タグ:お好み焼き・たこ焼き ( 50 ) タグの人気記事

大阪(梅田):はなだこ (たこ焼き) 「たこせん」「たこ焼き」「ねぎマヨ」

b0089578_15130825.jpg
電車の乗車までの待ち時間、オシャンティなお土産を買うよりもラストスパートの買い食いに走る粉ものロード。
駅からあまり離れたくないけど近い場所にもあるぞ!美味しいたこ焼きで既にリピーター、はなだこ

JR大阪御堂筋改札口から横断歩道を渡った角の位置、新梅田食堂街入口にあります。
せま~いカウンターエリアにて、基本立ち食いにご希望ならば立ち飲みもどうぞ。

往来の激しい通りに注文をまってたむろする人たち、皆たこ焼き好きだねぇ~お前もだ。
最初に食べたのはスナック感覚で食べる「たこせん」、ここは生たこを使用しているそうで新鮮。

プリッとした歯ごたえのタコと、パリッと懐かしい煎餅、ぐにゅっとしたたこ焼きは食感のメリーゴーラウンドや~。
お煎餅の欠片やマヨが口の端に残ってしまうのもご愛嬌、スーツに口元クズカスは出張食べ歩きの勲章。
b0089578_15131252.jpg
シメのラーメンならぬたこ焼きはノーマルな「たこ焼き」とネギでたこ焼きが見えないほどの「ネギマヨ」。

焼きたてならよくあるある中が激あつ、1口丸ごと頬張りたいが非常に危険。
とろんとして出汁の風味も感じつつ、ソースと鰹節、マヨのトリオを従えてふつーに旨いです。
ネギタコはネギのシャリシャリ感とシャキッとさっぱりさせながらのコクリターンなマヨ効果。
こちらも捨てがたい~~。
大阪には色んなたこ焼き屋さんあるだろうけど時間に限りがある身、改札口から近くて便利だしこれだけ美味しければ大満足。

後は金沢駅が終点なので寝て帰るだけさ。


前回の記事

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-05-29 22:00 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

石川(白山市鶴来):八尾家(やおや)お好み焼き 「八百家でお好み焼きが食べたいかー!の会」

b0089578_14354114.jpg
行った記事をアップする度に次ここ連れてって~!!の声がかかり、自然と定期的に通うサイクルになっている八尾家(やおや)

鶴来町の町はずれな位置にありながら、丁寧に作られた拘りの大阪のお好み焼きが食べられるとあって車を走らせる人も多いとか。

今まで顔は違えど一緒に行ったメンバーは全て大食い、今宵もレディース4人でお好み焼きを喰い尽くす!!

いつも誰かが運転手の人柱、今回は下戸な女子が運転手なので気を使うことなく乗合いさせてもらいました。
b0089578_14354820.jpg
・いか焼き

最初は私のド定番な柚子チューハイ、その後は柏原ワインや河内ワインなどの大阪ワイナリーのワインに以降するか、
そのままチューハイ続行かはメンバーの酔っ払い強度具合によって変動あり。

初めての人が2人いたのでメニューの案内人は、まずはお好み焼きが焼けるまでの軽食を2品注文、その1つが「いか焼き」。

小麦粉の生地にイカの切り身が入った粉もん料理、甘辛いタレの香りが飢餓状態の胃袋へ火に油をそそぐ。
このモチッとした食感のいか焼き、いつも1つを取り分け分しか食べていないのでたまには1人1つでもいいのかな。

b0089578_14355886.jpg
・とん平焼き

卵の生地の中に包まった豚肉にソースとマヨネーズに九条ネギ、和風オムレツのようなとん平焼き
卵好きにはふわっとした玉子と豚肉の相性がタマランチ会長!!皆、自然に「うまっ!」「うまっ!」と声が上がっていたな。

で、前に大阪の梅田OSホテル裏辺りの通りで、おばあちゃんが1人で切り盛りしているとん平焼き屋さんに何度か行ったと
書いたことがあるんだけど、今調べてたら・・それってもしかしてとん平焼き発祥のお店の「本とん平」???
私が行ってたのは20代の頃なんで随分昔なのだけど、今度大阪へ確かめにいかねば!←大阪出張後に気付くという。

b0089578_14360898.jpg
・牡蠣のお好み焼き(ねぎのせ)

訪問したのは3月終わりだったので冬季メニューの牡蠣のお好み焼きがまだ黒板メニューに、ラストかきおこ。
入ってる牡蠣の身は大ぶりで、ふかふかの生地の中と一緒に食べる牡蠣は季節限定の心も特別な気分。
b0089578_14362377.jpg
・八尾家のお好み焼き(ざぶとん)

初めてならば、まずはスタンダードなお好み焼きを食べてもらいたいのが店主の心。
こちらは定番の八尾家のお好み焼きに通称「ざぶとん」といううどんやそばをのっけてまるで座布団の様にふっくらさせたもの。
スタッフお勧めのうどんにて、玉子を崩してネギとうどんに絡めていただきまーす。
しかし粉ものに卵や葱って最高に合う!4人で分けているので丁度良い量になりました。
b0089578_14363771.jpg
・じゃがいもとトマトのお好み焼き

本日の黒板メニューの「じゃがいもとトマトのお好み焼き」、ほくほくっとしたジャガイモの食感とトマトの酸味がさっぱり
意外な爽やかさ革命を引き起こす組み合わせ、女子一丸となって発言、美味しいです。
b0089578_14364638.jpg
・豚のお好み焼き(ネギ、玉子のせ)

