タグ:カレー ( 88 ) タグの人気記事

金沢(福増町):スープカレー&カフェ モグ/moguでコロコロいももちとこんがりチーズのカレー

b0089578_10393250.jpg
長々と書いていた北海道記事が終わって8月分がかなり溜まった状態、しかし金沢でも北海道デジャヴなスープカレー。
お盆の時期に友人が帰郷していた折、ランチしに行ったのがスープカレー&カフェ モグ/mogu

15:00までに入店すればスープカレーランチ(チキンor野菜・サラダ・ドリンクセット)が食べられるが、
メニューにはそれ以外にもスープカレーがあるので、あえてランチセットを外して
カレー単品とランチセットのサラダ単品(200円)を注文するのが自分の中で定番化し始めている。
ドリンク付の方がお得だけども友人と別の場所でお茶する予定でいたので、こちらで納得。

ランチセット時の単品サラダ、少し前までラーメンサラダだったが夏バージョンなのかトマトジェラート付サラダ。
サラッとしたトマトのジェラートは塩味と甘みも含まれた半スイーツのような、後は葉物とコーン、アイコっぽいトマトは甘い。
b0089578_10393682.jpg
・コロコロいももちとこんがりチーズのカレー

メニューにはオリジナルのトマトベースが合うと書いてあったが、あえて友人共々海老スープで!
注文時に店員さんにトマトベースがお勧めですよ、と追い打ちかけられるが海老スープで貫き通す。

スープベース:海老
辛さ:5(無料で精いっぱい辛い)
ライスの量:普通

1口サイズのいももちはもちっとしているけど歯ごたえは柔らかめで、溶けたチーズがからんで美味しいです。
北海道で食べてきたスープカレーと比べるとやや優しい味かな?向こうのは香辛料が効いていたのでスパイス強めが苦手な人には食べやすいかと。

辛さに耐性はある方だけど5で丁度良いです、エビの風味を味わいつつライスをカレーに浸す。
ライスは普通の量だとカレースープは丁度よくなくなりかなりお腹は膨れる。

知り合いにここの伝説の大盛りアンプーンとライスの昔話風大盛りを教えたら、初来店でそれを制覇したとか。
リアルで見たかった・・自分では食べきる自信がないので。
特別大盛りは食べきる自信はないが、全てのメニューは制覇したい気持ち。

★夏季限定の富良野メロンランチは9月13日までの予定だそうです

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-09-04 06:39 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

北海道(新千歳空港):スープカレーlavi(新千歳空港店)

b0089578_16515362.jpg
新千歳空港でのお土産探し、いつもじゃがポックルやバターサンドなどいただいていたけど、
余りに巨大なフロアの中に各ジャンルのお店の数が多すぎて、リストアップの選定に頭がオーバーヒート。

手荷物で両手が塞がる前にとりあえずの腹ごしらえは、スープカレーlavi(新千歳空港店)
地元でのスープカレー屋さんで基本のスープに海老やココナッツなどのトッピングで味の変化を楽しむスタイルを経験済みだが、
そのスープトッピングを最初に始めたお店がlaviだそう、店内は南国バリをイメージしたアジアンテイストな雰囲気。

スープ:オリジナル、焙煎エビ、ココナッツ

辛さ:0~50番まで無料
0~5(3が中辛)、6~10(慣れたら挑戦)、11~30(辛いのが好きな人へ)、31~50(激辛)

ライス:小、並、大、全て無料

・八百屋の野菜カレー(オリジナルスープ仕立て)

具はレッドムーン、人参、ピーマン、かぼちゃ、ブロッコリー、いんげん、茄子、えんどう、玉子、ごぼう、オクラ
レッドムーンは北海道産の食材で赤いじゃが芋、お米なども北海道産に拘っているそうです。
トマトベースのカレーはさらりとして濃厚でスパイスが効いているらしく、辛さは確か中辛にしてたけど結構辛いと言ってました。
b0089578_16515645.jpg
・チキン to 野菜カレー(ココナッツスープ仕立て)ライス小

こちらは私が食べたスープカレー、ライスは小!またカレーは飲み物化してしまうわ。
スープを1口飲むとスパイスの辛さが襲ってくるが、ココナッツの甘みでやや中和されている気がする。
辛さは11だったはず、辛いのに挑戦してみたいけどビビりな心が指先1歩だけ延ばしてみた。

具はチキンレッグ、レッドムーン、人参、いんげん、ブロッコリー、茄子、ピーマン、南瓜、うずら。
チキンはほろっとほどけて柔らかく特に素揚げしてある野菜類が美味しかった。
エスニックが好きな私らしくやはり香辛料と共に合わせると好みはココナッツらしい。

さて、お腹に余裕を持たせる作戦でお土産エリアへ。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-09-02 23:58 | 北海道 | Trackback | Comments(0)

北海道(札幌・西線9条旭山公園通駅):西屯田通りスープカレー本舗

b0089578_16493894.jpg
ちょっとしたオヤツ感覚ではへヴィー過ぎるスープカレーも、ごはん少な目ならカレーは飲み物的に軽くいけるのではないか。
食べたいものリストの中からピックアップされていた奥芝商店(札幌本店)、だが到着して我々を迎えたのはスープ切れの文字。

