タグ:中華・ラーメン ( 388 ) タグの人気記事

金沢(堀川町):ご当地ラーメン 巡(めぐる)「長岡生姜醤油ラーメン」

b0089578_16322648.jpg
夏頃からじわりじわりと肩が痛み出して、今や何もしない状態でも痛かったり腕が上がりやしない。
現在、中高年特有の〇〇肩の発症中です。。。

も~衣服の脱着にも鋭い痛みが走るので、動きが制限されてヨガやあれこれちょっと苦戦中。
そんな痛みを抱えつつ、運動後や家業手伝い後に身体が欲しがるのはご褒美ラーメン。

9/29~10/21間の期間限定のラーメンを求めて、ご当地ラーメン 巡

・長岡生姜醤油ラーメン(+煮玉子)

長岡生姜醤油の名店の1つと言えば青島食堂、前にフジロックに行く途中、
長岡に立ち寄った記事で食べたことがありますが、生姜の風味がよいアクセントだった記憶があります。

生の生姜をゲンコツ・トリガラと共に煮込んだスープは、1口飲むと生姜がふわっと香る。
キレのある醤油は濃いめでうま味があって、コクがあるのに後味がすっきり。
多加水の中太ちぢれ麺をチャーシューに挟んだりして、とても美味しくいただきました。
身体が温まるので寒~~い冬にも食べたいラーメンですね。

しかし、本当に器用ですね、巡さんは~~そんな巡さんも10/27で二周年!!
10月23日~10月27日の間は2周年限定ラーメンとして、
「白河中華そば」「甘えび塩ラーメン」の二本立てが提供されるそうです(その他のレギュラーはお休み)
私はやはりジムアフターで目指そうかしら、いつもの風呂あがりすっぴんでもご容赦願います。



[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-10-13 23:05 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(寺町):中国料理 麟(りん) oishii

b0089578_11570815.jpg
9月の連休お出かけの続き、羽咋市までのんびりとカフェ巡りの後、
夕飯は久しぶりの中国料理 麟(りん)、電話をかけたらさすがに連休で凄く込み合ってるみたいで、
19:30には2席空くという連絡を受けて行ってきました。

店内を改装してからは初でしたが、カウンターの真ん中に通り口が出来ていて、
スタッフが料理を素早く運べるように、通り口分カウンターの座席は減ってますけどね。

まずは自家製ラー油かけ豆腐、ピリ辛で上のかりかりトッピングが香ばしい。
私は運転手なのでウーロン茶、お酒なしでも我慢できるようになった身体。
b0089578_11571345.jpg
海老マヨ、もったり滑らかな生クリームのような甘みのある自家製マヨが特徴。
b0089578_11571889.jpg
焼き小龍包、イベント出店時にちょくちょく食べてる焼き小龍包だけど、やはりお店で食べると旨い。
既に味付きなので何も付けずとも食べれますが・・好みで酢醤油でも。
b0089578_11572213.jpg
四川風豚しゃぶサラダ、少し肌寒かったので何で温かいメニュー頼まんの?と言われてしまったが、
私はこれが食べたかった、野菜と肉の両方楽しめるので。
b0089578_11572733.jpg
牛すじ麻婆豆腐、やはりここは名物の麻婆豆腐!の中でも牛すじ入りタイプ。
煮込まれた牛すじがプニプニで深みのある麻婆と混ざって鉄板の美味しさと山椒の往復ビンタ。
ごはんを追加したくなる衝動にかられるが、〆を頼むために我慢。
でも、とってもごはんに合うんだよなぁ。
b0089578_11573183.jpg
茄子のチーズチリソース、チリソースの中にチーズがとろけて洋風の様な味わい。
この位の硬さでいいのか、と茄子の炒め具合も参考にしながら。
b0089578_11573611.jpg
海鮮あんかけやきそば、家庭で焼きそばにほぼ入れることはないであろうクワイ。
しゃくしゃくした食感が心地よいです、ベビーコーンやパリッと焼いた固焼きそばなど歯ごたえも楽しく。

