タグ:中華・ラーメン ( 371 ) タグの人気記事

横浜(中華街):龍仙(お粥・上海料理)

b0089578_1564745.jpg
「中華街で朝食を」、アジアのオードリー中華街に降り立つ。別名、鳳 啓助。
そんなシークレット任務を遂行するために、早朝の横浜中華街を音もたてずにばく進中。

3月末、出張で横浜へやってきました。
早朝から人気のない中華街で、朝粥を啜りながら仕事の密談?
そんなイヤーオブザドラゴン的な事情ではなく、いわゆる脳内食欲欲求を満たす為。

前日に横浜入りした私、この日は仕事のスケジュール開始時間が早いため、
ホテル近くのスタバで適当にすますのもよいのだが、
せっかくの横浜だから朝は中華街で始めたい。
朝ごはんのためなら早起きもいとわない。
食い意地パワー、恐るべし。

早朝、7時頃の中華街はほとんど人気なし、
ブルースリーの真似っこしても、無邪気なジモティーに見えるかも。←スーツ着てるが
b0089578_1565741.jpg
人通りが激しいと見落とされるお店も、誰もいないと思い出の店も偶然見つかったりする。
海員閣は細い道に入ると見つかる古いこじんまりした店。
今では少なくなったコークス(石炭を乾留(蒸し焼き)した燃料)を使って調理をしている。
学生時代に皆で込み合ってるからと一ヶ月ほど前から予約して、
食べたのは一人5000円のコース。

前菜に豚の耳や大事なとこが入っていて、大いに盛り上がったものの
かなりの量で食べきれずにパックに詰めてもらって持ち帰り、
廊下からふすまを開けるとすぐ畳部屋で雑魚寝というホテル?で皆で〆として食べた記憶が。
b0089578_157998.jpg
これは去年の秋に行った広東料理の萬珍楼
豪華絢爛な内装に違わず外観も素敵!と撮ったら裏口だったので、
今回は正面からパチリと。←行った証明
b0089578_1572011.jpg
ようやく着いた目的の場所は「龍仙」という上海料理のお店、朝粥が目当て。
↑ページの馬さん84才が置物かと!
朝7時から深夜2時まで営業、しかも年中無休。
いつ休むのか心配になっちゃうわ。

当然、こんな早朝から営業しているお店は中華街にはなく、朝ごはんを食べるのに便利。
すでに団体客が入っていて、がっつり食べている様子。
b0089578_1573179.jpg
龍仙粥
お店の一番のお勧めのお粥という龍仙粥を注文。
海老・帆立・イカ・白身魚が入っていて、量はかなり多め。

優しい鶏のスープがベースとあるが、白かゆ!?と思うほど味は薄い。
しばらく食べてテーブルに置いてあった調味料を入れて味を付ける。
あっさり目が好きな人にいいのかも。
もっと安価のピータン粥や牛モツ粥でもよかったかな。

さて、たらふく食べたお粥のエネルギーが頭に回って、仕事が頑張れそう!
お昼もまたすぐに舞い戻ってくるわ。
中華街を24時間見つめたいナショナルな1日の始まり。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2008-05-15 07:26 | 神奈川 | Trackback | Comments(20)

富山(富山市):南国酒家(中華料理)、富山アートマーケット2008

b0089578_1524380.jpg
3月下旬に富山アートマーケット 2008へ行ってきました。
富山は手芸や手作りをするのが盛んなようで、こんなイベントが頻繁に開催されてる模様。
今回はいとちゃんが参加しているSyemというハンドメイドサークルが出展しているので見学に。
素敵なホッコリーナが沢山いらっしゃります。
b0089578_1525480.jpg
Syemのブースにはこんな可愛らしいグッズが。

私の作ったハンドメイド物は中・高校の家庭科辺りから、一気に飛び越えて近年あたり。
1年かけて着てはもらえぬマフラーを寒さこらえて編んでたのに
(注:自分用マフラー・都はるみバージョン)
あちこちほつれていたので古着系!?と出来上がったマフラーを評価される。
しかも、飲み歩いてるうちに失くすという悲しい結末。
あれも富山の地だったわ(高岡駅)。