スープ切れ・・心が一瞬折れかけ、お腹が空いてマッチを擦ったらカレーが出てくるかしら(先に1軒食べてる)
思わず店員さんにこの近くにスープカレーのお店はありますか?と聞いていた。
ありますよ!この近くに、中々美味しいですよ!と親切に教えていただき、向かったお店は西屯田通りスープカレー本舗
b0089578_16494301.jpg
店内はウッディ―でBGMはエスニック系が流れていた気がする、メニューの中のスタンダードなカレーの種類が多くて迷う。

手こねハンバーグカレー、煮豚カレー、とりレッグカレー、とり野菜カレー、ぶた野菜カレー、野菜カレー、すたみな納豆カレー、
えびカレー、薄切りベーコンと丸ごとトマトのカレーの中から選んで、

スープは、あっさりさら旨、濃厚こく旨、ココナッツスープ(+50円)、えび(+100円)スープの4種、

辛さのレベルとライスの量をチョイス、と順番に選んでいくのが北海道スープカレーのルールブック
b0089578_16494827.jpg
とりレッグカレー、あっさりさら旨スープ、大辛、ライス小盛り

同行者が頼んだカレー、あっさりさら旨スープは丸鶏と鶏ガラと香味野菜がベースで椎茸や昆布、鰹節の和風の出汁を合わせた
すっきりした口当たりのスープ・・・らしいが、大辛をチョイスしたために「辛~辛~!!」ばかり唸ってて、
なかなかすっきりして美味しいとは言ってはいたが、辛すぎてスープの良さが分からない状態だったらしい、限界知ろうよ!
あっさり辛いとは可愛い顔してドSだな!
b0089578_16495214.jpg
手ごねハンバーグカレー、濃厚コク旨スープ、中辛、ライス小盛り

この店で一番のお勧めがこの手ごねハンバーグカレー、おススメなら注文しなくては!私が食べたカレー。
濃厚コク旨スープは豚骨、鶏ガラ、香味野菜がベースで、野菜の繊維を溶け込ませたパンチが効いたスープ。
確かに濃厚で豚骨を合わせているからか旨味もあって、中辛でもほどよくスパイシーさを感じました。
中身の野菜はキャベツ、人参、じゃが芋、蓮根、ピーマン、赤ピーマン、ニンニクの芽、水菜となかなかバラエティ。
後、玉子と肝心のハンバーグはキュッとしまっており噛むとジューシーで美味しかった!
b0089578_16495530.jpg
ライスは小盛りなのでカレーが余ってしまい、リアルカレーは飲み物・・まさにスープカレー。
トッピングの種類も多いし(ライスにもある)、こんなカジュアルなスープカレー屋さんが地元にあったらいいのに。
ハンバーグが胃を圧迫してちょっとお腹が膨れてしまいました、しばらく次まではかなり時間が空きそう。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-08-30 23:45 | 北海道 | Trackback | Comments(0)

金沢(古府):IRIE CURRY HOUSE(アイリーカレーハウス)

b0089578_10374739.jpg
6月になって日差しのキラメキと気温の上昇がスパイスを求めるお店へといざなう。
お昼の女子会はミスターサマータイムならぬカレータイムにて古府町のIRIE CURRY HOUSE(アイリーカレーハウス)

「天然カレー市場ヤムヤム」さんで修行されたオーナーのお店はオープンされてから丸3年はたってます。
南国ムードなインテリアでジャマイカンな雰囲気の店内はカウンター4席、テーブル18席、私たちは団体なので奥の自称VIPなソファー席を予約。

カリーランチセットは、お好きなカレーと塩こうじサラダと選べるドリンクセットのお得なお昼のセットなのだがルールブックは以下の通り

1:お好きなカレーを選ぶ
2:カレーソースを選ぶ(オリジナル(スパイシーな辛さ)、ココナッツ(ココナッツミルクでマイルド))
3:玄米入りうこんごはんの量を選ぶ(無料:S・150g、M・250g、L・350g)、(+200円:LL・500g、ルー1.5倍)
4:トッピングを選ぶ(有料:60~150円:辛さ、ルーの量、あげたまご、チーズ、オクラ、アボカド、納豆、香バター、野菜セット)
5:ドリンクを選ぶ(オーガニックコーヒー、オーガニックウーロン、チャイ、オーガニック豆乳、マンゴージュース、Beer...etc)

さらに食欲至上主義なレディースたちは少人数では、中々頼みにくいサイドメニューにも目を付けた。
b0089578_10375274.jpg
・ヤサイとチキンのバターマサラ

タンドリー風チキンと人参、玉ねぎ、じゃがいも、ブロッコリーがゴロゴロとローリングストーンズ。
スパイスとバターが利いていて、チキンはもちろん野菜を食べるお箸もすすみます。
b0089578_10375889.jpg
・おにぽて

オニオンリングとポテトフライ、モスバーガーではオニポテ、フレッシュネスバーガーではオニオンリングを必ず頼む私。
オニオンリングの衣はサクサクっと揚がって皆が大好きな美味しさ。
b0089578_10380247.jpg
・ジャークチキンカレー(オリジナルカレーソース、ライスL、ルー1.5倍、あげたまご)

