タグ:居酒屋・ダイニング ( 191 ) タグの人気記事

金沢(広岡:金沢駅西口):金沢おでん・一品料理、勝一

b0089578_16351225.jpg
今年の冬は平年よりも気温が低くなるのが早いんではないか!?寒さこらえてセーターも編めない、気力がない。
ベットに羽根布団や毛布などを重ねてぬくぬくにして、ここが一番幸せ!という時期に突入してきた。

お家ごはんも鍋が増えてきて煮込み料理がフル回転、おでんも作らなければ。
ちょっと前のリフォーム工事時に行ってきたのは、金沢おでん・一品料理、勝一

何度も記事で登場していますが、お気に入りの店でリピーター。
片町の割烹勝一の大将が引退した後の復活劇、78歳でおでんと一品料理のこのお店をオープンして1年半年あまり。

金沢駅西口の時計台駐車場の横にあり立地も良く
すっかり平日は仕事帰りのサラリーマン、土曜は観光客で賑わう人気店に。

カウンターにはおばんざいがズラリ、おでんもメインを張ってますが、
その他の割烹時代から続くお魚・1品メニューの方が多いような気がする。

b0089578_16355443.jpg
白子酢
基本、量は1人分ジャストな小ぶりサイズでお値段がお手頃。
なので、1人飲みに適してるのはもちろん、2、3人で色んな物をつつくのも良いでしょう。

b0089578_16362499.jpg
カウンター上の紙に食べたいおでんのネタの個数を書いて渡すシステム。
玉子、えびしんじょう、昆布、大根(柚子味噌付)、厚揚げ
割烹仕込みのおでん出汁は薄っすら上品な味つけ。
b0089578_16365491.jpg
白子の天ぷら、こちらも1人分な量。
白子酢に白子の天ぷらに白子焼き、全て制覇したくなるほど白子に沸き立つ。
b0089578_16375999.jpg
そして今だからの限定、香箱がにの「かに面」、壁に貼ってある文字を見逃すわけもなく。
蟹の身に隠れている内子を食べる時の恍惚感、ん~冬は寒くていやだけど美味しい物が多くて幸せでいられる。

今年の香箱蟹ガニ漁の最終日は調べてみると12月25日(予定)だそうで、資源保護を優先して毎年この時期まで。
家でもスーパーで手に入れ捌いて食べている香箱ですが、お店のおでんのかに面も格別でした。
b0089578_16391735.jpg
脂のり夫な鰯のお刺身、これを摘みつつさぞかしお酒が旨いに違いない。
この日は運転手だったので私はウーロン茶。
b0089578_16394895.jpg
鰈の唐揚げ、カウンター上に山盛りになっていた唐揚げ。
温め直してくれるのでカリカリで熱々です。
b0089578_16401871.jpg
真子の煮つけとサワラの西京焼きをちょこっとづつ。
b0089578_16404870.jpg
焼酎お湯割りが飲めない身体は温かいものを欲して、注文したのはタラ汁。
タラのアラと出汁がじんわりと出たあったかスープ。
もう1つ浮いてるのは・・あれ?これはタラ肝だ~あん肝にも似た柔らかさとコクが美味!

キビキビと厨房を動きながら働くことを生き甲斐にしている大将と
お母さんの姿を見ているだけでも元気が出るのですが、さらにここは殆どのスタッフがシルバー世代。

緩やかに流れる独特の空気感と和むおもてなし、ここにちょっと寄って行こうかという気持ちになるんです。
まだ上がっていないけど、2階席で団体にも対応していますよ、今宵もごちそうさまでした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-12-07 23:50 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(片町):能加万菜 くし家金澤

b0089578_13514078.jpg
プチリフォーム日記の続き、
業者の人が入れ替わりする日中は、あまり長い時間外出するわけにもいかないので、
近くのコンビニでお昼ごはんを買ってきて食べていました。

平日の日中にそのコンビニでお昼を買うこともないので、ご近所?の人たちでレジが渋滞という光景が珍しく映った。
便利な立地にあり人気な某コンビニ、いつも夜お世話になってます。

