タグ:カフェ・スイーツ ( 260 ) タグの人気記事

金沢(堀川町):銀のジンジャー(金沢フォーラス店)「桜クレミアパフェ」

b0089578_15483055.jpg
ラーメンや飲み会、酒ばかりかっくらっている様に見えるが、平日の家飯を和食や魚を増やしてヘルスぃーにしたり、
お弁当を野菜だけにしたりと地味ぃ~な牛歩戦術ダイエットにより、お正月から2キロほど減量したこの身体。

さてそうなると洋服の1つでも見たくなる、休日に夫を連れ立って駅界隈へ向かったのに最初に訪れたのは何故かスイーツ系。
金沢フォーラス1階にある銀座のジンジャー(金沢フォーラス店) はジンジャードリンク、ジンジャーを使ったソフトクリームも楽しめることができるジンジャー専門店。

多くの人が手に持っているのが、プレミアム生クリームソフト「クレミアソフト」。
北海道産の生クリーム25.0%のミルクの旨み、高乳脂肪分12.5%という絶妙バランス、コーンの部分はラングドシャという新発想。
ワンランク上のこの高級ソフト、石川ではテルメ金沢とフォーラス1F銀座のジンジャーで食べられる。

夫は先に1人で来てクレミアソフトを食べやがっ・・いや、味わって美味しかったよ、と。
私も基本のクレミアソフトにしてもいいのだけど、限定という心理トリガーが働いて「桜クレミアパフェ」に引き付けられる。
b0089578_15522016.jpg
春限定「桜クレミアパフェ」

プレーンジンジャーに抹茶パウダーをあしらいさくらパウダーをトッピングしたという桜クレミアパフェ。
スプーンでソフト部分をすくおうとすると、結構な抵抗があり感覚的に密度が濃そう。
口当たりがまったりと滑らかでとってもミルクの深いコク、でも甘すぎず後味はすっきりでうまーい!
さらに抹茶パウダーと桜とジンジャーの風味で、春っぽくより個性的に。
底のパリパリはコーンチップではなくパイ生地でさっくり。

さて駅とフォーラスを見て回るも洋服は夫との時間を気にして結局買わず、やはり服を買う時は一人でじっくりに限りますね

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-03-19 22:12 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

石川(七尾市和倉町):ル ミュゼ ドゥ アッシュ/LE MUSEE DE H (和倉店)

b0089578_10502560.jpg
中島町で焼き牡蠣をたらふく食べた後でも、スイーツならば胃袋が別人格の様にキリリと入れ替わる。
ここまで遠出したなら和倉温泉はもうすぐそこ、となればル ミュゼ ドゥ アッシュ/LE MUSEE DE H (和倉店)

パティシエ辻口博啓さんの「辻口博啓美術館」と併設するカフェ、オープン仕立ての時に1度訪れて以来。
金沢店のケーキ類は全てコンプリート、今回は和倉限定のケーキを食べるのが目的です。

休日の午後3時近くとあって入り口は長蛇の列、だけどもケーキは寝て待つ!待ち椅子でゆるゆるとほぼ半寝状態~。
モノトーンで統一されたシックな店内は全面ガラス張りで能登の海が一望でき、この日は天気もよく光が降り注いで爽やかだった。

・デリス・オ・カフェ(和倉限定):珈琲好きとしては迷わずこちら、周りの優しいムースからはカフェの香り
そして中身は対照的にドーンと主張するヘーゼルナッツと能登栗、と好みのストレート直球できた~美味しい。

・ヴォルカン(和倉限定):うっすらと緑色なのは能登の特産、中島菜のムース
このヘルシーで優しい味わいにフランボワーズとショコラが味を引き締めている。

アイスカフェオレ:ミルク部分は「能登ミルク」、こだわりの地乳とコクのあるコーヒーの口あたりはまろやか。
素材の良さが出ていてこれはとても美味しかった。

ケーキセットには焼き菓子の期間限定「YUKIZURIさくら」が付いてきて、
カリッとかじると桜の香りがほんのり、春ですね~
b0089578_11171055.jpg
夫が食べたもの
エーグル:レモンのムースの中にヘーゼルナッツとミルクチョコが隠された酸味のきいた爽やかなケーキ
ココットアナナス:能登ミルクを使った滑らかなパイナップルブリュレ

