タグ:イベント ( 61 ) タグの人気記事

石川(河北郡津幡町):河合谷・大滝流しそうめん

b0089578_15555986.jpg
「この夏に1度は流しそうめん食べに行きたいよなぁ」
初夏に突入しようかという時節に彼氏が呟いたこの1言。
特に場所も指定せず、単に竹の間を流れるそうめんの爽涼感を味わいたかったのだと思う。

そんな一言、見のがしません!食うまでは!と、私の方で自動的にインプット。
7月下旬の日曜日、しっかり下調べした自分から「流しそうめん、あるよ行こう~」のお誘い。

場所は津幡町の山林の中、富山県とのほぼ県境にて期間限定の「河合谷・大滝流しそうめん」
〒929-0303 石川県河北郡津幡町字牛首(木窪)地内

オープン期間:7月20日〜8月31日
営業時間:午前10寺〜午後4時(8月15日及び雨天の日は休業)、駐車場あり(無料)
大滝観光:076-287-1215(開催期間中)076-287-1205(期間外)

アクセスはURL先に細かい指示が書かれているので、興味のある方はそこを読んでもらうとして、
興味があったにも関わらず細かい指示を読んでいなかった私、
しっかり下調べしたというのはいつもの適当なハッタリ・・・8号線を通って富山方面から侵入。
途中道を迷いながら、喧嘩勃発しながら、富山の県境を越えてようやく到着。
近くまで行くと幾つも看板が建っているので分かりやすい。

砂利の駐車場に停めて、人が向かう方向に流れて歩いていくと大滝が見えてきた!
富山県沢川に源を発する木窪川からの津幡最大の滝、「木窪大滝」。

木立の中に陽が射す中、滝流の響きと共に水しぶきが辺りの空気を冷やして気持ち良い。
滝壺からやや下の岸辺エリアで、子供たちが沢山水遊びをしていました。
b0089578_15565349.jpg
そして大滝の前に立つ東屋(あずまや)、ふりむけば東屋。
上が流しそうめん、下が焼きいわな、焼きしいたけ、ドリンクなどの販売。

オープン仕立てだったこともあるのか、とにかくすごい待ち。
15分間隔ですが、片付け等の時間を合わせると20~25分。
4回転ほどした後の~待望の流しそうめんは、合計するとかなりの待ち時間。
b0089578_15565250.jpg
東屋の横の建物の2階から素麺が流されるらしく、筒が建物を行き渡っている。
流しそうめんは15分で500円、短いような必死で15分食べれば十分な様な。
まずは体験してみるべし!

下の小さな窓口が、素麺の受付でお金を払ってナンバーが書いた紙を渡される。
当分、後回しな私たち、とりあえず流し素麺が流れてくるところが見たい。
b0089578_1557748.jpg
しばらくして水の流れと共に素麺キターーーーッ!!
実は流しそうめんバージンなので、押し寄せる波動砲チックな素麺の波にちょっと感動。
b0089578_15575442.jpg
一歩下がって、流しそうめんプレミア席で食べるおじさんの様子を伺う。
うーん、いいねぇ~風流で忙しくも美味しそう、お腹がすいているのではよ食べたい。

しかもこの席、立ち席だが一番風呂ならぬ一番そうめんが食べられる良き場所。
さらに前列は座って食べることが出来る二段構え、出来ればこの辺りで食べたい。
だが・・・このプレミア席ゲットは容易ではないことをすぐに知ることとなる。

このおじさんがいる辺りが正面が滝、そうめんも一番ということは皆分かっており、
次の札を持った人たちが自然と並び始める、狙うは座席の争奪戦。

流しそうめん終了の合図と共に、立ち上がって出て行くお客さん。
それと同時に次の場所取り的な不穏な空気が一瞬流れるも、
「今から片付けに入りますので、中には入らないでください!」
間髪いれずに大滝に響き渡るスピーカーからの大放送。

続いて、「合図があるまで中には入らないでください!」、ざわ、ざわ・・・
風流ぶち壊し~~ですが、これがないと片付け中に入り乱れて収拾つかないだろうな。
b0089578_15591920.jpg
最後尾までそうめんが流れついているか、入念にチェックすることを怠らない彼氏。

最後尾に座る可能性もなきにしもあらず、ちゃんと素麺は行き渡っていたそうです。
b0089578_1559972.jpg
しばらくの待ち時間の間に食べた焼きイワナ(500円)
素朴で淡白な岩魚は、景色のお陰で美味しく感じる~五感の相乗効果!
近くに原木しいたけ栽培をしている場所もあってか、焼き椎茸(300円)もあったが売り切れ。
b0089578_160544.jpg
やっとアナウンスで持ち札のナンバーが呼ばれ、プレミア席エリアにさりげなく待機。
バーゲン初日のデパート開店の雰囲気に似てるかも・・・・・ドアが開いたと同時に誰かが走りだしたら全員が走り出して止まらなくて、「危ないから走らないでください!」の叫び声があちこちであがるアレ、そこまで殺伐としてないが。←まるで当事者だったような書き方

食べ終わった食器を片付けて、おばちゃんが次の汁と薬味セットを持ってくる。
彼氏は素麺セット、私は場所取りと目と目で通じ合う、役割分担。

一斉にうわ~っと散らばって、かろうじて滝が見えて座れる場所をゲット!
こういう時すばやいのは子供たち、出来ないわけじゃないがやるとただの迷惑おばちゃん化。

つゆの他、薬味は山葵、ネギ、生姜でお代わりはなし。
b0089578_160505.jpg
いよいよ素麺が流れてきて、それをすくってデジカメで写真を・・・なんて心の余裕は全くなし!
15分間でどれだけ食べれるかの挑戦ッ、景色は風流だが食べ方は逆行。

