タグ:居酒屋・ダイニング ( 181 ) タグの人気記事

大阪(梅田):松葉(串かつ)

b0089578_22555466.jpg
ここの串かつを食べ損なった後、お土産を買うために梅田のデパ地下に直行。
が、地下街に下りて阪神デパ地下入り口前の串かつ松葉があったじゃないか。
そういえば大阪に来るたびにここの前を何度目にしたことか、でもまだ未体験だった私。
ここ最近ディープに走りすぎな傾向で基本を怠っていたことに気付く。
いつも一風変わった遠い人ばかり憧れていて、実は一番近い異性の事を何も知らないことに気付くみたいな(意味不明)それではファースト松葉いきます!!
b0089578_2256698.jpg
ここは基本立ち食いだし、後ろは階段から降りてくる人で混雑しているので
長居はしにくいけど、サッと食べるには手軽でよい感じ。
ここなら1人で出来るもん「串かつ」が出来そう。←すでに他店で攻略済み
もちろん大阪国憲法にのっとりソース2度漬け禁止!
b0089578_22562194.jpg
茄子、海老
キャベツは食べ放題~♪満腹ブラザーズ。
揚げたてはアツアツで直ぐにかじるのは非常に危険、猫舌ですから。←お風呂は猫体。
先に揚げて冷めていたものは二度揚げしてくれたり。
このアルミのお皿がまた渋いですわ、酔ってうっかり八兵衛でも割れないし。
近くに不届き者がいたら、お皿を投げて武器にもなるし。串かつレッド。
b0089578_22563254.jpg
蓮根、牛、うずら、キス
衣が割りと軽めなのでもたれなくて食べやすいかも、サクサクで美味しい。
この時、若鶏は食べなかったのだけど、後から聞いた話だと中にカレーが入ってるらしい。
そ、そんな芸コマな・・・カレー星人として食べられなかったの不覚っ!!

お昼前だったので、朝ごはんのデザートかランチ前の前菜か微妙なところ。。

おっさん魂ゾッコンLOVEですが、串かつ脂とカレー臭を漂わせながらも
ちゃんとこの後オペーク大阪を見に行くあたり女心は土俵際でも残っているというか。
でも、見ていただけだけど・・・・コスメティックコーナーだとグロスいらず。

つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-10-04 01:45 | 大阪 | Trackback | Comments(22)

大阪(上本町):どんどん(お食事・酒処)

b0089578_14594032.jpg
焼肉宴会後、次もいくぞとプリーズプリーズテルミーナウ!←デュランデュラン
上本町駅傍にあるハイハイタウンは地下1階から3階まで食・買・遊のアミューズメントビル。
その中でもフードエリアは居酒屋、ラーメン、食堂、喫茶と豊富でえらび放題。
このビル1つでハシゴ車ぐるぐるまわせちゃうので、サラリーマン危険地帯(私に?)

どうやら皆様、大量肉摂取の後であっさりしたものが食べたいご様子。
地下にもぐって気軽そうな居酒屋「どんどん」にどんどんご入店。
b0089578_14595645.jpg
とりあえずカンパーーイ!!さて、メニューのとりあえずは!?
どうもアロハちゃん達は、たこ焼き&ホルモン後遺症であまり食欲がないご様子っ。
というか、膨満感殺人事件で殺す気かっ!!だが頼むっ。
一応、4人で好きなもの1品づつ注文することで平和協定。
b0089578_1501163.jpg
鯖のきずし(長靴セレクト)
概して西日本で「きずし」、東日本で「しめさば」と言うらしい。
しめサヴァー!!!!は私も大好き(意味なく興奮)
お腹が膨れている時でも酸味のあるものだとさっくり口に入るのが不思議。
b0089578_1502613.jpg
イカげそ焼き(アロ夫さんセレクト)
これもイカの部分ではゲソが特に好きな私の心を鷲づかみ。
もうワサビ・カラシ以外はなんでも大好き!と言いかねそうなフード界のプレイガール。
ちなみにうちの母親は「イカで始まり、イカで終わる」という格言を持ち、
お寿司を食べにいってもイカばかり食べてるというほどのイカ好き。
b0089578_1504118.jpg
つくね(アロハちゃんセレクト)
すみません、さっきあっさりしたものが食べたいとおっさっていたのは誰?
密かになかなか減らない4品のフィニッシュを手伝っていたのは殆ど私。
胃袋のサイヤング賞狙ってます。
b0089578_1505673.jpg
ダシ巻き玉子(私のセレクト)

居酒屋でメニューにあると大概注文してしまう出し巻き玉子。
自分で上手い出し巻き玉子を作るにはまだ研究中。

このお店では食べ物よりもお酒!会話!がどんどん弾みました。
アロ夫さんと長靴はずいぶんお酒を飲んでいたのでは!?
会話は酔っ払っていたので記憶はニュートラル。

それにしてもアロ夫さん、その雰囲気のせいか頭にねじりハチマキをしていても
結構どうでもいい格好をしていてもカッコイイ←ほめてるのか!!ほめてます。

別れた後から長靴が「打倒!アロ夫」とか言い出す始末。
野球小僧か!どう打倒するのか!

