タグ:居酒屋・ダイニング ( 186 ) タグの人気記事

金沢(橋場町):a.k.a.(くずし割烹・和食ダイニング)

b0089578_11384538.jpg
東山ひがし茶屋街のほど近く、浅野川大橋のたもとに2016年に地域密着型ホテルとしてオープンした
シェア型複合ホテルHATCHi(ハッチ)

お洒落なゲストハウスの1階のグランドフロアは宿泊者だけでなくとも楽しめる造りになっており、
地元で人気のコーヒースタンド「HUM&GO」や北陸のお土産を扱うギフトショップ「[g]ift」、
以前片町でくずし割烹を提供していたお店がハッチで復活した「a.k.a.(アーカ)」 で構成されていますが、
今回はそのa.k.a.さんに久しぶりにお邪魔してきました。

b0089578_11392031.jpg
ギフトショップとコーヒーショップがあるホテルのエントランス奥にある開放的な空間。
夕食メニューは一汁三菜なミニコースからフルコース、グランドコースなどのコース料理と(以前の記事:2016年5月)
アラカルトメニューがあり、どちらも地元の食材を使った旬な和食がいただけるのですが、
前回はコース料理だったので今回は気軽なアラカルトメニューにしました。
b0089578_11385209.jpg
アルコール類は日本海倶楽部の地ビール「奥能登伝説」、ハイディーワイナリーの各種地ワイン、
北陸三県の日本酒各種と地元のお酒を始め、果実酒、焼酎、カクテル、ウイスキーと色々揃っています。

・金澤麦酒生ビール
金沢市で地ビール製造を行っている金澤ブルワリーさんの金澤麦酒生ビール、こちらは8月いっぱいの限定みたいです。
b0089578_13555237.jpg
・すだち酒のロックとお通し
お通しは沢蟹の素揚げ、へた紫茄子の田楽、オクラとベビーコーンのゼリー寄せ。
加賀野菜のへた紫茄子はヘタの下まで紫になるという卵型の小さな茄子。
皮が薄くて身が柔らかい田楽を1口でパクッと。
b0089578_13555851.jpg
・金時草酢物
夏場の地元野菜として独特の風味がある金時草。
火を通すと表面がぬるっとした食感になるのがいつものイメージなんですが、
こちらはぬめりよりシャキッとした食感の方が強くて歯ごたえよく爽やかに食べられました。
添えてあるのは別に味付けしたずいきの酢の物。
b0089578_13560479.jpg
・能登岩ガキ
夏場が旬の能登産岩ガキ、殻も中身も大きくて食べごたえあり!
生のままポン酢でいただきます~~。
今回はお刺身は頼まなかったけど、通常メニューには刺身盛り合わせ、のど黒の一夜干などがありますよ。
b0089578_13560944.jpg
・鮎のコンフィー
外はカリッとして中は身がしっとりとした子持ちの鮎のコンフィー。
これはもしや額賀章夫さんの長角皿かと思ったら当たりでした。
お店で使われているこれら作家さんの器はモダンであるのに
和のテイストにしっくりと合っていてお料理と共に楽しめます。
b0089578_13561408.jpg
夏野菜と能登豚山椒煮
涼やかな器の能登豚の山椒煮にはスイートトマト、オクラ、そうめんカボチャの出汁びたし
b0089578_13561949.jpg
・とうもろこしのかき揚げ
夏らしいとうもろこしのかき揚げ、サクサクなとうもろこし粒粒の食感とフレッシュ甘みをお塩でいただきます。
b0089578_13562463.jpg
・しば田の堅豆腐 薫製漬け
近江町市場の手づくり豆腐屋さん「しば田」さんの堅豆腐を薫製漬けにしたもの。
ねっとりとした食感と味わいはまるでチーズ、お豆腐の風味も残っていて薫製の香り。
お酒のあてにぴったり、ビールやワイン、日本酒と何でも合いそう。
b0089578_13562912.jpg
・能登牛の炙り
お肉の柔らかい部分は肉汁がじゅわっと、山葵の醤油漬けと共に。
b0089578_11385690.jpg
・魚の南蛮漬け
ハイディワイナリーさんの軽やかな赤ワイン、マスカットベリーAをいただいていたので、
まだワインのお供が必要でした、お魚はマリネされて酸味が効いてる。
b0089578_13564194.jpg
・鮎素麺
〆は鮎のコンフィがのった鮎素麺、茗荷や葱、生姜と共に爽やかに。
b0089578_11390276.jpg
・ラベンダーのアイス
河北潟のハーブ農園ペザンさんのラベンダーを使ったラベンダーの香りがするアイス。
酒粕のクッキーとラムレーズンを添えて。