後はスカタンコサージュにスカタンタワシ、編み方を忘れてる現在・・・ふっ←自分で失笑
b0089578_153450.jpg
私はいとちゃん作成のココットピンクッションを購入。
色合いが乙女で可愛らしい!ココットは食べる物ばかりに使うのにあらず。
しかし、私使うのか?いや、これを機会に手芸に手を染めようか←犯罪か
まずはマイミシンが欲しいかも、今は金欠ダッシュなのでボーナスに期待。
しかし、購入しても3日坊主にはらたいらに1000点。
b0089578_1531453.jpg
アートマーケットをぐるりと探索した後は富山大和へ。
6Fにある南国酒家にて遅めのランチ。
南国酒家は原宿を本店とする中華料理店で、「海鮮と野菜をテーマに優しくマイルドな味付け」をモットーにしているお店だとか。
厳しくハードな味付けと量ばかり求めてる私にとっては、まるでオアシスの様。
羽田空港にも店舗があるとはこの間行ったのに気がつかなかったわ。

あんかけ焼きそばセット
五目あんかけ焼きそば、シュウマイ、ザーサイ、スープ、デザート
お昼のセットは1200円ぐらいだったか、セットがお得。
b0089578_1532443.jpg
四川風辛味つゆそば
坦々麺ということだけど、かなりまろやかマイルド。
これはゴマがかなり効いてる感じのスープ。
名古屋の激辛台湾スープとは、同じ中華だがブルースリーとMr.Boo!くらい刺激が違う。
↑比較対象が昭和。
b0089578_1534214.jpg
一夜漬けもも肉のかりかり揚げ・特製香味ソース
明日はテストです!な一夜漬け、何の漬けだろう?割とあっさり味。
そうね「優しくマイルドな味付け」ですから。

注)一人で食べたのではありません


この後はデパ地下でシベールのブルーベリーラスク、チーボのベーグル、
ドンクでは富山限定の「さつま昆布」(ナン昆布が限定?)、夜ご飯用に「鱒の寿し」と
一通り必要なものを購入し、デパ地下荒らしの名に恥じることなく、帰途に着きました。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2008-05-13 01:45 | 富山 | Trackback | Comments(22)

石川(小松):福亭(台湾料理)

b0089578_22421891.jpg
帰りの車の中、ランチは何食べる討論を繰り返した結果、
粟津駅近辺8号線沿い「駅前」交差点にある台湾料理「福亭」(粟津店)へ。
粟津店とあるように本店は福井にあるらしい、検索しても出てくるのは福井の店ばかり。
b0089578_22423931.jpg
マーボー豆腐はかなりの部分、豆腐の海。この豆腐が不思議な柔らかさ。
柔らかいのに崩れないまろやかさ、生の豆腐に顔を埋めたら気持ちよいかも。
b0089578_22425855.jpg
豚足煮込みに全員の目がキラリ!激しい争奪戦になりましたわ。
豚の骨をしゃぶりつくす熟女たち、ホラーと言わないでエキゾチックと呼んでね。
b0089578_22431562.jpg
ここのランチセットがなんと・・ラーメンとご飯ものセットで680円!!
どちらもミニサイズではないので、量が多くてお安い!!財布の味方ですわね、奥様。
台湾ラーメン&焼き飯坦々麺&天津飯の2セット注文して回し食べ。

炒めたひき肉がのっている台湾ラーメンはあっさり味で殆ど辛くはない。
台湾ラーメンと言えば、味仙の濃ゆくて辛くて、私にとってはもはや中毒性的魅力の麺を思い出すけど、あれは名古屋フードだということを思い知らされる。
私はここの台湾ラーメンよりは坦々麺の方が好き←濃ゆい辛い系

こんなお店が会社の近くにあればすぐに走るわ!と思う一方、だめよカロリーは控えめに!
と天使と悪魔がお互いにささやきつつ、いつも脳内を駆け巡っている毎日。

今週は控えめエンジェルの攻勢が強くなっている。
先週末の不摂生がたたって、本日の体重がえらいことに(ジムの後なのに)
これは酔うと後先考えずにノリでドカ喰いしてしまう悪魔が暴れまくった結果。

