タグ:カレー ( 93 ) タグの人気記事

金沢(白菊町):チュー(白菊町店)「カツカレー入り天津飯」

b0089578_16590908.jpg
今季最強の寒気の中、やっとコタツを出しました・・クリスマスパーティーが終わってからと思っている内にズルズルと。
セットし終わったところへ、コタツの電源が入らない・・・もしかして壊れた!?
その下にひいてあるホットカーペットだけが心の綱、とコタツで丸くっていたけど先ほどコタツの熱源が復活。
ホッとしてこれで安心してこたつダメ人間になれる。

寒いとカロリー消費も多くなるらしい、寒さから身を守るエネルギーが必要と満腹目指してチュー(白菊町店)
石川県だとあちこちに見られる昔ながらの老舗中華料理店「チュー」、その中でも人気なこの店舗「白チュー」という愛称で知られる。

・カツカレー入り天津飯

半分が玉子とあんかけの天津飯、半分が昔ながらの洋食屋のカレー、その上にトンカツというボリューミーな1品。
あんかけの餡は和風だしの味付けで酸味はないのでカレーと混ざっても違和感のない味。

カレーを食べたり、天津飯を食べたり、その2つを混ぜて食べたり、さらに結構厚いトンカツを食べたりと
食のメリーゴーランドやぁ〜的な楽しさ。

ご飯の量も結構あるし、サラダも中華風スープも付いてくるのでお腹大満足間違い無し。
満腹感に酔いしれた後に身体は温まり、さらにやがて訪れる睡魔と共に安心して牛になれる1品。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-01-24 20:41 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(四十万):シエスタ (CURRY LOVERS シエスタ)「焼きカレー」

b0089578_14200374.jpg
今年の暖冬傾向な天候に慣れていたら、今季初めてともいえる目に見える積雪。
長靴ブーツの登場に30分ほど早く家から出勤、雪は大したことないけど幹線道路がめちゃ混むので朝から渋滞疲れ。

ブーツを脱ぐと当然ストッキングなので長時間だと足元からじょじょに冷えていく。
冷えた私の身体と心を誰か温めて!そうだ、あのホットなメニューを求めて、欧風カレーのシエスタ

1人で食べに来ている人も数人いて、私は大きなテーブルの男性の真向かいに座る。
お互い真正面でちょっと照れくさい、目と目が泳ぎ合う~♪(by 工藤静香)決して視線合わさず。

なぜわざわざ真正面、理由はない、何となく。
男性も私と同じ注文で先に食べているその図をチラ見して見守りながら、食べ終わった頃に私のお皿が到着。

・焼きカレー(Mサイズ)

冬の間の限定メニュー焼きカレー、サイズはSとMがあり(選択は無料)私はMを選びました。
耐熱容器の中にごはん、キャベツ、カレー、チーズがのせられて焼かれているので器から熱々。

スプーンを入れるとキャベツが口の中でパリパリザクザク、パン粉がサクッ、焼けたチーズとカレーの四重奏。
かかっているカレーにキャベツがマイルドにチーズがコクを加えるベクトル。
カレーはポークカレーでとっても柔らかくスパイスは適度に辛くて、食感と共にとっても美味しい。

私はAセット(カレーとサラダorドリンク)だったので、先にサラダを食べてました(写真なし)
最後の1口まで冷めずに身体がポカポカ、もう1皿食べれそう・・こらっ!(普通の女性が食べるには満足な量)

毎日数量限定な焼きカレーは1月末までの提供、2月からはイカスミカレーだそうですよ。
10年前の2月のブログ記事にシエスタのイカスミカレーの事、書いてました!10年ぶりに食べてみようかしら。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-01-20 23:23 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(西泉):ホットハウス(インド料理)「マサラカテリカ」

b0089578_13142282.jpg
最近、家で作ったカレーは賄いにまわしてしまうので、自宅 de カレーを食べる機会がめっきり減ってしまった。

休日に西金沢方面に出かける用事があり、その周辺にてランチ真っ先に候補に浮かび上がるホットハウス

竪町に存在していた頃に通いづめ、自分が20歳前からのインドカレーのバイブルである存在であり昔話に興じてしまうお店。

・ライタ

とろりとしたヨーグルトソースの中にキュウリ、トマト、コーン、かいわれ大根が入っているヨーグルトサラダ。
ベジ系より肉肉しいカレーを好む私には胃もたれを防ぐためにもライタは欠かせない。
インド料理は何故か腹もちがよく、夕飯までお腹が膨れて眠くなることが多いのだ。
表面には何かしらスパイスがかかってる、辛いのはカイエンペッパーだろうか。
b0089578_13143182.jpg
・マサラカテリカ(ライス付)

ホットハウスに行くと90%以上の確率でマサラキーマを注文していたが、今回はマサラカテリカ。
マサラキーマに茄子の素揚げしたものをのせてあるのがマサラカテリカ・・結局マサラキーマ食べてるし!