さて、今宵の夜ご飯は片町へ、おでんと串がいっぺんに楽しめる能加万菜 くし家金澤
片町スクランブル交差点の北国ビル1Fにあるので、分かりやすく便利な場所にある。

くしと付くだけあって串かつがメイン、さらに温まる金澤おでんや1品料理も豊富に揃ってて
その日のお勧めでお造りや1品も選べるという2人だとあれこれ頼みたいのに勿体ないくらい。

そして何と言っても9と4(くし)のつく日「くし家の日」は100円串かつが20種類以上!
これですわ、まさにこの日に行ってきました!笑、案の定ほぼ満席。

ついつい100円メニューばかり食べてしまうので、他の日に行くこともあるんですよ。。。

b0089578_13514640.jpg
この日の1杯は芋焼酎・五郎島金時のお湯割りでホッと温まる。
いくらおろしをちびちびとアテにしながら、串かつとおでんを待ちます。
b0089578_13515407.jpg
金澤おでんの盛り合わせ、自分たちで頼むと大根、玉子、昆布といつも同じなので盛り合わせでお任せにしてみる。
大根、車ふ、蒟蒻、バイ貝、昆布巻、厚揚げ、薄味のあっさり出汁でほっくりと。
近江町市場の「岩内蒲鉾店」のえび団子、いか団子、さつまあげ、ごぼ天、ちくわなどもあります。
b0089578_13520224.jpg
牛かつ、ささみしそ、うずら、キス、ホタテ、ベビーコーン、蓮根
見事なほどに100円の串ばかり注文、1人分づつ分けて持ってきてくれました。
待っているのは目の前にある二度漬け禁止のさらっとしたソース。

細かい衣で揚げてあるのに油のせいか結構軽い感じでザクザク食べられる。
丁度季節柄、かにめんもお勧めにあったけどすでに売り切れ。
b0089578_13520809.jpg
お出汁がしみたさっぱりした茄子のあげだし、野菜を食べようということでこちら。
b0089578_13521415.jpg
アボカド、しいたけ、チーズベーコン、豚バラ
またもやアボカドは抜かして100円串かつばかり、やはりこうなっちゃうよねー。
アボカドが中がとろんと柔らかくなって美味しい、これはレギュラーメニュー希望です。
b0089578_13522151.jpg
名物料理の1つであるくし家の焼きそば、これ毎回頼んでいる気がする。
中太のもちっとした麺にソースの具合がさすが人気とあって作り慣れてる美味しさ。
〆としてはおでんラーメン、おでん茶漬け、ソースかつ丼などもあるので気になる人は試してみて下さい。

串かつに重きを置くか、それともおでんか一品料理か、人数がいればバラエティーに富むので楽しいと思います。
2人で行ったらやはり目の前で揚げてくれるのを見ながら食べられるカウンターが好き、ご馳走さまでした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-12-01 23:53 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(橋場町):a.k.a.「HATCHiの屋台に金澤ブルワリーがやって来る。アーカちょうちん」 oishii

b0089578_15120497.jpg
9月22日(金)にa.k.a. にて開催されたイベント
「HATCHiの屋台に金澤ブルワリーがやって来る。アーカちょうちん」に行ってきました。

