タグ:中華・ラーメン ( 364 ) タグの人気記事

石川(白山市):中華そば響(ひびき)「浅利と煮干の冷やしそば」

b0089578_15265207.jpg
ちょっと蒸し暑い日と涼しい日が交互に訪れて、除湿の温度設定が1度違っても微妙な夜。
食卓でも素麺を食べ始めていて、当然外で求めるラーメンは冷やし傾向に。

とある外仕事のランチは夏の定番を求めて中華そば響(ひびき)
11時半頃入店するとカウンターは半分以上埋まっている程よい込み合い感。

・浅利と煮干の冷やしそば(トッピング:煮玉子)
まずは煮干しと浅利の出汁が効いたというスープをゴクッ、あっさりなのに貝の旨みがしみしみ。
全粒粉が入った細麺は〆られてキュッとしまったコシでつるつるとした食感でうまーい。

基本のトッピングは、低温熟成チャーシュー、大葉、あさりの剥き身、フライドオニオン、メンマ、カイワレ、だし氷。
カイワレがピリッとしたアクセントなんでしょうが、自分にはやや強すぎるので先に全部食べちゃいました。
フライドオニオンのカリポリ食感と香ばしさのミックスは去年と同様気に入っています。
最後まで飽きさせない冷やしそば、今年も美味しくいただきました。





[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-06-23 23:27 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(1)

金沢(寺町):自然派ラーメン 神楽 「坦々麺(冷)」

b0089578_14532948.jpg
最近、ジムアフターラーメンを自粛しているので、ラーメン通い数は減っております。
じゃ、ジムアフターは!?帰りにスーパーで半額お刺身を買って、サラダと共に大人しく家ごはん。

なので土曜日のランチは数少ない1人巡りの日、ラーメンかカレーかヘルシー系かで迷う~~。
食べたい選択肢の中から優先順位を巡らせて、冷たい麺を求めて自然派ラーメン 神楽

・坦々麺(冷)(味玉トッピング)
限定メニューの坦々麺、温と冷があり辛さは1~3、私は冷の辛さ1を選択。
毎年、冷やしの季節になると神楽さんで必ず1杯は食べていて、数年前に同じタイプの冷やし坦々麺を食べた記憶があります。

魚介と色んな旨みが混ざった無化調スープに自家製ねり胡麻が浮いていて飲むと感じる香ばしさ。
辛さ1なのでラー油は少なめ、ほんのりピリ辛を感じる程度ですが、私には丁度良い。
つるつるしこしことした食感の麺と共に、清涼感を感じながらさらさらとスープを飲むのも進む。

夜限定のラーメンも非常に気になるところ、しばらくやっているのかしら。
これは禁断のジムビフォアーラーメンを繰り出すしかなさそう。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-06-17 23:17 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

石川(野々市):ヌードルキッチン TERRA(テラ) 「中華そば」

b0089578_15243760.jpg
職場での健康診断の結果通知書が配付され、今年はもちろんより関心は高め。
2月の入院時に4キロほど体重が減った私は、やや高めだったコレステロール値が大幅に減少。
怪我の功名ですね、後は異常なしです。

食生活の変化も影響を及ぼしているはず、かなり元に戻ってはいますが今は量は抑えめ。
ラーメンも食べているけど、すっきりあっさり系を中心にリハビリラーメンはヌードルキッチン TERRA(テラ)

あっさりを求めている割にはトムヤムを複数の店で食べているじゃないか、というお言葉は置いといて。
パクチーやトムヤムには理屈抜きな魔法がかけられているようで止まれることを知らず。

最近、夜限定の「塩煮干」があちらこちらで話題で、昼も時々出てるという噂で駆け付けたけど、
うーん・・この日はなさそう、でも久しぶりだから基本の中華そばにしよう。

・中華そば(煮玉子トッピング)
まろやかな醤油の風味と丸鶏と様々な出汁のうまみが重なって、芳醇でありながら淡麗。
上品でしみじみしみてくるスープ、うんまい。
中細ストレート麺はつるつるしてのど越しよく、口の中でパツンと切れる。
低温調理チャーシューはきゅっとした肉の味が楽しめてスープに浸しながら。