とりあえず今日は禁酒、必死こきキャンペーン実施中で明日も運動。
戻せるか!?週末まで。←不摂生予定
[PR]
by sukatan_queen55 | 2008-03-11 01:59 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(24)

京都(左京区浄土寺):ますたに(ラーメン)

b0089578_0275947.jpg
1月中旬、nachiぼん一家に何故か私がお邪魔して京都日帰りの旅に行ってきた。
集合時間は早朝6時と日常生活よりも早い時間なので、起きれるか心配。
しかも遠足となると万年小学生なので、興奮して前日なかなか寝付けないのよ。

翌日、まだ夜明け前の真っ暗闇の中、nachiぼん、旦那さま、お子ちゃま2人、私の4人で出発。
リアル世代ではないのに何故かBGMはビリーバンバン。
その後はドラえもん上映会になるのも、お子ちゃまがいるお約束。
金沢から京都まで車で3時間くらい、雨も降っていたせいか渋滞もなくスムーズに到着。
b0089578_0281415.jpg
第一の目的地、南禅寺に近づくにつれ、道も細くなり、落ち着いた佇まいの風景に変わってくる。
nachi旦那さんが、「京都くさくなってきたな~」とつぶやくと、
「京都って臭いの?」と返すお子ちゃま。
大人のニュアンス的言葉はまだまだ開発途上状態。
b0089578_028275.jpg
琵琶湖から京都市内に向けて引かれた水路である疏水(そすい)。
b0089578_0284136.jpg
水路の上に上がって水が流れる様子を撮影。
足元が濡れているし滑りそう、と思ってるところに旦那さんが縁を歩いてたので、
落ちたらウォータースライダーだわ、と本人には聞こえないようにつぶやいてたり。
b0089578_0285764.jpg
南禅寺から銀閣寺までの哲学の道を歩いて行くつもりだった旦那さん。
しかし、1日のスケジュールは目白押しで時間はなしのハリーアップ!!
すぐに車で南禅寺から銀閣寺近くの駐車場まで移動。
b0089578_0291327.jpg
銀閣寺に向かうまでの参道には道の両側にお土産屋さんがびっちり。
ここで私が一人ならさつま揚げとソフトクリームを買って食べた確率は120%だけど、
時間がないのでなるべく見ないようにすすむ君。
でも、生八つ橋の試食だけは全員が忘れず。
b0089578_029297.jpg
第二の目的地、銀閣寺。相変わらず佇まいがストイック。
白砂の砂盛り向月台(コウゲツダイ)を子供に説明するには「ほ~ら、プリンだよ」が一番。
b0089578_0294798.jpg
銀沙灘(ギンシャダン)は波紋を表現してあるそうで。
波紋→スタンド→JOJOと頭の回路が繋がる私は小学生男子と気が合う。
b0089578_0305288.jpg
銀閣寺にとって大切な苔と、邪魔な苔が分けられて展示されていた。
見た目似た様な苔ばかりでどこがどう性質が違うのか分からないが、
邪魔な苔の方が多少乱雑に生えているかな?苔もお上品ではないと相応しくないと。
b0089578_0311090.jpg
ランチは前々からリサーチしていたアロハちゃんがよく行くというますたにへ。
しかし、すでにお昼でハラペコで疲労度大だった私たちが、あ!あった!と入ったのは、
ますたに(白川店)。アロハちゃんが行ってる本店とは別の店だった。

別店も人気らしく、お客で座席はほぼ満席。
2席だけ空いたので、旦那さんと子供ちゃんを座らせようとしたのだけど、
子供ちゃんが姉妹&かーちゃんとバラバラになるのを嫌がったので、
何故か私が旦那さんの隣へ。ちょっと、キンチョールだわ!
b0089578_0313012.jpg
ラーメン
スープは脂が浮きまくっているので脂っぽいかと思いきや、想像よりもあっさり。
細麺ストレートで鶏がらスープがベース。美味しいわ。
b0089578_031484.jpg
チャーハン
ラーメンといえばチャーハンは私の心のゴールデンコンビ。
なかなかの脂のノリ具合がグーでした。

白川店から約100メートル離れた本店と味が違うのか確かめたいところ。
次回はぜひ、本店に行ってみたい!

