タグ:和食 ( 173 ) タグの人気記事

金沢(橋場町): 天金(天麩羅専門店) oishii

b0089578_13582154.jpg
県外からお客さまを迎えて日中は農家さん巡り、薄暗くなる夕方まで色んな箇所に足を運び、
夜は天麩羅専門店の天金(てんかね)さんで夕食をご一緒させていただきました。

天金さんは金沢が誇る老舗料亭 金城樓が営む天麩羅専門店、本館の横に隣接した場所にひっそりと佇んでいます。

金城樓さんと言えば昔から住み慣れた実家の近所にあり、私にとってはごく身近に存在していた料亭旅館。
とは言っても今まで近所であるが故、上司や先生方をタクシー代わりにお連れする役目が多かったなぁ、と。

現在もそこに住んでいるので、近くにありながらずっと今まで縁がなかった金城樓さん。
今回は本館ではありませんが、昔から知ってる宝物をようやく覗ける様なじわっとした嬉しさがありました。

店内は窓から日本庭園を望むことが出来るカウンター7席のみの落ち着いた空間。
夜だったので庭園の灯篭がライトアップされぼんやりとした灯りが暖かく浮かびあがっていた。
b0089578_13583214.jpg
鯛の昆布締めと素麺南瓜、蛸の煮物と長芋の葛よせにカラスミ、葉っぱと揚げのお浸し

天金の料理長さんは本館の元副料理長だった方、自ら厳選した地魚や加賀野菜など新鮮な旬の素材を
目の前で衣液にくぐらせて鍋に入れ一つ一つ丁寧に揚げていく天麩羅と、
季節感溢れる八寸などには料亭の技が組み込まれており、目でも味でも楽しむことができます。
b0089578_13583644.jpg
天麩羅はその都度、お勧めの食べ方を教えてくれて、
彩り豊かな九谷焼の器と共に岩塩、天つゆ、レモン、たっぷりの甘めの大根おろしが用意されていました。

まずスタートは車海老の頭2つ、頭の部分は小さいけれど旨みが凝縮して含まれてるんですよね。
軽い頭の部分をサックリと塩でいただきました、カリカリで香ばしい。
b0089578_13584026.jpg
車海老の胴体部分が2つ、1つは塩・1つは天つゆで、歯ごたえとほんのりと海老の甘みを感じる逸品。
油は素材の風味を際立たせる為、香りの控えめな太白胡麻油を使用しているそうです。
b0089578_13584457.jpg
銀杏の葉と共にほっこりとした食感の栗と銀杏
b0089578_13584810.jpg
県内を代表する松茸の産地、珠洲産の松茸
b0089578_13585241.jpg
七尾産のめごち
あまりメゴチにはお目にかかったことがないのですが、キスに比べてきめ細やかでしっかりしている印象。
でも淡泊な風味も持ち合わせていてお魚の旨みが広がっていくような感じです。
b0089578_13585659.jpg
僅かにサクリとした食感が残った蕪
b0089578_13590026.jpg
金時草とくちこ、一枚そのままの金時草の天麩羅ならよく見かけますが、
細かく刻まれた金時草は繊細な口当たりで中から濃厚なくちこが顔を出す、これはたまらない。
b0089578_13590458.jpg
下仁田葱を塩と味噌の2種類、サクッとした衣の下は瑞々しさが残った甘い葱の食感
b0089578_13590863.jpg
柳鰆と松茸のお吸い物は上品で澄んだ出汁に松茸がたっぷり、香りも味も風味豊か。
鮮やかな菊がまた綺麗です。
b0089578_13591225.jpg
大聖寺の天然鮎 鮎の骨せんべいと一緒に、器に鮎のうるかが添えてありそれを付けて食べます。
うるかは鮎の塩辛で色から内臓のみの苦うるかでしょうか、熟成された様な深い味わい。
b0089578_13591772.jpg
輪島の甘鯛と鱗、ほっくりとした白身にカリカリの鱗がいい歯触り。
b0089578_13592190.jpg
加賀蓮根の団子に雲丹、ほんのり甘いもちもちとした加賀蓮根の団子に雲丹と贅沢な1品。
お出汁がまた美味しい。
b0089578_13592568.jpg
長崎産の穴子、薄い衣に包まれた穴子はふわふわで骨を感じさせず、とても上品な味。
b0089578_13593033.jpg
食事は天丼、天茶、白ごはんの中から選択できます。

ここまでで相当にお腹が膨れてしまった私はごはんを遠慮しようと思ったのですが、
もし残したら代わりに食べるという同行者の有り難い申し出に「天丼」を選択。

大葉が混ざったかき揚げはサックサクで甘めのタレが抜群に美味しく頼んでよかった。
最後に画像はありませんがデザートにアイス。

雨降る日曜の夜の団体客は私たちだけだったので、静けさの中にも和みムードが漂い、
一つ一つが拘って選ばれた食材たちの旨みや甘みが伝わってくる繊細で軽やかな美味しい天麩羅と
金沢らしい情緒溢れる雰囲気にお客様も大満足だったよう、そして私も同じ気持ち。

天金さんは自宅から近いこともあったけど、ここは浅野川のほとりに立ち並ぶロケーションで東山界隈もすぐ傍。
夕食の後は小雨の降る中、夜の東山界隈を散策へと向いました。
昼間との賑わいと違って観光客は殆どおらずシンとしていて、
独特なしっとりした趣きを堪能しておられたようで、いい金沢案内が出来たかな?と笑顔でお別れした夜でした。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-10-28 22:00 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(香林坊):わ食 たまき(環) oishii

b0089578_12490604.jpg
9月初旬に今年3月にオープンしたわ食 たまきさんに行ってきました。
香林坊せせらぎ通りから1本裏手に上がった通りにある為、繁華街中心なのに隠れ家的なひっそりとした佇まい。