まだ食べるの?という位にお好み焼きを注文、ここのお好み焼きはキャベツの刻み方1つでもこだわりが。
ふっくらして野菜の甘みと具材のコクがたっぷり味わえる、何枚も食べてもお腹がもたれない。
いつもトッピングしてしまうけど、1人訪問の時は何もかけないシンプルなお好み焼きを食べてみようかな。

b0089578_14365521.jpg
・八尾辛味味噌焼きうどん

八尾特製の辛味味噌を使った焼きうどん、コクがあってピリッとした辛味があってご飯欲しくなるかも。
b0089578_14370489.jpg
・焼きそば

最後は皆に食べてもらいたくて、皆の食欲がまだ収まらなくって、シンプルな焼きそば。
太めのそばに少しやや辛めの大人なソースがよく絡んで、いつも通りおいしゅうございました。
私はお好み焼きには焼きそばをプラスして食べたいですが、お好み焼きをおかずにご飯を食べる大阪、
それだけ家庭に浸透しているんですよね。

今回はハーフワインだったのでアルコールはそれほどでも!?でもお料理はたっぷり、
友人によると掃除機並みの吸引力だったとか。

入店時刻がやや遅かったため食べ終わったのは閉店間際、なのにご主人との大阪の話もまた盛り上がって留まることを知らず。
大阪の知り合いの友達をここへ連れていきたいわ~

そしてまた次回のメンバーが決まって予約日をおさえたところ。
毎回違うメンバーばかりで夫とは1回しか行ってない。
たまには一緒に連れてけーー!の叫びが聞こえてきそうです。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-04-13 23:37 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(広坂):鉄板酒房 haru(てっぱんしゅぼう はる)で新年会+カラオケ

b0089578_11230506.jpg
昨年末辺りにピークに達していたと思われるオケ熱(カラオケ)、その思いは達せられぬまま新しい年を迎えた。
滅多にカラオケ行く方じゃないが、忘年会で抑え気味に2曲歌ったお蔭でオケ熱がヒートアップしてきたわ。

流行りの歌など全く無視、もちろん普通の歌も歌いますが(流行りではなく)叫び系など女を捨てた系に走る為、
ドン引きを避ける為に職場では封印、いっそ1人で・・?と考えてたところで、のっかってくれたのが旧割烹勝一メンバーの友人。

新年早々、いつカラオケする?という申し出に「2日後なら空いてる」と無茶ぶりスケジュール。
了解を得て参加者を募ったところ、何とか4名集合、ヤッホー!オンナ捨て系歌っても気にしない人たちばかりだ。

軽く食べて歌いに行こう!という設定で、じゃあお好み焼きでも・・と選んだのが、鉄板酒房 haru(てっぱんしゅぼう はる)
ん、全然サクッと軽くではないお店選び、お好み焼きはメニューにあるがこれは飲み会!?犯人は私です。
折角、富山の山奥からカラオケの為に出てきた方もいるので、カラオケ&新年会にしちゃいました。

場所は柿木畠の通り「うつのみや書店」の隣の広坂パレス1F、20席(カウンター6席・テーブル14席)
お好み焼き・焼きそばなどの鉄板焼きメニューの他にサイドメニューが豊富に揃っている
ビールや日本酒、カクテル類も多くて飲み放題もあり!の使い勝手の良い鉄板焼き屋さんなのだ。

・パリパリサラダ

山盛りの野菜の上にうず高く積み上げられたパリパリの麺、ドレッシングをかけて混ぜて香ばしくいただく。
ドレッシングは和風、胡麻、黒酢の3種、黒酢ドレッシングはコクがあって後味さっぱりと。
b0089578_11231886.jpg
・塩ホルモン

ビールのおつまみに丁度良い?豚ホルモンをブラックペッパーと塩ダレで炒めたスパイシーな味。
b0089578_11232260.jpg
・蓮根つくね焼き

結構大きめなつくねが半分にカットされていて、中にはもちろん蓮根と玉ねぎ、豚ミンチ。
豚肉だからか味わいにコクがあって、このからめてある和風のタレの味付けが何とも美味しい。
b0089578_11232714.jpg
・黒豚ギョーザ

4人だったので1個遠慮の塊になった大人の団体、フリーズ状態から溶けるキッカケを作るのは私しかいない。
黒豚のギョーザはさっぱりと特製ポン酢タレでいただきます。
b0089578_11233097.jpg
・鉄板チーズとろろ

この店の人気メニュー、以前食べて美味しかったのでリピート。
チーズととろろのデュエット、ちょっとカリカリになったところも含めて、とろろ~んとのびる美味しさは想像通り。
b0089578_11233365.jpg
・とん平焼き

平べったい状態を想像していたら意外に分厚い、豚バラと大葉が玉子でふわっとぐるぐる巻きに。
ソースとマヨネーズがかかってこってり系なのに大葉の後味がポイントのこちらも旨し。
b0089578_11233779.jpg
・にんにく豚焼きそば

半熟玉子がのった甘辛ニンニク醤油ダレの焼きそば、醤油ダレであっさりでもニンニクというコクのある刺客。
玉子を割ってとろりとコクを増して味覚のシーソーゲーム。
b0089578_11234046.jpg
・キムチチャーハン