エーグルとセラヴィが自分のリピート率トップなケーキ、柑橘系だったり中身がベリーだったり酸味のきいたもの好きです。
で、デフォでケーキは2個セットだったのですが、周りも皆ケーキは2個注文の人ばかり。

やはりせっかく来たのならね、本当は未食の和倉限定ケーキがまだ何種類か残っていたので、
4ついっぺんに食べる胃袋は備わっているのだが、次の機会の楽しみのために取っておくことにしたのだった。




[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-03-16 22:07 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

東京(青山):ブルーボトルコーヒー青山(カフェ)でコーヒータイム oishii

b0089578_15442110.jpg
知人と合流して日曜の東京散策。
スカイツリーを出て押上駅から表参道までは地下鉄半蔵門線間で乗り換えなしで行ける。
表通りから南青山方面へ裏通りに入ると、途中木々に囲まれたビルの2階にあるブルーボトルコーヒー青山

青山店は2015年3月にオープン、ロースタリー&カフェな清州白河とはまた違ったカフェタイプの青山店。
清州白河の方は脇目もふらず目的地に向かったが、こちらは看板に気付かなければ見落としそうなくらいさりげない。

b0089578_15442628.jpg
お店の外に行列が並ぶほどでもなく店内はほぼ満席なものの丁度良い賑わい具合、
ブームは一段落!?とも思われたが午後には外に並ぶこともあるという、午前中で天候がイマイチということで助かったか。

中央にロングテーブルに簡易席、テーブル&椅子、奥にソファー、外に出てテラス席もあります。
沢山の注文のドリップを仕分けるスタッフ、エスプレッソマシーンに取り掛かるスタッフと人数は結構いますね。
b0089578_15443026.jpg
カフェラテ

ラテアートを習っている性!?かついカフェラテを注文してしまう、シングルオリジンを注文しても良かったな。
コーヒー苦みを感じつつまろやかなミルクの香りが広がる、ホッとする瞬間。
b0089578_15443318.jpg
連れはエスプレッソ、このカップが可愛らしく(カップの底にブルーボトルのイラスト)お土産に購入しました。
エスプレッソマシーンを持っていないので今のところ飾りオンリー、いつか買うぞの心意気。
b0089578_15443742.jpg
テラス席が空いたので外へ移動、テラスに板テーブルが設置されておりスタンディングで。
入口には木が生い茂っていて気分的にも目にも優しいオアシス具合、もう少し暖かくなればもっと気持ち良いでしょう。
都会の中心なのにこのゆったりした空間、カフェスタイルを楽しむながら青山店ですね。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-02-13 23:21 | 東京 | Trackback | Comments(0)

東京(押上):スカイツリーカフェ フロア340(SKYTREE CAFE)

b0089578_15415623.jpg
完全フリーな東京1DAYS、起床してすぐに向かったのはいつか行こうと思い描き今しかない!と思った東京スカイツリー

押上駅(スカイツリー前駅)で下車して上空を見上げると、ぐずついた天気のせいか展望台が視界不良。

げげっ、これは天望回廊に上っても何も見えないのでは!?という不安よろしく、チケット売り場がめっちゃ空いてました。

天候に左右される入場人数、でも朝一で来た方が混んでいないのは確かみたいです(8:00頃来ました)
b0089578_15420194.jpg
クリスマス前だったので展望台や周辺にはクリスマスらしい飾り付けで溢れていました。
きっと夜はイルミネーションが素敵だから、この時期に夜空のデートプランなんぞ立ててもらったら・・とドリームだけ花咲く。