したたっている水を切って素麺をつゆにつけて食べるっ、冷たくてんまいねっ!
流れてくる素麺をすくっては食べすくっては食べ、その間にスピーカーで大アナウンス。

「後ろの人にもそうめんを流してください!!」

皆の行動が見えているのか!?自分が食べている間にも素麺はどんどん流れていく。
「隣のおばちゃんがダムのように大量にせき止めておったー」(彼氏談)
この秩序ある大音量のアナウンス、滝とのアンバランスで何故か受ける。

15分間一生懸命食べて、最後の方はかなりお腹が膨れてきた。
プチイベント感覚も味わえるし500円は妥当なところ。
ただし、素麺の水を切ってはいてもつゆは薄まってくる、薬味のお代わりはないで最後は物足りなくなる。
b0089578_1621763.jpg
帰り際、やや下流ポイントで見かけた「岩魚のつかみどり体験」。
有料でつかみどりした岩魚を塩焼きにしてもらえるみたい、子供たち大はしゃぎ。

知り合いに毎年ここに来ている人がいて、流しそうめんは気合いれてたべれるわ、
子供たちも水遊びで遊べるわ(本人:おっさんも一緒になって泳ぐらしい)、
秋は紅葉も綺麗だしおすすめのスポットなのだそう、うーん初めてだけど良い場所だった。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-08-20 06:25 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(4)

「おいしいっ」をシェアしよう、スカタン家で「持ってけ泥棒!茶会」

b0089578_16484838.jpg
5月19日は東山の宇多須神社前「エッフェ」さんというカフェで開催された、
「おいしいっ」をシェアしようというイベントに行ってきました。
happy-famさんのblogで紹介してきた美味しいものを販売する1日だけのショップ。

日曜は大抵ゆっくり目覚めた後に軽く朝ごはん、その後にコーヒーを沸かしてまったり、
と過ごしているが、こんなイベントは早めに行かないと売り切れ続出。

10時に到着するようにたらたら徒歩で向かうとすでに行列、わしはまだまだ甘い!
整理券あるよ、はい整理券(と書くとダフ屋の様)とばかりにお店の前に置かれた整理券に気づいて、1枚取って列に並ぶ・・・その後に来るわ来るわ、見知った顔ばかり!

お店の中も狭いので10人づつ入場するという形、それでも満員電車に近い混み様。
私の食欲のアンテナにまかせた購買意欲で、あれこれあっという間にお買い上げ。

ゆっくりと珈琲も飲みたかったけど、その後に控える用事てんこ盛りイベントウーマンディ。
友人に別れを告げ競歩のごとく早歩きで、月天心さんに立ち寄り後、帰宅。
b0089578_16484148.jpg
朝昼兼用の早めご飯、青椒肉絲丼(チンジャオロース丼)、なめこのお味噌汁

ピーマン、たけのこ水煮、牛肉じゃなく鶏むね肉を細切りにした、丼ものは楽チン。
そう安いお肉でもいいんです!川平慈英もご推薦
b0089578_16485770.jpg
イベントで購入したNIGINIGIさんの「酵素玄米の五色結び」
ごま塩、とろろ昆布、黒糖きなこ、大葉みそ、しその粉、きゅうりの塩麹漬け
玄米おはぎなので小さいけれど腹持ちがいい、大葉味噌と黒糖きなこが特に好きだった。

14時からスカタン家でお茶会予定だったので、ご飯食べて、即行でお墓参りに行って、
トイレ掃除して・・とあれはしたか?あれは?とやらなくてはいけない事が頭の中でかけ巡る。
b0089578_1650040.jpg
いつも飲み会だ、イベントだ、酔っ払いだと迷惑お世話かけてる割烹・勝一ののりさん、
このたび独立し、せせらぎ通りで和・小皿料理「金澤もんよう」をオープンすることになりました。

アート&クラフト系居酒屋ということで、大好きな仏像を飾るそうで趣味はいりまくり。
早くもアートzaマーケットの時にフライヤーを貰ったのだが、
「フライヤーセンス悪ッ!」と毒舌吐きまくりの気のいい友人のアドヴァイスもあって、その後直しに入る。

そして私と言えば、ただ今実家の断舎離に夢中な恐怖のバタリアンならぬダンシャリアン!
仏像グッズやら、九谷焼きの器、花器、壺などが山ほどあって処分に困ってる状態。
もしよかったらお店の装飾や器とかに使えるかもだから、見に来ない?とお誘い。

と言うわけで、どれでも差し上げます、「持ってけ泥棒!茶会」を開催。
のりさん一家はもちろん他友人たちも何人か集まって、一応茶会なのでまず珈琲で乾杯。
b0089578_1650266.jpg
月天心さんの「レモン時雨」、「黒くず」、つづらの和菓子さんの「くるみゆべし」、「みなつき」、
しおやさんの「米はな」、「米粉のフルーツバターけいく」、古川商店さんのシナモンクッキー、
まっちんさんの「大地のかりんとう」「おいも泥棒」「うのはな日和」
頂き物のHORITAさんのプチシュー、何故か天狗中田の焼き豚(女王への献上物)

先ほどのイベントのお菓子などを囲みながら、無駄口たたきながら、器を物色しながら。
九谷焼には目もくれなかったのに、サークルKサンクスで貰ったムーミンの未使用の器に飛びついた人がいたことをここに記しておく。
b0089578_1428696.jpg

仏像グッズ、器等を吟味していたのりさん、「じゃ、これもらっていくわ~」と
抱えていた中のある作品に目がとまる。
「ちょ、ちょっと待ったぁーーー!!これはダメッ!!!」

