タグ:カフェ・スイーツ ( 272 ) タグの人気記事

大阪(北浜):ブルックリン ロースティング カンパニー 北浜店 (Brooklyn Roasting Company)

b0089578_17243880.jpg
大阪・中之島の川沿いに何軒か点在するカフェでお昼前のコーヒーを飲んだら気持ちいいだろうな、
と前から思っていたものの、この日は朝から酷い雨・・というか、台風が近づいていたというとてつもない日。

ドアの目の前で雨が壁ができるように激しく降り始めたので、オープンが嬉しいブルックリン ロースティング カンパニー 北浜店
NYのブルックリンにロースタリーカフェを構えるコーヒーショップの国内1号店。
b0089578_17244256.jpg
コンクリート打ちっぱで大きなテーブルやソファがあるラフな印象の店内は工場のよう。
照明が暗く雰囲気があるというか午前中の様な気がしない、この天気のせいも少しあるかもね。
b0089578_17244520.jpg
川べりのテラス席、爽やかな季節にいい天気で川を眺めながらコーヒーを飲むのとは真逆なシチュエーション。
打ち付ける雨が中から見ていても寒々しいが、逆にこれだから温かいコーヒーを飲む価値があるというもの。
b0089578_17244963.jpg
ガラスのショーケースに手書きのメニュー書き、M&Mチョコが張り付いたドーナツがもろアメリカーン。
12時からランチの予定なので何も食べない予定だったのに、見てしまうと誘惑に弱い自分。
b0089578_17245218.jpg
バナナクランブルケーキとレモンケーキをシェアしてカフェラテを飲む、紙コップにはハートのラテアート。
気取らない&洗練された風情とヴィンテージ感が妙に落ち着く。
最近、ルイボスティーは飲んでますが元々コーヒー派だし、そういった意味ではやはり北浜レトロよりもこちら派だなぁ。。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-11-23 23:51 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

大阪(北浜):北浜レトロ(紅茶専門店)

b0089578_15084187.jpg
10月29日の日曜日、金沢では「金沢マラソン」という一大イベントが開催されたのですが、
私たちは市内の交通機関が規制される前の早朝に金沢を脱出し、大阪に日帰り旅行に行ってきました。

久しぶりの大阪、一応目的としてはプチリフォームに向けてダイニング用の家具類をチェックしに行くこと。
しかし、始発の電車に乗って8時半頃に大阪に到着しても専門店のオープン時間まで時間が余りまくり。

午前中に行きたいカフェが淀屋橋にあったので、とりあえずそっちに移動してテクテクと中之島をぶらり観光。
ネオルネッサンス様式の大阪市中央公会堂や中之島公園付近をぶらぶら。
緒方洪庵の適塾も偶然発見して、ビジネス街のど真ん中で歴史散歩が面白い。

大阪証券取引所ビルの辺りまできたところで、あるお店の前に行列が出来ているのを発見。
それが、1912年に建設された重要文化財の英国式洋館を改装して誕生した英国風ティールーム、北浜レトロ

だったんですけど私知らなかったんです、このお店の事。。。
なので興味本位で丁度オープン時間となり、ぞろぞろとお店に入って行く人たちの後ろにくっついていきました。
b0089578_15085428.jpg
並んでいた人たちは全員が階段を上っていき、その途中からあちこちカメラで写真を撮っておられる。
どうやら、カフェタイムはもう少し先で、それまではこの重要文化財の内部の撮影タイムになっているらしい。
b0089578_15085961.jpg
私も皆さんにならって2階のカフェスペースをビシッと撮影。
クラシックながら可愛らしい雰囲気を伴っていて、ゆっくりと紅茶を楽しめそうです。

