、本店に着いてみれば行列の嵐でうんざり。
嵐は山口百恵だけにしてほしいのに、やはり本店はテバサッキーのメッカ巡礼か。
b0089578_19435.jpg
幻の手羽先(1人前5本)
あまり甘くないタレにコショウがかなりピリッとくる。
去年、鶏三和で食べた手羽先はハチミツがついて甘くてパリッとしていた。
好みにもよるけど、甘いのが苦手ならこちらかな。ビールのつまみに最適。
私は2、3人前でもよかったのだけど、長靴が1人前でいいというのでこれだけ。
チッ テバサキ子、心隠して舌打ち隠さず。
b0089578_1101785.jpg
どて煮
濃ゆ~~~い八丁味噌味の豚ホルモンみそ煮。
名古屋はこうでなくっちゃ。独特の甘みがクセになる八丁味噌、少しづつつまんで酒のあて。
b0089578_110355.jpg
トマトスライス
トマトを切っだけなんだけど、すごい人気らしい。
こってりしたものばかりだから、ヘタに凝ったサラダよりもお口の清涼剤に向いている。
生トマト大好きっす。
b0089578_112266.jpg
カンパチ、サーモンのお刺身
何故かいきなりお刺身。どうやら、長靴はお魚大好きさんなので、
コテーリメニューを見ているだけでかなりリバーブローが効いてくるらしい。
思わず刺身にSOS、乙女のピンチ←ピンクレディーふるっ
世界の山ちゃんは北海道にも何軒も店舗があり、北海道から入れているのかサーモンも旨味。
b0089578_1122491.jpg
みそうずら玉子フライ
そうは問屋がおろさない。こってり大好きコッテリーナのカウンターパンチ。
焼き鳥屋でも必ず頼むうずら、串焼きでもうずら、おでんは玉子を欠かさず。
コレガの基本は玉子から。
八丁味噌にからまったうずら玉子フライがおいし~~。
b0089578_1124121.jpg
コーチン団子黒酢
コーチンを団子にしちゃった、テヘッ。でも、団子だとコーチンだか違いがよくわからない。
肉肉しいメニューの中でも、甘酢ソースなのでさっぱりといただける。

旅行に行く途中で、「名古屋で手羽先食べるわウマー」という嫌がらせに近いメールを
知人に送っていたのだけど、味噌玉フラをほお張っているところに電話が鳴り響いた。

それは関東在住、食のハリケーン「まいにちをおいしくたのしくBlog」のアポーちゃんからで、
「今、彦根からの帰り道で近くを走行中なのでジョイントしてもいいかしら?」とのこと。
ジョイントって!紅白の「小林幸子×DJ OZMA」並みのデンジャラスな食卓になりそう。

すぐさま「もう店は決まっているわ、これこれの店に集合ね!!」
と女王様モードそのままに指令を出し、ラジャーブラジャーと即座に決定。

目の前のコッテリーナ共を楽々と喰い終えて(主に私)、次の指令場所に向かったのだった。

つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-11-20 07:52 | 愛知 | Trackback | Comments(36)

大阪(梅田):松葉(串かつ)

b0089578_22555466.jpg
ここの串かつを食べ損なった後、お土産を買うために梅田のデパ地下に直行。
が、地下街に下りて阪神デパ地下入り口前の串かつ松葉があったじゃないか。
そういえば大阪に来るたびにここの前を何度目にしたことか、でもまだ未体験だった私。
ここ最近ディープに走りすぎな傾向で基本を怠っていたことに気付く。
いつも一風変わった遠い人ばかり憧れていて、実は一番近い異性の事を何も知らないことに気付くみたいな(意味不明)それではファースト松葉いきます!!
b0089578_2256698.jpg
ここは基本立ち食いだし、後ろは階段から降りてくる人で混雑しているので
長居はしにくいけど、サッと食べるには手軽でよい感じ。
ここなら1人で出来るもん「串かつ」が出来そう。←すでに他店で攻略済み
もちろん大阪国憲法にのっとりソース2度漬け禁止!
b0089578_22562194.jpg
茄子、海老
キャベツは食べ放題~♪満腹ブラザーズ。
揚げたてはアツアツで直ぐにかじるのは非常に危険、猫舌ですから。←お風呂は猫体。
先に揚げて冷めていたものは二度揚げしてくれたり。
このアルミのお皿がまた渋いですわ、酔ってうっかり八兵衛でも割れないし。
近くに不届き者がいたら、お皿を投げて武器にもなるし。串かつレッド。
b0089578_22563254.jpg
蓮根、牛、うずら、キス
衣が割りと軽めなのでもたれなくて食べやすいかも、サクサクで美味しい。
この時、若鶏は食べなかったのだけど、後から聞いた話だと中にカレーが入ってるらしい。
そ、そんな芸コマな・・・カレー星人として食べられなかったの不覚っ!!