「え!?これダメなん?プリミティブな魅力したたる焼きものなのに」

確かに一風変わった魅力をかもし出すこいつは、私の中学三年の時に美術の授業で作った作品なのだ。

人の顔をかたどった口の部分にはボールペンなどを差し込む、これはペン立て。
ちゃんと斜めになっているので取り出し易い工夫もしているつもり、気持ち悪いことを除いては。

周囲の女子は普通のペン立てにお花の飾りを付けた作品が多い中、私のだけやけにシュール。

思えば子供の頃からストレンジラブでした。

それにしても装飾の綺麗な大皿を眺めていたと思っていたら、
こんな変な作品に目が留まるとは、お目が高いじゃないか!←どっちだよ
b0089578_14282865.jpg
浅蔵五十吉氏の作品と対峙させても遜色ない模様(こらー!)
実際応接間の同じ場所に並ばせて飾ってる、まぁ思い出の作品だし自宅なんで。

それぞれが気に入った器を手にしてお茶会終了!棚の奥に鎮座しているよりも
お店で使っていただいた方が器も喜ぶと思うので、皆様処分のご協力ありがとうございました。

自分はそんなに写真を撮っていなかったので、こちらでも↓

割烹勝一「今日も旨いもの」の記事「持ってけ泥棒!茶会」

[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-05-30 06:23 | イベント | Trackback | Comments(0)

予告:新竪町商店街「しんたてコーヒー大作戦」

b0089578_13565352.jpg

5/26(日)10~17時、金沢市の新竪町商店街にて
コーヒーをテーマにしたイベント、「しんたてコーヒー大作戦」が開催されます。
公式Facebook:http://www.facebook.com/coffeedaisakusen

「コーヒー」をテーマにした各店舗の商品販売や、
県内外から招待するコーヒーショップの飲み比べ、豆の販売など色々。
b0089578_135821.jpg
八百屋松田久直商店もこのイベントに参加します。
商店街の入り口右側、R不動産前にある松田久直商店の倉庫内のブースにて参戦!

・八百屋のフルーツ等を使用したバタークリームカップケーキ
・広島産無農薬レモンを使用したレモンコンフィ(塩レモン)
・自家製ジャム

などを販売いたします。

画像のカップケーキはレモンバタークリーム、広島県産無農薬レモン&生地には豆乳を使用したカップケーキ。
小ぶりなので直接お手持ちで食べたりも出来る、お腹が膨らみすぎない程度の大きさ。
b0089578_13574255.jpg
レモンコンフィは別名ブリザーブドレモン、シトロンコンフィと呼ばれる塩漬けレモン。
広島県産の無農薬レモンを1ヶ月漬け込んでペースト状にしました。
レモン香る塩として調味料としてご使用になれます。

私は鶏肉を使ったレモンタジン、魚介などを入れた炊き込みご飯にちょこっと入れるとレモンの香りがとても爽やかで合います。他にも煮物、炒め物にも色々組み合わせは可能。

お手伝い要員として販売員はスカタン女王が担当ですので、ぜひ遊びに来てください。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-05-23 12:42 | イベント | Trackback | Comments(2)

埼玉(さいたま市):さいたまスーパーアリーナでMUSEのライブ2日目

b0089578_14402720.jpg
東京ライブストーリー2日目の夜は、さいたまスーパーアリーナでMUSEのライブ!
って、前日行ってなかったかい!2日間連続で埼玉入りのMUSE狂想曲。
MUSEのライブを観るのはこれで4回目なので、スティングの3回目を抜き1番に躍り出たわ。

座席の位置は前日と同じくスタンド席で、ややステージ寄りの一番前。
一番前は前の人が立って見えなくなる心配もないので、連鎖反応スタンディングしなくてもいいので、年寄りにはとっても楽。もちろん盛り上がりの時には暴れ太鼓になる所存だが。

前日は埋まっていなかったバックスタンドに人が入ってる、あそこの位置からだと点かもしれないが、それでもライブが観れないよりはマシだろう。
b0089578_1440433.jpg
1日目のライブを書いちゃっているので、ここではちょっと感想だけ。
最近のアルバムの傾向は割りと地味目だが、ライブでは躍動感溢れるマシューのアグレッシヴなギターと演奏、そして静と動が調和したステージの完成度は益々磨きがかかっている、MUSEはライブの方が絶対いい。
ラストの曲は日替わりルーレットで決まるのだが、前日が「Stockholm Syndrome」で、この日は「New Born」、どちらも良い曲なので2曲とも聴けて良かった。

フジロック2007の時の様なギター破壊したりピアノを倒したりというご乱交ももはやなしで、
もはや熟年バンドの域、ちと寂しい気もするけどバンドとしてのスケール感はストップ高だもんね。

で、「See You Next SUMMER SONIC!」来るんです、今年のサマソニにMUSEが!
でも、自分の中でのMUSEは前よりもちょっぴり熱量が下がっている気がする。
もちろんMUSE観たいけど、それよりも絶対に行きたいライブがあるので、色々と事情が立て込んでて2つも行けない気がする。

それはフジロックのThe Cure!私が好きなバンドのNo.1なので死ぬ前にいっとかないと、これは(ビョークも観たい)、というか単独公演来てくださいな。
まだチケット申し込みしていないが、多分誰も付き合ってくれなさげなので多分1人。

MUSE 「LIVE IN JAPAN 2013」セットリスト(2013.01.12)

1.The 2nd Law: Unsustainable
2.Supremacy
3.Interlude
4.Hysteria
5.Panic Station
6.Bliss
7.Supermassive Black Hole
8.Animals
9.Knights of Cydonia (Man with a Harmonica intro)
10.Monty Jam
11.Explorers
12.Sunburn
13.Time Is Running Out
14.Liquid State
15.Madness
16.Follow Me
17.Undisclosed Desires
18.Plug In Baby
19.New Born (Deftones' Headup outro)