ごはんパラパラに炒められたチャーハン、キムチの中で玉子がいいマイルドさをかもし出しています。
b0089578_11234471.jpg
・牛すじ玉

お好み焼きは豚、イカ、海老、コーンチーズ、ミックス、もちチーズ、ウインナーなどあって前回はミックスを食べたような。
今回は牛すじで、柔らかい生地の中にプリッと柔らかい煮込まれた牛スジ肉が入っててんまし。

メンバー全員お酒を飲むのでお代わりも幾度となく注文していたけど、お会計は適度にリーズナブルでいい感じ。
カウンター席で1人で飲み食いしている知り合いも発見したということで、1人飲みや夜シメなお好み焼きにもお薦めです。
b0089578_15302681.jpg
さてーお腹もくちくなったしお酒も入ったしで本番のカラオケへGO! カラオケだけ参加の1人も加わって全5人。
本当はお酒入っていない方が声が出るのですが、お楽しみの後なのでそれは気にしない←シラフで変な歌歌えます

年代が似通った団体だったので、自然と選曲は80年代懐かしソングやら、その人の趣味で懐メロやら昭和エロ歌謡やら。
久保田利伸、佐野元春、大滝詠一、聖子ちゃん、いしだあゆみ(コロッケではない)など壁際に寝返りうちたい程なつかしい曲ばかり。

その中での私の選曲、マキシマムザホルモン、筋肉少女帯、岡村靖幸(セリフ付のアレ)、BABYMETAL(踊り付)
動画を取られてて仲間内でアップされてたのを見たら、丁度叫び系の曲だったんで危ない人がそこにはいた。

普段の姿は割と大人しい方なので(マジデス)・・・それでもオンナ捨て系:普通の歌=6:4の割合。
学生時代に聴いていた邦楽が戸川純だったり(昨年ライブ行った)筋少だったりするので、懐かし系がどうしてもそうなってしまう。
久しぶりに歌ったら気分もスッキリ!皆の選曲に受けて大笑いしたりして、大いに楽しめました。

次回、オンナ捨て系を披露するカラオケPart 2へと続く・・・(開催未定、多分別の団体)

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-01-27 23:25 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

石川(白山市鶴来):八尾家(大阪お好み焼き)

b0089578_16172999.jpg
休日に家に引きこもるのは決して嫌いじゃない、ブログの為にパソコンとお友達&キッチンにひっつき虫で何かしら料理をする。
12月初旬の休日も朝からパンを焼いて、お昼は手づくりハンバーガーなるものを作った。

ひとしきり自己満足の塊が解放された後は、夜の事も考えなければならないがそこは私の野望が暗躍。
実は前日のガレパーティーにてイカ焼きを食べていたのでお好み焼きマグマがふつふつ湧いていたところ。

「夜は美味しいお好み焼き食べに鶴来までドライブしない?」10月に「ふくよかな会」で食べに行ったのも記憶に新しく、
その時はまだメニューになかった牡蠣のお好み焼きを食べるために 向かうは八尾家

大阪風ではなく、大阪出身のご主人がほんまもんの大阪のお好み焼きと焼きそばを食べさせてくれる石川では貴重なお店。
夜の予約をいれ鶴来街道をひた走る、川のほとりに佇むぼんやり浮かぶ灯りが目印。

運転手のさだめにて私はノンアルコール、チューハイや大阪ワインが飲めないのは残念だが、
注文したゆずジンジャーの炭酸強めの刺激が心地よく十分これで満足できました。

・イカ焼き

夫は初来店なのでまずは主役が焼きあがるまでのお楽しみ、粉もの文化を象徴するようなおやつのようなおつまみのような。
シンプルですがイカと卵とソースが絡んでちょいモチっとしたような生地をつつきながら待ちます。
b0089578_16173403.jpg
・カキのお好み焼き

冬の風物詩、牡蠣のお好み焼きはマヨネーズもこのメニュー専用に変えてあるそうでこれ食べたかった。
牡蠣の火入れが絶妙でぷっくりしたまま火が通った牡蠣は海の香りが口にドッと広がります。
生地は相変わらずふかふかでトッピングは何もなしでストレートに牡蠣を味わう、美味しい1品。
b0089578_16173949.jpg
・八百家のお好み焼き・ざぶとん(ねぎ・玉子付き)

八百家定番のお好み焼きは豚・貝柱・海老入りで、トッピングには葱、玉子のせ、全部のせなどがありますが、
そば・うどんをトッピングした通称「ざぶとん」に今回は挑戦!麺はそばを注文しました。

大阪では焼きそばを漬け玉子に浸して食べる独特の食べ方があって、
ざぶとんは上にそばと玉子が落とされているので味的には似たようなものになりそう。

見た目に少し巣ごもりみたいね、厚さからしてかなりのボリューム感!ワクワク。
玉子を崩すと予想通りの黄身のまろやかさがドッキングした焼きそばに、生玉子ラブな人なら分かるはず。
そのまだ黄身とそばが残った状態でお好み焼きを切り分けて一緒にいただくと、前とはまた違った味わいが待っている。
b0089578_16174416.jpg
・八百家の豚玉(葱のせ)

最後は焼きうどんと私の中では決まっていたのに、葱のせお好み焼き食べたい!のリクエストきた。
ん〜じゃあ、お好み焼きの後で食べれたら焼きうどん追加、と言ってたけど膨れっぷりは半端なく無理でした。

豚肉入りのお好み焼きの上には九条ねぎがたっぷり!
葱の白い部分VS青い部分だったら圧倒的に青の方が好きです、鍋やすき焼きの白い葱も美味しいけどね。

シャキシャキと葱の清涼感が爽やか〜、お好み焼きはふわふわというより、とろとろでもなく、
しっとり感と野菜のシャキッと生地のほわっと表現難しいけど、とにかくお箸がすすみます。

キャベツの切り方を変えたりなど常に美味しいお好み焼きを提供する姿勢で進化している八百家。
今回もやっぱり全部美味しかったです〜お腹が膨れてるけど帰宅して欲したのは甘いもの、次回は誰か運転手モトム!

