タグ:居酒屋・ダイニング ( 171 ) タグの人気記事

金沢:大人の遠足後編:池田町バルバール(バール)、SOUZAI-BAR・しもん(居酒屋&バー)

b0089578_2140968.jpgランチを食べ終わり、桜坂(左)を覘いた後は、またお寺巡りへ。
「大円寺」
ここには有名な人骨地蔵があって、顔や両手両足は無縁仏の砕いた人骨で塗り込められています。
確かに顔や手が白い。
このお寺の住職のお母様がとても洋画に才があって廊下にいろいろ絵を飾られてるのだが、何故かローマ法王とかサイババとかもあったり。
住職が自分には絵の才能がないないと嘆いてましたが、
話の中に必ずオチを入れることから、お笑いの才能はありそうな。
後、異常に愛想のよい犬がいて、名が「ヒデオ」、お・・漢らしい!
ある意味、お寺の名称よりも心に刻まれてしまった。
b0089578_21403382.jpg
その後巡った場所(はまぐり坂を下りながら)
八坂神社:西の芸子さんたちが多く参拝した神社
成学寺:芭蕉の句の碑がある、風神雷神像が素敵(写真)
常徳寺:鐘は初代寒雉の作で、金沢市の指定文化財。
山錦楼:明治28年に創業した、加賀料理が自慢の木造の老舗料亭。(写真)

b0089578_21404112.jpg雨宝院
住職の養子となった室生犀星が幼少を過ごした寺。犀星ゆかりの品々が展示されている。
入り口の上方を見て「金の・・・」と、何かを口走りそうになってやめる。
このお寺は金毘羅さんを祭ってあるので、「金」の印があるらしい。

そして予想通り、近くの生菓子屋が気になってしょうがなかった。饅頭がしょっぱいらしいけど、塩饅頭・・ってことはないでしょうな。
b0089578_21405479.jpg
大蓮寺
利家4女で秀吉の養女になった豪姫の菩提寺と裏道のレリーフ
「豪姫」といえば宮沢りえの映画で名前を知っている人も多いはず。
八丈島に配流された宇喜多秀家と離れて金沢で生涯を閉じた豪姫の墓所は金沢・野田山の墓地に。ここには豪姫と宇喜多秀家の供養塔がある。

今回金沢にいて金沢を知らないふるさと不足な私でしたが、おとなの遠足のお陰で
学術的な勉強と、古きよき町並みのふるさと再発見いたしました。ん~マジメ。
おやつ、おやつばっかり書いてあるのはこれで皆の記憶から遠ざかったでしょう。
b0089578_214118.jpg
後は打ち上げを行うのみ。午後4時過ぎあたり。
chiquitaさんとお別れして、yellow-17gouさんの旦那さまとうさ子さんが参加。
池田町バルバールへ。
スペインのバルとイタリアのバールを掛け合わせたお店は、立ち飲みカウンターもあったり、
居酒屋と食堂と喫茶店を合わせた様な気軽で使いやすい空間。
お昼からワインとつまみでゆるゆる過ごしたい。
手作りの燻製のオツマミたち、手作りのアンチョビの入ったニースサラダ、イワシのフリット、
ピザ、ラタトイユ&鶏のトマト煮込み、チーズの盛り合わせ

白ワインが五臓六腑にしみわたった←酔いの始まり
b0089578_2141838.jpg
2次会はSOUZAI-BAR・しもん

何故かむしょうに甘いものが食べたくなって、ア・イ・ス・ア・イ・スの連呼。
デザートを先に食べるだなんて!と言われましたが欲望のままに食べました。
後で食べたのが、ゴボウチップス、レンコンチップス、ドジョウの唐揚げなど。

初対面の人が多い飲み会は気をつけなければいけないのに、やや飲みすぎたよう。
私は酔っ払うと視界が狭くなり、明るいのに意識レベルは鶏目ゾーン、半径1mあるかないか。
なんだかインド料理とかカレー談義とか、踊るマハラジャとか・・カレーの話ばかり熱く語っていたような気がするけど、かなり覚えてないのが怖い。
ぼ・・暴言とか吐いてなかったかしら・・・・。

なんだか雰囲気がととろに似ている、と言われたのは覚えてる。ほのぼのしているらしい。
自称「ぽわ~ん」と抜けてるところがあるので。
間をとって、マリア・シャラぽわ~んとか呼んでください。(ネタで)

皆様、楽しい会をどうもありがとうございました。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2006-05-28 21:03 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(46)