季節の旬食材をひと手間加えた和食を楽しめる「大人の居酒屋」がコンセプトという同店。
店内は清潔感ある木のカウンターや椅子が目に優しく明るくて、カウンター7席と小上がり6席とこじんまり。

メニューは全てアラカルトで、その日の各地方の新鮮な魚介から
あわ尾鶏に加賀丸芋、ゴールドラッシュと拘りの食材使いが見えてきます。
キタアカリのポテトフライなんて絶対に美味しそうだし。
b0089578_12493523.jpg
乾杯は竹葉能登の梅酒、付き出しは万願寺唐辛子と茶豆の茶碗蒸し
まだ暑さが残る日だったので、ひんやりした茶碗蒸しところころとした茶豆の食感が心地よい。

アルコールはビールを始め、地元産・県外産の日本酒が豊富で梅酒やワインなども色々揃っており、
この後は白ワインのグラスをいただいておりました。

b0089578_12500503.jpg
・お造り 山口県産 真あじ
芽葱や茗荷に胡麻、穂紫蘇で飾られた繊細な盛り付けの鯵。
山葵と醤油漬けの千切りが添えてあります。
薬味を一緒に巻いて食べると鯵がより美味しく。
b0089578_12503523.jpg
・牛すじ能登の塩煮込み
あっさりとした上品な味わいの牛すじ煮込み、ほろっと柔らかくて葱がいっぱい。
お汁にも旨みが出ているので最後まで飲める。
b0089578_12510510.jpg
・帆立とアボカド岩のりジュレがけ
トマトとアボカド、グリルした帆立に穂紫蘇と岩海苔ジュレ。
出汁のジュレに岩海苔と磯の香りがする和風サラダは食べやすく帆立が香ばしい♪
b0089578_12513548.jpg
・生うにと湯葉やっこ
あっさりとした湯葉と贅沢に生うに、そして上にはジュレと山葵。
b0089578_12525210.jpg
・新蓮根天ぷら
新蓮根だからかシャキシャキッとした歯ごたえと瑞々しさが残る天ぷら。
b0089578_12540380.jpg
・焼き鴨ロースと赤なすの揚だし
厚めの焼き鴨ロースに細かく切り目の入った赤なすと、酢橘に九条ネギ、ぶぶあられ
噛みしめる鴨もだけど出汁が美味しい。

どれも彩りが綺麗で繊細な一工夫が利いていて、美味しかったです。
静かで落ち着いた雰囲気なのに気軽に入れるのも魅力的で、大人の居酒屋と言われる所以ですね。
そして中々リーズナブルで、こちらも嬉しい。

今回は2人で来ましたが、お1人様でもふらりと立ち寄れそう。
実際に仕事帰りのサラリーマンやOLさんも多いらしいです。

奥の小上がりから団体客がぞろぞろっと出てきたところで、知人と偶然バッタリ。
さすが食いしん坊は美味しいお店をチェックしている!笑

今度は女友達とここで語り合いたいです。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-17 23:56 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

東京(浅草):鮨 久いち oishii

b0089578_14425155.jpg
この日は下町近辺で色々と用事があり、朝早くからの移動の為、朝ごはんは抜き←珍しい
なのでお昼頃にはすっかり何でも来い、なお腹になっておりました。

お昼は前日と同様にお任せしてもらうパターン。
東京メトロ銀座線・浅草駅を下車して、どうせなら拝みついでと浅草寺を突っ切って向っていくことに。

完全にほぼ外国旅行者しかいない浅草寺を横目で見つつ・・と、東京で一番の観光地ですもんね。

大通り沿いから裏道を通っていこうと1本裏手にまわったら、偶然にもアニマル浜口のジムを発見。
ほほぅ浅草にあるのね、気まぐれに裏通りを入ったお蔭で一瞬の高揚感。

その場所からほど近い通りにあるシンプルで洒落た建物のお寿司屋さん、鮨 久いち
平日のお昼ですが、カウンターや奥のお座敷共に人が入っており
私たちが入る時はちょうど人の入れ替わりで、少し余裕があるようなカウンター。

大将は「銀座久兵衛」で17年間修業をされた経歴を持ち、お店の「久」という名前をいただいたとのこと。
私は事前に知らなかったので、思わず心の中でおお!と軽く驚き。

ランチは3800円のお任せからあり、
私たちは真ん中の大島(6,000円)(握り12カン、巻物、わかめ酢の物、お椀)を選択。

実は前よりも少食になっているので、その旨を伝えると
うちはシャリは小ぶりな方ので大丈夫でしょう、希望により小さくも大きくもできます、とのこと。
感じの良い御主人にホッと一息、そして程よくリラックス。
お寿司の写真は写してもOKだそう。
b0089578_15081228.jpg
先付はワカメの酢の物、くらげと茗荷が入っていてさっぱりとした和えダレ。
b0089578_14433287.jpg
平目、水茄子
小ぶりのシャリは口の中でほろっとほどけて酢も結構効いている。
b0089578_14434046.jpg
噛むともっちりとして弾力のある鯛でした
b0089578_14434555.jpg
烏賊
お塩と青柚子でいただく烏賊は身がパツパツ、ねっとり
b0089578_14435051.jpg
鰯、こはだ
鰯が脂がのっていてとろん
b0089578_14435600.jpg
鮪づけ
風味を損なわないように漬ける時間は短めだそうです
b0089578_14440229.jpg
鮪中とろ
旨みや甘みがあって美味しい
b0089578_14440658.jpg
雲丹
この海苔がとてもパリッとして風味があって歯切れがいいというか、
雲丹の特別感がより引き立つ感じでした。