お昼前だったので、朝ごはんのデザートかランチ前の前菜か微妙なところ。。

おっさん魂ゾッコンLOVEですが、串かつ脂とカレー臭を漂わせながらも
ちゃんとこの後オペーク大阪を見に行くあたり女心は土俵際でも残っているというか。
でも、見ていただけだけど・・・・コスメティックコーナーだとグロスいらず。

つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-10-04 01:45 | 大阪 | Trackback | Comments(22)

大阪(上本町):どんどん(お食事・酒処)

b0089578_14594032.jpg
焼肉宴会後、次もいくぞとプリーズプリーズテルミーナウ!←デュランデュラン
上本町駅傍にあるハイハイタウンは地下1階から3階まで食・買・遊のアミューズメントビル。
その中でもフードエリアは居酒屋、ラーメン、食堂、喫茶と豊富でえらび放題。
このビル1つでハシゴ車ぐるぐるまわせちゃうので、サラリーマン危険地帯(私に?)

どうやら皆様、大量肉摂取の後であっさりしたものが食べたいご様子。
地下にもぐって気軽そうな居酒屋「どんどん」にどんどんご入店。
b0089578_14595645.jpg
とりあえずカンパーーイ!!さて、メニューのとりあえずは!?
どうもアロハちゃん達は、たこ焼き&ホルモン後遺症であまり食欲がないご様子っ。
というか、膨満感殺人事件で殺す気かっ!!だが頼むっ。
一応、4人で好きなもの1品づつ注文することで平和協定。
b0089578_1501163.jpg
鯖のきずし(長靴セレクト)
概して西日本で「きずし」、東日本で「しめさば」と言うらしい。
しめサヴァー!!!!は私も大好き(意味なく興奮)
お腹が膨れている時でも酸味のあるものだとさっくり口に入るのが不思議。
b0089578_1502613.jpg
イカげそ焼き(アロ夫さんセレクト)
これもイカの部分ではゲソが特に好きな私の心を鷲づかみ。
もうワサビ・カラシ以外はなんでも大好き!と言いかねそうなフード界のプレイガール。
ちなみにうちの母親は「イカで始まり、イカで終わる」という格言を持ち、
お寿司を食べにいってもイカばかり食べてるというほどのイカ好き。
b0089578_1504118.jpg
つくね(アロハちゃんセレクト)
すみません、さっきあっさりしたものが食べたいとおっさっていたのは誰?
密かになかなか減らない4品のフィニッシュを手伝っていたのは殆ど私。
胃袋のサイヤング賞狙ってます。
b0089578_1505673.jpg
ダシ巻き玉子(私のセレクト)

居酒屋でメニューにあると大概注文してしまう出し巻き玉子。
自分で上手い出し巻き玉子を作るにはまだ研究中。

このお店では食べ物よりもお酒!会話!がどんどん弾みました。
アロ夫さんと長靴はずいぶんお酒を飲んでいたのでは!?
会話は酔っ払っていたので記憶はニュートラル。

それにしてもアロ夫さん、その雰囲気のせいか頭にねじりハチマキをしていても
結構どうでもいい格好をしていてもカッコイイ←ほめてるのか!!ほめてます。

別れた後から長靴が「打倒!アロ夫」とか言い出す始末。
野球小僧か!どう打倒するのか!