こちらが私が注文したセレクト、後ろに控えているのは塩こうじサラダ。
無料のライスがLサイズまでならば頼みましょう限界を!そんなLサイズに合わせてルーも増量!こちらは有料やむなし。

カレーライスはルーもライスもまんべんなく余らないように計算しながら食べていますが、
ライスorルー、どちらが残るのがベストかと聞かれれば、迷わずカレールー。
カレーの海は微笑ましいが、ごはんだけがポツンと孤島の様に余るのは許せないのです、カレーは飲み物。

スパイスとハーブで漬けたチキンを炭火オーブンで焼いたスパイシーなチキンが上にのっかっています。
オリジナルのカレーソースはさらっとしたスパイスを感じるドライな辛さ。すっと抜ける感。

油は殆ど使わず小麦粉は不使用、大量の玉ねぎやスパイスで自然なとろみを出したヘルシーなカレー。
お米は石川県産で玄米も入ったターメリックライス、野菜も自家栽培の無農薬と安心安全づくしですね。

トッピングのあげたまご、揚げることでコクが増してまるでドレスを纏って着飾ったシンデレラ。
ライムを搾って食べるチキンと共に、先にサイドメニューも食べているので食べがいがあったわ~。
b0089578_10380620.jpg
・エビとアボカドのチーズキーマカレー(オリジナルカレーソース、ライスL、アボカド)

皆の注文がかぶっていた中で違うカレーを注文した友人のセレクト。
アボカドが入ったカレーなのにトッピングをアボカドにするという、どれだけ好きなのアボカドニスト!!

海老とアボカドって相性良さげ、キーマカレーはどこを食べても肉が口に入るのがいいですね←そこ?
ごはん派の友人はカレールー増量にはしていなかった。
b0089578_10381055.jpg
・アイスチャイ

セットのドリンクはいつもコーヒーが多いので、たまには・・とアイスチャイ。
口の中に残る辛さがミルクと共にじょじょに引いていく感覚、そしてソファーに身体を沈ませつつ落ち着いたランチタイム。

野菜系、キーマ系、スペシャルとカレーの種類も豊富なので、インドや欧風カレーとはまた違ったスパイシーさを求めにまた行こうと思います。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-06-19 06:30 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(四十万):シエスタ(欧風カレー)で限定らららカレー、湯谷の焼饅頭、九谷茶碗まつり

b0089578_13372421.jpg
去年からGW中の定番行事になりつつある九谷茶碗まつりツアー、今年も好みのちゃわわんを購入するためにレディース部隊4人集結!
朝8時半開始を目指して向かったのですが、なんとお目当てのお店は8時半前から始まっていたという・・フライング。

九谷青窯のブースだけ満員電車の様で、器が相手なので押し合いへし合いにも気を使いまする。
去年の教訓を忘れた準備不足な私はマイカゴを持っていくのを忘れて、釜のカゴをGETできたからいいものの
全体的に数が少ないのでやはり自分で持ってきたほうがいい、幾つもの器を手で持つのは限界があるのですよ。

しかし、今年は特に同じ柄を爆買いしている人が多いわぁ・・誰かに頼まれてでもいるのだろうか。
人が多けりゃ会計もロングコース、結構時間かかりました・・そしてお次は寺井のチャレンジショップの窯の方へ。
ここも到着した時には既に遅し、もうお店が開店してセールが始まっておりました。。。今年は後手後手だなぁ。
b0089578_13372962.jpg
早朝から移動して朝ごはんを食べる暇がなかった私、胃袋の中ではイナビカリが鳴り響いておりました。
そこで寺井に来たら、焼き饅頭を食べなければいけません!とBOW隊長の言うがまま、湯谷の焼饅頭(ゆのたにのやきまんじゅう)

チャレンジショップ1号館から寺井郵便局に向かうように道を進むと
プレハブの建物の中にカウンターと焼きまんじゅうを焼いているスペースがあるお店を見つけられる。
b0089578_13373233.jpg
お店のお父さんに写真撮るよ~と声かけすると、この通りのキメポーズ。
1つ100円の焼まんじゅうを手捌きよく次々と転がして作っていく、待ち人もいたので作った分はすぐに売り切れ。
b0089578_13373697.jpg
焼き饅頭という名だけども大判焼きのようにカステラ皮と中身は餡子、大判焼きよりも2/3位の大きさなのでちょこっとつまむに食べやすい。
熱々ハフハフで食べると外はカリッとして中の餡子は甘さ控えめ、すぐに食べるのが一番旨し。
b0089578_13373994.jpg
茶碗まつりツアーの最後は、「上出長右衛門窯」の窯まつりへ。
九谷茶碗まつり会場と少し離れているが、ここでも器がお安く手に入るのと、今年もカレー、パン、コーヒーなど色々ブースが。
めがねの珈琲にて豆乳ラテを飲んだ後二等品への品定め、しかしお財布のコントロールも限界ギリギリ。
b0089578_13374337.jpg
1台に4人分行商できるほどの器を詰め込んで茶碗まつりツアー終了後は、お楽しみのランチ。
休日は込み合っているので席の予約はとれないが、限定カレーは前日から予約しておいた欧風カレーのシエスタ