この日は団体の方々でテーブル席は埋まっていましたが、
その後は宿泊客らしき外国人旅行者が食事している姿をチラホラ見かけました。

旬に拘った食材や調味料、お酒などを地元産で揃え、
カジュアルなスタイルで気軽に和食のコースやアラカルトを味わえる和食ダイニング。
朝ごはんも提供しているので(予約制)、旅行者には何かと便利だと思います。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-08-17 23:39 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(野町):居酒屋 わり勘

b0089578_10280396.jpg
話しの始まりはこうだった。

私の職場に仕事に来ていた友人Nと言葉を交わした時、
前々から行きたいと思っていた居酒屋さんの店主が同級生だと言うので、
「連れてって!」この言葉の投げかけが人が転がるように集まったローリング飲み会。

居酒屋を経営している友人N2の定休日目掛けて店主を誘いだし、いつもの仲間たちも集まっての「わり勘」。
北陸鉄道石川線の野町駅からすぐ傍にあるわり勘さんは、昔ながらの大衆居酒屋さん。

ガラッと扉を開けると、カウンターは常連と思われるお客さんでほぼ満席。
カウンター後ろのお座敷もその横のお座敷(私たち)も予約客でいっぱいで大繁盛、平日からこれはすごい!

少し時間をさかのぼると、定休日の友人N2は昼から飲んでおりまして、
「夜もあるから飲み食いしすぎないように!」と釘を刺しておいたんです。

が、フリーだった友人たちは17時半からわり勘さんに集まって飲み食いが始まり
予約時間の19時にはすっかり出来上がった状態のN2がいらっしゃった・・・。

19時スタートの人たちがお店に来て全員揃ったところで改めて乾杯。
b0089578_10283331.jpg
お座敷の壁一面に貼られたメニューの数々、
お刺身、焼き魚、おでん、揚げ物、串料理を始めとした肉料理、鍋、たくさんの〆、
手元にある本日のおススメとメニューが豊富すぎて目が泳ぐ。

テーブルの上にはすでに頼まれていた上しろ生姜焼の残骸があったので1口食べると旨い!
私もこれ最初から食べたかったわ・・・つぶやくシロ星人。
b0089578_10290261.jpg
・串焼ミックス5本
団体だったので何皿か頼んだのですが、牛串・豚串・とり串・しろ串などがランダムで入ってます。
b0089578_10293258.jpg
・出巻玉子
b0089578_10305114.jpg
・ばい貝煮
殻から出してカットしてあるので皆で分けやすくなっていました。
b0089578_10320045.jpg
・お刺身盛り合わせ
全員揃ったら注文しよう、と待ち構えていたお刺身盛り合わせは大皿で。
ここは2階もあり団体客も多く、お刺身も1人前から小・中・大皿と各種あります。
ホタテ、鰆、甘えび、以下、ばい貝、マグロ、タコ~鮪が特に美味しかった♪
b0089578_10301805.jpg
・うなぎ
b0089578_10325548.jpg
・自家製さつま揚げ
友人Nお勧めの自家製さつま揚げ、熱々で噛むとふっくらふわふわで旨し。
b0089578_10333854.jpg
・たこの唐揚げ
唐揚げにレモン絞る派と絞らない派、あなたはどちら?私はレモン好きなので絞る派です。
かける前に一応声掛けはしますけど、わいわいカオス状態になったら自動的にブシューッ
b0089578_10373213.jpg
・いわしのぬた
アルコールはビール、サワー、日本酒、焼酎、ワインなど各種揃ってて
日本酒を頼んだ方々が好きなのはぬた!ちびっとやりたいそうです。
b0089578_10341713.jpg
・手羽ギョーザ
就職したての時に連れていってもらった居酒屋さんで食べた初めての手羽ギョーザ。
それまでチェーン系居酒屋・焼き鳥屋しか経験したことなかった私には、
手羽先の中に餃子の具が詰め込んで揚げてある1品はとても手の込んだ目新しいお料理に見えた。
手羽ギョーザには夢がある!てな訳でこれを頼んだのは私です、やはりいい!