天望回廊まで上ると案の定、雲に包まれて何にもみえねぇ、涙で瞼が曇って何もみえねぇ(言ってみただけ)
エクスペンシヴな料金なので来た意味あるのか!?と一瞬思ったが、そこは運の強さか徐々に視界はあけてきました。
b0089578_15421428.jpg
とりあえず朝食をまだ食べていなかったので、天望デッキ340にあるスカイツリーカフェ フロア340(SKYTREE CAFE)

天望デッキにはスカイツリーカフェが2店舗ありこちらはフロア340、1階上のフロア350は立席なのです。
テーブル席にカウンターに座ってドリンク、軽食、オリジナルスイーツを楽しみながら外の眺めを展望できる。
b0089578_15421967.jpg
色々検索するとメニューにのっているカレーセット、サンドウィッチセットではなく、こちらはスープセット!?だったか。
自分の記憶が曖昧なのとあまり情報があがっていないので確かじゃないかもしれないが、見た目はこんな感じです。

長崎県波佐見焼のブランド「HASAMI」のマグカップとプレート。
スープはコーンスープ、スカイツリーだからか星形の揚げポテト、プチトマト&サラダ、パン2個。

モーニングのつもりだったので量はこれくらいでOK、ちなみにパンはもっちりしててまぁまぁ美味しかった。
何と言ってもこの眺めでのモーニングなので、もっと天気が良かったらもっと良かったけど十分楽しめた朝食でした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-02-12 23:56 | 東京 | Trackback | Comments(0)

東京(荻窪):BLOOK MARKS /ブルックマークス(カフェ・バル)モーニングセット

b0089578_09364468.jpg
朝食無料のビジネスホテルでなければ、朝何を食べるのか・・朝ラー!朝うどん!朝カレー!朝からおつカレー選択。

事前の下調べでは軽めからへヴィーまで調べてみたが、交通の便が良い無難な場所に決定、BLOOK MARKS /ブルックマークス
JR荻窪駅西口改札(2F)から直結している荻窪タウンセブンの2Fにあるカフェ&バル。

モーニングタイム、ランチの軽食、デザート、夜はお酒とイタリアンバルという1日中フルに使える便利なお店。
入ると喫煙or禁煙で場所が二手に分かれます、私は禁煙で右手奥のスペース。
b0089578_09364822.jpg
モーニングメニューは7:30~11:00の間で、一番お得なのはAM9:30までは400円のトーストセット(過ぎると450円)。

タマゴサンド、ミックスサンド、ピザトーストと朝食らしいメニューの他にナポリタンセット!がっつりメニュー発見。

後はフルーツグラノーラヨーグルトセットという女子力右肩上がりストップ高!なメニューも、もちろんこれは頼みません。

セットのドリンクにアイスコーヒーを選択したらジョッキ、夜の中身はビールかカクテルなのかしら。。
b0089578_09365484.jpg
・トーストセット(9:30まで400円)

サラダ、ベーコン、ポテト、ドリンク付き、玉子がなければポテトを食べればいいのよ!なメニュー。
厚切りトーストにジャム付けるもよし、ベーコンやサラダをのせてオープンサンドにして食べるもよし。
早朝で400円ならなかなかじゃないでしょうか、と言いつつ私は食べたのはこれではなく。
b0089578_09365815.jpg
・タマゴサンドセット:550円

サラダ、ベーコン、ポテト、ドリンク付きというのは上と同じ。ほぐしたゆで卵にタルタルっぽい仕上がりのタマゴサンド。
これだけでもいいけど、中にサラダやベーコンなどを押しこんでガブリを食べたら中々イケました。

普段、平日だと朝はフルーツや豆乳などで済ませているのに、出先だとガッツリ食べてしまいます。。。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-02-06 23:07 | 東京 | Trackback | Comments(2)