昔はマサラキーマ(デフォだとライス)のライスをナンに替えてもらって食べていたが、
今はライスのままにして、ナンを追加するという出世したな~というか単に食べ過ぎの注文が増えてきた。

昔昔昔、という文字が羅列する様になってきたら年寄の証拠、ホットハウスの度に同じこと書きそうなデジャブ記事。
b0089578_13144107.jpg
私の羊ヴァージンは竪町のホットハウス、ひき肉とスパイスで初めての人にもとっつきやすい。
あめ色に溶けた玉ねぎと時折がちっと噛むと刺激が広がるブラックペッパーの粒、20歳前の私がエスニックに足を突っ込んだキッカケ。
秘伝のスパイス配合がすばらしく、マサラキーマを出すお店は色々あれどホットハウスのが一番好きなんです。

カテリカはタミル語で「茄子」、軽く素揚げしてあり歯ごたえが残る感。
マサラキーマだけだと物足りない時に丁度よい、カテリカ、ヤンバラヤンヤンヤン♪
b0089578_13145048.jpg
・チーズクルチャ

ナンの間にチーズが挟まったチーズクルチャ、これと一緒にカレーを食べるとコッテリ二重奏なので、
単品でいただくとチーズの美味しさが引き立つ、一応2人で分けてます。

西泉店に移転になってからすっかりランチ派になってしまったけど、本当は夜にアラカルトでアルコール加えてガッツリ希望。
そうなると運転手探しか・・・

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-01-09 23:15 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(柿木畠):Srilanka Kitchen(スリランカキッチン)「ランプライス」

b0089578_10070176.jpg
片町の南インド・スリランカ料理の「スパイスボックス」のフェルナンドさんが、
「いつか二号店出したいです」と言ってたのは何年も前から聞いていた。

8月の終わり頃に念願の二号店を開くと聞かされ、大体9月の連休過ぎ辺り・・と聞いていたが、その頃になってもなぜか静かなまま。
10月初めの柿木畠のカレー博のブースにスパイスボックスが出展していた折に、
「10月中旬オープン!」という張り紙をみて「ついに!!」と思ったが、中旬を過ぎてもなぜか静かなまま。

まぁ色んな準備もあるしのんびりかまえていこうよ、「スパボあるある」
そしてついに11月13日にオープン!と公式フェイスブックページからのお知らせ、これは間違いないね?

という訳で柿木畠のライブハウス「もっきりや」さんの上、2階にSrilanka Kitchen(スリランカキッチン)がオープン!
インドから海を挟んで下に位置する島国スリランカ、スリランカ料理を中心としたお店です。

現在はランチタイムのみの営業、そしてしばらくは火曜日定休です。

オープン日は生憎出張と重なっていたため顔を出せず、翌週の週末にようやく行ってきました。
b0089578_10070973.jpg
もっきりやさんの右横階段を上って2階、おおっ!スパイスボックスのディープな雰囲気とは違ってカフェ食堂っぽい。
BGMもCollbie CaillatやJackson Browneなどのオーガニック系がかかってるじゃないの、何だか和やか。
なんとなくランチタイムに女性も気軽に立ち寄れそうなオシャレな空間に仕上がってる。
b0089578_10071580.jpg
スタッフは数人いて、もちろんフェルナンドさんもいらっしゃいました。
同時に週末のスパイスボックスのランチはなくなったそうで、まぁ今のところ日本語達者なのがフェルナンドさんだけなので仕方がない。
昼はスリランカキッチン、夜はスパイスボックスという毎日がより忙しい身体になったそうです。
b0089578_10072173.jpg
注文したのは週末限定の「ランプライス」
お米にサンボルやカレーなど盛りだくさんのおかずをのせ、バナナの葉にくるんで香りづけしたスリランカの炊き込みご飯。
週末限定メニューにはクレープの様な生地の「ドーサランチ」もあります。
b0089578_10072734.jpg
包んである葉っぱを開くと、青臭いような爽やかなバナナの葉っぱの香りが漂ってくる。
左手が鶏肉のカレー、右手が野菜など入った炊き込みご飯、
真ん中には揚げゆで卵、カトゥレット(スリランカのコロッケ:中身は青魚)
上の方ボル・サンボル(ココナッツと玉ねぎのピリ辛和え)

これらを混ぜながら食べると美味しいので、本場のように手で食べよう!と思っていたのだが、熱々に蒸されていて熱くてつかめず。
スプーンで混ぜながら食べることによって、豊かなスパイスの味が口の中で複雑に広がって美味しいです。
バナナの葉の香効果もありますね、写真だとこれだけですけどお腹いっぱいになりました。

柿木畠でインドっぽいカレーを提供するお店は珍しいはず、今のところランチタイム営業のみですが、
カレーランチ780円~でそれぞれトッピングもできるし、スリランカらしいスリランカバナナリーフランチも食べれます。
お持ち帰り弁当もあるみたいですよ。

中々、平日に街中ランチは出来ない私ですが、次に行く時は週末ドーサかバナナリーフランチを手で混ぜ混ぜしたいっ!

