タグ:中華・ラーメン ( 395 ) タグの人気記事

金沢(横川):豚蔵(とんぞ)「ラーメン」

b0089578_13430590.jpg
ただいまジムにてヨガにはまり中!ってほど頻繁には出てないけど、とりあえずスタジオ出てます。
何事も形から入るのでセール中の今はヨガウェア探しや、本屋でヨガ特集の雑誌を買ってみたり。

週始めにホットヨガ→サウナ→風呂コースの後の体重が、順調よく減っていたので気を良くしたのか、
これはラーメン食べちゃってもいいよね?のお告げと受け取り久しぶりのジムアフターラーメン。

が!魔の月曜日は定休日が多くて、ジムから一番近いお店に二軒振られ、
山側環状を走って他へ向かうも営業時間が過ぎているお店が幾つかあり、たどり着いた豚蔵(とんぞ)

・ラーメン(並)太麺+半熟味玉子
久しぶりの豚蔵さん、クセのない豚骨醤油は味わい深くてこの手のラーメン好きには定番の美味しさ。
スープを飲み続けるとしょっぱさを感じるので、ごはんが欲しくなってくる。

他の若い男性たちはライスに替え玉と追加ヴァージョン、私の過去を見ているよう。
細麺が消化にいいとわかってるんだけど、中太麺が好きなのでもちもち感を味わいながら運動の後にしみ込んだ1杯。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-08-08 23:56 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

富山(高岡):ラーメンさむらい 「特製とんこつラーメン」

b0089578_16205714.jpg
毎年1回は必ず海水浴に行ってますが、今年は5月に水着を新調したので何が何でも行きたい気持ちが先走り。
7月末の週末は薄曇りの雨降りそう~な怪しい天気ながら、行きたい気持ちを抑えられず海水浴を強行してきました。

年を重ねてもいいつまでも気持ちは木の実ナナ!
去年より4キロほど痩せたので多少見苦しさは減ったかと思う(ショーパン必須)

いつも加賀・福井方面の海水浴場なので、今年は富山へとハンドルを向かわせた、目指すは島尾海水浴場。
氷見駅と雨晴駅のちょうど中間辺りに位置する海水浴場。

泳いだ後に浜茶屋でラーメンをすするのもひなびた風情があって良いけれど、
それだと時間が遅くて夜の小腹の減りが悪そうなので、道すがら見つけたお店に入りました、ラーメンさむらい

私たちが通ったルートは能越自動車道・高岡北I.C.から32号線を富山方向へ。
氷見街道とぶつかる西海老坂交差点の左側にお店があります。

和歌山系とんこつラーメンが基本形なようですが、メニューにはブラック、魚介系正油、塩、味噌、激辛味噌と
バラエティーに富んでる~サイドメニューもチャーシューマヨご、チャーハン、餃子とガッツリ系に対応。

・特製とんこつラーメン
基本のとんこつラーメンに味玉・オニオンチップがのった特製とんこつラーメン。
とんこつスープは思ったより濃すぎずマイルド、麺は細めのちぢれ系。
煮玉子がとろんとして美味、オニオンチップがあっさり系のスープにコクをもたせる感じ。

無事に食べ終わってすぐに島尾海水浴場に直行し、浜茶屋で場所取りしてから海に向かったまでは予定通り。
しかーし、この日の海は木くずや流木、ごみなどが海岸に沢山流れ着いていてびっくり!

その週の前半は雨続きで豪雨だったのが影響かも・・・ゴーグルなしじゃいられなかった。
ま、そんな中でも、適度にお腹が膨れた状態での海水浴はいい運動になってよいですな。

今度はマット型の浮き輪を買って8月にリベンジするつもりです。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-08-04 23:21 | 富山 | Trackback | Comments(0)

金沢(新保本):麺屋 夕介 「冷やしレモンラーメン」

b0089578_16350355.jpg
夏に美味しい冷たい麺、猛暑でも食が進みますよね。
今夏の為に自宅に用意した素麺は、薬味たっぷり喉越し涼やかでどんどん減っていく。

他にも結婚式のビンゴで当選したうどん1箱、お蕎麦1箱(軽井沢で購入した胡桃つゆ使うぞー)を頂くなど、
冷たい麺を食べて涼しくなれ!と消費へのフル回転がこれでもかと続く。