〆のラーメンが食べたかったのですが、先に来た人たちとの温度差と二次会に行くというので食べること敵わず。

私たちが盛り上がっている間もカウンターのお客さんは入れ替わり立ち代わり入ってきて、
シャツ姿のサラリーマンが多くてオヤジたちの聖地である証明。

メニューが豊富でリーズナブルでお店の店主さんからスタッフも元気いっぱい。
毎日ちょこっと立ち寄って飲めそうだし、これは近所に欲しいお店だわ~~。

野町駅前にあるので電車の沿線に住んでいる人たちは飲んで帰れるね。
懐かしい風合いのカウンターは居心地良さげ、次回は絶対にカウンター飲みを実現したい。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-08-13 23:42 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(本町):能加万菜 郷(お万菜割烹)

b0089578_12460035.jpg
週末の金沢駅は連休は過ぎたとは言え賑わいは保っていて、私と言えばファイナルバーゲンにしぶとく向かう。
夜ご飯は待ち合わせして駅近くのお万菜割烹へと食べにいきました、能加万菜 郷

その時期の旬の食材で作ったおばんざいがカウンターに10種類以上ずらり。
地元食材の旬を活かした調理法でおばんざいや酒肴、鮮魚料理などを提供するお万菜割烹屋さん。
場所はホテル日航金沢の裏の通りから白髭神社を抜け、焼肉かなめさん横の道を入って金沢ビル・ラン1Fにあります。
b0089578_12514620.jpg
器のほとんどが九谷焼や輪島塗りなど伝統工芸を培った地元作家さんの作品。
利き酒師の資格を持ったすたっふが選んだ県内8つの酒蔵から料理に合う12種類を用意するという日本酒への拘りがあり、
他にもビールと焼酎、ワイン、ウイスキー、サワーなどドリンク類に幅があります。
b0089578_13023240.jpg
・おまかせ八寸
のりちゃんのポテトサラダ、インゲン豆の胡麻和え、お揚げと切干し大根煮、高野豆腐の揚げ煮
手毬り寿し、野菜の天ぷら、加賀太きゅうり
その日のお勧めのおばんざいやお寿司などが盛られたおまかせ八寸。
気軽に少しづつ沢山楽しみたい人にはぴったりの酒肴セット。
b0089578_13053082.jpg
・お造り盛り合わせ
なめら、甘海老、ガンド鰤、さわら、バイ貝、金目鯛
b0089578_13152309.jpg
・生ゆばの自家製ぽん酢がけ
自家製のぽん酢は酸味がやわらかな酢橘の香り。
とろんとした生ゆばをさっぱりいただきます。
b0089578_13192083.jpg
・蛸やわらか煮
ほちゃほちゃでかなり柔らかく煮込まれた蛸。
b0089578_13200004.jpg
・白身魚とモッツァレラのフライ 手作りタルタル
ほくほくの白身魚の間からとろ~りとしたモッツアレッラチーズ。
女性に一番人気というのも分かるかも。
b0089578_13205955.jpg
・毛がに 味噌

b0089578_13212907.jpg
・とうもろこし 天ぷら
本来のトウモロコシの甘さが楽しめる天ぷら、火を通すだけで甘く仕上がるんですねシンプルな美味しさ。
b0089578_13215924.jpg
・鯖のへしこ むすび
お食事メニューは、おまかせ寿司やお茶漬け、お蕎麦など幾つかある中からへしこむすび。
鯖のへしこ(鯖の糠漬け)が点々と入ったおむすびはやや大きめサイズ。
独特の風味と香ばしさとしょっぱさがふっくらご飯と相まって、海苔の風味と共に美味しい!
元々ほかほかご飯との相性抜群だもの、これはお勧め。
b0089578_13231117.jpg
・鴨南蛮そば
続・お食事メニュー、お米を食べたから〆は温かいスープが飲みたいこともあって鴨南蛮そば。

本日のおばんざいからお造り、揚げ物、焼き魚、お肉炭火焼に一品に地元食材をフル活用、
地元作家さんとの饗宴が織りなすおばんざい屋さんはちょっと新しい。

カウンター16席、テーブル28席、半個室12席の最大56名収容可能で、
少人数の観光客から飲み放題付きの宴会プランもあるので大人数の宴会利用まで幅広く利用できます。




[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-08-02 23:14 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

東京(荻窪):立呑み晩杯屋 荻窪北口店 (タチノミバンパイヤ)

b0089578_09125846.jpg
0次会から始まった宴会の続き、ハシゴ車も次で3軒目を迎えるにあたり、
お腹は少し休憩しつつ酒を呑みながらつまつま過ごそうと、立呑み晩杯屋 荻窪北口店 (タチノミバンパイヤ)