b0089578_14441278.jpg
ホタテ貝

b0089578_14442489.jpg
いしがき貝
岩手産のいしがき貝は殻や身の形はとり貝にそっくりだそうです、確かにそんな形。
甘みがあってシャクッと歯切れがいい、地元ではバイ貝が多いので違う貝の味わいが新鮮。
b0089578_14443165.jpg
穴子
熱いですからね気を付けて・・と。
前日から穴子づいてるけどほろっと柔らかくて濃厚なツメの甘さ
これはやばい・・・穴子美味しいなぁ♡
b0089578_14443891.jpg
鉄火巻、干瓢

ゴロッと入った鉄火もそうですが、実は最後の干瓢の美味しさに感動してました。
濃いめ味付けで歯ごたえのある干瓢に口の中に入れると引っ張られるような海苔の張りと風味。
ここでも海苔の良さを再確認、私的には最後にインパクト。
干瓢巻きってこんなに美味しいんだ、って。

b0089578_14441843.jpg
浅利のお味噌汁

地元浅草の出身で実にさばさばとハッキリとした物言いが気持ち良く、同行人と共に会話が弾みました。
シャリの大きさも丁度良くてどれも本当に美味しかったです。
浅草の地にて江戸前のお寿司を堪能できました~コストパフォーマンスも高い。
そしてフランクな御主人、居心地の良い空間をありがとうございました。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-14 23:20 | 東京 | Trackback | Comments(0)

東京(日本橋):玉ゐ 本店 (たまい)穴子専門店「箱めし」

b0089578_15350700.jpg
所用にてお江戸で滞在した時のランチは、同行者の勧めにより和のお店に立ち寄ることが多い。
過去をさかのぼるとお寿司屋さん、鰻屋さん....1人や家人とだと別ジャンルに行くのですが。

今回は日本橋の穴子料理専門店、玉ゐ 本店に行ってきました。

昭和28年に酒屋の家屋として建てられた木造建築を使用した穴子料理が堪能できるお店。
年季の入った外観ですが開店は2005年と日本橋では比較的新しいお店で意外。

知り合いからはいつも外に人が並んでいると聞かされており、昼は予約も出来ないので
何とか12時前には入店したい!と急いで向かうと、外には誰も並んでいない。

とは言え、実際店内はかなり席は埋まってましたが。
壁向かいのカウンターではなくテーブルに座ることが出来てラッキーでした。
b0089578_15351263.jpg
7月3日から解禁となった期間限定の穴子のお刺身。
コリコリしていてものすごい弾力、そして噛んでいる内にじわじわと伝わってくる甘い脂の旨み。
脂はのっているけどしつこくはない上品な味でこれはほんと美味しい。
b0089578_15352590.jpg
穴子なのでう巻きならぬ「あ巻き」
煮穴子を出汁巻きでくるんだあ巻きは、甘さ控えめで熱々ふわふわ。
上には付けダレでキリッと、うーんこれも外せない。
b0089578_15351737.jpg
今回の主役「箱めし」は小箱、中箱、大箱の3種類あり、今回は中箱を注文。
(香の物、お椀付き)

穴子には仕上がりに「煮上げ」と「焼き上げ」があり、中箱はこの両方が入っています。
小箱はどちらかを選び、大箱はごはんとごはんの間にもう1段穴子が入っているそう。

後からお椀に移して穴子のお出汁をかけてお茶漬け風に食べるので、
穴子のお出汁も一緒に注文してあります。
b0089578_15352156.jpg
穴子は養殖が難しいらしく使われている穴子は全て天然物。

手前が焼き上げ、ふっくらとしていて香ばしい、鰻よりもさっぱりしていて食べやすい。
鰻と比べてしまいましたが、これは美味しさが別の食べ物だわ。
うん、美味しいーー

煮上げはふんわりと柔らかくとろける具合、甘辛いタレ濃いめだけれど穴子がしつこくないので丁度良い塩梅。
穴子の下に海苔と大葉が敷き詰めてあるので、余計にさっぱり目の感覚があるのかも。

好みで葱、柚子、ごま、山椒、山葵などの薬味をかけて食べます。
b0089578_15353289.jpg
お椀に残しておいた穴子とご飯を入れて、白葱と胡麻を加えて穴子の焼骨からとったお出汁をかける。
さらさらとひつまぶしを食べる要領ですね、これはこれでひと味違った美味しさ。

広島であなご飯やお刺身を食べてその美味しさに衝撃波を受けたあの時から数年。
ここでも鰻にひけをとらない魅力を引き出した味わいがいただけました。
穴子への熱視線止まりません、ごちそうさまでした。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-10 23:00 | 東京 | Trackback | Comments(0)

金沢(橋場町):a.k.a.(くずし割烹・和食ダイニング) oishii

b0089578_11384538.jpg
東山ひがし茶屋街のほど近く、浅野川大橋のたもとに2016年に地域密着型ホテルとしてオープンした
シェア型複合ホテルHATCHi(ハッチ)