という訳でトッピングも色々楽しみな以下メニュー表↓

b0089578_16190454.jpg
b0089578_16193067.jpg
b0089578_16194498.jpg
b0089578_16200220.jpg

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-11-29 16:52 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

石川県ご当地カレー&スイーツ選手権2015

b0089578_09260621.jpg
シルバーウィーク中の9月20日(日)・21(月・祝)、今年で7回目となる
石川県ご当地カレー選手権2015が金沢駅東口もてなしドーム 地下ひろばで開催されました。

入場無料・カレー1杯500円でインドやアジア、和風、欧風など色んなカレーが食べれるとあってほぼ毎年参加しているのですが、
今年は20日だけいつもこのイベントの特別協力をしている石川県のカレーの雄、ナマステさんのお手伝いをしてきました。

いつもは奥様が助手として補助しているのですが、今回は赤ちゃんの世話と小さいお子さんもいるので流石にツライと!
ボランティア急募していたところ、今年もイベントに行くつもりだったので、自ら白羽の矢に目掛け飛び込み。

ミラーレス所持してますが、綺麗に写せと言われたら自信ないけど取り敢えずボタンは押せるし、
カレーは飲み物とたまに公言しているほどでインド・エスニック・欧風・和風と何でも好き嫌いなし(幼稚園児の発育記録か)、
むしろ羊やパクチー、スパイスなども大好物。
さらに今だ衰えることのない食欲のため量も多くこなすことが出来るという(ここ重要)
そして知り合いだから気を使う必要なし(そう思ってるのは自分だけだったり)

これ以上の適任者はいないのでは!?と皆から言われましたが自分でもそう思います。
というわけでナマスカタンというコンビが急遽出来上がりました。
そう言えば昔イベントで意味は違うけど生スカタン!と言われた事があったなぁ。

多忙なナマステさんは各店舗の写真撮影、ブースに滞在してカレーを食す、記念撮影、テレビの取材と目まぐるしい仕事の嵐。
そんな私のお仕事は、カレーを買ってくる、一緒にカレーを食べる、一緒にお喋りをする・・・
本当にボランティアなのか!?

ちょこっとカメラ撮影や感想も書いたりしましたが、かなり楽しまさせていただきました。
という訳でステージ近くのナマステブースで座ってカレー食べてたのは私です。

さて、早速カレーを買いに行ってきま〜す!!
基本的に1つ1つ食べ切ってから次のカレーを買いに行ってます、11時〜16時の長丁場なので、
一定間隔開けながら食べていました。
b0089578_09255640.jpg
1:ドラゴンカレーの「厳選牛ヒレカツ&ヨーロピアンブラック」

本格的インド料理なのに洋風要素も取り入れたお店、去年の辛旨グランプリでも見かけた北村一輝似のキリッとした店員さんも見覚えあります。
確かに伝わってくる味は野菜の甘み等、欧風っぽい感覚が一瞬ありますが、
後からかなりスパイスが追いかけてくる〜オリジナリティーが効いてます。
b0089578_09254359.jpg
2:アシルワードの「ダルバート」

ここは他に「バターチキンカレー」「ココナッツ&マスタード風味の海老カレー」がありましたが、
選んだのはネパールの定食とも言われるダルバート。
優しい味のダルカレー(パクチートッピング)を筆頭にチキン、じゃが芋と野菜、ピリ辛のチャツネが付いたプレートランチ。
数年前に神戸のインド人が住んでいるアパートでご飯も食べさせているお店に行ってきましたが、
全体的なスパイスは控えめで野菜が多い、それが日常食べている味。
それを思い起こさせました、スパイスが控えめな分素材の味がじんわり伝わってきます。
辛さが欲しければチャツネをイン!これは中々食べれないので嬉しい。
b0089578_09252926.jpg
3:インド&パキスタン料理アザーンの「パキスタンビーフカレー」

ハラール完全対応をしているインド・パキスタン料理のお店。
公式ページと入り口案内板にはチキンカレー(甘口)なのに、ブースで販売されているのは「パキスタンビーフカレー」の謎。
でもここのカレー、ライスはインド米でフワフワっとした炊き上がり、
カレーは肉の旨みが溶け込んでさらにスパイシーでそのバランスさが好み。
これはエスニック好きにはかなり受けそうな。
b0089578_09251523.jpg
4:金澤駅前もてなし会「あさり奥能登塩カレー」

