タグ:お好み焼き・焼きそば ( 4 ) タグの人気記事

石川(白山市鶴来):八尾家(やおや)お好み焼き・焼きそば「トマトと豚のお好み焼き、ネギオコ」

b0089578_14324795.jpg
お1人様は大得意だけれど、テーブルを囲み色んなメニューを分け合いながら賑やかに食べるのも楽しい。

定期的なサイクルで行かないと、食べたい発作が起きまくる鶴来のお好み焼き屋さん、八尾家(やおや)

今回のメンバーは夫と共に繋がりのある人たち、私に「今度八尾家行きましょう」と言ったが100年目。

皆が忘れているようでもいつの間にかの計画打診、計画しさらに運転手も頼むという極悪なアルコール魔女。

さて、何を頼みます?5人でイカ焼きを分けると1口サイズだけど。
漂う躊躇感にここはやはり仕切りましょう!お店のおススメは全て受け入れましょう!

運転手さんはノンアルですが、飲める人たちはビールに
大阪のワイナリーである河内ワイン、柏原ワインのボトルを注文(タコシャンもあります)

・イカ焼き

お好み焼きや焼きそばを焼いている間におつまみ感覚でいただくイカ焼き。
小麦粉の生地にイカが入っててじんわりソース、1口食べると刺激されお腹もグー。
b0089578_14325175.jpg
・八尾家のネギオコ

祝!出される日に行けなくてようやく食べれたメニュー。

たっぷりの九条ネギが入った生地の上に、和牛スジ肉とコンニャクをじっくり煮込んだ「スジコン」
さらに上から九条ネギで挟み込んだネギオコ。

生地にスジコンのお肉から出る旨みが浸透して、九条ネギの清涼感とベストマッチ。
さらに味付けはポン酢マヨネーズというさっぱりしているのにコクがあるという~

さっぱりとこってりが思い切り対戦して和平条約結んだような・・言うことない美味しさ。
b0089578_14325523.jpg
・大きな海老のお好み焼き

こ・・これは・・・海老が1匹丸ごと!?
とにかく海老が大好き!という甲殻類人猿な夫の為に、わざわざ用意していただいたお好み焼き。

もちろん頭は進呈しよう、かつお節たっぷりがまた嬉しい。
大きな海老が贅沢ぅー海老づくしなお好み焼きありがとうございます。
b0089578_14325852.jpg
・八百家のお好み焼き(全部のせ:ネギと玉子)

お初の人もいたのでやはり基本の八百家のお好み焼きは食べないとね。
変化球のお好み焼きもめちゃ美味しいけど、最後に戻るのは基本の八尾家のお好み焼き。

出汁たっぷりの生地についつい美味しさの相乗効果で玉子とネギをのっけてしまうけど、
トッピングせずにシンプルに生地を味わってもみたい。
b0089578_14330927.jpg
・とん平焼き

玉子感たっぷりー豚肉の旨みとソースがギュギュギュ。
これも全員で分けましたが、普通に1人で1本ペロッと食べられます。
b0089578_14331419.jpg
・トマトと豚のお好み焼き

こちらも公式ページで見て食べたかったフォトジェニックなメニュー。

生地の中には豚肉とトマトがごろごろ、そして上にはこのお好み焼き専用のバジルマヨネーズ。
トマトとバジルソースは合うのは分かっていたけど、お好み焼きでのコラボもめっちゃイケる!

新感覚のようでちゃんとバジルが引き立っており、時折中から現れるトマトの風味が爽やか。
これはー超おススメです。
b0089578_14332309.jpg
・トマ玉焼きそば・スジコン入り

いつもの焼きそばにトマトがプラスされた玉子がトッピング。
さらにこの日のスジコンが中に入って、焼きそばのうま味が倍増!!スジコン最強ですね。
b0089578_14332718.jpg
・玉子焼きスペシャル、じゃがいも入り

お客さんが帰り始めて残るは私たちの団体のみだが、まだ終了のゴングは鳴らず。
でも生地がもうなくなちゃったそうで、玉子焼きしか出来なさそうです・・とのこと。
じゃあ、それ食べます!皆で八尾家を食べ尽くそうーースジコンの残りもいただきました。

作ってもらった玉子焼きの中にはじゃがいもが入っていてホコホコとして何気にボリューミー。
b0089578_14333140.jpg
・ホルモン焼き

ホルモン食べます?と聞かれて一番先に声を上げる、2つ返事のホルモンヌ。
うわ~ホルモン食べれるとは思っていなかったので、とっても嬉しいシメホルモン。

今までも十分美味しかったけど、現状に甘んじず常に美味しさのベクトルが上を向いている。
実はこの日から新しい生地になったそうで、出汁の取り方や配合を変えたりと進化するお好み焼き屋さん。

いつも会話が弾む八百家さんですが、この日は特に楽しく美味しい時間を過ごすことができました。

また行きたいな~運転手モトム!