ケーキ、スコーン、サンドウィッチ付きのアフタヌーンティーセットが有名だそうで、
紅茶専門店なだけに紅茶通の間ではかなり人気なんでしょうね。
b0089578_15084522.jpg
1階に戻るとずらりと並んだ紅茶と雑貨、そしてスコーンやクッキーの詰め合わせ。
b0089578_15085038.jpg
ボリュームいっぱいのチーズケーキや生クリームのケーキが美味しそう!
昔はこんな素朴でクラシカルなケーキを食べていたなぁ、親もチーズケーキをよく作ってくれました(私、食べる人)
ウェッジウッドのティーカップやお皿に盛り付けてくれるそうです。
b0089578_15090459.jpg
お土産に購入したカボチャのスコーン、栗のスコーン、シナモンのクッキーなど。
クッキーがバターたっぷり、スコーンもしっとりホロっとして素朴な感じだけどもどれも美味しかったです。

自宅の棚の奥に潜んでいるワイルドストロベリーのティーカップの存在を思い出しました。
ダイニングが片付いて気持ちに余裕ができたら、ゆっくり紅茶を飲む為に使ってあげよう。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-11-21 23:10 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

石川(珠洲市):ムイネー/Mui Ne(ベトナム菓子・バウムクーヘン)

b0089578_13571053.jpg
祝日の午後から奥能登芸術祭をさわりだけ少し回った後、そろそろ金沢へ戻る時刻。
今いる位置からルートを検索して、12号線をライスセンター交差点前から金沢方面へ向かっていたその時、
目に入った「ムイネー」の看板の文字。

今のは能登に新しくオープンしたというベトナム菓子屋さんでは!?
せっかくなので戻って立ち寄ってみることに、小さな川の横道を入るとすぐにお店があります。

日本人の酪農家のパティシエの旦那さまが作るのは珠洲塩と能登塩を使ったバームクーヘンなどの洋菓子、
ベトナム人の奥様が作るのは故郷の味を手づくりで作るベトナム菓子。

そういえば2015年にベトナム・ホーチミンを旅したのですが(まだアップできず)、
ベトナム菓子は口にした記憶がない、という訳で興味を惹かれたわけです。

お店の棚に並べられた焼き菓子類は1つ1つ丁寧にパッキングされているので、
ちょっとしたお土産に丁度良いし、箱詰めも出来るのでプレゼントにも。
バームクーヘン丸ごと1輪も気になりましたが、シュークリームと焼き菓子を数個購入。
b0089578_13580692.jpg
車の座席から失礼なのは食べ歩きスイーツ認定の「しゅー・なっつ」。
注文を受けてからクリームを詰め込むのでサクサクのシュー生地を保ったまま。
なるべく時間をかけないで頬張るのがお勧め。

「能登ミルクの生乳カスタード」と「稀少マダラスカル産バニラビーンズ」入りのクリーム甘さは控えめな自然な味。
「能登の珠洲塩」を練りこんだシュー生地はカリッとサクサク。
b0089578_10490594.jpg
上:岬の珈琲ピース:二三味珈琲を使用したちょっと大人なコーヒー味のバームクーヘン
下:蓮茶とココナッツレモン:ベトナムの蓮茶とココナッツとレモンピールの焼き菓子、
3つの組み合わせが楽しげな爽やかなアジアン。
b0089578_10491124.jpg
右:珠洲大納言とクルミの月餅
左:ムングの月餅
ベトナムでは中秋節に月餅を贈る風習があるそうで、それぞれ綺麗な月餅の型など実に様々。
ベトナムの製法で作られた抹茶月餅は餡は珠洲大納言とクルミの自家製粒餡。
茶色の方は一番ベトナムで食べられている月餅、緑豆の自家製餡はそんなに甘すぎず、
和菓子を食べている感覚とそう変わらないです、不思議ですね。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-10-24 22:50 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

石川(羽咋市):神音カフェ(かのんかふぇ)

b0089578_12394841.jpg
9月の土曜祝日、自宅でお昼を食べた後にちょっとひとっ走りドライブにでも行く?という提案。
近場過ぎない遠すぎない、でハタ!と思い出した山の中に佇む古民家カフェ。