今度はインドなどのエスニック系から違う系統のを選んできました。
最初口に運んだ時は先のスパイス舌が残っていたため、全く別物のカレーに?だったのですが、
1口また1口を食べ進める度にアサリの出汁と旨みが浸透していく。
塩カレーということでまるでクリームシチューのような、でもってスパイスと深みも感じるという和のカレー、
アイディアも面白いし渋いわぁ〜。
b0089578_09250333.jpg
5:パインダイナー「1964CURRY」

このお店は初めて知ったのですが、片山津温泉の洋食屋の流れを組むアメリカンダイナー。
先代オーナーが1964年の東京オリンピック選手村で振るまい、天皇陛下も食されたカレー。
1964年の年月そのまま懐かしさを感じる味で旨みもあって誰でも食べられる欧風カレー、
さらに具にお肉がゴロゴロ入っているところが嬉しい!福神漬けが懐かしい!
b0089578_09244676.jpg
6:インド料理ロッティ「キーマカレー」

他には「チキンカレー」がありました、どちらも中辛。
キーマカレー・・じゃあマトン?と目を輝かせて聞くと、
マトンとチキンのひき肉が入ったカシュナッツのキーマカレーだそうで、
羊スキーには笑顔だったのだが羊臭さは全くなくむしろ分からないくらい。←羊臭さで喜ぶのは私だけで万人受けしないし
でもインドカレーの基本的な形だし食べやすくマイルドさでGOOD!
お店の方は本格的で種類も多くて辛さも選べるので面白いんですよ〜
b0089578_09243376.jpg
7:ガーデンホテル金沢「温玉とチーズの厨房カレー」

今回唯一の駅前ホテルのホテルの厨房カレー、いっときます!
牛肉と玉ねぎを赤ワインでじっくり煮込んだカレーだそうで、
確かに玉ねぎの味と甘みがしっかりと伝わってくる高級感溢れるカレー。
温玉とチーズという、私がラーメンでつい有料でも温玉をのっけてしまうプラス感に誘われます。
スパイス系もいいですが欧風や和風など選べるとメリハリ付いてていいですね。
b0089578_09241462.jpg
8:インドめし ティルパティ「えびとホタテのココナッツカレー」

他には「チキンバターマサラ」もありましたがインド海鮮系に惹かれて。
海老と帆立という贅沢2種類にカレーはマイルドながら
ココナッツがコクを出して味のバランスも良くてこれは中々いいですよ、お子様も食べれる南インドカレー。
かなり辛味の強いタレを御飯(赤い部分)にかけていったら、
ナマステさんがその部分をざっくりと食べてしまい、想像もつかない辛さがいきなり来たので炎の舌と化してました。
こりゃ助手のアドバイス不足でした!すみません。
b0089578_09240364.jpg
9:フランジパニバール「レンダンパダン」(スマトラ風カレー)

インドネシア・バリ料理専門店のカレーはスマトラ風カレーという珍しいカレー。
スマトラ島の都市パダンのレンダンという人気の牛煮込み料理。
辛口と書いてあったけどそこまで辛くはないけど結構スパイシーで美味しい。
ココナッツ入ってますか?旨みがあって牛ほほ肉が柔らかいです。
人参と大根の酢漬けが付いていて、この辺りにアジアンを感じます。
b0089578_09282978.jpg
と、ここでギブアップ、9店舗のカレーを2人で食べて1人4,5杯。
化け物並みの胃袋まではいかないが、結構食べた方では・・か弱い女性ですからね(今更)

そして全店舗のカレーを並べたところで、HAB北陸朝日放送の「土曜はドキドキ」の収録が行われ、
カレー部顧問であるナマステさんも出演。
その様子を斜め右45度辺りから撮影風景をナマステさんのカメラで撮るべし!撮るべし!と助手らしい行動。

10/3日の朝の9:30からの放映だそうです。
私はぼけーっとカレー食べてる姿が映り込まないように一応意識してました。
柱の陰から今っ撮影しているっっと巨人の星を演じながら。

残り後5店舗、出来れば全部食べたかったですけど2日目の分も残しておかないと。
翌日はきっかりナマステさんが平らげたと思います。

なので、私が食べられなかったカレー↓こちらもすごく美味しそうですね!
b0089578_09285236.jpg
凱 kAI「牛とろオムチーズカレー」

辛口の牛とろカリーに出来たてのチーズと半熟オムレツをのせてマイルドに仕上げたカレー。
以前は加賀市にあった洋食店でその後柿木畠へ移転、現在は実店舗はなくイベント出店のみなので貴重ですね。
b0089578_09290035.jpg
アジアンカフェ ガルーダ「マッサマンカレー」