Encore:
20.The 2nd Law: Isolated System
21.Uprising (Extended outro)

Encore 2
22.Starlight
23.Survival
[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-04-23 12:38 | 埼玉 | Trackback | Comments(0)

埼玉(さいたま市):さいたまスーパーアリーナでMUSEのライブ

b0089578_1549973.jpg
今回、エリソンさんとの東京襲撃の目的は、さいたまスーパーアリーナでのMUSEのライブ。
今まで私の観たMUSEのライブは、フジロック2回だが、単独公演はお初!
目的のアーティストが微妙に異なる音楽フェスとは違い、会場全体がMUSE目的だから雰囲気も今まで観たものと違うだろうな~と期待をもっておりました。

会場がある「さいたま新都心」に降り立つのも初で、上野からJR宇都宮・高崎線も初ものづくし。
成増の友人宅で宿泊したことはあれど、埼玉自身に行くのも珍しいのです。

早めの到着したのでスーパーアリーナに隣接する「けやきひろば」1Fのスタバに向かうと、同じ思考を持った人が百人強はいると思われる・・・とても入れない。結局、粘って目ざとく席を見つけて休めたけど。
b0089578_15492444.jpg
もちろん、ツアーグッズ販売も見逃せない、30分は待ったかな長い列も我慢の子、
「The 2nd Law」ジャケのデザインはTシャツにすると何か自分の好みじゃないんだよな、とブツブツ列に流されながら考察した結果、BのMUSEのロゴが入った普通のデザインのTシャツに。

サイズも試着できるわけじゃないので、その場の判断で選ばなきゃいけないのが難しい。
メンズサイズなのでXSで選んでちょっとビクビクだったが、大丈夫でした。
以前フェスで購入したレディースSサイズのCUREのTシャツが、くびれ部分が細くてなかなか着れない困ったちゃんTシャツだったので、メンズ展開は意外と余裕があって選びやすいかも。
b0089578_15494913.jpg
「MUSE・さいたまスーパーアリーナ・2013年1月11日」の看板の前で記念にパチリ。
ライブ終了後には、この看板前が人だかり記念撮影会の渦になっていたので、ライブ前に撮影するのがおススメ。
b0089578_1550742.jpg
座席の位置は、スタンド席ながらステージに近く前の方だったのでとても観やすい。
アリーナで立ち見するエネルギー今回はありませんでした、その後に飲み会も控えておるし。

さて、ライブはリリースされた「The 2nd Law」の曲を中心に構成されたセット、
デビュー以降、どんどん壮大なイメージになっているMUSE(クイーン化!?)。
大掛かりな逆ピラミッド型のディスプレイがPVやメンバーの演奏を映したり、
ピラミッド型全体の形が変わったりと演出がとてもド派手。
「Exogenesis: Symphony, Part 3: Redemption」のイントロが始まると
スクリーンに鉄拳の「振り子」のパラパラ漫画のPVが流されて、荘厳で感動的な雰囲気。

色んな人がライブレポート書いているので、そこまで細かくは書かないですが、
相変わらず演奏の質が高くてマシューの声もますます伸びているMUSE。
MUSEアートが織り成す美しい映像と音楽&激しさが交互に演出されてましたね。

「Time Is Running Out 」では、途中からマシューが観客席に降りて、
観客と握手をしながら歩き回るという、演歌の花道ならぬ、MUSEの花道!
観客にとってはとても有難いパフォーマンス、だがMUSEのパフォは笑えるんだな、何故か。

マシューのギター演奏しながら走って、膝ついてズザーーッと床をすべるパフォーマンスにも受け。
摩擦熱でパンツの膝部分が燃え尽きちゃわないか、心配しちゃうわ!

普通ライブでの撮影は基本どんな形でも禁止だが、MUSEライブは「プロカメラ撮影禁止」。
皆、携帯で写真撮ろうが何も言われず、MUSEの俺らは世界レベルバンド、そんなちっちゃい事気にしねぇっ!的な大きな器を感じたぞ。YouTubeにも沢山あがってました、まぁ、携帯で撮影しても大した動画じゃないしね、むしろそのライブの雰囲気感が伝わって良いのかも。

私の好きな曲は「Knights of Cydonia」、「Plug In Baby」、「Stockholm Syndrome」と激しいギターのアップテンポなものばかりなのですが、全体的に観てより落ち着いたMUSEの圧倒的なステージだったよなぁ。

MUSE 「LIVE IN JAPAN 2013」セットリスト(2013.01.11)

01. The 2nd Law: Unsustainable
02. Supremacy
03. Map of the Problematique
04. Panic Station
05. Resistance
06. Supermassive Black Hole
07. Animals
08. Knights of Cydonia (Man with a Harmonica intro)
09. Monty Jam
10. Explorers
11. Exogenesis: Symphony, Part 3: Redemption (Live premiere)
12. Time Is Running Out
13. Liquid State
14. Madness
15. Follow Me
16. Undisclosed Desires
17. Plug In Baby
18. Stockholm Syndrome (Rage Against the Machine's Freedom outro)
---encore1---
19. The 2nd Law: Isolated System
20. Uprising (Extended outro)
---encore2---
21. Starlight
22. Survival
[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-04-15 06:33 | 埼玉 | Trackback | Comments(0)