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-12-15 22:23 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

石川(白山市鶴来):八尾家(大阪お好み焼き)ふくよかな会10月号

b0089578_12170667.jpg
初めて大阪でお好み焼きを食べたのは19の時、ライブの為に梅田駅近くに宿泊して友人と大阪ならお好み焼きだろうと夕食。
アーケード街を渡り歩き煙が染み込んだちょっと年季の入ったお店で、地元で食べていたものよりふかふかであったという記憶があります。

その後、大阪では梅田OSホテルを常宿にしていたので、裏の通りのおばあちゃんと1匹の猫がいるお好み焼き屋さんでとん平焼きを食べたり
大阪の友人にあちこち食べに連れてもらったりしていたので、金沢のぼてじゅう以外の粉ものジャンルでは圧倒的に関西が多い。

2年ほど前にオープンしてから友人が何度も食べている画像をアップする度に幽体離脱したいような気持ちにさせられていた八尾家
ほんと前から行きたかったのですが、ここ最近頻繁な画像攻撃により食べたい気持ちが遂にヒートアップ、
毎月の大食いの会「ふくよかな会」の行きたいお店でリクエストしちゃいました。

鶴来街道からちょっと外れた隠れ家的な場所にあり、車で行くなら運転手要員もう1人追加しなければと思っていたところ、
メンバーの1人がお酒なくとも大丈夫と運転手してくれるということで多謝。

川沿いに佇む古民家風な建物、白熱灯の灯りがぼんやりと入り口を照らし出し、
囲炉裏後が残り木の風情がとっても落ち着いた佇まいの店内で床に座っていただきます。

基本的にいつもお酒を飲んで前菜あれこれ、サイドにメイン、シメまでのコースな流れに落ち着いているふくよかな会。
でもここはメインがお好み焼き、焼きそばでサイドメニューはやや少なめ、ということは・・・
お好み焼き&焼きそばを何度も食べればいいのだ、そうだお店のメニューを食べれるだけ食べ尽くそう!今回のテーマです。
b0089578_12171670.jpg
・いか焼き

いか焼きと言えば阪神デパ地下スナックパークのいか焼きをすぐ思い出します(現在スナックパーク閉館のため移設)
小麦粉の生地にイカの刻んだものが入って薄く焼き上げてソースが塗られたもの、という認識。
薄いけど口に入れて噛んだ感じがもちっとして、ときおりイカがコリっ、シンプルだけど独特感がいいですね。
b0089578_12172420.jpg
・とん平焼き

私はとん平焼きが大好き、自分の好物の卵と豚肉が多く使われているのがその理由。
こちらのとん平焼きは厚みがあってふっくら、シンプルなだけに素材の味がよりダイレクトに伝わってくる。
b0089578_12173204.jpg
酒飲み要員ということで最初は軽くチューハイなどを飲んでいたが、ワイン好き帝王がいるので迷わずワインに移行。
なんと置いてあるのも河内ワインのカタシモワイナリーという大阪ブランド、河内ワインと言えばワイナリー見学会に参加した記憶。
黒板には大阪の飲み物「ひやしあめ」・・夏の暑い日に大阪の商店街で飲んだわ〜って、ここまで揃えるかなりのこだわりよう。
b0089578_12174470.jpg
・ジャガイモと豚のお好み焼き

黒板に書いてあった本日の1品。
中にほこほこのジャガイモが入ってるのだけど、これだけ厚いのに生地がふわっふわっで軽め。
生地の中の出汁の風味を感じながらソース、マヨネーズ(マヨ大好き)、鰹節、鉄板ですなぁ〜美味しい。
b0089578_12175119.jpg
・お好み焼き

先ほどがノーマルっぽかったので基本のお好み焼きは玉子のせ、葱のせ、全部取りいいとこ取り仕様にしてみました。
豚肉、えび、帆立貝柱とトリプル具材にお好み焼きを覆い隠すような玉子と九条ネギたっぷり〜〜
ふわふわのお好み焼きに薬味と卵のコクで複雑な旨みたっぷり、野菜が多くてふわふわで何枚でも食べられそう。
b0089578_12175866.jpg
・豚骨しょうゆ焼きそば

黒板にあった1品、焼きそばの麺は太麺でもちもち〜醤油味ということであっさり味を想像していたら
意外なるコクと旨みが広がってく、そうか豚骨しょうゆだからか〜
b0089578_12180315.jpg
・焼きうどん(ポン酢)

こちらも黒板の1品、太めの焼きうどんにポン酢がこれだけ合うなんて!?美味しい!
後口がさっぱりしていて、こちらを最後に頼めばよかったか!?でも焼きそばの間で変化がつけられたのでこれで良し。
b0089578_12181034.jpg
・焼きそば