ダッシュ早送り京都の旅はまだつづく。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2008-03-02 14:31 | 京都 | Trackback | Comments(28)

金沢(片町):紅龍飯店(中国火鍋・点心)

b0089578_1111341.jpg
12月下旬のある日、前々からある店の紅龍飯店の食べ放題が気になっていた会社同僚Y。
お昼はランチセットしかないみたいだが、予約すれば食べ放題もしてくれるとのこと。
食べ放題クイーンの私も参加させるべし!と予定をねじ込み3人で駆け込み入店。
お店は柿木畠を入ってすぐ左側にあり。
b0089578_1112529.jpg
火鍋食べ放題+点心食べ放題120分⇒1980円
お目当ての中国火鍋は、激辛か中辛が選べる「麻辣スープ」と、「白湯スープ」の2色。
麻辣スープはどちらを頼んだか忘れたが香辛料たっぷりのスープ。
白湯スープには謎なものがプカプカ浮かび上がってる複雑でやわらかな味が美味しい。
b0089578_1113925.jpg
お肉は牛肉、豚肉、ラム肉から2種チョイス、豚肉&ラムちゃんを選択だっちゃ♪
あーんど、野菜の盛り合わせで2時間食べまくりましょう。
b0089578_1115365.jpg
どちらかというとラム肉は麻辣スープ、豚は白湯スープに合っていたかな。
b0089578_11278.jpg
点心食べ放題もあるので、春巻き、小籠包、フカヒレ蒸し餃子、水餃子、ニラ饅頭。
水餃子の皮は手作りっぽくもちもち、もち太郎!!
b0089578_1122180.jpg
追加、追加でラムちゃん&野菜。
b0089578_1123474.jpg
ゴマ団子
b0089578_1124954.jpg
何度頼んだか、肉肉
b0089578_113233.jpg
もうそろそろお腹も終了近くになって、店員さんが「野菜どですかー?」と聞いてきたので
「もう、いいです」と言ったら、中国店員さん、
いい→良いです→OK、イエス!と勘違いしたらしく、野菜てんこ盛りが運ばれてきた。

ワタシー、日本キテ、ナンネン?
「いらないです」と言えばよかったのか、ニュアンスの違い。
NOと言える日本人・・大事っす。
b0089578_1131586.jpg
中華ちまき
やや小ぶりのサイズでちょうどよいかも。
肉とか野菜とかは普通なんだけど、1980円、2時間でこれだけ食べれれば満足。
b0089578_17444099.jpg
こちらランチメニュー。
安くてゴマ団子が付いてくるメニューが多いところに目がキラリ。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2008-02-16 17:50 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(20)

神奈川(横浜中華街):萬珍楼(広東料理)

b0089578_1434049.jpg
お腹のドラが鳴り響いたとこで、ランチのお時間。場所は横浜中華街の萬珍楼
創業明治25年の広東料理のお店で外観からしてかなり立派。
と思ったら、裏の玄関を撮っていたようで(アホ)・・・正面はもっと絢爛豪華。

このお店は「せつなーい」のflorence_nonnonたまのご推薦。
デパートでの催事に出展したり、他に飲茶やお土産用の店舗もあったり規模が大きい。
いつも横浜中華街といったら、狭い路地裏にある適当なお店とか、
友達が予約してくれた時も、汚らしい店とか(でも旨い)ばかりなので、
こんな正統派中の正統派は初めてかも。なんちゅうか、本中華!←ふるっ