「まずは眼鏡から」、とかなんとかと申しております。
特に「眼鏡男子萌え」ではない私だけど、眼鏡で人の印象が変わるのも事実。
アロ夫さんのように格好よく変わるのだろうか?
少なくとも「怒るでしかし!」風の眼鏡はノーサンキュー。
ちなみに私は裸眼レディー。

喋って笑って笑った酔っ払い4人組は上本町でお別れ。
すっごくお世話になりっぱなしの1日、とてもとても楽しかったです。ありがとう!!
ハナちゃんにもよろしくね。

2日目終了と行きたいところだけど、まだ続く。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-09-28 07:30 | 大阪 | Trackback | Comments(26)

京都(京都駅):八丁味處 串の坊(串かつ)

b0089578_0141117.jpg
京都出張中、お帰り前の最後のランチは京都駅で。
本当はめちゃ旨いというお勧めのラーメン屋が頭にあったが、時間がないと却下!
ま、京都駅の却下店(百貨店)・・ぷっ でお土産も買わないとだしね。
The CUBEにはお土産、お疲れサマンサなどファッションストリートもある京都駅ビル専門店街。
11階のレストラン街へ向かうのが思考力停止状態でも楽ちん。

京風イタリアン、京風スパゲティーでもいいな~と思っていたが、
真の親父魂が備わっている者ならば昼間からでも酒が飲みたいものである。な意向で、
八丁味處 串の坊 京都駅店~The CUBE~
大阪ミナミの法善寺横町で約半世紀営業しているお店。
串カツ!!大阪まいどっ。でも、付き出しは生の九条ネギ。ネギラバーには嬉しい。
b0089578_0142254.jpg
鳥獣菜魚貝實、いろんな串かつ約30種をつぎつぎ揚げていくというおまかせコースを選択。
好きなところで止めていいというおまかせコースは何が出てくるか楽しいようで非常に危険!
お前いい加減にしとけや!という後ろから頭をはたいてくれる人がいないと、
エンドレスで食べてしまいそうな赤坂ちゃんモード。
b0089578_0143196.jpg
牛ヒレ→芝海老紫蘇巻→シイタケ→つぶ貝→ピーマン→すなずり→山芋→カニ身の包み焼き→手羽先→活車海老・・・・・以下まだ続く。
30種類あるのなら、全部食べてみたいのがアイアンストマックの心得というか、憧れ。
でも、隣の親父群は全部揚げってのはつらいな・・と途中からギブアップ宣言。
まだまだだな・・と心の中でジョジョ的につぶやくも、30本など先にお財布がギブアップ宣言。

そして上司よりもぶっちぎりの差で大量に食べるほど、図々しいOLではありません。
一応、ここはおごりだったので・・・せいぜいキッチンユキのトッピングぐらいなら許されるかと。
b0089578_0144371.jpg
この辺で勘弁しといてやるわ!と強引にお茶とお茶菓子の画像。
食べた串カツは全部載せてないけど同じような画像だからいいや。
何本食べたかはちょっとミラクルゾーン。←上司よりも多く食べたか疑惑。

b0089578_0145382.jpgお土産探しコースとして京都タワーの1階にも。
大昔からの修学旅行生なんかに定番の品がてんこ盛り。

ここで、私が狙っていたのが京都タワーのキャラクターのたわわちゃん
思わずヨダレを落書きしたくなるようなポカーンとした口と、えもしれぬような脱力系な雰囲気がマイハートを直撃サプライズ!
ちょっと「たわば!」と間違えそうな名前もグッド。

京都ブロードタワーには動くたわわちゃんの姿も見られて非常にラブリー。いいなぁ・・京都市民、私もたわわちゃんとハグしたい。
結構な大きさだったので、ボストンバックにはみ出しまくりで顔一つ出しながら汽車で帰ってきたチャームポイント。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-06-01 12:31 | 京都 | Trackback | Comments(39)

京都(下京区西木屋町):葱や平吉(ネギ料理)

b0089578_22174047.jpg
うっかり八兵衛でラム料理の店に片足突っ込んでいたのを引き抜いて、
飯・本・番な店な時間帯になったのでお店に移動しました。葱や平吉(高瀬川店)
ネギがメニューの主役に躍り出ている料理屋さん。やっぱり京都は九条ネギだから!
と思っていったけど、東京にもお店が何軒もあるのを記事書いてる途中で知ったり。
でも、ネギまみれになるために行ったのだから、それでよし。