a.k.a.では頻繁にイベントが開催されており、
スケジュールさえ合えば徒歩で数分というご近所という事もあり参加しやすいのです。

入口手前の屋台では金澤ブルワリーの代表である鈴森さんが販売されていました。
明るく頑張っている姿が素敵なお嬢さん、と「嬢」という文字はすでに過去のものとなった熟女目線。
b0089578_15123459.jpg
定番のペールエール「金澤麦酒」、
実は私はビールが苦手な方で家でも外でもフルーツビールを飲んでいる程度。
苦手と言っても飲めない訳じゃないですが、好みの上で美味しく飲めるかどうか、これが重要。
でも、こちらは口当たりがよくフルーティーで苦すぎず、美味しくいただけました。
ビール苦手な方でも飲みやすいのでお勧めですね。
b0089578_15130459.jpg
お通しはきのこの厚焼き玉子
偶然にも知人に再会したので同じテーブルで一緒に飲むことに。
しばらくの間でしたが楽しいお喋りに花が咲く。
b0089578_15133469.jpg
あーかちょうちんの今宵のメニューはちょうちんよろしく秋刀魚焼き、とりかわポン酢、おでん盛など気軽なメニュー。
大皿盛りや立ち飲みスペースなどもあったらしいけど、自分たちが行ったのは8時頃で少し落ち着いた頃。
ブルワリーの屋台ももうすぐ店じまい、慌ててビールを何杯も購入してました。
そして〆鯖を食べる。
b0089578_15140459.jpg
新蓮根の天ぷらはシャキシャキさっくり、お塩でいただきます。
b0089578_15143400.jpg
イベントの時にしか登場しないスタウト、
これもえ!?ビールって言うほど飲みやすい、珈琲の様な香ばしい香り。
スタウトらしいコクもありました。
b0089578_15150448.jpg
ころころ柔らかいヒレカツ!
前日にカツのイベントも行われていたけど参加できず、トンカツもあったけどやはりヒレで。
b0089578_15160617.jpg
最後は自分で巻くおにぎり、梅と鮭1つづつ。
b0089578_15153794.jpg
a.k.a.が入っているHATCHi/THE SHARE HOTELS内で開催されている乙女の金沢展。
作家さんの器や雑貨類、色々展示されている中で大好きな庄田春海さんの器を発見。
三つ葉の器は持っているので購入しませんでしたが。
たくまぽたりーさんあり、興味のある方はぜひ(10月29日まで)。




[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-26 23:16 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(香林坊):わ食 たまき(環) oishii

b0089578_12490604.jpg
9月初旬に今年3月にオープンしたわ食 たまきさんに行ってきました。
香林坊せせらぎ通りから1本裏手に上がった通りにある為、繁華街中心なのに隠れ家的なひっそりとした佇まい。

季節の旬食材をひと手間加えた和食を楽しめる「大人の居酒屋」がコンセプトという同店。
店内は清潔感ある木のカウンターや椅子が目に優しく明るくて、カウンター7席と小上がり6席とこじんまり。

メニューは全てアラカルトで、その日の各地方の新鮮な魚介から
あわ尾鶏に加賀丸芋、ゴールドラッシュと拘りの食材使いが見えてきます。
キタアカリのポテトフライなんて絶対に美味しそうだし。
b0089578_12493523.jpg
乾杯は竹葉能登の梅酒、付き出しは万願寺唐辛子と茶豆の茶碗蒸し
まだ暑さが残る日だったので、ひんやりした茶碗蒸しところころとした茶豆の食感が心地よい。

アルコールはビールを始め、地元産・県外産の日本酒が豊富で梅酒やワインなども色々揃っており、
この後は白ワインのグラスをいただいておりました。

b0089578_12500503.jpg
・お造り 山口県産 真あじ
芽葱や茗荷に胡麻、穂紫蘇で飾られた繊細な盛り付けの鯵。
山葵と醤油漬けの千切りが添えてあります。
薬味を一緒に巻いて食べると鯵がより美味しく。
b0089578_12503523.jpg
・牛すじ能登の塩煮込み
あっさりとした上品な味わいの牛すじ煮込み、ほろっと柔らかくて葱がいっぱい。
お汁にも旨みが出ているので最後まで飲める。
b0089578_12510510.jpg
・帆立とアボカド岩のりジュレがけ
トマトとアボカド、グリルした帆立に穂紫蘇と岩海苔ジュレ。
出汁のジュレに岩海苔と磯の香りがする和風サラダは食べやすく帆立が香ばしい♪
b0089578_12513548.jpg
・生うにと湯葉やっこ
あっさりとした湯葉と贅沢に生うに、そして上にはジュレと山葵。
b0089578_12525210.jpg
・新蓮根天ぷら
新蓮根だからかシャキシャキッとした歯ごたえと瑞々しさが残る天ぷら。
b0089578_12540380.jpg
・焼き鴨ロースと赤なすの揚だし
厚めの焼き鴨ロースに細かく切り目の入った赤なすと、酢橘に九条ネギ、ぶぶあられ
噛みしめる鴨もだけど出汁が美味しい。

