タグ:カレー ( 98 ) タグの人気記事

石川(白山市):ターバンカレー(美川インター店)「ロースカツカレー・目玉焼きトッピング」

b0089578_15192347.jpg
お彼岸の三連休、どこにも遠出することなく何処かでラーメンやカレーを食べたり、家でちまちま色々作ったり。
お天気が良くてお外は気持ちよさそうだけど、コタツの中でパソコンをいじりだすと動けないのは相変わらず。

最近、カレー熱が春の訪れと共に急上昇、ん?昔からカレー好きだったけどね、ラーメン比率がやや減少傾向。
平日ランチライム、時間制限内に食べきるため職場からダッシュ〜ッ、ターバンカレー(美川インター店)

美川ししゅうの里の中にあるターバンカレー(美川インター店)、平日は18時、土・祝日は15時までの営業です。

・ロースカツカレー(中)(トッピング:目玉焼き)

ここの盛り付けはあらゆる金沢カレーのお店の中でも上品に感じる、目玉焼きは小さくまとめられてるけど黄身はトロン。
程よい脂がのった揚げたてサクサクのロースカツにスパイシー系金沢カレーであるターバン、たま〜に食べたくなるんです。

ロースカツ、ハンバーグ、ウインナーがのっかったガッツリセット(980円)、
ロースカツ、チキンカツ、ウィンナーがのっかったカツカツWinセット(980円)も気になるんだけど、
ライスのサイズが大のみって書いてあって、それだと苦しいかなぁ〜といつも躊躇してしまう。

後、食べる時間があまりないので、メニュー名見たまま急いでガッツいて食べてる熟女がいたらそれは多分私です。。。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-03-21 18:15 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(進和町):ダイニング ハル (dining halu)「カレーハントンライス」

b0089578_13541472.jpg
急に気温が上昇して春の兆しが見え始めたのに、箪笥の入れ替えをしていないのでまだ冬支度な装い。
でも身体はまだホットになるものを求めてる、最近カレーに傾倒していますが今回もスパイスとご飯を欲す。

腰痛が酷くて一時通院していた時のランチは進和町の洋食屋さん、ダイニング ハル (dining halu)
カウンターとテーブル席が3つほどのこじんまりした洋食屋さん、若い女性店主さんが忙しそうに次々と作っておられました。

カレーにオムライスにハントンライス、それぞれ大盛りやトッピングが出来てこのトッピングの種類が多いのが魅力的。
(目玉焼き、ウインナー、イカフライ、ヒレカツ、海老フライ、コーンクリームコロッケ、チーズ、ハンバーグ、牛すじ)

全部のせとは言わないまでも複数トッピングしたくなる誘惑にかられる。
今回注文したのは、カレーハントンライス(サラダ・本日のスープ付):950円

シーザードレッシングがかかったサラダはロング皿で結構量があって女性としては嬉しいところ。
おひたしとお味噌汁が先にきました。

b0089578_13542169.jpg
トッピングにヒレカツを追加してのカレーハントンライス。

上にのっているのは全部ヒレカツなのね、「ハントンと言っても白身魚フライじゃないんだ」と不思議がっていると
「うちのハントンはカツハントンなんです」と。そうなんですね、初めてなので知らなかったわ。
というか、カツハントンなのにトッピングにカツを注文するとか、どんだけカツ好きねん、肉好きねん!って思われたか。

たっぷりカツの上にはタルタルソース、デミグラソースがかかった下の玉子はふわふわとひだに。
中は玉ねぎや人参などが入った炒めたケチャップごはん、カレーは中辛ぐらいの欧風味寄りのカレー。
ハントンにカレーを混ぜながら食べる贅沢感、トッピングを色々変えてオムライスや牛すじカレーも試したい。
b0089578_13542966.jpg
そしてもう1つの目的はお店に可愛らしいニャンコちゃんが二匹いること、前日は偶然にも猫の日(2月22日)だった。
玄関を入るとベンチにお昼寝用のカゴが置いてあり、この日は1匹がスヤスヤとお休み。

猫を一番視線で愛でられる特等席のカウンターの左端をしっかりと陣取り、ご飯を食べながら時々お隣をチラ見。
ずーっと寝息を立てて寝たまんまでしたが、猫好きにはほっこりと癒されたランチタイムに。
次回はもう1匹のニャンコさんに会いたいな、そして起きている姿が眺められたらハートにズギュン。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-03-07 23:34 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(香林坊):アシルワード(AASHIRWAD)インド・ネパール料理 「美声と罵声に酔いな!」カラオケプロジェクト

b0089578_16473335.jpg
2月中旬、少し前の記事でもカラオケの場をブリザード化させてしまった私ですが、
今年はカラオケづいているようで、昨年12月に「カラオケしよう!」という言いだしっぺ意気投合企画がついに実現。