東京(代官山):イル・プルー・シュル・ラ・セーヌ/IL PLEUT SUR LA SEINE「塩味のクッキー・あくの強い塩味のチョコクッキー」

b0089578_10290093.jpg
ホテルへ向かう流れの中の久しぶりの代官山、日も暮れて蔦屋書店のライトアップを横目に見つつ、

パティシエの大御所、弓田亨さんのお店「イルプル」の甘くないクッキーをお土産用に購入したかったのです。
中にはイートインもあり生ケーキの食べたい欲もヒートアップしていたが、いかんせん時間がない。

クッキー缶の方は郵送OKだが他の単品焼き菓子は出来ないそうで、プチ土産用に色々購入するも潰れないようにバッグに入れるのが一苦労。
嵐のように現れて嵐のように買っていく、同じ建物内にイルプルのフランス菓子・料理教室があります。
b0089578_10290720.jpg
・塩味のクッキー

歯触りはザクッほろりっ、スペイン産のアーモンドと松の実からなる香ばしさもさることながら
ゲランドの塩とエダムチーズを使った濃い感じの味わい深さがじわじわと、そして全く甘くない。
甘いものが苦手な人に、ワインやビールなどのお酒のおつまみに・・実際お酒のおつまみにしちゃってました。
クセになる味のせいか、減っていく勢いもあっという間でした。


b0089578_10291066.jpg
・あくの強いチョコレートの塩味クッキー

あぁ、そうなんですね、と誰でも意味が分かるのだが名前が長っ!
「あくの強い」が一歩引き気味になるか、怖いものみたさになるのかの分かれ目だが、こちらも甘くないクッキーです。
1口食べると、えええ・・おおお・・??100%カカオチョコも甘くはないが、これはさらに塩味。
あまり遭遇したことない味にはクエスチョンマークが一瞬ついてしまうもの、理解している途中。
塩もインパクトに伝わってくるし、かなりスパイシーで個性的な味。
普通のチョコクッキーと比べてはいけない、これも甘いものを好まない人などこれにハマる人がいそうです。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-02-01 23:31 | 東京 | Trackback | Comments(0)

茨城(守谷市):コーヒーファクトリー・守谷店(カフェ・コーヒー豆販売)

b0089578_15374327.jpg
今回の行動の起点となった守谷駅、用事をすませて夕方立ち寄ったのはコーヒーファクトリー
つくばエクスプレスの改札口外を出てすぐの関東鉄道の改札前にあるので気分はほぼ駅構内。

コーヒーファクトリーはつくばで1985年から営業している自家焙煎珈琲店「Specialty Roasteria COFFEE FACTRY」。
そしてここは守谷店、以前立ち寄った時は店長の粕谷哲バリスタが大会の為不在でしたが、今回はお会いできました。

2015年度ジャパンエアロプレスチャンピオンシップ優勝に引き続き、ジャパンブリュワーズカップ2015で日本チャンピオンに。
お店の入口には「祝!哲店長日本一!」の貼り紙が~何とも微笑ましい。
b0089578_15374965.jpg
北欧の器や雑貨などあってキュートさを感じながらのラテアート付のカフェラテ
ラテアート教室に通ってる身としては細かいアートに至るまでの手の動きが気になる~
もうラテアートの大会に随分出ていないとおっしゃってましたが。
b0089578_15375310.jpg
お店にはケーキや焼き菓子も販売されており、店内のみですがコーヒーと共にいただけます。
私が食べたベイクドチーズケーキの他、自家製ティラミス、ガトーショコラなどがありました。
前にここで買ったパンやタルトが美味しかった記憶があるのですが、守谷駅近くのordinary(オーディナリー) のパンだそうです。
b0089578_15375963.jpg
自家焙煎珈琲豆を購入すると1杯コーヒーが無料でいただけるということで、カフェラテを飲んだばかりでもう1杯。
クリスマスも近づいていたのでカップも可愛いサンタさん、クッキー付。