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-06-28 23:33 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

大阪(桃谷):オモニ(お好み焼き)「赤井英和スペシャル」

b0089578_15374950.jpg
日中の用事を済ませてそろそろ夕方に差し掛かる頃、私たちは電車の時間までのギリギリ浪速ハンターと化す!
ここんところ、大阪に来るとにホルモンまみれか立ち飲みかの二択で、オヤジ熟女の経験値が高まり熟成の極み。

JA鶴橋駅で下車して、間違えて近鉄奈良線の乗り換え口に向かうのはいつものこと、
鶴橋駅改札口を出て高架下の韓国商店街の中で、いつもの鮮やかな韓国生地屋さんの店先でなんちゃってヴィトンの靴下を買う。

実はこの商店街に来る度に靴下を買う、モノグラム柄にチェリーの絵が追加されて可愛いだけじゃなくて結構丈夫。
いつもスニーカー丈を買うんだけど、カゴを見るとちょっと長いショートソックスしかない。
「短いのはないの?」
「短いのは夏じゃないと出てけえへん、これでも十分短いで!」
くるぶしよりやや上だから短いっちゃー短いが・・・冬はこれでもいいな、とお土産分も合わせて購入。

さて胃袋の訴えを満たすために駅から歩くこと10分ほど、JR桃谷駅からもかかる時間はほぼ同じと思われるお好み焼きのオモニ
あれっ!あれっ!?なんか店構えが新しくなってるーー!!

2007年に訪れた時はこーんな懐かしい店先で 、店内の様子は撮ってないけど昭和レトロな雰囲気でお座敷に上がって
ところかしこに有名人のサインが貼られてあった。

現在は小奇麗になってカウンターと複数のテーブル席と小上がりがあるスタイル。
夕方の早い時間帯だったので1組しかお客さんがいなかったが、夕食タイムに突入すると満席・行列もいつものことらしい。
b0089578_15375494.jpg
・とん平焼き

まずはお疲れさん!とチューハイでプハッと喉をうるわす。
昭和シェルを彷彿とさせるラインが綺麗なとん平焼き、上にはソースと欠かせないマヨの全体的のまったりとした濃ゆい味。
豚肉にからんだ玉子とソースの香ばしい臭いで食欲が増す、おつまみというにはボリュームがあるけど1人でもペロリと食べられそう。
b0089578_15375824.jpg
・イカ焼きそば

テーブルにある粉カツオと青のりを上からパラパラと。
麺は太めでソースはコク深い味、かけ具合の塩梅が丁度よくお好み焼きに比べて地味な存在だけども何気に旨い。
b0089578_15380139.jpg
・赤井英和スペシャル(なに友)

芸能人が多く訪れる有名店ゆえなのか、注文した我ままメニューが芸能人のそのままの名が付いたメニューがズラリ!
久本雅美、西村和彦、田中康夫、まえだまえだ、など数多くあるが、
昔、好みのタイプに赤井英和を挙げていた自分は迷わず「赤井英和スペシャル」、浪速のロッキー、ワイルド好きだぜぇ~

中身の具はブタ、スジ、イモ、ゲソ天、キムチ、ネギ、玉子内外、とトッピングの多さ半端なしに形もガンコ山盛り。
そんな見た目は野性味溢れる形だけども、1口食べるとキャベツがたっぷりふうわりで生地が美味い。
ブタ、スジの旨味もいいけどゲソ天の濃厚な味わいと、キムチの変化やほこほこしたジャガイモ、味わいがカラフルでうまー。
b0089578_14312800.jpg
焼いていたのは男性でカウンターにちょこんと座っていたのが、オモニ・・前に見たおかあさん。
ドリンクを持ってきてくれた時に少しお話してたらおかあさん特製のキムチを出してきてくれた。
お店で焼いているのは息子さんで、他にも娘さんが支店を経営しているとのこと。
そうかオモニは次世代まで継がれていくのね、足元は少し弱くなったけど何となくおかあさんには安心感が漂っていたように思う。
b0089578_14313629.jpg
シェアしたにしては少ないオモニでの量、当然ハシゴ車回すためにキリのいいところで切り上げ目指せ次の目的地。
さて、桃谷や鶴橋まで来ているのにホルモン食べないのはどーーーなん?と年配のおばちゃんがやってるホルモン屋を目指す。