春限定「らららカレー」

毎日数量限定なので食べたい方は予約必須、数量限定なので大盛りは出来ず(Mサイズ)、ついここでは大盛りデフォなので。。。
ココナッツミルク入りのカレーはちょいエスニックな味付けだけどもマイルドで、ターメリックライスにしっくりきます。
キャロットラペとサラダを食べながら、天気が良いので挿し込む日差しが爽やかテイスト。
b0089578_13374703.jpg
デザートセットにてとろんとしたプリンとドリンク付き(アイスコーヒー)
しかし、このお店も随分長いけど変わらないお洒落さ、何故かドリカムデビューの頃とかぶります。
b0089578_13375218.jpg
今年の九谷茶碗まつりの戦利品、普段使いの器たち去年爆買いしたのも記憶に新しいが、すでに数枚割らして退場しております。
とはいえ相対的には増え続けている器、今年はこれでも厳選したつもり。

青窯での徳永遊心ちゃわんの去年買った丼をペアにさせるためと、平皿と取り皿は使いやすいし持っていない柄を幾つか。
米満麻子さんの色絵レモンの木はお初、どかんと煮物を盛り付けるお皿を探しておりました。
b0089578_13375520.jpg
チャレンジショップ1号館で買った庄田春海さんの器とタクマポタリー(茶)
ここでは既に人気のお皿は先の人が持っていたので、やっぱりやめとこう・・を手を放した瞬間に取り上げたものばかり。
b0089578_13375949.jpg
上出長右衛門窯ではクタニシールの小皿と楊枝入れ、前から欲しいと思いながら手元になかった柄2つ。
後は小松基地航空祭特別限定、九谷焼F15Jの絵付けされていない箸置き・・趣味で作ったものだそう。

親が元々持っていた九谷焼きの器も食器棚の奥にごっそりあるのだが(九谷の伝統的な柄とか)
割るのが怖くて殆ど使用していない、勿体ないかな?以前はお正月によく出てきたものでした。

ホームパーティー用に大皿もかなり集まってきたので、GW中に片づけも進み、これからが楽しみな茶碗まつりでした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-05-17 09:11 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(福増町):スープカレー&カフェ モグ/mogu

b0089578_08490506.jpg
最近は週一で通っているジム、通い道のお決まりのジムロードを通りながら周辺に目もくれずに向かうのみ。
だが、通り沿いにあり腹ペコジムラーにとって、いつも心臓をキュッと締め付けられ思わず入ってしまいそうになるお店がある。

ジムビフォア―ラーメンですら横っぱらが痛くなるのに、あれをジムの前にセットで食べたら確実に。。。
と中々入りたいのに入れない強力内服液のCMよろしく我慢していたお店に、平日に行くチャンスがあり女友達3人でGO!

北海道富良野にあるスープカレー「ふらのや」で修業した御主人が、新鮮な野菜をふんだんに使うことを拘りとして、
石川県産のこしひかりや主に地元野菜を原材料としたスープカレー専門店。

スープカレーと言えば、香林坊109や入江にスープカレー専門店があった時に何度か足を運んだ記憶、後は東京でかなり前に。
北海道に最後に行ったのが15年位前だけどスープカレーは食べていない、という訳で記憶の糸も細くなりつつあるスープカレー。
久々に金沢唯一の専門店として、お昼は毎回駐車場で待ち人ありなほどの人気なのです。

お昼の人気はやはり2種のカレー(チキン、7種の野菜)から選ぶランチセット:1,280円
スープカレー(ライス付)、お好きなドリンク、日替わりサラダ

単品で各種色んなカレーがあるけど、セットのお値段がお得なのでついついランチセットに目が向かう。
平日に来店した意味は、スープカレーベースの平日限定、マイルドココナッツスープを食べるため。

ランチセットの掟
1、スープのベースを選ぶ:トマト、エビ、マイルドココナッツ(平日限定)
2、2種のカレーから選ぶ:チキン、7種の野菜
3、辛さを選ぶ:1~10.....
4、ごはんとスープの量を選ぶ:小盛り、普通盛り、大盛り、山盛り/普通盛り、大盛り、伝説の大盛りアンプーン
5、ドリンクを選ぶ:コーヒーetc、各種ラッシー、北海道限定ドリンク

以上のレールの上にのっかって、注文して運ばれてきたのが上の画像。
b0089578_08491181.jpg
・マイルドココナッツベースのチキンカレー(私)

スープベース:マイルドココナッツスープ(平日限定)
カレー:チキン
辛さ:4
ごはんとスープの量:普通盛り
ドリンク:キウイラッシー

スープカレーは野菜の旨みとココナッツが合わさって、エスニックがほろりと漂う好みの味。
ベースはマイルドなんだけど辛さが店主おススメ4なのでまぁまぁ辛い。5番までは辛さが無料なので一段階上げてもいけるかも。

骨付きチキンが本当に柔らかくてほろっとスプーンでほどける、よくスープが染みてます。
チキンだけじゃなくピーマン、カボチャ、茄子、コーン、キャベツ、人参、玉子とトッピングもバラエティ飛んでる。