もちろん、外でもこの季節は熱い麺より冷たい麺になびいてしまう。
レモン、オレンジ、柚子などのシトラス系好きな自称シトラシーナ、納涼ラーメンを味わう為に麺屋 夕介

・冷やしレモンラーメン
7月に温かいレモンラーメン出ていましたが、それは食べず冷たい麺の登場を待っていました。
具材は輪切りのレモン、鶏のひき肉、ねぎ、玉ねぎ、塩レモン。

さっぱりした中に旨み溢れる清湯スープ、それにレモン汁が染みわたっていって酸味と共に増す清涼感。
するするとしたのど越しの細麺が合っていますね。

あまり酸っぱいのが好みでない人はそのままで食べるのがよろしいが、私はお箸でグイグイとレモン汁出しまくり。
最後までレモンをガジガジかじって残骸にして後を去るスッパマンなのでした。

*8日(火曜日)で終了予定だそうです

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-07-29 23:35 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(玉鉾):自家製麺のぼる 「ひやし」

b0089578_12355440.jpg
春先から育て始めた我が家のハーブ花壇、パクチー、バジル、大葉、ディル、イタリアンパセリ、タイム、
オレガノ、ナスタチウム、ローズマリー、レモングラス、セルバチコ。

セルバチコと気温の上昇によりぐんぐん育っていましたが、一番需要がありそうなパクチーが枯れちゃって。
大葉やバジルがわんさか茂っているので、日々何かしら料理に使っています。

レモングラスがただの必要ない雑草みたいに伸びてきているので、タイ料理でも作らなくては。
オレガノなんかは乾かしてドライハーブにとただ今ハーブ熟女真っ盛り。

ハーブと言えばラーメン屋さんだけどエスニック大好きな自家製麺 のぼるさん。
夏の冷たい麺が出たので行ってきました。

土曜日にしては外待ちがいない12時頃、先の人達が「ひやし」の連続注文の後にのぼるさんが出てこられて、
ちょうど私で終わりだと!後の方々はちびまるこ顔に縦線入ったように一応にショック。
1日20食程度なんだとか。

・ひやし
メニューにある「シャモ&コーチン」の清湯スープと煮干しを中心にウルメ・サバ・目近節で獲った魚介スープとブレンド。
醤油ダレは大野の生醤油をブレンド。
去年よりもスープにとろみがある感じは鶏スープの影響なんだとか。

煮干しはそれほど強くない和の風味と冷たすぎないスープが、さっぱりしてまろやかな口当たり。
トッピング:鶏チャーシュー、豚チャーシュー、葱、メンマ、岩海苔、フライドオニオン。

あっさりしてるけどフライドオニオンで少しコクが出る変化。
いつもの細麺で美味しくいただきました。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-07-25 23:18 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

福井(武生):笹はら 「濃厚中華そば」 oishii

b0089578_16005146.jpg
7月の連休中どこか県外にドライブに行けたらね、と夫と話してて、
希望は京都だったけど、午前中の仕事が終わってからだと厳しくてしかも連休で激混みそう。

ならば竜王アウトレットにたねやでバームクーヘン、と私たちの中では定番コースへの進路変更も
やっぱり時間がなさそうなので、福井までラーメン食べに行くか!ということになった。

あまり福井に遠征していないので候補地がごまんとありすぎで迷ったけど、
ICから近くて時間がかからないかつ人気のお店ということで、あっさりと笹はらに決まり。

武生と言えば以前行った御誕生寺(通称:猫寺)に立ち寄りたいかも、と告げると、あっさり却下。
どうやら大野に行きたいらしい・・城下町の観光ね、ラーメン待ちしながら観光スポットを検索するとしよう。

武生I.C.から福井バイパスへ出て横市交差点の角にある店舗までは5分とかからずに13時頃に到着。
券売機で食券を先に買って待ち人は6人くらい、思ったより混んでなくてよかった。

・濃厚中華そば(並)+味玉
つけ麺が有名なお店ですけど他にもまぜそばや中華そばもあり、私は濃厚中華そばをいただきました。
濃厚魚介豚骨とは聞いていたけど、かなり濃厚系でとろとろどろりんこ。
甘みと酸味があって魚介がガツン!でも塩分くどすぎることはなくバランスが良いかな。
しかし久しぶりの豚骨魚介の濃厚なスープに玉ねぎや葱のシャキシャキ感に助けられる。