ちょうどラヲタ王がいたので隣に座ってお喋り。
ラーメン食べているのに内容はカレーやお寿司の話題、次の最短目的地が決まったわ(またもやエスニック系)

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-06-11 23:25 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(新保本):麺屋 夕介 「トムヤム豚(とん)」

b0089578_16153610.jpg
自宅の花壇の一部が整理できたらハーブガーデンにするんだ、と目標を立ててから数年。
根っこを地道に掘り起こしたりして、最後は友人に手伝ってもらい更地からの花壇の土づくりへ。

ハーブガーデンのアイディアはまだ全く浮かんでいませんが、とりあえず買ってきたパクチー苗。
もうすぐ夏だし種からじゃ待てない(MAX面倒くさがり)

ついにパク女がパクチーを育てる、これだけパクチー好きを豪語しているので遅すぎる位ですけど。
新芽を我が子の様に温かい目で見守っています、わさわさ生えてくるのを夢見て。

そんなパクチー好きの耳に入ってきたエスニックラーメンのニュース元ネタは麺屋 夕介
6/2(金)~14(水)の期間限定で「トムヤム豚(とん)」が登場すると聞けば行かねばならぬ。

休日に珍しくポールを取りに行きました、知り合いにバッタリ出会って3番目でしたが。

・トムヤム豚(とん)
最初に酸味がすわーっときてトムヤム特有の味付けきた~~そして豚骨ベースも影から顔を出す。
具は豚のひき肉、もやし、そしてパクチー!!
近くに追いパクチーにて盛り盛りになってる方のをチラ見して、ハーブの巨人が壁から出現した想い。
★パクチーが苦手な方は水菜に変更できます

麺は専用中細麺、そんなに細く感じず結構なもちもち感。
最初の酸味は後から引いてきて豚ひき肉の相性の良さからもやしと共にザクザク食べれます。

もちろんタイ料理大好きな私なのでトムヤムクンもその中に入っていますが、
あそこまでとんがってるわけではなく、ラーメン界のトムヤムとしてちゃんと存在してる形で、
辛さも控えめで良い意味で食べやすい。

基本的にトムヤムベースの味つけが好きなのでとっても美味しくいただきました。
トムヤムと言えばスープなので、全汁に近い形で飲んでしまいましたが、
残ったスープでごはんを入れて雑炊にするのも一考。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-06-03 23:25 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(有松):麺や 福座(フクゾ)「台湾まぜそば」

b0089578_09302511.jpg
チラシに惹かれるまま夕方デパートの催事に行き、夕飯のおかず用に餃子や手羽先など買う中で、
指をくわえているだけで食べる機会を逃したイートインの台湾まぜそば・・・。

脳内で「台湾まぜそば食べられなかった」のリフレインが吹き荒れる中、
地元のラーメン屋さんでも次々と台湾まぜそばを出すお店が表れて、希望の光見えるも急には食べに行けない。

週末に食べるチャンス到来、バービーボーイズを背に受けて向かうは麺や 福座(フクゾ)
目的は初夏限定の「台湾まぜそば」。

・台湾まぜそば(並)

先にニンニクを入れるか聞かれるのでYESと答えると、結構のっかっていたので少しだけ混ぜました。
台湾ミンチ(ヤンインジャン、ニンニク、生姜、花椒、唐辛子、中華みそ、りんご)のベースはそれほど辛くないので、
好みで辛さを足せるところがいいですね。

九条ねぎ、ニラ、もやし、桜海老、岩海苔、黄身、台湾ミンチと太麺と共にまーぜまぜ。

初代ふくぞラーメンの麺をまぜそば用に太くしてカットした麺とその他の具材が混ざりながら、
噛むごとにもやしのシャキッとした瑞々しさが一緒になるところが特に好き。

追加の辛みは足さなかったので、穏やかな辛味と中華みそなんだけど、
なんとなーく和を感じてしまうのは独特の優しい味噌の風味だからかな。

途中でレモンを絞ると爽やかな香りが楽しめるし、香味油も自家製だし相変わらず凝っております。
そして、追い飯(お腹いっぱいなので追加しなかったけど)が、
ごはんと卵白をメレンゲしてニンニクチップ・ラー油がかかったもの。
想像力を湧きたてる追い飯ですね、こちらもぜひどうぞ。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-05-25 23:35 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(玉鉾):自家製麺のぼる 「トムヤム」 oishii