お店の前にディスプレイとして置かれているネギは本物。
お店の在庫がなくなったら使うのかしらん?飾りじゃないのよ、野菜は、フッフ~♪
b0089578_22175584.jpg
いきなりの付き出しはマスに入ったネギてんこ盛り。4人で行って、これは2人分の量。
何にでもネギをかけ放題、ネギ放題。
b0089578_2218583.jpg
ネギの黒焼き(軟白ねぎ・北海道)
最初に何も知らずに黒焼きを二つ注文したら、ネギだらけになりますよ~
とアドバイスをいただいたので、まず一つ。
群馬の下仁田ネギ、茨城の赤ネギはお声がかかって、すでに売切れ。
柔らかく甘いネギに味噌をつけたり、付き出しのネギかけたり。
b0089578_22181782.jpg
ねぎ入りだしまき玉子
コレガ大好きだし巻き玉子!すでに最初からネギがかかっているけど、
玉子が見えないほど付き出しのネギを更に上からかけたりしてネギ地獄に。
これだけ、ネギが沢山あると何にでもかけたりして、ネタが満載。これぞ万能ネギ。
b0089578_22182826.jpg
せせりとネギのにんにく炒め
かける必要のないほど、最初からかけられているネギ!
ニンニクとネギがとっても口の中でよい香り・・・ん?
この辺りから、婦女子の息とは思えないほど、口がネギ臭い予感。
明日も絶対にネギ臭いオーラが漂っているような悪寒。
b0089578_22183970.jpg
砂ずり、つくね
そうそうお酒にはネギ焼酎というものもあったので、ここはやはり注文。
付き出しのネギが減らないので、焼酎の中にネギを入れちゃえ!とばかりにネギ割りに。
普通のつくねにもネギのシャワーで使用前、使用後。
酔ってきて、ネギの臭いも大ジョブ、グッジョブ。←気が大きくなるのはいつも通り。
b0089578_22185358.jpg
やわらか豚の黒酢仕立て
少し甘めの黒酢仕立ての豚肉は柔らかく、とっても美味しい。
これにももれなくネギシャワー。

オヤジーズに囲まれているせいか、親父ギャグの応酬になるカウンター。
最後の会計はネギるしかないな!

ネギバウアー!(意味不明)

ネギーエンディング、スト~リ~♪と、私もだんだん酔ってきて親父魂がチラリズム。

次の日も仕事がある身なのですが、ゆっくり食べて今日の疲れをネギらいたいわ。

変なギャグで知恵熱を出しながら、まだ続く・・・
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-05-22 12:26 | 京都 | Trackback | Comments(46)

金沢(大野):弁吉(居酒屋)→ロイヤルハワイアンテーブル(カフェ)

b0089578_20591560.jpg
※この記事のみ全編カニ語にてお伝えします。(カニ語はノンフィクション、週間実録)

2月下旬、だるまちゃんスピコちゃん味噌ちゃんBOWちゃんと、
ズワイ蟹を食べるために「居酒屋・弁吉」に行ったカニ。
なんと、茹でたてアツアツの「ズワイガニ」が食べ放題ガニよ!もちろん、生のカニ。
ずわいがには福井では越前蟹、山陰では松葉蟹とも呼ばれるカニ。

私たちが選んだコース↓
Aコース ゆでがに食べ放題 (ごはん、おみそ汁、お香もの付) :3990円
茹でたカニをひたすら食べまくるコース。
炭火で焼く「焼きがに」コースなんてのもあるカニよ。
b0089578_20592645.jpg
ちょうどこの時期、豹柄のトリコロールになっていた私は、集めていた豹柄グッズを披露。
アデージョの洗礼を受けさせるため、皆にも豹柄タオルを配布。
皆「いつも何か貰って悪いカニィ~」
私「78円のウィング価格だから気にしないでカニ」
b0089578_20593544.jpg
お店は満席で忙しいのか、なかなか茹でカニが運ばれてこないカニ。
腹が減ると短気になる乙女たちは、テーブルのグッスで気を紛らわせる。
確か「早くもってこいやぁ~」とBOWちゃんがヤ○ザ口調でつぶやいていた記憶があるカニ。
b0089578_20594578.jpg
き、きたぁ~将棋倒し状態のカニパラダイス!!
カ、カ、カニパラ、カニパラ 
この豪快な盛りに気分も愉快痛快だカニ。
b0089578_210407.jpg
ほっかほか茹でたてのズワイガニは蟹酢はつけずに、塩茹でしてあるそのままで食べるカニ。
普段、私が家で食べているのは香箱ガニのメスで、玉子とか入っていて美味しいけど
小ぶりなので、ズワイガニ(オス)ともなると迫力満点。

なんだか甘みがあって美味しいカニ~、どうやって割るカニ~?、セレブな割り方はこうカニ。
蟹を食べる時は無口になるのが定説だが、皆何故か黙っちゃいないカニよ。

ごはん、おみそ汁、お香ものが運ばれてきたので、「ご飯も食べ放題カニ?」と聞くと
「違います」とあっさり返されたカニ。欲たましい団体の証明だカニ。
b0089578_2111992.jpg
食べ放題なのでもちろん追加!どんどん追加!
手がカニ臭くなろうが、カニの身があちこち飛ぼうがお構いなし、ひたすら食うカニ!
ひたすら意識はカニに集中、もう何も聞こえないカニ。

BOWちゃんが足が痺れて動けなくなるが、しらんぷりカニ。
味噌ちゃんが口の中切ったカニィ~と騒ごうが、「そうカニ、大変カニ」
と気持ちがまるで入ってないカニ。マヤが見たらどう思うかしら・・(by ガラスの仮面

あまりの旨さに「美味いカニ~」とナチュラルなカニ語が連発。
それ以後、カニ語一直線。(このあたりからノンフィクションカニ語)
b0089578_2113397.jpg
蟹の身とカニミソをご飯の上にのせてカニメシ!いやぁ~贅沢だカニ~。
今まで、カニミソなんてそんなに魅力を感じなかったカニなんだけど、
ほんのり塩加減が効いた温かいカニミソがこんなに美味しいなんて~目から甲羅!