麺がまた太くて固めモチモチな自家製麺、チャーシューが分厚くて食べごたえあってこれは好き♪
メンマも材木みたいに太いし、色々想像を越えるインパクトがありましたわー。
量的にも並(180g)は現在少食な自分には多くってお腹がパンパン!
小にすると味玉かチャーシューが付くそうなのでそれにすればよかったかな。

夫が大盛りにして腹苦しいってそりゃそうなるわー!
2人でしばらく駐車場で消化するまでうんうんうなってました・・。

その後は越前大野まで山の中をドライブして、天空の城と呼ばれる「越前大野城」を観光。
とは言っても天守へ上った訳ではなく下から眺めただけ。

休憩したかったモモンガコーヒーは第3日曜日はお休みということでアンラッキー。
ソフトクリームを食べつつ周辺を散策している内に雨足が強くなってきたのでゆるゆると下道で移動。

なんだかパッとしない感じだけど、青々と茂る深緑の木々の景色は久しぶりの目へのオアシス。
秋の越前大野の里芋の時期になったらまた遠征して九頭竜湖でも行ってみたいですね。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-07-21 23:01 | 福井 | Trackback | Comments(2)

金沢(安江町):中華蕎麦 御輿(みこし)「氷まぜそば」

b0089578_11035670.jpg
暑い夏には屋外でビアガーデン!先週行ってきたんですけど、この季節の外飲みは気持ちいいですね。

自宅のベランダにホットプレート引っ張り出して、焼肉もするんですけど、
7月も終わりに近づくと気温が最高峰、熱い空気が身体にまとわりつくのでもうちょっと後かなぁ。

週末の家業手伝いアフター、炎天下の車内温度のむぁ~っとした熱気にあおられ、
冷たいものが美味しく感じる冷たい麺前線が上昇中!という訳で向ったのは、中華蕎麦 御輿(みこし)

・氷まぜそば(横トッピング、煮玉子)
季節限定の「氷まぜそば」、去年まで食べてきたものは太麺だったような、今年は細麺のみ。
トッピングは岩海苔、チャーシュー、刻み玉ねぎ、葱、メンマ、そして・・・氷。

魚介風味のコク旨い甘みと酸味で味が引き締まったタレは、きゅっとしまった細麺にあうあう。
キツくはない心地よい酸味がさっぱりしてお箸が止まらなくなる夏の定番の美味しさでした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-07-19 23:04 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(有松):麺や 福座(フクゾ)「清、白湯スープの冷やしラーメン」 oishii

b0089578_15191857.jpg
今夏のバーゲン戦線もそろそろ終焉を迎えている今日この頃、

旺盛な物欲は「OFF」の誘惑に耐えきれず、ネットでポチ地獄を繰り返したものの
実際に街に出向いたのは休日に1箇所チラッと寄ったくらい。

街に出る時間の余裕がないので、ネットでプレセールが買えるならそれでいいかと思っていた。
しかーし、トップスは問題なかったけど、ボトムスは丈がお直し必要だった(背が低いので)

172cmのモデルが着用している写真の時点で不安を感じていたが、
私が穿くとまるで殿中で裾の長い袴を引きずる大名じゃないか・・・(ちょっと大げさだけど)

後は痩せたら足もやや小さくなり、実際に試し履きしないと買えないので靴をネットで頼めない。
うーん、靴が欲しいぞ、買いに行きたいぞ、という思いをかかえている中、

今夜は会合だから夕食はいらないよ、という夫からの連絡を受け靴を買いにいけるチャンスなのに、
仕事帰りに真っ先に走ってしまったのは、私の中の「食欲>物欲」の法則にて、麺や 福座(フクゾ)

・清、白湯スープの冷やしラーメン
毎年、趣向を凝らした福座ならではの冷やしシリーズ、夏めん第1弾。
清湯スープと白湯スープの二層スープを楽しみながらいただく冷たいラーメン!
という、相変わらず発想と見た目がファンタスティック。

清湯スープは鶏ガラベースに氷下(コマイ)の干物の出汁と合わせて生揚げ醤油で味を調えたもの。
氷下魚ってあまり馴染みのない名前ですけど、主に北海道で漁獲されるタラの小ぶりような魚なんですね。
この部分のスープが海の香りの良いお出汁が出ていて、冷え冷え加減と相まってとっても美味しい。