ラストはメニューにある基本の焼きそば、ソースかポン酢で選べて今度はソース。
このソースがかなりスパイシーで太い麺と絡まると存在感があって、しっかり主役級。

ここの店主さんは大阪は八尾出身ということで、八尾にお泊まり&商店街巡り経験のある私は八尾について少しお話しさせていただきました。
大阪に親戚もいるのですが京都よりなので、友人たちに連れられていった東大阪方面の経験が会話に花咲いてよかった。

うーん、どれ食べても全部美味しかった!ごちそうさまでした。
そして食べるだけ食べ尽くそうと宣言していた3人、この日のお店の全メニュー制覇。
これは10月の記事なので冬の味覚、牡蠣おこはまだ始まっていない時期・・食べたいっ、かきおこ発作。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-11-23 22:29 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

大阪(梅田):はなだこ(たこ焼き)

b0089578_16284339.jpg
立ち飲み→ホルモンときてシメは大抵ラーメンなのですが、ここは大阪、粉もん食べないと帰れません。

この前の大阪で食べにきたぞ!と着いたら通常より早めに閉店してしまっていたので今回リベンジ。

今回はもちょっと早めに駆けつけました、梅田の新梅田食堂街内にあるはなだこ

JR大阪御堂筋改札口から横断歩道を渡ってすぐの角っこ、超〜人通りが激しい場所に大勢の人がたむろしている。

カウンターというには狭すぎるスペースで酒を飲みつつたこ焼きを食べている姿、人の往来が激しかろうが自分の周りだけバリアを纏っているよう。
b0089578_16285001.jpg
・たこせん

ここのタコは生だこを使用しているそうで新鮮さがウリ、たこ焼きの大きさは通常かやや大きめとも言えるサイズ。
パリパリのタコ煎餅にたこ焼き2個とマヨネーズがタラタラかけてあって、豪快にバリバリ。

ん〜煎餅のバリッとして口の中で固まる様とたこ焼きのブチュッと柔らかさが交わって、何とも言えないジャンキーさ。
このオヤツ的な感覚、子供の頃にたこせんが近くで売ってたら100円握りしめて買いにきてたわ、きっと。

子供だけじゃなく大人だってハマるたこせん、きっと口の周りはパリパリカスが付いてるんだろうな、という意識ここにあらず。

b0089578_16290512.jpg
・たこ焼き(6個)

基本のたこ焼きは1個丸ごと頬張ると1口サイズにはやや大きめで、
当然ながら熱々すぎて「はふはふ・・」と不自然に頭を揺らして側から見ると十分挙動不審。

ややトロの出汁の風味もありつつ、ゴロッとしたタコが口の中に転がる。
ソース、マヨネーズ、鰹節の定番のトッピング、そりゃ大阪だものメチャクチャ美味しいたこ焼きは沢山あるだろうけど、
スタンダードに美味しいと思います、特に駅前ですぐありつける場所とあっては。
b0089578_16285685.jpg
・ネギマヨ(6個)

青ネギ文化の象徴のようなネギシャワーに埋め尽くされているたこ焼き、さらにマヨネーズもたっぷり。
シャリシャリとネギの薬味感たっぷりの爽やかさとマヨ、とろっとしたたこ焼きが実に相性が良い。

このてんこ盛りのネギがいいのかな〜辛くもないしコッテリしながら最後に残る清涼感みたいな。
中のタコ自身も生だことあって美味しい、そこも何気に重要です。なんたってたこ焼きだからね。
b0089578_16291503.jpg
夢中でたこ焼きを頬張っていると、耳から耳を抜けるように音楽が聴こえており何も気にせずだったのだが、

エビバテ大阪ッ みんなの大阪ッ🎵

脳内にスタンプされそうな分かりやすいフレーズと旋律が何度も流れて、思わず食べながら同僚と一緒に口ずさむ。

面白いやんか!!この歌!!

と、横に視線を向けると男性がストリートライブやっていた!!商店街の有線BGMかと思ってたのに!!

正確にはエブリバティ大阪〜だけど、どうしてもエビバテに聞こえる、しかし思わず口ずさむポップな旋律。

すでに若い女の子たちが周りを囲んで応援していた輪に私たちも混ざるとなぜか笑いが・・
スーツ姿のおばさん&おじさんがストリートライブの応援になだれ込むのは奇妙?ま、いいじゃない。

この男性は大阪アメ村のたこ焼き系シンガーソングライター「コココ・コニー」
大阪非公認観光PRソング「エブリバティ、大阪」をはじめ・・ってまさにその歌か!
名曲を幾つも生み出し大阪各地でストリートライブを行っている、と。

たこ焼き系シンガーソングライターとはなんぞ?確かにたこ焼き屋の隣でライブをしていたが。
「コココ・コニー」だけに挨拶は「こここ・こんにちは」らしい、芦屋雁之助か。

大阪って面白いなぁ・・自然と発せられた言葉を置き土産に、乗り遅れないよう足早に構内へと向かう。





[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-11-01 10:43 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

金沢(柿木畠):鉄板酒房 haru(ハル)鉄板焼き・お好み焼き

b0089578_16420911.jpg
GWから法事に向けて掃除三昧だったお休みday、準備も整い後は夏を気持ちよく迎えるべくあかずの間をなんとかしたい(何年かかってるのか)
10日のワイン金沢は天候も良く、午後の遅い時間から芝生の上にて寛いだ後に訪れたのは鉄板酒房 haru(ハル)