「安心してオンナを捨てる曲を歌うカラオケ」・・というタイトルは長いので、
「美声と罵声に酔いな!」カラオケプロジェクトに勝手に変更。

つまりは自分が変な歌を歌いたいばかりに次々とグループを変えては参戦していくという、
プロレスリングの様なカラオケ道場やぶり。←まさに自分だけの為のプロジェクト

今回のメンバーは私以外は料理やスイーツ、器などそれぞれの手から直接作品が生み出される、いわばアーティストたち。
合わせて全5人。この個性的なメンバーたちが歌にかける意気込みはどれほどのものか、期待度無限大。

カラオケがメインの会でも腹が減っては戦ができぬ、カラオケアスリート達の食事処はいずこへ?!
なるべくサッと食べてカラオケがしたい、と求める意見に「かけそば?」
なんでやねん!もっとちゃんと食事したいわ!←どっちやねん!!

食に1段も2段もうるさい集団が選んだ場所は、せせらぎ通りのインド・ネパール料理、アシルワード(AASHIRWAD)
インド人シェフのインド料理、オーナーの奥様の出身のネパール料理、本格的な両国の料理を提供しています。


・マサラ・パパード

最初に出てきたのは豆粉のインドのお煎餅、パリパリっとした歯ごたえに胡椒などスパイスな味わいが効いてます。

ここでネパールの蒸し餃子である「モモ」も注文したのですが、乾杯で盛り上がる場に気を取られて写真に収めることできず。
鶏ひき肉にスパイスを加えた中身に小龍包の様な形をしたモモ、お店の看板メニューの1つでとってもお勧めです。
b0089578_16480368.jpg
・チキンティッカ・サラダ

グリーンサラダにチキンティッカを添えた1品、どんだけ肉喰いたいねんと思ったがどちらも食べれて一石二鳥。
香辛料がしみ込んでいてチキンが柔らかい。
b0089578_16483463.jpg
・アルサデコ

じゃがいもを茹でて、スパイスとオイルで和えたお惣菜。
ほくほくのジャガイモに数種類のスパイスや黒胡麻が混ざってパクチーがかかってるのだけど、
刺激はマイルドでじゃがいもに寄り添うようにマッチ、これは美味しい~~
b0089578_16490403.jpg
・ココナッツ風味の茄子の詰め物揚げ

ココナッツとジャガイモを詰めた茄子を揚げたものにスパイスの効いたトマトソースとコリアンダーの葉にココナッツファイン。
茄子が柔らかくて中の詰め物がうまく溶け込んでいるお味に、上にかかってるソースと共に相性抜群。
b0089578_16493442.jpg
・シークカバブ

鶏のひき肉と刻み野菜をミックスして焼き上げた1品。
b0089578_16500434.jpg
・インド式のオニオンフライ

衣はひよこ豆の粉で揚げてあるオニオンフライ、ふわっとサクサクで玉ねぎの甘みを感じます。
b0089578_16503455.jpg
・アル・チョーカー(窯焼きポテトサラダ)

タンドール窯で焼きあげたジャガイモをマッシュして作るインド式ポテトサラダ。
マスタードオイルを使っているそうで、マスタードだからと言って辛くはなくとにかく深みのあるポテサラです、おすすめ。
b0089578_16512014.jpg
・鶏の砂肝スパイス炒め

ネパールの家庭に並ぶような素朴な炒め物料理だそうで、
スパイスが砂肝にまとわりついてハッキリした味でこれだけでビールに合う!!違うお酒飲んでるけど。
b0089578_16515054.jpg
・バトゥーラ
ナン生地を油で揚げて作る揚げパン、私はこれがお気に入り。
もちもちっとして油がじゅわっとしみ出てきてウマッ、1人でこれを食べきったらお腹が膨れてしまうけど1人じめしたい。
b0089578_16522110.jpg
・ナン(プレーン)
b0089578_16525140.jpg
・サーグ・チキン

リクエストがあったほうれん草と小松菜をたっぷりと使って緑色のソースに仕上げたチキンカレー
緑色に染まっている外観からさっぱり?と思われるけど、ニンニクの香りが効いてまったりしてなかなかコクがあります。
b0089578_16533967.jpg
・マトンカレー

こちらは私のリクエストは揺るぎない羊スキーなる注文、シナモンの香りをアクセントにした羊のカレー。
マイルドにスパイスが効いたカレーは優しい味付けですが、肉を食べるとやはり羊臭っ、いいわぁ~ポッ

全体的な辛さはやや控えめで、スパイスの香りと具材の旨みを感じるようなお料理が多いです。
優しくて丁寧な味付けなので辛いものが苦手な人にもお勧めです。

さっと飲み食いするつもりが、しっかりと食事を堪能して会話も盛り上がって後ろ髪ひかれ隊!だけども、次はカラオケよ。
b0089578_14174212.jpg
さて、ここからが本番のカラオケタイム、ブログ的にはいつもの内容がよくわからない書き殴りタイムでございます。