ココナッツミルクと鶏肉と玉ねぎを煮込んだマイルドで甘みのあるカレー。
タイ旅行の時にマッサマンカレー食べたので懐かしい。

b0089578_09291075.jpg
シャルマ「チキンマサラ」「ムガールチキン」

深みのある辛口のチキンマサラとココナッツミルクを使った甘口のムガールチキン。
私はお店に行くとスパイシーで羊肉のキーママサラばかり食べています。
b0089578_09292435.jpg
ゴールドカレー「情熱の白えび薔薇カレー丼」

五郎島金時芋を加えたルーに富山県の白えび天丼の「白えび亭」とのコラボカレー丼。
金沢カレーも出陣!
b0089578_09293851.jpg
金澤どぜう貴婦人「貴婦人カレー」

大ぶりな野菜がゴロゴロ入った和風カレー、
前に食べに行ったとき懐かしいながらにもスパイシーだった記憶があります。鰻もいいですねー。

カレー食べて喋ってばかりでしたが少しでもお役に立てたでしょうか。
これに味をしめて来年もナマスカタンよろしく、とか言い出しかねない勢い。
後日、カレーを避けるところかカレーラーメンを連続で頼んでしまうほど、カレー舌になってしまいました。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-10-02 06:30 | イベント | Trackback | Comments(0)

金沢(福増町):スープカレー&カフェ モグ/moguでコロコロいももちとこんがりチーズのカレー

b0089578_10393250.jpg
長々と書いていた北海道記事が終わって8月分がかなり溜まった状態、しかし金沢でも北海道デジャヴなスープカレー。
お盆の時期に友人が帰郷していた折、ランチしに行ったのがスープカレー&カフェ モグ/mogu

15:00までに入店すればスープカレーランチ(チキンor野菜・サラダ・ドリンクセット)が食べられるが、
メニューにはそれ以外にもスープカレーがあるので、あえてランチセットを外して
カレー単品とランチセットのサラダ単品(200円)を注文するのが自分の中で定番化し始めている。
ドリンク付の方がお得だけども友人と別の場所でお茶する予定でいたので、こちらで納得。

ランチセット時の単品サラダ、少し前までラーメンサラダだったが夏バージョンなのかトマトジェラート付サラダ。
サラッとしたトマトのジェラートは塩味と甘みも含まれた半スイーツのような、後は葉物とコーン、アイコっぽいトマトは甘い。
b0089578_10393682.jpg
・コロコロいももちとこんがりチーズのカレー

メニューにはオリジナルのトマトベースが合うと書いてあったが、あえて友人共々海老スープで!
注文時に店員さんにトマトベースがお勧めですよ、と追い打ちかけられるが海老スープで貫き通す。

スープベース:海老
辛さ:5(無料で精いっぱい辛い)
ライスの量:普通

1口サイズのいももちはもちっとしているけど歯ごたえは柔らかめで、溶けたチーズがからんで美味しいです。
北海道で食べてきたスープカレーと比べるとやや優しい味かな?向こうのは香辛料が効いていたのでスパイス強めが苦手な人には食べやすいかと。

辛さに耐性はある方だけど5で丁度良いです、エビの風味を味わいつつライスをカレーに浸す。
ライスは普通の量だとカレースープは丁度よくなくなりかなりお腹は膨れる。

知り合いにここの伝説の大盛りアンプーンとライスの昔話風大盛りを教えたら、初来店でそれを制覇したとか。
リアルで見たかった・・自分では食べきる自信がないので。
特別大盛りは食べきる自信はないが、全てのメニューは制覇したい気持ち。

★夏季限定の富良野メロンランチは9月13日までの予定だそうです

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-09-04 06:39 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

北海道(新千歳空港):スープカレーlavi(新千歳空港店)

b0089578_16515362.jpg
新千歳空港でのお土産探し、いつもじゃがポックルやバターサンドなどいただいていたけど、
余りに巨大なフロアの中に各ジャンルのお店の数が多すぎて、リストアップの選定に頭がオーバーヒート。

手荷物で両手が塞がる前にとりあえずの腹ごしらえは、スープカレーlavi(新千歳空港店)
地元でのスープカレー屋さんで基本のスープに海老やココナッツなどのトッピングで味の変化を楽しむスタイルを経験済みだが、
そのスープトッピングを最初に始めたお店がlaviだそう、店内は南国バリをイメージしたアジアンテイストな雰囲気。

スープ:オリジナル、焙煎エビ、ココナッツ

辛さ:0~50番まで無料
0~5(3が中辛)、6~10(慣れたら挑戦)、11~30(辛いのが好きな人へ)、31~50(激辛)

ライス:小、並、大、全て無料

・八百屋の野菜カレー(オリジナルスープ仕立て)