サラダはレタスなどの葉っぱ系にコーン、トマト、ラーメンというラーメンサラダが面白い、胡麻系ドレッシング。
ラッシーは重厚感があり下にキウイが沈んでいたので混ぜて飲む感じ。
ごはんをスープに浸しながら食べるのだけど、普通&普通でかなりお腹が膨れます。

石川県ご当地カレー選手権でもモグのカレー食べて美味しかった記憶があるけど、あれもココナッツカレーだったかな?
b0089578_08491456.jpg
・エビベースの7種の野菜カレー(友人1)

スープベース:匠のエビのスープ
カレー:7種の野菜
辛さ:3
ごはんとスープの量:普通盛り
ドリンク:キウイラッシー
b0089578_08491899.jpg
・トマトベースのチキンカレー(友人2)

スープベース:トマトスープ
カレー:チキン
辛さ:4
ごはんとスープの量:普通盛り
ドリンク:キウイラッシー
b0089578_08492956.jpg
別の日の休日に今度は夫と来店、午後3時前に到着したらすんなり入店できました。
今回はランチセットではなく、単品スープカレーとランチ時のサラダを別に注文で飲み物はなし。

・焦がしチーズとこんがりベーコンのスープカレー(私)

スープベース:エビ
カレー:焦がしチーズとこんがりベーコンのスープカレー
辛さ:4
ごはんとスープの量:普通盛り

チキンや納豆だとトマトスープが合うような気がしていたので、ベーコンに海老スープという選択。
スープにエビが加わると独特の深みがあるコクと旨みがありますね、ベーコンも塊で食べごたえがあってなかなか。

エビはトマトスープに比べてちょい辛!と書かれているが、私にとっては4は普通、辛さに弱くもないが打たれ強い。
辛さの感じ方は人それぞれなので、辛いのが苦手な人は2や3にして様子をみたほうが無難。
b0089578_08493350.jpg
・コロコロいももちとこんがりチーズのスープカレー(夫)

スープベース:トマト
カレー:コロコロいももちとこんがりチーズのスープカレー
辛さ:4
ごはんとスープの量:どちらも大盛り

きたよ、両方大盛り!ごはんはさほど感じないがスープの大盛りはなみなみと盛られてかなり多い。
私も大盛りにチャレンジしたい気持ちを隠しつつノーマルにしたのですが、彼は楽々ペロリ。

いももちって何?と思ったら、北海道の郷土料理なのですね、じゃがいもを潰して片栗粉などを混ぜて練り上げて団子状に成型したもの。
そういえば北海道旅行でのサービスエリアにて、焼いて甘く味付けしたようないももちを食べたような記憶がふわりと。
1こ頂いてみるとなるほどじゃがいも味のもちもち感、これはトマトスープを推薦していました。

b0089578_13454936.jpg
また別の日の平日、今度は私オンリー。

ランチセットではなく単品スープカレー&ランチ時のサラダを別に注文(ドリンクなし)

・やわらかポークのスープカレー

スープベース:マイルドココナッツ(平日限定)
カレー:やわらかポークのスープカレー
辛さ:4
ごはんとスープの量:どちらも普通

やはりエスニックラバーとしてはココナッツベースが今のところ一番好み、トマトスープはヒト様のを1口いただいただけですが。
やわらかポークはこちらもチキン同様にスプーンでほろりとほどけます、ごろっとした煮豚がカレーに入ってるような感じですね。

辛さは4で丁度よいが、十分ウォーミングアップしたので次回は無料最強レベル5に挑戦。
量的にはどちらも普通盛りで十分なのですが、
ごはん:大盛りより上の山盛り(日本昔ばなし風)とスープ:伝説の大盛りアンプーンが気になりまくりなので、
夫を人柱に立ててみようかな?本人痩せたいと言っている最中なのに。

食べきれなければ私が普通盛りを注文して、そちらも手伝えば大丈夫だと思う。
私自身はライスよりもスープが多い方が好きなので、次回はスープ大盛り+ご飯普通の予定。
スープに余裕をもたせて余れば飲む、これぞカレーは飲み物!


11:00~22:00まで通しで営業しており、ランチセットは15:00まで入店できればOKとお店の方が言っておられました。
雑誌が沢山あるのでカレーを待っていても退屈しないし、お洒落でゆったりとしたムードの店内でくつろげるお気に入りのお店。



[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-05-07 22:07 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(間明):AZAAN/アザーン(パキスタン・インド料理)でランチセット

b0089578_11341422.jpg
肌寒い感覚も徐々に薄れつつあり毎日の着替えも楽になってきましたね、そろそろ衣替えと鬼のクリーニング地獄。
春先のパンプスも履き始めたいが、未だ冬のブーツ類がイメルダ夫人の靴コレクション状態になっている玄関模様。

玄関は寒いし平日は時間がないしで、靴磨きと片づけは休日になったらするんだ・・とプレッシャーを与えて
このゴチャゴチャぶりを納得させようとしています。

記事はまだ2月、3月の北陸新幹線開通に向けて東京トリップを計画していた女子4人、私は半休。
東京計画の為の密談会議をするために選んだ場所は、間明町にあるパキスタン&インド料理のAZAAN(アザーン)