カニは大きいし時間と手間がかかるので、もたもたしているとお腹が膨れてくるカニ。
この店で女性の最高は4ハイなんだけど、だるまちゃんと私は4ハイ食べたカニよ。
今度は5ハイ食べて最高記録を塗り返したいカニィ~~。

満腹になったので帰るために立ち上がると、机や座布団にカニの身が飛び散ってる!
この店では思い切り食べ散らかすのがルール(ホント)。置き土産だカニ。

レジでうっかりカニ語で「美味しかったカニーー!」と、おばちゃんに話しかけたら、
なんとカニ語で返された!カニも最高なら、おばちゃんも最高だカニ!
b0089578_2123622.jpg
カニから人間に戻って、ロイヤルハワイアンテーブルでトロピカーナな乙女の時間。
私はドリンクとアボカドアイス、何故かキュウリのような味!?

ハワイアンな雰囲気の中まったりと閉店近くまで、喋りこんでいたカニよ・・おっとと。。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-04-11 02:45 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(42)

大阪(難波):ケラケラ(ビアレストラン)

b0089578_1384269.jpg
洋食、うどん、たこ焼きと、食べるものてんこ盛りの千日前だけど、作る前には道具から。
食文化の明日を想像する千日前道具屋筋商店街でショッピング。
たこ焼き屋が始められそうな本格的機材に目を奪われつつも購入したのは意外とノーマル。

この皿にピッタリのサイズのキャベ焼きをのせたいシンデレラの靴気分。
後、泊まったホテルで朝コーヒーが入れられていたステンレスサーバーに一目ぼれ。
家でもコーヒーを何杯分も部屋に持っていけたらな~と思って購入したけど、
部屋にツマミが転がっているからか、焼酎のお湯割りが頭からイメージとして離れない。


お土産を買いながら午後が過ぎて行き、ちょうどお茶の時間近く、大阪に着いてすぐから、
ありがたいよってけ屋メールを頂いていた「感謝の日記」のアロハさん
ちょうどご夫婦で難波で歌舞伎鑑賞ということで、終わった後に会うことに。

待ち合わせ場所は「くいだおれ人形の前で」、と事前に連絡しあってたのだけど、
時間が空いたので、おお!そうだ、歌舞伎が終わって出てくるアロハさんを入り口で待とう!
と思い、歌舞伎座の前に陣取ってわくわく体勢。(ここで気付く人もいるかも)。

でも、いっくら待っても人は出てこないので、不安なり子になり係員の人に聞くと
すでに昼の部は終わってますと、なんですと。
すぐさま、アロハさんに「今、歌舞伎座の前で待ってるんだけどー!」と電話すると、

「歌舞伎座で歌舞伎はしないよ。歌舞伎は松竹座だよ」
ガーーーーーーン!!
歌舞伎→歌舞伎座のイメージがあったけど、関西では松竹座なのね。。
歌舞伎座では、天道よしみショーとか、梅沢富美男 「夢芝居」 とかそちら系。
気をつかったつもりが、思い切り田舎者~愚か者~♪(by マッチ)

しかも、最初の待ち合わせ場所の「くいだおれ人形」、松竹座のすぐ傍。
ひぇっ!アホですみませーーん!男ドアホウ甲子園並み。
アロハさんたち、すぐさま急いで歌舞伎座に来てくれました。
↑しかも歌舞伎座にこさせている!松竹座の場所わからなかったので・・・。
b0089578_1385865.jpg
さて、2ペア揃ったところでブリリアントなお茶かしら?と思ったら、ビールか何か飲みたいよね!
といきなり難波地下街にあるビアホール「ケラケラ」へ。
どれだけここのメンバー酒飲みなのか。私は乙女酒好きだから~ちょっと別ね(立派な酒)。
といいつつ、飲むなら飲むでと、何杯も飲んで真っ赤なゆでタコ状態。
アロハちゃんも乙女酒でビアホールに咲くビューティーペア。
わたし~からっあな~たへっ♪箸が飛び交うオツマミはやや控えめ(写真はシメサバ)。
b0089578_1391394.jpg
クリームチーズ&たくわん、オイルサーディン
たくわんにクリームチーズって今まで違うタイプと思っていた人が運命の人?未知との遭遇。
アロハさんは大人の遠足京都ツアーで会って、それ以来。
前と変わらず、普通に喋ることが面白い色白のあったかい人。
だんな様は穏やかそ~な顔をしているのにポツリ出る一言がこれまた面白くて。
最初のキンチョールはどこへやら、わいわいと盛り上がりました。
b0089578_1392815.jpg
アロハちゃんお土産手帳その1:備前焼のぐい飲みと一輪挿し。
ぐい飲みって言うにはえらいドデカイんだけど・・・・お茶碗かと思ったわ。
遠近法で写せば、オチョコととっくりに見せれなくもないかも。
誕生日を迎えてアデージョになった私にぴったりの渋いお品、ありがとーー!
b0089578_1394135.jpg
アロハちゃんからお土産手帳その2:手作りのバッチ2個。
えぇっ!これ手作り!?驚き。形取って掘るの大変だったろうなぁー。
アロハちゃん毎朝のシンボル、梅干しのせご飯&ギターのバッチ。
アロハちゃん曰くおっぱい飯・・・って、私が言っていたのかしらっ!!
とにかく心のこもった嬉しい贈り物いただき感謝感謝です。