お洒落なゲストハウスの1階のグランドフロアは宿泊者だけでなくとも楽しめる造りになっており、
地元で人気のコーヒースタンド「HUM&GO」や北陸のお土産を扱うギフトショップ「[g]ift」、
以前片町でくずし割烹を提供していたお店がハッチで復活した「a.k.a.(アーカ)」 で構成されていますが、
今回はそのa.k.a.さんに久しぶりにお邪魔してきました。

b0089578_11392031.jpg
ギフトショップとコーヒーショップがあるホテルのエントランス奥にある開放的な空間。
夕食メニューは一汁三菜なミニコースからフルコース、グランドコースなどのコース料理と(以前の記事:2016年5月)
アラカルトメニューがあり、どちらも地元の食材を使った旬な和食がいただけるのですが、
前回はコース料理だったので今回は気軽なアラカルトメニューにしました。
b0089578_11385209.jpg
アルコール類は日本海倶楽部の地ビール「奥能登伝説」、ハイディーワイナリーの各種地ワイン、
北陸三県の日本酒各種と地元のお酒を始め、果実酒、焼酎、カクテル、ウイスキーと色々揃っています。

・金澤麦酒生ビール
金沢市で地ビール製造を行っている金澤ブルワリーさんの金澤麦酒生ビール、こちらは8月いっぱいの限定みたいです。
b0089578_13555237.jpg
・すだち酒のロックとお通し
お通しは沢蟹の素揚げ、へた紫茄子の田楽、オクラとベビーコーンのゼリー寄せ。
加賀野菜のへた紫茄子はヘタの下まで紫になるという卵型の小さな茄子。
皮が薄くて身が柔らかい田楽を1口でパクッと。
b0089578_13555851.jpg
・金時草酢物
夏場の地元野菜として独特の風味がある金時草。
火を通すと表面がぬるっとした食感になるのがいつものイメージなんですが、
こちらはぬめりよりシャキッとした食感の方が強くて歯ごたえよく爽やかに食べられました。
添えてあるのは別に味付けしたずいきの酢の物。
b0089578_13560479.jpg
・能登岩ガキ
夏場が旬の能登産岩ガキ、殻も中身も大きくて食べごたえあり!
生のままポン酢でいただきます~~。
今回はお刺身は頼まなかったけど、通常メニューには刺身盛り合わせ、のど黒の一夜干などがありますよ。
b0089578_13560944.jpg
・鮎のコンフィー
外はカリッとして中は身がしっとりとした子持ちの鮎のコンフィー。
これはもしや額賀章夫さんの長角皿かと思ったら当たりでした。
お店で使われているこれら作家さんの器はモダンであるのに
和のテイストにしっくりと合っていてお料理と共に楽しめます。
b0089578_13561408.jpg
夏野菜と能登豚山椒煮
涼やかな器の能登豚の山椒煮にはスイートトマト、オクラ、そうめんカボチャの出汁びたし
b0089578_13561949.jpg
・とうもろこしのかき揚げ
夏らしいとうもろこしのかき揚げ、サクサクなとうもろこし粒粒の食感とフレッシュ甘みをお塩でいただきます。
b0089578_13562463.jpg
・しば田の堅豆腐 薫製漬け
近江町市場の手づくり豆腐屋さん「しば田」さんの堅豆腐を薫製漬けにしたもの。
ねっとりとした食感と味わいはまるでチーズ、お豆腐の風味も残っていて薫製の香り。
お酒のあてにぴったり、ビールやワイン、日本酒と何でも合いそう。
b0089578_13562912.jpg
・能登牛の炙り
お肉の柔らかい部分は肉汁がじゅわっと、山葵の醤油漬けと共に。
b0089578_11385690.jpg
・魚の南蛮漬け
ハイディワイナリーさんの軽やかな赤ワイン、マスカットベリーAをいただいていたので、
まだワインのお供が必要でした、お魚はマリネされて酸味が効いてる。
b0089578_13564194.jpg
・鮎素麺
〆は鮎のコンフィがのった鮎素麺、茗荷や葱、生姜と共に爽やかに。
b0089578_11390276.jpg
・ラベンダーのアイス
河北潟のハーブ農園ペザンさんのラベンダーを使ったラベンダーの香りがするアイス。
酒粕のクッキーとラムレーズンを添えて。

この日は団体の方々でテーブル席は埋まっていましたが、
その後は宿泊客らしき外国人旅行者が食事している姿をチラホラ見かけました。

旬に拘った食材や調味料、お酒などを地元産で揃え、
カジュアルなスタイルで気軽に和食のコースやアラカルトを味わえる和食ダイニング。
朝ごはんも提供しているので(予約制)、旅行者には何かと便利だと思います。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-08-17 23:39 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(彦三町):PLAT HOME(プラットホーム)

b0089578_14531882.jpg
7月のお盆を迎えた連休も終わって一呼吸、そろそろ旨いものを食べに画策を巡らす主婦~ず・4人組。

その中の1人が前々から行きたくて行きたくてとリクエスト砲を出していたお店が1軒。
後の2人も未訪ということで、満場一致で決まったPLAT HOME(プラットホーム)