オモニから桃谷商店街を通り抜ける途中にあるホルモン屋に、胸踊らせ肉湧き立たせてきたのだが、
お店の到着すると入り口のは無情なる「4月からの営業」の張り紙。✳︎この記事は3月末の出来事です。
b0089578_14314223.jpg
お店の前で「何でやーーー!」と叫んでいると、
「美味いからや!!」といきなり返してきたのは、家の前を掃除してた隣の家のおっちゃん。

私の551の保冷バッグを見て「それ天王寺の551かーー?」
「あ、これ入れ物だけ、中にキムチが入ってる」←鶴橋商店街で買ったやつ

「なんや、箱だけか!は〜るばるきたで箱だけ〜〜〜♩」

もし飲み物飲んでたら吹き出してたわ!!大阪のおっちゃんの気さく度どんだけーー!!

そう、ここで私たちはホルモン難民に陥ったのでした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-05-27 23:32 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

石川(白山市鶴来):八尾家(やおや)お好み焼き「女を捨てるカラオケロード・最終章始まりの終わり」

b0089578_14342940.jpg
このところ、積極的にカラオケに突っ走っていますが、去年までは全く行動は起こしていなかった。
だが、そのキッカケになる伏線や、それに付随してアチコチで湧き上がってきた兆候が現在炸裂している訳で。

いつもラテアートを習っているサニーベルコーヒーさんでバックで流れているBGM。
ときにはオーナーである高松さんが自分好みの曲を流してみたり、生徒がリクエストしてみたり、
という事を去年の冬辺りにしていたのですが、その時共通だったのが2人共、岡村靖幸が好きだったこと。

えーっ岡村靖幸好きなんですかぁ~私もですぅ~♪という女子的なトーンの高さは一切なく、
もしカラオケで同じ曲選曲したらデュエットじゃなく別個で歌います!というむしろライバル関係のような空気。

そんな感じでいつの間にか、いつかカラオケ行けたらいいですね、適当に仲間引き込んで(犠牲者)という話が出る。

特に急ぐ必要もなかったので放置してたら流れ流れて年を越し、その間に私の中で眠るカラオケ魂の炎だけが湧き上がり、
岡村靖幸からマキシマムザホルモンへと鞍替えし、何度か別のグループでカラオケ大会にて披露。
その都度にオンナを捨てて捨てて、捨てるたびに強くなるのさ。

そんなカラオケ行動に向こうも触発されたのか、4月にカラオケしましょう!という話がついに。
でもって、何を歌うのか先に教えてくださいとのこと・・え、なんで!?
・・・・なんでも知らない曲だと共感できないだからとか。

共感なんていらないぜ!夏!!
一瞬で過ぎ去った夏のアバンチュールのごとく、そう頭によぎったものの
だから私はいつも場の空気を寒くするのね、変な曲ばかりだから・・・と納得。

それじゃ次は誘うメンバーだ!意外とカラオケしない行かない人も多いんです。
これはもう内輪でまとめるしかない、とラテアートで頻繁にお会いしてるHちゃんとサニーベルのスタッフMっちゃん。

まとまりかけていた某日、私のFBに上がっていた会食シーンを見て「ここで食べてカラオケ行きましょう!」の鶴の一声。
それが鶴来にある大阪の本格的なお好み焼きを食べさせてくれる八尾家(やおや)さん。

長ッ!!!だがこれがここへ来ることになったストーリー。
ここは鶴来の街外れにあるのでアルコール飲むには誰かが運転手にならなければならない。
「え?!運転手してくれないんですか?」「わたしも酒飲みたいです!」ガビーンな流れで、結局スタッフMっちゃんが犠牲者に。

4人を乗せた車は鶴来街道を突き進み川のほとりの八尾家さんへ、駐車場が少ないので乗合いベストです。
案内人としてはまずは基本のお好み焼き、焼きそば、イカ焼き、とんぺい焼きを食べていただきたく注文しました。