東京は格安の立ち飲み屋さんが沢山あって羨ましい限り。
つまみはたまに3、400円代があれど、どれも1~200円代のお財布に優し過ぎる価格設定。

1階は立ち飲みカウンター、1、2杯軽く飲んで引き上げる様な勝手の良さがある。
立ち飲み屋だけれど2階は座れる席があるらしい、腰を落ち着けて飲むにも使えそう。
b0089578_09130785.jpg
レバフライ
東京の下町的なイメージのお惣菜「レバーフライ」も定番のごとくメニューにある。
お腹はいっぱいだけど、酒のつまみとして何か頼みたいという人には適切な量。
b0089578_09131505.jpg
チーズかりかり
春巻きの様な皮の中にチーズを挟んで揚げてある。
ひょいパクつまみ程度なので、1人でも安心な量やな~。
b0089578_09132165.jpg
塩チーズ
チーズを食べているのにまたチーズ、スライスしたチーズに塩が添えてある。
普段とは違う顔を見せてくれる・・・のか!?
塩分過多なる食べ方だが、チーズ串なんかに更にソースつけちゃうもんね。

ここにアップされている画像は3つしかないのだが、
実はここに着いた時点で酩酊期に入っていたらしく、立ち続けるというハードルが少しきつかった。

なので2階へ行く階段に座って少し休憩してました(記憶が飛んでいるので2階かも)
お酒の飲み過ぎで生気も飛んでった~~ハッと気づくとこの店の名前は「バンパイヤ」。

もう少し、もう少しで復活します・・つづく

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-07-09 23:17 | 東京 | Trackback | Comments(2)

東京(荻窪):川勢(かわせ)うなぎ蒲焼・串焼

b0089578_11130457.jpg
吉祥寺の焼き鳥屋さんを経て、最後までこの街をクルージングすると思われていたが、
プリさんに曰く、せせこましい昭和レトロなお店がひしめき合うような
オヤジ好みの案内はマイテリトリーの方がお勧めという訳で荻窪へと移動。

荻窪駅北口付近の闇市があったエリアにある渋い鰻屋さん、川勢(かわせ)
b0089578_11133869.jpg
狭いカウンターの角っこに陣取り、注文はプリさんにお任せして、
お通しのキャベツをいただきながら串を待つ。
b0089578_11141362.jpg
・ばら焼、れば焼、ひれ焼

地元では鰻屋さんは元々少ないし、ましてや各部位の串を提供するお店はあまり見かけないので、
珍しさとせつなさと心強さと~♪なんだか、ワクワクしてきます。
ばら(右):お腹の部分を集めて刺してあるそうで脂が凝縮されているような、
れば(中):確か、きも焼が売り切れだったかも、レバーを集めて串にしたもの
ひれ(左):背びれと腹びれをニラと一緒に巻いたもの
b0089578_11151314.jpg
・八幡巻き、串巻き、短冊
短冊(右):一口のかば焼きが串に刺してある、一番馴染のある鰻。
串巻き(中):串に細切りした鰻をくるくるの巻いてあります。
八幡巻き(左):ごぼうに鰻が巻いてあり、牛蒡が串代わり。
b0089578_11161085.jpg
またまたひれ焼き、串にささったスタイルは焼き鳥感覚で親しみやすくて美味しくて大満足。
そんな訳で自動的にお酒も進んじゃうわけです。

時間が経っているのとハシゴのせいで記憶が不鮮明ですが、ここはまた行きたいお店の1つです。

次に続く。。。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-07-08 23:31 | 東京 | Trackback | Comments(0)

金沢(新竪町):かすみそう(おばんざい・居酒屋)

b0089578_15210215.jpg
満杯になった冷蔵庫の野菜室を解消しようと、色々工夫して翌日のお弁当の分も先に作った平日の夜。
特に大根丸ごと1本使ったのでお腹一杯になっても消化も早くて、胃に優しい食事でした。

野菜がたっぷりの温かい家庭料理が食べたいあなたへ、新竪町商店街の中ほどに
金沢の新鮮な地元食材を使った家庭料理が自慢のおばんざい居酒屋かすみそうが4月15日にオープン。

元々は宇宙軒の並びにあったので正しくは移転オープンですね。
気になる友人と共に4人で突撃してきました(3人以上は要予約)