場所はいつもの(というか私が会員)のコートダジュール片町店。
最初にDAMかJOYサウンドを選んで下さいと言われるのだが、どっちが選曲的に良いのか分からない。
その昔、親友と2人でよくカラオケ通いしていた時は、私好みの曲がそろっていたJOYが神だったのだが今回はDAMを選んでみる。

トップバッターは私、「オープニングに相応しい縁起のいい曲から始めます!」と宣言して歌ったのはCOCCOの「遺書」
どこが縁起がいいん??と返しが来ることは分かってたわ、ネタだけじゃなくこの歌好きなんで。

始まってしまえば後は波にのるだけ、各自思い思いの曲を選んでその情熱をマイクから放て!!
その四角い箱の空間の中には、
何を歌っても可愛く聴こえてしまうという永遠の亜麻色の乙女、
人にザードを歌えと勧めながら自らはX JAPANの「紅」を歌う激辛料理人、
研ナオコや椎名林檎を女優の様な入り込みで歌うエイミー・ワインハウス、
普段甘いものに囲まれているとは思えないハードスペシャルな選曲人と私が組み合わさってマキシマム・ザ・ホルモン姉弟!
確かにこの5人が存在した。。。。

そう、マキシマム・ザ・ホルモンのデス声&キャーキャー声でオンナ捨ててる私ですが、
まさかハモってくれる仲間がいたとは。
感動!!すぎて、ホルモン3曲も歌ってしまいました。

しかし、激辛料理人には「仕事帰ってきてこんな曲が流れていたら、家出てくわ!!」
「こいつ変態だから!」と私が一方的にディスられまくり。
が、何も感じません。映画などの好みが変態なのは明らかなのでむしろ変態大歓迎。

後はBABYMETALL、安定の筋肉少女帯、初期のUAですか、もっともっと古い曲や普通の歌も歌えるのですが。
戸川純を知らないと言われて年の差を感じました(去年、ライブに言ってきた私です)

こうやって盛り上がっている時に水を差すのが、終了時間間際の「お時間10分前です」コール。

2時間カラオケだったけど、どうする?30分延長する?問題なし!!で延長。
そして、その30分後にまたコール、今度は某氏が電話を取り「はい!また30分延長!」と勝手に延長。
こりゃ~エンドレスか?明日仕事なんですけど・・との不安をよそに無事に0時半ごろに終了しました(させた)。

久々に歌いたい歌を好きだけ歌って、日ごろのモヤモヤも吹っ飛んでいった気がします。
大声健康法もあることだしストレス解消して健康に、歌うって良いことだらけ、カラオケ万歳。

次なる「美声と罵声に酔いな!」プロジェクトへと続く(予定は未定)

しかし翌日に送られてきた自分が歌ってる動画を観るのはキツイ。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-03-02 23:04 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(柿木畠):Srilanka Kitchen(スリランカキッチン)「バナナリーフランチ」

b0089578_08280251.jpg

少し前にお店のまかないランチのカレーの頻度が多すぎると言われ、ぷっつりカレー作り断をしている私。
沢山野菜があるとカレーが楽なのに!味も変えているのにな、と家でのご飯もカレーは遠ざかってる傾向。

そのせいかは分からないが、1人ランチのカレーの頻度が多くなってきました、知らぬまにスパイスを求めているのか。
休日の家業手伝いを終えて、場所柄中々立ち寄れずまだ2回目の訪問となるSrilanka Kitchen(スリランカキッチン)

片町の南インド・スリランカ料理「スパイスボックス」が、去年の11月に柿木畠はもっきりやさんの上にオープンさせた二号店。
ランチタイムだけの営業ですが、スパボのスタッフ総動員されているので仕方ないかと(スパボの土日ランチはなくなりました)

明るくてカフェの様な雰囲気を持っているので女性も入りやすい雰囲気、1人ランチしている人も多数いて気が楽。
この前は週末限定の「ランプライス」を食べて、もう1つ限定の「ドーサ」はスパボメニューにあったはずなので更に次回かな。

・バナナリーフランチ

最初にラッシーが出てくる。
お好みのスリランカカレー1種類を選び、後はパリップ、ポルサンボル、マッルン、パパダム、ターメリックライスが付いてくる。
カレーは鶏肉の辛口カレー、ココナッツミルクのマイルドな鶏肉カレー、魚のカレー、日替わりカレーの4種類。
日替わりカレーが羊のカレーだったので、羊スキーは思わず二度うなづき。

さてランチの全容、バナナの皮のターメリックライスに日替わりカレーの羊カレー、
パリップ(ココナッツミルクとモルディブフィッシュ(削り節)が入った豆のカレー)、
ポルサンボル(スリランカのココナッツふりかけ)、マッルン(刻み野菜とココナッツの炒め物)
パパダム(インド・スリランカの豆粉のせんべい)が添えてある。
丸いコロッケは青魚のコロッケ、カトゥレット。