どれも彩りが綺麗で繊細な一工夫が利いていて、美味しかったです。
静かで落ち着いた雰囲気なのに気軽に入れるのも魅力的で、大人の居酒屋と言われる所以ですね。
そして中々リーズナブルで、こちらも嬉しい。

今回は2人で来ましたが、お1人様でもふらりと立ち寄れそう。
実際に仕事帰りのサラリーマンやOLさんも多いらしいです。

奥の小上がりから団体客がぞろぞろっと出てきたところで、知人と偶然バッタリ。
さすが食いしん坊は美味しいお店をチェックしている!笑

今度は女友達とここで語り合いたいです。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-17 23:56 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(並木町):人好魚酒好 むらや (ひとよしさけさかなよし) oishii

b0089578_09395948.jpg
福井日帰りドライブで下道を通っていたら、帰宅は夕飯時をやや過ぎた午後8時頃。
すっかり家ご飯を作る気はナッシング(計画的?)。

そのままのラフな格好でご近所のお店へ徒歩発進、人好魚酒好 むらや (ひとよしさけさかなよし)
毎朝、金沢港や近江町市場から仕入れる北陸の新鮮な魚介と日本全国の美味しいお酒を提供する居酒屋さん。

東茶屋街の対岸沿いにある並木町、むらやさんは天神橋から梅の橋までの通り沿い、
1階はカウンター8席、小上がり3卓12席、2階にも個室3部屋(予約)あります。
b0089578_16152524.jpg
日本酒、焼酎とお酒類は色々揃っているのですが、私が飲んでいたのはあらごし蜜柑酒のロック。
付き出しはポテトサラダ。
b0089578_16183339.jpg
・金時草の酢の物
疲れた身体には酢の物、家では食べることが少ない加賀野菜の金時草。
栄養豊富で独特のぬめりを味わいながらさっぱり。
b0089578_16210608.jpg
・日本海桶盛り(小)
梶木鮪、ガンド、蛸、さわらなどが入った桶盛り。
b0089578_16215956.jpg
・天ぷら盛り合わせ
b0089578_16222926.jpg
・海老すり身団子揚げ
天ぷら盛り合わせとかぶってしまったけど、前も食べて気にいっていた海老すり身団子揚げ。
ふわふわ、もちっとして海老の風味がします。
b0089578_16225998.jpg
・牛タン焼き
串メニューにはねぎま、豚バラ、つくね、イカ焼きなどあってこれは串が付いてない焼き系。
北海道産の牛タンはネギと一緒にいただきます。
b0089578_16250343.jpg
・鴨つくね串
まわりがカリカリに焼かれた意外と淡泊な味でクセはなく食べやすい味でした。
b0089578_16281626.jpg
・おむすび2個
自分で巻いて食べるおむすびは、自家製ツナと梅干し。
久しぶりの梅干しおむすびにほっこり。

のど黒の塩焼き、白海老のかきあげ、加賀蓮根のチーズ焼きなど地元ならではの素材を使った料理が並び、
東山近くにあることから観光客も多く、気さくな雰囲気でふらっと入れるし
居酒屋の定番メニューが色々あり良心的な価格なので地元のお客さんの利用も多いです。

ランチタイムには甘海老かき揚げ丼、お刺身定食、まかない風日替わりランチなどあり、
この辺りでランチ活用するのにも便利ですよ~。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-08-27 23:43 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(橋場町):a.k.a.(くずし割烹・和食ダイニング) oishii

b0089578_11384538.jpg
東山ひがし茶屋街のほど近く、浅野川大橋のたもとに2016年に地域密着型ホテルとしてオープンした
シェア型複合ホテルHATCHi(ハッチ)