「まずは眼鏡から」、とかなんとかと申しております。
特に「眼鏡男子萌え」ではない私だけど、眼鏡で人の印象が変わるのも事実。
アロ夫さんのように格好よく変わるのだろうか?
少なくとも「怒るでしかし!」風の眼鏡はノーサンキュー。
ちなみに私は裸眼レディー。

喋って笑って笑った酔っ払い4人組は上本町でお別れ。
すっごくお世話になりっぱなしの1日、とてもとても楽しかったです。ありがとう!!
ハナちゃんにもよろしくね。

2日目終了と行きたいところだけど、まだ続く。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-09-28 07:30 | 大阪 | Trackback | Comments(26)

京都(京都駅):八丁味處 串の坊(串かつ)

b0089578_0141117.jpg
京都出張中、お帰り前の最後のランチは京都駅で。
本当はめちゃ旨いというお勧めのラーメン屋が頭にあったが、時間がないと却下!
ま、京都駅の却下店(百貨店)・・ぷっ でお土産も買わないとだしね。
The CUBEにはお土産、お疲れサマンサなどファッションストリートもある京都駅ビル専門店街。
11階のレストラン街へ向かうのが思考力停止状態でも楽ちん。

京風イタリアン、京風スパゲティーでもいいな~と思っていたが、
真の親父魂が備わっている者ならば昼間からでも酒が飲みたいものである。な意向で、
八丁味處 串の坊 京都駅店~The CUBE~
大阪ミナミの法善寺横町で約半世紀営業しているお店。
串カツ!!大阪まいどっ。でも、付き出しは生の九条ネギ。ネギラバーには嬉しい。
b0089578_0142254.jpg
鳥獣菜魚貝實、いろんな串かつ約30種をつぎつぎ揚げていくというおまかせコースを選択。
好きなところで止めていいというおまかせコースは何が出てくるか楽しいようで非常に危険!
お前いい加減にしとけや!という後ろから頭をはたいてくれる人がいないと、
エンドレスで食べてしまいそうな赤坂ちゃんモード。
b0089578_0143196.jpg
牛ヒレ→芝海老紫蘇巻→シイタケ→つぶ貝→ピーマン→すなずり→山芋→カニ身の包み焼き→手羽先→活車海老・・・・・以下まだ続く。
30種類あるのなら、全部食べてみたいのがアイアンストマックの心得というか、憧れ。
でも、隣の親父群は全部揚げってのはつらいな・・と途中からギブアップ宣言。
まだまだだな・・と心の中でジョジョ的につぶやくも、30本など先にお財布がギブアップ宣言。

そして上司よりもぶっちぎりの差で大量に食べるほど、図々しいOLではありません。
一応、ここはおごりだったので・・・せいぜいキッチンユキのトッピングぐらいなら許されるかと。
b0089578_0144371.jpg
この辺で勘弁しといてやるわ!と強引にお茶とお茶菓子の画像。
食べた串カツは全部載せてないけど同じような画像だからいいや。
何本食べたかはちょっとミラクルゾーン。←上司よりも多く食べたか疑惑。

b0089578_0145382.jpgお土産探しコースとして京都タワーの1階にも。
大昔からの修学旅行生なんかに定番の品がてんこ盛り。

ここで、私が狙っていたのが京都タワーのキャラクターのたわわちゃん
思わずヨダレを落書きしたくなるようなポカーンとした口と、えもしれぬような脱力系な雰囲気がマイハートを直撃サプライズ!
ちょっと「たわば!」と間違えそうな名前もグッド。

京都ブロードタワーには動くたわわちゃんの姿も見られて非常にラブリー。いいなぁ・・京都市民、私もたわわちゃんとハグしたい。
結構な大きさだったので、ボストンバックにはみ出しまくりで顔一つ出しながら汽車で帰ってきたチャームポイント。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-06-01 12:31 | 京都 | Trackback | Comments(39)

京都(下京区西木屋町):葱や平吉(ネギ料理)

b0089578_22174047.jpg
うっかり八兵衛でラム料理の店に片足突っ込んでいたのを引き抜いて、
飯・本・番な店な時間帯になったのでお店に移動しました。葱や平吉(高瀬川店)
ネギがメニューの主役に躍り出ている料理屋さん。やっぱり京都は九条ネギだから!
と思っていったけど、東京にもお店が何軒もあるのを記事書いてる途中で知ったり。
でも、ネギまみれになるために行ったのだから、それでよし。