シンプルに見えて1工夫2工夫、新しい発見や驚きが楽しく、そして何よりどれも美味しい。
季節メニュー目当てに定期的に行きたくなる和食ベースの創作料理店。
b0089578_14532495.jpg
お酒がすっかり弱くなってしまった私の最初の1杯はいつもと変わらず、果実酒が好きなので柚子酒ロック。
お通しは胡麻ダレがかかった自家製ハムと湯がいた葉物。
b0089578_14532840.jpg
・ポテトサラダ
初めてならこれ食べないと、と食の案内人のごとく定番のポテサラを1つ。
スモーキーな香りの皮付きポテトと上からかかったベーコンが混ざったソース。
混ざってないから1口ごとの変化が生まれて、うん相変わらず旨い。
b0089578_14533181.jpg
・水ナスとみょうがの和え物
じめ~っとした暑い日が続いている時はさっぱりした野菜が食べたいと1番先に注文したこちら。
茗荷と上に散らした大葉のベビーリーフはこれぞ和という香りの相性抜群。
水ナスはほのかな甘みがあって瑞々しい。
b0089578_14533692.jpg
・お造り盛り合わせ
〆サバ、平目昆布〆、梅貝、あおりイカ、かわはぎ肝付
笹の葉とマイクロトマトの飾りで御舟にのったみたいなお造り盛り合わせ。
山葵の代わりにセンナの醤油漬け、生姜の醤油漬けが細切りで添えてあります。
かわはぎだけ醤油漬けの別皿に、お刺身を肝と一緒に食べると酒のつまみ的には最高!
b0089578_14534530.jpg
・牛すじのトマト煮
おーちょっといつものメニューの中では珍しいかも!?と思って頼んだ牛すじトマト煮。
口当たり優しいのに味がどんぴしゃ決まっててお汁にお肉の旨みが溶けててうまーい。
ご、ごはんにかけて食べたいかも。
b0089578_14534929.jpg
・ハモの天ぷら 卵黄醤油
淡泊なハモの天ぷらにコクのある卵黄醤油のタレ、ほぉーと皆頷きつついただきました。
卵黄醤油だけ残るとまたお酒のアテにしている人がいましたわ。
b0089578_14535356.jpg
・アジフライ 熟成黒もろみ味噌添え
夏ですなぁ、大葉のせアジフライ。
野菜に付けると美味しいこっくりした醗酵の味のもろみ味噌、フライにも合いました。
b0089578_14535885.jpg
・能登豚の西京漬け
なんで西京焼きにすると旨みが右肩上がりなのか、ピリッとしたガリと合わせます。
紫蘇の枝を上に添えてさりげない空間演出、紫蘇の実をちぎって食べてこれも酒の肴にしながら。
b0089578_14540395.jpg
・トマトのおひたし
ホッとした瑞々しいものが食べたくてトマトのおひたし。
出汁の風味とトマトの酸味でつるりんさっぱり。
b0089578_14540652.jpg
・トウモロコシと海老とバジルのかきあげ
トウモロコシと海老と聞いただけでそそられる、バジルの香りをプラスして。
海老とトウモロコシの甘さが旨し、黒い粒粒はお醤油の塩だそうです。
b0089578_14541153.jpg
・出汁巻き玉子 海苔あんかけ
ふわふわ出汁巻き玉子の下は磯の香りのとろっとしたあんかけ。
上には金時草のとろねばオールスターズ。
b0089578_14541560.jpg
・マグロと海ぶどうの海苔巻きごはん
手巻き寿司な形の海苔巻きごはんは1人前だそうなので4つ注文しました。
漬けマグロとほかほかシャリの間に海ぶどうの組み合わせが新鮮。
海ぶどうのぷちぷちと口の中で地味に弾ける食感と適度な塩気で、マグロの旨みと相乗効果あり。

厨房の冷蔵庫を内装に合うように塗り替えてしまったという内装は、アメリカやヨーロッパのアンティークを使用。
和食なのにオリエンタル一辺倒な雰囲気ではなく入りやすいからか、外国人のお客さんが目立つ。

和食が美味しく食べれるし、ポンタ君始めスタッフさんたちの英語によるコミュケーション能力が優れているからもあるよね。
たぶん日本縦断中と思われるお隣のテーブルの外国人のご家族が帰られる時に、
とても嬉しそうにお礼を言っていて、日本での良い思い出の1つになったようでこっちまで微笑ましくなりました。

一緒に行った友人たちも全員が大満足~ご馳走様でした、また伺います!

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-07-24 23:55 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(片町):鰻鐵火(うなてっか)金沢・鰻専門店でレセプション

b0089578_11350204.jpg
鰻は「土用の丑の日」の影響もあって「夏」のイメージがあるけれど、
実は旬は秋から冬だったりするし、甘く香ばしい鰻の匂いや身はもはや一年中食べていたい食材。

そんな鰻の専門店が金沢片町の伝馬町商店街の通りに7月11日にオープン、鰻鐵火(うなてっか)金沢
国産うなぎに拘り、鰻重から鰻鍋(うなべ)、鰻串、鰻の肴など鰻の魅力をあますところなく楽しめる!