というわけで、中華だよ、全員集合!の待ち合わせで、アップルちゃん、バナナさん、
longi_latiさん、のんたま、私の5人で本格中華を食い尽くす!
b0089578_1435350.jpg
ロビーで手荷物や上着を預けて円卓が並ぶ大広間を通って、ソファのある円卓へ。
こんなゴージャスな場所でいつも食べているとはのんたまったら、マダムヤン。
密談ごっこなどをしてイヤーオブザドラゴンやアンタッチャブルの真似事をしたくなるわ。
ランチのコースは基本的なコースが3パターンあって、
私たちは真ん中の朱雀コース¥3,500を選択。
b0089578_144631.jpg
彩サラダ
前菜は棒棒鶏。生野菜が食欲をそそる。
b0089578_1442071.jpg
ふかひれ五目ス-プ
係りの人がちゃんと大皿料理を盛り分けてくれる。
まったりとしたあんかけの優しい味のふかひれスープ。
b0089578_1443470.jpg
大海老のマヨネーズからめ
海老マヨ!!自動的にテンションが上がる1品。海老がぷりぷり。
大きな海老がまた贅沢。大きなことはいいことだ。
ご飯の上にてんこ盛りにのせて海老マヨ丼として食べたい!←メタボ注意報
b0089578_1444891.jpg
彩り点心(海老シュウマイ・ふかひれ蒸し餃子)
海老がたっぷりでロマンティックが止まらない♪
b0089578_145374.jpg
地鶏の梅肉蒸し
これがさっぱりして意外な美味しさ、お代わり希望!
b0089578_1452683.jpg
牛肉、つけもの炒飯
記事の後書きで初めて漬物が入っていたことを知る。
b0089578_1454038.jpg
茄子と豆腐の海老詰め、トウチ味
コースとは別に単品で注文した品。こいつは別料金~♪
海老、海老味はいくらあってもいいです。ちょいピリ辛味。
b0089578_1455357.jpg
萬珍樓特製名茶
あら葉っぱが入ってて一緒に飲んじゃうわ!飲みにくいわ!
・・・ではなくて、蓋をしてずらしながら頂くのが正しいマナー。
b0089578_1461282.jpg
杏仁豆腐 山桃シロップ
まるでチーズケーキのような形。桃シロップがラブリー。
b0089578_1462768.jpg
ゴマ揚げ団子
こちらも別に注文した品。やっぱり中華でゴマダンゴは外せないでしょう!
で、「ゴマダンゴ、一人何個で注文する?」
「たぶん、小ぶりだろうから一人2個にしようよ!」←私

そして、運ばれてきたゴマ団子は・・・ゴルフボールよりも大きいアルヨ!!
1口でホールインワン出来ないアルヨ!!

iPhoneとその大きさを比べてみるとよく分かる次世代ゴマ団子の展望。
味はあつあつ揚げたてゴマが香ばしくて美味しい。

いつもいつも怪しい中華ばかりで食べていたけど、こんな正統派のお料理で
ゴージャス松野になってみるのもたまにはいいものです。


ところで旅行に来る前、テレビで見た番組でこんなテーマがあった。
「大阪の人に指でピストルでバーンと撃つ真似をすると誰でも反応が帰ってくる」
まったく通りすがりの人に不意にやってみても「やられた~」とか、ちゃんとネタで返してくれるの。

そこでそれを試そうと思い、
この日の朝出掛けにアップルちゃんにいきなり「バーン!!」とやってみると、
「うぅっ!!」
おぉ!!ほんとだ!!!返ってきた!!!

その事を伝えると「そんなの当たり前やん!」とな。「礼儀や!」とも。
他に吹き矢っ!!吹き矢返し!!ってのも披露してくれました。
いや~大阪人のボケツッコミが体の芯まで染み付いてるのを痛感しましたわ。

そこで、このテーブルで、のんたまにいきなり「バーン」とやってみると、
「え?」とビックリマーク。

さらにロンギさんに「バーン」とやってみると、
無言・・色っぽい。ではなく、・・・・・・・・冷たい視線!?
こっちが寒い人かよ!!!

やっぱり大阪人に対してしか通じないようでした。

つづく

●アップルちゃんの記事
[PR]
by sukatan_queen55 | 2008-01-22 01:37 | 神奈川 | Trackback(2) | Comments(22)

神奈川(横浜中華街):皇朝で世界一の肉まん!

b0089578_0335885.jpg
東京上陸3日目は横浜中華街へ!・・・の前に一席。←落語か

この日の朝も太平洋側らしく気持ちのよい冬晴れで、
早朝からまどろみながらアップルちゃんにコーヒーなどを入れてもらってテレビを見ていた。

爽やかな朝の時間のワイドショーの内容は「夜の新橋が今、危険!」って、おい。
あぁ・・でも、この日の夜は新橋で飲むことになってるから聞いておかなくちゃ!