金沢(片町):cocochi最中→凱→アンサンブル→ぶどうの木→スパイスボックス/ファーマーズマーケット

b0089578_1635429.jpg
先週の日曜日はこれ以上はない!という怒涛の長い1日だった、その完全記録。

金沢市新竪町商店街では松田久直商店・水曜朝市倉庫にて
「ファーマーズマーケットvol.3 in新竪町商店街」が開催されました。

午前9時~午後4時まで、地元で環境保全型農業を実践する農家さん達による
環境に配慮した農産物や、加工品など、体に優しい食べ物を販売するイベント。

私は午前中だけ松田久直商店のブースのお手伝い要員1号。
早朝から曇り空の怪しい天気、午後は雨まじりでしたが、有難いことに人通り途切れることなく沢山の人がマーケットに来場してくれました。
b0089578_1635198.jpg
開場前に出向き、さっそく商品を陳列していくのだが、自分のセッティングセンスに不安!
ただ並べただけだけでなく、値段表も用意してなかったのでその場でマジックとメモ帳で作ることに・・・前日の準備で何やっとんねん!後、電卓も用意してなかった。

さらに物を配置しただけじゃ何処の店か分からないよね、と八百屋に戻り、
お店の看板であるのれんののれん棒を外し、折りたたんで丸ごとのれんを飾りました。

(ブースで売っていた物リスト)

・自家製の各種ジャム
・自家製のポルチーニ茸のオイル漬け
・ケークサレ
・古川商店さんの冷やしクリームパン(かぼちゃ、さつまいも、能登大納言、栗)
Brooklyn Brine(ブルックリンブライン)のオーガニックピクルス
(きゅうり、ホワイトアスパラ)

このピクルスなんですが、地元ニューヨークで採れたオーガニック野菜を原料に手作りされた
ブルックリンを中心にNY近郊でしか入手できない オーガニックのこだわりピクルス。

きゅうりは、ディルや各種香辛料で漬けこんだピリッとして旨い!
マックのハンバーガーに入っているピクルスの様なちゃんと漬かってる感←他に例ないのか
ホワイトアスパラはスパイスとラベンダーに漬け込んであって、食べるとふわっと
ラベンダーの香りがする不思議なピクルス、これも美味しい。

料理通信に掲載されていたそうで、このマーケットの為にドヤ顔で仕入れたそう。
ホワイトアスパラもいいけど、きゅうりはお酒にかなり合う。
よっしゃ、頑張るぞー!と気合入れて販売しました(現在、少量お店に在庫があるそう)

ほぼブースに張り付き状態で他のお店を周れなかったのが残念だけど、
しおやさんのスイーツや、カレーやブリオッシュ、どら焼きなどを交代時に購入。

友人・知り合いの方々もわざわざ足を運んでもらってありがとうございました!
やきとり笑吉のマスターも来てたらしいけど、私に気付かなかったのが不思議。
ひっつめ髪と帽子の変装姿のせいで分からなかったのかしら。

松田さんと交代するまでの午前中の間だけのお手伝いが無事終了し、
午後からは毎年恒例の「チーム勝一の忘年会」に参加。

環境に配慮した、体に優し~~い、ほっこ~~りしたイベントから、180度うって変わって

体に鞭打つ、ギスギスした、環境に悪影響な酔っ払いのイベントへの突入

宴会は12時から始まっているということで、やや遅れ気味で戦場に向かった。
b0089578_1635384.jpg
一次会はせせらぎ通りを武蔵側に歩き、ひまわりチェーン横にあるcocochi最中 (ココチモナカ)
元・料亭料理長が作る和風創作料理のお店で、1階はカウンター、2階は最大18名まで。
10名以上で貸切もOKとのことで今回の会場は2階でした。

メンバー:のりさんヨシさんなぁさんアブさんアカネちんうたかたさん
エリソンさん、なちぼん、チキータさん、kimさん、スカタン

しかし、新竪町商店街からここまでの道のり、繁華街の端から端なのでなかなか距離があり、
チューハイ1杯分くらいカロリー消費できたのではないか?
当然、乾杯時間からも遅れているので、写真は自分用に取り分けてもらっていたもの。

ニシンの味醂焼き、春菊のカニ味噌あえ、きのこのピッツァ、野菜・魚などの鍋、サラダ

飲み放題付きで5000円、量少なめにって頼んであったそうで、
今からどれだけハシゴするのか武者震いが起きる。
b0089578_1635513.jpg
蓮蒸し、かき揚げ、パンナコッタ
かき揚げはクルミが入っていてめっちゃサクサクで美味しい!

パンナコッタが運ばれてきた時、「なんてコッタ!」と親父ギャグを飛ばしたのはなちぼん。
韓流ならぬ寒流広がる空気に「スカタンちゃんだけは分かってくれると思ったのに!」
浮かんではいたが、それは自分の中では使い古されたギャグだったので無言だったの。
というか、同じギャグが浮かんでいるので同レベルなわけだが。

私の席は窓側の端っこで隣はのりさん、ひっさびさにマジマジと顔を見て、
「のりさん、太った?」の一言が辻斬りのごとく激ショックだったのか、反論浴びせまくり。

「あんた、表現がストレートすぎなんだよ!!」
「もっとリスみたいとかオブラートに包んだ言い方あるだろう!」←ほおぶくろのことかー!
俺は太ってなどいない、ぽっちゃり系だ!の典型的人物である。
b0089578_1636369.jpg
土鍋にたっぷりの茸の炊き込みご飯、これが出汁がしみこんでいてうんまー!
これから2次会がひかえているのにお代わりしてしまった。
残ったご飯はラップでおにぎりにして、後からくる腹ぺこ共orお土産用として作成。

そうそうエリソンさんは海老・蟹含めた甲殻類アレルギーなのだが、
「誰かさんがアレルギーなので、本当はカニのご飯のはずが茸になった!」
と、のりさんが何度もネタにするもんだから皆からブーイング。