柿木畠のうつのみやビルのお隣、広坂パレスの1階に去年6月にオープンしたお好み焼き・焼きそばと鉄板料理のお店。
お好み焼き・焼きそばはもちろん、1品メニューが豊富で飲み放題付のコースもあります。
奥はちょっとカフェのような雰囲気のテーブル席、入口手前は1人飲みも出来るカウンター、ここに腰を落ち着ける。

・黒酢冷奴

絹豆腐になかなかまろやかな味付の黒酢タレがかかった冷奴。
ワイン金沢の後だけどあまり飲まなかったので、赤ワインボトル投入。が1本飲みきれるのか不安になる。
b0089578_16421299.jpg
・パリパリサラダ

ドレッシングは和風・ゴマ・黒酢の3種類から選べるのでゴマにしてみました。
パリパリと揚げ麺とサラダと一緒に食べると香ばしい。
b0089578_16421544.jpg
・ガス海老唐揚げ

能登産のガス海老唐揚げ、海老フライは作るが唐揚げは家では殆ど作らないので、やはりお店で食べるためにとってあるね。
揚げたてカリカリで海老の旨みがじゅわっとたまらぬ、揚げ物メニューは手羽先、なんこつ、鶏などもあります。
b0089578_16421926.jpg
・そばめし

焼きそば・・も考えたが、ごはんカテゴリーの中からそばめし、懐かしいか~長田区で食べて以来かも!?
ごはんと焼きそば、牛すじなどを鉄板で炒めた焼き飯、上の半熟玉子をくずして食べると濃厚ダブル!
b0089578_16422575.jpg
・ミックス玉(豚・イカ・えび)

haruに来たら〆はやはりお好み焼き、よくばりさんは3種類入ったミックス玉を注文。
具の単品メニューの他に、もちチーズ玉、牛すじ玉、加賀れんこん豚玉も美味しそう!
キャベツと生地の焼き加減がふわふわ、ソースと最初からかかっている白いマヨネーズがよいバランスで美味しい。

お家でお好み焼きも時々作りますが、お店で焼いてもらって食べる気分はまた格別。
深夜1:00まで営業しているので飲み会後の〆粉もの、ちょっと飲みから、飲み放題付の宴会まで色々こなせそうなお店なのです。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-05-20 23:36 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(片町):京祇園ねぎ焼 粉(Kona)で昼飲み!

b0089578_16550332.jpg
金沢パンマルシェ2014のお手伝いの後、妻をねぎらう為のご飯に強制的に連れていかれたのは京祇園ねぎ焼 粉(Kona)

最初はサイゼリヤでいいだろ~なんて言われてたんですけど・・・・どうせマグナムのお持ち帰りが目的なのは明白!
私と付き合うまではサイゼリヤに行ったことがなかったらしいが、今では結構ハマってて特に1,5ℓのイタリア製マグナムワインを頼んで残った分を持ち帰るのがお気に入り(持ち帰り可能)

私は大学時代から王将、秋吉、いろは、ミスド、クレープハウスユニでたたき上げられた女、サイゼリヤはまだ金沢にはなかったが。
そんな「わしが育てた!」的なサイゼリヤは候補からサクッと外して、粉にしたのはネギ焼きで妻をネギらうためというオヤジギャグを言いたいわけではなく。

元々大好きな粉さん、いつも1人で予約なしでガラッと開けると大抵が満席でマスターに「ごめんね」と言われる行った数より振られた数が多い人気店。
予約のとれない店なんだから予約していけよ!と突っ込まれそうだけど、どうせ1人だし・・ここはふらりと立ち寄って食べるのが好きなんだい!!

振られるから余計に恋しくなる恋愛心理にも似た感情を抑えつつ、いつものガラッと!かなり埋まっていたけど2人分空いてたぁ~。
時刻は午後3時前だったか、昼粉飲みを経験した者は片町界隈で一人前の位置に立ったと認められるという・・(夫談)

・明太子だし巻き
いつもいつも最初に注文するだし巻き玉子、食べたいけど1人で食べると結構量が多いので2人だと助かる。
そういえば明太子だし巻きは頼んだことなかったな、と注文してみる。
九条ねぎと紅しょうががいいコントラスト、ふんわりふわふわで上品な出汁の味が染みてくる美味しさ、それに明太子の味がプラスされる感じですな、ってそのまま。
b0089578_16550682.jpg
・せせり
こちらも人気定番メニューの1品、いつか端から端まで全部メニュー制覇しちゃる、ゴールの無いマラソンだ!by 武藤敬司
でもつい好きな1品を選んでしまいます、柔らかいせせりに九条ネギを挟みながらチューハイをぐびぐび。
b0089578_16550965.jpg
・餃子
これは夫の選択、前も一緒に食べたけど記憶がないらしい・・コラッ!
鉄板でこんがりカリッと焼かれた餃子、タレは味噌ベースでというのが珍しい。
b0089578_16551247.jpg
・てっちゃん
魅力に勝てずまたこいつを注文してしまった・・私が必ず注文するてっちゃん、2人で分けてるけど正直1人で全部食べたいです。
濃いわけでも薄いわけでもなくしっかりとタレに絡まったてっちゃん、噛むほどに旨みが放出されるのを喜ぶホルモンヌ。
そして一緒に炒めたキャベツと玉ねぎにも味がしみ込んでまた旨いんです、伏兵がやってくれるわ。
b0089578_16551577.jpg
・粉風ピザ
炭水化物星人(夫)の選択、鉄板に薄く生地を敷いてその上にチーズやトマトソース、具をトッピング。
カリッとしてとろんとした粉風ピザ、お好み焼き屋でピザをつまみに飲むのもおつなもの。
b0089578_16551809.jpg
・焼きそばミックス
そばの太さは普通~やや細、辛いソースでいただきました。
ネギ焼き・お好み焼きの影に隠れてシンプルですが普通に美味しいです。
b0089578_16552124.jpg
・ねぎ焼きミックス(ソース)
ソースか醤油かを選択できます、どちらも食した結果・私はソース派ですが、これは好みで分かれますね。
もちもちっとした生地の中に九条ネギがたっぷり、出汁も感じられるうまーな1品。