・とん平焼き

豚肉をくるんと玉子と生地でくるんだとん平焼きはとろふわ、んーこれ私大好きです。
b0089578_14344225.jpg
・九条ねぎのお好み焼き

何度か公式FBで拝見していた九条ねぎのお好み焼き、この日はちょうど黒板メニューにあり初めて食べました。
キャベツは一切使わず九条ネギが入ったお好み焼きは、ポン酢で味付けられてさっぱり、でもソースのコクもじんわり。
いつものお好み焼きとはまた違ったタイプの九条ネギの清涼感が伝わってくるお好み焼きでした。
b0089578_14344853.jpg
・八尾家のお好み焼き(トッピング:ネギ、玉子)

豚・貝柱・海老入りの定番のお好み焼きにネギと玉子をトッピング。
ふんわりしっとりとした自家製生地に玉子と葱、皆も美味しい!と大感激、連れてきてよかったと思えるひと時。
b0089578_14345593.jpg
・イカ焼き

生地にイカが入った大阪スナック感覚のお好み焼きを待つ間の登竜門。
b0089578_14350094.jpg
・八尾家の焼きそば

基本のちょっと太めの麺に大人味のピリ辛コク旨ソース、お好み焼き食べたら焼きそばも食べたいよねっ
b0089578_14350817.jpg
・八尾辛みそ焼きうどん

何度か食べてる八尾の辛味噌の焼きうどん・焼きそば、今回はうどん。
味噌がソースとはまた違ったコク、これはこれで味があって美味しい。
b0089578_14351356.jpg
・じゃがいもと豚のお好み焼き(ざぶとん)

お好み焼きの上にそば・うどんをのせてネギと生卵をトッピングした通称:ざぶとん(今回はうどん)
見た目のインパクトもさながら卵を崩して黄身のマイルドさがうどんに浸透して、お好み焼きと一緒にいただく豪快さ。

運転手のMっちゃん以外はアルコールだったのですが、オンナ4人で来ていた時の方が酒も食べ物の量も多かった気がする。
オンナの本気の胃袋おそるべし!しかし、定期的に来ていても飽きない美味しさ。

ラストの客だったこともあり、最後は私には付いていけない車の話で盛り上がっていましたが、
これからがさらに本番のカラオケなので後ろ髪ひかれ隊ながらにお店を出ることに。
b0089578_14400644.jpg
鶴来の果てから片町までカラオケをしにきた4人、コートダジュールの割引券を持っていたのですが、
なんと片町コートダジュールが改装中でやってない!あなたを訪ねてここまできたの~って歌みたいにわざわざ来たのに。
でもすぐに気を取り直して、道路を渡ったところにある別のカラオケボックスに入りました。

高松さん:岡村靖幸!とにかく岡ちゃん!古い佐野元春のマニアックな歌、ちょっとませた子供だったんですね。そして大音量な声!
Hちゃん:若者のヒップホップはおばさんはわからねぇーー!でも湘南の風やリップスライムなんかはわかります。
Mちゃん:グローブ、ドリカム、TMネットワーク、懐かしいわ、帰宅してからドリカムのCD探しました。
スカタン:マキシマム・ザ・ホルモン、筋肉少女帯で安定の女捨て曲。高松さんの歌う岡村ちゃんの同曲を歌う。デス声に皆びびる。

突出した個性的な歌い方&曲を歌う2人に、2人が無理やり付き合わせられてる感がありありながら、
ついつい延長を重ねて3時間たっぷり楽しみました。

お互いどぎもを抜かれた抜かされたカラオケでしたが、この日の自分の出来はイマイチ、
それは高松さんも同じだったようで、密かに次回の練習を始めているそうです(お前もだ)。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-05-12 22:34 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(4)

石川(白山市鶴来):八尾家(やおや)お好み焼き・焼きそば oishii

b0089578_09191598.jpg
3月上旬、夫の飲み会でぽっかり空いた穴を埋めるべく、友人たちを招集して鶴来の八尾家(やおや)さんに行ってきました。
大阪は八尾出身の店主さんが、材料にも焼き方にも拘ったほんまもんの大阪のお好み焼きを食べさせてくれる
私の中では定期的に通いたいリストの1軒に加えられているお店。

前回は夫と2人だったため泣く泣く私が運転手を務め、ノンアルの柚子ジンジャーも美味しいんですけど
やはりほろ酔い加減で食べたかったので、今回は運転手を指名して4人で1台の車に乗りあわせての参加。

鶴来の街中メインストリートを過ぎて右に曲がり、河を渡って左の狭い道をどんつきまで進むの灯りが見える分かりにくい場所。
その分かりにくい場所でも連日お客さんが絶えない人気店。
駐車場がそう広くないので団体さんは乗り合わせと電話予約をする事をお勧めします。
b0089578_09191856.jpg
・とん平焼き