2人なのでカウンター純情派になりたいところでしたが、この繁盛店ぶりならしょうがない。
美味しかったよ、と挨拶して店を後にしました。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-10-10 23:46 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(西念):亀次郎「カレーラーメン」

b0089578_12481061.jpg
秋口に入り寝具を一新、9月後半に我が家に新しいベットがやってきました。
今までせんべい布団だったので、腰が痛くて寝返りを頻繁に繰り返していたのがこれで解消されそう。

さらに快適な安眠ライフの為にサイドテーブルやベットサイドランプ、シーツなどを探す日々。
庶民なので無印を見に行くことが多いですが。

この日はお昼12時にパフェを食べ、意外なボリュームにお腹が膨れ、
お昼ごはんはこれで終了とばかりにその足で金沢ベイの無印へと立ち寄っていた私。

お昼から2時間ほど経過してなんかお腹空いてきたかも・・・
時計を見ると14時過ぎ、ここから近くでまだ営業しているラーメン屋を探せ!!

15:00まで営業している亀次郎にズザーッと。

・カレーラーメン
前日からカレー続きで今日はラーメンにしようと意図的に避けたつもりが口が勝手に「カレーラーメン」と。
他のメニューもあるのに、ここでは普通のラーメンとカレーラーメンしか食べていないので反射的に。

懐かしさ一杯のカレーがここのシンプルなラーメンに入ると、これまたほっこり安心な味わい。
ネギがカレーに変化を出してくれて大切な役割、半分のゆで卵が嬉しい。
増泉時代は通っていませんでしたが、金石街道時代の時もカレーラーメン食べていました。
飽きないんです、ここのラーメン。

そこから夕方に夜ご飯の用意をし始めるも、お腹が空かないで困った!
しかも、作っていたのは本格的なインドカレー(ダール&海老カレー)
またカレーかよ、な日々・・でも辛さ控えめね。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-28 23:56 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(香林坊):Ramen & Bar ABRI(アブリ)「のどぐろ煮干し中華そば」

b0089578_15044948.jpg
夏の途中からキシキシ痛む症状が現れてきた左肩、四十肩・五十肩とも言われる肩関節周囲炎。
鋭い痛みが発生するので着替えもままならぬ・・普段の生活にかなりの支障きたしてます。

数日前での通院リハビリにて「いたたた・・ギブ!ギブ!」
プロレスかよ!と突っ込みたくなる声漏れが出てしまう、かなり動かせる範囲が制限されてる。

そんな痛みによりコストコでの重い荷物も人任せ、夕飯はサクッとラーメンでも食べに行こう。

Ramen & Bar ABRI(アブリ)

・のどぐろ煮干し中華そば(+煮玉子)
実はこの日はまだ冷やしもメニューにあり未食だったけど、温かいラーメンの気分だったのでこちら。
塩味ののどぐろ煮干しラーメンもありますが、出汁と醤油の風味の両方が味わえるこちらの方が好み。
しかし、いつみてもこの器は可愛い、九谷焼作家の武田朋己さん作。

b0089578_15045484.jpg
・のどぐろだしのたこ焼き
夜時間はバータイムなのでお酒のつまみにのどぐろだしのたこ焼き。
こちらも富士山?の形の器に胸キュン。

連れが飲んでいたのはEBINA BEER「EBINA LAGER」、新しく開けたばかりとか。

私はドライバーの為、100%植物発酵エキス酵素ドリンク、うむ・・身体に良さげそうでチョイス。
意外にも優しい甘さで飲みやすい、ノンアルの時はこれかな。




[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-24 23:58 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(安江町):麺屋 白鷺 -shirasagi- 「香味そば 塩」

b0089578_15024644.jpg
月に1度の習い事。
金沢駅近く別院通り商店街の自家焙煎珈琲「サニーベルコーヒー」さんのラテアート教室に通っている私。

業界の方々も通う教室の中で自分は趣味の範囲内ですが、
長く続いた分だけこつこつとレベルアップもしています。

19時からスタートして終了は大体22時手前なので、
夕飯は22時以降営業しているラーメン屋さんに立ち寄ることが多い。

で、この日はたまたまなのか早めの終了して時計を見ると21時、
こ、これは今日はあの店にようやく行けるっ!!