日曜定休なので夫と一緒に行けない、他の日も1人で山奥にわけ入っていく自信なしで
ずーっと前から気になっていたものの機会を逃していた神音カフェ(かのんかふぇ)

今日は土曜祝日だから一緒に行ける!ということで、電話をかけて営業していることを確認。
めちゃくちゃ丁寧な応対の電話でしたよ、それじゃ早速向かいましょう。

位置的には羽咋市から氷見に通じる415号線の途中から道を305号線に入り、さらに分かれ道で奥の奥。
地図と目だけが頼りの時代じゃ到底簡単には行きつけないので、ナビ様様。

スマホのナビを頼りにお任せすると、いきなり北陸自動車道に乗れと言う。
もしや氷見まで行って石川に戻る様に迎えと!?県をまたぐのは抵抗があるなぁ

距離的には似た感じだけど高速使えば早くつくということかしら。
早く行きたいなら高速使えとは金に糸目をつけさせぬ大名案内なスマホナビ様。
地元民らしく普通に羽咋方面から向かいましたよ。

途中で夫が睡魔を発症したため運転を変わった後、305号線の入口を見落として通り過ぎ、
別ルートから道を入ると何やらテニスコートがある施設の前に・・地図を見ると氷見市になっている!
すでに富山県、通り過ぎにもほどがある。

私に運転を任すとこういう事に・・・県境をまたいでしまった。
さらに車1台が通れるかという山道をビクビク通ってたら対向車に出会う・・夫もおちおち寝ていられず。

そんな時にもちゃんとナビは役に立ってます、最後の細い道を曲がって無事お店に到着。
こんなところにカフェが?と思うほど、お店は周りの木々に囲まれた山の中でひっそりと佇んでいる。
b0089578_12401893.jpg
この辺りの古民家は似たような造りが多いと仰っていた店主さん。
囲炉裏に上から吊り下げられた自在鉤、土壁造りなど重厚な空間が広がった室内に
ボサノヴァやジャズなどの曲が流れるカフェならではの空気感が漂い、温かみがあってノスタルジック。
b0089578_12404923.jpg
ランチは自家菜園の野菜とお米を中心にしたヘルシーなカレーが有名で、数量限定なので予約した方が無難。
本日は「バタートマトチキンカレー」、「カシューナッツチキンカレー」の2種。

お昼ごはん済みだったので地元の素材を生かしたスイーツをいただきました。
ガトーショコラ、りんごのタルト、梅のレアチーズケーキがあり、チーズケーキの周りには梅ジャムがトッピング。

そして部屋の片隅にある大きな焙煎機、今更ながらここは自家焙煎珈琲店なのです。
なので自家焙煎アイスコーヒー&珈琲、アイスコーヒーは深く奥行のある味わい。
b0089578_12411816.jpg
雑誌を読んだり天井を眺めたり、ぼーっとしているのが心地よい空間。
冬は雪景色に囲炉裏にも火が灯り、また別空間の趣きが体験できるのだろうな。
そのお隣はテーブルと椅子が置いてあるスローライフが垣間見える居間の様な部屋、ここもカフェの一部。
b0089578_12414802.jpg
自分のお土産にはまろやかで程よいコクとすっきりした後口という「かのんブレンド」を購入。
他にも御陵山ブレンド、やおろずブレンド、よぼしブレンドと数種類。

帰りに7月7日にオープンした道の駅「のと千里浜」に寄ったら、神音さんの珈琲豆がずらりと販売中。
お店の他はどこで入手出来るのだろうと思っていたのでこれは便利。

午後からのカフェを求めての短い時間だったけど、十分癒されプチトリップなのでした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-10-02 23:21 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(竪町):ドルミール (DORUMIRU)「いちじくとロイヤルミルクティーのモンブランパルフェ」 oishii

b0089578_16270690.jpg
9月の連休日の土曜、午後帰宅した夫の開口一番、「仕事後にスタッフたちとパフェ食べてきた」
え!どこのパフェ?最近話題の?とっても美味しかったって??