その内容は、最近とみにアジア系外国人が新橋で夜の商売をする人が増えているのだとか。
なんでも歌舞伎町の取り締まりが厳しくなってきたから、
比較的取り締まりが厳しくない新橋に人が流れてきているのだそう。

ほろ酔い気分の新橋のおっちゃんたちに声をかける女性たちに
記者がエセ客を演じて声をかけると、「ワタシー、東京キテ、3年ー」と答えて話が進むけど、
最後は必ず記者のインタビューが説教に変わってるのよね。

私のお財布には、帰りの切符とお金とクレジットカードともろもろの全財産が入ってる。
もし、これを無くしてしまったら・・・
今宵、新橋で「ワタシー、東京キテ、3日ー」と言ってるかもしれないわ!

・・・と、朝からアホな会話で盛り上がりまくり。
この後、「ワタシー」とカタコト日本語が何度も会話途中に顔を出していた。

話は戻ってアップルちゃん、バナナさん、私は一路、横浜中華街へ。
b0089578_1403986.jpg
横浜中華街のシンボルの1つとも言える横浜関帝廟
中国の武将、関羽を祀る廟で明治6年、居留民によって創建されたのが始まり。
関羽を「商売の神様」として祀るとてもきらびやかで美しい廟。
b0089578_1405287.jpg
参拝する方は、境内の受付で線香・金紙を購入し、
線香は香炉に願い事を告げ捧げて、金紙は金炉で燃やします。
お線香がムースポッキーのようになめらかで巨大。
b0089578_141563.jpg
ここでアップルちゃんがお勧めの肉まんを食べようと。
えぇ!!もう、すぐにお昼ご飯の時間なのにっ!!←と一応驚いてみせる。
そのお店とは中華街No.1レストラン!と自称する皇朝の肉まん。

なんたって、中国世界大会の優勝者、世界チャンピオン!!のお店ですから、
肉まんも世界一なんでしょうなぁ。
これが、お店の前にくどいほど、世界チャンピオンの連呼の嵐の横断幕。
世界チャンピオンクッキー、チャンピオン厳選米とか、だんだん訳も分からぬチャンピオン幻想に巻かれていくような気がするわ。もちろん、主題歌はアリスとか!?
b0089578_1411819.jpg
ランチの前の肉まんでびびっていたけど、意外にもかなりの小ぶり。
値段も90円でこれならお味見程度で気軽に食べれそう。
b0089578_1413194.jpg
世界チャンピオンの肉まん
本当に1口サイズの肉まんは皮は繊細で柔らかめ、中のお肉は濃厚でジューシー。
おお!これは美味しいわ!!
我が皇朝の素材の厳選力はァァァァァァァァアアア 世界一ィィィイイイイ!!(by:シュトロハイム)

今度機会があったら、ぜひその世界チャンピオン!!!のレストランで、
世界チャンピオン!厳選の素材で世界チャンピオン!の料理を堪能してみたいものですわ。

つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2008-01-18 02:38 | 神奈川 | Trackback | Comments(36)

東京(歌舞伎町):博多にらそば熊楠家(モツにらそば)

b0089578_22281841.jpg
アップルちゃんトコさま、バナナさん、私の4人。
中華を食べた後、自動的に歌舞伎町ハシゴコースに組み込まれていたのは、
福岡博多に本店がある博多にらそば熊楠家
「博多にらそば」はニラがのったあっさり系の塩味ラーメン、
「モツにらそば」ニラとモツがのった醤油ベースのラーメン、
博多の新しい名物ラーメンとしてメディアにに続々取材されてるそう。
b0089578_22283642.jpg
焼き餃子
たしかトコさまがクーポンを出して、餃子1品プレゼントされた品。
あらかじめ行きそうなお店のクーポンをピックアップしているとははさすがの猿飛。
私も負けちゃいられないわ、この間お店で水戸黄門の印籠のように
携帯クーポンを見せて、「お願いします」と言ったばかりよ。←どんな意地の張り合い!?
(と思ったら勘違いでアップルちゃんの携帯クーポンでした)
b0089578_2228582.jpg
前のお店でたっぷり中華を食べているので、さすがにモツニラそばハーフを注文。
女子は確か皆、ハーフだったはず。そうね、女子腹ならばこれが普通ね!
普通ならばハシゴはしないという言葉は飲み込んで。