あの店とは~同じ別院通り商店街内にある、麺屋 白鷺 -shirasagi-

片町の「麺屋 鶯-uguisu-」さんの姉妹店、今年の5月にオープンしてから
この辺りはよく立ち寄るから来るだろう~の思いとは裏腹、まだ未訪のままでした。

ほぼサニーベルさんの斜め前なのに営業時間が21時半までなので、
看板の灯りが消えたお店の前をうらめしそうに通り過ぎるのが定番化していたんです。

さて、店内に入って席に座るのと同時に、ガラッと扉を開ける音にふりむくとそこには知人の姿。
なんという偶然、当然お隣さんよろしく。

・香味そば・塩
香味そばの塩と醤油、塩鶏白湯魚介そばの3本柱、その内の「香味そば・塩」。
鶯さんはやや甘めだった印象があるけど、こちらはキリッと引き締まった味というかすっきり。
鶏の出汁やその他の旨みが塩だけに際立ってくると言うか。

トッピングは白葱、かいわれ、穂先メンマ、海苔、低温処理肩ロースチャーシュー。
低温処理肩ロースチャーシューが中々肉厚で旨い。
中細な麺を食べていると底から青柚子が浮き上がってきました。

美味しくお隣さんと会話も弾んだラーメンタイム、また食べにこなくちゃ!


[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-21 23:23 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(片町):〆や 「鶏ガラしおラーメン」「鶏ガラしょうゆラーメン」

b0089578_10480937.jpg
飲み会の〆の代表格であるラーメン、最近は〆もせずに大人しく帰宅することが多かったのだが、
この日はしばらく街を散歩するなどインターバルを置いたら、ん?食べれるかも・・。

という訳で、3月に新天地にオープンしたラーメン屋さんに行ってきました。
新天地の通りに入って真ん中の分かれ道を左へ、しばらく進むと右手に看板が見えます。

〆やさん、こじんまりした店内はカウンターのみ、6席位だったかな。

店主さんの顔に見覚えが・・数年前にジムアフターラーメンで23時過ぎにダッシュでラーメン屋に走っていたあの頃。
風呂帰りすっぴん野郎状態で閉店30分前に駆け込みしていた駅西のあの店にいた人だ。
シャイ熟女なので黙っていましたが確信しました。

・鶏ガラしおラーメン
鶏ガラ出汁の透明なスープは鶏の旨みを感じるあっさりした味で、まさに飲み会の後の〆にぴったり。
トッピングは岩海苔、かいわれ、葱、柚子、鶏団子、味変化の柚子こしょう
鶏団子はミチッと肉が詰まっていて美味しい。
細麺ストレートの麺は量的にも多すぎず、〆ラーには丁度良い量だと思います。
b0089578_10481432.jpg
・鶏ガラしょうゆラーメン
連れが食べていたのは鶏ガラしょうゆラーメン、こちらも鶏ガラベースに醤油味のあっさり風味。

こちらは、19:00~26:00までの深夜営業で、〆のラーメンはもちろん、
おつまみとして鶏団子ポン酢、手羽元ポン酢、おつまみメンマや、ごはんものとアルコール類があるので、
軽く晩酌がてらにおつまみとビール、そしてラーメンと進めるのもいいかもしれない。

食べ終わる頃には外に行列が付いていました、ごちそうさまでした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-18 23:12 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

東京(荻窪):台湾料理 瑞鳳(ずいほう)南口仲通店

b0089578_13284146.jpg
荻窪南口ぶら飲み2軒目。

去年の10月に行って印象に残っていた台湾料理 瑞鳳(ずいほう)北口店に再訪するつもりで
7月初旬に位置確認しようと調べていたら、なんと去年の年末に閉店していた衝撃!