うぅ・・・私も食べたい~うらやましけしからん!!
そんな経緯があり、後を追うように翌日1人でパフェを食べに行ってきました。

竪町のゲストハウス、ドルミール (DORUMIRU)、カフェ&バーは1階にあります。

場所は竪町ストリートの中でもほぼ新竪町商店街側へ通じる道路の近く
野田屋さんの2つお隣、竪町広場の斜め前辺り。

なんでも土日は早めに売り切れてしまうとかで、オープンは12時なのですが30分前に到着。
お!誰もいないわ、ラーメンじゃないけどポールゲット。

もしかして早く来すぎた?と思ったのもつかの間、
暫くすると若い女性を中心に並び始めて開店までに10名ほど。

b0089578_16271387.jpg
待っている間にパルフェの看板を眺めながら、2種類のどちらにしようか悩む。
開店前にスタッフの方が列へオーダーを取りにきました。
パルフェ目当てでしたが、お昼前なのでこちらにも目がいってしまう。

b0089578_16271876.jpg
・和梨と巨峰のパルフェ
・いちじくとロイヤルミルクティーのモンブランパルフェ

オープン時間となり、お店の入口で先に会計を済ませてから順番に席に案内されます。
八角形のテーブルにペンダントライトがモダンな店内は奥にソファー席、手前に壁に向かったカウンター。
私は1番だったので壁に向かったカウンターでした。
b0089578_16272523.jpg
・いちじくとロイヤルミルクティーのモンブランパルフェ
わお~写真で先に知っていたけど実物は改めてフォトジェニック、インスタ映えするお洒落なパルフェ。
上にはココアのブールドネージュとホワイトチョコ、崩してしまうのが勿体ない・・・けど、いざ!

周りのイチジクの囲いの中には洋酒の香りがするマロンの生クリームやロイヤルミルクティーの・・これはアイス?クリーム?
クランベリーのシャーベット、柑橘系のクラッシュゼリー、塩味風味チーズケーキ・・・
(自分が感じたままなので細かいところ違っているかもですがーそれは実際に食べて確かめてね)

掘り起こす度に違う味が現れて、「まるで宝石箱や~~!!」と思わず彦摩呂になってしまう。
そして見た目だけじゃない、フルーツも甘さ控えめな滑らかなクリームも全部総合して美味しい♪
眺めて美しい、そして食べていて楽しい、さらに美味しいと三段構え。

そして意外にもボリュームがある・・お腹膨れてきましたもん。
甘すぎないので食べ飽きずに全部食べられます。
ワクワク、キラキラ、キュンキュン、繰り返し音で埋め尽くされた満足なパルフェでした。

この後にラーメン食べに行こうと思っていたけど無理そう。。。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-27 23:27 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

東京(阿佐ヶ谷):うさぎや「どらやき」

b0089578_15103516.jpg
常宿の1つである阿佐ヶ谷のホテルに宿泊して、駅まで長いパールセンター商店街を歩く。

ちょうど阿佐ヶ谷七夕祭りの巨大なくす玉飾りやはりぼて飾りが沢山設置されていて、
いやがおうでもお祭り気分を盛り上げる。

七夕祭りって7月だと思っていたら、ここでは月遅れの8月に開催されるんですね。
b0089578_15104159.jpg
JR阿佐ヶ谷駅・南口からすぐ横道に入ると飲み屋街が密集している一番街。

中央線をくぐって北口方面のスターロードに来るとこちらも飲み屋街が充実。

荻窪、西荻窪、高円寺界隈を巡ることが多いけど、ホテルが阿佐ヶ谷の時はこちらも開拓してみようかな。
b0089578_15104861.jpg
JR阿佐ヶ谷駅北口から徒歩3分ほどにあるうさぎや、こじんまりした昔ながらの和風な建物。
もちろん目的は「どら焼き」です。