そのうちに皆の注文の品が運ばれてきたのだけど、
「すいません、1つだけ間違えて普通盛りにしちゃいました~」と店員さん。

「あぁ、それじゃこれはスカタン女王さまに」と、私の意見を聞く隙も与えず目の前に。
そして何も異論もなく受け入れる自分。

足りない時は仁王のごとく、多め受け入れ態勢は海底2万マイルのごとく。

モツにらそば
醤油風味のスープに、大きく切られたニラ&和牛モツ、太目の縮れ麺でボリュームたっぷり。
b0089578_22291952.jpg
ニラの下にかくれんぼしている和牛モツは脂がたっぷり。
和牛モツということは牛のシロ?豚のシロはよく食べているシロ星人だけど、
牛のシロはこんなにも表が脂っぽいのねーーー。
上はニラニラ、私のおでこは脂でニラニラ。

このご当地ラーメンはまた再会したい1品!!今度はニラまんじゅうなども。

明るいうちの海鮮物のヘルシーさをぶち破るような量を食べて今夜はおしまい。
アップルちゃんに貸してもらった青年漫画を読みふけりながら眠りにつきました。

2日目オワリ

●アップルちゃんの記事
●トコさまの記事
[PR]
by sukatan_queen55 | 2008-01-16 12:33 | 東京 | Trackback(2) | Comments(32)

東京(歌舞伎町):叙楽苑(台湾・中国家庭料理)

b0089578_222124.jpg
夜ごはんはバナナさんお勧めの中華の話を聞きつけ、涙のリクエストで歌舞伎町へまっしぐら。
途中、「つぶつぶダイアリー」改め「煩悩ダンスホール」のトコさまも歌舞伎町のアジアンタイフーンの中に拉致しちゃおうと連絡すると、ちょうど旦那さまがお出かけで一人家に残るということで、
さっそくお迎えに。ヨンさま似と言われる旦那さまも同乗し、お会いできてラッキー池田。

場所は何度聞いても風林火山と間違える風林会館前の路地裏を入った所にある叙楽苑
この風林会館前がホスト市場のようにホストで溢れていて、私たちもしばらく突っ立っていたら声をかけられたほど呼び込みが激しいの。チラシ置き場に俺こそがキング・オブ・ホストで埋め尽くされたホスト写真いっぱいの無料情報誌があったので、金沢の友達にでもお土産に1冊子。

叙楽苑に入る路地裏は看板に「DVD販売」の文字のみの怪しい店に囲まれていて、
知らなかったら一人じゃ入りこめないカオスな雰囲気が漂っている。
この辺りは、金城武主演の「不夜城」のロケで使われたそうで、叙楽苑の階段から転げ落ちるというシーンがあるとか。怪しくも魅惑的な灯りの前にカメラの手ぶれ補正も効かなかったらしい。
b0089578_2221181.jpg
えんどう豆の芽炒め
叙楽苑のママは、台湾出身で、コックさんは中国広東省で、台湾石頭火鍋を始めとする台湾料理と中国家庭料理が楽しめてメニューもかなり豊富。
バナナさんが前に食べて絶品だったというえんどう豆の芽炒めは、シャキシャキとした食感がよく、炒め物なのに脂っこい感じがしなくて食欲が湧いてくる。
b0089578_2221334.jpg
金ニラとむきエビ炒め
いつもは肉肉しいメニュー連続攻撃なのに今日はハマグリから入った海鮮デー?
かなりヘルシー志向だけど、量的にはカロリー過多。
地味に見えるけど、塩加減が絶妙でかなり美味しい。
b0089578_22214868.jpg
海鮮オコゲ
これもバナナさんお勧めの1品。海老、イカ、帆立、ふくろ茸、椎茸の上から
アツアツのあんかけをジュワーーッ
b0089578_2222359.jpg
牛肉チャーハン
ちょっと肉登場にコッテリーナの心が小躍り。炭水化物だけどまだまだ〆には早いわ。
チャーハンにレタスというと90年代の周富徳がつい思い出されたり。
b0089578_22221824.jpg
スルメイカと干し豆腐炒め
スルメイカ、干し海老、干し豆腐、細切りセロリなどが入ってるのだけど、
味があって美味しくてやめられない止まらない。
b0089578_22223422.jpg
焼き餃子
たかが餃子、されど餃子、手作りの皮が厚みがあってもちもちとして、
しっとりジューシーで美味しい!!