2014年11月30日にオープン、野田専光寺線を海方面へ、間明一丁目の交差点を過ぎてすぐ右に見える建物。
インド&パキスタン料理以外の何物でもない看板が目印、飲食店が多く人の目を引くアプローチ合戦なこの道ならではのご愛嬌。

この店はハラール完全対応レストランだそうで、イスラム律法にのっとった処理をされた肉や許された食べ物を扱っています。
留学生や観光客の他にビジネスで滞在するイスラム圏の方たちもいるわけだし、対応しているお店があるのは便利ですね。

世俗的な現代の日本文化の中での保守的なハラル対応店を探すのはなかなか大変だと思います、早速知り合いがイスラム圏の方々を連れていってるのを知りました。
イスラムじゃないけど職場にインド人ビジネスマンが訪問した時など、ランチや夕食はどこで食べるのだろう、やはりインド料理?と気になったもんです。

b0089578_11341830.jpg
前店舗は韓国料理店だったらしく、お店と住宅を合体させた様な外観にアザーンならぬアゼーン、だがまたこれもよし。
席数は68席とかなり広く、4人テーブル6席、8人テーブル4席、4人座敷3席、窓際の床張りエリアのテーブル席に陣を取る。

なかなかハイテンションなパキスタン人のオーナーがメニュー表を持ってきてくれました。
オーナーはパキスタン人の旦那さまと日本人の奥様、そして厨房にはインド人のコックさんがおられるようです。

奥様の腕の中には可愛らしい赤ちゃん、奥様もとっても明るい方でこちらが話しかけると会話交換がポンポン続いて楽しい。
と思ったら、料理を運んでこられた旦那さまが交代で会話に参加、エンドレストーキングになりそうなポジティブ空間。

(平日のランチ)
・Aランチ:1,000円
本日のカレー3種(チキン、野菜、豆)、本日のスープ、ミニサラダ、ジーラライス、ナン(お代わり1枚)
・Bランチ:850円
本日のカレー2種(チキンor野菜or豆)、本日のスープ、ミニサラダ、ジーラライス、ナン
・Cランチ:690円
本日のカレー1種(チキンor野菜or豆)、本日のスープ、ミニサラダ、ジーラライス、ナン
・お子様セット:500円
チキンカリー、ナン、ライス、ミニサラダ、ジュース
食後のドリンクはソフトドリンク+100円、コーヒー&チャイ+200円、ラッシー+300円

横に育ち盛りなので迷わず全員Aランチ。
b0089578_11342146.jpg
鶏白?のようなお出汁がたっぷりでたスープ、浮かんだ香草の香りと共になかなかおいしうまし。
b0089578_11342500.jpg
・ランチセットのプレート

カレーやライスの器はそれぞれやや小ぶり、ダールカレーは辛さは控えめながらそこはかとなくスパイシーなかほり。
野菜はジャガイモのカレーでこれも食べやすい辛さ、濃厚さでは1番はやはりチキンか。
ジーラライスはクミンライスにて塩気とクミンの香りがしてややパラっと、ミニサラダにはカレーソースがかかってました。
b0089578_11342857.jpg
・ナン

丸いタイプのナン、これなら2枚はいけそうかな(Aセットはナン1枚お代わりOK)
熱々でアツッ!て叫びながらちぎり食べる、カレーにつけずにそのままでもほんのり甘み。
b0089578_11343146.jpg
こちらは単品
・シークケバブ:1本790円、2本1390円

マトンとチキンのミックスのシークケバブ、これはなかなかスパイシーな辛味が強い。
2本を4人で分け分け丁度よい量、だけどもマトン好きな人が少なく私が多めに摂取。
b0089578_11343491.jpg
こちらも単品
・ベジタブルパコラ:450円

こ、これはメニュー写真よりも豪快で量が多くて、いい意味で随分違ってて笑ってしまった。
ひよこ豆の粉にスパイスを混ぜた衣で揚げたパコラは周りがサクサク、ふわっと漂うスパイシー感が揚げたてはたまらぬ。
見た目じゃ分からないけど玉ねぎが大部分だったような。
b0089578_11343805.jpg
こちらも単品
・エッグ・ブジヤ:390円

カレー風味の玉子と野菜の炒め物、一瞬、不二家と読んでしまった、ペコちゃんか。
インドの家庭料理だそうで、味は玉子と玉ねぎなどにカレー味混ざってマイルドな味付け、食べやすく辛いのが苦手な方にも。
b0089578_11344651.jpg
後から+のチャイ

ランチセットのカレーはなりふり構わない現地仕様のスパイシーさというよりも日本人にも食べやすい辛さ。
富山県のカシミールにいたと言ってました、サクラーンさんもお知り合いだそうで、あの辺のコミュニティの人なのか。
単品メニューであるマトンカレーは私好みの汁少ないどろん系カレーなのかな?と期待。