そうそう、ビアホールを出る時にメンズ2人がトイレに行く際にアロハちゃんがかけた言葉
「はよ、トイレにいっトイレ!」はすでに心のベストテン入り。
日々の使いまわしヘビーローテーション。

短い時間だったけど、非常に楽しく過ごせました~see you again!
次、ご夫婦で金沢来訪の折には、パレード用意しますよ。
b0089578_1395491.jpg
さて、長い大阪旅行も終わりの列車の中は最後の宴会。
デパ地下で買ってきたのは大阪郷愁の思いの串カツ。後、何かサラダ。
b0089578_140975.jpg
前も買ったと思うけど、すぐ場所を忘れる寿司ロールのお店。
サーモンとか鶏肉とか変わり寿司が面白くて美味しいの。
満腹中枢とお酒と旅の疲れが一気にミックスされて、列車で爆睡モードに。

そんなこんなでやっと長い大阪の旅も終了です。

まだある↓
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-03-05 06:50 | 大阪 | Trackback | Comments(32)

大阪(大正):松栄(串かつ・どて焼き)、まぐろの広政(まぐろ)

b0089578_2382642.jpg
平尾からバスでJR大正駅まで逆戻り。お次は大正駅のガード下で。
ガード下と聞くと血湧き肉踊るのは何故?幼児の頃テーブルの下に潜るのが好きだったから?
さらに前に食べた紅ショウガが歯に挟まったままだったりしてガードは甘いの。

さっそく古そうで雰囲気たっぷりの串カツ「まつえ」を発見。
でも、ここは閉まっているみたいで、すぐ隣の松栄が本当の店らしい。
なんだかオシャレだよ?女の子が多いよ?(お前は何者?)
串かつ・どて焼き=古汚いと言うイメージがあったので、少しきょどる。
b0089578_238389.jpg
どて焼き
まずは一番のお勧めのどて焼き。こってりした味わいで食欲倍増マッスル。
牛すじを白味噌で煮込んだもの。名古屋のどて煮とはまた違った味でうんまい。
b0089578_2384779.jpg
串カツ(かつ、若鶏、海老、半熟玉子)
植物油で揚げてあるらしく、さっくさくな揚げ方がナイス。
半熟玉子の黄身がとろ~っと出てくるので、こぼさないように注意するのが大変。
口の周りに黄身をつけて、ピヨコッと寒いギャグで串かつの熱さを半減。
b0089578_2385971.jpg
にんにく丸あげ、貝柱・蓮根
ハードな日程を保つために、ニンニクで生かされているといっても過言ではないこの体。

このお店、どて焼き・串かつを看板に掲げているけど、普通の居酒屋メニューやオサレメニューも多いし、お店は新しいし女性客が多いし、何たってBGMがジャズ!
演歌の世界からやってきたツレ(長靴)にはこの串かつワールドに納得いかない感じ?
というか肩身が狭いのかしら。
でも、他のメニューは食べてないけど、串かつは軽い口当たりでとっても好きな方。

私は以前、暗青い部屋でトランスがかかる超うるさいインド料理屋でも平気だったので、
なんでも大丈夫。むしろ、変な方向に惹かれるかも。

私がお店をするなら、ハイカロリーなメニューが揃ったスカタンバー?
BGMはディープハウス、でもビデオはUKニューウェーヴ、たまに筋肉少女帯。
お客はダジャレを一つ言わないと帰れません。
b0089578_2391466.jpg
串かつ屋さんを出た私たち、同じくガード下にある2、3軒お隣のお店が実は串かつ屋さんに入る前から気になる木。気になる木の根っこが食いついて離れなかったらしく、そのまま吸い込まれるようにお店へと。
「まぐろの広政」は、魔法のレストランにも載った結構知られたお店だったみたい。
がらりと開けると背広を着たサラリーマンの憩いの場。琴欧州などサインも多数。
b0089578_2392535.jpg
まぐろのたたき
炙ったマグロをポン酢でさっぱりいただいて、よいお酒のつまみに。
まぐろステーキや、赤身、まぐろもやしなど、まぐろ料理が沢山あります。
b0089578_2393398.jpg
中トロ
中とろだけど、すっごく脂がのってる大きな切り身。
まぐろがお口の中でトロトロ、お父さんはお部屋でゴロゴロ。
b0089578_2394185.jpg
生うにいくら
軍艦巻きのはずなんだけど、お皿の上に広がるいくらとウニの座布団にしか見えない。
一枚一枚ウニをはがしながら、寿司飯を探す旅。うーん、食べ応え充分。

ツレは、このままネクタイを頭に巻いてホテルに帰りたい気分だっただろうけど、
私は親父の海から抜け出して、一気にムードのあるシンデレラに駆け上がりたい気分だったので、まだまだハシゴ車を回す予定。
ムード歌謡でもなく、お酒飲みすぎで死んでレラでもなく(突っ込まれる前に書いておく)。

つづく。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-02-21 02:49 | 大阪 | Trackback | Comments(38)