具はレッドムーン、人参、ピーマン、かぼちゃ、ブロッコリー、いんげん、茄子、えんどう、玉子、ごぼう、オクラ
レッドムーンは北海道産の食材で赤いじゃが芋、お米なども北海道産に拘っているそうです。
トマトベースのカレーはさらりとして濃厚でスパイスが効いているらしく、辛さは確か中辛にしてたけど結構辛いと言ってました。
b0089578_16515645.jpg
・チキン to 野菜カレー(ココナッツスープ仕立て)ライス小

こちらは私が食べたスープカレー、ライスは小!またカレーは飲み物化してしまうわ。
スープを1口飲むとスパイスの辛さが襲ってくるが、ココナッツの甘みでやや中和されている気がする。
辛さは11だったはず、辛いのに挑戦してみたいけどビビりな心が指先1歩だけ延ばしてみた。

具はチキンレッグ、レッドムーン、人参、いんげん、ブロッコリー、茄子、ピーマン、南瓜、うずら。
チキンはほろっとほどけて柔らかく特に素揚げしてある野菜類が美味しかった。
エスニックが好きな私らしくやはり香辛料と共に合わせると好みはココナッツらしい。

さて、お腹に余裕を持たせる作戦でお土産エリアへ。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-09-02 23:58 | 北海道 | Trackback | Comments(0)

北海道(札幌・西線9条旭山公園通駅):西屯田通りスープカレー本舗

b0089578_16493894.jpg
ちょっとしたオヤツ感覚ではへヴィー過ぎるスープカレーも、ごはん少な目ならカレーは飲み物的に軽くいけるのではないか。
食べたいものリストの中からピックアップされていた奥芝商店(札幌本店)、だが到着して我々を迎えたのはスープ切れの文字。

スープ切れ・・心が一瞬折れかけ、お腹が空いてマッチを擦ったらカレーが出てくるかしら(先に1軒食べてる)
思わず店員さんにこの近くにスープカレーのお店はありますか?と聞いていた。
ありますよ!この近くに、中々美味しいですよ!と親切に教えていただき、向かったお店は西屯田通りスープカレー本舗
b0089578_16494301.jpg
店内はウッディ―でBGMはエスニック系が流れていた気がする、メニューの中のスタンダードなカレーの種類が多くて迷う。

手こねハンバーグカレー、煮豚カレー、とりレッグカレー、とり野菜カレー、ぶた野菜カレー、野菜カレー、すたみな納豆カレー、
えびカレー、薄切りベーコンと丸ごとトマトのカレーの中から選んで、

スープは、あっさりさら旨、濃厚こく旨、ココナッツスープ(+50円)、えび(+100円)スープの4種、

辛さのレベルとライスの量をチョイス、と順番に選んでいくのが北海道スープカレーのルールブック
b0089578_16494827.jpg
とりレッグカレー、あっさりさら旨スープ、大辛、ライス小盛り

同行者が頼んだカレー、あっさりさら旨スープは丸鶏と鶏ガラと香味野菜がベースで椎茸や昆布、鰹節の和風の出汁を合わせた
すっきりした口当たりのスープ・・・らしいが、大辛をチョイスしたために「辛~辛~!!」ばかり唸ってて、
なかなかすっきりして美味しいとは言ってはいたが、辛すぎてスープの良さが分からない状態だったらしい、限界知ろうよ!
あっさり辛いとは可愛い顔してドSだな!
b0089578_16495214.jpg
手ごねハンバーグカレー、濃厚コク旨スープ、中辛、ライス小盛り

この店で一番のお勧めがこの手ごねハンバーグカレー、おススメなら注文しなくては!私が食べたカレー。
濃厚コク旨スープは豚骨、鶏ガラ、香味野菜がベースで、野菜の繊維を溶け込ませたパンチが効いたスープ。
確かに濃厚で豚骨を合わせているからか旨味もあって、中辛でもほどよくスパイシーさを感じました。
中身の野菜はキャベツ、人参、じゃが芋、蓮根、ピーマン、赤ピーマン、ニンニクの芽、水菜となかなかバラエティ。
後、玉子と肝心のハンバーグはキュッとしまっており噛むとジューシーで美味しかった!
b0089578_16495530.jpg
ライスは小盛りなのでカレーが余ってしまい、リアルカレーは飲み物・・まさにスープカレー。
トッピングの種類も多いし(ライスにもある)、こんなカジュアルなスープカレー屋さんが地元にあったらいいのに。
ハンバーグが胃を圧迫してちょっとお腹が膨れてしまいました、しばらく次まではかなり時間が空きそう。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-08-30 23:45 | 北海道 | Trackback | Comments(0)