お店の前にディスプレイとして置かれているネギは本物。
お店の在庫がなくなったら使うのかしらん?飾りじゃないのよ、野菜は、フッフ~♪
b0089578_22175584.jpg
いきなりの付き出しはマスに入ったネギてんこ盛り。4人で行って、これは2人分の量。
何にでもネギをかけ放題、ネギ放題。
b0089578_2218583.jpg
ネギの黒焼き(軟白ねぎ・北海道)
最初に何も知らずに黒焼きを二つ注文したら、ネギだらけになりますよ~
とアドバイスをいただいたので、まず一つ。
群馬の下仁田ネギ、茨城の赤ネギはお声がかかって、すでに売切れ。
柔らかく甘いネギに味噌をつけたり、付き出しのネギかけたり。
b0089578_22181782.jpg
ねぎ入りだしまき玉子
コレガ大好きだし巻き玉子!すでに最初からネギがかかっているけど、
玉子が見えないほど付き出しのネギを更に上からかけたりしてネギ地獄に。
これだけ、ネギが沢山あると何にでもかけたりして、ネタが満載。これぞ万能ネギ。
b0089578_22182826.jpg
せせりとネギのにんにく炒め
かける必要のないほど、最初からかけられているネギ!
ニンニクとネギがとっても口の中でよい香り・・・ん?
この辺りから、婦女子の息とは思えないほど、口がネギ臭い予感。
明日も絶対にネギ臭いオーラが漂っているような悪寒。
b0089578_22183970.jpg
砂ずり、つくね
そうそうお酒にはネギ焼酎というものもあったので、ここはやはり注文。
付き出しのネギが減らないので、焼酎の中にネギを入れちゃえ!とばかりにネギ割りに。
普通のつくねにもネギのシャワーで使用前、使用後。
酔ってきて、ネギの臭いも大ジョブ、グッジョブ。←気が大きくなるのはいつも通り。
b0089578_22185358.jpg
やわらか豚の黒酢仕立て
少し甘めの黒酢仕立ての豚肉は柔らかく、とっても美味しい。
これにももれなくネギシャワー。

オヤジーズに囲まれているせいか、親父ギャグの応酬になるカウンター。
最後の会計はネギるしかないな!

ネギバウアー!(意味不明)

ネギーエンディング、スト~リ~♪と、私もだんだん酔ってきて親父魂がチラリズム。

次の日も仕事がある身なのですが、ゆっくり食べて今日の疲れをネギらいたいわ。

変なギャグで知恵熱を出しながら、まだ続く・・・
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-05-22 12:26 | 京都 | Trackback | Comments(46)

金沢(大野):弁吉(居酒屋)→ロイヤルハワイアンテーブル(カフェ)

b0089578_20591560.jpg
※この記事のみ全編カニ語にてお伝えします。(カニ語はノンフィクション、週間実録)

2月下旬、だるまちゃんスピコちゃん味噌ちゃんBOWちゃんと、
ズワイ蟹を食べるために「居酒屋・弁吉」に行ったカニ。
なんと、茹でたてアツアツの「ズワイガニ」が食べ放題ガニよ!もちろん、生のカニ。
ずわいがには福井では越前蟹、山陰では松葉蟹とも呼ばれるカニ。

私たちが選んだコース↓
Aコース ゆでがに食べ放題 (ごはん、おみそ汁、お香もの付) :3990円
茹でたカニをひたすら食べまくるコース。
炭火で焼く「焼きがに」コースなんてのもあるカニよ。
b0089578_20592645.jpg
ちょうどこの時期、豹柄のトリコロールになっていた私は、集めていた豹柄グッズを披露。
アデージョの洗礼を受けさせるため、皆にも豹柄タオルを配布。
皆「いつも何か貰って悪いカニィ~」
私「78円のウィング価格だから気にしないでカニ」
b0089578_20593544.jpg
お店は満席で忙しいのか、なかなか茹でカニが運ばれてこないカニ。
腹が減ると短気になる乙女たちは、テーブルのグッスで気を紛らわせる。
確か「早くもってこいやぁ~」とBOWちゃんがヤ○ザ口調でつぶやいていた記憶があるカニ。
b0089578_20594578.jpg
き、きたぁ~将棋倒し状態のカニパラダイス!!
カ、カ、カニパラ、カニパラ 
この豪快な盛りに気分も愉快痛快だカニ。
b0089578_210407.jpg
ほっかほか茹でたてのズワイガニは蟹酢はつけずに、塩茹でしてあるそのままで食べるカニ。
普段、私が家で食べているのは香箱ガニのメスで、玉子とか入っていて美味しいけど
小ぶりなので、ズワイガニ(オス)ともなると迫力満点。