私たちが食べたものは塩加減がちょうどよかったし、炒めものなのに脂っこく感じなかったし
とにかく雰囲気共々このお店が気に入ったので、リピーターになりそう。
羊肉料理もあったりして次回に試してみたい。
b0089578_22224939.jpg
壁に貼ってあったお店の記事。男の隠れ家
文章内のエスコートレディーーって場所柄、同伴かしら?

男性週刊誌系のレストラン情報って結構あなどれないので、
今度アサヒ芸能やスポーツ新聞にナイスなレストラン記事があったら切り取っておかなくては!
↑あくまで会社の男の人の私物

そして天下の歌舞伎町でハシゴ車が止まるわけもなく。

つづく

●アップルちゃんの記事
[PR]
by sukatan_queen55 | 2008-01-15 00:10 | 東京 | Trackback(1) | Comments(22)

石川(白山市):らーめん世界(ラーメン)

b0089578_17402443.jpg
名古屋から地元に戻ってきてからの夜ごはん。
コッテリ名古屋を満喫してきたはずだけど、ラストスパートも手は緩めません。
ラーメンにプラスアルファを求めてらーめん世界(松任店)へ。
金沢発祥のらーめん世界、着々と店舗を広げているよう。
確か、だいぶ前に来た時はトンコツ醤油ラーメンのイメージがあったけど、
いつのまにか四川ラーメンがあるし、春巻き、海老マヨ、から揚げ、豚キムチなどの
サイドメニューが充実していたり、焼酎のレモン・梅は無料など宴会魂に火がつきそう。

海老マヨ
大ぶりの海老にマヨ味のタルタルがかかってウマー。
自分の体の中に食券コーナーがあるとすれば、海老マヨは必ずあるわ!!
マヨ好きだけど、マヨラーと語るにはおこがましい・・だってマイマヨなんて持ってないし。
いわばチョイマヨくらいの位置レベル。
そういいながらも名古屋大須にあるというマヨネーズ専門店
「マヨマヨ」に密かに思いをはせていたりして。
b0089578_17403841.jpg
焼き飯
ラーメンのゴールデンコンビにはいつも焼き飯を指定。餃子は次点。
チャーシューが混ざっているので旨みとコクがある。
b0089578_17405251.jpg
和風醤油ラーメン
あっさりトンコツ風味のやや縮れ麺はそんなにくどくなく。
麺の固さ、スープの濃さも希望があればお好みに変えられるらしい。

11月下旬の東京旅行からはや一週間以上経過しているが、
その間にも飲み会あり、お出かけありでかなりダイハード!!!
直訳だと「なかなか死なない」だけど、かなり半分以上死に体だった。

旅行明けの月曜日、パソコンを立ち上げ待ちの際、膝に手を置きながら思わずつぶやく。

「疲れてパソコンのキーボードにも手が上がらないわ・・」

「キーボードの上に寿司が置いてあれば、腕が上がるんじゃないか?」
とからかう会社のおじさま。

「いいえ!寿司なんかが置いてあれば手よりも口が先に取りにいきますから」まだまだ私に対する見解が甘いです、おじー。

とは言え、旅行にハシゴ車回しっぱなしだったり、並々ならぬ食欲持ちだったりすることは
会社の人はあまり知りません。

コンビニでスペゲティーとサラダと更におにぎりを買ってきたけど、
おにぎりはコンビニ袋に入れたままで、セットを食べてからやおら取り出す。
あー小市民♪(嘉門達夫)

でも、お弁当の大きさは隣のデスクの女性よりも私のは2倍。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-12-04 12:50 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(22)