このネタ、会場引き回しの上、打ち首獄門シリーズは最後まで続くことになる。
b0089578_16361869.jpg
二次会は柿木畠に移動してカレー・オムライスの凱 (KAI)
今年の5月に加賀からもっきりやの2階に移転オープン。
加賀のお店には行ったことなかったが、カレー博で2度食べたことがあり。

てっきりいきなりカレーかと思ってたら「ほろ酔いセット」なるものがあるらしく、
オードブルがバンバン出てくる、お腹の具合はまだ皆さん序の口なので勢いもバンバン。

チーズ、枝豆、サラミ、フレンチポテト、そしてローストビーフ旨い。
ごま入り豆腐サラダ、みためはエイリアンだがヘルシーでなかなか美味しい。

二次会から参加した人:ナマステさんゆうさん笑酎道楽のマスター、パオちゃん、あつこさん、まゆこさん
b0089578_1640755.jpg
イカと玉ねぎのトマト煮込み

1軒目のカクテル・焼酎飲み放題と異なり、今度は赤白ワイン。
ワインは酔っ払い度数を加速するから危険だな~と知りつつぐいぐい。
b0089578_16402424.jpg
カレーリゾット

キターーーー!!カレー屋に入らずんば、カレーを得ず!お待ちかねのカレー。
ちょっと辛口の欧風カレーの味でどうしよう、スプーンをすくう手が止まらない。
今度改めてカレーを食べにここに来よう。

さて、私はファーマーズマーケット会場に戻って、ピクルスを取りに行くために一時場所を離れる。
三次会はPM17:00開始だそう、ノンストップ宴会に再合流の予定。
b0089578_1640395.jpg
三次会は柿木畠のビストロ・アンサンブル、ちょうど最近食べにいったお店です。
17:30ほど、やや遅れてお店に入ると、急速に出来上がってる団体が1組。

みたところ、パオちゃん、あつこさん、まゆこさん、なぁさん、キムさんが帰宅かな?

サーモンローラード、フランス産鴨の燻製はちみつマリネ、水たことマコモだけのソテー
らしきもののお皿があったので、残り物をマイ皿に移動!

さ~て食べようかと思ったら、白子のムニエルと牡蠣のムニエルが登場!

あっ白子だ!!!マッハな行動で立ち上がり、白子と牡蠣を1つづつ確保すると、
「白子と牡蠣は1皿しかないから、どちらかを選ばなきゃだめなんだよ!」
「えぇ~っ!どっちも食べたいのに」と言いながら、白子を半分に切って返す。

そんな返し方じゃなく1つ返せが正しいが、プチ横暴の始まりは酔っ払いの始まり。
白子とろっとしてるし牡蠣も美味しいし、これはどちらも味わいたいよねぇ
1つがだめなら2皿頼めばいいじゃない(マリーアントワネット調)
b0089578_16405984.jpg
砂肝ソテーヴィネガー風味、ムール貝とハマグリの白ワイン蒸し、自家製タクルス(ピクルス)

前に食べにきた時にこの砂肝が気になっていたので、マイリクエスト。
砂肝がやわらか~くって酸味とコクがあって美味しいです、豚肉が混ざってるのもいい。
ムール貝とハマグリの白ワイン蒸しは素材の風味が生かされて微妙な柔らか加減。
b0089578_16411793.jpg
ホルモンハンバーグ
でたっ!ネック(豚トロ)と大腸・小腸・ミンチのハンバーグ。
香ばしくて臭みもなく歯ごたえが楽しいクセになりそうなハンバーグ。

笑酎道楽のマスターとゆうさん(gallery&kitchenらとぅー)がカウンターに座って、
アンサンブルのシェフと3人、お店の経営者同士で何やら談義している。
酔っ払い談義に付き合わされているのでは?と密かに思っていたことをこっそりここに書いておく。(読まないよね、きっと・・)

途中でのりさんがお店から増援コールがかかり、「こんなに酔ってちゃ仕事にならんよ!」
とブツブツ言いながらもお店に戻る。
その後でパオコちゃんがいきなり登場、Facebookでここの団体民族大移動の画像を
見たらしく、三次会場所を突き止めた。こういう参加者もありです。
b0089578_16415266.jpg
すっかり夜になり、そろそろ〆か!?のコールがかかったが、
「これ以上食べられない!」「休憩モトム!」の胃袋消化タイムの声続々。

ボディーブローのようにじわじわ効いて来る食べ方じゃなく、
ガツガツエンドレスなワンツーラッシュの連続なので、息つく暇がない。

とりあえず、珈琲でも飲んでカフェタイム。
カフェを求めて300メートル、プレーゴ内にあるぶどうの木・片町店
4次会です。

女性陣がカフェに入れば「デザートは別腹脳」が活発化するのは致し方ないこと。
私はモンブランワッフルをいただきました。
b0089578_16421871.jpg
ラストの〆は殆ど胃袋の限界に挑戦な南インド・スリランカ料理のスパイスボックス
5次会です。

最後に残ったのは、のりさん、パオコちゃん、アカネちん、アブさん、ゆうさん、
ナマステさん、エリソンさん、笑酎道楽のマスター、スカタン、大体同じ様な顔ぶれ。

ここで抑え目に注文すればいいのに、それぞれが好き勝手に注文するいつものパターン。

前菜3種盛り合わせ(チキンパコラ、ベジタブルパコラ、ジャガイモのサラダ)
ひよこ豆のカチュンバー(サラダ)、マライティカ(クリームチーズのチキン)
b0089578_16423136.jpg
笑酎道楽のマスターがタンドリーチキンとチーズナン食べなきゃ!と注文。

笑酎道楽のマスターとナマステさん、ゆうさんがインドワインボトルで呑むっ
って、あんたらまだそんなに呑む気か!魔の三角地帯や!
と罵倒されてたけど、結局呑んでたっけ?