これらを全部まぜまぜしながらいただくと、辛い羊のカレーやマイルドなココナッツ豆カレー、
特に削り節入りのマッルンを混ぜて食べると、日本人に懐かしい海の旨みが広がって、プラス・ココナッツの南国の香りが味わい深いです。

一皿で完結しているので少ないと思いきや、ごはんの量も結構あってお腹膨れます。

ちなみに日替わりカレーをライスにかけたテイクアウト用のワンコイン弁当もあり。
職場から遠すぎるので無理だけど、近くにあったらしょっちゅう買って職場でカレー臭漂わせそう。

ごちそうさまでした、今後もシラミ潰しにメニューを制覇していく予定です。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-03-01 21:38 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(西念):ドラゴンカレー(DRAGON CURRY)(インド料理)二周年記念半額キャンペーン「牛すじカレー」

b0089578_17020356.jpg
おなじみジムアフターラーメンなどラーメンを食べる頻度が多かった私ですが、最近はやや減る傾向。
そしてラーメンからカレーの割合がやや占めるようになってきた、元々カレー好きなので特におかしいことではないが。

今まで足を踏み入れてなかったインド系に限らずカレー情報を求めている現状ですが、
そんな時に知った金沢駅西50m道路沿いにあるインド料理屋さん、ドラゴンカレー(DRAGON CURRY)の二周年記念半額キャンペーン。

2月20、21、22日と3日間、3種類のカレーセットが半額になった企画。
1:ヨーロピアンブラックカレー(甘口)850→425
2:タンドリーチキン&牛すじブラックカレー(中辛)1250→625
3:牛すじカレー(辛口)820→410
*いずれもナンかライスが選べる(サラダはなし)

今までドラゴンカレーと言えば2014KARA旨グランプリの「チキンと野菜のカレー」、
今年のご当地カレー選手権の「厳選牛ヒレカツ&ヨーロピアンブラック」しか経験がなく、店舗はまだ未訪問。

これはいい機会と思いつつも、う~ん土日挟むのかぁ~色々用事が詰まっていて食べにいくタイミングが合わない。
そうこうしている内に、知り合いが半額カレーを食べたという画像がビシビシアップされてくる。
あ~食べたい!半額の言葉の魔法にかかっている人も多いらしく、お店は大変混雑しているとか。

最終日の月曜日、普通に仕事をして夜はラテアート教室、あらかじめ家に夜ご飯は用意してあったが、
習い事終了後にダッシュで走り閉店30分前にお店に到着、時間もないのでカレーをテイクアウトしました。

半額効果かまだまだお客さんは途切れることなく満席に近い状態、北村一輝似のハンサムな店員さんも久しぶりに見たわ。
ヨーロピアンカレーは食べたことあったので、3番の牛すじカレーを選択。
ナンは紙袋、カレーはプラケースに入れてくれ、お手拭と先割れスプーンも付属。
b0089578_17021133.jpg
・牛すじカレー(辛口)とナン

帰宅してテイクアウトのカレーいただきます!牛すじカレーは辛口とあって確かに辛!!!
直接的な刺激がビシビシ攻めてくる、複数のスパイスを感じるけど同じ方向を向いた味付け。
辛さには耐性があるので辛い言うててもちゃんと食べ進められます。
牛すじは柔らかく煮込まれていてカレーに旨みが溶け込んでるのね、ナンをつけながらあっという間に完食。
これで410円は確かに安い。
b0089578_17021778.jpg
もちろん、これだけでは足りないので自作のグリーンカレーも後喰い。
やまや、カルディ、杜の里ジャスコ内の輸入ショップなどで手に入れるグリーンカレーペースト。
鶏肉、茄子、パプリカ、エリンギなど入ってこちらは強い刺激はあるもののココナッツミルクでやや和らいだカレー。

1度行けば心に羽根が生えたと同然、今度はドラゴンカレーの店舗で食べたいと思います。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-02-24 23:55 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(白菊町):チュー(白菊町店)「カツカレー入り天津飯」

b0089578_16590908.jpg
今季最強の寒気の中、やっとコタツを出しました・・クリスマスパーティーが終わってからと思っている内にズルズルと。
セットし終わったところへ、コタツの電源が入らない・・・もしかして壊れた!?
その下にひいてあるホットカーペットだけが心の綱、とコタツで丸くっていたけど先ほどコタツの熱源が復活。
ホッとしてこれで安心してこたつダメ人間になれる。

寒いとカロリー消費も多くなるらしい、寒さから身を守るエネルギーが必要と満腹目指してチュー(白菊町店)
石川県だとあちこちに見られる昔ながらの老舗中華料理店「チュー」、その中でも人気なこの店舗「白チュー」という愛称で知られる。