お洒落なゲストハウスの1階のグランドフロアは宿泊者だけでなくとも楽しめる造りになっており、
地元で人気のコーヒースタンド「HUM&GO」や北陸のお土産を扱うギフトショップ「[g]ift」、
以前片町でくずし割烹を提供していたお店がハッチで復活した「a.k.a.(アーカ)」 で構成されていますが、
今回はそのa.k.a.さんに久しぶりにお邪魔してきました。

b0089578_11392031.jpg
ギフトショップとコーヒーショップがあるホテルのエントランス奥にある開放的な空間。
夕食メニューは一汁三菜なミニコースからフルコース、グランドコースなどのコース料理と(以前の記事:2016年5月)
アラカルトメニューがあり、どちらも地元の食材を使った旬な和食がいただけるのですが、
前回はコース料理だったので今回は気軽なアラカルトメニューにしました。
b0089578_11385209.jpg
アルコール類は日本海倶楽部の地ビール「奥能登伝説」、ハイディーワイナリーの各種地ワイン、
北陸三県の日本酒各種と地元のお酒を始め、果実酒、焼酎、カクテル、ウイスキーと色々揃っています。

・金澤麦酒生ビール
金沢市で地ビール製造を行っている金澤ブルワリーさんの金澤麦酒生ビール、こちらは8月いっぱいの限定みたいです。
b0089578_13555237.jpg
・すだち酒のロックとお通し
お通しは沢蟹の素揚げ、へた紫茄子の田楽、オクラとベビーコーンのゼリー寄せ。
加賀野菜のへた紫茄子はヘタの下まで紫になるという卵型の小さな茄子。
皮が薄くて身が柔らかい田楽を1口でパクッと。
b0089578_13555851.jpg
・金時草酢物
夏場の地元野菜として独特の風味がある金時草。
火を通すと表面がぬるっとした食感になるのがいつものイメージなんですが、
こちらはぬめりよりシャキッとした食感の方が強くて歯ごたえよく爽やかに食べられました。
添えてあるのは別に味付けしたずいきの酢の物。
b0089578_13560479.jpg
・能登岩ガキ
夏場が旬の能登産岩ガキ、殻も中身も大きくて食べごたえあり!
生のままポン酢でいただきます~~。
今回はお刺身は頼まなかったけど、通常メニューには刺身盛り合わせ、のど黒の一夜干などがありますよ。
b0089578_13560944.jpg
・鮎のコンフィー
外はカリッとして中は身がしっとりとした子持ちの鮎のコンフィー。
これはもしや額賀章夫さんの長角皿かと思ったら当たりでした。
お店で使われているこれら作家さんの器はモダンであるのに
和のテイストにしっくりと合っていてお料理と共に楽しめます。
b0089578_13561408.jpg
夏野菜と能登豚山椒煮
涼やかな器の能登豚の山椒煮にはスイートトマト、オクラ、そうめんカボチャの出汁びたし
b0089578_13561949.jpg
・とうもろこしのかき揚げ
夏らしいとうもろこしのかき揚げ、サクサクなとうもろこし粒粒の食感とフレッシュ甘みをお塩でいただきます。
b0089578_13562463.jpg
・しば田の堅豆腐 薫製漬け
近江町市場の手づくり豆腐屋さん「しば田」さんの堅豆腐を薫製漬けにしたもの。
ねっとりとした食感と味わいはまるでチーズ、お豆腐の風味も残っていて薫製の香り。
お酒のあてにぴったり、ビールやワイン、日本酒と何でも合いそう。
b0089578_13562912.jpg
・能登牛の炙り
お肉の柔らかい部分は肉汁がじゅわっと、山葵の醤油漬けと共に。
b0089578_11385690.jpg
・魚の南蛮漬け
ハイディワイナリーさんの軽やかな赤ワイン、マスカットベリーAをいただいていたので、
まだワインのお供が必要でした、お魚はマリネされて酸味が効いてる。
b0089578_13564194.jpg
・鮎素麺
〆は鮎のコンフィがのった鮎素麺、茗荷や葱、生姜と共に爽やかに。
b0089578_11390276.jpg
・ラベンダーのアイス
河北潟のハーブ農園ペザンさんのラベンダーを使ったラベンダーの香りがするアイス。
酒粕のクッキーとラムレーズンを添えて。