玄関前のテーブルにはイベントなどのフライヤーが沢山、文化交流やヨガなど積極的にされているようです。
スタッフのポジティブパワーに惹きよせられる、夜に団体で来てあれこれ食べたいです。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-03-17 22:37 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(香林坊・せせらぎ通り):アシルワード(インド・ネパール料理)でネパールの定食・ダルバート

b0089578_10212903.jpg
ここ最近ずっとサボってきた朝のグリーンスムージー、知り合いがダイエット食生活にてスムージーを作ってるのをみて自分も即影響!
久しぶりのスムージー、小松菜、リンゴ、キウイ、バナナ、豆乳など入れ忙しい朝はバーミックス活用。
久しぶりにスム活すると身体がスッキリする様な気がするけど、すぐにお腹が空くんだよねぇ・・・スム活4日目です。

休日のランチ、2人共気分はエスニック脳にて、「ネパールの定食プレート」を食べにインド・ネパール料理のアシルワード

ただ今インド人シェフはインドに里帰り中、その期間中(2月限定)はオーナーの奥様出身のネパールの定食プレート(ダルバート)のみの特別営業になります。

・ネパールの定食プレート(ダルバート):1000円(税込)

・ドライカレー2種:鶏もも肉のドライカレー&カリフラワー・じゃがいも・大根のドライカレー
・ダール/ウラッド豆のスープ
・小松菜のクミンシード炒め
・色とりどりの豆の炒め物
・醗酵菜野菜(グンドゥルック)を使った和え物
・トマトチャツネ、ピクルス、ライス

ドライカレーをご飯にのせながら2種ともスパイスはやや控えめで野菜のカレーが特に美味しい。

ウラッド豆のスープはヒマラヤのジンブーという希少なハーブを使っているそうで、さらさらとしたあっさりとしたスープ。
グンドゥルックの和え物は葉野菜を発酵させて乾燥させたもので、和え物は高菜に似ている感じで味は濃厚。
トマトチャツネだけネパールの既製品と言っておられましたが、これが旨みと辛みが絶妙でかなり旨い!

小松菜のクミンシード炒めは、やや歯ごたえが残った状態でターメリックと塩、クミンシードでさっと炒めたもの。
クミンシードの香りがふんわり小松菜の味も消さずにシンプル。

1つ1つをご飯を一緒に食べてもよいのだが、ネパールでは最後には全部混ぜて食べるのがおススメとのこと、
スープやカレー、チャツネなどごはんにかけながら混ぜて食べると、より複雑な味になり味わい深くなり美味しい。

どれもスパイスや味付けはインド料理よりも控えめで、それが却ってバランス良く素材の味を引き立てている。
インパクトこそ少ないが、それだからこそ飽きないで毎日食べているネパールの家庭の食卓、という感じ。

油や塩分が控えめでスパイシーでありながらもヘルシー、これはまた食べに行きたいなぁ・・

さっそく、小松菜のクミンシード炒めだけは家にスパイスがあったので作って食べました!




[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-02-10 00:28 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(片町):スパイスボックス (SPICEBOX)南インド・スリランカ料理にて年末の羊肉補給

b0089578_15235073.jpg
12月年末の記事、夫は八百屋で年末のハードスケジュールにててんてこ舞い、
私は職場は冬休みに突入していたが、午前中はまかない作りで食堂のおばちゃん化、午後は年賀状作成と旅行の準備に追われていた頃。

旅行の為に冷蔵庫の在庫処分を着々と進めていたが、年越しスパイス補給の欲求にどうしても耐えられずスパイスボックス行きを決める。

行きたい原因の情報の元締めはspiceboxのFBページ、今まで英語のみの紹介だったのが12月から日本語に換わってるんです。
フェルナンドさんの息子さんやお友達がアップしているそうで、これならより分かり易く情報ゲットできそうです。

で、その中で気になったのが、クリスマス3種のタンドリーチキンの中の緑色に染まったチキン。
「みどりのソースはミントやハーブです」クリスマスは終わったけどしばらくあると記述が・・・うぉお、確かめに行きたい!
その思いをぶつけた2、3日後に行ってきました。

さて、まずはアルコール、最近ワインを飲んでは寝てしまう失態を何度かしており、ワンクッション置くことにしているので、
ラッシーサワー!ヨーグルトのラッシーにアルコールを加えたオリジナルカクテル。

・アルーチャート
じゃがいも、トマト、きゅうりの入ったスパイシーなポテトサラダ。
いつも「辛いのにする?」って聞いてくるけど、YES出すとほんっっっとうに辛いからなぁ・・という訳で「普通」。
コロコロ角切りにカットされた野菜はクミンを始め、各種スパイスにまみれた味で胃袋を刺激ッくす!
b0089578_15235974.jpg
・スプリングロール

スリランカ風の春巻き、もちっとした皮の中にひき肉など具材が入ってるのですが、
揚げてある時あり焼いてある時ありで、本当はどっちなんでしょ!?こちらは焼いてありやや皮はソフトな仕上げり。
b0089578_15235577.jpg
・シークカバブ

鶏のひき肉と野菜をブレンドしたスパイシーなつくね?をソーセージ状に長くのばして、タンドリーで焼いたもの。
サラダ菜と人参・キャベツが敷き詰められた上にのっかっていますが、野菜をまきつけて恵方巻きのようにほおばる!!
野菜のシャキシャキ感とスパイシーなお肉のハーモニー、スパイシー風味ですがそんなに辛くなく野菜たっぷりヘルシーなのでおすすめ。
b0089578_15240798.jpg
・アルゴビ