で、これがエアロプレスという抽出方法で粕谷哲バリスタが淹れてくださったコーヒー。
大きな長い筒状の注射器のような器具で上から圧力をかけながら液体を押し出す方式、初めて間近で拝見しました。
b0089578_15380577.jpg
イケメン店長、粕谷哲バリスタ!私が通ってるラテアート教室の高松さんとも面識があるので了解得て貼っておきます。
仕事でなければつくばエクスプレス守谷駅に縁がなかったと思うので、あれも縁。
もう2度と来ることないだろうと思っていたら、二度目の来店でお会いできました、これも縁、きっと縁な松坂慶子。
こじんまりしたカフェですが、かなり濃密な内容で良いお店ですので、お近くに行かれた際にはチェックしてみてください。
b0089578_15523245.jpg
・コスタリカ マエラス ナチュラル

前に2種類のブレンドを購入していったので、今回はバリスタに勧められたのはこのコスタリカ・マエラス・ナチュラル
購入したこの豆の特徴はハニー、チェリー、ラズベリー、レーズン、ラム酒、クリーミィーとあまりにも解読するには複雑な内容ですが、
と~っても香りが豊かでフルーツの芳醇で複雑な味わいが広がって、でも後味はすっきりしてるかな?とても個性的なコーヒーでした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-01-31 23:45 | 茨城 | Trackback | Comments(2)

金沢(出羽町): ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA(カフェ・ケーキ)

b0089578_15274142.jpg
最強寒波来襲!まだ暗い内から雪すかしを30分ほどして、いつもよりかなり早めに出勤しているのに到着時刻はそうは変わらない。
遅寝早起きな数日間にちょっと眠気も漂う、ランチを少なめにしているので空腹感が眠気覚まし。

誕生日のケーキの事をすっかり忘れてて、前日になって慌てて自分の誕生日のケーキを自分で電話予約。
ネーム入りの部分を自分で言うのも変な気分、受け取りにいったついでに1人カフェ、ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA

KANAZAWA店の方は県立美術館内にあり、ケーキやバームクーヘン、焼き菓子などのテイクアウトが出来、カフェ併設。
ここでは職場用のケーキをまとめて購入している内にポイントが貯まって、バームクーヘンを買う足しにしたことがある。

お気に入りは柑橘系のエーグルやホワイトチョコレートのセラヴィだが、今回はお初のモンブラン。

・ハクサン、辻口ロール(ハチミツ)

ハクサン(白山)という名の五郎島金時のスイートポテトのモンブラン、名峰白山の雪山独り占め。
さらりとした味のスイートポテトの中身はなめらかな五郎島金時のクリームにラズベリーの酸味。
スイートポテトと聞いて芋強めをイメージしていたら、意外にさらりと甘さも控えめで食べやすい。
辻口ロールのハチミツは何度か食べていて、しっとりとした生地にハチミツの甘みが伝わってくるところが好き。

コーヒーは苦みのあるタイプだったが、ケーキを口に含んだ後にコーヒーを飲むと苦みは消えまろやかな印象に。
そのまま飲む、甘みを含むで違ってきますね。スイーツに合うコーヒー。

b0089578_15274592.jpg
オペラマンダリン(4号)
濃厚なチョコケーキはあまり選ぶほうじゃないのですが、こちらは私の好きなコーヒーと柑橘系のマンダリンオレンジ入り。
ショコラクリームとコーヒーにマンダリンの爽やかさ、ジューシーでしっとりしてます。
のっかったマカロンがまた美味しい!上品で大人なケーキをガッツリと・・一応食べたのは半分です。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-01-25 22:27 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

石川(野々市市):サニーベルコーヒーで第二回「リアルマジコーヒーサミット」

b0089578_15525956.jpg
クリープを入れないコーヒーなんて・・・私は生まれて長らくコーヒーにはミルクと砂糖を入れる派でした。
甘党というよりブラックコーヒーが飲めない舌だったのですが、少しづつ豆に凝り始め、
最近は特にスペシャルティコーヒーをいただく機会が多く、自然とブラックコーヒーが飲めるようになってきた。