・カツカレー入り天津飯

半分が玉子とあんかけの天津飯、半分が昔ながらの洋食屋のカレー、その上にトンカツというボリューミーな1品。
あんかけの餡は和風だしの味付けで酸味はないのでカレーと混ざっても違和感のない味。

カレーを食べたり、天津飯を食べたり、その2つを混ぜて食べたり、さらに結構厚いトンカツを食べたりと
食のメリーゴーランドやぁ〜的な楽しさ。

ご飯の量も結構あるし、サラダも中華風スープも付いてくるのでお腹大満足間違い無し。
満腹感に酔いしれた後に身体は温まり、さらにやがて訪れる睡魔と共に安心して牛になれる1品。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-01-24 20:41 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(四十万):シエスタ (CURRY LOVERS シエスタ)「焼きカレー」

b0089578_14200374.jpg
今年の暖冬傾向な天候に慣れていたら、今季初めてともいえる目に見える積雪。
長靴ブーツの登場に30分ほど早く家から出勤、雪は大したことないけど幹線道路がめちゃ混むので朝から渋滞疲れ。

ブーツを脱ぐと当然ストッキングなので長時間だと足元からじょじょに冷えていく。
冷えた私の身体と心を誰か温めて!そうだ、あのホットなメニューを求めて、欧風カレーのシエスタ

1人で食べに来ている人も数人いて、私は大きなテーブルの男性の真向かいに座る。
お互い真正面でちょっと照れくさい、目と目が泳ぎ合う~♪(by 工藤静香)決して視線合わさず。

なぜわざわざ真正面、理由はない、何となく。
男性も私と同じ注文で先に食べているその図をチラ見して見守りながら、食べ終わった頃に私のお皿が到着。

・焼きカレー(Mサイズ)

冬の間の限定メニュー焼きカレー、サイズはSとMがあり(選択は無料)私はMを選びました。
耐熱容器の中にごはん、キャベツ、カレー、チーズがのせられて焼かれているので器から熱々。

スプーンを入れるとキャベツが口の中でパリパリザクザク、パン粉がサクッ、焼けたチーズとカレーの四重奏。
かかっているカレーにキャベツがマイルドにチーズがコクを加えるベクトル。
カレーはポークカレーでとっても柔らかくスパイスは適度に辛くて、食感と共にとっても美味しい。

私はAセット(カレーとサラダorドリンク)だったので、先にサラダを食べてました(写真なし)
最後の1口まで冷めずに身体がポカポカ、もう1皿食べれそう・・こらっ!(普通の女性が食べるには満足な量)

毎日数量限定な焼きカレーは1月末までの提供、2月からはイカスミカレーだそうですよ。
10年前の2月のブログ記事にシエスタのイカスミカレーの事、書いてました!10年ぶりに食べてみようかしら。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-01-20 23:23 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(西泉):ホットハウス(インド料理)「マサラカテリカ」

b0089578_13142282.jpg
最近、家で作ったカレーは賄いにまわしてしまうので、自宅 de カレーを食べる機会がめっきり減ってしまった。

休日に西金沢方面に出かける用事があり、その周辺にてランチ真っ先に候補に浮かび上がるホットハウス

竪町に存在していた頃に通いづめ、自分が20歳前からのインドカレーのバイブルである存在であり昔話に興じてしまうお店。

・ライタ

とろりとしたヨーグルトソースの中にキュウリ、トマト、コーン、かいわれ大根が入っているヨーグルトサラダ。
ベジ系より肉肉しいカレーを好む私には胃もたれを防ぐためにもライタは欠かせない。
インド料理は何故か腹もちがよく、夕飯までお腹が膨れて眠くなることが多いのだ。
表面には何かしらスパイスがかかってる、辛いのはカイエンペッパーだろうか。
b0089578_13143182.jpg
・マサラカテリカ(ライス付)

ホットハウスに行くと90%以上の確率でマサラキーマを注文していたが、今回はマサラカテリカ。
マサラキーマに茄子の素揚げしたものをのせてあるのがマサラカテリカ・・結局マサラキーマ食べてるし!

昔はマサラキーマ(デフォだとライス)のライスをナンに替えてもらって食べていたが、
今はライスのままにして、ナンを追加するという出世したな~というか単に食べ過ぎの注文が増えてきた。

昔昔昔、という文字が羅列する様になってきたら年寄の証拠、ホットハウスの度に同じこと書きそうなデジャブ記事。
b0089578_13144107.jpg
私の羊ヴァージンは竪町のホットハウス、ひき肉とスパイスで初めての人にもとっつきやすい。
あめ色に溶けた玉ねぎと時折がちっと噛むと刺激が広がるブラックペッパーの粒、20歳前の私がエスニックに足を突っ込んだキッカケ。
秘伝のスパイス配合がすばらしく、マサラキーマを出すお店は色々あれどホットハウスのが一番好きなんです。