この日は団体の方々でテーブル席は埋まっていましたが、
その後は宿泊客らしき外国人旅行者が食事している姿をチラホラ見かけました。

旬に拘った食材や調味料、お酒などを地元産で揃え、
カジュアルなスタイルで気軽に和食のコースやアラカルトを味わえる和食ダイニング。
朝ごはんも提供しているので(予約制)、旅行者には何かと便利だと思います。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-08-17 23:39 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(野町):居酒屋 わり勘

b0089578_10280396.jpg
話しの始まりはこうだった。

私の職場に仕事に来ていた友人Nと言葉を交わした時、
前々から行きたいと思っていた居酒屋さんの店主が同級生だと言うので、
「連れてって!」この言葉の投げかけが人が転がるように集まったローリング飲み会。

居酒屋を経営している友人N2の定休日目掛けて店主を誘いだし、いつもの仲間たちも集まっての「わり勘」。
北陸鉄道石川線の野町駅からすぐ傍にあるわり勘さんは、昔ながらの大衆居酒屋さん。

ガラッと扉を開けると、カウンターは常連と思われるお客さんでほぼ満席。
カウンター後ろのお座敷もその横のお座敷(私たち)も予約客でいっぱいで大繁盛、平日からこれはすごい!

少し時間をさかのぼると、定休日の友人N2は昼から飲んでおりまして、
「夜もあるから飲み食いしすぎないように!」と釘を刺しておいたんです。

が、フリーだった友人たちは17時半からわり勘さんに集まって飲み食いが始まり
予約時間の19時にはすっかり出来上がった状態のN2がいらっしゃった・・・。

19時スタートの人たちがお店に来て全員揃ったところで改めて乾杯。
b0089578_10283331.jpg
お座敷の壁一面に貼られたメニューの数々、
お刺身、焼き魚、おでん、揚げ物、串料理を始めとした肉料理、鍋、たくさんの〆、
手元にある本日のおススメとメニューが豊富すぎて目が泳ぐ。

テーブルの上にはすでに頼まれていた上しろ生姜焼の残骸があったので1口食べると旨い!
私もこれ最初から食べたかったわ・・・つぶやくシロ星人。
b0089578_10290261.jpg
・串焼ミックス5本
団体だったので何皿か頼んだのですが、牛串・豚串・とり串・しろ串などがランダムで入ってます。
b0089578_10293258.jpg
・出巻玉子
b0089578_10305114.jpg
・ばい貝煮
殻から出してカットしてあるので皆で分けやすくなっていました。
b0089578_10320045.jpg
・お刺身盛り合わせ
全員揃ったら注文しよう、と待ち構えていたお刺身盛り合わせは大皿で。
ここは2階もあり団体客も多く、お刺身も1人前から小・中・大皿と各種あります。
ホタテ、鰆、甘えび、以下、ばい貝、マグロ、タコ~鮪が特に美味しかった♪
b0089578_10301805.jpg
・うなぎ
b0089578_10325548.jpg
・自家製さつま揚げ
友人Nお勧めの自家製さつま揚げ、熱々で噛むとふっくらふわふわで旨し。
b0089578_10333854.jpg
・たこの唐揚げ
唐揚げにレモン絞る派と絞らない派、あなたはどちら?私はレモン好きなので絞る派です。
かける前に一応声掛けはしますけど、わいわいカオス状態になったら自動的にブシューッ
b0089578_10373213.jpg
・いわしのぬた
アルコールはビール、サワー、日本酒、焼酎、ワインなど各種揃ってて
日本酒を頼んだ方々が好きなのはぬた!ちびっとやりたいそうです。
b0089578_10341713.jpg
・手羽ギョーザ
就職したての時に連れていってもらった居酒屋さんで食べた初めての手羽ギョーザ。
それまでチェーン系居酒屋・焼き鳥屋しか経験したことなかった私には、
手羽先の中に餃子の具が詰め込んで揚げてある1品はとても手の込んだ目新しいお料理に見えた。
手羽ギョーザには夢がある!てな訳でこれを頼んだのは私です、やはりいい!