それでもまだ毎朝買うコンビニのドリップコーヒーにはミルクと砂糖は入れるし、缶コーヒーは微糖。
要するに焙煎した豆の深いコクやフルーティーな香りを楽しむことを覚えてブラックを克服したということでしょう。

豆の種類や煎れ方でコクや香りも様々、これはフルーティーな香りがするね〜と感じつつも何のフルーツかは表現できない。

某コーヒーのコミュで香りを例える討論、食べ物での表現が思いつかない人もいたりして、
じゃあフルーツを食べながら香りを確認して、各種コーヒーを簡易カッピングしてみない?
と、ゆる〜いイベント話が持ち上がりました。

ここは焙煎豆販売されてるので珈琲を議題にするのは正当なイベント理由、リアルマジコーヒーサミット。

メンバー:高松さん(サニーベルコーヒー)、竹田さん(C8LINK)、ことねこさん、スカタン女王
b0089578_15530513.jpg
今回飲み比べの対象となったコーヒー豆

1・コーヒーファクトリー(茨城):コスタリカ マエラス ナチュラル
2・タカムラワイン&コーヒーロースターズ(大阪):コロンビア・ウラオアンティオキア ベジャ・ビスタ農園 ウォッシュド
3・タカムラワイン&コーヒーロースターズ(大阪):エチオピア イルガチェフエ
4・サニーベルコーヒー:ニカラグア サンタマリア ローデス農園ナチュラル
5・サニーベルコーヒー:エチオピア グジG1 ウォッシュド

茨城出張で私が購入したコーヒーと、ことねこさんが大阪で購入したコーヒーを
サニーベルさんにある似た系列のコーヒー豆と飲み比べてみました。

b0089578_15531119.jpg
私が持参したフルーツ類、ブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリー、ラ・フランス。

実際にラズベリー食べた後にコーヒー飲んだら、ラズベリーの香り残像が残りすぎてコーヒーの香りわからん!
とお笑いになり、ほとんどフルーツうま!な感じで進んでいったような気はしますが、フルーツの風味を体験することも良い経験。
生のブラックベリーは糖度は低いけれどとても大人なベリーの味で、かなり気に入っていただけたようで。
b0089578_15531528.jpg
1・コーヒーファクトリー(茨城):コスタリカ マエラス ナチュラル
(特徴:ハニー、チェリー、ラズベリー、レーズン、ラム酒、クリーミィー)
皆の感想はおかき、チェリーコーク、ラズベリー、チェリーコークってのはベリー系のフルーツの甘さを感じることかな。
かなり複雑でフルーツの芳醇な香りがするジューシーな酸味がある。

VS

4・サニーベルコーヒー:ニカラグア サンタマリア ローデス農園ナチュラル
(特徴:オレンジの風味、キャラメルのような甘み)
これも感想におかきが出ました、香ばしいって意味ですよね?洋菓子やオレンジの風味。
このコーヒーは二層の別の香りが別次元で漂ってる感じで特殊な味ですわ~

2・タカムラワイン&コーヒーロースターズ(大阪):コロンビア・ウラオアンティオキア ベジャ・ビスタ農園 ウォッシュド
(オークション1位の一番高級なコーヒー、浅煎りでコクと甘さと酸がバランスよくバターのように滑らか)
こちらの感想はワインのような風味、葡萄の種類はデラウェアより巨峰のような大粒のもので渋みもちょっとある。
バターを溶かしたような香りもします、一番高いので比べるコーヒー豆はなしということで。

3・タカムラワイン&コーヒーロースターズ(大阪):エチオピア イルガチェフエ ウォッシュド
(特徴:紅茶のような軽やかなコーヒー、グァバ、パパイヤのようなフルーツ、ピーチの様な甘い余韻)
そもそもグァバを日本で味わえるとしたらグァバジュースくらいの連想で、台湾で固いの食べたことくらいしかないですが、
南国のフルーツの香りというのは何となくわかるような気がしました。