b0089578_15575850.jpg
玄関前にイタリアンパセリの鉢植えを育てていて、毎朝水をあげて出勤するのが日課になっている。

けれど、パクチーにすればもっと頻繁に摘んで料理に使っていたかな?
摘み過ぎてすぐに無くなってしまいそうだけど。

そんなパクチニストの目が光る限定メニューが出たと聞いてさっそくパク女行動、自家製麺 のぼる

・トムヤム(小盛り・煮玉子)

タイのトムヤムクンをアレンジしてのぼるさん風のトムヤムに仕上がったエスニックメニュー。

清湯スープベースにレモングラス、カー(タイの生姜)、紫玉ねぎ、バイマックル(こぶみかんの葉)、
生唐辛子、有頭エビ、ナンプラーがスープの材料。

レモングラスやバイマックルの爽やかさ、カーはスーッとした独特の香りなので多少影響されているでしょう。
それらがミックスされた繊細で穏やかな辛さ、後からくる酸味が気温が上がってくるこれからの季節にピッタリ。

本場タイのトムヤムクンはフレッシュハーブがガツーン!と入っていたりするので、香りや辛さがどうしても強い。
本格的すぎになることもなく、でもトムヤムと分かる味でバランスが取れていて美味しい。

具材はパクチー、豚チャーシュー、プチトマトのローストがよりフレッシュな酸味を増します。
煮玉子は味が違うので別皿で提供。

パクチー→ネギ
プチトマト→フライドオニオン
に変更可能です。

パクチーが苦手な人、多いですよね。
何も気にならない人には苦手な人の気持ちは中々理解できないんですよ。
あ、でも自分の立場で振り返ると理解できます。
私は山葵が食べれませんからね・・・。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-05-21 23:45 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(4)

金沢(此花町):風花(かざはな) 「らーめん」

b0089578_09501603.jpg
もうそろそろ、家のお風呂も湯船じゃなくてシャワーでも寒くないくらいの気温になってきた。

家の入浴剤は家族共有なので、いつも自分の好みで買ってきてますが、
今使っているシャンプー&コンディショナーは「ネイチャーズゲート」のグレープフルーツ&ワイルドジンジャー。

アメリカブランドのフルーツブレンドのオーガニックラインで、ヘアカラーをキープするタイプ。
こういう海外物は酒量販店の化粧品コーナーがお得なので、いつも切れるとそちらでゲット。

もう無くなりそうだったので、同じ物に切り替えたら、「またこれ~?」と夫が不満そう。
どうやらワンタッチキャップなので出すのが面倒らしく、ポンプタイプが良いらしい。

少し前まで無印良品のポンプのを使っていたのだけど、最近コンビニでも見かけない。
ファミマで半額シールが貼られた無印のシャンプーを見つけては買い集めていたのは私です。

金沢ベイとフォーラスの上の階に引っ越した無印はやけに遠く感じる。
シャンプー買いに行くのにフォーラスの駐車場に停めるのが面倒、同じことがラーメン店でもあった。

今までコインパーキングにとめると思ったら行くのを躊躇していた此花町の風花(かざはな)
最近、この通りに移転した行きつけのカフェに行く前に、ようやく行くことができました。
今の流れは優しいリハビリラーメン。

・らーめん(煮玉子トッピング)

無化調の優しいスープからは懐かしいけれども、穏やかで奥行のある出汁とまろやかな醤油の風味が美味しい。
細くてやや柔らかくてツルッとした麺を噛みしめ噛みしめ、今の私はよく噛みしめてゆっくり食べてます。

デフォのトッピングはメンマ、ネギ、ほうれん草、チャーシュー、んで煮玉子を追加。
13時でもお客さんがいなかったのでやや不安になりつつも、のんびりとした穏やかな空気が流れていました。