〆のラーメンが食べたかったのですが、先に来た人たちとの温度差と二次会に行くというので食べること敵わず。

私たちが盛り上がっている間もカウンターのお客さんは入れ替わり立ち代わり入ってきて、
シャツ姿のサラリーマンが多くてオヤジたちの聖地である証明。

メニューが豊富でリーズナブルでお店の店主さんからスタッフも元気いっぱい。
毎日ちょこっと立ち寄って飲めそうだし、これは近所に欲しいお店だわ~~。

野町駅前にあるので電車の沿線に住んでいる人たちは飲んで帰れるね。
懐かしい風合いのカウンターは居心地良さげ、次回は絶対にカウンター飲みを実現したい。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-08-13 23:42 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(本町):能加万菜 郷(お万菜割烹)

b0089578_12460035.jpg
週末の金沢駅は連休は過ぎたとは言え賑わいは保っていて、私と言えばファイナルバーゲンにしぶとく向かう。
夜ご飯は待ち合わせして駅近くのお万菜割烹へと食べにいきました、能加万菜 郷

その時期の旬の食材で作ったおばんざいがカウンターに10種類以上ずらり。
地元食材の旬を活かした調理法でおばんざいや酒肴、鮮魚料理などを提供するお万菜割烹屋さん。
場所はホテル日航金沢の裏の通りから白髭神社を抜け、焼肉かなめさん横の道を入って金沢ビル・ラン1Fにあります。
b0089578_12514620.jpg
器のほとんどが九谷焼や輪島塗りなど伝統工芸を培った地元作家さんの作品。
利き酒師の資格を持ったすたっふが選んだ県内8つの酒蔵から料理に合う12種類を用意するという日本酒への拘りがあり、
他にもビールと焼酎、ワイン、ウイスキー、サワーなどドリンク類に幅があります。
b0089578_13023240.jpg
・おまかせ八寸
のりちゃんのポテトサラダ、インゲン豆の胡麻和え、お揚げと切干し大根煮、高野豆腐の揚げ煮
手毬り寿し、野菜の天ぷら、加賀太きゅうり
その日のお勧めのおばんざいやお寿司などが盛られたおまかせ八寸。
気軽に少しづつ沢山楽しみたい人にはぴったりの酒肴セット。
b0089578_13053082.jpg
・お造り盛り合わせ
なめら、甘海老、ガンド鰤、さわら、バイ貝、金目鯛
b0089578_13152309.jpg
・生ゆばの自家製ぽん酢がけ
自家製のぽん酢は酸味がやわらかな酢橘の香り。
とろんとした生ゆばをさっぱりいただきます。
b0089578_13192083.jpg
・蛸やわらか煮
ほちゃほちゃでかなり柔らかく煮込まれた蛸。
b0089578_13200004.jpg
・白身魚とモッツァレラのフライ 手作りタルタル
ほくほくの白身魚の間からとろ~りとしたモッツアレッラチーズ。
女性に一番人気というのも分かるかも。
b0089578_13205955.jpg
・毛がに 味噌

b0089578_13212907.jpg
・とうもろこし 天ぷら
本来のトウモロコシの甘さが楽しめる天ぷら、火を通すだけで甘く仕上がるんですねシンプルな美味しさ。
b0089578_13215924.jpg
・鯖のへしこ むすび
お食事メニューは、おまかせ寿司やお茶漬け、お蕎麦など幾つかある中からへしこむすび。
鯖のへしこ(鯖の糠漬け)が点々と入ったおむすびはやや大きめサイズ。
独特の風味と香ばしさとしょっぱさがふっくらご飯と相まって、海苔の風味と共に美味しい!
元々ほかほかご飯との相性抜群だもの、これはお勧め。
b0089578_13231117.jpg
・鴨南蛮そば
続・お食事メニュー、お米を食べたから〆は温かいスープが飲みたいこともあって鴨南蛮そば。

本日のおばんざいからお造り、揚げ物、焼き魚、お肉炭火焼に一品に地元食材をフル活用、
地元作家さんとの饗宴が織りなすおばんざい屋さんはちょっと新しい。

カウンター16席、テーブル28席、半個室12席の最大56名収容可能で、
少人数の観光客から飲み放題付きの宴会プランもあるので大人数の宴会利用まで幅広く利用できます。