今回はオープンの前日、レセプションに参加してきたので、そのお料理を紹介します。
b0089578_11350713.jpg
玄関正面右側にはお持ち帰り用の窓口があって、ウナギを焼いている姿が見えます。
近くに寄ると鰻のよい匂いが漂ってきて食欲をそそられる。
b0089578_11351204.jpg
この店舗は前はお寿司屋さんやラーメン屋さんだったりした居ぬきなのですが、
厨房などところどころ改装してあるものの、カウンターなどの造りはそのまま使用しているので
建てたばかりの全く新しい内装よりも良い感じに風情が残されて、落ち着いた雰囲気が鰻料理にマッチ。
1階はカウンターのみ、2階は団体のお客さまが入れるみたいです。
b0089578_11351612.jpg
飲み物類は日本酒、焼酎、割酒、ビール、ワイン、ソフトドリンクと各種選べます。

・煮こごり、八幡巻
旨みがあるふるふるした煮こごりの中には鰻と葱、煮て下調理した牛蒡の周りに鰻を巻きつけた八幡巻。
どちらもしっかりした味付けでお酒が欲しくなります。
b0089578_11352053.jpg
・湯引き
梅肉や茗荷が添えてある湯引きは噛むと弾力と引き締まった感があり、鰻の脂のコクと風味が喉の奥を通りすぎていく。
鱧に似ている姿だけど、食べるとやっぱり鰻だわぁー
b0089578_11352962.jpg
・鰻串
鰻の串!東京では何度か鰻の色々なパーツを串焼きで出してくれるお店に行ったことありますが、
金沢では自宅で蒲焼を食べる方が多いからか経験がないなあ。

左から肝、短尺(たんざく)、くりから
肝は軽いほろ苦さとコクのある旨みでタレ味がよく合います。
短尺は蒲焼と白焼きがありこちらは大野醤油ダレ、裏の皮がパリッとして香ばしいです。
くりからは鰻を割いて蒲焼用に捌く時に出る切れ端部分(背肉)を巻きつけて焼いたもので塩をかけて食べます。
食感も普通の身と違うしややさっぱりしていました。
b0089578_11353588.jpg
・鰻串
丸ぶつ、いわゆるぶつ切り焼き。
鰻本来の味が楽しめるというか、身の中に詰まった脂がダイレクトです。
骨があるので取り除きながら。

串には他にもえり、しっぽ、鰻力、うな葱、西京焼き、うな坦々、田楽と鰻中心のものから
鰻以外の野菜の串焼きもあります。
b0089578_11352486.jpg
・野菜サラダ
メニューには単なる野菜サラダの文字、出てきたのは数種類の野菜が千切りになったサラダ。
細切りでシャキシャキと食べやすいし、ドレッシングで鰻の脂でいっぱいになった口の中がさっぱり。
b0089578_11353967.jpg
・冷トマト炊き
薄味のお出汁で炊かれたトマトを冷やした冷トマト炊き。
こちらも冷たいトマトの瑞々しさとお出汁のやわらかさがしみ込んで、さっぱりとするので鰻の付け合せにはぴったり。
b0089578_11354392.jpg
半助豆腐を頼んだら「これちょっと食べてみて」と出された豆腐の煮こごり。
出汁は鰻の頭で炊いているそうです、ゼラチン部分の旨みと豆腐が美味い。
b0089578_11354804.jpg
・半助豆腐
上の豆腐の煮こごりを使った半助豆腐。
半助とは鰻の蒲焼を作った時に切り落とした「鰻の頭」の部分で、半助と味付けしたお汁で豆腐を煮込んだものが半助豆腐。
鰻の頭からよい出汁が出ているのでお汁もしみ込んだ豆腐も美味しい~
b0089578_11355209.jpg
・南蛮漬
揚げてあるけれど玉ねぎと一緒にお酢でマリネしてあるのでさっぱり。
b0089578_11360747.jpg
・骨せんべい
うなぎの骨をカリカリに揚げた骨せんべいでカルシウム摂取。
b0089578_11355888.jpg
同じカウンターの方がうな重を注文した後に
いけすから鰻を取り出して背中越しですが鰻を捌く様子を見ることができました。
b0089578_11361043.jpg
・すっぽんと鰻鍋
こちらはお隣の方々のお鍋、パチリと激写させていただきました。
鍋メニューにはお店の名物の鰻しゃぶ、鰻鍋(うなべ)、すっぽん鍋があって
こちらはすっぽんと鰻の両方という贅沢~~唐辛子と葱が見えますね。
b0089578_11361527.jpg
・うな重
こちらもカウンターの端の方々のうな重を激写、天下無双 特々1本半
というか、カウンター全員がほぼ知り合いだった訳なのでお互いに写真を撮りまくりです。
この尻尾が垂れたボリューム感のあるうな重のビジュアルが眩しすぎる。
あまりにキラ星な目をしていたせいか、お味見を少しいただきました(笑)ウホッうまー!!
b0089578_11361998.jpg
・う巻きめし
結構1品ものを食べているのでうな重や鍋などは入らなかったので、こちらが私たちのシメごはん。
一膳めしシリーズには、うなめし、うなとろめし、う巻きめし、鰻山椒茶漬、煮こごりめしとこれまた迷う。

一品料理の中でう巻きを食べていなかった私は迷わず、う巻きめし。
鰻と葱とタレが混ざったふわとろの玉子がかかったごはーん、笑顔間違いなしでした!
軽くお召し上がりください、の文字の割りには十分な量。
b0089578_11362368.jpg
・うなとろめし
同行者が食べていたのがうなとろめし、これは見た目うなとろ庭園、箱庭です。
とろろに卵黄、海苔と山葵と鰻の蒲焼、こちらも美味しそう。
b0089578_11362808.jpg
・うな玉巻

お腹がはちきれそうなほど満腹になり大満足なレセプションでしたが、
帰り際にお土産までいただきました、ありがとうございます!