以前、お好み焼き屋さんだった昔の情緒あふれる店舗は、カウンター6席、小上がりは2テーブル(10席)
カウンターにはおばん菜の鉢が幾つも並び、常連さんらしき人たちで埋まっていました。

b0089578_15111262.jpg
アルコール類はビール、日本酒、焼酎、ウイスキー、ワインなどがあって自分は梅酒ロック。
付き出しは焼きナスの煮びたし、家だと焼き茄子って面倒で中々作らないのよね。
付け合せの生姜でさっぱりと。

b0089578_15111623.jpg
・おばん菜3点盛×2
この日のおばん菜から3点盛りだけに絞るのは難しいので、2つ頼んで6種類盛り。
バイ貝煮、ぶり大根、黒豆、松前漬け、新生姜煮、つまみな。

やさしいピリ辛感の新生姜煮が食欲をそそる~醤油や出汁で煮込んだのかな。
バイ貝は取り合いになりそうだったので人数分を更に追加。
b0089578_15112106.jpg
・スティック春巻き
野菜やチーズが入った春巻きも美味しそうだけど、付け合せに野菜がこんもり。
そして後ろのガラス瓶に注目!玉ねぎなど数種類の野菜がマリネされた状態で入っていて、これはドレッシングだとか。
野菜にとろんとしたマリネ野菜をかけて食べる・・・食べるドレッシングとは新鮮。
b0089578_15112733.jpg
・ふぐから揚
ふぐから揚にももれなく付いてくる野菜盛り、カラフルなトマトにミニキャロットは葉っぱ付。
ミニキャロットはお店のななめ前の八百屋さんで見たことあるぞ。
ちなみにメンチカツや豚串を頼んだ時にも野菜付いてくるそうです。
b0089578_15113190.jpg
・いわしのぬた
新鮮ないわしのお刺身にねぎと酢味噌和え。
この日はお刺身メニューにはもイワシありました。
b0089578_15134448.jpg
・かたはの塩漬け
おばさんがこれ食べてみて~とテーブルに置いていったかたはの塩漬け。
お~私も山菜採りの収穫でおなじみなかたは(みずぶき)久しぶり。
こりこりした歯ごたえとシンプルな塩味で美味しい。

b0089578_15113645.jpg
・空豆と新玉ねぎのかき揚げ
甘い新玉ねぎとほこほこの空豆が旬な美味しさ。
b0089578_15114120.jpg
・玉子焼
甘い味付けのまさに懐かしい玉子焼き、想い出の母親の玉子焼きもこんな感じでした。
b0089578_15114520.jpg
・豚足焼
豚足を食べたことがない、というメンバーが1人いたもので、それじゃチャレンジと豚足焼。
とろんとした部分よりもカリッと皮が焼かれた部分が多くて香ばしく、友人は壁を越えました。
b0089578_15115041.jpg
・ジャコチャーハン
最後のシメはジャコチャーハン、添えてあるのはイタリアンパセリ?

手羽先、豚足、カマンベールフライ、メンチカツ、豚バラ串と言った肉肉しいものから、お刺身、
揚げ出し豆腐、野菜の天ぷらなど家庭料理が満載、そしてやはり食べる野菜のドレッシング気に入ったな~。

移転してきたばかりなのに、懐かしげな佇まいの内装とほっこりとしたおばん菜の雰囲気がしっくりして
もう何年もここで営んでいるような雰囲気で寛げました。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-06-13 23:20 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(高尾台):箸一(はしいち)(居酒屋)で気兼ねない友人との食事会

b0089578_11504604.jpg
いつも家族の世話に追われている友人からの、旦那さまがお出かけなので誰か遊んでというお申し出なワンナイト。
それじゃあ皆で一緒にごはんでも喰らいましょう、とリクエストを受けたのは高尾台の居酒屋・箸一(はしいち)

去年の忘年会マダム女子会、それ以外にも何度か訪問している居酒屋さんなのですが、
金沢港からの特選素材など豊富な魚介メニューや、その時々で変わる洋食メニューもあったりして
季節ごとにメニューがガラリと変わるので、毎回訪れる度に新鮮な気持ちでメニュー選びが出来ます。

この日もところせましと書かれた3ページ分のお品書きを眺めつつ、
ぞれぞれが思い思いに食べたい魚介類や野菜を中心に色々と注文してみました!
付き出しはもずく酢、鴨の燻製と山菜の佃煮。
b0089578_11275721.jpg
・造りの盛り合わせ
平政、すずき、こち、さざえ、ふくらぎ、かじきマグロ、ほうぼう、がすえび、しまえび