ナマステさんは門限をとうに越え、バス時間を気にしながらの涙の途中帰宅。
帰りにバスでFacebookでカレーを確認しながら未練たらたらだったとか。
b0089578_16424615.jpg
パオコちゃんがタンドリーマトン食べなきゃ!と注文。
(メニューにない品)
画像はないけど、アカネちんがトマトスープと海老の甘いカレーを注文。
b0089578_1643266.jpg
笑酎道楽のマスターが注文したチーズナンもメニューにないけど、
これって他のインド料理屋さんにあるチーズクルチャと一緒じゃない!
注文すれば作ってくれるんだ~いいこと聞いた!!
ナンの間にチーズが挟んであってトロ~リ、めっちゃ旨いです!
b0089578_16431961.jpg
最後に私のリクエストはスパイスボックススペシャル!
笑酎道楽のマスターがそれ何ですか?と質問されたので説明しよう。
この店全てのスパイスを突っ込んだめっちゃスパイシーーーーーなビリヤニ(目玉焼き付き)

人数分に合わせたのかフェルナンドゥーの茶目っ気か、米何合だよ!と突っ込みたくなる大盛り。
もはやエアーズロックスペシャル、辛くめっちゃ旨いけど食べきれませんッ!
半分ほど食べた残りは希望者に翌日のランチ用にとテイクアウト。

その後も各種会話のはしばしに愛のこもった雑言罵倒の数々、
口からエクトプラズム出しているように放心状態だったのにムクッと起きてチキンをもぐもぐ食べだす人など、スパイスボックスの奥の部屋はカオスに包まれること数時間。

終わったのはPM11:30すぎ頃・・・もやや12時間耐久レースの忘年会

さらに帰りにラーメンを食べた人がいたとか、いたとか、いたとか・・
翌日に家族に帰りが遅すぎる!!と怒られた人がいたとか、いたとか・・・
私の方はジムの体重計に乗ったときに恐れていた現実を思い知らされた。

オーガニックのち酔っ払い、時々正気な1日でした。

オワリ
[PR]
by sukatan_queen55 | 2012-11-16 12:36 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(6)

イベント予告:ファーマーズマーケットvol.3

b0089578_1344262.jpg
今週日曜日に新竪町商店街で開催される「金有協ファーマーズマーケットvol.3」のご案内。

日時/2012年11月11日(日) 午前9時~午後4時
会場/新竪町商店街 松田久直商店 水曜朝市倉庫
※新竪町商店街入口ちかく、R不動産前

金沢大地さん主催、地元で環境保全型農業を実践する農家が集まるマーケット。
採れたて新鮮野菜やカラダに優しい食べ物を販売。
イベントの詳しい案内、出店予定者はこちらです

なお、松田久直商店も参加します。
NY・ブルックリン発のオーガニックピクルスを石川県で初めて販売する予定です。
古川商店さんの冷やしクリームパンなど色々。

私は午前中だけお手伝い要員として会場にいます、午後は忘年会なので。

忘年会用の格好しているかもしれません、つっこみは親指グッでお願いします(中指ではなく)
[PR]
by sukatan_queen55 | 2012-11-08 12:44 | イベント | Trackback | Comments(0)

イベント予告:げりらはうすマーケット

(イベントのお知らせ)
9月1日に新竪町商店街の水曜朝市の倉庫で蚤の市を開催いたします。
参加者紹介などはこちらで→「げりらはうすマーケット」

b0089578_11241435.jpg
b0089578_11242315.jpg

[PR]
by sukatan_queen55 | 2012-09-01 16:35 | イベント | Trackback | Comments(0)

京都(長岡京):サントリー京都ビール工場で工場見学

b0089578_16173149.jpg
お腹がくちくなった後は車を長岡京まで走らせ、サントリー京都ビール工場へ。
日本のものづくりの明日を考える、ただドカ食い巡りだけではなく社会科見学も体験。
はったらくおじさん、はったらくおじさん♪←R??才以上

サントリー京都ビール工場では、「ザ・プレミアム・モルツ」の製造工程にそって、
工場スタッフが工場内を案内し、こだわりのビールづくりを解説してくれる。
製造工程見学後はビールの試飲・参加費は無料
知識を得られるだけじゃなく試飲も出来るとはナイス見学!だが、ここで問題勃発。
誰がこの後運転するのか、アルコールに飢えたドランカー達よ。

私はビールが飲めるけどどちらかというと苦手なのでドライバー出来たらいいのだが、
高速の福井敦賀辺りがどーしても駄目で運転出来ない。
夜ご飯のアルコールの事も考えて、酒弱体質のBOWちゃんが涙のハンドルキーパー決定。
b0089578_16175229.jpg
見学は事前にインターネットか電話で予約し、製造過程を団体で見学する。
車で来場出来ない人は工場まで「長岡天満宮」、「阪急長岡天神駅」、「JR長岡京駅」から無料シャトルバスが運行されているのでそちらを利用すれば便利。

ビールづくりはまずは素材選びからという説明から、実際に使用されているホップのサンプルが回ってきて香りを嗅がさせてもらった。
それにしてもこの部屋は麦汁を作る仕込み釜があるのですごく暑い。
b0089578_16181324.jpg
発酵、貯酒、ろ過の工程を経て缶詰めラインへ。
そして、ごみゼロ活動や、水源を守る活動など工場が取り組んでいる環境活動を説明する環境コーナーまで、「ザ・プレミアム・モルツ」の製造工程と、味わい追求への技師たちのこだわりなどの説明を受けた。
b0089578_16182964.jpg
無料で試飲できる製品は、ザ・プレミアムモルツ、モルツ、オールフリー、ソフトドリンク類。
1人3杯までビールを飲むことが出来る(おつまみ付)。
全てはここにたどり着くまでの製造過程の説明(おい)、何気にテンション上がりまくり。

ビールが苦手苦手と言ってますが、実は今は死滅したと思われるイッキ飲み世代の人なので、
若い頃は飲み会ごとにビールイッキさせられてました。
しかもラガーの瓶とか苦味の強いものが多かった。
酔ってくると途中から水みたいに苦味は感じなくなるのだが。

でもこの知的好奇心を触発する説明を聞いた後のファイナルステージ、
苦手なビールでも出来たてというフレッシュ最強伝説の魅力には敵わない。
だめだったら、なっちゃんを浴びるように飲めばいいのさ。
b0089578_16184167.jpg
出来立てのプレミアムモルツ、
あまりビールを飲まない私でも泡がとってもクリーミーで飲みやすい!