金沢(片町):相撲茶屋・玄海(居酒屋・ちゃんこ)

b0089578_284998.jpg
1月中旬に私にとってまた新たなる出会いとなるオフ会に行ってきました。
この日のメンバーは通称チーム金沢(チーママちゃうよ)のうちの4人。
「まんてんな日々」のだるまちゃん
「Il mio diario」のスピコちゃん
「happy☆」のhapihapibeeちゃんこと味噌汁隊長さま
「53BOWWOW53」のBOWWOWさん

だるまちゃんが指定してきたお店は相撲茶屋・玄海
相撲茶屋なのでイメージするものは「ちゃんこ」
いきなりのオフ会で、相撲茶屋とは、何気に挑戦状を叩きつけているのかしら!?
玄海で胃袋の限界に挑戦!?食欲でうっちゃりを決めるわ。

そして4人はすでに顔見知りで私だけ全員と初対面。
どっきどき、フィーリングカップル4対1。
私って小動物のように大人しいから、茶屋八分になったらどーしよう・・・といらぬ心配
おそるおそる忍び足で近づいていってファーストコンタクト。
わーひゃーなど感激しているのか声にならない声など出して、一同机に着席。

あん肝、うなぎ、蓮根の天ぷら、海老マヨ
この日は事情により腰痛だったが、食欲はあるので、いただかせてもらいます!!
うなぎが大好きなのは、だるまちゃんとBOWWOWさん。
b0089578_29050.jpg
お刺身:しめさば、ブリ、イカ、ヒラメ、マグロ・・だっけ?(テキトー)
このお店はちゃんこ以外にいろんな居酒屋メニューがあるのがいいところ。

だるまちゃんは、お目目パッチリのお人形さんみたく美人さん。
よく食べるらしく、細いのに一体どこに入っていくのだろう。。
それにかわいい顔をして時々ツボに入る面白いことを言う。

スピコちゃんは、すーーっごくブログが面白くて、いつも「おら」って言ってるから
少し吉幾三っぽくて東京に憧れが?(ウソ)とか、ちょっとカジュアルチックでハイパーな
女の子かと思っていたら、アダルティックで驚いた。。。
「おら」って言わないし・・私が目指しているアデージョの雰囲気をしていた。
しかし、口から出てくるのは面白い言葉にテンションもハイパー。

味噌汁隊長はhapihapibeeというIDがあるのに、何故そんな名前なのか。
どうやらお味噌汁が大好きだかららしい。
実は味噌汁のソムリエかもしれない(テキトー)
ほわほわっとした可愛らしい女の子でした。

BOWWOWさんはハッキリしたお顔に山登りが趣味という通り、ワイルダーなお方。
登山山頂で「命!」とかやってしまう面白げな人です。
私はピエールマルコリーニの前で命やりましたので、タメはれますか?
b0089578_29942.jpg
白子、三元豚の焼豚
普通、白子は酢の物で食べることが多いけど、ここは生!生!生!生!!
いや酢の物も生だけど・・・そのままを塩で付けて食べるのがなんとなく新鮮。
うっすらピンクが、なんとなく18歳未満お断りの装い。

んで・・・私のイメージですが。
ファンキーな感じのいかつい人(スピコ予想図)からは少し外れていたらしい。
シロばかり食べているので、ホルモンむんむんらしいです!

ちょうどこの2日ほど前に、正月にもっちりついた脂肪を除去するぜ
と、ハリキリマシーンで、ステップを頑張ったところ、腰痛になってしまった。
何度も立ち上がる時にひじがプルプルいってるのが情けない。。。
ちょっと・・・いつも大人しいですが!!それよりも痛くて元気がでなくて・・大人しっ子。
b0089578_291717.jpg
かち上げちゃんこ(ピリ辛味)
コチュジャンが入ってややピリ辛のちゃんこ。
モチ巾着、鶏肉、豚肉、海老・イカ真蒸など、塩味もだいたい中身は同じ。

スピコちゃんはこの日のためにエステに行って、女を磨いてきたのだという。
コンパかよ!とちょっと突っ込んだ私は、11月から美容院に行ってない状態。
私もこの日のためにバーゲン品で上から下までそろえてきました!
と自慢にもならない妙な意地を披露。
b0089578_292697.jpg
ちゃんこ鍋(塩味)

途中、ジム通いの私とBOWWOWさん、だるまちゃんの間でジム話に花が咲く。
コンバットという格闘技系のプログラムに力を入れているBOWWOWさん。
さすがなんとなくワイルダー、キカイダーの敵役はワルダー。

私は、コンバットだととび蹴りで、前の人を蹴りかねないので、あんまり出ていないの。
前の人を蹴りたくなる!!・・・のではなく、間がとれないというだけ。
b0089578_20381363.jpg
BOWWOWさんのお土産のRLワッフル。
実にいろんな種類があるので、全員でじゃんけんをして選ぶことに。
今日のじゃんけん予想図は、特撮のザコキャラ並みに弱かったので、
ことごとく負けて、最後に残ったものを頂きました。でも美味しかったですよ!