七尾のこち、ふくらぎ、三重のカジキマグロなど新鮮なお魚の切り身は
その1切れのポーションが大きくてお刺身好きにはたまらない。
b0089578_11283441.jpg
・大阪泉州 水茄子刺
そのままの生と塩もみの水茄子はお醤油につけてもいいけど、生だとより瑞々しくて甘い。
えぐみなど全く感じられずに爽やかさが漂う。
b0089578_11290420.jpg
・生ヤングコーンオイルペッパー
ひげの部分も食べられる生のヤングコーン、こりこりして甘みがあってブラックペッパーが効いてる。
b0089578_11301184.jpg
・筍八目塩焼
最初メニューを見た時にタケノコと八目が一緒になって焼かれてるのかと勘違い。
皮の模様が筍の皮に似ているとか、筍の時期に美味しいらしいとか名前の由来があるそうです。
タケノコメバル(八目)、写真じゃ分かりにくいけど結構な大きさありました。
身がふんわりして淡泊な白身の美味しさを味わいました。
b0089578_11304463.jpg
・トマト天婦羅
揚げると甘みが増すように感じたトマトの天ぷらがジューシー。

b0089578_11311458.jpg
・鰻の玉子焼(うまき)
本日のおススメに鰻料理が数品あった中から玉子焼き。
玉子の部分がふんわふわ、山椒を散りばめたタレでいただきました、うま!

b0089578_11314470.jpg
・イクラ正油漬け

b0089578_11321493.jpg
・ポテトサラダ
ポテトサラダにカリッとしたフライドオニオン掛け。

b0089578_11324460.jpg
・オレンジブロッコリーガーリックソテー

b0089578_11331406.jpg
・今件の豚足
地元のお肉屋さんの豚足、外側カリカリでとろんとした豚足苦手な人も食べられる香ばしさでした。

b0089578_11335636.jpg
・鰻蒲焼
うまきが好評だったので鰻のかば焼きも追加。
b0089578_11342657.jpg
・マグロのしゅとう
そんなにお酒を呑むメンバーは揃っていないけど、何故か酒のつまみに。
b0089578_11345659.jpg
・焼き枝豆

b0089578_11353892.jpg
・玉葱と紅生姜のかきあげ
玉ねぎと紅生姜、そして細いサツマイモが入ったジャンボかき揚げ。
玉ねぎとさつまいもの甘みと紅生姜の風味がアクセントになって何とも美味しい。
b0089578_11361619.jpg
・栄螺炒飯
今の季節のご飯もの、サザエを使ったチャーハンは磯の香り。

b0089578_11364592.jpg
・おまかせ雑炊
百万石椎茸と飛騨高山のじゃんぼなめこがてんこ盛りのおまかせ雑炊。
メニューの中に百万石椎茸の焼き物や天ぷらがあって、それをアレンジしてくれました。
雑炊のスープに茸の出汁がしみ出てきていて旨みがあるある!

今回は魚介中心だったけど、お肉を食べようと思ったら牛肉のステーキや鶏肉料理もたくさんあるし、
その季節の素材を使ってバラエティーに食べさせてくれるこの辺りじゃ評判の万能居酒屋さん。

1人で来店しても気まぐれ定食や1人様コースもあるので、お気軽にカウンターをゲットして下さい。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-06-05 23:58 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(本町):旬炉 十万喜(しゅんろ とまき)

b0089578_11282297.jpg
行きつけのカフェが金沢駅近くの別院通りに移転してきたので、
訪れる機会が頻繁になっているのですが、この辺りは新しい飲食店が少しづつオープンして増え続けています。

この前訪れたのは、4月5日にオープンした和食居酒屋さんの旬炉 十万喜(しゅんろ とまき)
堀川町の人気の居酒屋「喜はな」さんの姉妹店で、場所は別院通り口からすぐ近く。

1階はカウンター10席、テーブル16席、2階にテーブル42席と宴会にも対応。
場所柄、観光客や仕事帰りの会社員など何かと立ち寄りやすい便利な立地。
b0089578_11282742.jpg
「喜はな」の姉妹店ということで、輪島の漁師さん直送の魚介や肉類・地元野菜や能登の調味料なども共通。