VS

5・サニーベルコーヒー:エチオピア グジG1 ウォッシュド
(特徴:ほんのりティーフレーバー、ほんのりレモン風味)
レモンと言われて確かにレモンの風味を感じました、こちらも割と軽やかなコーヒー。

単体だと分からないが飲み比べると香りの違いは理解できる、ただ細かいアロマはまだまだ経験値が浅いので判断するのは難しい。
今回は思いつきなサミットでしたが、次回はティスティングや珈琲の表現などより明確化したいです。

今回もFMかほくで放送中の「出張FAB屋のカフェタイム」の収録をいたしました。
この番組では高松さんが1フレーズ歌ってから会話が始まるのですが、その歌う曲のリクエストをいただき、
「あんたのバラード」「リンダリンダ」2曲をリクエスト・・私の趣味というより高松さんをイメージして。

これがキッカケでもないけど、カラオケ行きたい病にかられてます。
流行りの歌の選曲ばかりだと、歌いたいけど歌えないジレンマがもんもんと心の中に溜まってきているところ。

歌いたいのはオンナを捨てれる変な歌ばかりなので、カラオケ行くにもメンバーが限られそう。
筋肉●●●やマキシマム●●●●、岡村●●を歌っても引かないメンバーを選定中。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-12-19 23:07 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

石川(野々市市):サニーベルコーヒーで第一回「どん兵衛サミット」

b0089578_13331399.jpg
野々市市の自家焙煎コーヒー&カフェのサニーベルコーヒーさんで、月一でラテアート練習会に通っている私。

不器用な故に長い期間のシンプルハートの苦行を終え、ようやく二連ハートのチャレンジを行っているところです。

そのサニーベルコーヒーさんで先週、第一回「どん兵衛サミット」が開催されました。

カップ麺の中でもニッポンのうどん!と名を放つ日清「どん兵衛」、
東日本、西日本、関西限定、北海道限定を食べ比べてそれぞれの味の違いをティスティングするどん兵衛サミット。

「君はのびる前に食べ切ることができるか!」by ガンダム風

と、くだらないことに真剣にチャレンジするゆるっとしたイベントです。

そもそも何故にカフェでどん兵衛?という話ですが・・元々、東日本と西日本はスープの味が違うというのは聞いてはいました。

少し前に全巻集めた「めしばな刑事タチバナ」というグルメ漫画でもそのくだりが書いてあり、
ネットでもあれこれ比べている記事も見かけますが、段々自分でも実際に試してみたいと。

大阪出張の時にどん兵衛(西日本)を買って、よし!これを金沢のと比べてみよう!
・・・と持ち帰ったら、金沢で販売しているのも西日本版だった!!!
よく確かめてから買えよ!!と自分にツッコミ入れる始末。

そんな話をサニーベルさんでコーヒーを飲みながらしていたら、高松さんが「イベントやりますか」と。

私「じゃあ東京出張の時に東日本版を仕入れてきます」

昔、富山で食べたうどんスープが金沢より濃かったので、てっきり富山は東日本だと思い込み、
高松さんに頼んだら富山も西日本版だった・・・JR東日本の区分けのイメージが付き過ぎ?
(日本海側でどん兵衛東日本に変わるのは新潟からだそう)

北海道版も別に存在すると知りそちらはお取り寄せ、関西限定は39周年記念特別販売で金沢で手に入れたもの。

夏頃からゆるゆると計画していたのが、10月末にやっと実を結びました。

一応、私が主催者らしいです、サニーベルさん場所提供ありがとうございます。
b0089578_13332104.jpg
後2人のメンバーは高松さんに人選してもらっての、サミット当日。
メンバー:高松さん、竹田さん、ことねこさん、スカタン女王