頂き物で阿佐ヶ谷店のどら焼きは食べたことがあるのですが、
店舗に直接来るにはこちらに宿泊した時でないと距離的に難しい。

電話予約が出来ないので早めに行くに限ります、18時頃に向かった時は売り切れだったので。
さすがに平日の早い時間帯だったせいか待ち人はいませんでした。

購入したのは「どら焼き」と「うさぎや餅」。
うさぎや餅は写真ありませんけど、ビニールの包みの中に黒蜜と胡桃が入ったお餅ときなこがたっぷり入ってる。
b0089578_15105428.jpg
午後からの用事の場にてうさぎやの話で盛り上がり、日本橋のうさぎやに行きましょう!
と連れて行かれ、思いがけず日本橋店と阿佐ヶ谷店の食べ比べが実現。

上野店、日本橋店、阿佐ヶ谷店は独立していて、製法や材料が違うのでそれぞれ味は違う。

日本橋は皮がふかふかで全体的にずっしりと重く粒あんの存在感がすごく、餡は阿佐ヶ谷店より甘め。
阿佐ヶ谷はしっとりときめ細やかな皮と粒粒がしんなりして、甘さはやや控えめ。
どちらもうさぎやの看板を掲げているだけあって似ているけれども食べ比べると結構違う。

上野も食べたことあるけど・・うーん、日本橋に近かったかな、記憶が曖昧。
3つ同時に比べないと微妙な違いは分からない。。。

でも、どれも私の好きなどら焼きには違いないので、行く機会があればお土産の定番にしています。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-09 23:42 | 東京 | Trackback | Comments(0)

福井(敦賀市):カフェ茶屋 珈夢 (カム)

b0089578_11393738.jpg
敦賀での目的地の1つ、比神宮に向う前にちょっと休憩タイム。
インターを降りて北陸本線を越えて海側に向かうと、何ともレトロな建て構えのカフェがある、カフェ茶屋 珈夢(カム)

築100年の家屋を改装した店舗で昭和23年に日本茶の専門店から始まり、創業65年以上の歴史があり、
日本茶・珈琲・紅茶の専門店としての販売部門、自家製デザートなどが味わえる茶屋部門、2階にはギャラリーもあります。
b0089578_11394168.jpg
入り口すぐの大きな土間の空間は販売コーナーと喫煙テーブル。
自家焙煎コーヒー、自家農園日本茶、ハーブティー、コーヒーカップなど器に至るまで所狭しと陳列されている。
b0089578_11394881.jpg
土間から一段上がってお庭が眺められるお座敷で、座布団に座ってのんびりまったり。
冷たい麦茶が出され、おばあちゃんの家に遊びにきたみたいにくつろげる。

夏季限定のオリジナルフラッペ、パフェ、ケーキ、自家製ゼリー、プリンなどデザート気分な時にぴったりな品揃え。
他にはくずもちや和菓子付の日本茶セットなど和テイストなスイーツなどメニュー多し。
b0089578_11395267.jpg
・珈琲バナーヌ
バナナジュースと自家製珈琲アイスをミックスしたバナーヌ。
上にはバナナなどのフルーツと生クリームがトッピング。
b0089578_11395771.jpg
・なないろ杏仁
杏仁プリンを真ん中にして、珈琲ゼリー、抹茶ゼリー、紅茶ゼリー、フルーツが取り囲んでいる。
珈琲や抹茶は結構苦めなのでフルーツの甘さが丁度よい、あれこれ食べたい欲張りメニュー。
飲んでいるのは自家焙煎の珈夢ブレンド、やや酸味を感じるさっぱりとしたもの。

落ち着いた照明と新しい家にはない特別な雰囲気が何とも癒されるカフェでした。
b0089578_11400249.jpg
目的地である氣比神宮、社殿は空襲で焼失したが、佐渡島から漂着したムロで建立したと伝わる大鳥居は、
木造としては「広島・厳島神社」「奈良・春日大社」と並ぶ「日本三大木造大鳥居」の1つで国の重要文化財に指定されている。