[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-08-02 23:14 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

東京(荻窪):立呑み晩杯屋 荻窪北口店 (タチノミバンパイヤ)

b0089578_09125846.jpg
0次会から始まった宴会の続き、ハシゴ車も次で3軒目を迎えるにあたり、
お腹は少し休憩しつつ酒を呑みながらつまつま過ごそうと、立呑み晩杯屋 荻窪北口店 (タチノミバンパイヤ)

東京は格安の立ち飲み屋さんが沢山あって羨ましい限り。
つまみはたまに3、400円代があれど、どれも1~200円代のお財布に優し過ぎる価格設定。

1階は立ち飲みカウンター、1、2杯軽く飲んで引き上げる様な勝手の良さがある。
立ち飲み屋だけれど2階は座れる席があるらしい、腰を落ち着けて飲むにも使えそう。
b0089578_09130785.jpg
レバフライ
東京の下町的なイメージのお惣菜「レバーフライ」も定番のごとくメニューにある。
お腹はいっぱいだけど、酒のつまみとして何か頼みたいという人には適切な量。
b0089578_09131505.jpg
チーズかりかり
春巻きの様な皮の中にチーズを挟んで揚げてある。
ひょいパクつまみ程度なので、1人でも安心な量やな~。
b0089578_09132165.jpg
塩チーズ
チーズを食べているのにまたチーズ、スライスしたチーズに塩が添えてある。
普段とは違う顔を見せてくれる・・・のか!?
塩分過多なる食べ方だが、チーズ串なんかに更にソースつけちゃうもんね。

ここにアップされている画像は3つしかないのだが、
実はここに着いた時点で酩酊期に入っていたらしく、立ち続けるというハードルが少しきつかった。

なので2階へ行く階段に座って少し休憩してました(記憶が飛んでいるので2階かも)
お酒の飲み過ぎで生気も飛んでった~~ハッと気づくとこの店の名前は「バンパイヤ」。

もう少し、もう少しで復活します・・つづく

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-07-09 23:17 | 東京 | Trackback | Comments(2)

東京(荻窪):川勢(かわせ)うなぎ蒲焼・串焼

b0089578_11130457.jpg
吉祥寺の焼き鳥屋さんを経て、最後までこの街をクルージングすると思われていたが、
プリさんに曰く、せせこましい昭和レトロなお店がひしめき合うような
オヤジ好みの案内はマイテリトリーの方がお勧めという訳で荻窪へと移動。

荻窪駅北口付近の闇市があったエリアにある渋い鰻屋さん、川勢(かわせ)
b0089578_11133869.jpg
狭いカウンターの角っこに陣取り、注文はプリさんにお任せして、
お通しのキャベツをいただきながら串を待つ。
b0089578_11141362.jpg
・ばら焼、れば焼、ひれ焼

地元では鰻屋さんは元々少ないし、ましてや各部位の串を提供するお店はあまり見かけないので、
珍しさとせつなさと心強さと~♪なんだか、ワクワクしてきます。
ばら(右):お腹の部分を集めて刺してあるそうで脂が凝縮されているような、
れば(中):確か、きも焼が売り切れだったかも、レバーを集めて串にしたもの
ひれ(左):背びれと腹びれをニラと一緒に巻いたもの
b0089578_11151314.jpg
・八幡巻き、串巻き、短冊
短冊(右):一口のかば焼きが串に刺してある、一番馴染のある鰻。
串巻き(中):串に細切りした鰻をくるくるの巻いてあります。
八幡巻き(左):ごぼうに鰻が巻いてあり、牛蒡が串代わり。
b0089578_11161085.jpg
またまたひれ焼き、串にささったスタイルは焼き鳥感覚で親しみやすくて美味しくて大満足。
そんな訳で自動的にお酒も進んじゃうわけです。

時間が経っているのとハシゴのせいで記憶が不鮮明ですが、ここはまた行きたいお店の1つです。

次に続く。。。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-07-08 23:31 | 東京 | Trackback | Comments(0)