カテリカはタミル語で「茄子」、軽く素揚げしてあり歯ごたえが残る感。
マサラキーマだけだと物足りない時に丁度よい、カテリカ、ヤンバラヤンヤンヤン♪
b0089578_13145048.jpg
・チーズクルチャ

ナンの間にチーズが挟まったチーズクルチャ、これと一緒にカレーを食べるとコッテリ二重奏なので、
単品でいただくとチーズの美味しさが引き立つ、一応2人で分けてます。

西泉店に移転になってからすっかりランチ派になってしまったけど、本当は夜にアラカルトでアルコール加えてガッツリ希望。
そうなると運転手探しか・・・

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-01-09 23:15 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(柿木畠):Srilanka Kitchen(スリランカキッチン)「ランプライス」

b0089578_10070176.jpg
片町の南インド・スリランカ料理の「スパイスボックス」のフェルナンドさんが、
「いつか二号店出したいです」と言ってたのは何年も前から聞いていた。

8月の終わり頃に念願の二号店を開くと聞かされ、大体9月の連休過ぎ辺り・・と聞いていたが、その頃になってもなぜか静かなまま。
10月初めの柿木畠のカレー博のブースにスパイスボックスが出展していた折に、
「10月中旬オープン!」という張り紙をみて「ついに!!」と思ったが、中旬を過ぎてもなぜか静かなまま。

まぁ色んな準備もあるしのんびりかまえていこうよ、「スパボあるある」
そしてついに11月13日にオープン!と公式フェイスブックページからのお知らせ、これは間違いないね?

という訳で柿木畠のライブハウス「もっきりや」さんの上、2階にSrilanka Kitchen(スリランカキッチン)がオープン!
インドから海を挟んで下に位置する島国スリランカ、スリランカ料理を中心としたお店です。

現在はランチタイムのみの営業、そしてしばらくは火曜日定休です。

オープン日は生憎出張と重なっていたため顔を出せず、翌週の週末にようやく行ってきました。
b0089578_10070973.jpg
もっきりやさんの右横階段を上って2階、おおっ!スパイスボックスのディープな雰囲気とは違ってカフェ食堂っぽい。
BGMもCollbie CaillatやJackson Browneなどのオーガニック系がかかってるじゃないの、何だか和やか。
なんとなくランチタイムに女性も気軽に立ち寄れそうなオシャレな空間に仕上がってる。
b0089578_10071580.jpg
スタッフは数人いて、もちろんフェルナンドさんもいらっしゃいました。
同時に週末のスパイスボックスのランチはなくなったそうで、まぁ今のところ日本語達者なのがフェルナンドさんだけなので仕方がない。
昼はスリランカキッチン、夜はスパイスボックスという毎日がより忙しい身体になったそうです。
b0089578_10072173.jpg
注文したのは週末限定の「ランプライス」
お米にサンボルやカレーなど盛りだくさんのおかずをのせ、バナナの葉にくるんで香りづけしたスリランカの炊き込みご飯。
週末限定メニューにはクレープの様な生地の「ドーサランチ」もあります。
b0089578_10072734.jpg
包んである葉っぱを開くと、青臭いような爽やかなバナナの葉っぱの香りが漂ってくる。
左手が鶏肉のカレー、右手が野菜など入った炊き込みご飯、
真ん中には揚げゆで卵、カトゥレット(スリランカのコロッケ:中身は青魚)
上の方ボル・サンボル(ココナッツと玉ねぎのピリ辛和え)

これらを混ぜながら食べると美味しいので、本場のように手で食べよう!と思っていたのだが、熱々に蒸されていて熱くてつかめず。
スプーンで混ぜながら食べることによって、豊かなスパイスの味が口の中で複雑に広がって美味しいです。
バナナの葉の香効果もありますね、写真だとこれだけですけどお腹いっぱいになりました。

柿木畠でインドっぽいカレーを提供するお店は珍しいはず、今のところランチタイム営業のみですが、
カレーランチ780円~でそれぞれトッピングもできるし、スリランカらしいスリランカバナナリーフランチも食べれます。
お持ち帰り弁当もあるみたいですよ。

中々、平日に街中ランチは出来ない私ですが、次に行く時は週末ドーサかバナナリーフランチを手で混ぜ混ぜしたいっ!