右側はスピコちゃんと味噌汁隊長による大好きなサンニコラの焼き菓子。
これは私への献上品だそうです。
b0089578_20385462.jpg
だるまちゃんのお土産「手作りのステンドグラスの小物入れ」
ステンドグラス製作は私はまったく未知。おぉ、すごいわ!!
「当然、溶接眼鏡をしてズゴーッ、バーッ!と火花を出してファイヤーしてきたのね」
と何度も激しく突っ込む私に、「そうですよー」うなづくしかなかっただるまちゃん。
b0089578_295894.jpg
私の手土産はもちろん「スカタンだよ、コサージュ全員集合!」
一応、誰にどれが渡っても文句がなきように、無難な色で作ったつもり。
ひき肉コサージュが混ざってるじゃん!というツッコミ不要。
なんたって、味噌汁隊長はピンクが似合ってる乙女だったけど、
実はこれが欲しかったらしいし。
味噌汁のオカズにはやっぱりひき肉ね!と思ってたのかも。

腰痛のため、何度も「すみません今日は猫50匹ぐらいかぶってます」と謝っていた私。
このリベンジは次でお見舞いするわよーっと、次の飲み会をすぐに予約いたしました。

なかなか騒いだらとことんまで右上がりな団体かもしれません。
初対面なのに楽しく受け入れてくれてありがたかったです、ありがとう!
余韻を残しつつ、今回は終わりました。

先週のとある方からのお土産
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-02-03 20:54 | 石川(金沢) | Trackback(4) | Comments(36)

金沢(橋場町):真味(居酒屋)

夕方、夜ごはん前にハムと浅野川の河原をたらたら歩いていると、
鴨が何羽か飛来してきて水辺にちゃっぷん。

ハムは鳥が大好きな鳥オタなので、すぐさま写真を撮ろうとカメラをかまえる。
なんの変哲もないデジカメだけど、狙う目だけはレースクイーンを撮るような萌え目になっていた。

鴨を撮ってムッフーとなったところで、浅野川の川沿いにある真味へ。
ここはブログを始める前から時々食べに行っている常連的なお店。
奇をてらったものはないけれど、和風の作りで落ち着くし、気軽な値段だし、なかなか美味しい。
着物をきた女将さんも気さくで毎日通える居酒屋さん。
スポンサーである長靴が到着して、3人で宴会の始まり!
b0089578_1552948.jpg
お造り盛り合わせ
甘エビ、平目、かんぱち、まぐろ、しめさば
肉星人だけどお魚も大好きです。かんぱち、〆サバが旨味ぃ~。

お盆に行ってきた浜松・浜名湖の旅についていろいろ語っていると、ハムが物凄く羨ましがる。
犬、ハムスターは好きなのはもちろんこの日を境に?
目指せ新沼謙治をスローガンにハト&鳥族を愛する女になったハム。
私たちが行った掛川花鳥園は彼女が死ぬまでに一度は行きたい場所なのだ。

「じゃあ、今度一緒に行こうよ!」と言うもなかなか仕事を休む暇がないのであったが、
何か理由つけて休んで行こうね、と言ったお互いの目の奥に邪悪な光が見えたような。
インコに引っかかれて傷だらけになった腕の理由も、財産の骨肉の争いで・・とか。
b0089578_15522176.jpg
たこ酢、真味サラダ、手羽ギョーザ、串(シロ、豚タン、砂肝)
必ず頼む串はやはりシロを食べなきゃ始まらない。
手羽ギョウザも好きなメニュー。

この日の話題はハンカチ王子について。甲子園で優勝して、まだ騒がれホヤホヤの時です。
とは言っても、私は濃ゆいメンズ、ハムはメガネ男子が好み。
「カツカレー大盛りとは言わないタイプではないかな~」
「いやいや、トイレットペーパーを三つ折りするタイプ」
と冷静に面白がって分析することにとどまっていたけど。
b0089578_1552294.jpg
むつ西京焼き
うわ~むつが脂がのっていて激ウマ。 むつ最強焼き
酔ってくると心根が正直に出るもんですわ。殆ど独り占めのように食べていたかも。
しかしウマーウマーばかり言ってる私って・・。

そして、最初は少し遠慮しながらビール頂きますと言っていたハムも
じょじょに酔ってくると、注文した日本酒を手酌で独り占めするように。きたよ・・。
b0089578_15523782.jpg
タコから揚げ、はたはた?、シロ!!!、焼きオニギリ、茶そば
タコが大好きな私の涙のリクエストに〆はやっぱりシロで終わる。
今回はハシゴもせずここでフィナーレを迎えました。

さて、気心もしれた仲だと酔っ払い最強アホMAXになっても別に驚きはしません。
過去の数々の伝説もあるし、酔っ払い姿も見慣れているもの。

河原に降りて、ボンボン!バカボン!バカボンボン!とバカボンの歌を歌う私。
バカはお前だという事を証明しました。

一方のハム、かなり酔っ払っていたのでタクシーに押し込んだ時に
スポンサー長靴が、タクシー代をハムの手に握らせたのだけど、
どうやら、酔っ払い特有の握力低下と記憶喪失で、タクシーの中に落としてしまったらしい。
運ちゃんに小遣いをやってしまったと後で嘆いていたわー。

お互いバカボンボンでしたが、思い出はそれなりに微笑ましく残るのです。

今日の出来事↓
[PR]
by sukatan_queen55 | 2006-09-16 06:17 | 石川(金沢) | Trackback(1) | Comments(38)