いつもの定番のビンジョールパティアラ(茄子とジャガイモのスパイス炒め)を注文したら、茄子がジンジョーじゃない使用だったらしくネタ切れ。
なのでアルゴビ(カリフラワーとジャガイモのスパイス炒め)にしました。

日本の普段の食卓だとカリフラワーよりブロッコリーが一般的だけどインドではカリフラワー、カレーによく合いますよね。
でも、自分が本当に小さかった頃はまだブロッコリーはそこまで普及しておらず、カリフラワーの方が食卓にのぼっていた記憶があります(年寄りなので)

じゃがいもとカリフラワー、野菜の組み合わせだけどスパイスたっぷりの味付けは汁なしカレーでコクもたっぷり。
生姜の風味とちょこっとかかったパクチーがアクセント。
b0089578_15240453.jpg
・○○○○○○(ミントとハーブのタンドリーチキン)

フェルナンドさんが何も言わずにこのお皿をテーブルに置いていった、以心伝心!?
現地語で何というかは聞かなかったが、ヨーグルトに漬けこんだ鶏肉をミントとパクチーのソースを塗ってタンドールしているらしい。

わぉ~やわらかい鶏肉にパクチーとミントという二大ハーブが口の中に切り込んできて、鼻からハーブ臭半端なし!
パクチーなどハーブ好きにはタマランチ会長レベルだが、苦手な人にはグリーンモンスターにしか映らないという代物。
当然、パクチー女王の私は、うーーまーーいーーぜーー!気に入った!

でも、クリスマス限定だと思っていたが・・・?

「これ新メニュー?」
「うん、新しいメニュー。でも、もう1人増えてから」

何でもシェフがもう1人増える、という情報です。いつ頃かは不明ですが。
b0089578_15241267.jpg
・チキンキーマカレー、マトンカレー、ライス

カレーセットを頼めば、ライス・ナン・ラッシーが付いてくるのだが、
ナンは1人1枚づつ食べたい!ご飯も食べたい!だがラッシーはいらん(アルコール飲んでいるので)
という炭水化物星人の意向により全部単品。

今年最後の羊肉活動になるマトンカレー、あぁ~羊だわぁ~~と噛みしめながら味わう、久しく食べていなかったような。
こんなに羊肉スキーなのに家では羊料理していないんですよ、仕事帰りにさくっと羊肉買えるスーパーがあればいいのですが。
b0089578_15241788.jpg
・ガーリックナン
いつもは普通のナンですが、ガーリックの香りに取りつかれたらこればっかりに。
翌日のニンニク臭については注文する時は何も考えず。

2015年はシェフも1人増えメニューブックが新しくなるこのこと、新しいメニュー楽しみにしていますね。
後、ミントとパクチーのタンドリーチキンは定番にしてくれると嬉しいです。

こうして2014年のスパイス活動は幕を下ろしたのでした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-01-16 01:01 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(尾山町): 穆然(ぼくねん)ジャズ喫茶・ジャズバーでマサラキーマカレー

b0089578_11421033.jpg
前のコルサロで堪能した記事からの続き、大人しく帰宅出来ないのは誰ねん?ぼくねん!ということでもう1軒目は穆然(ぼくねん)
場所はコルサロさんのお隣なので自動的に吸い込まれていく。

1992年に開業したジャズバー&ジャズ喫茶&ジャズ居酒屋、さてどれにしよう・・とりあえずフードメニューは豊富にある。
カレーが有名なランチスポットでもあり、夜はジャズバーで音響の方は本格的。

ジャズは聴きこんでるほどではなくたまに聴きたくなってBGMにする程度なので、ジャズ語り部にはなり得ませんが、
音楽に興味のない人にはイージーリスニングの様に、ジャズが好きな人にはレコード演奏にてジャズの歴史を探るようにお酒を飲めるお店です。
b0089578_11421258.jpg
何度か来ている穆然の中でもほぼ満席ってのは私は初体験、たまたま静かな時に来店しているのかもしれないが、いつもより数段賑やか。

前店で散々ワインを飲んだが、また注文したのは白ワイン、ガラス瓶に入ったおつまみ4種のチャージつまみは食べ放題。
もちろん全部食べないけど・・・甘いものを欲している身体に与えるのは生チョコ。
b0089578_11421663.jpg
・マサラキーマカレー

ランチタイムにも食べられるカレーを注文、カレーの種類が増えたみたい。
種類はベジタブルプレーンカレー、キーマカレー、チキンカレー、マサラキーマカレー、牛筋カレー

スパイス好きとしてはやはりここはマサラキーマカレーでしょう。
盛り付けが月の満ち欠けの様にやたら美しい。

インド料理のカレーというよりスパイスを駆使した独自のカレー、食べている間にじわじわとスパイスが効いてきます。
乾いた辛さというか脂っこさはあまり感じなく、マサラな故に辛いが旨みもありさくさく食べれます。

ワインが浸透した身体は疲れなど感じなくなっているハイパーサイヤ人、自宅まで徒歩で元気に帰りました!!

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-12-17 23:22 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)