という訳でトッピングも色々楽しみな以下メニュー表↓

b0089578_16190454.jpg
b0089578_16193067.jpg
b0089578_16194498.jpg
b0089578_16200220.jpg

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-11-29 16:52 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

石川県ご当地カレー&スイーツ選手権2015

b0089578_09260621.jpg
シルバーウィーク中の9月20日(日)・21(月・祝)、今年で7回目となる
石川県ご当地カレー選手権2015が金沢駅東口もてなしドーム 地下ひろばで開催されました。

入場無料・カレー1杯500円でインドやアジア、和風、欧風など色んなカレーが食べれるとあってほぼ毎年参加しているのですが、
今年は20日だけいつもこのイベントの特別協力をしている石川県のカレーの雄、ナマステさんのお手伝いをしてきました。

いつもは奥様が助手として補助しているのですが、今回は赤ちゃんの世話と小さいお子さんもいるので流石にツライと!
ボランティア急募していたところ、今年もイベントに行くつもりだったので、自ら白羽の矢に目掛け飛び込み。

ミラーレス所持してますが、綺麗に写せと言われたら自信ないけど取り敢えずボタンは押せるし、
カレーは飲み物とたまに公言しているほどでインド・エスニック・欧風・和風と何でも好き嫌いなし(幼稚園児の発育記録か)、
むしろ羊やパクチー、スパイスなども大好物。
さらに今だ衰えることのない食欲のため量も多くこなすことが出来るという(ここ重要)
そして知り合いだから気を使う必要なし(そう思ってるのは自分だけだったり)

これ以上の適任者はいないのでは!?と皆から言われましたが自分でもそう思います。
というわけでナマスカタンというコンビが急遽出来上がりました。
そう言えば昔イベントで意味は違うけど生スカタン!と言われた事があったなぁ。

多忙なナマステさんは各店舗の写真撮影、ブースに滞在してカレーを食す、記念撮影、テレビの取材と目まぐるしい仕事の嵐。
そんな私のお仕事は、カレーを買ってくる、一緒にカレーを食べる、一緒にお喋りをする・・・
本当にボランティアなのか!?

ちょこっとカメラ撮影や感想も書いたりしましたが、かなり楽しまさせていただきました。
という訳でステージ近くのナマステブースで座ってカレー食べてたのは私です。

さて、早速カレーを買いに行ってきま〜す!!
基本的に1つ1つ食べ切ってから次のカレーを買いに行ってます、11時〜16時の長丁場なので、
一定間隔開けながら食べていました。
b0089578_09255640.jpg
1:ドラゴンカレーの「厳選牛ヒレカツ&ヨーロピアンブラック」

本格的インド料理なのに洋風要素も取り入れたお店、去年の辛旨グランプリでも見かけた北村一輝似のキリッとした店員さんも見覚えあります。
確かに伝わってくる味は野菜の甘み等、欧風っぽい感覚が一瞬ありますが、
後からかなりスパイスが追いかけてくる〜オリジナリティーが効いてます。
b0089578_09254359.jpg
2:アシルワードの「ダルバート」

ここは他に「バターチキンカレー」「ココナッツ&マスタード風味の海老カレー」がありましたが、
選んだのはネパールの定食とも言われるダルバート。
優しい味のダルカレー(パクチートッピング)を筆頭にチキン、じゃが芋と野菜、ピリ辛のチャツネが付いたプレートランチ。
数年前に神戸のインド人が住んでいるアパートでご飯も食べさせているお店に行ってきましたが、
全体的なスパイスは控えめで野菜が多い、それが日常食べている味。
それを思い起こさせました、スパイスが控えめな分素材の味がじんわり伝わってきます。
辛さが欲しければチャツネをイン!これは中々食べれないので嬉しい。
b0089578_09252926.jpg
3:インド&パキスタン料理アザーンの「パキスタンビーフカレー」

ハラール完全対応をしているインド・パキスタン料理のお店。
公式ページと入り口案内板にはチキンカレー(甘口)なのに、ブースで販売されているのは「パキスタンビーフカレー」の謎。
でもここのカレー、ライスはインド米でフワフワっとした炊き上がり、
カレーは肉の旨みが溶け込んでさらにスパイシーでそのバランスさが好み。
これはエスニック好きにはかなり受けそうな。
b0089578_09251523.jpg
4:金澤駅前もてなし会「あさり奥能登塩カレー」

今度はインドなどのエスニック系から違う系統のを選んできました。
最初口に運んだ時は先のスパイス舌が残っていたため、全く別物のカレーに?だったのですが、
1口また1口を食べ進める度にアサリの出汁と旨みが浸透していく。
塩カレーということでまるでクリームシチューのような、でもってスパイスと深みも感じるという和のカレー、
アイディアも面白いし渋いわぁ〜。
b0089578_09250333.jpg
5:パインダイナー「1964CURRY」

このお店は初めて知ったのですが、片山津温泉の洋食屋の流れを組むアメリカンダイナー。
先代オーナーが1964年の東京オリンピック選手村で振るまい、天皇陛下も食されたカレー。
1964年の年月そのまま懐かしさを感じる味で旨みもあって誰でも食べられる欧風カレー、
さらに具にお肉がゴロゴロ入っているところが嬉しい!福神漬けが懐かしい!
b0089578_09244676.jpg
6:インド料理ロッティ「キーマカレー」