皆がビールを飲む姿を横目に見て地団駄を踏みながらなっちゃんを飲むBOWちゃん。
ハンドルキーパーとしての宿命、せめてビールを飲んでる気分でオールフリーも。

さらに酔っ払いで気分イレブンいい気分な面子らを再び車に乗せて京都街中へと戻る。
さぞかしオラーーーー!な気分だっただろう。
夕飯でうっぷん晴らしてください!

・・・あっ夕飯もハンドルキーパーだから飲めないんだっけ。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2012-07-15 08:47 | 京都 | Trackback | Comments(6)

石川(七尾市能登島):高農園(たかのうえん)

b0089578_1583679.jpg
野菜にまつわるエトセトラな用事に同行した続き、一気に能登島へGO!
行き先は能登島で有機野菜を作る高農園さんでした。
〒926-0224 石川県七尾市能登島百万石町27番3号. TEL 0767-85-2678

金沢出身の高利充さんと鹿児島県出身の奥様が、それぞれ脱サラして能登島に移住。
環境にも体にも優しい農業を目指し、エコ農業や有機JASに取り組んでいる農家さんです。
今では県のエコ農家に指定され、全圃場有機認証を取得。
東京を中心に金沢・大阪・神戸など約120件のレストランに野菜を卸しているそう。
高さんが入植して初めての畑がこの場所だそうです。
b0089578_1585116.jpg
豊かなバジルの葉のアップ
能登島では赤土の土壌が広がっており、赤土特有の粘りの強い土で育つと
栄養価が高く質の良い野菜が育つと評判。
また富山湾内陸のため石川県内でも比較的温暖地で降雪も少なく野菜栽培に適しているのだそう。
b0089578_159995.jpg
車に乗ってまた別の畑へと移動。
ここにはモロヘイヤ、こかぶ、あやめ雪かぶ、ひのな、チーマディラーパなど。

主体として栽培している野菜は根菜類と葉物で、珍しい野菜たちも多く栽培され
季節によって変化していくそうです。水源は全て井戸水。
b0089578_159224.jpg
畑から採り立て小かぶを試食させてもらう、心ウキウキ試食タイム。
皮が柔らかくて肉質が繊細な感じで甘味がありました!美味しい~。
b0089578_1593348.jpg
続いてあやめ雪かぶ、紫色と白色の綺麗なコントラストが特徴の蕪。
口当たりがしっとりとしてほんのりとした辛味がありました。
b0089578_159444.jpg
またまた車で移動して、今度は整然と広がるさつま芋やじゃがいもなど芋畑!
さつま芋は五郎島、鳴門金時、安納芋、その他。
まだまだ全ての畑を見学したわけではないですが、これらの畑たちを現在中心として切り盛りしているのは4人だそうです。実際、収穫・発送だけではなく、レストラン側とのやり取りの対話の積み重ねなど、これらの作業を併行してこなしていくことはとても大変なことだと思います。
b0089578_151048.jpg
高さん「この葉はギリシャでは炒めて食べているらしいです」
「これは何ですか?」
「ダンデライオン」
「たんぽぽ!」
松任谷由美ですね!というある年代しか分からないツッコミは口が裂けても言えず。

炒めたり、茹でてオリーブオイルとレモンかけたりと色んな料理法があるらしい。
試しに葉を食べさせてもらうと、苦い!超苦い!良薬口に苦しか。
ビタミンAの含有量が多くカリウムや鉄などのミネラルも豊富な葉。

私は同行者のおまけだったので、横でお話を聞いているだけだったのですが、
何しろ野菜の事を饒舌に語る時の高さんの表情がずっと笑顔!笑顔!
野菜の専門用語などさっぱりな私にも、やる気パワーに満ち溢れているのがこちらにもどんどん伝わってきました。
こうして情熱と愛情を持って育てられた有機栽培野菜たち、能登島から全国に発信中です!
b0089578_15101661.jpg
実は能登有料を降り、お昼ご飯を食べようと「はた坊」に向かったが臨時休業。
他に場所を探す時間もないので高農園さんへ直行(しかも能登島で迷う)
お話を色々聞いた後、再度失われたランチを求めて、七尾駅方面へ。

ランチ時間はとうに過ぎていたので、営業しているお店があれば有難いと
七尾駅前にあるのと前回転寿司夢市・七尾店に入りました。
中途半端な時間なのか、お客はまばらで回転寿司だが廻っておらず。
でも職人さんに直接握りたてを頂くから関係ないのだが。

地物握りセット:1480円(味噌汁付き)
白海老に甘海老は定番か、穴子がでか~おっ!トロがある。
能登できちんとした廻らない寿司ランチなら、また別店があるが、
ランチ時間以外にフリーで入店し、駅前というアクセスのよさを考えると十分な美味しさでした。

野菜にまつわるエトセトラな1日、おわり
[PR]
by sukatan_queen55 | 2012-07-02 06:25 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)