でも2軒あるうちの南口店は残っているそうなので、そちらに向かうことに、瑞鳳(ずいほう)南口仲通店
北口店と負けず劣らず味のある昭和な佇まいにじわじわと扉に引き寄せられる。
b0089578_13313174.jpg
デジャヴに陥りそうな北口店の記憶とあまり変わらない南口店の店内、壁のメニュー写真のせいもあるかも。
現在は、北口店にいたお姉さんがお昼を担当し、夜は妹さんが担当だそう。

南口店は夜市、屋台料理が得意と書いてあったけど、
味の予想が付きそうで分からないものもあって、沢山の麺類や一品料理で目移りする。

b0089578_13285468.jpg
前回食べたお酒のつまみ的な特選3品セットに目がいく。
前回の枠を出ないという安全パイをとってしまうが、前のお店からのハシゴなのでそこまで食べられないのもある。
b0089578_13290278.jpg
特選3品セット:干し豆腐、茶玉子、チャーシュー

台湾に行った時にファミマの入口から漂っていた八角臭、茶葉蛋(茶玉子)を買ってホテルで食べたのを思い出す。
マーブル模様が入った茶玉子の香辛料の香り、好きな人にはクセになる♪これ大好き。
干し豆腐はしっとりした弾力のある食感の豆腐、不思議な感覚。
上には白髪ネギとパクチー、お酒を呑むならどうしてもこちらのアテ系を頼まずにはいられない。
b0089578_13290793.jpg
しじみの醤油煮
生のしじみから煮るという醤油にはピリ辛で醤油はうっすらと、でもニンニクの香りが~結構するね。
見た目は小さいけどパンチがあるわー。
パンチがあるといえば北口のお姉さん、妹さんは明るくにこやかな方でした。
b0089578_13291200.jpg
芝麻醤麺(ジーマージャンメン)
胡麻ダレの和え麺、前回もこれ食べたのですが酔っていたので記憶が不鮮明だったのでワンスモア。
底に胡麻タレが沈んでいるので麺をよく和えてから食べると、胡麻の風味が強くてでも割とあっさりしてる。
b0089578_13291707.jpg
麺を食べた後にスープを入れてくれる。
30年以上営業している間で一番売れる麺がこれだそうです。
他にもジャージャーメン、夜市ヤキソバ、台湾チャンポン・・おっ!葱油餅もある。

街中の大衆食堂的な造りの中に異国情緒が散りばめられて、食べたいものがいっぱい。
このふら~っと立ち寄りたくなるレトロな佇まいと台湾伝統の味。
2度目でしたがここはまた来たくなる、腰を落ち着けてゆっくりと別メニューを味わってみたい。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-08 23:37 | 東京 | Trackback | Comments(0)

金沢(寺町):神楽(かぐら)「冷やしラーメン」

b0089578_17012414.jpg
8月後半に自作のタイ料理を振舞う機会があったんですけど、
大量のパクチーを仕入れたらその日だけで使い切れず、翌日から延々とエスニック料理が続く日々。

目的がないと家にはやってこない貴重な素材で好きだから無問題!パクチー中心で回る食卓。
夏の終焉と共に夏季限定ラーメンも終了の兆し、パクチーがトッピングにあるラーメンを求めて行ってきました。

・冷やしラーメン(トッピング:パクチー、味玉)

夏の限定は坦々麺(温・冷)と冷やしラーメン、坦々麺(冷)は既に食べているので冷やし一徹。
少し前は夏野菜がトッピングされたものでしたが、今回は自分でトッピングできるシンプルベース。

ひやひや過ぎない鶏と魚介の旨みがスーッと伝わってくるスープ、これ神楽さんだなぁ~とじわじわくる。
パクチーと一緒に食べるとその強い香りと共に途端に華やかな刺激が!
麺は口の中でにゅるっと踊るようなむちむち感、どこか穏やかで落ち着いた感じ。

家でもエスニックだけじゃなくパクチー使ったりするんですが、意外に和食材とも好相性だったり。
パクチーなしでも美味しいけど入れると劇的にバージョンアップするので好きな人にはたまらない。

これで私が食べる今年の冷やしも終了かな。。。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-08-31 23:05 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(三馬):支那そば屋 三馬店「炭火焼鶏麺・醤油」

b0089578_09332257.jpg
知り合いの大学生の男の子から、夏休みなど帰省していた後にこちらに戻ってくると
必ずここに行く!週3回は通ってる!という大プッシュを受けて、そのよく行くというお店に夜訪問。