金沢(古府):IRIE CURRY HOUSE(アイリーカレーハウス)

b0089578_10374739.jpg
6月になって日差しのキラメキと気温の上昇がスパイスを求めるお店へといざなう。
お昼の女子会はミスターサマータイムならぬカレータイムにて古府町のIRIE CURRY HOUSE(アイリーカレーハウス)

「天然カレー市場ヤムヤム」さんで修行されたオーナーのお店はオープンされてから丸3年はたってます。
南国ムードなインテリアでジャマイカンな雰囲気の店内はカウンター4席、テーブル18席、私たちは団体なので奥の自称VIPなソファー席を予約。

カリーランチセットは、お好きなカレーと塩こうじサラダと選べるドリンクセットのお得なお昼のセットなのだがルールブックは以下の通り

1:お好きなカレーを選ぶ
2:カレーソースを選ぶ(オリジナル(スパイシーな辛さ)、ココナッツ(ココナッツミルクでマイルド))
3:玄米入りうこんごはんの量を選ぶ(無料:S・150g、M・250g、L・350g)、(+200円:LL・500g、ルー1.5倍)
4:トッピングを選ぶ(有料:60~150円:辛さ、ルーの量、あげたまご、チーズ、オクラ、アボカド、納豆、香バター、野菜セット)
5:ドリンクを選ぶ(オーガニックコーヒー、オーガニックウーロン、チャイ、オーガニック豆乳、マンゴージュース、Beer...etc)

さらに食欲至上主義なレディースたちは少人数では、中々頼みにくいサイドメニューにも目を付けた。
b0089578_10375274.jpg
・ヤサイとチキンのバターマサラ

タンドリー風チキンと人参、玉ねぎ、じゃがいも、ブロッコリーがゴロゴロとローリングストーンズ。
スパイスとバターが利いていて、チキンはもちろん野菜を食べるお箸もすすみます。
b0089578_10375889.jpg
・おにぽて

オニオンリングとポテトフライ、モスバーガーではオニポテ、フレッシュネスバーガーではオニオンリングを必ず頼む私。
オニオンリングの衣はサクサクっと揚がって皆が大好きな美味しさ。
b0089578_10380247.jpg
・ジャークチキンカレー(オリジナルカレーソース、ライスL、ルー1.5倍、あげたまご)

こちらが私が注文したセレクト、後ろに控えているのは塩こうじサラダ。
無料のライスがLサイズまでならば頼みましょう限界を!そんなLサイズに合わせてルーも増量!こちらは有料やむなし。

カレーライスはルーもライスもまんべんなく余らないように計算しながら食べていますが、
ライスorルー、どちらが残るのがベストかと聞かれれば、迷わずカレールー。
カレーの海は微笑ましいが、ごはんだけがポツンと孤島の様に余るのは許せないのです、カレーは飲み物。

スパイスとハーブで漬けたチキンを炭火オーブンで焼いたスパイシーなチキンが上にのっかっています。
オリジナルのカレーソースはさらっとしたスパイスを感じるドライな辛さ。すっと抜ける感。

油は殆ど使わず小麦粉は不使用、大量の玉ねぎやスパイスで自然なとろみを出したヘルシーなカレー。
お米は石川県産で玄米も入ったターメリックライス、野菜も自家栽培の無農薬と安心安全づくしですね。

トッピングのあげたまご、揚げることでコクが増してまるでドレスを纏って着飾ったシンデレラ。
ライムを搾って食べるチキンと共に、先にサイドメニューも食べているので食べがいがあったわ~。
b0089578_10380620.jpg
・エビとアボカドのチーズキーマカレー(オリジナルカレーソース、ライスL、アボカド)

皆の注文がかぶっていた中で違うカレーを注文した友人のセレクト。
アボカドが入ったカレーなのにトッピングをアボカドにするという、どれだけ好きなのアボカドニスト!!

海老とアボカドって相性良さげ、キーマカレーはどこを食べても肉が口に入るのがいいですね←そこ?
ごはん派の友人はカレールー増量にはしていなかった。
b0089578_10381055.jpg
・アイスチャイ

セットのドリンクはいつもコーヒーが多いので、たまには・・とアイスチャイ。
口の中に残る辛さがミルクと共にじょじょに引いていく感覚、そしてソファーに身体を沈ませつつ落ち着いたランチタイム。

野菜系、キーマ系、スペシャルとカレーの種類も豊富なので、インドや欧風カレーとはまた違ったスパイシーさを求めにまた行こうと思います。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-06-19 06:30 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(四十万):シエスタ(欧風カレー)で限定らららカレー、湯谷の焼饅頭、九谷茶碗まつり

b0089578_13372421.jpg
去年からGW中の定番行事になりつつある九谷茶碗まつりツアー、今年も好みのちゃわわんを購入するためにレディース部隊4人集結!
朝8時半開始を目指して向かったのですが、なんとお目当てのお店は8時半前から始まっていたという・・フライング。