能登に拘った食材を中心に備長炭で焼かれる炭火焼料理が看板で、旬の加賀野菜や魚介の一品料理も楽しめる。

私は焼酎のお湯割りを飲んでいましたが、能登や県内の地酒も揃っています。
お通しはしらすと胡瓜の和え物、ローストビーフ、クリームチーズ
b0089578_11283329.jpg
・アボカドの炙り
半分カットしたアボカドの穴に醤油を垂らしてスプーンですくって食べるの、私もよくやります。
なんだかんだ言ってお醤油付けて食べるのが一番旨いと思ってる、そして簡単。
炙ってあるので香ばしさととろける様なアボカド。

b0089578_11283975.jpg
・きときと造り盛り合わせ
鯵のタタキ、甘海老、タコ、マグロ、ヒラマサ、梅貝、ソイ、活鯛
今宵のおすすめの造りを少しづつ、活鯛とソイの味比べなど楽しみながら。

b0089578_11284639.jpg
・鱧の唐揚げ梅肉ぞえ
骨切りの鱧をからりと揚げて、鱧の滋味と梅肉がよく合う。
b0089578_11285287.jpg
・地はまぐりの炙り
ハマグリ久しぶり、炙ると貝本来の甘みと旨みが引き出されますね。

b0089578_11290087.jpg
・牛はらみの炙り
赤身の多い牛のハラミはさっぱりめで肉らしい味わい。

b0089578_11290578.jpg
・丸茄子の揚げだし
じっくり揚げられた丸茄子の揚げ出し、熱々でほちゃほちゃに柔らかくなって出汁がしみしみの茄子。
この油が浮いた残った出し汁がまた美味しい。

b0089578_11291089.jpg
・野菜の天ぷら
天ぷらも数種類ありましたがヘルシーに野菜の天ぷらを所望。
蓮根、ししとう、茄子、アスパラガスなど。

b0089578_11291720.jpg
・毛ガニの土鍋ごはん
厨房に土鍋が大・小2種類ありこちらは小、大体2人分くらいかな。
自宅はもちろん炊飯器ですが土鍋で炊くとふっくらして本当に美味しい。
香ばしいおこげと共に毛ガニの旨みでご馳走ごはん。

b0089578_11292505.jpg
・フルーツポンチ杏仁豆腐
そんなに甘くなくさっぱりした口当たりの杏仁豆腐。

能登の新鮮な食材や地元の旬な野菜などを使用しているので、季節ごとに楽しめそうだし、
居酒屋さんとは言っても品の良い雰囲気なのでカップルや会食など色んなシーンで活用できそうですよ。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-05-27 23:30 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(香林坊・せせらぎ通り):金澤もんよう(居酒屋)で味の案内人宴会

b0089578_09511030.jpg
嵐の前の静けさなるGW直前4月末、
以前2回ほどお食事会をしたりと、日頃から親交を深めているpapinさんが金沢襲来!というご連絡。

メインはお仕事なのですが、夜のお供を指名してくださり久しぶりの再会に沸き立つ心。
が、予定日の2日前だったんで食の夢先案内人は慌ててしまいました。

お店の数は無限だけども、ここはマスターとも気兼ねなくお喋りできる金澤もんように決定。
前回も一緒だったエリソンさんを誘って、3人並んでカウンター純情派。

ノンアルの扉を開け放ち温かい焼酎のお湯割り。
付き出しはフグのお刺身と白子に出しのジュレ、イクラと甘海老のせ。

b0089578_09511695.jpg
・お刺身三種盛り合わせ
今宵の鮮魚はとび魚、カツオのたたき、鰤。
カツオは土佐酢で、他は醤油でいただきます。

b0089578_09512580.jpg
・生ハムとゴルゴンゾーラのサラダ

b0089578_09513028.jpg
・山菜の天ぷら
タラの芽、こごみ、こしあぶら、竹の子、季節ものづくし!

b0089578_09513733.jpg
・ホタルイカと菜の花のアンチョビガーリック炒め
旬の時期のホタルイカ、
b0089578_09514394.jpg
・牡蠣の松前焼き
牡蠣がここんところ安いのでいっぱい仕入れた、といったとおりメニューは牡蠣祭り。
その中から松前焼き、昆布の旨みが染みついた焼き牡蠣が美味しい、昆布も食べられます。

b0089578_09515088.jpg
3人で話が盛り上がっているところへ、エリソンさんへ旦那さまからの連絡が入る。
なんでも職場で輪島で釣りたての鰤を1本いただいたけど、冷蔵庫に入りきらない大きさだとか。
そ、そんなのもらっても私さばけない・・どうしよう?