来るのは久しぶりで懐かしいと思っていたら、もうオープンから17年経っているんですね。
現在、期間限定で17周年記念ラーメンの「炭火鶏麺白(はく)」が販売中。
鶏白湯スープだそうです(1日50杯限定)。

その限定ラーメンが頭にチラつくも、ご無沙汰だったので看板メニューの「炭火焼鶏麺」を。

・炭火焼鶏麺(醤油)
鹿児島産の鶏を炭火焼で一気に炙った肉はコリコリな噛みごたえ、
あっさりとしながら醤油がしっかり感じるスープに旨みと香りが移って香ばしい。
麺は中太のややちぢれ麺、葱と三つ葉と柚子胡椒と薬味も爽やか。

ランチタイムには麦とろごはん、おにぎり、ごはんが無料だから学生さん以外のファンも多いことは予想範囲内。
学生証見せるとサービスがあるらしいし、各種類のラーメンの他、
軍鶏焼を使った定食や親子丼も美味しい、と週3回通いの知り合いが勧める。

スタッフたちの動きは常にキビキビとしていて、
バイトの女の子にいたるまでまでチャッチャッと手つきが早い。

お店を出る前にチャーシューだらけの大盛りラーメン食べている人やら、
トマトが全面に覆いかぶさったようなラーメンに、なになにあれ?と。

職場の近くにあったら通いそう、選ぶ目線も広くて定食や親子丼目当てでもいいんだし。
単品とお酒メニューがあるから飲みにも活用できますね。

チャンカレがその昔(今でも)工大生の心の故郷だったように、彼にとってはここが学生時代の思い出メシ屋に。
人のお勧めを伝っての訪問も違った目線から入るので新しい発見があり楽しかったです。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-08-28 23:36 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

石川(野々市市):髭鬚張魯肉飯(ひげちょうるろうはん -金沢工大前店)「台湾まぜそば」

b0089578_16025366.jpg
今年2月の手術以来、人の2倍ほどの大食いは出来なくなった私。
けれどお腹は空くのでこまめに食べるのだけど、食べたものが全部出てしまうので食べても食べても太れない
という嬉しいような少々困った身体になっていた春頃。

それが7月頃からピロリ菌除去も関係しているのか不明だが吸収率はどんどん高まってきたらしく、
食べたものが食べただけ太るという、当たり前の普通の身体に戻ってきました。

適応してきた身体に喜びを覚えながら、4キロ痩せた分を食べ過ぎでじわじわと肥えていくのを防がなくては!
と平日の昼は割とカロリーオフなお弁当で過ごしています。

休日のお昼は自由なひと時を満喫するために羽ばたく時間、
チャンピオンカレー本店にカレーを食べにきたものの、急な方向転換で髭鬚張魯肉飯(ひげちょうるろうはん -金沢工大前店)

元々るーろー飯好きだったけど台湾旅行で拍車がかかって一時期テイクアウトに凝っていた。
1年半ぶりと久しぶりに来たらメニューが新しくなっている。
頭はるーろー飯だったはずなのに台湾まぜそばに吸い寄せられてこちらにしちゃいました。

・台湾まぜそば
肉味噌とニラ、白葱、揚げ葱、海苔、黄身がのっかった台湾まぜそば。
中太麺には香味油や特製の醤油ダレで和えてあるようです。
全部混ぜて食べると見た目よりもマイルドで辛さ控えめで食べやすい味つけ。

これに卓上の辛味油を足すと、あ!コクが増した~私的により美味しくなりました。
更に好みで酢を追加すると味が変わって楽しめます。
追い飯(無料)と書かれてますが、普通に最初から付いていました。

しかし、食べている途中から魯肉飯が食べたい病が顔を出す、久しぶりだから初心一徹にすればよかったか。
台湾まぜそばもいいけど、私はやはりるーろー飯が一番好きらしい。
八角の香りのとろとろ肉と煮玉子・・・また今度食べにこよう。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-08-23 23:14 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)