他には「チキンカレー」がありました、どちらも中辛。
キーマカレー・・じゃあマトン?と目を輝かせて聞くと、
マトンとチキンのひき肉が入ったカシュナッツのキーマカレーだそうで、
羊スキーには笑顔だったのだが羊臭さは全くなくむしろ分からないくらい。←羊臭さで喜ぶのは私だけで万人受けしないし
でもインドカレーの基本的な形だし食べやすくマイルドさでGOOD!
お店の方は本格的で種類も多くて辛さも選べるので面白いんですよ〜
b0089578_09243376.jpg
7:ガーデンホテル金沢「温玉とチーズの厨房カレー」

今回唯一の駅前ホテルのホテルの厨房カレー、いっときます!
牛肉と玉ねぎを赤ワインでじっくり煮込んだカレーだそうで、
確かに玉ねぎの味と甘みがしっかりと伝わってくる高級感溢れるカレー。
温玉とチーズという、私がラーメンでつい有料でも温玉をのっけてしまうプラス感に誘われます。
スパイス系もいいですが欧風や和風など選べるとメリハリ付いてていいですね。
b0089578_09241462.jpg
8:インドめし ティルパティ「えびとホタテのココナッツカレー」

他には「チキンバターマサラ」もありましたがインド海鮮系に惹かれて。
海老と帆立という贅沢2種類にカレーはマイルドながら
ココナッツがコクを出して味のバランスも良くてこれは中々いいですよ、お子様も食べれる南インドカレー。
かなり辛味の強いタレを御飯(赤い部分)にかけていったら、
ナマステさんがその部分をざっくりと食べてしまい、想像もつかない辛さがいきなり来たので炎の舌と化してました。
こりゃ助手のアドバイス不足でした!すみません。
b0089578_09240364.jpg
9:フランジパニバール「レンダンパダン」(スマトラ風カレー)

インドネシア・バリ料理専門店のカレーはスマトラ風カレーという珍しいカレー。
スマトラ島の都市パダンのレンダンという人気の牛煮込み料理。
辛口と書いてあったけどそこまで辛くはないけど結構スパイシーで美味しい。
ココナッツ入ってますか?旨みがあって牛ほほ肉が柔らかいです。
人参と大根の酢漬けが付いていて、この辺りにアジアンを感じます。
b0089578_09282978.jpg
と、ここでギブアップ、9店舗のカレーを2人で食べて1人4,5杯。
化け物並みの胃袋まではいかないが、結構食べた方では・・か弱い女性ですからね(今更)

そして全店舗のカレーを並べたところで、HAB北陸朝日放送の「土曜はドキドキ」の収録が行われ、
カレー部顧問であるナマステさんも出演。
その様子を斜め右45度辺りから撮影風景をナマステさんのカメラで撮るべし!撮るべし!と助手らしい行動。

10/3日の朝の9:30からの放映だそうです。
私はぼけーっとカレー食べてる姿が映り込まないように一応意識してました。
柱の陰から今っ撮影しているっっと巨人の星を演じながら。

残り後5店舗、出来れば全部食べたかったですけど2日目の分も残しておかないと。
翌日はきっかりナマステさんが平らげたと思います。

なので、私が食べられなかったカレー↓こちらもすごく美味しそうですね!
b0089578_09285236.jpg
凱 kAI「牛とろオムチーズカレー」

辛口の牛とろカリーに出来たてのチーズと半熟オムレツをのせてマイルドに仕上げたカレー。
以前は加賀市にあった洋食店でその後柿木畠へ移転、現在は実店舗はなくイベント出店のみなので貴重ですね。
b0089578_09290035.jpg
アジアンカフェ ガルーダ「マッサマンカレー」

ココナッツミルクと鶏肉と玉ねぎを煮込んだマイルドで甘みのあるカレー。
タイ旅行の時にマッサマンカレー食べたので懐かしい。

b0089578_09291075.jpg
シャルマ「チキンマサラ」「ムガールチキン」

深みのある辛口のチキンマサラとココナッツミルクを使った甘口のムガールチキン。
私はお店に行くとスパイシーで羊肉のキーママサラばかり食べています。
b0089578_09292435.jpg
ゴールドカレー「情熱の白えび薔薇カレー丼」

五郎島金時芋を加えたルーに富山県の白えび天丼の「白えび亭」とのコラボカレー丼。
金沢カレーも出陣!
b0089578_09293851.jpg
金澤どぜう貴婦人「貴婦人カレー」

大ぶりな野菜がゴロゴロ入った和風カレー、
前に食べに行ったとき懐かしいながらにもスパイシーだった記憶があります。鰻もいいですねー。

カレー食べて喋ってばかりでしたが少しでもお役に立てたでしょうか。
これに味をしめて来年もナマスカタンよろしく、とか言い出しかねない勢い。
後日、カレーを避けるところかカレーラーメンを連続で頼んでしまうほど、カレー舌になってしまいました。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-10-02 06:30 | イベント | Trackback | Comments(0)