うな玉巻は中心にう巻き、周りが鰻のタレで味付けしたご飯を巻いた太巻きです。
う巻きとタレごはんの組み合わせは食べごたえもボリューム感もあって、手土産としても喜ばれそう。

うなぎの串から1品料理に鍋にうな重にひつまぶし、もちろん王道の鰻のかば焼き、白焼きと
こんなに鰻料理の品ぞろえが豊富なお店は金沢では初めてなのでは。

少人数でカウンターから団体で鍋でも鰻の魅力を存分に味わえるお店、お勧めです。
まだまだ未食メニュー食べたいのが沢山あるのでまた行きたいです。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-07-18 11:37 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

東京(丸の内):まんてん鮨 丸の内 でおまかせコース

b0089578_15282712.jpg
とある地元のお寿司屋さんにて、今度東京出張があるのですがお寿司のランチでお勧めありますか?
と無限に広がる東京にて蜘蛛を探すようなデーター探しの質問を投げかけてみた。
すると、ここお勧めですよと1軒教えてもらったので、早々に予約して行ってきました。

JR東京駅南口から徒歩5分、丸の内ブリックスクエアB1Fにある、まんてん鮨 丸の内
ブリックスクエアと言えばエシレやロブションや各ファッションの店舗にばかり目が移りがちだったけど、
地下の飲食店エリアを見逃していた。
b0089578_10191139.jpg
地下街で一見カジュアルな雰囲気ながら、引き戸をしめるとキリリと引き締まり白木のカウンターは清潔感がある。
平日ランチは1000円代のバラちらし、3000円代のおまかせなど選ぶことが出来ますが土日祝はおまかせのみ。
今回は6480円のおまかせコースをいただきました。

おちょこに一番出汁のしじみ汁でスタート!
後はラストまで画像で怒涛の画像攻撃。
b0089578_10170205.jpg
北海道余市の鰤
b0089578_10172093.jpg
北海道のみずだこ
b0089578_10174472.jpg
能登の岩もずく
思わずお帰りなさいと言ってしまった、海女さんが素潜りで手摘みで採ってる岩もずく。
b0089578_10185801.jpg
平目のえんがわ
b0089578_10172717.jpg
戻りがつお
b0089578_10184338.jpg
さわらの玉ねぎ醤油
b0089578_10190326.jpg
えのきの昆布〆め
b0089578_10181180.jpg
湯葉豆腐
b0089578_10174074.jpg
とろステーキ
b0089578_10165117.jpg
青森のエゾ鮑
b0089578_10182836.jpg
鮪づけ
b0089578_10173441.jpg
えびいも
b0089578_10183340.jpg
b0089578_10164780.jpg
生いくら醤油づけごはん
b0089578_10190784.jpg
あんきも
b0089578_10171658.jpg
中とろ
b0089578_10171190.jpg
神奈川のかます
b0089578_10181950.jpg
三陸の牡蠣のうま煮、大根のはりはり漬け
b0089578_10185110.jpg
ぼたん海老
b0089578_10184785.jpg
北海道のキタムラサキ雲丹
b0089578_10182425.jpg
ねぎとろ玉ねぎ
b0089578_10172345.jpg
穴子、玉
b0089578_10170730.jpg
しじみお味噌汁
b0089578_10183849.jpg
かんぴょう
b0089578_10181543.jpg
シャインマスカット

なんとも~これだけの量をポンポンとテンポ良く出してくれる板前さんの小気味の良さと
コンセプト通りのその時季の旬のものをちょっとづつ贅沢にを余すところなく堪能。

おつまみとネタの種類の多さにこれだけ楽しめるけど、シャリが小ぶりなのでお腹膨れますが丁度良い満足感です。
ネタ本来の味を十分味わえるものからちょっとした目新しさを感じられるものまで本当に大満足でした。

コスパが良いと評判なのも分かる気がします、気楽にいける感じも良いですね。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-07-11 23:29 | 東京 | Trackback | Comments(4)

東京(銀座):五代目 野田岩(銀座店) 「鰻三楽コース」 oishii

b0089578_15214297.jpg
ネタがいっぱいたまっている中から・・・去年の10月の東京編です。

いつもの行動パターン、手造りおむすび処「むすび・金沢駅店」に立ち寄り、野菜ジュースもプラスして新幹線に乗り込む。

おむすびは相も変わらず「明太子マヨネーズ」、この間限定の「金沢カレー」を選択したらやはりいつもの方が正解だった。
「した後悔」>「しなかった後悔」がまだまだ当てはまる、おむすびを巡る心理模様。

お昼頃に差し掛かり現在位置は銀座付近。

それにしてもこの日は一段と寒くてスーツにシャツインな服装は薄着だったらしく、
寒い・・震えるっこのままでは風邪ひきそうっ!!

薄手のベストでもあればと思うが物色する時間もなく、
目的地へ向かうと天の助け的なスーツカンパニーを発見。

そこでベストを購入してそのまま着用、薄手セーターなので見た目は殆ど変らない。

そしてスーツカンパニーが1Fにテナントしているこのビルこそ目的地、あまりにもどんぴしゃな偶然。

銀座・数寄屋橋交差点近くのビルの地下に降りると、あの「すきばやし次郎」がある。
扉は偶然なのか少し隙間が空いていて、ハッあれは生きる伝説の「二郎さん」はないか?一瞬見えただけだが。

そこはすぐに通り過ぎ同じフロアにあるうなぎの専門店、五代目 野田岩(銀座店)が目的地。
本店は東麻布にある寛政年間に創業した200年余年続く老舗鰻料理店の銀座店。

もちろん事前予約してあった訳ですが、スーツ姿の男性群や海外観光客などが入れ替わり立ち代わり入店してきます。
それでも本店よりは予約しやすいとのこと、しかも比較的早く出てきました。
b0089578_15233400.jpg
鰻三楽コース(一番シンプルに鰻を味わうコース)