静岡(浜松):大樹(焼き鳥)、きん魚(創作七厘料理)、大王(中華)

浜松2日目の夜ごはん
b0089578_233022.jpg
さて、掛川花鳥園でたっぷり遊んだ後の夜ご飯。
でも、この時期はちょうどお盆と重なってお休みの店がちらほら。
事前に調べていったお店が2軒ともお休みでショック。

その近くに偶然!美味しそうな焼き鳥屋さんを見つけたので、偶然!入ってみた。
また焼き鳥かよ!!というか、鳥の後に鶏かよ!!!という突っ込みを先に打っておく。
これじゃ鳥のカタキと襲撃を受けて、流血するのも無理はないわ。
(ちなみにふられた1軒目も焼き鳥屋ではあったが)

「大樹」静岡県浜松市田町331-9 (053-452-3501)

鶏刺し(付き出し)、白もつ、ハツ、砂ぎも
ここではシロは白もつと言うらしい。うーん、シロレンジャーからすると普通かなぁ・・。
でも、砂ぎもとか歯ざわりが旨い。
b0089578_2330107.jpg
ぼんじり、うずら卵、つくね棒(ナンコツいり)、手羽ぎょうざ
ぼんじりがプリプリでウマー!つくね棒もナンコツが入っているので歯ごたえあり。
黄身ダレが美味しくって、うずら卵にからめて食べたり(ダブル卵?)、
キャベツにぬりぬりして食べていた。お皿空だけど、持っていかせないぜぇ~。

手羽ギョーザを初めて食べたのは22歳の頃、あの頃はなんてアイディア料理なのかと思っていた。あの時からファンだったよ手羽ギョー、愛しているよ手羽ギョー。
b0089578_2330177.jpg
ダチョウの刺身
浜松でこれで何回目?初めてシリーズ。今度はダチョウ。
お刺身はまったく臭みがなく食べやすい・・・そういえば鳥じゃん!と思ったら違和感がない。
ニンニクをつけて食べるのだけど、これがまた非乙女の息を誘う。

ものすごく繁盛しているようで、バイトのおにいちゃん、親父さんも忙しそうだった。
一息ついたところで、親父さんがバイトのおにいちゃんに焼き鳥が入った包みを渡していた。
きっと、「帰ったら、これで一杯飲めや」という親父の心づくし澪づくし。
おやっさん!バイトォ!とちょっと感動うるってしまったわ←妄想
b0089578_23302499.jpg
2軒目は創作七厘料理のきん魚
幻の魚、青森のイトウ、沖縄のグルクン、福井のヘシコなど珍しい素材やオリジナル料理が味わえるお店。沖縄料理が得意。お店は新しくオシャレで微妙な灯り加減がよい雰囲気。

伊良湖岬の大あさり、イトウ、タマン、サンマのお刺身
イトウと言えばイトウタケシにタマンサタパサ?聞いたことない魚だわ~。
イトウはあっさりしたお味、タマンはもう味覚えてない・・サンマの刺身は脂がのって激ウマ!
伊良湖岬は翌日行ったけど、これがまたはまぐりかと思うような大あさりだった。
b0089578_23303229.jpg
ジーマーシー豆腐(ピーナッツ)、焼津の黒はんぺん

黒はんぺんはイワシっぽい香ばしいような?味だった。
焼津にも行きたかったなぁ~今度静岡に行く時は富士宮で焼きそば、マグロを食べまくりたい。
b0089578_23304077.jpg
ワニの網焼きステーキ

ワニ!ワニワニ!これも初体験!!歯ごたえがすごい!
味は豚のような・・鶏のような・・・豚よりクセがなくて鶏よりもクセがあるような・・薄い豚肉!?
結構美味しかったですわ。

ワニと言えば、先日「クロコダイルハンター」と呼ばれていてTVでも活躍していた
スティーブ・ アーウィンさんが撮影中にお亡くなりになったこと、とても哀しいです。
よくディスカバリーチャンネルや世界まるみえで拝見していたのに。
ご冥福を申し上げます。
b0089578_23304835.jpg
あっさりしたものの後は〆!〆が必要!!〆の3軒目。
ガイドブックに載っていたラーメン屋さんと思っていたけど、
その近くに大王という大きな看板の中華料理屋さんを見つけて、
北陸の食い意地&ニコチャン大王としては「大王」の名が気になったので、するりと入りました。

大王 田町323-12(053-458-6755)
店に入ると男・男・男ー・・なちょっと街の中華料理屋さんな店内。
醤油ラーメン、餃子
少しあっさり目のシンプルな醤油ラーメン。あーんど餃子。
b0089578_23305454.jpg
チャーハン
このチャーハンが焼き豚が入っているのでコクが出て私の好みの味。
美味い!!!街の中華料理屋さんもなかなかあなどれないのぅ・・・。
※全部一人で食べてません、シェアしています。

ふふふ・・・またつまらぬ内臓脂肪を増やしてしまった。
「北斗神拳の前には、おまえはただの脂肪の塊にすぎん!」 のセリフが頭にこだまするわ。

2日目オワリ。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2006-09-06 11:55 | 静岡 | Trackback | Comments(32)