旨いばかり書いていますが、ここの持ち味は目の前で繰り広げられる見事な手さばきや、空いた小皿をサッと取り替えてくれるその他多々気配り溢れるマスターでもあります。
2人~数人で行くことはもちろん、女性が1人でここで飲み食いしても全然大丈夫な雰囲気なんですよ。

8月10日で10周年を迎えた粉さん、実はその直後に2人で食べにいったのですが珍しく写真は撮らず(そんな時もあります)
記念の10周年Tシャツをいただきました、そのTシャツを着て食べに行くのが次の目標。夏ですかね。。。
b0089578_16552571.jpg
粉さんを後にして、大和の北海道展を見回った後の久しぶりの屋上での「明日に向かって走れ!」的な夕焼けシーン。
昼飲みのおかげで帰宅後の夜ごはんはなかったことになりました。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-11-12 00:36 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(4)

大阪(阿倍野区・美章園):甘辛や(お好み焼き・焼きそば・鉄板焼き)

b0089578_12580404.jpg
ワイナリー見学後で地に足のついていない団体のランチ記事。
次の立ち寄り場所までのランチは、当初朝ごはんが大盛りと予定していたので、たこ焼き屋を点と点で結びながら、風来坊的に向かう予定だった。

だが、朝ごはんは普通にホットサンドだったので、ワイナリーでパンとワインを食してもお腹はまるで収まらない。
今すぐお店決めなきゃね、誰決める?私でしょ!!B級グルメハンターの指がゲームセンター嵐並みにiPhoneを舞う。

目的地の近くで、何処かよさげなお食事処・・・あっ、におうっ!!ここにおうわ!!ピンときた女の勘は何もシャツに付いた香水の香りだけではない。

何をもってにおうのか、それは庶民的な雰囲気と共に味もマッチしているという意味、お好み焼き・鉄板焼きの甘辛や
天王寺駅から阪和線にのり美章園駅から徒歩5分ほどの距離にあります。
美章園駅の高架下にも同じ名前のお店がありますが、そちらとは別のお店です。
b0089578_12582548.jpg
この店構えと「お持ち帰り出来ます」の文字にお客さんの自転車等、地元密着型のお好み焼き屋さんと見た、家政婦は見た!
通りはそんなに広い道路ではないですが、意外に交通量は多くて信号機のある手前にあります。
b0089578_12591486.jpg
使い込まれたL字型のカウンターと共に写している私の後ろにはグループ用にテーブルが配置されている。
年期が入った雰囲気は年月だけが作り上げるもの、こういう庶民的な感じとっても好きなんです!
どちらかと言えばこのカウンターで食べたかったけど、全員でシェアするためにテーブル席に座りました。
b0089578_12593977.jpg
メニューは、お好み焼き、焼きそば、鉄板焼きのメニューがそれぞれあり、
夜に訪れるならお酒を一杯やりながら、鉄板焼きをつまつまやりつつ、〆にお好み焼き・焼きそばというフルコース、親父飲みには鉄板焼きだけにこれテッパン!

いつもなら旅先飲酒率120%だけど、ワイナリーの残り酒がただならぬ血の流れをもよおしており、我慢のお水もう1杯!
b0089578_12595108.jpg
・そばロール

いわゆる普通のお店では「オムソバ」の位置にいるこちらでは「そばロール」
中太めのソバが玉子にくるまって上にはマヨネーズと甘辛いソース、ちょい濃い味になるところがんまいです。
b0089578_12595839.jpg
・豚玉子

多分、このお店で一番オーソドックスなお好み焼き・豚の豚玉子。
キャベツたっぷりふわふわで、全員が一番好きだ!と言っていた1品、オーソドックスが旨いのが一番。
b0089578_13001340.jpg
・ネギスジこん

こちらもたっぷりぷりのネギに牛すじ肉・こんにゃくが入っているネギすじこん。
厚さはやや薄めでネギがよい感じに蒸されていて柔らかく、すじとコンニャクの相性も抜群、こちらはソースで。
b0089578_13002505.jpg
・焼きうどんロール

そばロールを全員で分けたら、1人分としてはちょい心のスペースを埋めるオム度が足りない!ときたもんだ。
似たようなメニューで焼きうどんロールを、こちらは上にマヨネーズがかかっていてソースはなし。
b0089578_13282864.jpg
秘密のうどんロールの中身の味付け、うどんの心はあっさり醤油味でマヨからめてこちらも違う味が楽しめてよい。
ソース味がよければ焼きうどんにソース味があります。
b0089578_13005312.jpg
豚ネギ焼きだったかな?こちらは別に張り紙していた鉄板メニューだったので忘れましたが、レモンをかけてさっぱりと。
他に季節メニューか牡蠣もあって、お酒のあてに良さげそうでした。
b0089578_13290448.jpg
・トマトチーズ焼き