なんだか甘みがあって美味しいカニ~、どうやって割るカニ~?、セレブな割り方はこうカニ。
蟹を食べる時は無口になるのが定説だが、皆何故か黙っちゃいないカニよ。

ごはん、おみそ汁、お香ものが運ばれてきたので、「ご飯も食べ放題カニ?」と聞くと
「違います」とあっさり返されたカニ。欲たましい団体の証明だカニ。
b0089578_2111992.jpg
食べ放題なのでもちろん追加!どんどん追加!
手がカニ臭くなろうが、カニの身があちこち飛ぼうがお構いなし、ひたすら食うカニ!
ひたすら意識はカニに集中、もう何も聞こえないカニ。

BOWちゃんが足が痺れて動けなくなるが、しらんぷりカニ。
味噌ちゃんが口の中切ったカニィ~と騒ごうが、「そうカニ、大変カニ」
と気持ちがまるで入ってないカニ。マヤが見たらどう思うかしら・・(by ガラスの仮面

あまりの旨さに「美味いカニ~」とナチュラルなカニ語が連発。
それ以後、カニ語一直線。(このあたりからノンフィクションカニ語)
b0089578_2113397.jpg
蟹の身とカニミソをご飯の上にのせてカニメシ!いやぁ~贅沢だカニ~。
今まで、カニミソなんてそんなに魅力を感じなかったカニなんだけど、
ほんのり塩加減が効いた温かいカニミソがこんなに美味しいなんて~目から甲羅!

カニは大きいし時間と手間がかかるので、もたもたしているとお腹が膨れてくるカニ。
この店で女性の最高は4ハイなんだけど、だるまちゃんと私は4ハイ食べたカニよ。
今度は5ハイ食べて最高記録を塗り返したいカニィ~~。

満腹になったので帰るために立ち上がると、机や座布団にカニの身が飛び散ってる!
この店では思い切り食べ散らかすのがルール(ホント)。置き土産だカニ。

レジでうっかりカニ語で「美味しかったカニーー!」と、おばちゃんに話しかけたら、
なんとカニ語で返された!カニも最高なら、おばちゃんも最高だカニ!
b0089578_2123622.jpg
カニから人間に戻って、ロイヤルハワイアンテーブルでトロピカーナな乙女の時間。
私はドリンクとアボカドアイス、何故かキュウリのような味!?

ハワイアンな雰囲気の中まったりと閉店近くまで、喋りこんでいたカニよ・・おっとと。。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-04-11 02:45 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(42)

大阪(難波):ケラケラ(ビアレストラン)

b0089578_1384269.jpg
洋食、うどん、たこ焼きと、食べるものてんこ盛りの千日前だけど、作る前には道具から。
食文化の明日を想像する千日前道具屋筋商店街でショッピング。
たこ焼き屋が始められそうな本格的機材に目を奪われつつも購入したのは意外とノーマル。

この皿にピッタリのサイズのキャベ焼きをのせたいシンデレラの靴気分。
後、泊まったホテルで朝コーヒーが入れられていたステンレスサーバーに一目ぼれ。
家でもコーヒーを何杯分も部屋に持っていけたらな~と思って購入したけど、
部屋にツマミが転がっているからか、焼酎のお湯割りが頭からイメージとして離れない。


お土産を買いながら午後が過ぎて行き、ちょうどお茶の時間近く、大阪に着いてすぐから、
ありがたいよってけ屋メールを頂いていた「感謝の日記」のアロハさん
ちょうどご夫婦で難波で歌舞伎鑑賞ということで、終わった後に会うことに。