そう、その大鳥居を観るのが目的だったのに、ごらんの通り改修工事中でガーン!
去年の秋から工事が始まっているとのこと、他県よりは近いけど滅多に来れる場所じゃないのでこれは残念。
b0089578_11400745.jpg
とりあえず中鳥居をパチリ、奥には外拝殿。
b0089578_11401132.jpg
敦賀湾を海岸沿いを通って石川方面へと進みながら海の景色を堪能、しかしすっきりしない曇り空。
湾の向い側は無人島の「水島」が重なってみえる、ここも一度は行きたい魅力的なビーチです。

海岸ロードをドライブするのは楽しかったが、越前辺りまで来るともう海もいいかなって位な気分になってくる。
でも、街の方へ抜けれる道がなかなかなくて結局福井市まで行ってしまった。
この日は潮風を満喫する為のドライブだった、それに尽きる!もう少し天気が良ければ最高でした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-08-26 23:09 | 福井 | Trackback | Comments(0)

金沢(安江町):カフェ 安江町ジャルダン

b0089578_16171693.jpg
唸るような蝉の鳴き声が遠くから聞こえてきて、熱い空気が身体にまとわりついていた真夏の日。
とある人と待ち合わせて、金沢駅前別院通り商店街の通りの横道を入るとあるカフェ 安江町ジャルダン

この通りにコインパーキングが2箇所あり、別の用事を済ます為に利用するのでお店の前はたまに通っていました。
商店街だけを通っていたら見落としてしまう隠れ家的な位置。

町家をリノベーションした複合施設「Machiya5」の入口には雑貨店があって、細長く続く通路の奥にお店があります。

b0089578_16172200.jpg
表からお店の入口まで奥へ奥へとこれだけの距離。
中庭が眺められるカウンターでも食事が出来るそうですが、冷房は効いていなかったので涼しい店内へ。
b0089578_16172907.jpg
高い天井から吊り下げられた灯りは淡く温かく、外から自然な光が窓を通して沢山入ってくる。
外が明るい分、室内はトーンを落とした落ち着いた印象で居心地がとても良い空間。
b0089578_16173581.jpg
ここの名物の厚焼きパンケーキや、ドライカレー、加賀蓮根やズッキーニ入りの海老ドリアなど
フードメニューが充実しているのは分かってはいるが、今回は事情によりドリンクだけ。

今度お昼時にゆっくり立ち寄ってみよう、暑い日に喉が欲しがる冷たいドリンク、アイスオレ。
b0089578_16174199.jpg
同行者が飲んでいたのは季節のおススメ、国産レモンスカッシュ
b0089578_16174711.jpg
真夏の明るい日の外の光と店内の影とのコントラスト。
冬や雨の日でまた穏やかに表情が変わっていくのでしょう、豊かな気持ちにさせてくれるそんな素敵なカフェでした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-08-22 23:22 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(金沢駅):J.S. PANCAKE CAFE 金沢百番街Rinto店 「スープカリーのパンケーキ」

b0089578_16071648.jpg
そろそろ秋物の座布団・クッションカバーが欲しいと思って金沢フォーラスの無印良品へ。

金沢ベイ店よりもフォーラス店の方が自宅から近いけど、
何せここはフォーラスの立体駐車場へ入る→5Fへの移動と精神的なハードルが何段階かあって、
よし、これ買うぞ!という目的がないと中々足が向かないのです。

ネットストアでもヘアケア用品を購入したりしてるのですが、
カバー類は実際に質感を手にとって見ないと気に入るか分からないので、行ってまとめて買ってきました。

その足で金沢百番街のカルディでタイ料理の調味料を買いに行った後のランチは、J.S. PANCAKE CAFE 金沢百番街Rinto店
アパレルブランド「ジャーナル・スタンダード」が提案するパンケーキショップ。