・お通し
鰻の煮こごり、ゼラチンの柔らかい甘みの後に鰻の旨みが続いてきて、
お酒が飲みたくなるお通し。
b0089578_15241968.jpg
・志ら焼

鰻そのものを味わうといった滋味溢れるといった方がいいのか、あっさりして上品。
山椒を添えて、塩・醤油で味を楽しみました。
b0089578_15244474.jpg
・鰻重(肝吸・香の物・箸休め)

いつも関西風の鰻に慣れてるとふわっと柔らかい関東風は新鮮なんですが、
ここはクセがなくて口の中でほろろとほどけるようなとても優しいというか、
タレは今まで食べた中で一番あっさりしているように感じました。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-07-04 23:25 | 東京 | Trackback | Comments(0)

金沢(博労町):香りん寿司(寿司)で快気祝い oishii

b0089578_16420561.jpg
自分たちが勤めていたり住んでいる地域には、まだまだ発掘予定の未訪問のお店が何軒もあります。

この尾張町界隈周辺に普段生息しているラーメン好きの仲間たちが、ご近所を探検する為に発足した「近場くらぶ」。

第一回は尾張神社の近くの香りん寿司 、後に続く店をまだまだ開発しようとの矢先に私が入院!

で、退院後に結構何でも食べれる様になってきたので、4月後半に原点の香りん寿司で5人で快気祝いの宴会。

b0089578_16423568.jpg
・だし巻

お寿司屋さんなので当然お寿司がメインながら、気軽な1品料理がメニューに幾つもあるので、
居酒屋感覚であれこれ食べて、最後にお寿司でビシッと〆る使い方している人が多いと思う。

刺身・焼き物や1品などがついた「ちょいのみ:1,500円」セットもあるからお1人様飲みでもオッケー。

b0089578_16430538.jpg
・げそやき

この日はカウンター、小上がり、私たちのテーブル、2階にもお客がいるようで(知らなかった)大盛況。
カウンターには外国人客がいてこの店では珍しくない光景。

近江町市場や金沢城から近い立地から立ち寄りやすいし、観光客間の情報交換も飛んでいるのかも。
そんなメニューは当然ながら英語表記も対応。

b0089578_16433562.jpg
・枝豆

私たちが座っていたロングテーブルの端っこはあと2人ほど席が空いており、
その椅子取りゲームの席を射止めたのは、ガラッと途中から入ってきた背の高い外人男性1人。

もれなく私たちの真横に座り、全員が彼に笑顔でようこそ的な挨拶をおくる。
さて、ここから全員なにか取りつかれたようにコミュニケーションをとらねば・・という緊張した空気が充満しはじめた。

もちろん、彼に楽しい食事の時間を過ごしてほしいという表れなんだけど、
全員が英語が堪能ではないので、何を質問していいのか?からそれを英語文に直すのもまた悩みどころ。

b0089578_16452328.jpg
・お刺身盛り合わせ
ブリ、甘海老、鮪、カンパチかな?やはりお寿司屋さんのお刺身は美味しい。

隣の彼・・にまずは何処の国から来たかを質問!基本。
そっかぁーオランダから来たのね、ネザーランドという英語が遠くのどこかに漂っていたので、
彼が発した言葉に一瞬一呼吸置いた。

東京から高山→五箇山→金沢に来て、予定では京都、大阪、最終的に福岡まで移動して帰国するというロングステイ。
ウーロン茶とお寿司のセットだけを頼んでいたので、他に何か頼む?と聞いてみたら、
東山に新しくできたクラフトビールのお店で1杯やってきて結構お腹は膨れているらしい。

b0089578_16455398.jpg
・ぶりかま焼

最初は知ってるオランダ人の名前を挙げてみるとか(ファンデルサール、アーネスト・ホーストは出てきたぞ)、
これじゃ海外で日本人がホンダーとかナカターとか言われるのを一緒ですね。

ステイ先のホテルや、ちょこちょこ片言で会話しつつも、これ英語で何て聞けばいいんだろう?と悩んだりして、
スムーズに盛り上がらないのは仕方がない。
最後はもっと英語を勉強しておけばよかったに落ち着く←多分全員

ひととおりお寿司を食べ終わると、長居せずにちゃっと帰った彼ですが出る時も笑顔で。
メンバー全員コミュニケーション能力不足でも、日本を楽しんでいってね!的なおもてなし精神は伝わったと思う。

b0089578_16462437.jpg
・焼きさば寿司
鯖の部分がとろっと柔らかくて美味しかった。

b0089578_16465428.jpg
・いちはん(一人前半)
おすすめメニュー、1人前半の量で1000円の「いちはん」を2つ頼みました。
おしんこと大葉の組み合わせが絶妙。

b0089578_16472352.jpg
・いちはん(一人前半)パート2
5人なので好きなものを早い者勝ちで、私はどれも食べれるけど白身を食べていたかな。

b0089578_16475358.jpg
・チャーハン
裏メニューに「酢飯チャーハン」というものを、メンバーが前に食べたらしいので注文すると
酢飯が売り切れ!ガーン!でも、普通のチャーハンを作ってくれました。
中身はもちろん魚介でこれが美味い!新しい定番メニューに加えてはどうでしょう。

b0089578_16482415.jpg
上に歴代の湯呑みが飾ってあり最初は昭和26年、そんなに長い歴史だったのね。
今のご主人は3代目で、最近では4代目の息子さんがお店に出るようになって頼もしい限りです。



[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-05-04 23:44 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)