白湯スープは鶏ガラと水だけで白湯に仕上げて塩で味を調えたもの。
清湯上にプルプルとのっかっている鶏の旨みが麺に絡まってまったり伝わってくる優しい味。
加賀太胡瓜の千切り、新生姜の千切り、そして大葉が散らしてあります。

国内産小麦の細麺で別々に食べてても美味しいけど、食べ進む内に自然と混ざっていき
清湯に溶けた白湯の旨みがじわじわと浸透してきます、でもあくまでも上品な風味は変わらず。
レモンで途中キリリと味を締めて最後まで変化を楽しめました。

別皿の具材はレタス、玉ねぎとパプリカのマリネ、小葱のぬた、ピンクペッパー、
鶏ささみの油煮(コンフィ)、豚肩ロースの塩チャーシュー。
私はスープには入れないでこのまま食べる。
これだけでお酒のアテみたいな、麺を食べながらちょいちょいとつまんでまさに麺のアテです。

同時に夏めん第二弾(7月限定)の活あゆを使った
「鮎めん(温)」(1日10食限定)もでているので、活鮎の味を堪能したい人はぜひ!

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-07-15 23:53 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(北町):王蘭 北町店 「北京麺・オムライス」 oishii

b0089578_15545270.jpg
最近の我が家のお家事情、7月に入って毎週のように行われるお家のメンテナンス。
水道管のクリーニングにエアコン取り外し、断舎利ングな粗大ごみの数々、幾つかのタンスの処分etc。

水道管クリーニングは家中の配管に圧縮エアーで洗浄するのですが、
たまってた水道管のサビがすごくて・・・まさに住宅の動脈硬化!

断舎利は子供の頃から見慣れてきたタンスが居なくなるのはしのびないが、すっきりした気持ちの方が大きい。
などと平日・休日とメンテナンスの歯車が回っていた間のチカラメシ的な夕食は、王蘭 北町店

金石街道沿いの昔ながらの中華の老舗、古き良き時代とでもいいましょうか、赤いテーブルや椅子に年季を感じる。
ご夫婦2人で営む素朴なメニューは、どれもリーズナブルで心に馴染むのです。

深夜2時まで営業しているので、前はジムアフターでよく活躍させていただきました。
23時以降のガッツリ中華の背徳感溢れる旨さは、最&高。

・オムライス(スープ付)
ふわとろ玉子もいいけど、薄皮の玉子でくるむ王道のオムライスがなんだかホッとする。
自分で作る時は未だにこんなに綺麗に包むことができないわけですが。
中身はここのチキンライスが玉子に包まっていて、チキンライスと言いながらもお肉は豚肉。
洋食屋さんとは違ったケチャップライスの味わい、やや濃い味付けの油の入り具合が好みの味。
b0089578_15552204.jpg
・北京麺
ラーメンやワンタンメンを多く頼むので、気になっていた未食で謎のの北京麺を注文。
豚肉、キャベツ、人参、もやし、タケノコ、椎茸があんかけ状でのせられているラーメン。
塩っ気と醤油と野菜の旨みがそこはかとなく伝わってきますよー。
細麺のツルッとしたストレートの麺、餡の重力に逆らいながら下からひっぱり出します。
あんかけなので非常~に熱い!この季節には中々辛いが汗をかきかきいただきました。
b0089578_15555365.jpg
・野菜炒め
紅生姜付きで焼きそばの麺抜きのような素朴なソース味の野菜炒めは、もやし、キャベツ、玉ねぎ、豚肉など。
野菜が苦手でもこれはお箸がどんどん進むのでは!?というくらいサクサク食べれます。
b0089578_15563804.jpg
・餃子
焦げの部分がサクサクで皮の柔らかさも残ってて、中身は細かい野菜が見受けられるけどお肉はいるのかいないのか状態。
でも、これがあっさりしてて香ばしくて幾つでもイケる独特な餃子。
b0089578_15573075.jpg
今時、ラーメンとヤキメシを食べてお腹いっぱいで700円だなんて、良心的で庶民には有り難いお店。
この日は夫はビールを飲んでいたので自分は運転手。
最近お酒を呑まないのも平気になってきたので運転手が多くなってきました。
2人で飲んでいた時は代行代金が気になって遠征出来なかったけど、次回は小松の中華でも行きたいわ~