2年ほど前にミールパンケーキを食べに行ったきりだったのですが、
今年の6月1日からグランドメニューが新しくなったそうで、生地を変更し食事系のパンケーキを拡充。
どうりで見慣れないメニューが幾つかあると思った。

スイーツパンケーキはおやつ時だけど、ミールパンケーキはやはりランチ時に食べたいもの。
オープンサンド、エッグベネディクトなどパンケーキ以外のメニューが増えている。

・スープカリーのパンケーキ
スープカレーにパンケーキ、ナンとかチャパティがあるならパンケーキがあっても変ではない、珍しいけど。
パンケーキは全粒粉入りで薄くみえるけど中はふわっとして、しっとりしてもちっと。
そのまま食べても生地にほんのり甘みがあって美味しくいただける。

カレーはココナッツミルクが全面的に出てマイルドながらスパイスが後から押してくるさらっとしたスープ状。
かぼちゃ、茄子、ズッキーニ、パプリカはグリルでお肉はチキンが入っていました。

スープカリーにパンケーキを浸して食べると・・パンケーキがカレー味に・・ってそのままじゃ!
パンケーキそのままの味を楽しむなら別々に食べるのがいいかな。
カレーはスープとして飲めるので(まさに飲み物)

ランチタイムはドリンク付きで写真には写ってないけどジンジャーエール飲んでます。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-08-21 23:47 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(寺町): TASTE & SCENT(テイスト&セント)「T&S日替わりランチ」 oishii

b0089578_11311402.jpg
お盆休みのとある日、身体が喜ぶベジランチを食べようと寺町のTASTE & SCENT(テイスト&セント)へ。

ここの定休日は日・月曜日なので、日曜がお休みの夫とは中々一緒に行けなかったのですが、
お盆休みの間なら日曜以外で行ける!というチャンスを逃さず。

寺町の蛤坂交差点から妙立寺(忍者寺)に向かう様に道を入ってすぐ左側にあります。
お店の向かい側の駐車場に車3台停められますよ(ruaが目印)

・T&S日替わりランチ
塩レモンとひじきの玄米ごはん
白ゴーヤと人参のなます
紫キャベツのライムマリネ
ささげのオムレツ
ディル入り葉物サラダ

ささげはインゲンに似たさやの長さが30~50cmと長いマメ科の植物。
さり気なくハーブが使われていていつも美味しいのですが、特に紫キャベツのライムマリネが随一。
ライムでマリネしているからか、香りや酸味が穏やかで柔らか。
b0089578_11313054.jpg
ランチはスープセットにして、本日はカボチャのスープ
サラサラとろっとしたスープはほんのりスパイスの香りがしたかな...
b0089578_11313696.jpg
・スムージー
スピルリナデトックス
マンゴー&ココナッツ

スムージー全制覇を目指している私は夏メニューであるマンゴー&ココナッツ。
とろりとしたスムージーにマンゴー好きならぐいぐいストローを吸引する力を惜しまない。

スピルリナデトックスはビタミン、ミネラルなど栄養素が豊富に含まれているスーパーフード。
アボカドの人参のミックスで栄養たっぷりパワーチャージ。
b0089578_11314107.jpg
・レモンとラベンダーのケーキ
食後のデザート、私が食べていたハーブ農園ペザンさんのラベンダーを使ったケーキ。
ドライラベンダーを上からのせて、ほのかに香るラベンダーとレモンの爽やかな味わい。
b0089578_11315077.jpg
・ホワイトチョコとブルーベリーのブラウニー
b0089578_11315509.jpg
私はランチの利用が多いですが、コーヒーやハーブティー、シェイク、ビールやモヒートなどのアルコール類もあり、
日中にまったりと時間を過ごせるカフェとしても使い勝手がよいですよ。

さらに詳しい説明を書いた記事はこちらで

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-08-19 23:22 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)