九谷青窯のブースだけ満員電車の様で、器が相手なので押し合いへし合いにも気を使いまする。
去年の教訓を忘れた準備不足な私はマイカゴを持っていくのを忘れて、釜のカゴをGETできたからいいものの
全体的に数が少ないのでやはり自分で持ってきたほうがいい、幾つもの器を手で持つのは限界があるのですよ。

しかし、今年は特に同じ柄を爆買いしている人が多いわぁ・・誰かに頼まれてでもいるのだろうか。
人が多けりゃ会計もロングコース、結構時間かかりました・・そしてお次は寺井のチャレンジショップの窯の方へ。
ここも到着した時には既に遅し、もうお店が開店してセールが始まっておりました。。。今年は後手後手だなぁ。
b0089578_13372962.jpg
早朝から移動して朝ごはんを食べる暇がなかった私、胃袋の中ではイナビカリが鳴り響いておりました。
そこで寺井に来たら、焼き饅頭を食べなければいけません!とBOW隊長の言うがまま、湯谷の焼饅頭(ゆのたにのやきまんじゅう)

チャレンジショップ1号館から寺井郵便局に向かうように道を進むと
プレハブの建物の中にカウンターと焼きまんじゅうを焼いているスペースがあるお店を見つけられる。
b0089578_13373233.jpg
お店のお父さんに写真撮るよ~と声かけすると、この通りのキメポーズ。
1つ100円の焼まんじゅうを手捌きよく次々と転がして作っていく、待ち人もいたので作った分はすぐに売り切れ。
b0089578_13373697.jpg
焼き饅頭という名だけども大判焼きのようにカステラ皮と中身は餡子、大判焼きよりも2/3位の大きさなのでちょこっとつまむに食べやすい。
熱々ハフハフで食べると外はカリッとして中の餡子は甘さ控えめ、すぐに食べるのが一番旨し。
b0089578_13373994.jpg
茶碗まつりツアーの最後は、「上出長右衛門窯」の窯まつりへ。
九谷茶碗まつり会場と少し離れているが、ここでも器がお安く手に入るのと、今年もカレー、パン、コーヒーなど色々ブースが。
めがねの珈琲にて豆乳ラテを飲んだ後二等品への品定め、しかしお財布のコントロールも限界ギリギリ。
b0089578_13374337.jpg
1台に4人分行商できるほどの器を詰め込んで茶碗まつりツアー終了後は、お楽しみのランチ。
休日は込み合っているので席の予約はとれないが、限定カレーは前日から予約しておいた欧風カレーのシエスタ

春限定「らららカレー」

毎日数量限定なので食べたい方は予約必須、数量限定なので大盛りは出来ず(Mサイズ)、ついここでは大盛りデフォなので。。。
ココナッツミルク入りのカレーはちょいエスニックな味付けだけどもマイルドで、ターメリックライスにしっくりきます。
キャロットラペとサラダを食べながら、天気が良いので挿し込む日差しが爽やかテイスト。
b0089578_13374703.jpg
デザートセットにてとろんとしたプリンとドリンク付き(アイスコーヒー)
しかし、このお店も随分長いけど変わらないお洒落さ、何故かドリカムデビューの頃とかぶります。
b0089578_13375218.jpg
今年の九谷茶碗まつりの戦利品、普段使いの器たち去年爆買いしたのも記憶に新しいが、すでに数枚割らして退場しております。
とはいえ相対的には増え続けている器、今年はこれでも厳選したつもり。

青窯での徳永遊心ちゃわんの去年買った丼をペアにさせるためと、平皿と取り皿は使いやすいし持っていない柄を幾つか。
米満麻子さんの色絵レモンの木はお初、どかんと煮物を盛り付けるお皿を探しておりました。
b0089578_13375520.jpg
チャレンジショップ1号館で買った庄田春海さんの器とタクマポタリー(茶)
ここでは既に人気のお皿は先の人が持っていたので、やっぱりやめとこう・・を手を放した瞬間に取り上げたものばかり。
b0089578_13375949.jpg
上出長右衛門窯ではクタニシールの小皿と楊枝入れ、前から欲しいと思いながら手元になかった柄2つ。
後は小松基地航空祭特別限定、九谷焼F15Jの絵付けされていない箸置き・・趣味で作ったものだそう。

親が元々持っていた九谷焼きの器も食器棚の奥にごっそりあるのだが(九谷の伝統的な柄とか)
割るのが怖くて殆ど使用していない、勿体ないかな?以前はお正月によく出てきたものでした。

ホームパーティー用に大皿もかなり集まってきたので、GW中に片づけも進み、これからが楽しみな茶碗まつりでした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-05-17 09:11 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)