協議の結果、今日は込み合っておらず余裕があるので、ブツを店に持ってきたらのりさんがさばいてくれるとのこと。
おおー!ありがとう、という訳で旦那さまが持ち込んだ鰤1本がこちら、結構デカい。

うーん、私もシャケ1本頂いて無理やりさばいたことはあるが、鱗もあるし身が厚くてハードル高し。

b0089578_09515719.jpg
店主、三枚おろしの図。
この鰤の結末は元主のエリソンさん、私がサクを必要な分お持ち帰り。
今、ここで開いた鰤をいただく分、残りはお店で鰤まつりということで落ち着きました。
b0089578_09520379.jpg
・こちらがその鰤のお刺身
さすがに新鮮なので歯ごたえが前面に出すぎ、持ち帰ったサクは熟成しないとね。
とってもコリコリしてます、新鮮な証拠なのです。
b0089578_09521085.jpg
・例の鰤でブリカマ
脂はそんなにのってないけど天然ぶりはあっさり臭みのな塩焼き、旨し。
エリソン旦那さまもカウンターに横並びになってお刺身をいただく。
やたらエリソン夫婦のなれ初めを聞きたがるpapinさんは、仲人おばさんの会を奈良に広げようという画策か。
b0089578_09521706.jpg
・加賀蓮根のグラタン
通常メニューに戻って、この前はタラとポテトと明太子グラタンを食べたので蓮根のグラタン。
ほくほくとした歯ごたえとホワイトソースがベストマッチ。

b0089578_09522217.jpg
・梅しそチーズ春巻き

b0089578_09522872.jpg
・男の肉味噌つけ麺
このネーミングは俺の系列疑似メニューかと思ったら、ローストビーフ丼インスパイアだそうで。
自家製チャーシューが麺を隠すように盛り付けられた肉味噌つけ麺。
麺は意外にも真っ白なお蕎麦、男臭さと隠れた繊細さが持ち味で味噌味のつけ汁でいただきました。

b0089578_09523588.jpg
・ホタルイカチャーハン
ラストは裏メニューがいつの間にか美味しいので表にひょっこり採用される様になったチャーハン。
この時期はホタルイカチャーハン、内臓の旨みと香ばしい醤油の味付け。

時折、店主も会話に加わり久しぶりのひと時、楽しんでいただけたでしょうか?
金沢の常宿としているホテルがあるそうなので、また次回機会がありましたらご一緒しましょ。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-05-15 23:22 | 石川(金沢) | Trackback(1) | Comments(4)

金沢(西町):おでん ゑびす(おでん・居酒屋)

b0089578_10425799.jpg
冷えてくる夜がまだ続いていた4月末、
こういう時は糖質控えめで柔らかく煮込まれた、身体に優しく染みるおでんの妄想がもわりと広がる。

久しぶりにあそこに行こう!と頑張れ徒歩圏内区域、近江町市場近くのおでん ゑびす
ここはおでんを始め、お刺身類や1品が上から下がった紙にズラリと並んで量も中々あるし選びがいがあるんです。

一番の特徴は女将さんのトレードマークのブルーアイシャドウがディープインパクトということですけどね。
平日はサラリーマンで混雑するがGW前もやっぱりカウンターは人でひしめき合い。

b0089578_10432729.jpg
・おでん
大根、たまご、厚揚げ、糸こんにゃく、もちきんちゃく、銀杏
薄く上品と言われる金沢おでんの出汁、ここは似ているけど他のお店よりももう少し味がハッキリしているかな。
当然のごとく、具は出汁がしみしみでどれも美味しかったです。

b0089578_10435724.jpg
・チャーシュー
カウンターにゴロンと転がっている名物の1つ、チャーシュー。
厚切りのチャーシューにめっちゃキャベツがいっぱい、これでお腹一杯になりそう。。。

脂身がのって食べごたえあるチャーシューは、温めてくれるのでより柔らかく
やや甘いタレをキャベツに付けながら食べるとうんまい。

b0089578_10443776.jpg
・ロールキャベツ、肉だんご
串に刺さった肉だんごの大きさが中々の存在感。
そしてロールキャベツ・・はっ!お魚メニューもあるのにいつの間にか肉ばかり頼んでる。

b0089578_10452772.jpg
・米茄子揚げだし
カウンターで丸丸育った大きな米茄子も揚げ出しでこの通り。
油で揚げてコクが出たトロトロの茄子、大根おろしと生姜たっぷりでいただきます。
出汁じょうゆがうまー!

ついついガラッと開けてしまいそうな赤提灯のたそがれたカウンターの雰囲気と、
あれこれ迷ってしまう惣菜もどれも美味しくて名店の1つですね。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-05-11 23:46 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)