安心してお酒がいただけるのが有難い、運転手さんに感謝!私は柚子チューハイで始めます。
真ん中に豚肉、周りは玉子で包まれたとん平焼き、他のお好み焼きと違って玉子の味がダイレクト!豚と玉子って鉄板ね。
20代の頃に梅田の古いお好み焼き屋さんにて、よくとん平焼きを食べていたのを思い出します。
b0089578_09192145.jpg
・いか焼き

いつも団体で来ているので1口しか口に入らないけど、こちらは小麦粉の生地にイカが入ってて大阪ではスナック感覚。
1人で来ることを想像すると、これととん平焼きとお好み焼きと焼きそば・・って食べ過ぎじゃないん。
b0089578_09192598.jpg
・八百家のお好み焼き(ざぶとん)

まずここに来たらスタンダードなお好み焼きが食べたい、それは八百屋のお好み焼き(豚、貝柱、海老入り)
そのお好み焼きの上に、そば・うどんをトッピングしたものが通称「ざぶとん」(ねぎ・玉子付き)

ここの店員さんに「うどんとそばどちらがおススメです?」質問すると、すぐに「うどんです」と間髪入れず。
前回はそばだったので今回はうどんに、上の玉子を崩してネギ周辺にからめさせて4分割。
うどんのソース味もいいもんやね、もちもちして玉子とネギが絡まってんまい。
b0089578_09192836.jpg
・生野のお好み焼き

この日の黒板メニューの1品、豚バラ・キムチ・ゲソ天・玉子・ジャガイモが入ったスペシャル。
生野の名の通り大阪は桃谷のお好み焼き屋さん「オモニ」と親しくて同じメニューがあるんだったかな?詳細に覚えてなくてごめんなさい
「オモニ」と言えば7、8年前に桃谷探索で訪問しましたよ、また行きたいわぁ。
ピリ辛キムチとほこほことした食感のじゃがいもや、ゲソ天のコクなどバラエティーに富んでて美味しかった!
b0089578_09193116.jpg
八尾家に来たら飲みたいのが柏原ワインや河内ワインなどの大阪ワイナリーのワイン。
実は100年以上もの古い歴史を持つ大阪のワイン醸造産業。
こちらはカタシモワイナリーの「河内ワイン」、以前羽曳野市の河内ワイナリーを見学してきたので親しみが湧いてくる。
爽やかでフレッシュな果実味を感じる辛口の白ワインでした。
b0089578_09193563.jpg
・豚骨しょうゆ焼きそば

この日の黒板メニューの1品、ラーメン好きには豚骨しょうゆの文字に注目!なんたってランチパックにも豚骨ラーメンが入る時代。
醤油味でさっぱりしていると思わせといての豚骨のコクな二重奏。
b0089578_09193867.jpg
・八百家のお好み焼き(全部のせ)

定番の豚・貝柱・海老入りお好み焼きにネギと玉子をトッピング。
一度、何ものせないシンプルなお好み焼きも食べてみたいけど、葱も玉子も好物なのでついトッピングカスタマイズしてしまう。
キャベツと自家製の生地が混ざったお好み焼きはふんわりしっとり、ここでの普遍的な美味しさ。
b0089578_09194121.jpg
・八尾辛みそ焼きそば

この日の黒板メニューの1品、こちらもそば・うどんと選択できます・・・で、焼きそばにしてみる。
ピリ辛コクのある味噌が太めのそばに絡んで、こいつは酒がすすむそばかもっ!言われなくてもワイン飲んでます。
b0089578_09194549.jpg
・焼きそば(トッピング:玉子、ネギ)

ラストは基本に戻って定番の焼きそばで相変わらずのトッピング追加、玉子の摂取量・4人で分ければ怖くない。
ソースはやや辛めな大人の味、九条ネギの薬味効果と玉子でややマイルドになって美味しい。

昔、関西の友人が「お好み焼きは自分で育てるのが楽しい」と言っていたけど、
お好み焼き屋の軒数が桁違いで身近にある友人とは違い、関西人でない私は美味しく焼ける自信がない。
一番美味しい焼き加減で提供してくれて食べるお好み焼きは至福ッ!!

材料や具材の切り方や焼き方に拘り、それでも満足することなくあくなき探求と追求を目指す熱~~い店主の岡本さん。
この後、大阪や八尾の話で盛り上がり、止まらんようになってました!
鶴来の奥の奥で食べられる本場の大阪の味、遠くまで食べにくる価値がありますよ。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-03-27 22:07 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)