次は他の人が言っていた塩にチャレンジ、ワンタンとご飯に付いてくる漬物もお勧めなようで・・・。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-05-10 23:50 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(もりの里):リンガーハット (イオンもりの里店)「野菜たっぷり食べるスープ」(塩味)

b0089578_09492105.jpg
入院している間に4キロ近く痩せて、デニムが1サイズダウンしたのは嬉しいけど、
足もやや縮んだらしく、いつものフラットシューズを何も気にせず履いていたら、いきなりスポーン!と飛んでいった。

今までの靴を履きたいから靴のサイズを下げるのはあまり嬉しくない。
でも久しぶりに靴を買おうと思ったら、23では隙間ができるし22.5は少し心に違和感があるがこれに決めた。
このまま太らなければいいのよね、出来るのか!?

とある日の夜は野菜大量摂取を求めてリハビリラーメン、リンガーハット(イオンもりの里店)

・野菜たっぷり食べるスープ(塩味)
リンガーハットの野菜たっぷりチャンポンの麺ぬきメニュー。
少し前にこちらのデフォメニュー(豚骨味)を食べたら、野菜たっぷりで美味しくいただけたので今度は塩味。

ふつーにあっさり塩スープに炒めた野菜がのっかっていると思ったら、塩ダレ風味のあんかけで、中々コク味で旨し。
スープもややとろみをまして、豚肉・かまぼこ・きくらげ・キャベツ・もやし・人参・玉ねぎ・さつま揚げと底まで野菜のボリューミーさ。

額に汗かき、480gの野菜たっぷりヘルスィーで塩味も気に入った。
何も作りたくない日の野菜たっぷり摂取したい1人ご飯はこれ一押し。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-05-09 23:49 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(堀川町):鮮魚麺 海里 「鮮魚醤油らーめん」

b0089578_17102095.jpg
日本民族が国内外を大移動するゴールデンウィーク、そこそこ天気もいい日が続いているので、
布団を干すのに最適だぁーと、いつも通り遠出はあまり期待できずに過ごしています。

駅前や街中で洋服や雑貨を見回る普通の休日のような行動もまたよし。
近江町市場の寿司屋に並ぶ異常な行列を横目に、1人ランチの為に金沢駅前へと移動。

退院以後、ラー活も控えめにしていた久しぶりのリハビリラーメンは、鮮魚麺 海里
味噌ラーメンの人気店「大河」の新店舗にようやく訪れることができました。

ちょうど正午をまわった時間だったけど、並ぶことなく入店。
2組ほどお客さんがいたかな。

・鮮魚醤油らーめん

毎日市場から届く新鮮な魚のあらを炊き上げ、海の幸の出汁を生かしたスープが特徴。
1口いただくと、魚の旨味の存在感がドーンときて、スープは旨みとコクが身体に染み渡るような優しい味わい。

ストレートの細麺はそこそこコシがあり、結構量ありませんか?!私的にそう感じた。
白身魚のあら(鯛かな?)がトッピングされており、混ぜると多分行方不明になるのが確定なので最初に食べる。
炙ってあって香ばしいですね。

スープが残ったらそれを利用してお茶漬け(梅orわさび)も注文できるけど、
大食い卒業したので、それは家族と一緒に来た時に取っておくことにした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-05-02 23:11 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(尾張町):梅梅(めいめい)中国料理店 oishii

b0089578_16040698.jpg
嬉しいことにご近所さんに新しいお店が少しづつ増えております。
2月6日に尾張町にオープンした北京ダックが看板の中国料理店、梅梅(めいめい)

私はオープン直後に友人たちと行ってきたのですが(2月の記事はまだアップしてない)、
夫がまだ行ってないと言うので、中国料理は人数多めで食べるべし!と友人を誘い4人で行ってきました。