当日はとりわけ用の茶碗、お箸、そしてオニギリを持参することを言い渡される。

オニギリ?どん兵衛だけじゃ足りないから?と思ったら、汁物にごはんは絶対必要ですと力説される、勝手に力説感じた。
ごはんに汁物は絶対必要派の逆パターンですね。

店内に入ると3人がノートパソコンを囲んで何やら語り合っている雰囲気。

今回、サミットに呼ばれた竹田さん(C8LINK)は出張FABでパーソナルなものづくりを展開しているクリエイターで
FMかほくで「出張FAB屋のカフェタイム(竹田太志・高松雅志)」というラジオ番組を担当しています。

そのラジオ番組でどん兵衛サミットの模様を収録して流す予定だと聞かされる。

えぇっ!!話がなんだか大きくなってきたな、緊張するような、グダグダな会話しか出来なさそうな、私の表現の力はまだ未知数。

とりあえずお揚げを4等分して粉スープを中に入れて、テーブルに集合してラジオのスタート!
b0089578_13333241.jpg
お湯を沸かしてもらって全てのどん兵衛にお湯を入れ、タイマーをセットして待つこと5分。

ペリリと蓋をめくると東日本(左から2番目・特盛)だけスープの色が他のに比べて色が濃い。

まずは蓮華で順番にスープの味をティスティングするききどん兵衛、
その後にうどんとスープを各自それぞれに味わいつつ、意見を求めあう。

原材料のスープの欄、食塩、醤油、魚粉、魚介エキス、ネギ、香辛料、糖類などは同じように明記されているが、
西日本には昆布エキス・昆布パウダー入りだが、北海道は昆布パウダーだけ、東日本は昆布エキスだけ。
他の魚粉の量や昆布の量のバランス、醤油の配分が違っているのか食べてみると明確な差が出てきた。

西日本:いつも食べなれてる味だけども昆布エキス・昆布パウダーでより出汁の味を明確にしている、昆布や魚介風味。
東日本:西日本よりも出汁の風味より醤油の味が強くて味が濃い。出汁は鰹が強めなのかなぁ。
北海道限定:東日本と比べると薄くてほんのり甘みがあります。でも醤油味も出てくるかな。利尻昆布が使用されているそうですね。
関西限定:西日本と同じく出汁の味だけど一番甘い、お揚げさんが1.3倍でスープを吸うとふっくら甘い

恐ろしく細かい分析まではいかず、あくまでも感想にとどめておく・・ゆるいサミット、ゆるサミ。
でも好みは明確に分かれてきて、富山出身の高松さんは味の濃い東日本が好み
ほら!だから富山のうどんのスープは金沢より濃いって言ったじゃない、でも販売されているのは西日本版(どうどう巡り)

ことねこさんは北海道がお好みだそう、昆布の甘みがじんわりでた優しい味。
竹田さんは西日本、石川は一応西日本だからね、JR西日本のイメージから離れられないし。

関西限定を誰もあげてないが、お出汁の甘いのが結構お気に入りだったので「関西限定」をと言いかけつつ、「西日本」。なんなんだよ・・
b0089578_13334382.jpg
スープばかり飲んでいたら喉が異常に渇いてきて、持参したおにぎりを頬張る。
旨い!!もしかしたら一番美味いのはおにぎりかも、おいおい。

全て食べきった後もグダグダとどん兵衛についてのトークは続いて、
さらにここからはオフレコで!と自らの人生の危機について話してみたり、恋愛論を語ってみたり、
どこからどこまでがオフレコか分からなくなってきて、後からの編集が大変そう。。。
b0089578_13335253.jpg
私が持参したおにぎりは釜炊きおにぎり みつや の「とりそぼろ」「とりから揚げ」「明太子チーズ」
って3つも持ってくるか?もちろん全部食べられませんでした、2個だけね。
お米が美味しい~んですよ、中の味付けもグッドだし。

どん兵衛サミットのの模様は11月2日(月曜日)FMかほく PM5:00より
「出張FAB屋のカフェタイム(竹田太志・高松雅志)」で放送予定です。

私が喋ったあの事やあの事はカットされていますように!

もしかしたら第二回もそのうちあるかな?出張の仕入れ用にカバンが1つ増えそうな予感。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-11-02 06:24 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)