待ち合わせ場所は「くいだおれ人形の前で」、と事前に連絡しあってたのだけど、
時間が空いたので、おお!そうだ、歌舞伎が終わって出てくるアロハさんを入り口で待とう!
と思い、歌舞伎座の前に陣取ってわくわく体勢。(ここで気付く人もいるかも)。

でも、いっくら待っても人は出てこないので、不安なり子になり係員の人に聞くと
すでに昼の部は終わってますと、なんですと。
すぐさま、アロハさんに「今、歌舞伎座の前で待ってるんだけどー!」と電話すると、

「歌舞伎座で歌舞伎はしないよ。歌舞伎は松竹座だよ」
ガーーーーーーン!!
歌舞伎→歌舞伎座のイメージがあったけど、関西では松竹座なのね。。
歌舞伎座では、天道よしみショーとか、梅沢富美男 「夢芝居」 とかそちら系。
気をつかったつもりが、思い切り田舎者~愚か者~♪(by マッチ)

しかも、最初の待ち合わせ場所の「くいだおれ人形」、松竹座のすぐ傍。
ひぇっ!アホですみませーーん!男ドアホウ甲子園並み。
アロハさんたち、すぐさま急いで歌舞伎座に来てくれました。
↑しかも歌舞伎座にこさせている!松竹座の場所わからなかったので・・・。
b0089578_1385865.jpg
さて、2ペア揃ったところでブリリアントなお茶かしら?と思ったら、ビールか何か飲みたいよね!
といきなり難波地下街にあるビアホール「ケラケラ」へ。
どれだけここのメンバー酒飲みなのか。私は乙女酒好きだから~ちょっと別ね(立派な酒)。
といいつつ、飲むなら飲むでと、何杯も飲んで真っ赤なゆでタコ状態。
アロハちゃんも乙女酒でビアホールに咲くビューティーペア。
わたし~からっあな~たへっ♪箸が飛び交うオツマミはやや控えめ(写真はシメサバ)。
b0089578_1391394.jpg
クリームチーズ&たくわん、オイルサーディン
たくわんにクリームチーズって今まで違うタイプと思っていた人が運命の人?未知との遭遇。
アロハさんは大人の遠足京都ツアーで会って、それ以来。
前と変わらず、普通に喋ることが面白い色白のあったかい人。
だんな様は穏やかそ~な顔をしているのにポツリ出る一言がこれまた面白くて。
最初のキンチョールはどこへやら、わいわいと盛り上がりました。
b0089578_1392815.jpg
アロハちゃんお土産手帳その1:備前焼のぐい飲みと一輪挿し。
ぐい飲みって言うにはえらいドデカイんだけど・・・・お茶碗かと思ったわ。
遠近法で写せば、オチョコととっくりに見せれなくもないかも。
誕生日を迎えてアデージョになった私にぴったりの渋いお品、ありがとーー!
b0089578_1394135.jpg
アロハちゃんからお土産手帳その2:手作りのバッチ2個。
えぇっ!これ手作り!?驚き。形取って掘るの大変だったろうなぁー。
アロハちゃん毎朝のシンボル、梅干しのせご飯&ギターのバッチ。
アロハちゃん曰くおっぱい飯・・・って、私が言っていたのかしらっ!!
とにかく心のこもった嬉しい贈り物いただき感謝感謝です。

そうそう、ビアホールを出る時にメンズ2人がトイレに行く際にアロハちゃんがかけた言葉
「はよ、トイレにいっトイレ!」はすでに心のベストテン入り。
日々の使いまわしヘビーローテーション。

短い時間だったけど、非常に楽しく過ごせました~see you again!
次、ご夫婦で金沢来訪の折には、パレード用意しますよ。
b0089578_1395491.jpg
さて、長い大阪旅行も終わりの列車の中は最後の宴会。
デパ地下で買ってきたのは大阪郷愁の思いの串カツ。後、何かサラダ。
b0089578_140975.jpg
前も買ったと思うけど、すぐ場所を忘れる寿司ロールのお店。
サーモンとか鶏肉とか変わり寿司が面白くて美味しいの。
満腹中枢とお酒と旅の疲れが一気にミックスされて、列車で爆睡モードに。

そんなこんなでやっと長い大阪の旅も終了です。

まだある↓
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-03-05 06:50 | 大阪 | Trackback | Comments(32)