町屋の外観から暖簾をくぐると、2階が吹き抜けの高い天井にぼんやりと古い照明の灯りが漂っていて、
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカに出てくるチャイナタウンの店の様な幻想的な雰囲気。


b0089578_16041271.jpg
殆どノンアル活動を続けている私は温かいお茶、
中国茶だけでも数種類あって迷ってしまったけど、結局無難にジャスミンティー。

b0089578_16041881.jpg
・前菜盛り合わせ5種

ピーナッツ香味煮、バンバンジー、くらげ野菜香油和え、ザーサイ、ちしゃとう山椒和え
ものによっては香油が効いていて、どれも少しづつ顔が違う個性的な味わい、面白いです。

b0089578_16042339.jpg
・ピータン豆腐

この集まった仲間の趣味がじわりとにじみ出てきたメニュー、ピータン豆腐。
そのままでもぐちゅっと美味しいピータンとパクチー、豆腐という三位一体な組み合わせ。

b0089578_16042938.jpg
・羊肉茴香餃子(焼)

ここに来る前で羊肉餃子が食べたい!と宣言していた友人有り。
数種類ある餃子は焼・水・蒸と調理法も選べるので、選択肢に迷っておろおろ・・焼きにしました。

羊肉と香辛料がきいた大陸餃子、生地の茶色は中国茶で色付けあるそうです。
茴香(ウイキョウ)だからフェンネルが入っているのかな。

噛むと思ったよりも口の中に広がる羊臭!これは美味しいっ。
エスニックな国に旅行した思い出がよみがえりましたわ、個人的に次回も食べたい。

メニューには通好みの味と明記、羊が苦手な人はだめでしょうね。

b0089578_16043833.jpg
・黒牛餃子(水)

餃子もプカプカ浮いて真っ黒だと奇怪に映る、中身は牛肉を使用した餃子。
つるんとした食感で黒胡椒が結構効いている、肉肉しくて大人の味わい。

毎日手づくりで作っているという餃子の皮はもちもちで、割と小ぶりなので沢山食べれそう。

b0089578_16044410.jpg
・豚肉ショーロンポー

小籠湯はプレーンな豚肉のものを、噛むと中から肉汁がじゅわっ。
他には蟹肉ショーロンポー、メイメイ梅入りショーロンポー、豚肉焼きショーロンポーなど。

b0089578_16045176.jpg
・北京ダック
自家製石窯で焼き上げた豪快のビジュアルの北京ダックきたー!
4人でさすがに1羽は食べきれないので、ハーフで注文しました。
自家製石窯で薪を焼き焼きあげてある北京ダック。

b0089578_16045694.jpg
北京ダックを包む皮に肉と皮、葱、きゅうりと甘辛い味噌をくるんで食べます。

北京ダックの思い出その昔〜野々市の楼外楼が金沢赤十字病院の前にあった頃、
北京ダックを前々から特別予約して宴会を何回か行ったことがあり、
その時に北京ダックを初めて食べたけど、その時はパリパリした薄い皮のみだった。

こちらは皮だけでなく肉も削いであるので、パリッとした皮と柔らかい身の部分で結構ボリュームがあります。
身自体もしつこくないので、お肉だけでも甜麺醤をつけていただいていました。


b0089578_16050117.jpg
・露地の葉にんにくを使った四川マーボ豆腐
葉っぱの部分と根元の白いところを食べる葉にんにく、中国では葱ではなく葉にんにくを入れるそうですね。
かなり本格的な香辛料です、か・・めちゃ辛いっ!!今の自分には無理めだったので、他の人にバトンタッチ。


b0089578_16050647.jpg
・牛バラ葱チャーハン
厚くカットされた牛バラがごろっと玉ねぎと一緒に入ったチャーハン。
パラパラとして普通にうまい。

b0089578_16051097.jpg
・鶏ゆず麺

たんたん麺や羊スパイシー、牛ばら麺の濃ゆい麺メニューの中で、さりげなくあっさりな立ち位置にいた鶏ゆず麺。
ゆずの皮が散らされたあっさりした麺だろうな〜と思っていたら、
スープにゆずの汁がたっぷり入っているのか、爽やかな酸味が広がってクセになる美味しさ〜。
上には豆苗とゆずの皮、麺は細麺でした。
あっさりさっぱりは正解だけど予想外のヒットだった麺。

初めていった人はメニューが多すぎて、気がついた時は石像になっている人も多かろうと(自分)。
迷うほど種類があるということは何度行っても楽しめるということなので、
また人数を確保して食べに行きたい、と思ったおります。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-05-01 22:56 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)