お好み焼き変化球でこんなのもある、ふわりんと盛り上がった生地にトマトの酸味とチーズ&ソース、なかなかの相性。
普通に焼きそばも食べてみたかったけど、これだけ全員で分けたらお腹がいっぱい。

大阪にはお好み焼き屋さん非常にたくさんあるのだろうけど、ふと見つけて入った1軒なかなかよかったです。
近所にあったら夜家族でカウンターで飲み食いしたくなるような、アットホームで昔ながらのお好み焼き屋さんでした。
b0089578_13352124.jpg
お好み焼き屋さん近所に地元小学生が群がる謎の看板なしのお店・・正解は越後製菓!ではなく、おばあちゃんが営む駄菓子屋さんだった。
b0089578_13353490.jpg
某状のヨーグルト味のアイス?は10円、子供時代に近所の駄菓子屋でお菓子を買っていたことを思い出しチューチュー吸い。
酔いもまだ完璧に残っているので県外の土地で心は童心、口の周りにソースの残りカスがあることも知らずに。

つづきます。。。。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-07-20 10:38 | 大阪 | Trackback | Comments(2)

金沢(柿木畠・広坂):鉄板酒房 haru(鉄板焼き・お好み焼き)

b0089578_17065505.jpg
この時期、サイトの地元ネタとして、あちこちのお店の「氷室まんじゅう」の画像がアップされていたのをよく目にしていた。
私も毎年食べているので買わなくちゃ、と思いつつ、お目当ての和菓子屋さんに行くには時間が間に合わないし、
たまたま夕飯の買い物に寄ったスーパーで見かけても、いやいや・・和菓子屋さんで、と我慢しているうちに週末は県外、昨日はジム。

あぁーっ買いそびれてしまった!と帰り道にコンビニのレジの横にちょこっと氷室まんじゅう売ってないかな?と希望的観測で寄り道するも、
売っていたのは思い切りコンビニ仕様された県外産の黒糖饅頭だけ・・・ただの饅頭食べて満足するなら買わないわ、と帰宅。

うーん、とうとう食べれなかった、いつも行っている季節の習慣を怠ったという気持ちだけで何故か気持ちが悪くなるとは。
無病息災を願って氷室まんじゅうを食べるのに、母望之禍になってるじゃないか。
・・・と、ここまで軽い独り言。

さてこの間は6月4日に柿木畠のうつのみや横のビル、広坂パレスの1階にオープンした鉄板酒房 haruに行ってきました。
お好み焼き・焼きそばなどの他に色々なメニューの鉄板焼き、1品料理などをお酒の共に味わえるお店です。
入ってすぐに鉄板前のカウンターと奥にテーブルがあり、予約していた私たちは奥のテーブル席へ。
b0089578_17070088.jpg
・いかげそから揚げ

このところワインばかり飲んでいたけど、やはりここはチューハイを頼みたくなる雰囲気!定番のライムチューで乾杯。
からりと揚がったいかげそ揚げがんまっ!
b0089578_17070203.jpg
・塩ホルモン、牛すじポン酢

一品料理の中の牛すじポン酢、とろんと柔らかい牛すじ煮にポン酢がやや爽やか感をプラスされている。
塩ホルモンは鉄板メニューの1つ、形状はシロっぽいかな?薄切りされたほどよい弾力。
b0089578_17070637.jpg
・鉄板チーズとろろ

おススメ印が付いていた鉄板チーズとろろ、とろとろ状態にチーズが混ざってのび~るとろろをスプーンですくって食べます。
見事に鉄板に焦げ付かずにするっととれたとろろが美味い、確かにおススメにランクインするわ。

鉄板メニューで後気になったのは、とん平焼き、厚切りベーコン、豚キムチ、豚とろ、明太子チーズオムレツなど・・全18種類。
b0089578_17070978.jpg
・えびそば(ソース)

焼きそばの味付けは塩・ソースから選択でき、おすすめ印はミックス(豚・いか・えび)、牛すじ塩やきそば
写真はえび星人のためにえび焼きそばのソース、やや中太麺かな?太さがあると食べごたえありますね。
b0089578_17071276.jpg
・豚玉

基本の豚玉はすでにカットされた状態、中身しっとり野菜やや多め、ふわっとして美味しい。
他に気になったのはもちチーズ、トマトチーズ、モダン焼き。
モダン焼きというと森本の今は無きショッピングセンターにあったピーコックというお好み焼き屋さんを思い出すわ。

私たちはテーブル席だったが、お一人様女子がポツポツとカウンターで食べているのを見かける。
そう、お好み焼きや焼きそばにサラダやごはん、鉄板焼きなどを好きにチョイスして夜ごはん仕様が出来上がるのだ。

当然、お酒飲みで鉄板焼きをつまみながらのカウンターも魅力的←私的にはこれかな
1次会・2次会でも使えそう、シメのお好み焼きとかあるある。
飲み放題付の宴会メニューもあるのでグループ使いもできるので何かと使い勝手のよいお店になりそうです。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-07-02 06:07 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)