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-07-13 23:58 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

東京(荻窪):台湾料理 瑞鳳(ずいほう)北口店

b0089578_09323816.jpg
酩酊状態(私だけ)からの復帰を経て、今宵のシメに向ったゴットイーターの面々。

荻窪って老舗のしかも個性的な大衆酒場や食堂がどれだけあるの?って位、毎度紹介してくれるのですが、
お次は入口から並々ならぬ存在感を発している台湾料理 瑞鳳(ずいほう)北口店
30数年ほど前に台湾出身の姉妹が台湾屋台料理としてお店をオープン。

*私たちが訪問したのが去年の10月ですが年末に北口店は閉店。
 現在は妹さんのお店、瑞鳳 南口仲通店 (ズイホウ) にて姉妹で切り盛りしているそうです。
b0089578_09324455.jpg
L字型のカウンターから見える壁にはいたるところに写真入りのメニューが貼ってあり非常に分かりやすい。
メニューの数が相当でここでは早い時間帯だと食事、深夜2時まで営業とあって深夜は居酒屋状態になるらしい。
中華で〆の麺やつまみと共に1杯いける環境が非常に有り難い。
b0089578_09324956.jpg
おつまみ三種盛×2

豚タン、豚ハツ、豚みみ、砂肝、豚レバー、台湾干し豆腐
台湾の屋台街はうろつき回ったけれど、こんな酒のつまみプレートを前にしての飲みは体験していない。
激しく台湾の屋台飲みへの渇望が高まってくる。
b0089578_09325457.jpg
腸詰
ややスパイシーな味付けの腸詰め、パクチーとニンニクを挟んで食べるとよりパンチ力アップ。
b0089578_09325967.jpg
台湾おこわ(ちまき)
台湾産の醤油を使った龍山寺のおばあちゃんの屋台の味。
もちもちとしたもち米にしっか味の入った豚肉がごろごろ、コクがあって美味しい。
b0089578_09330419.jpg
芝麻醤麺(ジマジャン麺)
濃い白胡麻のタレのスープに麺を入れていただく、台湾あえめんとも呼ばれます。
麺を食べきった後は別のスープを入れて薄めていただきます。

香辛料やパクチーなどをさらっと使いこなす台湾屋台料理、
北口店が閉店したのは残念だけど、南口店でまだ味わえると思ったらなんだかホッとした。
*この時に区画整理でお店をたたむという話を伺っていたらしいのですが、
私は酔っぱらっていたためすっかり忘れておりました(後から同僚から聞いた)

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-07-10 23:33 | 東京 | Trackback | Comments(0)

金沢(大河端町):ラーメン我楽 「ラーメン」

b0089578_13364961.jpg
7月に入りバーゲンシーズンに突入したけど、我が家の主は全く行く気がないみたい。

自分も独身の頃と違って平日は中々行くチャンスをつかめないので、
元気ハツラツで飛び込んでいったバーゲン戦士だったことはすでに過去の産物。

だけども全くバーゲンに興味がない訳ではなく、
先手必勝としてネットの先行セールで色々買っちゃいました(買ったことは夫には内密にしている・・)

そんなバーゲンに行く気もないフリをしていたお休みの日のランチは、ラーメン 我楽
外環状線と隣接した大河端地区は、区画整理事業に伴って随分新しいお店が増えている。

氷見から移転してきた我楽さん、皆が食べている黒い醤油ラーメンの画像から富山ブラックだと思っていたら
修業先の旭川ラーメンのしょうゆを軸としたものがベースなんですね。

味噌バターコーンラーメンや塩ラーメンも目移りするけど、まずはベーシックなラーメン。

・ラーメン
旭川は訪れたことはないけど札幌で何度か味噌ラーメンを食べたことはあります。
その時と感じたことと同じ、スープの上層がラードで覆われていて冷めにくかったこと。

真っ黒なスープは意外なほど塩辛さはなくて、醤油の香ばしさと動物系の出汁が出ているスープ。
中太のちぢれ麺がほどよいコシで、ネギやメンマなどのシンプルな構成で美味しくいただけました。

みためはまんま富山ブラックだけど、富山ブラックと旭川ラーメンがミックスされたよう。
味噌や塩にも挑戦してみたいです。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-07-03 23:37 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)